【徹底比較】洗い流さないトリートメントのおすすめ人気ランキング141選【オイル・クリームタイプも】

【徹底比較】洗い流さないトリートメントのおすすめ人気ランキング141選【オイル・クリームタイプも】

紫外線・パーマ・カラーなどで傷んだ髪のケアに欠かせない「洗い流さないトリートメント」。オイルやミルク、クリームなどと種類が分かれているだけでなく、パンテーンやいち髪などのドラッグストアで人気のアイテムから口コミ評価の高いサロン専売品もあるので、自分の髪に合った商品がどれだか悩んでしまいますよね。


そこで今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング・@コスメなどの売れ筋上位商品と口コミで人気の洗い流さないトリートメント141商品をすべて集めて検証し、最もおすすめの洗い流さないトリートメントを決定します。


検証には、ヘアケアの専門家にご協力いただき、すべての商品を実際に使用して以下の3点を比較・検証しました。

  1. ダメージ補修力
  2. 指通りのよさ
  3. 成分

果たしてどの商品が最もおすすめの洗い流さないトリートメントなのでしょうか?選び方も参考に、あなたにぴったりの洗い流さないトリートメントを見つけてくださいね。記事の最後で解説している、ヘアケアのスペシャリスト直伝の正しい使い方も必見ですよ!

  • 2020年05月26日更新
  • 834,314 views

検証のポイント

売れ筋の洗い流さないトリートメント141商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • ダメージ補修力

    検証① ダメージ補修力

    まずは、洗い流さないトリートメントを選ぶうえで最も気になる「ダメージ補修力」を検証していきます!ヘアアイロンとドライヤー、くしを使って、同一条件でブリーチ毛束を傷めつけてダメージを受けた髪を再現します。傷めつけたブリーチ毛束を水で濡らし、一定量のヘアオイルを塗布。くしを使って毛束全体にヘアオイルを行き渡らせてから、同じ温度・風速に設定したドライヤーで乾かしていきます。その後、暖房&除湿機をかけている湿度30%以下の部屋に乾かしたブリーチ毛束を6時間放置。放置した毛束の毛先のまとまり具合とツヤの有無を編集部員が目視でチェックして点数付けを行いました。

  • 指通りのよさ

    検証② 指通りのよさ

    次に、さらさらな指通りになったかどうかを検証しました。ダメージ補修力の検証で6時間乾燥させたブリーチ毛束を、摩擦係数を計測できる機械に5回ずつ通します。洗い流さないトリートメント塗布前の数値と乾燥後の数値をとり、数字の変化率をチェックして編集部員が評価をつけました。

  • 成分

    検証③ 成分

    最後に検証したのは「成分」です。ヘアケアに詳しい毛髪診断士の齊藤あきさんに、成分について厳しくチェック&評価を行ってもらいました。成分評価は、以下のポイントから実施しました。<成分評価のポイント>保湿・補修・保護成分がバランスよく配合されているか刺激となる可能性がある成分が配合されていないかスタイリング剤としても使えるような+αの成分が配合されているか

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ヘアケアの専門家が成分検証協力!

    今回の比較・検証では、成分検証を毛髪診断士の齊藤あきさんに協力してもらいました!美肌・美髪のプロが評価した成分検証にも注目して、ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。

    <美肌・美髪のスペシャリスト/毛髪診断士 齊藤あきさん>

    5万人以上もの女性に施術・アドバイスを行ってきたパーソナルビューティプロデューサー。2008年に開業した美肌・美髪専門店「スキンケアサロン・ティナロッサ」で肌や髪のトラブルに悩む人と向き合い続けている。

    サロンワークのほか、講師や執筆活動、TV出演など活躍の場を広げている。美容師・毛髪診断士認定講師、日本アロマ環境協会インストラクター・アロマセラピスト、オーガニックアドバイザー、日本健康医療コーディネーターなど資格多数。(株)イフ&シュア代表、ヘアケア大学主宰。

    なおランキングに掲載している商品は専門家が選定したものではなく、編集部が独自に集計・ランキング付けしたものです。また、選び方で記載する効果効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている内容・商品説明をご確認ください。

    外部ダメージから髪を守る「洗い流さないトリートメント」

    外部ダメージから髪を守る「洗い流さないトリートメント」

    お風呂から上がった後、ドライヤーをする前に髪の毛につける「洗い流さないトリートメント」。乾燥や熱などの外部ダメージによって、髪内部の栄養が逃げないように保護・コーティングする役割があります。


    ちなみに、お風呂の中で使う洗い流すトリートメントとは用途だけでなく、配合されている成分も異なります。


    洗い流すトリートメントは髪内部のダメージを補修するための保湿・補修成分が多く配合されていますが、洗い流さないトリートメントは熱や摩擦から髪を守るための油分が多く含まれているのが特徴です。

    洗い流さないトリートメントの選び方

    洗い流さないトリートメントを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

    ① 髪質・お悩みに合ったタイプを選ばないと失敗する!

    洗い流さないトリートメントには、オイルタイプやミルクタイプなどさまざまな種類があります。まずはそれらの特性を知って、自分の髪質・髪の悩みに合うものを選んでいきましょう。

    柔らかくて細い髪の毛・ヘアケア初心者には「ヘアミルク」がおすすめ

    柔らかくて細い髪の毛・ヘアケア初心者には「ヘアミルク」がおすすめ

    さらっとした仕上がりになる「ヘアミルク」は、柔らかくて細い髪の毛の方や毛量が少ない方におすすめです。


    ヘアクリーム・ヘアオイルと比較するとセット力はありませんが、傷んだ髪の毛の補修効果・指通りをよくするコンディショニング効果を期待できます。また、クリーム・オイルと比べて水分と油分のバランスがいいため、ヘアケア初心者でも使いやすいのも魅力ですよ。


    「洗い流さないトリートメントを使ったことがなかった…」という方は、まずはヘアミルクから試してみましょう。

    硬くて扱いにくい髪・太い毛・くせ毛に悩んでいるなら「ヘアオイル」「ヘアクリーム」

    硬くて扱いにくい髪・太い毛・くせ毛に悩んでいるなら「ヘアオイル」「ヘアクリーム」

    油分が多いヘアオイル・ヘアクリームは髪をまとめやすく&広がりを抑えてくれるので、扱いにくい硬くて太い毛・くせ毛・ダメージヘアに悩む人におすすめです!


    また、ヘアオイルもヘアクリームもセット力が高く、スタイリング剤としても使いやすいのが特徴です。まとめ髪をつくるならヘアクリーム、束感・ツヤがおしゃれな旬の濡れ髪スタイルをつくるならヘアオイルを選びましょう。

    ② しっとり保湿?熱から保護?目的に合った成分が入っているかをチェック

    しっとり保湿?熱から保護?目的に合った成分が入っているかをチェック

    洗い流さないトリートメントに含まれる成分が、ダメージ補修や熱からの保護などができるかどうかも要チェックです。


    「成分」とひとくちに言っても、紫外線やドライヤーなどの熱ダメージから髪を守る成分やダメージ補修成分、保湿成分、ツヤ出し効果のあるシリコーン油、指通りをよくするコンディショニング成分、セット力を高めるための成分などがあります。


    使用目的に合った成分が入っているかどうか、ボトルの裏側や外箱に記載されている成分表からチェックしましょう。


    <保湿成分の一例>
    • アルギニン
    • グリセリン
    • リシン 

    など


    <補修成分の一例>

    • 加水分解ケラチン
    • 加水分解ヒアルロン酸 
    • イソステアロイル加水分解コラーゲン 

    など


    <保護成分の一例>

    • メドウフォーム-δ-ラクトン
    • γ-ドコサラクトン 
    • アルガニアスピノサ核油
    • シア脂(シアバター)
    • ヤシ油 

    など


    <ツヤ出し成分の一例>
    • シリコーン油(ジメチコン、シクロメチコン、シクロペンタシロキサンなど)

    <コンディショニング成分の一例>

    • カチオン界面活性剤(ステアルトリモニウムクロリド) 

    など


    <紫外線防止効果のある成分の一例>

    • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

    など

    ③ 敏感肌・ニキビ肌の人は「ノンシリコン」で肌トラブルを回避!

    敏感肌・ニキビ肌の人は「ノンシリコン」で肌トラブルを回避!

    洗い流さないトリートメントは毛先につけるものですが、刺激のある成分が肌や頭皮についたり残ったりしてしまうとニキビなどの肌トラブルを引き起こす恐れがあります。


    敏感肌の方・ニキビができやすい方は、ノンシリコンのものを選ぶことをおすすめします。

    齊藤 あき
    毛髪診断士/美養研究家
    齊藤 あきさんのコメント

    敏感肌の方の場合、ヘアミルクやヘアクリームに含まれるコンディショニング成分にも注意が必要です。敏感肌の方は肌トラブルの原因になる恐れがあります。


    敏感肌の方は植物油がベースになっている&ノンシリコンのシンプルな処方の商品を選びましょう

    売れ筋の人気洗い流さないトリートメント全141商品を徹底比較!

    洗い流さないトリートメントの検証

    さて、ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング・@cosmeなどで売れ筋上位の洗い流さないトリートメント141商品をすべて集めて、どれが最も優れた洗い流さないトリートメントなのか検証していきます。


    <今回検証した商品>

    • ヘアオイル 82商品
    • ヘアミルク 38商品
    • ヘアクリーム 21商品

    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:ダメージ補修力

    検証②:指通りのよさ

    検証③:成分

    検証① ダメージ補修力

    ダメージ補修力

    まずは、洗い流さないトリートメントを選ぶうえで最も気になる「ダメージ補修力」を検証していきます!


    ヘアアイロンとドライヤー、くしを使って、同一条件でブリーチ毛束を傷めつけてダメージを受けた髪を再現します。


    傷めつけたブリーチ毛束を水で濡らし、一定量のヘアオイルを塗布。くしを使って毛束全体にヘアオイルを行き渡らせてから、同じ温度・風速に設定したドライヤーで乾かしていきます。


    その後、暖房&除湿機をかけている湿度30%以下の部屋に乾かしたブリーチ毛束を6時間放置。放置した毛束の毛先のまとまり具合とツヤの有無を編集部員が目視でチェックして点数付けを行いました。

    検証② 指通りのよさ

    指通りのよさ

    次に、さらさらな指通りになったかどうかを検証しました。


    ダメージ補修力の検証で6時間乾燥させたブリーチ毛束を、摩擦係数を計測できる機械に5回ずつ通します。洗い流さないトリートメント塗布前の数値と乾燥後の数値をとり、数字の変化率をチェックして編集部員が評価をつけました。

    検証③ 成分

    成分

    最後に検証したのは「成分」です。ヘアケアに詳しい毛髪診断士の齊藤あきさんに、成分について厳しくチェック&評価を行ってもらいました。


    成分評価は、以下のポイントから実施しました。


    <成分評価のポイント>

    • 保湿・補修・保護成分がバランスよく配合されているか
    • 刺激となる可能性がある成分が配合されていないか
    • スタイリング剤としても使えるような+αの成分が配合されているか

    ヘアオイルのおすすめ人気ランキングBEST3

    ヘアオイルのおすすめ人気ランキングBEST3を発表します。ヘアオイルの選び方・検証については、以下記事で詳しく解説しているので参考にしてください。なお、1ml・1gあたりの価格は2019年11月時点の情報です。
    No.1

    ネイチャーラボモイストダイアン ヘアトリートメント オイル エクストラダメージリペア 100ml

    1,408円(税込)

    総合評価

    4.75
    • ダメージ補修力: 5.0
    • 指通りのよさ: 4.0
    • 成分: 5.0

    ダメージを補修、毛先までしっかりまとまる!ヘアケア効果とまとまりのよさが抜群のヘアオイル

    ヘアオイル82商品のなかで1位となったのは、ネイチャーラボ「モイストダイアン パーフェクトビューティー ヘアオイル」。とろみのあるテクスチャがすーっと伸びて、髪になじんでいきます。綿菓子のような甘い香りは好みが分かれるかもしれません。


    パサついた毛が数本あるのは気になりましたが、毛先までしっかりまとまりました! 指通りがよく、美しいツヤも出て文句ナシの仕上がりです。


    しっとりとした仕上がりになるので、まとまりを重視する人にはぴったりの商品です。軽くてサラッとした仕上がりを求める人は少し重く感じてしまうかもしれません。


    補修成分も贅沢に含まれており、カラーリングなどでダメージを受けた髪のケア効果も期待できます。ドライヤーなどの熱ダメージから髪を保護する成分も入っているので、補修だけでなくダメージ予防もできます。


    ヘアオイル選びに悩んだら、最初に試してみる価値のある商品です!ダメージヘアに悩む人や傷みの気になるロングヘアの人にはとくにおすすめです。

    内容量100ml
    1mlまたは1gあたりの価格18円
    香り不明
    バリエーションモイスト、ダメージリペア、シャイン
    タイプダメージリペアタイプ
    仕上がりやや軽い
    オイルの種類植物性
    熱保護
    シリコーンの使用
    特徴プチプラ
    No.2

    コーセーコスメポートジュレーム ファンタジスト コンセントレート オイル 100ml

    1,379円(税込)

    総合評価

    4.63
    • ダメージ補修力: 5.0
    • 指通りのよさ: 4.5
    • 成分: 4.0

    まとまらない髪に悩む人向け。乾燥した日でもしっとりした質感をキープ

    女性誌のヘアケア部門で1位を獲得したことのある「ジュレーム ファンタジスト コンセントレート オイル」。ベタベタと手に残るテクスチャで、仕上がりも重めです。


    6時間乾燥した後でも髪がパサつくことなく、指通りもなめらかです。完璧なまとまりが長続きします。少し人工的にも見えますが、はっきりとしたツヤが出ます。


    しっとりと重めの仕上がりなので、濡れ髪感を出したい人や毛量が多い人におすすめです。剛毛・くせ毛の人も手にとりやすいでしょう。髪がやわらかい人や毛量の少ない人はペタンとしてしまうかもしれません。


    成分は満点ではないものの、水準を上回る評価に。シンプルな成分で構成されており、あまり特徴的な成分は入っていません。香りがやや強いので、ニオイに敏感な人はテスターをチェックすることをおすすめします。

    内容量100ml
    1mlまたは1gあたりの価格15円
    香りスイートフローラル
    バリエーションなし
    タイプさらさらタイプ
    仕上がりやや重い
    オイルの種類植物性
    熱保護
    シリコーンの使用
    特徴プチプラ
    No.3

    RBPMERCURYDUO エレガンスヘアオイル

    1,760円(税込)

    総合評価

    4.63
    • ダメージ補修力: 4.5
    • 指通りのよさ: 4.5
    • 成分: 5.0

    サラッと軽やかな質感で、女性らしい香りがする髪を目指せるヘアオイル

    ファッションブランド「MERCURYDUO」と「megami no wakka」が共同開発したヘアオイル。ペタっとしたオイリーなテクスチャですが、髪に塗ると指通りのよいサラサラな仕上がりになりました。


    6時間乾燥させても指通りのよさをキープ。毛束の広がりも抑え続けられましたが、毛束全体に乾燥によるパサつきが出てしまったのが惜しいところでした。


    また、はっきりとしたツヤが出るので、ツヤ出し効果を期待できます。ギラギラした人工的なツヤ感なので、ナチュラルな仕上がりが好みの人にはおすすめできません。


    一方で成分については文句ナシの満点評価となりました。植物油と動物油がバランスよく配合しており、セット力のある成分が入っているのでスタイリングにも向いています。補修成分がもっと入っていれば完璧でした。サラッとした仕上がりとフェミニンな香りが好みの人におすすめです。

    内容量80ml
    1mlまたは1gあたりの価格22円
    香りセンシュアルエレガンス
    バリエーションなし
    タイプさらさらまとまるタイプ
    仕上がり軽い
    オイルの種類植物性
    熱保護-
    シリコーンの使用
    特徴プチプラ

    ヘアミルクのおすすめ人気ランキングBEST3

    ヘアミルクのおすすめ人気ランキングBEST3を発表します。ヘアミルクの選び方・検証については、以下記事で詳しく解説しているので参考にしてください。なお、1ml・1gあたりの価格は2019年11月時点の情報です。

    No.1

    DHCDHCアフターバス ヘア トリートメント エマルジョンタイプ

    2,580円(税込)

    総合評価

    4.63
    • ダメージ補修力: 5.0
    • 指通りのよさ: 4.0
    • 成分: 4.5

    ダメージ補修よりも保湿力に特化!乾燥した季節の強い味方になるヘアミルク

    サプリや化粧品でおなじみのDHCが販売しているヘアミルク。ミルクというよりも、どちらかと言えばクリームと似たようなこってりとしたテクスチャです。


    ダメージ補修力で満点評価を獲得した数少ない商品のひとつで、毛先のまとまり・ツヤともに文句のつけどころがありません。ふんわりとした仕上がりではなく、しっとりと毛先まで一本筆のようにまとまるので、広がりやすい髪に悩んでいる方にぴったりです。


    うるおいを感じる手触りで、指通りのよさも申し分ありません。補修成分が少ないため満点評価はつけられませんでしたが、保湿効果を期待できる成分が複数配合されています。


    6時間乾燥させてもパサついた毛が一本も見つからなかったので、成分だけでなく実際に使ってみた結果としても十分に保湿力があると言えます。広がりやパサつき、乾燥に悩んだら、まず試してみる価値のあるヘアミルクです!

    内容量150ml
    1mlまたは1gあたりの価格17円
    香りアロマティックハーブ
    バリエーション-
    タイプダメージを補修するタイプ
    仕上がり軽い
    オイルの種類-
    熱保護-
    シリコーンの使用
    No.2

    ヤマサキラサーナ 海藻 ヘア ミルク 120g

    1,485円(税込)

    総合評価

    4.63
    • ダメージ補修力: 4.5
    • 指通りのよさ: 4.5
    • 成分: 5.0

    お出かけ前のヘアケアにも!しっとりさ・自然なツヤ感・サラサラな手触りが手に入る

    海洋成分にこだわったヘアケアブランド「ラサーナ」のヘアミルク。フランス・ブルゴーニュ産の海藻エキス使用をアピールした商品ですが、成分分析においても保湿効果が期待できると高評価がつきました。


    ダメージ補修力ではほぼ満点に近い検証結果で、6時間乾燥させてもわずかに毛先のパサつきがある程度です。しっとりしつつもサラサラな手触りで、指通りのよさも申し分ありません。人工的なギラつきではなく、自然なツヤがはっきりと出るのも美点です。


    成分は文句なしの満点評価。肌刺激となる可能性も低く、保湿効果が期待できます。メーカーが指定する使い方どおりに、朝の乾いた髪に使うことをおすすめしますが、濡れた髪に使ってもヘアミルクとしての機能はきちんと発揮されますよ。


    サラサラな手触りの髪を目指している方や成分にこだわりたい方ならば、買って損することのないヘアミルクです。

    内容量120g
    1mlまたは1gあたりの価格17円
    香りフローラル&フルーティ
    バリエーション-
    タイプつやのあるタイプ
    仕上がりやや重い
    オイルの種類植物性
    熱保護
    シリコーンの使用
    No.3

    オルビス エッセンスインヘアミルク 140g

    1,179円(税込)

    総合評価

    4.63
    • ダメージ補修力: 4.5
    • 指通りのよさ: 4.5
    • 成分: 5.0

    香りに敏感な方も安心して使える。ダメージケアを期待できる、しっとり系ヘアミルク

    パサつき・広がり・枝毛・ツヤ不足といった髪悩みを解決する、オルビス「エッセンスインヘアミルク」。「傷んだ髪の内側と外側のダメージを同時にケア」とうたうとおり、成分・使用感ともにダメージケアできると言える検証結果となりました。


    一本筆とまではいきませんが、6時間乾燥させた後もまとまりを維持し続けます。シャイニーグロス成分配合をアピールするだけあって、ツヤ感もばっちり。少しわざとらしく感じるギラギラとした光り方なので、自然なツヤが欲しい人にはいまひとつかもしれません。


    指通りのよさは文句なしで、やや重めのしっとりとした仕上がりになりました。成分評価も満点で、保湿・補修・保護効果のある成分や各種アミノ酸などを配合していて、成分の観点からみてもダメージケア効果を期待できます。


    カラーやパーマでダメージを受けた髪やロングヘアにおすすめできるヘアミルクです。また、検証した商品で唯一の無香料タイプなので、香りが苦手な方でも安心して使えます。

    内容量140g
    1mlまたは1gあたりの価格9円
    香り-
    バリエーション-
    タイプさらさらタイプ
    仕上がりやや重い
    オイルの種類-
    熱保護
    シリコーンの使用

    ヘアクリームのおすすめ人気ランキングBEST3

    ヘアクリームのおすすめ人気ランキングBEST3を発表します。ヘアクリームの選び方・検証については、以下記事で詳しく解説しているので参考にしてください。なお、1ml・1gあたりの価格は2019年11月時点の情報です。

    No.1

    柳屋本店髪を守る椿ちゃん 保湿ヘアクリーム

    523円(税込)

    総合評価

    4.20
    • ダメージ補修力: 4.5
    • 指通りのよさ: 3.8
    • 成分: 4.0

    どんな髪質にも使える!保湿もダメージケアもできる万能ヘアクリーム

    量の調節がしづらい椿油を使いやすくした商品「柳屋本店|保湿ヘアクリーム」が第1位に!やや難点が残るものが多かった今回の検証商品のなかで、唯一欠点が見つからないヘアクリームでした。


    商品紹介で「椿の恵みたっぷりの成分でパサつく髪を守ります」と書いているとおり、乾燥した部屋に6時間入れても毛先のしっとり感を維持し続けました。やや鈍いですがツヤも出ており、傷んだ髪へのケア効果を感じられます。指通りのよさも3.8点とまずまずな評価。


    成分分析では保湿・補修成分を多数配合している点を高く評価しました。界面活性剤が入っているため満点評価を逃しましたが、熱から髪を保護する成分入りでドライヤー前のケアにも有効などと、髪によい成分が盛りだくさんです。


    やや重めの仕上がりながら、さらっとした質感も両立しているこちらの商品はどんな髪質にも使えるといえます。高機能ながら1,000円以下で購入できる手頃な価格も魅力的。ヘアクリーム選びに悩んだら、最初に試してみる価値のある商品です!

    内容量120g
    1mlまたは1gあたりの価格6円
    香りフローラル系
    バリエーション-
    タイプしっとりタイプ
    仕上がり重め
    オイルの種類植物性
    熱保護-
    シリコーンの使用
    No.2

    ピュール自然派club サスティ リシリッチ 利尻ヘアクリーム 150ml

    2,950円(税込)

    総合評価

    4.05
    • ダメージ補修力: 4.5
    • 指通りのよさ: 3.2
    • 成分: 4.0

    美しいツヤ感が印象的。自然な仕上がり・ヘアケア効果を求める人なら検討する価値あり

    利尻昆布エキスを使用した「自然派club サスティ|リシリッチ 利尻ヘアクリーム」。ネット広告などでも数多く取り上げられている商品ですが、まとまり・ツヤ・指通り・成分すべて平均以上の評価を獲得するバランスのよさで第2位という結果になりました。


    さらさらとしたテクスチャですが、仕上がりはしっとりしています。6時間乾燥させた後、はっきりときれいなツヤが出たのが好印象! ややパサついた毛が出ましたが、塗布直後のまとまりを十分に維持できたといえるレベルです。指通りのよさも3.2点とまずまずな評価となりました。


    成分分析では植物油や加水分解シルクなど、髪に必要な成分をバランスよく配合している点が評価されましたが、コンディショニング成分の配合量が多いため肌が弱い方にとっては刺激が強い可能性もあります。


    肌刺激を気にせず、自然なツヤ・仕上がりにしたい方ならば一考の価値があるといえるヘアクリームです。

    内容量150ml
    1mlまたは1gあたりの価格20円
    香り柑橘系
    バリエーション-
    タイプうるおうタイプ
    仕上がりやや重め
    オイルの種類植物性
    熱保護
    シリコーンの使用-
    No.3

    大島椿大島椿 ヘアクリーム しっとり

    4円(税込) / 1商品あたり

    総合評価

    4.00
    • ダメージ補修力: 3.5
    • 指通りのよさ: 5.0
    • 成分: 4.0

    多毛・太毛向けのしっとり感。ブラッシングの摩擦から髪を守れるヘアクリーム

    ヘアオイルでは定番の「大島椿」ですが、クリームタイプの商品も販売しています。鉱物油を一切使用しておらず、椿油からつくることにこだわったヘアクリームです。


    うたい文句で「毛先までまとまる髪に」というとおり、6時間乾燥しても塗布直後とほぼ変わらずに毛先までしっとりまとめあげています。オイリーな質感のため、鈍いツヤ感になってしまっている点が気になりました。


    もう少し保湿・補修成分が欲しいところですが、指通りは抜群によくなるため、ブラッシングによる摩擦から髪を守る効果を期待できますよ。重めな仕上がりになるので、商品紹介にあるとおり毛量が多い方や髪が太い方に適したクリームといえます。

    内容量160g
    1mlまたは1gあたりの価格4円
    香り-
    バリエーション-
    タイプしっとりタイプ
    仕上がり重め
    オイルの種類植物性
    熱保護-
    シリコーンの使用

    洗い流さないトリートメントのタイプ別検証結果ハイライト

    ヘアオイル・ヘアミルク・ヘアクリームそれぞれで比較・検証を行っています。タイプ別の検証結果ハイライトを記載しているので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

    【ヘアオイルの検証ハイライト】シリコーンよりも「油の種類」が命運を握っていた!摩擦から髪を守るならオイルがベスト

    毛先のまとまりがよい商品にも悪い商品にもシリコーンが入っており、シリコーン有無よりも髪なじみのよい成分を使っているかどうかというポイントで差がつきました


    すべての検証軸で高評価だったヘアオイルは、植物油や動物油、補修・保護成分がバランスよく配合されています。肌トラブルの原因となる成分が入っていても、配合量がさほど多くないため肌刺激になるリスクも低めだと言えるでしょう。


    ヘアクリーム・ヘアミルクと比較すると、摩擦係数が低いものが多い点が印象的でした。ブラッシングによる摩擦から髪を守るならヘアオイルを使うのがベストです!

    【ヘアミルクの検証ハイライト】自然なツヤ髪を目指せる!シリコーンが多い商品は一長一短あり

    ヘアオイルではギラっとした人工的なツヤが出る商品もありましたが、ヘアミルクでは基本的にどの商品も自然なツヤが出ました!また、全商品が指通りのよさで合格点を獲得したので、ナチュラルな仕上がり&サラサラな髪を目指すならヘアミルクが最適です。


    シリコーンの量については、一長一短がある結果に。指通りのよさが高評価だったヘアミルクはシリコーンの代表的な成分であるジメチコン、シクロペンタシロキサンが成分表の1〜2番目にくる商品が占めましたが、肌への刺激が気になるものも見受けられました。


    ただし、指通りも成分評価も、どちらも高評価のヘアミルクもありました。TOP5の商品はダメージ補修力・指通り・成分のすべてが高評価なので、肌が弱い方でも安心して使えますよ。

    【ヘアクリームの検証ハイライト】6時間乾燥してもばさっと広がる毛束なし!毛先のパサつきに差が出た

    湿度30%以下の部屋に6時間放置しても、毛先がほうきのようにバサッと広がってしまう商品がひとつもありませんでした!


    まとまりの悪さで目立つヘアクリームはありませんでしたが、毛先のうるおいがなくなってパサつきが出ている商品があり、順位に差が出る結果となりました。とはいえ、ヘアオイルやヘアミルクでは毛先のパサつき・広がりが抑えられない商品もあったので、髪のボリュームダウンや乾燥防止をするならヘアクリームがぴったりです。


    ただし、ヘアオイルやヘアミルクと比較すると指通りのよさの評価が低めなので、摩擦による刺激から髪を守るならヘアオイルと併用するのがベストでしょう。

    美髪のスペシャリストが教える!正しい使い方でトリートメントの効果を十分に発揮しよう

    自分の髪質に合った洗い流さないトリートメントを使っても、正しい使い方を知らなければ効果を十分に感じることができないかもしれません。


    そこで今回は、毛髪診断士の齊藤あきさんに洗い流さないトリートメントの正しい使い方を教えてもらいました。適量や塗布時の注意点、つけ方のコツに関してはタイプ別に解説していますので、ぜひ以下の記事でチェックしてみてくださいね!

    ブラシ・櫛にこだわれば、より効果UP!

    洗い流さないヘアトリートメントとともに髪のお手入れに欠かせないのが、ヘアブラシや櫛などのアイテム。以下の記事では、そんなヘアブラシや櫛のおすすめ商品を紹介しています。こちらもチェックして、さらにつやつやの髪を目指してくださいね。

    洗い流さないトリートメントの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、洗い流さないトリートメントのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

    まとめ

    今回は、売れ筋の洗い流さないトリートメント141商品を徹底的に比較・検証しました。


    洗い流さないトリートメントといっても、オイル・ミルク・クリームと違うテクスチャのアイテムが多数販売されています。商品数に惑わされず、自分の髪に合った効果を発揮する商品を選ぶことが大切です。ぜひ記事で紹介している選び方・検証結果を参考に、自分の髪質に合った洗い流さないトリートメントを探してみてくださいね!


    文:宮崎倫加子、写真:稲垣佑季・佐々木歩・ねこちゃば・奥本光城・勅使河原真

    ランキング作成日:2020/01/20

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す