• 【毎日の筋トレに!】腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【毎日の筋トレに!】腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【毎日の筋トレに!】腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【毎日の筋トレに!】腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【毎日の筋トレに!】腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

【毎日の筋トレに!】腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング7選

安く購入でき、自宅でも本格的な高負荷な腹筋トレーニングを行える「腹筋ローラー」は、トレーニンググッズの中でも特に人気のある器具です。場所も取らずいつでも気軽に短時間で行え、腹筋だけでなく上半身も効率よく鍛えられるのも人気の理由です。音が静かなもの・安定性の高いもの・初心者や女性の方でも行いやすいアシスト機能付きのものなど、さまざまな種類の商品が登場しているんですよ。

今回は市販・通販で購入できる人気の腹筋ローラーを価格・安定感・難易度などで徹底的に比較し、おすすめ順にランキング形式で発表します。その前に賢い腹筋ローラーの選び方もご紹介しますので、初心者の方でも自分にぴったりの腹筋ローラーが見つかりますよ。毎日の筋トレメニューに腹筋ローラーを取り入れ、モデルのようなおなかを手に入れてみませんか♪

この記事に登場する専門家

湯浅 幸大
  • 最終更新日:2019年03月07日
  • 111,586  views
目次

腹筋ローラーの選び方

ランキングをご紹介する前に、まずは腹筋ローラーの賢い選び方をご紹介します。この選び方を確認してからランキングを見れば、初心者も上級者も自分にぴったりな腹筋ローラーを簡単に見つけられるようになりますよ!

握りやすいグリップを選ぼう

握りやすいグリップを選ぼう
集中してトレーニングを行うためには、手にフィットする握りやすいグリップを選ぶことが大切です。人によって握りやすいと感じるグリップは異なりますが、グリップが硬い・グリップに溝が付いているとトレーニング中に手が痛くなってしまうこともありますので、使用されている素材や口コミを参考にしながら、適切なグリップを選んでいきましょう。

万が一握りにくい腹筋ローラーを選んでしまったら、軍手やトレーニンググローブを使用すると握りやすくなりますよ。

ローラーの直径が小さいほど負荷アップ

ローラーの直径が小さいほど負荷アップ
自分の筋力に合った腹筋ローラーを選びたい、というときに注目したいのがローラーの直径。ローラーの直径が小さいほど地面に近くなりますので、負荷もアップするんです。上級者は直径15cm以下・中級者は15~20cm程度・初心者は20cm以上を目安に選ぶとよいでしょう。

丈夫なものを選ぼう

丈夫なものを選ぼう
自分の体重をしっかりと乗せながら、人によっては何往復もコロコロと動かしてトレーニングを行う腹筋ローラー。途中で壊れてしまうなんてことがあったら大変ですから、安全に使い続けるためにも丈夫なものを選ぶ必要があります。耐荷重が設定されている商品もありますので、けが防止のためにも耐荷重を守って使用することも大切です。

しかし、丈夫なのかは実際に使用してみないとわからないもの。そんなときに便利なのが口コミです。ぜひ口コミを参考にし、耐久性についても十分確認してから選んでくださいね。

安定感があるものを選ぼう

安定感があるものを選ぼう
安全に使用するためにも、安定性の高い腹筋ローラーを選びましょう。ローラーは1枚より2枚、そしてローラー同士の幅があるほど安定感も増します。

でも十分な筋力があり、バランスをとることで体幹も鍛えたいという方は、1枚ローラーのアイテムを選ぶのもおすすめですよ。

音が静かなものを選ぼう

音が静かなものを選ぼう
腹筋ローラーを使っている際に気になってくるのが音です。特にマンションやアパートに住んでいる方や、みんなが寝静まった夜中にトレーニングしたいという方は、静音性の高い商品を選びましょう。おすすめなのはベアリング付き。音も静かなうえに回転も滑らかで、ストレスフリーのトレーニングが行えますよ。

またローラーに溝が付いているものだと、コロコロ動かした際の振動音が気になるという方も多いようです。フローリングの上では滑りにくくなるというデメリットはありますが、静かに行いたい場合にはマットや絨毯の上で行うようにしましょう。

初心者におすすめ!アシスト機能付き腹筋ローラー

初心者におすすめ!アシスト機能付き腹筋ローラー
腹筋ローラーは家でも簡単に高負荷のトレーニングを行えるアイテム。でもそれゆえ、きつすぎて挫折した、身体を支えきれずにけがをしてしまった、なんて声も多いものなんです。

そんな筋力に自信がなく、普通の腹筋ローラーを使いこなせるか不安だという初心者や女性の方におすすめなのが、アシスト機能付きの腹筋ローラー。ローラー内にバネを入れたり、チューブを取り付けることで、コロコロしたときの戻る動作を補助してくれるんです。

アシスト機能が付いている腹筋ローラーでも負荷は十分。いきなり高負荷な通常の腹筋ローラーを使って挫折するよりは、アシスト機能付きの腹筋ローラーを使い続けるほうがはるかに効果的です。負荷が足りないなと思い始めたら、普通の腹筋ローラーにチェンジするのもよいでしょう。また腰の負担を軽減してくれる効果もありますので、腰痛持ちの方にもおすすめの機能ですよ。

マット付きがおすすめ!

マット付きがおすすめ!
床を傷つけたくないという方や、膝コロを行う場合での膝の負担を軽減させるに必要になるのがマット。腹筋ローラーには膝用のマットが付属しているものも多くなっています。マット付いていれば、腹筋ローラーが届いた日から、スムーズにトレーニングを開始できますね。

ただし膝用マットだけですと、床を傷つけないようにするためには長さが足りません。そんなときにはヨガマットを活用しましょう。長さと幅のあるヨガマットなら膝も床も痛めずにトレーニング可能です。フローリングでローラーが滑ってしまう場合などにも効果的ですよ。

プロの愛用するおすすめの腹筋ローラー

まずはランキングの前に、プロの愛用する腹筋ローラーをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、トレーニングしやすいものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 1枚目
出典:amazon.co.jp

Soomloomアブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー

1,170円

腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング7選

ここからはいよいよ、おすすめの腹筋ローラーをランキング形式でご紹介していきます。先ほどご紹介した選び方を参考に使い心地にこだわりながら、自分の筋力に合った腹筋ローラーを手に入れてくださいね!
7位
腹筋ローラー MRG アシスト機能付きパワーストレッチローラー 1枚目
出典:amazon.co.jp

MRGアシスト機能付きパワーストレッチローラー

サイズ47×16×16cm
耐荷重約100kg
安定感
アシスト機能あり(バネ)
6位

バランスボディ研究所エントリーマッチョ

4,580円 (税込)

サイズグリップ幅62×ホイール直径17cm(ローラー部分)・37×19cm(ニーパッド部分)
耐荷重-
安定感
アシスト機能なし(サポートチューブはあり)
5位
サイズグリップ幅26×ホイール直径18.5cm
耐荷重約100kg
安定感
アシスト機能なし
4位
腹筋ローラー ラヴィ Wモンスターマンローラー 1枚目
出典:amazon.co.jp

ラヴィWモンスターマンローラー

3B-4006

2,645円 (税込)

サイズ11×19×12cm
耐荷重約80kg
安定感
アシスト機能なし(ストッパーはあり)
3位
サイズ32×22×12cm
耐荷重約300kg
安定感
アシスト機能なし
2位

トーエイライトジスタス スリムトレーナー

H-7218

サイズグリップ幅30×ホイール直径15cm
耐荷重約80kg
安定感
アシスト機能なし
1位

Soomloomアブホイール 超静音ペアリングデザイン

1,189円 (税込)

サイズグリップ幅32×ホイール直径14.5cm
耐荷重200kg
安定感
アシスト機能なし

おすすめ人気 腹筋ローラーの比較一覧表

商品画像
1
腹筋ローラー Soomloom アブホイール 超静音ペアリングデザイン 1枚目

Soomloom

2
腹筋ローラー トーエイライト ジスタス スリムトレーナー 1枚目

トーエイライト

3
腹筋ローラー Soomloom 腹筋ローラー 1枚目

Soomloom

4
腹筋ローラー ラヴィ Wモンスターマンローラー 1枚目

ラヴィ

5
腹筋ローラー WinLine 腹筋ローラー 1枚目

WinLine

6
腹筋ローラー バランスボディ研究所 エントリーマッチョ 1枚目

バランスボディ研究所

7
腹筋ローラー MRG アシスト機能付きパワーストレッチローラー 1枚目

MRG

商品名

アブホイール 超静音ペアリングデザイン

ジスタス スリムトレーナー

腹筋ローラー

Wモンスターマンローラー

腹筋ローラー

エントリーマッチョ

アシスト機能付きパワーストレッチローラー

特徴高品質腹筋ローラーでストレスフリーにトレーニング!シンプルで大人気!最高クラスの安定感!大胸筋も鍛えられる2WAYローラー中級者向け!シンプルで静かな腹筋ローラー筋力に合わせて負荷を調整!初心者向け!負荷を軽減するアシスト機能付き
価格1,189円(税込)(税込)1,190円(税込)2,645円(税込)1,499円(税込)4,580円(税込)(税込)
サイズグリップ幅32×ホイール直径14.5cmグリップ幅30×ホイール直径15cm32×22×12cm11×19×12cmグリップ幅26×ホイール直径18.5cmグリップ幅62×ホイール直径17cm(ローラー部分)・37×19cm(ニーパッド部分)47×16×16cm
耐荷重200kg約80kg約300kg約80kg約100kg-約100kg
安定感
アシスト機能なしなしなしなし(ストッパーはあり)なしなし(サポートチューブはあり)あり(バネ)
商品リンク

まとめ

今回はおすすめの腹筋ローラーをご紹介しましたが、いかがでしたか?腹筋ローラーは正しいフォームで行わないと腰を痛めてしまうこともあります。ローラーを戻すときに背中が伸びている姿勢はNGです。おへそを見ながら戻すことを意識し、必ず猫背のまま腹筋の力で元の姿勢に戻していきましょう。

初心者の方はまず膝を付いた姿勢で行う膝コロから初めて、十分な筋力が付いてから立った姿勢で行う立ちコロにシフトチェンジしていきましょう。正しく効果的に腹筋ローラーを使い、理想の腹筋を手に入れてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す