【徹底比較】食器用洗剤のおすすめ人気ランキング33選

【徹底比較】食器用洗剤のおすすめ人気ランキング33選

毎日の食器洗いに欠かせない「食器用洗剤」。家事のストレスを減らすためにも、使い勝手にこだわって選びたいですよね。しかし、弱酸性・中性・弱アルカリ性と液性によって洗浄力が異なり、配合されている成分もさまざま。そのうえ、キュキュット・ジョイ・チャーミーなど人気商品も多く、どれを選べばいいか悩んでしまいませんか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の食器用洗剤33商品を比較して、最もおすすめの食器用洗剤を決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. 洗浄力
  2. 泡立ち
  3. 泡切れ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?食器用洗剤の選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年04月30日更新
  • 386,415 views

検証のポイント

売れ筋の食器用洗剤33商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 洗浄力

    検証① 洗浄力

    まず、食器用洗剤の「洗浄力」を検証していきます。食器にカレーの汚れをつけ、乾燥させます。その上に食器用洗剤の泡を絞り、15分放置したのちに洗い流します。食器そのものの重さと汚れをつけた状態の重さ、洗い流した後の重さをそれぞれ計測し、洗浄率を算出しました。また、汚れ落ちの状態を目視で評価。洗浄率とあわせて洗浄力を比較しました。

  • 泡立ち

    検証② 泡立ち

    続いて、食器用洗剤の「泡立ち」を検証していきます。スポンジに2.5mlの洗剤を含ませ、泡立たせます。そこに食用油を含ませ、再度泡立てるという工程を泡立たなくなるまで繰り返しました。

  • 泡切れ

    検証③ 泡切れ

    最後に、食器用洗剤の「泡切れ」を検証します。食器に洗剤を塗布し、すすいだ水を紙コップにとる工程を20回分行います。紙コップそれぞれに、界面活性剤に反応して、発泡する過炭酸ナトリウムを入れます。何回目のすすぎで過炭酸ナトリウムが反応しなくなるかを目視で確認しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    食器用洗剤の選び方

    食器用洗剤を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

    ① 洗浄力の目安となるのは「液性」!弱アルカリ性・中性・弱酸性の中から選ぼう

    洗浄力の目安となるのは「液性」!弱アルカリ性・中性・弱酸性の中から選ぼう

    食器用洗剤は弱アルカリ性・中性・弱酸性の3種類に分類され、弱アルカリ性の洗浄力が一番強いです。しかし、洗浄力が強ければよいというわけではありません。食器用洗剤は肌に触れるものでもあるので、肌の弱い人は洗浄力のやさしい洗剤のほうが合っていると言えます。


    食器洗いでゴム手袋を使用する人、強い洗浄力を求める人には弱アルカリ性、反対に手荒れが気になる人には弱酸性の食器用洗剤がおすすめです。


    また、現在一般的に市場に多く出回っているのは中性洗剤。迷ったときはバランスのよい中性洗剤を選ぶというのもひとつの手です。

    ② まとめて一気に洗える!泡立ちのよい洗剤を選ぼう

    まとめて一気に洗える!泡立ちのよい洗剤を選ぼう

    食器を洗っているとき、手間となるのが洗剤のつぎ足し。家族が多い人や食器をまとめて洗う人には泡立ちのよい洗剤がおすすめです。


    食器を洗っている最中に何度もつぎ足さなくてよくなるため、結果として食器洗いの時短につながります。この記事では泡立ちのよい洗剤はどれか検証したので、結果を参考に選んでみてくださいね!

    ③ 食器洗いの時短につながる!泡切れも重要ポイント

    食器洗いの時短につながる!泡切れも重要ポイント

    最後にチェックしたいのは泡切れ。見逃しがちですが、赤ちゃんのいる家庭は特に注意したいポイントです。また、そのような家庭でなくても泡切れが悪いと食器洗いに時間がかかってしまいます。食器洗いは毎日行う家事であるからこそ、ちょっとした差がストレスになりかねません。


    泡切れ性能を謳う食器用洗剤もあるため、泡切れが特に気になる方はそちらを選んでみてもよいでしょう。

    売れ筋の人気食器用洗剤全33商品を徹底比較!

    食器用洗剤の検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の食器用洗剤33商品をすべて購入し、どれが最も優れた食器用洗剤なのか検証していきます。


    上記の選び方のポイントを踏まえて、検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:洗浄力

    検証②:泡立ち

    検証③:泡切れ

    今回検証した商品

    1. ライオン|チャーミー泡のチカラ手肌プレミアム
    2. ライオン|ママレモン
    3. トップバリュ|食器用洗剤
    4. マツモトキヨシ|matsukiyo 食器用洗剤 本体 レモンスカッシュの香り
    5. 太陽油脂|パックス 食器洗い 200番
    6. ライオン|チャーミー Vクイック
    7. ミヨシ石鹸|無添加 食器洗いせっけん
    8. 西友|きほんのき 食器用洗剤600ml
    9. セリア|KITCHEN DETERGENT
    10. サラヤ|ハッピーエレファント 野菜・食器用洗剤 グレープフルーツ
    11. P&G|ジョイコンパクト バレンシアオレンジの香り
    12. サラヤ|ヤシノミ洗剤
    13. ライオン|チャーミーマジカ 酵素+
    14. P&G|ジョイコンパクト ダブル除菌
    15. サラヤ|ヤシノミ 洗剤 プレミアムパワー 240ml
    16. 花王|キュキュット クリア除菌
    17. 花王|キュキュット リラックスデイズ ポンプ ヴァーベナ&シトラスの香り
    18. 花王|キュキュット
    19. 東邦|ウタマロ キッチン
    20. アラウ|アラウ.台所・食器用せっけん
    21. セブンプレミアム|食器用洗剤 本体 240ml
    22. エコベール|食器用洗剤 レモン 450mL
    23. ミマスクリーンケア|緑の魔女 キッチン
    24. ダイソー|台所用洗剤 コンパクト
    25. ライオン|チャーミーマジカ 食器用洗剤 除菌+ レモンピールの香り
    26. 花王|ファミリーフレッシュ コンパクト 本体 270ml
    27. ライオン|チャーミーマジカ 食器用洗剤 速乾+
    28. 花王|キュキュット ハンドマイルド カモミールの香り
    29. シャボン玉石けん|シャボン玉 台所用せっけん 液体タイプ
    30. ソネット|ナチュラルウォッシュアップリキッド 食器用洗剤
    31. キャンドゥ|油汚れもすっきり落とす食器用洗剤
    32. 旭化成ホームプロダクツ|フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ
    33. Murchison-Hume|ヘアルーム ディッシュウォッシング リキッド 480ml

    検証① 洗浄力

    洗浄力

    まず、食器用洗剤の「洗浄力」を検証していきます。


    食器にカレーの汚れをつけ、乾燥させます。その上に食器用洗剤の泡を絞り、15分放置したのちに洗い流します。食器そのものの重さと汚れをつけた状態の重さ、洗い流した後の重さをそれぞれ計測し、洗浄率を算出しました。


    また、汚れ落ちの状態を目視で評価。洗浄率とあわせて洗浄力を比較しました。

    【検証結果ハイライト】界面活性剤の割合が20%以上だと汚れ落ちがよい傾向に!

    【検証結果ハイライト】界面活性剤の割合が20%以上だと汚れ落ちがよい傾向に!

    一般的に弱アルカリ性の食器用洗剤は洗浄力が高いと言われていますが、界面活性剤の配合割合が10%台では汚れ落ちが悪いという傾向が判明。逆に洗浄力が弱いとされる弱酸性の食器用洗剤でも、界面活性剤の配合割合が22%のエコベールは泡をのせた部分の汚れがキレイに落ちました。


    全体的に、液性に関わらず界面活性剤の割合が20%以上だとキレイに汚れを落とすことができると言えるでしょう。10%台の食器用洗剤は手荒れが気になる人にはよいですが、洗浄力は低いので注意が必要です。

    検証② 泡立ち

    泡立ち

    続いて、食器用洗剤の「泡立ち」を検証していきます。


    スポンジに2.5mlの洗剤を含ませ、泡立たせます。そこに食用油を含ませ、再度泡立てるという工程を泡立たなくなるまで繰り返しました。

    【検証結果ハイライト】泡立ちを求めるなら自然派系洗剤は避けるのが無難。成分表をチェックしよう

    【検証結果ハイライト】泡立ちを求めるなら自然派系洗剤は避けるのが無難。成分表をチェックしよう

    前提として、泡立ちと洗浄力は直接的な関りはありません。泡立ちが悪くても汚れは落ちる洗剤や、もともと泡立たない洗剤もあることを押さえておきましょう。


    検証の結果、ほとんどの食器用洗剤が油を70ml足したあたりで泡立たなくなりました。そのなかで、泡立ちのよい洗剤に目立ったのはアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム・アルキルアミンオキシドという成分です。これらの界面活性剤が成分表の前のほうにきていると泡立ちがよい洗剤である場合が多いので、食器用洗剤に泡立ちを求める人は選ぶ際の目安としてみてくださいね。


    一方、自然派系洗剤は平均以上の洗浄力を備えていても泡立ちがよくない傾向がありました。泡立ちのよい洗剤を選びたいときには避けるのが無難と言えるでしょう。

    検証③ 泡切れ

    泡切れ

    最後に、食器用洗剤の「泡切れ」を検証します。


    食器に洗剤を塗布し、すすいだ水を紙コップにとる工程を20回分行います。紙コップそれぞれに、界面活性剤に反応して、発泡する過炭酸ナトリウムを入れます。何回目のすすぎで過炭酸ナトリウムが反応しなくなるかを目視で確認しました。

    【検証結果ハイライト】チャーミーは泡が切れにくいものがほとんど…。キュキュットは優秀な傾向

    【検証結果ハイライト】チャーミーは泡が切れにくいものがほとんど…。キュキュットは優秀な傾向

    液性や界面活性剤の配合割合、成分、テクスチャーは泡切れに影響しないという結果に。写真左のほうが発泡が少ないため透明感があり、写真右は多く発泡しているため白く曇ったように見えるため、界面活性剤が多く残っていることが分かります。だいたいすすぎ17回で泡立たなくなるのが平均的な洗剤です。


    ジョイやキュキュットは泡切れがよく、チャーミーは泡切れが悪い洗剤が多い傾向がありました。また、泡切れのよさを謳っている洗剤も、実際に検証してみると泡切れのよさは平均レベルである場合がありました。

    No.1

    ライオンチャーミー泡のチカラ手肌プレミアム

    177円(税込)

    総合評価

    4.50
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 4.5
    • 泡切れ: 3.5

    ふわふわ泡ですっきり落ちる!泡切れも合格点のベストバイ食器用洗剤

    全33商品中、1位に輝いた食器用洗剤は「チャーミー泡のチカラ 手肌プレミアム」です!商品名にあるとおり、ふわふわの泡が最大の特長。ライオン製品は泡立ちのよい傾向がありましたが、こちらの洗剤も例に違わず高い泡立ちを実感できます。


    ふんわりとした泡を汚れのついた皿にのせて待つと、泡が広がって最初にのせた範囲以上の汚れを落とし、洗浄力で最高評価を獲得しました。


    ライオン製品は泡切れがいまひとつな傾向もありましたが、「チャーミー泡のチカラ 手肌プレミアム」は14回目のすすぎで洗剤成分がなくなるなど、平均以上の泡切れです。スポンジにとった瞬間から泡を流すまですべての点で優秀!どんな人も「買い」な食器用洗剤ですよ。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合33.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量240ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.2

    ライオンママレモン

    287円(税込)

    総合評価

    4.38
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 4.5
    • 泡切れ: 3.0

    洗浄力・泡立ちが優秀!使いやすい食器用洗剤

    レトロなパッケージデザインが目を引くママレモンは、洗浄力と泡立ちがよい結果に!洗浄力の検証ではひどい汚れは残ってしまいましたが、おおむねキレイにすることができました。


    また、泡立ちがよく、毎日の食器洗いでつぎ足す回数が少なく済みます。泡切れも平均点で、全体的に優秀な洗剤です。昭和の時代からのロングセラーですが、食器用洗剤に必要な機能が高いレベルで備わっていました

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合27.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量800ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.3

    トップバリュ食器用洗剤

    75円(税込)

    総合評価

    4.38
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 3.5
    • 泡切れ: 4.0

    洗浄力と泡切れのよさに注目!通常レベルの汚れならすっきり落ちる

    イオン系列のお店で手に入る、トップバリュオリジナルの食器用洗剤が3位に。頑固な汚れはポロポロとかけらが残ってしまったものの、通常の汚れなら文句なしの洗浄力を持っています!


    また、泡切れのよさもほかと差がついたポイント。13回目のすすぎで洗剤成分がなくなり、すすぎやすいという点でも良好です。


    唯一泡立ちのみ平均を少し上回る程度にとどまりましたが、それでも総じてハイレベルな性能を備えています。洗剤を選ぶときに泡切れが特に気になる方はトップバリュを試すのも一手です。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合14.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量600ml
    詰め替え-
    タイプ-
    No.4

    マツモトキヨシmatsukiyo 食器用洗剤 本体 レモンスカッシュの香り

    192円(税込)

    総合評価

    4.25
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 4.0
    • 泡切れ: 3.0

    高い洗浄力と泡立ちで食器洗いがスピーディに終わる

    マツモトキヨシオリジナルの食器用洗剤は、洗浄力と泡立ちのよさが特に評価できます。洗浄力の検証では時間が経つと泡が広がり、最初に泡をのせた部分よりも広い範囲の汚れを落とすことができました。さらに泡立ちもハイレベルで、つぎ足すことなく頑固な汚れも落とせます。


    泡切れも平均レベルで大きな問題はありません!洗い物を手早く終わらせたい人におすすめの食器用洗剤です。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合30.0%
    ボトルディスペンサーボトル
    内容量400ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.5

    太陽油脂パックス 食器洗い 200番

    337円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 3.0
    • 泡切れ: 3.0

    手にやさしいのに高い洗浄力!泡立ち・泡切れも合格点

    パックスは日々廃棄される食用油脂を原料にした洗剤。人と環境にやさしい洗浄料として、衣類用洗剤やボディ用石けんなど、幅広い種類の洗剤が展開されています。


    食器用洗剤は手にやさしいことを謳いながら、洗浄力の検証では最高評価に!あまりにも時間が経過した汚れの塊はさすがに残ってしまいますが、通常の汚れなら力を入れることなくキレイに落とせますよ。


    食用油脂を原料にしながら、泡立ちと泡切れも合成洗剤に引けを取らない性能を備えており、環境への影響が気になる人も不安やストレスなく使える洗剤です。

    特徴-
    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合20.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量800ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.6

    ライオンチャーミー Vクイック

    115円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 5.0
    • 泡切れ: 1.0

    泡切れは低評価だが洗浄力と泡切れは文句なし

    食器用洗剤の定番ブランド「チャーミー」で最もロングセラーの「Vクイック」は、納得の洗浄力・泡立ちを見せてくれました。チャーミーシリーズのなかでは2番目によい順位です。


    時間の経った汚れの塊は残ってしまうものの、通常の汚れはするんとキレイに落とすことができ、泡の持ちもハイレベル!すすぎは念入りにする必要がありますが、それができる人なら非常におすすめの洗剤です。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合22.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量260ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.7

    ミヨシ石鹸無添加 食器洗いせっけん

    450円(税込)

    総合評価

    3.75
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 2.5
    • 泡切れ: 2.5

    泡立ち・泡切れは平均以下だが、無添加洗剤のなかでは1番の汚れ落ち!

    ミヨシ石鹸は無添加の洗剤を販売するメーカー。環境への配慮もしており、エコ意識の高いユーザーから選ばれています。無添加のエコ系洗剤と言うと洗浄力が弱いイメージもありますが、ミヨシ石鹸の食器用洗剤は汚れをしっかり落としてくれる!頑固な汚れの塊は残ってしまいますが、時間がそれほど経っていない汚れならキレイに落とすことができます


    泡立ち・泡切れはともに平均を下回る結果となってしまいましたが、それを差し引いても環境へ配慮するならぜひ選びたい食器用洗剤です。

    特徴-
    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合28.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量370ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.8

    西友きほんのき 食器用洗剤600ml

    78円(税込)

    総合評価

    3.75
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 1.5
    • 泡切れ: 3.5

    泡立ちの悪さに目をつむれば問題なく使える実力

    西友オリジナルの食器用洗剤は、泡立ちはあまりよくないものの泡切れは合格点。洗浄力については最高評価となりました。


    洗浄力の検証では時間が経過していくうちに泡が広がり、最初に泡をのせた部分よりも広い範囲の汚れが落ちました。頑固な汚れもストレスなく落とせる洗剤です。泡立ちはあまりよくないので、特別頑固な汚れにのみ使う方法もよいでしょう。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合14.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量600ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.9

    セリアKITCHEN DETERGENT

    110円(税込)

    総合評価

    3.63
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 2.5
    • 泡切れ: 2.0

    100円ショップの洗剤で最も優秀な洗浄力

    100円ショップの洗剤で唯一10位以内に入ったのはセリア!泡立ちと泡切れは平均以下の結果でしたが、洗浄力は最高評価でした。泡をたっぷりのせた部分は頑固な汚れもキレイに落ちます。


    泡立ちはそこそこの洗剤なのでつぎ足しは必要ですが、毎日の食器洗いでそこまでストレスとはならない程度。洗い物の量が特別多い日は違う洗剤を使い、普段使いとしてセリアの洗剤を使うといった使い分けもおすすめです。

    特徴おしゃれ
    液性中性
    界面活性剤の配合割合26.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量250ml
    詰め替え-
    タイプ-
    No.10

    サラヤハッピーエレファント 野菜・食器用洗剤 グレープフルーツ

    273円(税込)

    総合評価

    3.63
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 1.0
    • 泡切れ: 3.5

    泡立ちを気にしないならおすすめ!環境にやさしく洗浄力も高い

    地球といきものに負担をかけない「未来の洗浄剤」と謳っているハッピーエレファントは、100%天然由来の成分でつくられています。


    化学成分が配合された洗剤よりも洗浄力が弱いかと思いきや、洗浄力は最高評価に!泡をのせた部分の汚れをすっきりと落とすことができました。泡切れも平均以上の結果で、食器に洗剤が残ることはほぼないでしょう。


    唯一低い結果となってしまったのは泡立ちでしたが、そもそも泡立ちを求めていないなら非常に満足できる使用感です。

    特徴おしゃれ
    液性中性
    界面活性剤の配合割合11.0%
    ボトルディスペンサーボトル
    内容量300ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.11

    P&Gジョイコンパクト バレンシアオレンジの香り

    157円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 洗浄力: 2.0
    • 泡立ち: 5.0
    • 泡切れ: 5.0

    泡立ち・泡切れはいいが肝心の洗浄力に欠ける

    食器用洗剤の定番 ジョイは泡立ちと泡切れで高い評価を得ました。油汚れのついた食器が何枚もある際もつぎ足すことなく洗いおえることができるはずです。また、少ないすすぎで界面活性剤を洗い流すことができるため、日々の食器洗いを時短したい人におすすめできます。


    しかし洗浄力については平均以下という結果に。泡をのせた部分の油汚れをすべて取りきることはできず、頑固な汚れにはこすり洗いが必要です。泡立ちや泡切れがよくても、洗浄力が弱いため、結果として不満の残る使用感でした。

    特徴-
    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合33.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量190ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.12

    サラヤヤシノミ洗剤

    300円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 洗浄力: 5.0
    • 泡立ち: 3.0
    • 泡切れ: 1.0

    圧巻の洗浄力。ただし、泡切れに難あり

    ロングセラーの「ヤシノミ洗剤」は、新シリーズの「ヤシノミ洗剤 プレミアム」よりも高い順位となりました。泡切れは最低評価でしたが洗浄力が高く、頑固な汚れでなければ簡単に落とせます


    泡立ちは平均レベルで、食器洗いの最中に特別ストレスとなることはないでしょう。

    特徴おしゃれ
    液性中性
    界面活性剤の配合割合16.0%
    ボトルディスペンサーボトル
    内容量500ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.13

    ライオンチャーミーマジカ 酵素+

    161円(税込)

    総合評価

    3.38
    • 洗浄力: 3.0
    • 泡立ち: 5.0
    • 泡切れ: 2.5

    チャーミーマジカシリーズでは最高評価だが、泡切れの悪さがネック

    種類豊富で愛用者も多い「チャーミーマジカ」では、「酵素+」タイプが最も高い順位となりました。泡立ちのよさはチャーミーマジカシリーズすべてに言えますが、そのなかでも特別泡立ちがよく、ふわふわの泡で食器洗いをすることができます


    しかし洗浄力は平均的。泡をのせただけでは頑固な汚れまでは落ちず、こすり洗いが必要です。泡切れはシリーズで最もよい結果でしたが、それでも平均以下でした。


    食器用洗剤を選ぶときに泡立ちを最も重視する人にはおすすめです。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合31.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量220ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.14

    P&Gジョイコンパクト ダブル除菌

    171円(税込)

    総合評価

    3.25
    • 洗浄力: 3.0
    • 泡立ち: 3.5
    • 泡切れ: 3.5

    洗浄力・泡立ち・泡切れのバランスがよいが抜きんでる強みがない

    除菌タイプの「ジョイコンパクト ダブル除菌」は、通常のジョイに比べると性能のバランスがとれている印象です。


    洗浄力・泡立ち・泡切れどれをとっても特筆すべき事項がありません。洗浄力の検証では、泡をのせた部分の大部分は取れて頑固な汚れはそのまま残る結果になりました。

    特徴-
    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合33.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量190ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.15

    サラヤヤシノミ 洗剤 プレミアムパワー 240ml

    516円(税込)

    総合評価

    3.13
    • 洗浄力: 3.0
    • 泡立ち: 3.5
    • 泡切れ: 3.0

    どの項目を見ても平均点。いまひとつ、決め手に欠ける印象

    ロングセラーのヤシノミ洗剤から、パワーアップ版として発売された「ヤシノミ 洗剤 プレミアム」。しかしオリジナルより低い順位に…。


    洗浄力・泡立ち・泡切れどれをとっても平均レベル。印象の薄い使用感です。日常的に使うのには問題ありませんが、食器用洗剤のなかでは比較的高価格帯に属することを考えると、デザインやブランドにこだわりがなければそれ以外に選ぶ理由は弱いでしょう。

    特徴おしゃれ
    液性中性
    界面活性剤の配合割合26.0%
    ボトルディスペンサーボトル
    内容量240ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.16

    花王キュキュット クリア除菌

    130円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 泡立ち: 3.5
    • 泡切れ: 4.5

    キュキュットシリーズでは最もおすすめだが、洗浄力にはやや欠ける

    食器用洗剤定番のキュキュットで、最も高い順位となったのは「キュキュット クリア除菌」。泡立ちと泡切れは平均超えの結果を出し、使っている最中のストレスが少ない洗剤です。


    しかし足を引っ張ったのは洗浄力。検証では泡をのせた部分はほぼキレイに落ちましたが、上位に入っている洗剤は泡をのせた範囲以上に広く汚れを落としています。順位が伸び悩んだのは洗浄力の差と言えるでしょう。

    特徴-
    液性弱酸性
    界面活性剤の配合割合36.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量240ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.17

    花王キュキュット リラックスデイズ ポンプ ヴァーベナ&シトラスの香り

    330円(税込)

    総合評価

    2.88
    • 洗浄力: 3.0
    • 泡立ち: 1.5
    • 泡切れ: 4.0

    泡立ちの低さ以外は合格だが、「洗っている感」が欲しい人にはすすめられない

    キュキュットのなかでおしゃれさや香りのよさを売りにしているシリーズ。13回目のすすぎで泡がなくなり、泡切れは高い順位となりました。


    また、洗浄力も合格レベル。泡をのせた範囲よりも広い面積の汚れを落とすことができました。おしゃれな洗剤は汚れ落ちが悪いイメージを持っている人も、「キュキュット リラックスデイズ」で印象が変わりそう!


    しかし泡立ちは悪く、「洗っている感」を求める人には向いていません。キュキュットシリーズのなかでは価格が高めなので、何度もつぎ足して使うのが抵抗感を生むかもしれません。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合37.0%
    ボトルディスペンサーボトル
    内容量300ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.18

    花王キュキュット

    525円(税込)

    総合評価

    2.88
    • 洗浄力: 2.0
    • 泡立ち: 4.5
    • 泡切れ: 3.0

    泡立ちはよくても洗浄力は普通。定番商品だが性能はいまひとつ

    食器用洗剤の定番キュキュット。そのなかでもベーシックなタイプは、泡立ちのよさが目立ちました。


    しかし肝心の洗浄力は普通レベルで、泡をのせた部分は落ちますが、それ以上に汚れ落ちのよい洗剤があるなかでは埋もれてしまいました。泡切れも平均の枠を超えず、定番品として使い続けている人はいま一度見直してみてもよさそうです。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合42.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量240ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.19

    東邦ウタマロ キッチン

    193円(税込)

    総合評価

    2.75
    • 洗浄力: 3.0
    • 泡立ち: 3.0
    • 泡切れ: 2.0

    まずまずの泡立ち。ただし、頑固な油汚れには太刀打ちできず

    幅広い用途があるウタマロ石鹸シリーズから、食器用として販売されている「ウタマロキッチン」。ディスペンサーボトルで使い勝手がよいと評判です。


    しかし検証してみると、多方面に使えるウタマロのなかでも食器洗い専用というわりには、洗浄力はほどほどの水準でした。通常の汚れはそれなりに落とすことができますが、頑固な油汚れは落とし切れず、小さい塊が残る洗いあがりに。


    泡立ちと泡切れは平均レベル、もしくはそれ以下で、決め手に欠ける印象です。

    特徴おしゃれ
    液性中性
    界面活性剤の配合割合14.0%
    ボトルディスペンサーボトル
    内容量300ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.20

    アラウアラウ.台所・食器用せっけん

    200円(税込)

    総合評価

    2.63
    • 洗浄力: 3.0
    • 泡立ち: 1.5
    • 泡切れ: 3.0

    洗浄力・泡切れは普通。「洗っている感」はない

    無添加でヒトへのやさしさを謳うarau。無添加ではありますが、頑固な汚れでなければ十分に落とすことができました。また、泡切れが悪くない点も、謳い文句と相違ありません。


    しかし泡立ちは悪く、「洗っている感」を求める人には向いていません。泡立ちを求めなければ問題なく使えるでしょう。

    特徴おしゃれ
    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合30.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量400ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.21

    セブンプレミアム食器用洗剤 本体 240ml

    110円(税込)

    総合評価

    2.50
    • 洗浄力: 2.0
    • 泡立ち: 3.0
    • 泡切れ: 3.0

    泡立ち・泡切れは平均レベルだが、肝心の洗浄力に欠ける

    セブンプレミアムの食器用洗剤は、泡立ちと泡切れは平均点。すぐに洗い流せるので、使っているときのストレスが少ないでしょう。


    しかし肝心の洗浄力がパッとしない結果に。泡をのせた部分よりも狭い範囲でしか汚れがとれませんでした。メインの性能である洗浄力が振るわない結果となり、この順位にとどまりました

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合30.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量240ml
    詰め替え-
    タイプ-
    No.22

    エコベール食器用洗剤 レモン 450mL

    638円(税込)

    総合評価

    2.50
    • 洗浄力: 2.0
    • 泡立ち: 3.5
    • 泡切れ: 2.5

    泡立ち以外は平均未満。これといった特徴のない洗剤

    こちらも環境にやさしい洗剤として有名な海外ブランド エコベール。香りの種類が豊富で、洗剤の香りも意識したい人に人気です。


    しかしその性能は総じて平均を下回るもの。泡立ち以外は不満の残る結果となってしまいました。弱酸性の洗剤であるため洗浄力が低いのも仕方がないかもしれませんが、日々の家事でストレスとなる可能性は残ります。

    特徴-
    液性弱酸性
    界面活性剤の配合割合22.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量450ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.23

    ミマスクリーンケア緑の魔女 キッチン

    230円(税込)

    総合評価

    2.38
    • 洗浄力: 2.0
    • 泡立ち: 1.5
    • 泡切れ: 4.0

    ヒトにも環境にもやさしいが弱い洗浄力が気になる

    環境にやさしい洗剤としてネットを中心に有名な「緑の魔女」。泡切れは合格点を与えられる結果で、洗浄成分が食器に残りにくく、身体にもやさしいと言えます。


    しかし洗浄力が弱く、そこまで頑固でない油汚れもポロポロとかけらが残りました。また、泡立ちが弱く、一度に多くの洗剤を消費してしまいそうです。いくら大容量でも結果としてコストが抑えられるわけではありません。

    特徴-
    液性弱酸性
    界面活性剤の配合割合20.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量420ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.24

    ダイソー台所用洗剤 コンパクト

    110円(税込)

    総合評価

    2.38
    • 洗浄力: 3.0
    • 泡立ち: 2.5
    • 泡切れ: 1.0

    洗浄力は平均レベル。泡立ちと泡切れのよさが物足りない洗剤

    100円ショップ ダイソーの食器用洗剤は、油汚れの上に泡をのせると、ペタッと広がってまずまずの汚れ落ちに。


    しかし泡立ちと泡切れについては低い評価となってしまいました。泡立ちが悪いため何度もつぎ足さなければならず、結果としてコストがかさんでしまいます。


    泡切れがよくないところも、家事にかかるコストを意識する人にはあまりおすすめできません

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合33.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量400ml
    詰め替え-
    タイプ-
    No.25

    ライオンチャーミーマジカ 食器用洗剤 除菌+ レモンピールの香り

    171円(税込)

    総合評価

    2.38
    • 洗浄力: 2.0
    • 泡立ち: 4.5
    • 泡切れ: 1.0

    泡立ちはよいが頑固な汚れは落とせない

    27位に続き、チャーミーマジカの除菌タイプが低い順位に。チャーミーマジカシリーズの特性として泡立ちは非常によい結果を残しましたが、洗浄力・泡切れは難ありです。


    油汚れがサラサラ落ちることを謳っていますが、テストした限りでは頑固な汚れを落とすことができませんでした。また、すすぎも念入りにしないと食器に洗剤の成分が残ってしまいます。


    泡立ちがよくても流してみたら汚れが残っていたというケースが起きてしまう洗剤です。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合31.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量220ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.26

    花王ファミリーフレッシュ コンパクト 本体 270ml

    133円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 泡立ち: 1.0
    • 泡切れ: 3.0

    どの項目も冴えない結果に。全体的に不満の残る使い心地

    ロングセラーの「ファミリーフレッシュ」ですが、今回の検証では性能が全体的に低いという結果に。洗浄力の検証では、40%ほどしか汚れが落ちませんでした。泡立ちも悪く、洗っている最中に何度もつぎ足さなければならなくなりそうです。


    唯一、泡切れは平均点。優秀な洗剤が続々と発売されているなかで、後続に追い抜かれてしまったといった印象です。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合33.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量270ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.27

    ライオンチャーミーマジカ 食器用洗剤 速乾+

    155円(税込)

    総合評価

    1.88
    • 洗浄力: 1.0
    • 泡立ち: 4.5
    • 泡切れ: 1.0

    泡立ちはよいが洗浄力と泡切れが平均以下。

    ライオンの人気シリーズ「チャーミーマジカ」。泡立ちは全体の4位と、よい結果を残しました。


    しかし洗浄力と泡切れは振るわない結果に。洗浄力の検証では泡をのせた範囲よりも狭い面積しか汚れが落ちず、さらに汚れの塊も残りました。泡切れについても、20回以上すすぎが必要という結果が出ました。


    検証を通して、泡立ちと洗浄力に相関性がないことがはっきりと分かる洗剤です。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合31.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量220ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.28

    花王キュキュット ハンドマイルド カモミールの香り

    198円(税込)

    総合評価

    1.75
    • 洗浄力: 2.0
    • 泡立ち: 2.0
    • 泡切れ: 1.0

    ハンドマイルドといっても液性は中性。どの項目も低い評価に終わった

    食器用洗剤の定番ブランド キュキュットから、手肌にやさしいタイプとして販売されているのが「ハンドマイルド」。手にやさしいことを謳っていますが、液性は中性です。


    洗浄力と泡立ちは平均よりやや低いレベル。泡をのせた部分の薄い油汚れは落ちましたが、頑固な汚れは落ちませんでした。


    また、泡切れが特によくない結果に。20回以上すすいでも泡が消えませんでした。今回の検証では取り立ててよい特徴が見つからず、いまひとつな結果にとどまりました。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合42.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量230ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.29

    シャボン玉石けんシャボン玉 台所用せっけん 液体タイプ

    254円(税込)

    総合評価

    1.63
    • 洗浄力: 1.0
    • 泡立ち: 1.5
    • 泡切れ: 3.0

    泡切れは平均レベル。それ以外は振るわない結果に

    石けんの定番メーカー、シャボン玉石鹸。泡切れは平均的な結果で、17回目のすすぎで泡が消えました。


    しかし洗浄力と泡立ちは悪く、使う際にストレスとなりそう。特に洗浄力に不安があり、泡をのせた部分よりも少ない範囲しか油汚れはとれません。


    泡切れで選ぶにしてもあくまでも平均レベルの実力であるため、購入の決め手としては弱い洗剤です。

    特徴-
    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合23.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量300ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.30

    ソネットナチュラルウォッシュアップリキッド 食器用洗剤

    880円(税込)

    総合評価

    1.50
    • 洗浄力: 1.0
    • 泡立ち: 2.0
    • 泡切れ: 2.0

    環境にやさしいが、肝心の汚れ落ちはイマイチ

    ソネットは環境にやさしい洗剤のブランド。食器用洗剤以外にも、衣類用洗剤などが販売されており、エコ意識の高いユーザーに支持されています。


    しかし食器用洗剤は汚れ落ちが最低レベル…。油汚れはほとんど落ちませんでした。また、泡立ち・泡切れの悪さも気になります。泡立ちがよくないと結果として毎回多くの洗剤を使うことになり、泡立ちがよくないと結果として多くの洗剤を使うことになってしまいかねません

    特徴-
    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合15.8%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量1000ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.31

    キャンドゥ油汚れもすっきり落とす食器用洗剤

    110円(税込)

    総合評価

    1.50
    • 洗浄力: 1.0
    • 泡立ち: 1.5
    • 泡切れ: 2.5

    安価でもおすすめできない食器用洗剤

    100円ショップキャンドゥの食器用洗剤は、洗浄力・泡立ち・泡切れすべてにおいて平均以下という結果に。特に悪かったのが洗浄力で、油汚れに泡をのせて流しても、ポロポロとしか汚れが分解されませんでした。


    安さは魅力とはいえ、洗浄力と泡立ちの弱さに1回あたりの使用量が増えてしまい、結果的にコストがかさむことが予想されます。

    特徴-
    液性中性
    界面活性剤の配合割合31.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量250ml
    詰め替え-
    タイプ-
    No.32

    旭化成ホームプロダクツフロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ

    239円(税込)

    総合評価

    1.50
    • 洗浄力: 1.0
    • 泡立ち: 1.5
    • 泡切れ: 2.5

    香りはよいが、すべての項目が低評価

    フロッシュもSNSを中心に話題となっている食器用洗剤。カエルがあしらわれたパッケージがとてもかわいいですよね。香りがよく、手肌にもやさしいという口コミが多数見られます


    しかし今回の検証では洗浄力・泡立ち・泡切れすべてが低い評価に…。特に洗浄力が低く、泡をのせた程度では油汚れはまず落ちません。泡立ちも泡切れも平均を下回る結果でした。

    特徴-
    液性弱酸性
    界面活性剤の配合割合9.0%
    ボトルスクイーズボトル
    内容量300ml
    詰め替え
    タイプ-
    No.33

    Murchison-Humeヘアルーム ディッシュウォッシング リキッド 480ml

    1,870円(税込)

    総合評価

    1.50
    • 洗浄力: 1.0
    • 泡立ち: 3.0
    • 泡切れ: 1.0

    SNSで人気の洗剤も、本来の性能はいまひとつ

    SNSなどで話題のMurchison-Hume。おしゃれなデザインや使い勝手のよいポンプ、手肌へのやさしさなどが人気の理由です。


    しかし実際に使ってみると今回の検証では全体的に低評価…。泡立ちは平均的でしたが油汚れはほぼ落ちず、泡切れも最低評価の食器用洗剤でした。

    特徴おしゃれ
    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合14.0%
    ボトルディスペンサーボトル
    内容量480ml
    詰め替え-
    タイプ-

    人気食器用洗剤の検証結果比較表

    エコ派には食器洗い用石鹸もおすすめ

    コスト重視で食器用洗剤を選ぶなら、石鹸もチェックしてみましょう。固形の石鹸はスポンジに擦り付けて、使う分量が調整しやすいのもメリット。お肌にも優しく、エコ派な人にもおすすめです。

    食器用洗剤の売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、食器用洗剤のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は売れ筋上位の食器用洗剤33商品を徹底検証しました!


    商品によって洗浄力や泡立ち、泡切れのよさにかなり差が出ました。食器洗いは毎日行う家事ですから、やはり優秀なものを選びたいですよね。ぜひこの記事を参考に効果の高い食器用洗剤を選んで、スピーディに家事を終わらせましょう!


    文:照井絵梨奈、写真:稲垣佑季・芝崎哲司・松村宇洋

    ランキング作成日:2019/12/20

    その他の食器用洗剤記事

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す