• モンベルテントのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • モンベルテントのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • モンベルテントのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • モンベルテントのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • モンベルテントのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

モンベルテントのおすすめ人気ランキング7選

プロの登山家も愛用するモンベルのテント。日本の高温多湿の環境にも耐えられる、独自の作りや耐久性の高さで、愛用者から厚い信頼を得ています。ソロキャンプからファミリーキャンプ、ツーリング、登山と、それぞれの用途に特化した作りが特徴的ですが、大人気のムーンライトをはじめ、クロノスやステラリッジなど、さまざまなテントがあるので、いざ選ぼうとするとどれにしようか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、モンベルのテントを選ぶ際のポイントとともに、おすすめ人気の商品をランキング形式でご紹介します。高品質なテントが揃うなかで、1位になるのは果たしてどの商品でしょうか?
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 9,765  views
目次

モンベルテントの選び方

モンベルのテントは、日本製ならではの高品質に定評があります。まずは、そんなモンベルならではのテントの選び方を見ていきましょう。

使用目的に適したタイプを選ぼう

モンベルのテントは、レクレーションからエクスペディションまで、それぞれの目的に適した商品を展開しています。まずは、その中から自分の使用目的に適したテントを選びましょう。

レクリエーション目的なら、居住性の高い「キャンプ用」

レクリエーション目的なら、居住性の高い「キャンプ用」

出典:montbell.jp

レクリエーション目的や、登山の拠点としてテントを張る場合には、キャンプ用のテントがおすすめです。平地でのキャンプでの使用に適したモンベルのキャンプ用テントは、快適な居住性を保ちながら、手軽に設営できる作りが特徴。また、他のブランドよりも軽量で、持ち運びがしやすいものを見つけることができますよ。

ただし、キャンプ用のものを選ぶ際に要チェックなのが、どの季節に対応しているかです。テントの通気性が良いというのもモンベルの特徴の1つですが、そのため、夏にしか適していないテントもあるんです。3シーズンで使いたいという方は特に、ここをしっかりチェックしてくださいね。

最低限の寝床の確保には、コンパクトな「ツーリング用」

最低限の寝床の確保には、コンパクトな「ツーリング用」

出典:montbell.jp

ソロキャンプや、ツーリングなどで寝床の確保としてテントが必要な場合には、ツーリング用のテントがおすすめです。自転車やバイクの他、カヌーなどのツーリングに適したモンベルのツーリング用のテントは、とにかく軽量でコンパクトなのが特徴です。特にバイクでのツーリング用に選ぶ場合は、走行中にサイドからテントが出ないように、収納サイズをチェックしておきましょう。ポールの数が少なく、よりコンパクトになる商品もあるので、要チェックですよ。高温多湿な日本の気候に合わせて、通気性抜群の仕様になっている点もポイントです。

ハードな環境下で使用するなら、安全性の高い「登山用」

ハードな環境下で使用するなら、安全性の高い「登山用」

出典:montbell.jp

ときに危険もともなう、登山時での使用を考えているなら、やはり登山用のテントがおすすめです。登山で持っていく場合は特に、登山中の体力を少しでも温存するために、1gでも軽いものの方が良いですよね。そんな軽さに特化したテントもありますよ。また、合わせて注目したいのが安全性。モンベルの登山用テントは、気候の変化が激しい山中での使用を考えて、耐水性や耐風性にも配慮されています。

登山用テントを選ぶ際には、シングルウォールかダブルウォールかもチェックしてみましょう。テント本体+フライシートがあるダブルウォールは、登山の際に、寒さや雨雪の影響が少ないという点が最大のメリット。これに比べてシングルウォールは、設営の手軽さと軽さがメリットです。使用場所や登山のレベルに応じて選んでくださいね。

設営のしやすさはソケットをチェック

設営のしやすさはソケットをチェック

出典:amazon.co.jp

設営のしやすさを追求するなら、どんなソケットを使っているかをチェックしてみましょう。頑丈でありながら、設営がしやすいのもモンベルテントの特徴です。特許も取得しているモンベル独自のクロスソケットなら、四方のポールをソケットに連結するだけで、あっという間に設営可能。ポールの数も少なく済むので、荷物のコンパクト化にも一役買っています。登山やツーリングで使う場合は、一人で設営しなければいけない場面も多いので、大切なポイントですよね。

登山用のテントで探している場合には、グローブをつけた状態でも設営がしやすいか、という点も要チェックです。ループやポールに滑り止めがついていると、手がかじかんでいる状況でも設営がしやすくなりますよ。

ぴったりのサイズを見極めよう

ぴったりのサイズを見極めよう

出典:montbell.jp

モンベルのテントは、自分にぴったりのサイズを見つけられるようになっています。商品名の後にある「○型」という表記がサイズを表しており、小さい順に、1~9型まであります。サイズが細かく設定されていることで、選ぶ際に迷ってしまいそうですが、1型は1人用、5型は4~5人用、9型は8~9人用というように、サイズと人数の数字が連動しているので、目安にしましょう。

テントのサイズは、大は小を兼ねるというわけでもありません。大きくなると、設営や撤去にも手間がかかりますし、荷物も大きくなります。登山やツーリング用で選ぶ場合はもちろん、ある程度快適性を求めるキャンプ用でも、なるべくジャストサイズを選ぶようにしたいですね。

オプション品の豊富さもチェック

最後にチェックしておきたいポイントが、オプションがつけられるかどうかです。モンベルには、それぞれのテントに適したオプション品が別売りされています。例えば登山用の場合は、標準装備のままだと、極寒地での使用には適さないテントもあります。積雪のある山に入るときなどは、オプションで極寒用のフライ(スノーフライ)がつけらえると安心です。

他にも地面からの冷え込みを和らげるグランドシートや、天井部に荷物を置けるようになるオプショナルロフトがオプションでつけられるかどうかも、チェックしたいですね。セットできるオプションが多いと、使えるシーンが広がりますよ。

モンベルテントのおすすめ人気ランキング7選

ここからは実際に人気の商品をランキング形式で7選ご紹介します。長年愛され続けるベストセラー商品もあるので、要チェックですよ!
7位
タイプ登山
対応シーズン
重量3.88kg
収納サイズ39×22cm・54×8cm
ソケット×
滑り止め×
収納人数3~4人
オプションレインフライ
6位
タイプツーリング
対応シーズン3シーズン
重量740g
収納サイズ25×10cm・46×5cm
ソケット×
滑り止め×
収納人数1人
オプション×
5位
タイプキャンプ・ツーリング
対応シーズン3シーズン
重量2.51kg
収納サイズ37×16.5cm・47×7cm
ソケット×
滑り止め×
収納人数2人
オプション×
4位
タイプ登山・ツーリング
対応シーズン
重量1.34kg
収納サイズ30×14cm・41×5cm
ソケット×
滑り止め×
収納人数1人
オプションキャノピー・グラウンドシート・スノーフライ・テントマット・オプショナルロフト
3位
タイプキャンプ・ツーリング
対応シーズン3シーズン
重量2.43kg
収納サイズ35×17cm・44×6cm
ソケット○(クロス)
滑り止め×
収納人数1~2人
オプショングラウンドシート・テントマット・オプショナルロフト
2位
タイプキャンプ・ツーリング
対応シーズン
重量3.8kg
収納サイズ46×17cm
ソケット
滑り止め×
収納人数2~3人
オプショングランドシート・テントマット(5・7・9型のみ)・オプショナルロフト(5・7・9型のみ)
1位
タイプ登山
対応シーズン-
重量1.48kg
収納サイズ30×13cm・41×5cm
ソケット×
滑り止め
収納人数1人
オプションフライシート・スノーフライ・グラウンドシート・テントマット・オプショナルロフト

おすすめ人気モンベルテントの比較一覧表

商品画像
1
モンベルテント モンベル ステラリッジ テント 1型 1枚目

モンベル

2
モンベルテント モンベル ムーンライトテント 3型 1枚目

モンベル

3
モンベルテント モンベル クロノスドーム2型 1枚目

モンベル

4
モンベルテント モンベル X-TREK マイティドーム 1型 1枚目

モンベル

5
モンベルテント モンベル サンダードーム 2型  1枚目

モンベル

6
モンベルテント モンベル U.L.ドームシェルター 1型 1枚目

モンベル

7
モンベルテント モンベル ジュピタードーム 4型 1枚目

モンベル

商品名

ステラリッジ テント 1型

ムーンライトテント 3型

クロノスドーム2型

X-TREK マイティドーム 1型

サンダードーム 2型

U.L.ドームシェルター 1型

ジュピタードーム 4型

特徴オプションが多彩!プロにも愛される登山用テントモンベルの代表作!月明りでも設営できる手軽さ抜群の設営のしやすさ!クロスソケットに注目世界最高レベルの軽量・コンパクトテント!圧迫感の少ないH型フレームがポイント1kg以下の超軽量!ツーリングのおともに悪天候でも安心感がある雪山テント
最安値
要確認
要確認
要確認
要確認
要確認
要確認
61,012
送料別
詳細を見る
タイプ登山キャンプ・ツーリングキャンプ・ツーリング登山・ツーリングキャンプ・ツーリングツーリング登山
対応シーズン-3シーズン3シーズン3シーズン
重量1.48kg3.8kg2.43kg1.34kg2.51kg740g3.88kg
収納サイズ30×13cm・41×5cm46×17cm35×17cm・44×6cm30×14cm・41×5cm37×16.5cm・47×7cm25×10cm・46×5cm39×22cm・54×8cm
ソケット×○(クロス)××××
滑り止め××××××
収納人数1人2~3人1~2人1人2人1人3~4人
オプションフライシート・スノーフライ・グラウンドシート・テントマット・オプショナルロフトグランドシート・テントマット(5・7・9型のみ)・オプショナルロフト(5・7・9型のみ)グラウンドシート・テントマット・オプショナルロフトキャノピー・グラウンドシート・スノーフライ・テントマット・オプショナルロフト××レインフライ
商品リンク

シュラフもゲットして、快適な睡眠を!

雪山などはもちろんのこと、春秋の平地でのキャンプであっても、朝晩はやはり冷え込みます。シュラフがあれば、そんな寒さの中でも快適な睡眠を得ることができますよ。1つ持っていると、災害時などいざというときにも活躍してくれます。以下の記事も参考に、チェックしてみて下さいね。

まとめ

アウトドアでの使いやすさをしっかり考えた高品質なテントをご紹介してきましたが、使ってみたい商品は見つかりましたか?特に雪山に持っていく際には、その日の天候なども見て、最適のフライと一緒に持っていくようにしましょう。一度使うと他のブランドのテントは使えない、という人もいるほど使い勝手のいいモンベルのテント。アウトドア好きならぜひ検討してみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す