• Dc22925d2dbcf452017dce6475d35760e6e8cb24
  • 2c281720de58609844b14a527737f02f5399845e
  • C246b6f39494a4e64663bdf530f68035238d6321
  • Bbec81b5c77ee4845347c17bd2e77e82a18fad54
  • 7f1a71f4ad44a0d4dc7fae4127e62d3dba75671b

ワンポールテントのおすすめ人気ランキング30選

キャンプと言ってまず思いつくのがドーム型のテントですよね。それだけドーム型のテントが浸透しているわけですが、実は最近密かに人気になってきているのがワンポールテントです。ノースイーグルやドッペルギャンガー、キャプテンスタッグといった人気ブランドからも多数商品が登場しているワンポールテント。ティピー型テントという別名からも分かるように、アメリカ先住民の住居を連想させるレトロな見た目が特徴ですよね。ワンポールテントは実は設営がしやすく、キャンプ初心者にもピッタリのテントです。

でも今まであまり触れたことがないワンポールテント、何を基準に比較したり選んだりしたらいいのか難しいですよね。そこで今回はワンポールテントの選び方のポイントと、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します!

最終更新日:2017年01月30日 | 4,674views

ワンポールテントの選び方

三角形の見た目が特徴的なワンポールテント。四隅をペグ打ちしてから真ん中にポールを立てればいいだけなので、設営がとっても簡単なのも知られざる特徴の一つです。更に天井が高いので、居住空間も広く快適に過ごせます。

そんなワンポールテント、大きさはもちろんですが、選ぶ際に他にも見ておきたいポイントがあります。テントは一度買うと何年かずっと使う物ですので、自分のキャンプスタイルも考えながら選んでくださいね。ではさっそく選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

部屋の広さを見る

まず最初にチェックしたいのは高さです。ワンポールテントは一般的に、ドーム型テントよりも高さがあります。しかし、室内での快適性を重視するなら更に細かく高さをチェックしましょう。

室内での快適空間を求める人は2m以上のものを

テント内での活動が多い場合、室内の広さはとても大事ですよね。いつもかがんでいないと天井に頭がぶつかってしまうような高さだと不便ですし、ストレスになります。

そういう人におすすめなのが、2m以上の高さがあるワンポールテントです。2mの高さがあれば男の人が立ってもまだ余裕があるくらいですよね。これなら圧迫感もないので快適な室内空間を確保できます。高さがあってもポールを立てるだけなので、設営への影響はありません。

便宜性も重視するなら前室付かキャノピーの大きいものを

キャンプの際にテント内に入れておきたい荷物って実は多いですよね。特に夜は朝露に濡れないようにテント内にものをしまうのが一般的です。でもそうすると、寝る空間が荷物に侵食されてしまって狭くなってしまう……。そんな人におすすめなのが、前室付きのワンポールテントです。

だいたいのテントにはキャノピーがついているので、それにポールをつけて前室代わりにすることもできますが、最近ではキャノピー部分をより大きくしてタープのような役割が果たせるようになっているものもあり、そういったタイプも便利ですね。室内に前室があるものなら、そこを荷物の定位置にできるので便宜性も上がりますし、室内をより広く使うことができます。

持ち運び、設営を手軽にしたいなら10kg以下の物を選ぶ

ワンポールテントは必要なポールが少ないので、ドーム型のテントよりも荷物が少ないのがもう一つの魅力です。最近では女子キャンプが流行っていますが、女性だけで簡単に設営ができるワンポールテントはそういったシーンでもおすすめです。

でももっと持ち運びや設営を簡単にしたいなら、総重量が10kg以下の物を選びましょう。

ワンポールテントの重量のほとんどは真ん中のポールが占めています。人によっては重くないと安定しなさそうで心配、という人もいますよね。最近は特殊な材料を使って軽量でもしっかりテントを支えられるようにできているので、その心配もいりません。目安として10kg以下なら手軽さがUPすると言えます。

ワンポールテントのおすすめ人気ランキング30選

選び方のポイントが分かったところで、ここからはおすすめのワンポールテントをランキング形式で見ていきましょう!

自分がテントでどんなことをしたいのか、ということを考えながら見てみてくださいね。

30位:tent-Mark DESIGNS CAMPANDA

tent-Mark DESIGNS テント PANDA[パンダ]レッド
21,384円(税込)

・高さ:150cm
・ボトム:240×240
・定員:1人
・重量:2.1kg
・前室:有

女性一人でも設営楽チンなワンポールテント

女子目線で作られたこちらのテントは、女性でも設営が簡単にできることを考えて作られています。

軽量なので一人でもポールを立てやすく、あっという間に設営が完了します。また前室も広いのでテント一つだけでも十分な居住空間を確保できます。初めて女子キャンプをする人におすすめです。

29位:NEUTRAL OUTDOOR GEテント 3.0

NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア) ワンポールテント NT-TE02 GE テント3mベージュ 3〜5人用 収納袋付き 23457
43,976円(税込)

・高さ:200cm
・ボトム:300×300
・定員:3~5人
・重量:7kg
・前室:無

クラシカルな見た目がお洒落なワンポールテント

2015年にスタートしたばかりのキャンプグッズブランド、NEUTRAL OUTDOORから自然な素材感が魅力のワンポールテントが発売されています。ベージュのシンプルな見た目は、キャンプ場に馴染みながらも他とは違う個性を発揮してくれます。

前室はありませんが、別売りのインナールームを購入すれば広々とした前室のあるワンポールテントに早変わりしますよ。お洒落なテントを探している人におすすめです。

28位:カナディアンイースト Pilz7

Canadian East(カナディアンイースト) ワンポールテント 黒ピルツ Pilz7 BLACK ピルツ7 ブラック [ 2~3人用] 【 小川キャンパル コラボモデル 】 CETO1001
54,623円(税込)

・高さ:180cm
・ボトム:330×330
・定員:2~3人
・重量:2.3kg
・前室:無

ボトムの面積が広々

高さは2m未満ですが、ボトムの面積が広いので快適に寝ることができます。

また2〜3人は入れる広さがありながら、2.3kgしかない重量も魅力です。気軽に持ち運んで、どこでもすぐに設営することができますよね。フットワーク軽くテントを張りたい人におすすめです。

27位:D&R Bell tent

D&R Bell tent 3m ハイクオリティ 100%コットン仕様 防水 ティーピーテント グランピング
102,627円(税込)

・高さ:200cm
・ボトム:300×300
・定員:3~4人
・重量:20kg
・前室:無

ボトムに高さがあるべルテント

見た目のインパクトが欲しい人におすすめなのが、まるで遊牧民族の住居のような形をしたこちらのべルテントです。

サイドが少し立ち上がっているので、ボトムの空間を有効に活用することができます。また、入った際のエントランスも広いので出入りもスムーズです。ただ、少し重量が重いのが難点。

見た目のインパクトと、居住性の高さを求める人におすすめです。

26位:ドッペルギャンガーアウトドア ビッグワンポールテント T8-200

DOPPELGANGER OUTDOOR 5-8人用 ビッグワンポールテント T8-200 広々ビッグスペース タープスペース付き
20,443円(税込)

・高さ:300cm
・ボトム:460×460
・定員:8人
・重量:8.8kg
・前室:有

大人8人が余裕で寝られるビッグテント

ワンポールテントの広々空間の良さを利用した、大人数収納可能のビッグテントがドッペルギャンガーアウトドアから発売されています。

ドーム型のテントだと端っこの人が窮屈になってしまいがちですが、ワンポールテントなら放射線状に横になればみんな同じ広さで寝ることができますよ。

このテントは前後両方に出入り口がついているので、大人数でも出入りがスムーズにできます。大人数でも快適に泊まれるテントを探している人におすすめです。

25位:ドッペルギャンガーアウトドア 2ルームワンポールテント T4-201

DOPPELGANGER OUTDOOR 3-4人用 2ルームワンポールテント T4-201 軽量&コンパクト リビングスペース付き
19,221円(税込)

・高さ:300cm
・ボトム:460×460
・定員:3~4人
・重量:7.5kg
・前室:有

タープいらずの便利なワンポールテント

このテントの特徴は見てお分かりの通り、出入り口が二つあることです。

実はこのテント、前室部分がとても広く、キャノピーを広げると十分な大きさのタープとして活用できます。しかもキャノピーが左右に広がるので広々使えるだけでなく、出入り口も二つになって動線が確保しやすくなります。

ワンポールテント一つで済むので、便利性のあるテントを探していたり、荷物を減らしたいという人におすすめです。

24位:カナディアンイースト Pilz9-DX

Canadian East Pilz9-DX
89,000円(税別)

・高さ:245cm
・ボトム:320×320
・定員:4人
・重量:7.4kg
・前室:有

スタイリッシュな見た目と大きなキャノピーが特徴

先ほどランキングにも登場したPilz7の大きいバージョンであるこちらのワンポールテント。テフロン加工の真っ黒でスタイリッシュな見た目はそのままに、4人までは入れる大きさになっています。

更にこちらのテントは大きなキャノピーもついていて便利さもUPしています。他の人とは違うカッコいい見た目のテントを探している人におすすめです。

23位:ドッペルギャンガーアウトドア ライダースワンポールテント T1-442

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア ライダーズワンポールテント ツーリング仕様 50㎝ 収納 テーブルの置ける前室 T1-442
16,253円(税込)

・高さ:183cm
・ボトム:290×290
・定員:1人
・重量:2.55kg
・前室:有

小さいのに広々前室までついている便利なテント

収納時は幅50cmまで小さくできるこちらのワンポールテント、まさにライダーの方にぴったりのテントです。キャンプ場についたらすぐに設営して休むことができます。

更にこのテントは、広々とした前室がついていて小さなイスやテーブルがあればタープ代わりにすることも可能です。小さくて軽量なのに機能がしっかりつまったこのテントがあれば、ツーリングの際のキャンプがもっと快適になりますよ!

22位:キャンパルジャパン ピルツ19

(キャンパルジャパン)CAMPAL JAPAN テント ピルツ19フルインナー 3538 campal-046
48,600円(税込)

・高さ:330cm
・ボトム:460×460
・定員:10人
・重量:19.4kg
・前室:有

10人は入れる超特大テント

大人数で一つのテントに泊まりたい人におすすめなのが、こちらのピルツ19です。

なんと10人が一気に入れる大きさ!ドーム型テントだと大人数用のテントは設営が面倒ですが、ワンポールテントはどれだけ大きくなっても設営の簡単は変わりません。広げて真ん中にポールを立てるだけで完成です。

大人数でキャンプに行くと寝る時はテントが別々になってしまって夜がつまらなくなってしまいがちですよね。でもこのテントならずっとみんなで楽しめますよ!

21位:ノースイーグル ワンポールテント フェザーライト200

North Eagle(ノースイーグル) テント ワンポールテントフェザーライト200 [1~2人用] NE202
15,800円(税込)

・高さ:190cm
・ボトム:260×230
・定員:3~4人
・重量:3.3kg
・前室:有

軽さが売りのノースイーグルのフェザーシリーズ

ノースイーグルの中でも特に軽さが魅力のフェザーシリーズからもワンポールテントが発売されています。フェザーシリーズは初心者の人でも組み立てやすいように考えられています。このテントもアルミポールを使用しているので、軽量で設営が簡単にできます。

更に見た目もとてもカラフルで、ノースイーグルの羽がプリントされたフライシートが目を引きます。設営が簡単で、人とは違ったテントを探している人におすすめです。

20位:ローカスギア メンカウラ・シル

出典:locusgear.com

LOCUS GEAR Menkaura Sil
37,800円(税込)

・高さ:130cm
・ボトム:270×270
・定員:1~2人
・重量:605g
・前室:無

軽量さと持ち運びのしやすさが魅力

こちらのワンポールテントはとても軽量で持ち運びが便利なのが特徴です。ポールも軽いので、女の人ひとりでも簡単に設営できます。ボトムの面積が広いので、寝る際には広々と空間を使うこともできますね。

しかし高さがあまりないので、テント内でいつでものびのび過ごしたい人には向いていません。

19位:ノルディスク アスガルド 12.6 テント+フロアセット

NORDISK(ノルディスク) アスガルド 12.6 テント+フロアセット New Asgard 12.6 - Floor Set 142023-J
168,480円(税込)

・高さ:250cm
・ボトム:400×375
・定員:6人
・重さ:約16kg
・前室:無

オーガニックコットンの布地で北欧風に

ノルディスクのテントの最大の特徴は、オーガニックコットン素材のフライです。まるで北欧の山の中でテントをしているかのような錯覚に陥ります。柔らかい雰囲気のテントは、キャンプ場でも目立つこと間違いなしです。

実はコットン素材のフライは、テント内を夏は涼しく、冬は暖かくしてくれます。更に結露も出にくいのでお手入れが簡単です。他にも火に強いなどメリットがいっぱい。

他の人とは一味違うワンポールテントを探している人におすすめです。

18位:ノルディスク アルフィルム 12.6m2

(ノルディスク)NORDISK Alfheim 12.6m2 アルフェイム 12.6m2 nordisk-020
105,840円(税込)

・高さ:275cm
・ボトム:400×400
・定員:6人
・重さ:12kg
・前室:無

天井部が開いて星空も観察できる

上のノルディスクのテントと同じく、こちらのテントもオーガニックコットンのフライを使用しています。

コットン素材の良さはそのままに、更にこちらのテントは天井部がテント内から開閉可能で、寝ながら星空を見ることもできるようになっています。おしゃれにキャンプを楽しみたい人におすすめです。

ただコットン素材のテントは重量が重くなるので、その点は注意が必要です。

17位:ローカスギア クフ・タイベック

出典:locusgear.com

LOCUS GEAR Khufu Tyvek
28,300円(税込)

・高さ:130cm
・ボトム:265×146
・定員:1人
・重さ:420g
・前室:無

ピラミッド型のスタイリッシュな見た目が魅力

一人用のワンポールテントは、機能性を重視して見た目はイマイチ……なんてものもありますが、このテントはクフ王のピラミッドをイメージしたとってもスタイリッシュな見た目なのが特徴です。

上部には通気孔が一つついていて、室内の空気を清潔に保つことができます。カッコいい見た目のシングルテントを探している人におすすめです。

16位:快速旅団 Simple2.0 プレイリーコンビ

快速旅団 Simple2.0 プレイリーコンビ
23,700円(税込)

・高さ:200cm
・ボトム:285×285
・定員:2~4人
・重さ:1.96kg
・前室:無

高さは十分あるのにとっても軽量

軽量なワンポールテントはサイズが小さめの傾向にありますが、こちらのテントは200cmの高さがあり、大人の男性でもテント内で立ち上がれる広々空間を確保できます。

外観も、2つの色を交互に重ねた鮮やかな色合いで、キャンプ場で目を引く存在になれます。ワンポールテントに軽さと広さの両方を求める人におすすめです。

15位:ロゴス the Tepee 300

ロゴス テント the Tepee 300[212345673人用] 71805002
17,800円(税込)

・高さ:180cm
・ボトム:300×250
・定員:3~4人
・重量:3.6kg
・前室:無

ポップな見た目と軽い本体でフェス向けのワンポールテント

ポップな色合いで、人ごみの中でも目立つこと間違いなしのこちらのワンポールテント。フライだけでタープとして使うなら、フェスや運動会にも重宝します。

さらに軽量のジュラルミンポールを使用しているので、4人も入れる広さがあるのにとっても軽くて持ち運びにも便利です。フェスなどのイベント時にワンポールテントを使用したい人におすすめです。

14位:GRAND CANYON INDIANA ワンポールテント

Grand Canyon Indiana グレー/オレンジ(サンド)
36,600円(税込)

・高さ:250cm
・ボトム:400×400
・定員:6人
・重量:9.83kg
・前室:無

雨風への耐久性に優れている

ユニークな見た目と色合いが特徴のこちらのワンポールテント。ヨーロッパの商品とあって、自然環境が厳しい山奥にも持っていける耐久性を有しています。

内部も、サイドが少し平行になってから頂上に向かっているので、テントの隅っこで寝ていても頭に布地が当たりにくくなっています。キャンプ場で目立てて、耐久性もしっかりほしい人におすすめです。

13位:ローカスギア カフラ・シル

出典:locusgear.com

LOCUS GEAR Khafra Sil
40,800円(税込)

・高さ:170cm
・ボトム:280×280
・定員:2~4人
・重さ:775g
・前室:無

美しい見た目と軽さが魅力

ローカスギアらしいピラミッド型の美しいシルエットを、こちらのワンポールテントでも採用しています。最大4人まで入れる広さながら、重さが1kg以内なのも魅力の一つです。

耐久性にも優れており、ペグ打ち部分やポールを支える天井部は他の部分よりも補強された布地を使用しています。持ち運びに便利で耐久性もあるので、キャンプ場以外の少しワイルドなところでテントを張りたい人におすすめです。

12位:ロゴス チェッカーTepee マジックキャノピー 220

ロゴス テント チェッカーTepee マジックキャノピー 220
11,999円(税込)

・高さ:165cm
・ボトム:220×190
・定員:3~4人
・重さ:3.8kg
・前室:有

とっても広いキャノピーが特徴

可愛いチェック柄の見た目も素敵ですが、このワンポールテントの最大の特徴はこの広いキャノピーです。

キャノピー部をポールにつけた際、脇もしっかりペグで留められるので、風にあおられてバランスを崩す心配もありません。これならタープが無くても十分ですよね。

設営の時間を短縮したり、荷物を減らしてキャンプに行きたい人におすすめです。

11位:ノースイーグル NE187ビッグフロントワンポール420

North Eagle(ノースイーグル) テント ビッグフロントワンポール420 [4~6人用] NE187
34,750円(税込)

・高さ:265cm
・ボトム:420×420
・定員:4~6人
・重さ:13.2kg
・前室:有

大きな前室兼入口が特徴

奥行120cmもある前室が特徴のこちらのワンポールテント。雨の日でも慌てることなくテントに入ることができます。荷物置きとしても重宝すること間違いなしです。

前室部分に小さなイスとテーブルを置けば、タープが無くても十分生活することができます。大きなタープとつなげたら、雨風が吹き込む心配を一切せずにテントとタープを行き来することができます。

天候を気にせずに快適なテント生活を楽しみたい人におすすめです。

10位:ブラックダイヤモンド メガライト

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) メガライト BD80310
38,150円(税込)

・高さ:145~170cm
・ボトム:218×218
・定員:4人
・重さ:4kg
・前室:無

伸縮自在のポールで高さが調整できる

このテントの特徴は、ポールの高さを調整できるところです。日中、テント内での活動が多いならポールを高くして動きやすくしておいて、夜は就寝するスペースを広げるためにドーム型テントのように天井を低くし、布地を引っ張ることもできます。

ワンポールテントは様々な種類がありますが、高さが調整できるものはそう多くはありません。ワンポールテントとドーム型テントの両方の良いところを取りたい人におすすめです。

9位:ドッペルギャンガーアウトドア ワンポールテントT3-44

DOPPELGANGER OUTDOOR 2-3人用 ワンポールテント T3-44 軽量&コンパクト かんたん設営
9,931円(税込)

・高さ:170cm
・ボトム:280×242
・定員:3人
・重量:2.8kg
・前室:無

軽量でいつでもどこでも広げやすい

3kg未満の超軽量ワンポールテントで、気軽にどこにでも持っていけます。

軽量のワンポールテントは通常1~2人用が多いですが、これは3人まで入ることが可能です。2人で使う人にとっては、重量が軽いままにテント内の空間を少し広くすることができます。

野外フェスなどにも持っていきやすいですよね。ワンポールテントに軽さを求める人におすすめです。

8位:キャンパルジャパン ピルツ9-DX

(キャンパルジャパン)CAMPAL JAPAN ピルツ9DX 2793
81,000円(税込)

・高さ:245cm
・ボトム:320×350
・定員:4人
・重さ:7.1kg
・前室:有

開く天井の通気孔でテント内が快適に

ワンポールテントは背が高いので、暖かい空気が上にいってしまって空気が悪くなりがち。でもこのテントは、頂上部の茶色い部分がめくれるので空気の循環がしやすくなっているのが特徴です。お昼の間に空気を入れ替えておけば、夜は快適に就寝することができますよ。

大きさも重さも平均的なので、ファミリーキャンパーにおすすめです。

7位:バンドック ソロティピー

BUNDOK(バンドック) ソロティピー 1 BDK-75
10,800円(税込)

・高さ:135cm
・ボトム:220×100
・定員:1人
・重量:2.0kg
・前室:有

丈夫な素材の一人用ワンポールテント

過酷な環境でも耐えられる丈夫さが魅力のソロ用ワンポールテントです。

フライシートは耐水圧約3,000mmで、大雨が降った際にも安心してテント内に避難することができます。

一人用ですが、特にボトム面積が広く、横になった際も窮屈感がありません。キャノピーもついていて、室内をより効率よく使用することもできますよ!

6位:キャンパルジャパン ピルツ15Ⅱ

(キャンパルジャパン)CAMPAL JAPAN テント ピルツ 15-2 2794 ブラウン×サンド campal-007-BRSD
102,600円(税込)

・高さ:310cm
・ボトム:440×475
・定員:8人
・重さ:約14.5kg
・前室:有

便利なひさしと通気性の良さで快適空間が叶う

前室にもひさしにもなるキャノピー部分がとても便利なこちらのテント。荷物を置いたり、日よけとして使ったりと様々な用途で活用できます。

大人数でテントに入ると室内の空気がよどみがちですが、このテントは頂上部と下部両側面に通気口があり、空気の流れを作ってくれるため、室内の空気を清潔に保つことができます。

大人数で快適に過ごしたい人におすすめです。

5位:ロゴス ナバホTepee400

ロゴス テント ナバホTepee 400[312345674人用] 71806500
31,104円(税込)

・高さ:235cm
・ボトム:345×400
・定員:3~4人
・重さ:5.8kg
・前室:無

独特な見た目で、キャンプ場で目立つこと間違いなし

ロゴスのワンポールテントで最も人気なこちらのナバホTepee400。ナバホとはアメリカ南西部の先住インディアンのことを指しています。そのインディアンを彷彿とさせる見た目で、キャンプの際の気分が上がること間違いなしです。

専用のフラッグも発売されていて、それをテントにつければ更にインディアン風になりますよ!お子さんがいる家庭などでわいわいキャンプを楽しみたい方におすすめです。

4位:ノースイーグル ツーシーンワンポールテント500

North Eagle(ノースイーグル) テント ツーシーンワンポールテント500 [3~4人用] NE200
25,197円(税込)

・高さ:330cm
・ボトム:540×540
・定員:3~4人
・重さ:12.7kg
・前室:有

きっちり分かれた前室がとっても便利

このテントの特徴は何といっても、前室がしっかり分かれていることです。

ハーフインナーなので前室が広々していて、荷物を置いておく際に重宝すること間違いなしです。タープよりもテントの近くに置いておきたい荷物が多い人に特におすすめです。

更に前室には大きなメッシュ式パネルがついているので、昼間はそこを開けておけばテント内の換気もばっちりできますし、中から景色も楽しむことができますよ。

3位:ノースイーグル NE188 ワンポールテントBIG500

North Eagle(ノースイーグル) テント ワンポールテントBIG500 [6~8人用] NE188
30,294円(税込)

・高さ:295cm
・ボトム:500×500
・定員:6~8人
・重さ:13.4kg
・前室:有

広々空間かつ、前後2つの出入り口で動きもスムーズ

名前からも分かるように、広々空間が魅力のワンポールテントBIG500。寝袋なら大人が6~8人横になっても快適に眠ることができます。ベッドを使用する場合でも、4個くらい置いてもまだ余裕があるくらいです。

大人二人のキャンプなら、このテントが一つあればタープを持っていかなくても十分なスペースが確保できるでしょう。テント一つでまとまるなら持ち物が少なくて済みますね!

大人数でキャンプする人や、キャンプの際の荷物を減らしたい人におすすめです。

2位:キャプテンスタッグ アルミワンポールテント 300UV

キャプテンスタッグ キャンプ用品 アルミワンポールテント300UVUA-16
12,850円(税込)

・高さ:180cm
・ボトム:250×300
・定員:3~4人
・重さ:3kg
・前室:無

アルミだからとっても軽い!

ワンポールテントの重さはほぼポールの重さなので、テントが大きくなればポールも必然的に重くなります。でもこのテントは3~4人は入れる広さで、総重量がたったの3kg!これは軽くて丈夫なジュラルミンポールを使用しているからです。

設営が更に楽になるので、これなら女性やお子さんでも簡単に設営することができますね!お子さんがいる家庭や女性だけでの女子キャンプをする人におすすめです。

1位:ノースイーグル ワンポールテント300

North Eagle(ノースイーグル) テント ワンポールテント 300 [3~4人用] NE156
18,800円(税込)

・高さ:270cm
・ボトム:330×330
・定員:4人
・重量:7kg
・前室:無

どんな人にもちょうどいいサイズ感!

堂々の1位はノースイーグルのワンポールテント300です。ワンポールテントで検索すると上位に必ず入ってくるくらい人気の商品です。

人気の秘密には、そのちょうどいいサイズ感が第一にあります。高さも十分にあり広々とした空間が確保できますし、ボトムの面積も十分あり大人4人で寝ても問題ありません。フライだけでタープとして使用しても、チェアを置いて十分くつろげる空間になります。

重さは7kgですが、これはポールがしっかりしているから。ワンポールテントの際はこれくらいのしっかりしたポールがあった方が安心感があるという口コミも多数あります。

バランスの良いスペックなので、どんな人にもおすすめできるワンポールテントです。

これならワンポールテントに挑戦できる!お値段もお手頃

テントによって、お値段には大きな差があります。快適さや質を限りなく追求するなら、何十万円もするテントもあります。

しかし、ワンポールテント300の魅力の一つは、コスパが非常に良いこと。快適さも安心感もありながらなんと2万円ほどで購入することができます。

これは全体的に見てもとてもお求めやすい価格設定です。これなら、初めてワンポールテントに挑戦する人でも気負わずに購入することができますよね。

ワンポールテント初心者さんには特におすすめです!

まとめ

設営が短時間で終わるワンポールテントにすれば、キャンプ場での時間を有効に使えそうですね。

またワンポールテントはそれぞれの特徴によって使い勝手が変わってきますので、自分のキャンプスタイルをまずは吟味してから選ぶと、失敗せずに自分に合ったものを購入することができます。

あなたにぴったりのワンポールテントで、快適なキャンプを楽しんでください!

人気の記事