1. TOP
  2. >
  3. アウトドア
  4. >
  5. 寝袋・シュラフ
  6. >
  7. モンベルシュラフのおすすめ人気ランキング10選【連結OKタイプも】
  • モンベルシュラフのおすすめ人気ランキング10選【連結OKタイプも】のアイキャッチ画像1枚目
  • モンベルシュラフのおすすめ人気ランキング10選【連結OKタイプも】のアイキャッチ画像2枚目
  • モンベルシュラフのおすすめ人気ランキング10選【連結OKタイプも】のアイキャッチ画像3枚目
  • モンベルシュラフのおすすめ人気ランキング10選【連結OKタイプも】のアイキャッチ画像4枚目
  • モンベルシュラフのおすすめ人気ランキング10選【連結OKタイプも】のアイキャッチ画像5枚目

モンベルシュラフのおすすめ人気ランキング10選【連結OKタイプも】

日本を代表するアウトドア用品ブランドのモンベル。特に厳しい温度環境でもタフに使えるシュラフ(寝袋)は、登山やキャンプで広く使われている人気商品です。一見どれも同じに見えるのですが、ダウンの質やストレッチ具合といった快適性の違いや、♯1・♯3など使用環境温度の違いもあります。どれが自分のアウトドアスタイルに合っているのか、悩んでしまいますよね。

そこで今回は、モンベルシュラフの選び方のポイントと、実際に人気の商品をランキング形式でご紹介します。極寒の雪山でも、春秋のキャンプでも大活躍のモンベルシュラフ。ぜひゲットしてアウトドアの時間を快適に過ごしてくださいね。
  • 最終更新日:2020年09月11日
  • 8,738  views
目次

モンベルシュラフの選び方

極寒の雪山でも安全に使えるよう設計されているモンベルのシュラフ。外気温や環境に合わせて、自分に合ったものを選びましょう。ここからはモンベルのシュラフならではの選び方のポイントをご紹介します。

対応温度をチェックしよう

対応温度をチェックしよう
シュラフがどれほどの外気温に耐えられるのかはとても大切なポイントです。モンベルのシュラフを選ぶ際には、まず最初に商品名の「#」の後ろの数字をチェックしましょう。これを見ることで、だいたいどの季節・気温に適応できるかが分かります。目安としては#0と1が極寒用、#2が冬、#3が春秋、#5と7が夏用となっています。#0よりもさらに寒い環境に適したEXPもありますよ。

雪山もOKの#0と1は、どのシリーズも共通で、極寒の環境にも耐えられるように顔周りの保温性を高めるトンネルフードや、ジッパーから入る冷気を防ぐダブルドラフトチューブがついているのが特徴です。それ以下のモデルも共通して、フードアジャスターがついていて顔周りから入る冷気を防げるようになっています。

キャンプやツーリングなど、平地で3シーズン共通使用したい場合は#2か#3が最適でしょう。マイナス何度まで耐えられるのか、具体的な数字が見たいときは「リミット温度」という表示を参考にしてくださいね。

どこまで伸びる?ストレッチシステムをチェック

どこまで伸びる?ストレッチシステムをチェック
より快適にシュラフを使うためにも、どれくらいストレッチが効くかもチェックしましょう。モンベルシュラフの最大の人気の理由ともいえるのが伸縮性の高さ。モンベル独自のストレッチシステムもあるので、どのストレッチシステムを採用しているか要チェックです。

最も伸びるのは、特許も取得しているスーパースパイラルストレッチシステム。伸縮率135%とも言われていて、シュラフの中でもストレスなく寝返りをうつことができると大人気です。特に身長の大きな方は窮屈に感じない、このシステムがおすすめです。

同時に軽量も実現したのがスパイラルストレッチ。伸縮率は120%とスーパースパイラルストレッチには劣りますが、高い伸縮性を持っています。スーパースパイラルストレッチと異なり、糸ゴムを使用していないのでより軽量なのが特徴です。寝返りが少ない方はこのタイプでも十分かもしれませんね。

保温性は中綿をチェック

保温性は中綿をチェック
次に確認したいのが保温性です。これは、使用されている中綿素材でチェックしましょう。モンベルのシュラフの中綿は、主に化学繊維かダウンの2タイプがありますが、中でもダウンの保温力は抜群。保温力はFP(フィルパワー・羽毛のかさ高のこと)という数値で表され、その値が高いほど空気含有量が多く保温性が高くなります。特に雪山に持っていく際にはFPが高いものを選びましょう。

550FPを超えると高品質と評価されることが多いですが、モンベルでは650FP以上のシュラフがほとんど。FPが高いほど軽量になりますし、収納時にコンパクトにすることができるのでとても便利ですよ。ちなみに900FPがモンベルでの最高値となっています。

右ジッパー・左ジッパーを選択しよう

右ジッパー・左ジッパーを選択しよう
右ジッパーか左ジッパーかを選べるかどうかも、チェックしたいポイントです。シリーズによってジッパーの向きを選べるのもモンベルの特徴。もちろん、利き手の方にジッパーがくるものを選ぶと開け閉めがしやすいですよ。左利きでいつも開ける際に少し苦労していた人には、とてもうれしい選択肢ですよね。

また、モンベルのシュラフは、「ジョイント可能」という表示がされているもの同士であれば連結が可能。より広く寝床を確保するために、左右両方購入して連結して使う人もいます。お子さんやご夫婦で一緒に寝たい時に重宝しますよ。形状を変えて活用できるのも、モンベルシュラフの魅力ですね。

登山に持っていくなら重量もチェック

登山に持っていくなら重量もチェック

数グラムでも荷物を軽くしたい登山に持っていく際には、重量も必ずチェックしましょう。モンベルのシュラフは軽量なものがほとんどですが、使われている中綿素材のFPやストレッチシステムによっては、1000gくらい重さが異なることもあります。荷物の量が命取りにもなる登山の際には、グラム単位で確認したいですね。とにかく軽量でコンパクトに抑えたい場合は1000g以下のものもあるので要チェックです。

モンベルシュラフのおすすめ人気ランキング10選

モンベルならではの選び方のポイントを見てきましたが、ここからは実際に人気の商品をランキング形式でご紹介します。どんな場面で使う機会が多いのか、考えながら見てみてくださいね。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年8月31日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
対応季節春秋
リミット温度-
ストレッチ-
中綿ホローファイバー
ジッパー-
重量1330g
9位

モンベルシームレス ダウンハガー900 #3

1121350

66,000円 (税込)

対応季節春秋
リミット温度-1℃
ストレッチスーパースパイラルストレッチ
中綿ダウン(900FP)
ジッパー
重量494g
8位
対応季節
リミット温度5℃
ストレッチスパイラルストレッチ
中綿化学繊維
ジッパー
重量810g
7位
対応季節春秋
リミット温度2℃
ストレッチ-
中綿ホローファイバー
ジッパー
重量1360g
6位
対応季節
リミット温度10℃
ストレッチスパイラルストレッチ
中綿化学繊維
ジッパー
重量672g
5位

モンベルアルパイン ダウンハガー800 #1

1121300

42,000円 (税別)

対応季節雪山
リミット温度-10℃
ストレッチスパイラルストレッチ
中綿ダウン(800FP)
ジッパー
重量888g
4位
対応季節春秋
リミット温度-2℃
ストレッチスーパースパイラルストレッチ
中綿ダウン(650FP)
ジッパー右・左
重量695g
3位

モンベルバロウバッグ #0

1121270

20,500円 (税別)

対応季節雪山
リミット温度-14℃
ストレッチスーパースパイラルストレッチ
中綿エクセロフト
ジッパー右・左
重量2040g
2位
対応季節春秋
リミット温度2℃
ストレッチスパイラルストレッチ
中綿エクセロフト
ジッパー
重量980g
1位

モンベルダウンハガー800 #3

1121360

30,000円 (税別)

対応季節春秋
リミット温度-1℃
ストレッチスーパースパイラルストレッチ
中綿ダウン(800FP)
ジッパー右・左
重量573g

人気モンベルシュラフの比較一覧表

商品画像
1
モンベルシュラフ モンベル ダウンハガー800 #3 1枚目

モンベル

2
モンベルシュラフ モンベル アルパイン バロウバッグ #3 1枚目

モンベル

3
モンベルシュラフ モンベル バロウバッグ #0 1枚目

モンベル

4
モンベルシュラフ モンベル ダウンハガー650 #3 1枚目

モンベル

5
モンベルシュラフ モンベル アルパイン ダウンハガー800 #1 1枚目

モンベル

6
モンベルシュラフ モンベル アルパイン バロウバッグ #7 1枚目

モンベル

7
モンベルシュラフ モンベル ホローバッグ #3 1枚目

モンベル

8
モンベルシュラフ モンベル アルパイン バロウバッグ #5 1枚目

モンベル

9
モンベルシュラフ モンベル シームレス ダウンハガー900 #3 1枚目

モンベル

10
モンベルシュラフ モンベル ファミリーバッグ #3 1枚目

モンベル

商品名

ダウンハガー800 #3

アルパイン バロウバッグ #3

バロウバッグ #0

ダウンハガー650 #3

アルパイン ダウンハガー800 #1

アルパイン バロウバッグ #7

ホローバッグ #3

アルパイン バロウバッグ #5

シームレス ダウンハガー900 #3

ファミリーバッグ #3

特徴高品質ダウンで保温性抜群!機能のバランスも◎スタンダードで機能の揃ったバランスタイプジッパーやバッグの機能も便利な極寒用シュラフ軽量&ジョイントが便利なオールラウンダー冬の高山用におすすめ!しかも1000g以下の軽量夏場用やツーリング用にピッタリ!色々な場面で使えるベーシックタイプ保温性と速乾性が◎!コスパの高いアイテム超軽量!冬の低山キャンプにもOK連結してさらに広々!3シーズン使える便利タイプ
最安値
30,000
送料要確認
詳細を見る
19,500
送料無料
詳細を見る
20,500
送料要確認
詳細を見る
9,350
送料無料
詳細を見る
42,000
送料要確認
詳細を見る
12,650
送料要確認
詳細を見る
5,830
送料要確認
詳細を見る
13,200
送料要確認
詳細を見る
66,000
送料要確認
詳細を見る
5,830
送料要確認
詳細を見る
対応季節春秋春秋雪山春秋雪山春秋春秋春秋
リミット温度-1℃2℃-14℃-2℃-10℃10℃2℃5℃-1℃-
ストレッチスーパースパイラルストレッチスパイラルストレッチスーパースパイラルストレッチスーパースパイラルストレッチスパイラルストレッチスパイラルストレッチ-スパイラルストレッチスーパースパイラルストレッチ-
中綿ダウン(800FP)エクセロフトエクセロフトダウン(650FP)ダウン(800FP)化学繊維ホローファイバー化学繊維ダウン(900FP)ホローファイバー
ジッパー右・左右・左右・左-
重量573g980g2040g695g888g672g1360g810g494g1330g
商品リンク

シュラフは他にもたくさん!

モンベルの魅力を知ったところで、改めて他の寝袋とも比較してみましょう。暖かさにこだわったものからおしゃれなものまで、実に豊富な種類があるシュラフ。以下の記事を参考にして、より自分の理想に近いものを手に入れてくださいね。

まとめ

色々なシリーズのモンベルのシュラフをご紹介してきましたが、自分のアウトドアスタイルに合ったものは見つかりましたか?特に登山の場合は夏でも夜はかなり冷え込むので、暖かいシュラフを持っていくに越したことはありません。快適さだけでなく命にも関係することですから、行き先の天候も踏まえて検討してくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す