• ルンバのおすすめ人気ランキング7選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • ルンバのおすすめ人気ランキング7選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • ルンバのおすすめ人気ランキング7選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • ルンバのおすすめ人気ランキング7選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • ルンバのおすすめ人気ランキング7選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

ルンバのおすすめ人気ランキング7選【2019年最新版】

掃除ロボットの代名詞とも言えるルンバは、留守中や夜間に床の掃除を済ませてくれる、人気の時短家電です。新機種が出るたびに性能が上がり、より使いやすく手間いらずに進化していることで注目を集めています。とはいえ、シリーズによって機能や価格が異なり、興味はあるけどどれがいいかわからない…という方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、自分に合ったルンバの選び方と、おすすめ機種のランキングをご紹介します。2019年に発売された最新機種「i7+」も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 最終更新日:2019年08月26日
  • 142,801  views
目次

ルンバの選び方

ランキングに入る前に、ルンバの選び方を解説します。

シリーズの特徴で選ぶ

現在流通しているルンバには、500、600、700、800、900などの「数字3桁」シリーズと、e5、i7などの「アルファベットシリーズ」があります。それぞれの特徴を抑えておきましょう。

「3桁シリーズ」は数字が大きいほど高性能

「3桁シリーズ」は数字が大きいほど高性能

出典:irobot-jp.com

「数字3桁」の型番では、先頭の数字が大きいほど高性能で、価格も高くなります。なお、先頭の数字はシリーズを表し、下2桁は型番を表します。現在流通しているのは900・600の3種類で、500・700・800シリーズは生産が終了しているので注意。


最新の機能を豊富に搭載した高級路線の900シリーズはお値段10万円強とかなりお高め。その分吸引力を始めとした機能性が高いのが特徴で、掃除の手間をかなり軽減してくれます。一方、600シリーズは3万円程度とかなりリーズナブル。吸引力・機能性は上位モデルと比較するとかなり劣りますが、それでも十分活躍してくれること間違いなしです。

新進気鋭の「アルファベットシリーズ」はコスパ・機能性が優秀

新進気鋭の「アルファベットシリーズ」はコスパ・機能性が優秀

出典:amazon.co.jp

「アルファベット」型番のルンバは3機種のみで、いずれも超優秀。中でも「e5」は、はじめてのルンバにおすすめ。従来の800モデルと同等の機能性を持ちながら、5万円程度で購入することができます。600シリーズから少し手を伸ばせば手が届く価格なので、ぜひ一度検討してみてください。


i7/i7+は、2019年7月現在での最新機種で、900シリーズ以上の高性能モデルです。価格は10万円を超えるので、かなり手を出しにくいのですが、980より吸引力・機能性・手入れのしやすさ等、ほぼ全てが上位互換。デザインも今っぽいスタイリッシュな雰囲気です。

吸引力重視なら980・i7・i7+がおすすめ。床がカーペットなら980を

吸引力重視なら980・i7・i7+がおすすめ。床がカーペットなら980を

掃除機を選ぶ上でもっとも重視したいのが「吸引力」。いくら自動で便利でも、ゴミやホコリが吸えていなければ意味がありません。現行モデルの中でもっとも吸引力が高いのは、「980」「i7」「i7+」の3種類


そのうちiシリーズは、「AeroForce 3段階」クリーニングシステムを搭載。ルンバの中で真空状態を作り、ブラックホールのようにゴミやホコリを吸い込みます。980の強みは、カーペットを敷いた部屋に特化した「カーペットブースト」を搭載している点です。フローリングの家で使うならiシリーズ、カーペットや絨毯の部屋でも使う予定があるなら980がおすすめです。

ナビゲーション能力で選ぶ

ナビゲーション能力で選ぶ

出典:irobot-jp.com

自動運転の性能を左右するのが「ナビゲーション機能」です。ルンバのナビゲーション機能は「iAdopt」「iAdopt 2.0」「iAdopt 3.0」の3種類で、番号が大きくなるほど高性能です。記憶できる間取りの範囲は、「iAdopt」が1部屋、「iAdopt 2.0」が1フロア、「iAdopt 3.0」は最大10フロア


リビングなどのメインスペースだけでなく、複数の部屋を掃除したいなら、900シリーズかi7シリーズがおすすめ。iAdopt2.0以上のルンバは、カメラを用いて「自分が家の中でどの位置にいるのか」を認識するので、障害物を避けて効率的に掃除をしてくれます。また、より広範囲の間取りをコンピューター内に記憶することで、効率的に掃除できるルートを組み立てることができます。

稼働時間はお部屋の広さにあわせて選ぶ

稼働時間はお部屋の広さにあわせて選ぶ

複数の部屋を掃除できる性能があっても、掃除が終わる前に充電が切れてしまっては意味がありません。1度の充電でどれだけの間稼働できるのかチェックすることも重要です。


ルンバは自動で充電をしに戻りますが、充電時間中は動けないので、掃除の効率が悪くなってしまいます。部屋の広さ・起伏・形状によって異なりますが、6畳あたり30分程度と言われています。


現行モデルの中では、980の稼働時間が120分でトップ。次いで、e5の90分、iシリーズ&960の75分という順位になります。いずれのモデルも、電池の耐久年数は6年と違いがないので、シンプルに稼働時間で比較検討するといいでしょう。

便利機能で選ぶ

基本的なお掃除性能が高いことはマスト条件。ですが、スマホと連携したり、スケジュールを設定して毎日の掃除を管理したりといった便利機能は、ルンバならでは。ぜひ参考にしてください。

「スケジュール設定」機能で毎日の掃除時間を一括管理

「スケジュール設定」機能で毎日の掃除時間を一括管理

「スケジュール設定」は、事前にルンバを稼働させる日時を設定することができる機能です。子供の送り迎えや買い物の合間など、隙間時間で効率的に掃除させたい時に重宝します。


平日の生活リズムがほぼ同じ、という場合、毎日スイッチのオンオフをするのは面倒ですよね。スケジュール設定機能があれば、使用時間を一括で設定・コントロールできるのでよけいな手間がかからず便利です。

お手入れしやすい「ダストボックス水洗い」「自動ゴミ捨て」機能

お手入れしやすい「ダストボックス水洗い」「自動ゴミ捨て」機能

ルンバを使ったことがある人の中には、ダストボックスに溜まったゴミを処理したり、ダストボックスのクリーニングをしたり、といった後処理が面倒だと感じた人もいるのではないでしょうか?


eシリーズとiシリーズなら、ダストボックスの水洗いが可能です。メンテナンスが楽で、ダストボックスを清潔な状態に保てるので、吸引力が落ちたりルンバ内部のホコリが舞い散ったりといったリスクを防止できます。

進入禁止エリアを設定できる「デュアルバーチャルウォール」

進入禁止エリアを設定できる「デュアルバーチャルウォール」

ペットの水飲み場やトイレが置いてあったり、床の上で何らかの作業をしている途中だったり、「家全体をルンバで掃除したいけれど、この場所だけは避けてほしい」という時に活躍するのが、「バーチャルウォール」機能です。赤外線の壁をつくることで進入禁止エリアを設定し、ルンバの掃除ルートを制限します。


全機種共通搭載の「バーチャルウォール」では、最大2メートルの壁をつくり、部屋単位で進入禁止エリアを設定します。さらに進化した「デュアルバーチャルウォール」では、半径60cmという限定的なエリア設定も可能です。


デュアルバーチャルウォールは600シリーズ以降すべてのモデルに対応しており、後付けで付属させることができます。

「スマホ連携」で外出先からもルンバをコントロール

「スマホ連携」で外出先からもルンバをコントロール

出典:irobot-jp.com

iシリーズ・900シリーズ・890/891は、スマホとの連携が可能です。外出先からスマホでルンバを操作できるので、出がけに設定し忘れてしまった、というような時でも心配無用です。


旅行や出張などで長期間にわたって家を留守にすることが多い人や、一人暮らしの人には便利な機能だと言えるでしょう。

ルンバのおすすめ人気ランキング7選

ではここからはルンバをランキング形式で7選ご紹介します。各シリーズごとの特徴や価格帯も踏まえて選んでみてくださいね。
7位
ルンバ iRobot(アイロボット) ルンバ 875 Lite 1枚目
出典:amazon.co.jp

iRobot(アイロボット)ルンバ 875 Lite

48,980円 (税込)

型番875Lite
注目の機能iAdapt、AeroForceクリーニングシステム、デュアルバーチャルウォール、スケジュール機能、wifi対応、Alexa対応
6位
型番980
注目の機能iAdapt 2.0ビジュアルローカリゼーション・AeroForceクリーニングシステム+ カーペットブースト・iRobot HOME アプリ その他
5位
型番R643060
注目の機能 iAdapt(R)、3段階クリーニングシステム、デュアルバーチャルウォール、wifi対応
4位
型番R606060
注目の機能3段階クリーニングシステム
3位
ルンバ アイロボット(IRobot) ルンバi7+  1枚目
出典:amazon.co.jp

アイロボット(IRobot)ルンバi7+

i715060

140,270円 (税込)

型番i715060
注目の機能自動ごみ収集機、スマートマッピング、3段階クリーニングシステム、洗えるダストボックス、クリーンベース、スケジュール機能、wifi対応
2位
型番e515060
注目の機能Alexa対応、洗えるダストボックス、wifi対応、スマートスピーカー対応
1位
型番690
注目の機能iRobot HOMEアプリ・スマートスピーカー・ヘイローモード

人気ルンバの比較一覧表

商品画像
1
ルンバ iRobot ルンバ690  1枚目

iRobot

2
ルンバ iRobot ルンバe5 1枚目

iRobot

3
ルンバ アイロボット(IRobot) ルンバi7+  1枚目

アイロボット(IRobot)

4
ルンバ iRobot ルンバ606 1枚目

iRobot

5
ルンバ iRobot ルンバ643  1枚目

iRobot

6
ルンバ iRobot  ルンバ980  1枚目

iRobot

7
ルンバ iRobot(アイロボット) ルンバ 875 Lite 1枚目

iRobot(アイロボット)

商品名

ルンバ690

ルンバe5

ルンバi7+

ルンバ606

ルンバ643

ルンバ980

ルンバ 875 Lite

特徴外出先からでも操作ができる低価格機種高性能でリーズナブルなお買い得モデル超高性能の最新モデルルンバが3万円以下で買える!最安値を狙うならこれルンバデビューにぴったりなスタンダードモデル600シリーズの10倍の吸引力875と同等の機能がリーズナブルな価格で手に入る
価格47,172円(税込)53,870円(税込)140,270円(税込)27,799円(税込)31,000円(税込)108,800円(税込)48,980円(税込)
型番690e515060i715060R606060R643060980875Lite
注目の機能iRobot HOMEアプリ・スマートスピーカー・ヘイローモードAlexa対応、洗えるダストボックス、wifi対応、スマートスピーカー対応自動ごみ収集機、スマートマッピング、3段階クリーニングシステム、洗えるダストボックス、クリーンベース、スケジュール機能、wifi対応3段階クリーニングシステム iAdapt(R)、3段階クリーニングシステム、デュアルバーチャルウォール、wifi対応iAdapt 2.0ビジュアルローカリゼーション・AeroForceクリーニングシステム+ カーペットブースト・iRobot HOME アプリ その他iAdapt、AeroForceクリーニングシステム、デュアルバーチャルウォール、スケジュール機能、wifi対応、Alexa対応
商品リンク

ルンバ以外のお掃除ロボットもチェック!

お掃除ロボットと言えばルンバ、というくらい代表的な存在ですが、それ以外にも色々なお掃除ロボットが存在します。他メーカーのお掃除ロボットも検討してみたい方は、ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。ルンバは型番とその種類が細かくて判別するのに結構苦労してしまいますね。今回はその中から、人気機種を厳選し、なるべく価格と機能の充実したものをご紹介してきました。数年前までのものとは比べ物にならないほど性能が上がり、掃除をしっかりサポートしてくれるようになったルンバ。ぜひ生活のパートナーとして迎え入れてあげてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す