1. TOP
  2. >
  3. アウトドア
  4. >
  5. キャンプ用マット・スリーピングパッド
  6. >
  7. インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選【空気入れ不要のタイプも】
  • インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選【空気入れ不要のタイプも】のアイキャッチ画像1枚目
  • インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選【空気入れ不要のタイプも】のアイキャッチ画像2枚目
  • インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選【空気入れ不要のタイプも】のアイキャッチ画像3枚目
  • インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選【空気入れ不要のタイプも】のアイキャッチ画像4枚目
  • インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選【空気入れ不要のタイプも】のアイキャッチ画像5枚目

インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選【空気入れ不要のタイプも】

登山などのアウトドアシーンや車中泊での睡眠の質を上げてくれる、インフレーターマット。他にも多くの携帯用マットが販売される中、寝心地の良さと設営の手軽さで、多くのキャンパーから支持されています。でも、コールマンやハイランダーなど多数のメーカーから販売され、シングル・ダブルなどサイズもまちまち。一体どれにしようか、迷ってしまいますよね。


そこで今回は、インフレーターマットの選び方のポイントと、Amazonなど通販サイトで購入できる人気商品を、ランキング形式でご紹介します。携帯性重視のもの、寝心地重視のものなど、おすすめの商品が幅広くランクイン!翌朝すっきり目覚められるマットも、きっと見つかりますよ。

  • 最終更新日:2020年06月30日
  • 37,025  views
目次

快眠だけじゃない、インフレーターマットの魅力とは?

快眠だけじゃない、インフレーターマットの魅力とは?
インフレーターマットとは、主にアウトドアシーンで使用する睡眠用のマットのこと。ウレタンなどのクッション材を側生地で覆っており、使用時は空気を取り込んで膨らませ、移動時には空気を抜いて小さく折り畳みます。

携帯用マットとして、他に、ウレタンをそのままマットにした「クローズドセルマット」や、空気で膨らませる「エアマット」などがありますが、インフレーターマットの魅力は、寝心地と携帯性のバランスが良いところ。空気孔を開いておけば自動で膨らむものも多く、設営の負担が少ないのも魅力です。


収納サイズもコンパクトなものが多いので、車中泊や災害時の備えとして常備しておくのもおすすめ。急な来客時のベッドとして使用するなど、1つ持っているとさまざまな場面で活躍してくれますよ!

インフレーターマットの選び方

ランキングの前に、まずはインフレーターマットを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

寝心地に影響する、厚みをチェック

寝心地に影響する、厚みをチェック

出典:dod.camp

まずは、寝心地に直接影響する、厚みをチェックしてみましょう。2~10㎝ほどとさまざまな厚みのものがありますが、使用状況によって使い勝手の良いマットが変わってきます。


例えば、厚手のタイプは、凹凸の激しい地形や寒い時期の使用におすすめ。地面の状態が背中へ伝わるのを緩和してくれるので、小石が多い場所や底冷えする時期でも快適に休むことができます。


一方で、荷物を最小限に抑えたい方は、薄手のタイプがベター。薄い方が、余計な反発がなくなって寝返りしやすいというメリットもあります。迷うなら、平均的な4~5㎝のタイプを選ぶと良いでしょう。

使用シーンに合ったサイズを選ぶ

使用シーンに合ったサイズを選ぶ

出典:dod.camp

サイズは、テントや車内といった使用する場所や、使用人数を考慮して選びましょう。横幅は、50~130㎝ほどのものがありますが、一人なら、60㎝ほどを目安にするのがおすすめ。これは、インフレーターマットにおける標準的なシングルサイズです。


ファミリーやカップルなら、ダブルサイズの130㎝前後のものを選ぶのもアリ!また、シングルサイズを連結できるタイプも、人数が多いシーンで便利に使えます。


荷物を最小限に抑えたいなら、携帯性を重視したサイズもチェック。中には、長さが150㎝ほどと、大人の身長に満たないものもあります。その場合、足先はナップサックに置いて寝るなど、工夫次第で快適に寝ることも!ソロキャンプやクライミングなど、荷物を最小限に抑えたいシーンで重宝しますよ。

自動か手動か?空気の挿入方法も確認

空気の挿入方法も、ポイント。インフレーターマットには、空気孔を開くと自動で空気が入るものと、手動で入れるものの2種類があります。

テントの設営や食事の準備など、何かと忙しいアウトドアシーンでは、時間や手間が省ける、自動タイプがおすすめ。自動タイプなら、女性の方でもストレスなく扱えますね。


一方で、手動のものは、空気量を微調整したい時に便利。また、手動タイプの方が価格がお手頃というメリットもあります。ただ、空気を入れるポンプが必要になったり、中には口で空気を入れるタイプもあるので、注意して選びましょう。

生地の機能性も大切

次に、表地の機能性をみてみましょう。屋外で使用するアイテムなので、素材や加工は重要ですよ。

ハードな環境で使うなら、生地の強度を重視

ハードな環境で使うなら、生地の強度を重視

出典:dod.camp

インフレーターマットを使う際、最も注意したいのが穴が開いてしまうことです。そのため、素材の耐久性は大切。特に岩場や凸凹が多い地形で使う場合、寝ている間に穴が開いてしまうということもあるので、気をつけたいですね。


表地は、ポリエステルかナイロンが使われていることがほとんどですが、耐久性をみるときは、生地の厚み「デニール(D)」や、生地の密度「タフタ(T)」をチェックしましょう。


どちらも、数値があがるほど強度が増します。厚みや密度が高ければ、寒さを軽減するのにも役立つので、寒い時期に使用する方もチェックしておくと良いでしょう。

結露から守るには、PVC加工されたものがおすすめ

結露から守るには、PVC加工されたものがおすすめ
キャンプ中は、結露に悩まされることも多いですよね。そんなとき、表面がPVC加工されているものなら、水分をはじいてくれるので、扱いやすいですよ。

インフレーターマットの下にマットを敷くなど対策をしていても、裏側は結露で濡れてしまうこともあります。水分が染み込んでしまうと、中のクッションがすぐにへたってしまいますが、PVC加工されたものなら、中のクッションが長持ち。濡れてもサッと拭くだけでいいので、お手入れも簡単ですね。


PVC加工と明記されていなくても、防水加工されているかをチェックしてみてくださいね。

傾斜でも滑らない!ノンスリップ加工されていると安心感UP

傾斜でも滑らない!ノンスリップ加工されていると安心感UP

出典:dod.camp

普段は気にならないちょっとした傾斜も、テントで寝ている際には気になるもの。そんな環境でも、裏側にノンスリップ加工がされていると、ズレを防ぐことができます。


また、寝返りをうってもマットが動きにくいので、睡眠中に動きが多い方にもおすすめです。寝返りのたびにマットが動くと睡眠の質も下がりますので、できるだけ快適に休みたいという方はしっかりチェックしてくださいね。

収納サイズも忘れずにチェック

収納サイズも忘れずにチェック
インフレーターマットは、空気を抜くことで持ち運びしやすくなるのが魅力の1つです。よりストレスなく使えるよう、収納時のサイズもこだわっておきたいですね。携帯性は、前述のとおりサイズや厚みも関係しますが、どこまでコンパクトに収納できるかは、商品によってまちまち。


収納サイズをみるときは、厚みがポイント。厚みがないものほど、荷物のすき間に入れやすくなるので、携帯性の目安にしてみてくださいね。中には、ペットボトルほどコンパクトになるものもありますよ。特にクライマーの方などは、重量も併せてチェックしておくのがおすすめです。

インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選

人気のインフレーターマットをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月22日時点)をもとにして順位付けしています。

20位
サイズ51cm×183cm×2.5cm
収納サイズ13cm×18cm
インフレーター自動
素材20Dポリエステル・オープンセルフォーム
PVC加工-
ノンスリップ加工
19位
サイズ63cm×196cm×5cm
収納サイズ70cm×16.5cm×11cm
インフレーター自動(枕部分は手動)
素材ポリエステル・高反発フォーム
PVC加工
ノンスリップ加工
18位
インフレーターマット クロマチック・フーガ キャンピングマット 1枚目
出典:amazon.co.jp

クロマチック・フーガキャンピングマット

ad024

2,100円 (税込)

サイズ約57cm×176cm×5cm 
収納サイズ約15cm×60cm
インフレーター自動(枕部分は手動)
素材-
PVC加工-
ノンスリップ加工-
17位
サイズ約132cm×185cm×5cm
収納サイズ-
インフレーター自動(枕部分は手動)
素材ポリエステル・高反発スポンジ
PVC加工
ノンスリップ加工-
16位
サイズ約62cm×186cm×4cm
収納サイズ約直径13.5cm×65cm
インフレーター-
素材ポリエステル・ウレタンフォーム
PVC加工-
ノンスリップ加工-
15位
サイズ55cm×120cm×2.5cm
収納サイズ外径10cm×59cm
インフレーター自動
素材ポリエステル・ポリウレタンフォーム・ABS樹脂
PVC加工
ノンスリップ加工-
14位

TARAS BOULBA(タラスブルバ)コンフォートインフレータブルマットW

TB-S19-015-029

10,989円 (税込)

サイズ約130cm×200cm×5cm
収納サイズ約67cm×30cm
インフレーター自動
素材ポリエステル・ポリウレタンフォーム
PVC加工
ノンスリップ加工
13位
サイズ約63cm×187cm×5cm
収納サイズ約18cm×63cm
インフレーター自動
素材ポリエステル210D・ウレタン
PVC加工-
ノンスリップ加工-
12位

LOGOS(ロゴス)55セルフインフレートマット・DUO

15,400円 (税込)

サイズ約135cm×190cm×5.5cm
収納サイズ約24cm×66cm
インフレーター自動
素材ポリエステル・ポリウレタンフォーム
PVC加工-
ノンスリップ加工-
11位
インフレーターマット SEMOO 自動で膨らむキャンプ用睡眠パッド 1枚目
出典:amazon.co.jp
サイズ23.6inch×72inch×1.2inch
収納サイズ-
インフレーター自動
素材190Tポリエステルタフタ・高弾性スポンジ
PVC加工-
ノンスリップ加工-
10位
サイズ約63cm×198cm×8cm
収納サイズ約20cm×65cm×20cm
インフレーター自動
素材75Dポリエステル・ポリウレタンフォーム
PVC加工-
ノンスリップ加工
9位
サイズ51cm×119cm×2.5cm
収納サイズ28cm×8cm
インフレーター自動
素材50Dミニヘックスポリエステル
PVC加工-
ノンスリップ加工-
8位
サイズ約138cm×208cm×10cm
収納サイズ約70cm×31cm×31cm
インフレーター自動
素材ポリエステル・ポリウレタンフォーム・ポリコットン
PVC加工有(TPUコーティング)
ノンスリップ加工-
7位

Coleman(コールマン)キャンパーインフレーターマットハイピーク

10,280円 (税込)

サイズ約68cm×198cm×10cm
収納サイズ約21cm×72cm
インフレーター自動
素材ポリエステル・ポリウレタンフォーム
PVC加工-
ノンスリップ加工-
6位
サイズ約90cm×195cm×10cm
収納サイズ約Φ24cm×92cm
インフレーター自動
素材ポリエステル・高密度ウレタンフォーム
PVC加工-
ノンスリップ加工-
5位
サイズ約51cm×183cm×3cm
収納サイズ約16×29cm
インフレーター自動
素材ポリエステル・ポリウレタンフォーム
PVC加工-
ノンスリップ加工
4位
サイズ60cm×195cm×3cm
収納サイズ33×18cm
インフレーター自動
素材ウレタンフォーム
PVC加工-
ノンスリップ加工-
3位
サイズ約140cm×192cm×4.5cm 
収納サイズ約22cm×22cm×75cm
インフレーター自動
素材ポリエステル・ポリウレタン・ポリコットン
PVC加工
ノンスリップ加工
2位

Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット

5,480円

サイズ約65cm×192cm×5cm
収納サイズ65cm×20cm
インフレーター自動
素材ポリエステル(スエードタイプ)・ウレタン
PVC加工
ノンスリップ加工
1位

Coleman(コールマン)キャンパーインフレーターマット

2000032354

5,810円 (税込)

サイズ約63cm×195cm×5cm
収納サイズ約70cm×15cm
インフレーター-
素材ポリエステル・ポリウレタンフォーム
PVC加工-
ノンスリップ加工-

人気インフレーターマットの比較一覧表

商品画像
1
インフレーターマット Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマット 1枚目

Coleman(コールマン)

2
インフレーターマット Hilander(ハイランダー) スエードインフレーターマット 1枚目

Hilander(ハイランダー)

3
インフレーターマット DOD ソトネノサソイ 1枚目

DOD

4
インフレーターマット Bears Rock Fit Keeper 1枚目

Bears Rock

5
インフレーターマット KingCamp エアーマット 1枚目

KingCamp

6
インフレーターマット FIELDOOR(フィールドア) 車中泊マット 1枚目

FIELDOOR(フィールドア)

7
インフレーターマット Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマットハイピーク 1枚目

Coleman(コールマン)

8
インフレーターマット DOD ソトネノキワミ 1枚目

DOD

9
インフレーターマット THERMAREST(サーマレスト) プロライト 1枚目

THERMAREST(サーマレスト)

10
インフレーターマット クイックキャンプ 車中泊マット 1枚目

クイックキャンプ

11
インフレーターマット SEMOO 自動で膨らむキャンプ用睡眠パッド 1枚目

SEMOO

12
インフレーターマット LOGOS(ロゴス) 55セルフインフレートマット・DUO 1枚目

LOGOS(ロゴス)

13
インフレーターマット MARITSU エアーマット 1枚目

MARITSU

14
インフレーターマット TARAS BOULBA(タラスブルバ) コンフォートインフレータブルマットW 1枚目

TARAS BOULBA(タラスブルバ)

15
インフレーターマット CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) ごろ寝マット 1枚目

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

16
インフレーターマット VISION PEAKS キャンプインフレータマット 1枚目

VISION PEAKS

17
インフレーターマット Rowling キャンピングマット 1枚目

Rowling

18
インフレーターマット クロマチック・フーガ キャンピングマット 1枚目

クロマチック・フーガ

19
インフレーターマット KingCamp ウレタンマット 1枚目

KingCamp

20
インフレーターマット NEMO(ニーモ) ゾア 20R 1枚目

NEMO(ニーモ)

商品名

キャンパーインフレーターマット

スエードインフレーターマット

ソトネノサソイ

Fit Keeper

エアーマット

車中泊マット

キャンパーインフレーターマットハイピーク

ソトネノキワミ

プロライト

車中泊マット

自動で膨らむキャンプ用睡眠パッド

55セルフインフレートマット・DUO

エアーマット

コンフォートインフレータブルマットW

ごろ寝マット

キャンプインフレータマット

キャンピングマット

キャンピングマット

ウレタンマット

ゾア 20R

特徴連結可能なシングルサイズマット。便利な収納バッグつき肌触りのいいスエードタイプの生地を使用洗えるシーツでいつも清潔!寝心地も従来品より改善ひし形打ち抜きウレタンフォームで快適な使用感すぐれた弾力性で、地面から伝わる凹凸感をカット車中泊でも快適!高密度ウレタンフォームを採用したマット10cm厚のウレタンフォームで、家のベッドのような感覚をアウトドアでも寝心地を諦めたくない方に軽量かつコンパクト!スタッフサックも付属極厚ウレタンマットが体をサポート!長時間寝ても疲れにくい柔らかく、裂けにも強いタフな製品好みに合わせて裏表を変えられるリバーシブル仕様ふかふかのウレタンフォームで快適な寝心地を実現フロッキー加工を採用。肌触り抜群ごろ寝・長座布団として気軽に使える連結して幅広にすることも、単独で使うこともできるカップルや家族におすすめのゆったりサイズ厚みのあるマットで、地面からの冷えや熱さをブロック耐水素材や滑り止めのドット加工を採用。野外での使用にぴったり軽量・コンパクトで持ち歩きやすい
最安値
5,810
送料別
詳細を見る
15,795
送料無料
詳細を見る
10,280
送料別
詳細を見る
10,280
送料別
詳細を見る
22,000
送料無料
詳細を見る
11,000
送料要確認
詳細を見る
9,280
送料要確認
詳細を見る
8,830
送料別
詳細を見る
15,400
送料無料
詳細を見る
10,989
送料別
詳細を見る
1,629
送料要確認
詳細を見る
6,490
送料別
詳細を見る
4,800
送料要確認
詳細を見る
2,100
送料別
詳細を見る
12,650
送料別
詳細を見る
サイズ約63cm×195cm×5cm約65cm×192cm×5cm約140cm×192cm×4.5cm 60cm×195cm×3cm約51cm×183cm×3cm約90cm×195cm×10cm約68cm×198cm×10cm約138cm×208cm×10cm51cm×119cm×2.5cm約63cm×198cm×8cm23.6inch×72inch×1.2inch約135cm×190cm×5.5cm約63cm×187cm×5cm 約130cm×200cm×5cm55cm×120cm×2.5cm約62cm×186cm×4cm約132cm×185cm×5cm約57cm×176cm×5cm 63cm×196cm×5cm51cm×183cm×2.5cm
収納サイズ約70cm×15cm65cm×20cm約22cm×22cm×75cm33×18cm約16×29cm約Φ24cm×92cm約21cm×72cm約70cm×31cm×31cm28cm×8cm約20cm×65cm×20cm-約24cm×66cm約18cm×63cm約67cm×30cm外径10cm×59cm約直径13.5cm×65cm-約15cm×60cm70cm×16.5cm×11cm13cm×18cm
インフレーター-自動自動自動自動自動自動自動自動自動自動自動自動自動自動-自動(枕部分は手動)自動(枕部分は手動)自動(枕部分は手動)自動
素材ポリエステル・ポリウレタンフォームポリエステル(スエードタイプ)・ウレタンポリエステル・ポリウレタン・ポリコットンウレタンフォームポリエステル・ポリウレタンフォーム ポリエステル・高密度ウレタンフォームポリエステル・ポリウレタンフォームポリエステル・ポリウレタンフォーム・ポリコットン50Dミニヘックスポリエステル75Dポリエステル・ポリウレタンフォーム190Tポリエステルタフタ・高弾性スポンジポリエステル・ポリウレタンフォームポリエステル210D・ウレタンポリエステル・ポリウレタンフォームポリエステル・ポリウレタンフォーム・ABS樹脂ポリエステル・ウレタンフォームポリエステル・高反発スポンジ-ポリエステル・高反発フォーム20Dポリエステル・オープンセルフォーム
PVC加工-----有(TPUコーティング)--------
ノンスリップ加工-------------
商品リンク

どこでもぐっすり!持ち運べるマットレスは他にも!

アウトドアでの睡眠を助けてくれるマットレスは、他にもたくさんあります。携帯性に優れたもの、寝心地にこだわったものなど、それぞれ特徴がありますよ。以下の記事では、さまざまな携帯マットレスを紹介しているので、気になる方はチェックしてくださいね。

まとめ

インフレーターマットの人気ランキングをご紹介してきましたが、使ってみたい商品は見つかりましたか?アウトドアでの睡眠の質は、次の日の活動にも影響してくるので、こだわって選びたいですね。災害時にも役に立つので、アウトドアに行かない人も一家に一つはあって損はない商品です。ぜひ、購入を検討してくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す