1. TOP
  2. >
  3. アウトドア
  4. >
  5. アウトドアテーブル
  6. >
  7. キャンプ・アウトドア用テーブルのおすすめ人気ランキング22選【タイプ別!折りたたみ・木製など】
  • キャンプ・アウトドア用テーブルのおすすめ人気ランキング22選【タイプ別!折りたたみ・木製など】のアイキャッチ画像1枚目
  • キャンプ・アウトドア用テーブルのおすすめ人気ランキング22選【タイプ別!折りたたみ・木製など】のアイキャッチ画像2枚目
  • キャンプ・アウトドア用テーブルのおすすめ人気ランキング22選【タイプ別!折りたたみ・木製など】のアイキャッチ画像3枚目
  • キャンプ・アウトドア用テーブルのおすすめ人気ランキング22選【タイプ別!折りたたみ・木製など】のアイキャッチ画像4枚目
  • キャンプ・アウトドア用テーブルのおすすめ人気ランキング22選【タイプ別!折りたたみ・木製など】のアイキャッチ画像5枚目

キャンプ・アウトドア用テーブルのおすすめ人気ランキング22選【タイプ別!折りたたみ・木製など】

キャンプなどアウトドアイベントで、必要不可欠なのがテーブル。ショップをのぞけば、木製・ステンレス・アルミなどさまざまなタイプが揃っています。折りたたみ・軽量・コンパクトなど機能や特徴もそれぞれ。でも種類が多すぎて、理想のテーブルを見つけるのはなかなか大変ですね。

そこで今回は、キャンプ・アウトドア用テーブルの選び方のポイントと、通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。コールマンやキャプテンスタッグといった有名ブランドを含む、計22商品が登場。ぜひ参考にしてください!

この記事に登場する専門家

Campout!?
佐藤貴幸
横田修宏
T-STYLE
サリー
  • 最終更新日:2020年05月28日
  • 58,190  views
目次

キャンプ・アウトドア用テーブルのメリット

キャンプ・アウトドア用テーブルのメリット
キャンプ・アウトドア用テーブルは、アウトドアシーンを盛り上げるのに欠かせないグッズの1つ。みんなで食事を囲んだり団らんしたりするだけでなく、調理の補助台としても活躍します。

また、デザインにこだわればアウトドアの雰囲気をよりおしゃれに演出することも!外での楽しいひと時を一層快適にしてくれる便利アイテムです。

キャンプ・アウトドア用テーブルの選び方

ランキングを発表する前に、まずはキャンプ・アウトドア用テーブルを選ぶときに確認したいポイントをご紹介していきます。使用シーンや使用人数をイメージしながら、あなたのスタイルに合ったアウトドアテーブルを選んでいきましょう。

用途・好みに合ったタイプを選ぼう

アウトドアテーブルは大きく分けて、5つのタイプがあります。ここでは種類ごとの特徴を紹介していきますので、自分の使い方や好みに合ったタイプがどれか見極めていきましょう。

抜群の安定感!折りたたみ(フォールディング)タイプ

抜群の安定感!折りたたみ(フォールディング)タイプ
天板を折りたたみ、その中にすべてのパーツを収納できるタイプです。比較的大きなパーツで構成されているため、安定性は抜群

それゆえ収納時のサイズは大きくなってしまいますが、スリムにまとめることができるため空いている隙間に簡単に収納できます。セッティングは天板の中から脚アームなどを取り出すだけと、初心者でも比較的簡単に行えます。

コンパクト収納!ロールタイプ

コンパクト収納!ロールタイプ
天板をクルクルと巻くことができるため収納性抜群のタイプです。持ち運びやすさや収納性を重視する方にはこちらがおすすめ

ただし構造上、天板に隙間ができやすく汚れが溜まりやすいのが難点。汚れが気になるという方は、テーブルクロスを使用するなどの工夫をすると良いでしょう。


また、脚アームと天板を固定する必要があるためセッティングは少々複雑です。天板をキッチリ固定しないとケガをする恐れもありますので、キチンと安全確認をしてから使用しましょう。

調理用ならコレ!キッチンタイプ

調理用ならコレ!キッチンタイプ
調理時にあると便利なタイプです。天板は調理台として使いやすいように高めの位置に配置されており、バーナー台・網棚・調理器具を掛けるためのフックなどが付属していることが多いです。これだけの機能が付きながらも収納性に優れており、比較的簡単にセッティングすることができます

食事時にも使いやすいように天板を動かすことのできる商品もありますが、あくまで調理用のサブテーブルとして考えておくのが良いでしょう。

以下の記事でも選び方とおすすめ商品をご紹介していますので、キッチンテーブルをお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね。

みんなで囲むのに最適なバーベキュータイプ

みんなで囲むのに最適なバーベキュータイプ

天板の中央にバーベキューグリルを置くためのラックや穴があり、みんなで囲みながらバーベキューを楽しむためのテーブルです。底板を移動させて天板にし、通常のテーブルとしても使用できる商品も販売されています。


バーベキューグリルではなく、焚き火や炭火を中央に置いて楽しみたい方は「焚き火用テーブル」が便利。以下の記事では焚き火用テーブルの選び方やおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

テント内でも使いやすい!サブテーブル

テント内でも使いやすい!サブテーブル
メインテーブルとは別に持っておきたい、小さくて軽いテーブルタイプです。必ず持っている必要はないですが、食材を置いたりテント内のミニテーブルとしてなど、工夫次第でさまざまな使い方が可能。

さらにコンパクトに収納できるものが多いため持ち運びの苦にならず、登山やツーリングキャンプでの使用にも最適です。


以下の記事では、持ち運びに便利な折りたたみ式のミニテーブルをご紹介していますので、サブテーブルをお探しの方は合わせてチェックしてみてください。

スタイルに合った高さかチェック

高さは、ハイ・ロー・お座敷の3スタイルがあり、テーブルを使用する際のスタイルに直結する要素です。ハイとローの2WAY仕様になっている商品も登場していますので、使いやすい高さのテーブルを賢く選んでいきましょう。

大人数用に最適なハイスタイル

大人数用に最適なハイスタイル
最も一般的な高さのテーブルです。適度な高さがありますので、調理などの作業を立ったまますることも可能。テーブルに合った高いイスを使用すれば楽に立ち上がることができるため、年配の方とのアウトドア時にはハイスタイルを選ぶのがおすすめです。

また1台あれば作業時から食事時まで幅広く活用でき、移動もしやすいため、大人数での使用に向いたスタイルと言えるでしょう。

安定感がありリラックスできるロースタイル

安定感がありリラックスできるロースタイル
テーブルと地面との距離が近いためより自然との一体感を感じられ、食事などをリラックスして楽しめます。低めで安定感があるため、小さなお子様がいても使いやすいスタイル。さらにテーブル自体がコンパクトなので収納しやすく、持ち運びにも便利です。

またイスは、脚を伸ばせるような低いものを選ぶのがベスト。ただし、立ったまま使用するのには向いておらず、調理などの作業用のテーブルとしては使いにくいかもしれません。

よりリラックスしたいなら座卓タイプがおすすめ

よりリラックスしたいなら座卓タイプがおすすめ
ローテーブルより低く、イスを使わずにシートやマットの上に直接座って使用するタイプのテーブルは、花見や運動会などにおすすめ。座ったり寝転んだりと自由なスタイルでくつろぐことができますので、よりリラックスしてアウトドアでのレジャーが楽しめます。テント内で使うのにもぴったり

寒い季節に使用する場合は、保温性に優れたマットの上に置くと、地面から伝わる冷気を遮断できて快適です。

使用人数に合ったサイズを選ぼう

使用人数に合ったサイズを選ぼう
キャンプ・アウトドア用テーブルのサイズは、使用する人数に対して少し大きめを選びましょう。食事をするためでなく、調理やおしゃべりを楽しんだりする中心となるものですので、人が集まり自然と置く物も多くなります。少々余裕があるサイズのテーブルを購入したほうがなにかと便利ですよ。

ソロキャンプであれば30cm×20cm、4人での使用を考えている場合には140cm×100cm程度の天板サイズを目安に選びましょう。また、初めに購入するテーブルは大きめ、それでも足りない場合にはサブテーブルなどの小型のテーブルを用意するのもおすすめです。

素材によって性能や重量が変化

天板に使用されている素材によってテーブルのもつ雰囲気だけでなく、重さや性能なども異なります。それぞれのメリットやデメリットを考慮し、素材にもこだわって選びましょう。

ナチュラル派におすすめの「木製」

ナチュラル派におすすめの「木製」
木はナチュラルな質感のため自然に溶け込みやすく、アウトドアの雰囲気をさらにアップさせたい方におすすめの素材です。使うほどに味も出てきますので、使うのが楽しくなることでしょう。ただし、大きめの全て木でできているテーブルはほかの素材の商品に比べて重く、持ち運びにくいのが難点です。

熱いものを置いても大丈夫!「ステンレス」

熱いものを置いても大丈夫!「ステンレス」
ステンレスは熱伝導率が低い素材のため、テーブルの上に熱したダッチオーブンなどを載せることができます。さらにキズや汚れにも強いため、安心感も抜群。長く愛用できるものを選びたいという方にぜひ選んでもらいたい素材です。

安価で安定感のある「アルミ」

安価で安定感のある「アルミ」
アルミは最も持ち運びに便利な素材と言えるでしょう。軽量なため、多くのロールタイプテーブルにはアルミが採用されています。頑丈さも持ち合わせているので、安定感もGOOD。さらに汚れがついても落としやすため、食事のあとの掃除も簡単に行えます。

持ち運びやすさナンバーワン!「布」天板タイプ

持ち運びやすさナンバーワン!「布」天板タイプ
オックスフォードなどキャンパス地が使われた、天板が布素材のテーブルは、コンパクトに収納できて重量も抑えられるのが魅力。登山・ツーリングキャンプ・自転車の旅などに気軽に持ち出すことができます。ただし安定感はありませんので、バーベキューなどではサブテーブルとして使用するのがいいでしょう。

安定性の高いものを選ぼう

安定性の高いものを選ぼう
安全にアウトドアを楽しむためには、安定性の高いテーブルを選ぶことが重要です。特に小さいお子様がいる家庭では、万が一の事故を防ぐためにもロック機能が付いたものなど、安定感が高くなるような工夫が施された商品を選びましょう

また、脚アームはハの字になっていると安定性が増し、足元にも開放感があります。耐荷重にも注目するとより安心して使えるテーブルを探しやすくなりますよ。

セット商品を選ぶのも1つの手

セット商品を選ぶのも1つの手
テーブルとあわせてイスの購入も必要なら、テーブルとイスのセット商品を選ぶのもおすすめです。

1つのテーブルに4つのチェアがセットになった5点セットなどを選べば、イスとテーブルのサイズを合わせる必要がなく、買ってすぐアウトドアに出かけることができますよ。

プロの愛用するおすすめのキャンプ・アウトドア用テーブル

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのキャンプ・アウトドア用テーブルをご紹介します。プロのおすすめポイントも参考に、安定感のある使い勝手のいいテーブルを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト

コールマンジャパンナチュラルモザイクミニテーブルプラス

2,648円 (税込)

専門家の
マイベスト
コールマン ナチュラルモザイクリビングテーブル 90プラス 1枚目

コールマンナチュラルモザイクリビングテーブル 90プラス

5,980円 (税別)

専門家の
マイベスト

ハイランダー(Hilander)ウッドロールトップテーブル2

HCA0191

10,980円 (税込)

キャンプ・アウトドア用テーブル(折りたたみタイプ)のおすすめ人気ランキング5選

ここからは、キャンプ・アウトドア用テーブルを折りたたみタイプ・ロールタイプ・キッチンタイプ・BBQタイプ・サブタイプ・木製タイプに分けて人気順にご紹介します。まずは折りたたみタイプからご紹介しますので、使用する人数や場所に合わせて選んでくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)をもとにして順位付けしています。

5位

コールマンジャパンフォールディングリビングテーブル 90

2000034611

10,318円 (税込)

タイプ折りたたみタイプ
本体サイズ約70×90×41/70cm
収納サイズ約36×90×9cm
素材メラミン樹脂・ポリプロピレン・アルミニウム
重量約4.5kg
耐荷重30kg
4位
タイプ折りたたみタイプ
本体サイズ約100×60×46/70cm
収納サイズ約100×12cm×17cm
素材バンブー(竹)・ポリウレタン樹脂・アルミニウム合板
重量約7kg
耐荷重 50kg
3位

コールマンジャパンナチュラルモザイクリビングテーブル 140プラス

2000026750

8,379円 (税込)

タイプ折りたたみタイプ
本体サイズ約140×70×40/70cm
収納サイズ約70×10×47cm
素材アルミニウム・メラミン加工合板
重量約5.6kg
耐荷重約30kg
2位
タイプ折りたたみタイプ
本体サイズ約120×60cm×40cm/70cm
収納サイズ約60×60×7cm
素材アルミ・MDF(耐熱・耐水加工)
重量約4.8kg
耐荷重30kg
1位

GARAGE COLLECTION折りたたみ収納式 アルミレジャーテーブル

2,880円 (税込)

タイプ折りたたみタイプ
本体サイズ約120×60×55/62/70cm
収納サイズ約62×6.5×62cm
素材アルミ・MDF(耐熱・耐水加工)・ポリエステル・スチール
重量約4.7kg
耐荷重約20kg

人気キャンプ・アウトドア用テーブル(折りたたみタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
キャンプ アウトドア テーブル GARAGE COLLECTION 折りたたみ収納式 アルミレジャーテーブル 1枚目

GARAGE COLLECTION

2
キャンプ アウトドア テーブル eSPORTS ヴィンテージ テーブル 1枚目

eSPORTS

3
キャンプ アウトドア テーブル コールマンジャパン ナチュラルモザイクリビングテーブル 140プラス 1枚目

コールマンジャパン

4
キャンプ アウトドア テーブル コンポジット バンブーテーブル 1枚目

コンポジット

5
キャンプ アウトドア テーブル コールマンジャパン フォールディングリビングテーブル 90 1枚目

コールマンジャパン

商品名

折りたたみ収納式 アルミレジャーテーブル

ヴィンテージ テーブル

ナチュラルモザイクリビングテーブル 140プラス

バンブーテーブル

フォールディングリビングテーブル 90

特徴3段階で高さ調節可能!袋いらずで運べて便利デザイン性と機能性を兼ね備えたファミリーサイズ大人数でもゆったり使えて収納は省スペースコンパクトに折りたためる4つ折り構造2段階の高さ調節機能付きで持ち運びやすい
最安値
2,880
送料要確認
詳細を見る
8,379
送料別
詳細を見る
8,140
送料無料
詳細を見る
10,318
送料無料
詳細を見る
タイプ折りたたみタイプ折りたたみタイプ折りたたみタイプ折りたたみタイプ折りたたみタイプ
本体サイズ約120×60×55/62/70cm約120×60cm×40cm/70cm約140×70×40/70cm約100×60×46/70cm約70×90×41/70cm
収納サイズ約62×6.5×62cm約60×60×7cm約70×10×47cm約100×12cm×17cm約36×90×9cm
素材アルミ・MDF(耐熱・耐水加工)・ポリエステル・スチールアルミ・MDF(耐熱・耐水加工)アルミニウム・メラミン加工合板バンブー(竹)・ポリウレタン樹脂・アルミニウム合板メラミン樹脂・ポリプロピレン・アルミニウム
重量約4.7kg約4.8kg約5.6kg約7kg約4.5kg
耐荷重約20kg30kg約30kg 50kg30kg
商品リンク

キャンプ・アウトドア用テーブル(ロールタイプ)のおすすめ人気ランキング5選

ここからは、コンパクトに持ち運べるロールタイプの人気商品をご紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)をもとにして順位付けしました。

5位
タイプロールタイプ
本体サイズ約35×39.5×32cm
収納サイズ約6×13×44cm
素材アルミニウム
重量0.9kg
耐荷重30kg
4位
タイプロールタイプ
本体サイズ約42×57×40cm
収納サイズ約58×58×8.5cm
素材アルミニウム・オックスフォード
重量1.13kg
耐荷重25kg
3位
タイプロールタイプ
本体サイズ約35×39.5×32cm
収納サイズ約6×13×44cm
素材アルミニウム・オックスフォード
重量0.9kg
耐荷重30kg
2位
タイプロールタイプ
本体サイズ約56×40×36cm
収納サイズ約45×45×12cm
素材アルミ合金・ジュラルミン
重量1.6kg
耐荷重30kg
1位
タイプロールタイプ
本体サイズ約40×29×12cm
収納サイズ約6×40×7cm
素材アルミニウム・鉄(エポキシ樹脂塗装)
重量700g
耐荷重30kg

人気キャンプ・アウトドア用テーブル(ロールタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
キャンプ アウトドア テーブル パール金属 アルミローテーブル 1枚目

パール金属

2
キャンプ アウトドア テーブル Moon Lence ロールテーブル 1枚目

Moon Lence

3
キャンプ アウトドア テーブル Linkax アルミ製 アウトドアテーブル 1枚目

Linkax

4
キャンプ アウトドア テーブル Mozambique オックステーブル 1枚目

Mozambique

5
キャンプ アウトドア テーブル Y.H.S アウトドアテーブル 1枚目

Y.H.S

商品名

アルミローテーブル

ロールテーブル

アルミ製 アウトドアテーブル

オックステーブル

アウトドアテーブル

特徴ソロキャンパーにぴったりなサイズと軽さ複数人でも快適に使える広さで利便性も◎脚裏滑り止め付きで室内・車内でも使いやすいロールタイプ特有の隙間なし超軽量なのに耐荷重は30kg
最安値
1,320
送料要確認
詳細を見る
3,999
送料無料
詳細を見る
1,780
送料無料
詳細を見る
4,280
送料要確認
詳細を見る
1,780
送料要確認
詳細を見る
タイプロールタイプロールタイプロールタイプロールタイプロールタイプ
本体サイズ約40×29×12cm約56×40×36cm約35×39.5×32cm約42×57×40cm約35×39.5×32cm
収納サイズ約6×40×7cm約45×45×12cm約6×13×44cm約58×58×8.5cm約6×13×44cm
素材アルミニウム・鉄(エポキシ樹脂塗装)アルミ合金・ジュラルミンアルミニウム・オックスフォードアルミニウム・オックスフォードアルミニウム
重量700g1.6kg0.9kg1.13kg0.9kg
耐荷重30kg30kg30kg25kg30kg
商品リンク

キャンプ・アウトドア用テーブル(キッチンタイプ)のおすすめ人気ランキング3選

次にご紹介するのは、調理の幅が広がるキッチンタイプのキャンプ・アウトドア用のテーブルです。使い勝手や使用する時間帯も含めてチェックしてくださいね。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)をもとにして順位付けしています。
3位
タイプキッチンタイプ
本体サイズ約120×48×77cm
収納サイズ約61.5×9.6×50.5cm
素材アルミニウム・ポリエステル・MDF・スチール
重量本体7kg・バーナースタンド1.4kg
耐荷重本体30kg・バーナースタンド20kg・収納棚5kg・ランタンハンガー1kg
2位
タイプキッチンタイプ
本体サイズ約149×55.5×170/190cm
収納サイズ約80×11×28cm
素材アルミニウム・メラミン加工合板・スチール
重量約6.7kg
耐荷重テーブル約30kg・シェルフ約25kg
1位
タイプロールタイプ
本体サイズ約52.3/78.2×21.2×13/17cm
収納サイズ約23×48×4cm
素材スチール
重量約2.1kg
耐荷重10kg

人気キャンプ・アウトドア用テーブル(キッチンタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
キャンプ アウトドア テーブル ビーズ ソトメシンガーZ 1枚目

ビーズ

2
キャンプ アウトドア テーブル コールマンジャパン オールインワンキッチンテーブル 1枚目

コールマンジャパン

3
キャンプ アウトドア テーブル ビーズ クッキングキング 1枚目

ビーズ

商品名

ソトメシンガーZ

オールインワンキッチンテーブル

クッキングキング

特徴これ一つで簡易キッチン完成!コンロの拡張にも使える折り畳み式の天坂内に全パーツが収まる充実の収納スペースと高い機能性
最安値
6,500
送料要確認
詳細を見る
11,009
送料無料
詳細を見る
タイプロールタイプキッチンタイプキッチンタイプ
本体サイズ約52.3/78.2×21.2×13/17cm約149×55.5×170/190cm約120×48×77cm
収納サイズ約23×48×4cm約80×11×28cm約61.5×9.6×50.5cm
素材スチールアルミニウム・メラミン加工合板・スチールアルミニウム・ポリエステル・MDF・スチール
重量約2.1kg約6.7kg本体7kg・バーナースタンド1.4kg
耐荷重10kgテーブル約30kg・シェルフ約25kg本体30kg・バーナースタンド20kg・収納棚5kg・ランタンハンガー1kg
商品リンク

キャンプ・アウトドア用テーブル(BBQテーブル)のおすすめ人気ランキング3選

次は、手軽にBBQが楽しめるキャンプ・アウトドア用テーブルのおすすめランキングです。1台あれば自宅の庭でも手軽にパーティーができますよ。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)をもとにして順位付けしています。
3位
キャンプ アウトドア テーブル 山善 キャンパーズコレクション BBQホリデイテーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

山善キャンパーズコレクション BBQホリデイテーブル

BBT-1280

7,638円 (税込)

タイプBBQタイプ
本体サイズ122×81×37.5/70cm
収納サイズ81×62.5×8cm
素材合成樹脂化粧繊維板・アルミ・スチール
重量7.5kg
耐荷重40kg
2位
タイプBBQタイプ
本体サイズ約135×65×40/70cm
収納サイズ約65×10.5×45cm
素材MDFボート・アルミニウム・スチール・ポリプロピレン
重量約6.7kg
耐荷重25kg(コンロ部10kg)
1位

コールマンジャパンナチュラルモザイクBBQテーブル 110プラス

2000026760

12,461円 (税込)

タイプBBQタイプ
本体サイズ約110×80×30/70cm
収納サイズ約80×7×55cm
素材BBQラック・アルミニウム・メラミン加工合板
重量約7kg
耐荷重30kg(コンロ部10kg)

人気 キャンプ・アウトドア用テーブル(BBQテーブル)の比較一覧表

商品画像
1
キャンプ アウトドア テーブル コールマンジャパン ナチュラルモザイクBBQテーブル 110プラス 1枚目

コールマンジャパン

2
キャンプ アウトドア テーブル MERMONT レジャーテーブル 1枚目

MERMONT

3
キャンプ アウトドア テーブル 山善 キャンパーズコレクション BBQホリデイテーブル 1枚目

山善

商品名

ナチュラルモザイクBBQテーブル 110プラス

レジャーテーブル

キャンパーズコレクション BBQホリデイテーブル

特徴明るい配色のナチュラルモザイクがおしゃれシンプルで使いやすく手軽に持ち運べる1台で4種類のテーブルに変化する
最安値
12,461
送料別
詳細を見る
5,220
送料要確認
詳細を見る
7,638
送料別
詳細を見る
タイプBBQタイプBBQタイプBBQタイプ
本体サイズ約110×80×30/70cm約135×65×40/70cm122×81×37.5/70cm
収納サイズ約80×7×55cm約65×10.5×45cm81×62.5×8cm
素材BBQラック・アルミニウム・メラミン加工合板MDFボート・アルミニウム・スチール・ポリプロピレン合成樹脂化粧繊維板・アルミ・スチール
重量約7kg約6.7kg7.5kg
耐荷重30kg(コンロ部10kg)25kg(コンロ部10kg)40kg
商品リンク

キャンプ・アウトドア用テーブル(サブタイプ)のおすすめ人気ランキング3選

最後にご紹介するのは、ソロキャンプやテント内の利用に便利なサブ向けのキャンプ・アウトドア用のテーブルです。使い勝手がよく携帯しやすいものを選んでくださいね。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)をもとにして順位付けしています。
3位
タイプサブタイプ
本体サイズ約55×35×37cm
収納サイズ約55×35×2.5cm
素材ステンレス・天然木
重量約2.3kg
耐荷重約50kg
2位
タイプサブタイプ
本体サイズ約29.7×21×7.8cm
収納サイズ約29.7×11×1.9cm
素材アルミニウム・ステンレス
重量395g
耐荷重3kg
1位

コールマンジャパンナチュラルモザイクミニテーブルプラス

2,648円 (税込)

タイプサブタイプ
本体サイズ約53×40×23cm
収納サイズ約40×6×26.5cm
素材アルミニウム・メラミン加工合板
重量約1.4kg
耐荷重約10kg

人気キャンプ・アウトドア用テーブル(サブタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
キャンプ アウトドア テーブル コールマンジャパン ナチュラルモザイクミニテーブルプラス 1枚目

コールマンジャパン

2
キャンプ アウトドア テーブル 新富士バーナー SOTO フィールドホッパー 1枚目

新富士バーナー

3
キャンプ アウトドア テーブル 新越ワークス 焚き火テーブル

新越ワークス

商品名

ナチュラルモザイクミニテーブルプラス

SOTO フィールドホッパー

焚き火テーブル

特徴ピクニックなどちょっとした外出でも使いたくなるデザイン本を開く程度の動作で瞬間組み立て大人数でのキャンプに便利なサイドテーブル
最安値
2,648
送料別
詳細を見る
4,980
送料要確認
詳細を見る
7,900
送料別
詳細を見る
タイプサブタイプサブタイプサブタイプ
本体サイズ約53×40×23cm 約29.7×21×7.8cm約55×35×37cm
収納サイズ約40×6×26.5cm約29.7×11×1.9cm約55×35×2.5cm
素材アルミニウム・メラミン加工合板アルミニウム・ステンレスステンレス・天然木
重量約1.4kg395g約2.3kg
耐荷重約10kg3kg約50kg
商品リンク

番外編:キャンプ・アウトドア用テーブル(木製)のおすすめ人気ランキング3選

ここからは番外編として、人気の木製アウトドアテーブルをご紹介します。アウトドアの雰囲気づくりに一役買ってくれるのでぜひチェックしてくださいね。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)をもとにして順位付けしています。

3位
タイプ木製テーブル(ロールタイプ)
本体サイズ約120×70×45cm
収納サイズ約82×25×12cm
素材天然木(ブナ材)他
重量約10.8kg
耐荷重30kg
2位
キャンプ アウトドア テーブル コールマンジャパン ナチュラルウッドロールテーブル/120
出典:amazon.co.jp

コールマンジャパンナチュラルウッドロールテーブル/120

2000031291

22,980円 (税込)

タイプ木製テーブル(ロールタイプ)
本体サイズ約125×70×40/70cm
収納サイズ約18×20×70cm
素材天然木(杉)・アルミニウム
重量約5.1kg
耐荷重約30kg
1位

Hilander(ハイランダー)ウッドロールトップテーブル2

11,180円 (税込)

タイプ木製テーブル(ロールタイプ)
本体サイズ約90×60×43cm
収納サイズ約11×15×91cm
素材ブナ
重量約7kg
耐荷重30kg

人気キャンプ・アウトドア用テーブル(木製)の比較一覧表

商品画像
1
キャンプ アウトドア テーブル Hilander(ハイランダー) ウッドロールトップテーブル2 1枚目

Hilander(ハイランダー)

2
キャンプ アウトドア テーブル コールマンジャパン ナチュラルウッドロールテーブル/120

コールマンジャパン

3
キャンプ アウトドア テーブル コンポジット ウッドロールトップテーブル 1枚目

コンポジット

商品名

ウッドロールトップテーブル2

ナチュラルウッドロールテーブル/120

ウッドロールトップテーブル

特徴ロールタイプだからコンパクトで持ち運びやすい木製でも重すぎず機能性に優れた設計インテリアとしても映える天然のブナ材の質感
最安値
11,180
送料無料
詳細を見る
22,980
送料別
詳細を見る
12,980
送料要確認
詳細を見る
タイプ木製テーブル(ロールタイプ)木製テーブル(ロールタイプ)木製テーブル(ロールタイプ)
本体サイズ約90×60×43cm約125×70×40/70cm 約120×70×45cm
収納サイズ約11×15×91cm約18×20×70cm約82×25×12cm
素材ブナ天然木(杉)・アルミニウム天然木(ブナ材)他
重量約7kg約5.1kg約10.8kg
耐荷重30kg約30kg30kg
商品リンク

アウトドアチェアはこちらでチェック!

キャンプ・アウトドア用のテーブルを準備したら、高さの合う使い勝手のいい椅子も揃えましょう。以下の記事ではアウトドアチェアの選び方と人気商品を紹介しています。ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

キャンプ・アウトドア用テーブルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、キャンプ・アウトドア用テーブルのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングのランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回はサイズ・高さ・特徴が異なるさまざまなキャンプ・アウトドア用テーブルをご紹介しました。


いずれもそれぞれの魅力があるため、シチュエーションによって使い分けるのも良いですね。家族や仲間たちとお気に入りのテーブルを囲んで、思いきり楽しい時間を過ごしましょう!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す