• 【おしゃれで明るい!】LEDランタンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【おしゃれで明るい!】LEDランタンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【おしゃれで明るい!】LEDランタンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【おしゃれで明るい!】LEDランタンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【おしゃれで明るい!】LEDランタンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【おしゃれで明るい!】LEDランタンのおすすめ人気ランキング10選

キャンプや災害時に便利な「LEDランタン」。コールマンをはじめ、ジェントス・パナソニック・ロゴス・ブラックダイヤモンドなどのメーカーから、さまざまな商品が販売されています。しかし、明るさやデザイン、電源の種類や大きさなど、迷ってしまうポイントがたくさんありますよね。

そこで今回は、LEDランタンの選び方のポイントに加え、おすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。アンティークなデザインから可愛らしいデザインのもの、実用性重視のものまで、幅広い商品が登場しますよ。

この記事に登場する専門家

佐藤貴幸
サリー
コニタン
  • 最終更新日:2019年05月21日
  • 45,605  views
目次

LEDランタンの選び方のポイント

ランキングに入る前に、LEDランタンの選び方のポイントを解説していきます。

使用目的にあわせて明るさを選ぶ

LEDランタンの明るさは、「ルーメン」という単位で表されます。ルーメンの数字が大きいほど明るいと言えますが、明るい分だけ電池の消費も激しくなるため、目的にあわせて選ぶことが大切です。

メインライト:1000ルーメンの高輝度タイプがベスト。必要に応じて複数個用意

キャンプやアウトドアでサイト内全体を照らすメインライトとしてLEDランタンを使う場合は、500ルーメン以上の明るさが必要です。できれば1000ルーメン前後の高輝度タイプがベスト。1000ルーメンあれば80W程度の明るさが得られます。


ただし、一般的なガスランタンは100~250WとLEDに比べて明るいため、今までガスランタンを使用していた方にとっては少し暗く感じてしまうかもしれません。そのため、ガスランタンと同等の明るさを求めるなら、LEDランタンが2~3つ必要になります。

サブライト:手元に置いても明るすぎない200~300ルーメンクラスがおすすめ

サブライト:手元に置いても明るすぎない200~300ルーメンクラスがおすすめ

出典:amazon.co.jp

テント内やテーブルランプなどのサブライトとしてLEDランタンを使用する場合は、200~300ルーメンくらいがベスト。電球でいうと25W相当で、テント内の明かりとして一般的な明るさです。


メインライトと比較すると暗く感じるかもしれませんが、身近に置くサブライトは明るすぎると手元が見づらかったり目が疲れてしまうという難点も。また、明るいと虫が寄ってくる原因にもなりますので、メインライトよりも光度の低いものを選びましょう。

持ち歩き用:適度な明るさが確保できる100ルーメン前後のものを選ぶ

持ち歩き用:適度な明るさが確保できる100ルーメン前後のものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

夜間の散歩やトイレの往復などに、足元を照らす明かりとしてLEDランタンを使うなら、100ルーメン程度の明かりでも十分です。100ルーメンは電球で言う10~15W相当で、眩しすぎず適度な明るさを感じられます。


形状は実用面を重視するなら、懐中電灯のように持ち歩きしやすいものを。雰囲気重視ならアンティークなデザインを選ぶのがおすすめです。


最近ではメインライトからパーツを取り外して使える「分割式」のLEDランタンも販売されています。少し価格は高くなりますが、メインライトと持ち歩き用の両方を1台で賄えるので、気になる方はチェックしてみてください。

電球の色(白色系・暖色系)は用途に合わせて選ぶ

電球の色(白色系・暖色系)は用途に合わせて選ぶ

出典:amazon.co.jp

現在販売されているLEDランタンの主流は、白色系と暖色系に分かれます。作業用やメインライトには明るく照らしてくれる白色系がおすすめ。ただし、白色系のLEDランタンは眩しく感じることが多く、手元に置いて長時間使用するのには向きません。


暖色系は温かな光で照らしてくれるので、雰囲気重視の方にぴったり。テーブルランプとして使用するのにも適しています。目にも優しいというメリットもありますが、白色系と同じ明るさでも少し暗く感じてしまうというデメリットもありますので、設置場所や作業内容に合わせて選びましょう。

連続点灯時間は最低4時間以上。防災用には1週間以上のものを選ぶ

連続点灯時間は最低4時間以上。防災用には1週間以上のものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

LEDランタンの連続点灯時間は平均値ではなく最大値を表示してあるものがほとんどです。そのため電池やバッテリーの状態によっても連続点灯時間は異なりますので、余裕のあるものを選びましょう。


夏場のキャンプで使うなら4~5時間、冬場なら6~7時間は明かりが必要です。アウトドア用に使う方はこちらの数字を参考にしてください。防災用の場合は、1~2週間の長期間利用ができるものもありますので、アウトドア用とは分けて考えましょう。

電源は充電・電池の両用タイプがおすすめ

電源は充電・電池の両用タイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

LEDランタンの電源は、電池式と充電式の2タイプに分かれます。電池式は電池切れを起こしても電池交換をすればいいので手軽ですが、交換用の電池を持ち歩かなければならず、ランニングコストもかかります。


充電式は、電源を必要とするタイプ・手回し充電タイプ・ソーラータイプなどさまざまなタイプが販売されています。昔と違いモバイルバッテリーの普及で、USB対応していれば電源のない場所でも充電できるところが魅力。また、太陽光や手回しで充電できれば緊急時も安心です。


最近では電池・充電のどちらも使えるものも販売されていますので、少し価格は高めでもいざというときに困らないよう、複数の方法で電源が確保できるものを選びましょう。

その他の機能で選ぶ

どのようなLEDランタンを選ぶかの基準が決まったら、その他の機能もチェックしましょう。ここでは、チェックしておきたい3点の機能についてご紹介していますので参考にしてください。

屋外用の防水機能はIPX5以上がベスト。屋内用も生活防水タイプを

屋外用の防水機能はIPX5以上がベスト。屋内用も生活防水タイプを

出典:amazon.co.jp

屋外で使用する場合、水辺や急な雨にも対応できるように防水性のあるものを選んでください。理想はIPX5以上の完全防水タイプ。ただし、高額なものも多く種類も少ないため、難しい場合は急な雨に数分間は耐えられるIPX4がおすすめです。


屋内用は家の中で使うならあまり気にする必要はありませんが、アウトドアで使う場合は屋根があるからと油断せず、生活防水基準はクリアしておきましょう。防災用に関しては、どのような状況で使うかわからないため、できる限り防水基準の高いものを選んでください。

明るさや色味を変えられる便利な調光・調色機能

明るさや色味を変えられる便利な調光・調色機能

出典:amazon.co.jp

数は少ないですが家の照明器具のように、色味や明るさを調節できるLEDランタンも販売されています。明るさや色味を調節できれば、メインライトとサブライトとの併用も可能。荷物を減らしたいソロキャンプの方には大助かりの機能です。


また、明るさを調節することで、エコモードで点灯できるものもありますので電池の節約にも繋がります。必ずしも必要な機能ではありませんが、あると便利な機能ですのでぜひチェックしてみてください。

吊り下げ・据え置き・ハンディの3WAYタイプがおすすめ

吊り下げ・据え置き・ハンディの3WAYタイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

LEDランタンの使用方法は吊り下げ・置型・ハンディの3つに分かれます。使用方法を限定しているようなら問題はありませんが、いろいろな使い方のできるものが便利です。


理想は吊り下げ・置型・ハンディの3WAYタイプですが無理な場合は、アウトドアなら吊り下げと置型、防災用なら置型とハンディの2WAYはおさえておきましょう。緊急時やアウトドアでは、予測できない事態はつきものですので、どんな状況でも使用できるものを選んでくださいね。

プロの愛用するおすすめのLEDランタン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのLEDランタンをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、用途に合わせた明るさのものを選んでくださいね
専門家の
マイベスト

ジェントスLED ランタン エクスプローラー

SOL-016B

6,698円 (税込)

専門家の
マイベスト

ジェントス (GENTOS)LEDランタン

EX-136S

2,812円 (税込)

専門家の
マイベスト

LEDランタンの人気ランキング10選

ここからは、、LEDランタンのおすすめ商品を人気順でご紹介します。選び方を参考に、用途に合わせて選んでくださいね。

10位
明るさ記載なし
電球の色記載なし
連続点灯時間記載なし
電源方式ソーラーパネル・USB充電
防水機能記載なし
その他の機能3つの点灯モード・懐中電灯モード他
設置方式置型・吊り下げ・手持ち
9位
LEDランタン ブルーノ ピクニックシリーズ LEDランタン
出典:amazon.co.jp

ブルーノピクニックシリーズ LEDランタン

BOL001

2,160円 (税込)

明るさ記載なし
電球の色電球色
連続点灯時間記載なし
電源方式単1乾電池×2
防水機能記載なし
その他の機能明るさ無段階調節
設置方式置型・吊り下げ
8位
明るさ370ルーメン
電球の色記載なし
連続点灯時間9時間(実用点灯)
電源方式単3形アルカリ電池×6
防水機能IP67準拠
その他の機能フローティング機能・点灯モード他
設置方式置型・吊り下げ
7位

コールマン2マルチパネルランタン

2000033144

4,079円 (税込)

明るさ最大400ルーメン
電球の色記載なし
連続点灯時間記載なし
電源方式アルカリ単一形乾電池×4
防水機能IPX4対応
その他の機能発光パネル取り外し可・USBポート付き他
設置方式置型・手持ち他
6位

ジェントスエクスプローラー SOLシリーズ

SOL-036C

4,493円 (税込)

明るさ360ルーメン
電球の色白色・昼白色・暖色
連続点灯時間14時間
電源方式単3形乾電池×6
防水機能記載なし
その他の機能3色切り替え・キャンドルモード他
設置方式置型・吊り下げ他
5位

スパイススマイルLEDランタン

PEVS1010BR

1,080円 (税込)

明るさ記載なし
電球の色記載なし
連続点灯時間記載なし
電源方式電池式
防水機能記載なし
その他の機能-
設置方式置型・吊り下げ
4位

RibutionLEDランタン

1,980円 (税込)

明るさ300ルーメン
電球の色記載なし
連続点灯時間72時間
電源方式単1電池×3
防水機能記載なし
その他の機能3つの点灯モード・本体認識表示灯他
設置方式置型・吊り下げ
3位
明るさ500ルーメン
電球の色記載なし
連続点灯時間最大40時間
電源方式単1電池×3
防水機能IPX4
その他の機能本体認識表示灯・3つの点灯モード他
設置方式置型・吊り下げ
2位

パナソニックLEDランタン 乾電池付き

BF-AL01K

1,624円 (税込)

明るさ約18ルーメン(参考値)
電球の色白色
連続点灯時間70時間(EVOLTA使用時)
電源方式単3形乾電池×3
防水機能IPX1相当
その他の機能エボルタ乾電池(単3×3本)付き・吊り下げひも
設置方式置型・吊り下げ
1位
明るさ500ルーメン
電球の色記載なし
連続点灯時間約10時間(電池により異なる)
電源方式単三電池×3本
防水機能IPX4相当
その他の機能折りたたみ収納
設置方式置型・吊り下げ

人気LEDランタンの比較一覧表

商品画像
1
LEDランタン Raniaco LEDランタン 2個セット

Raniaco

2
LEDランタン パナソニック LEDランタン 乾電池付き

パナソニック

3
LEDランタン LE 電池式 超高輝度 LEDランタン

LE

4
LEDランタン Ribution LEDランタン

Ribution

5
LEDランタン スパイス スマイルLEDランタン

スパイス

6
LEDランタン ジェントス エクスプローラー SOLシリーズ

ジェントス

7
LEDランタン コールマン 2マルチパネルランタン

コールマン

8
LEDランタン ジェントス LEDランタン

ジェントス

9
LEDランタン ブルーノ ピクニックシリーズ LEDランタン

ブルーノ

10
LEDランタン suaoki 3WAY高輝度LEDランタン

suaoki

商品名

LEDランタン 2個セット

LEDランタン 乾電池付き

電池式 超高輝度 LEDランタン

LEDランタン

スマイルLEDランタン

エクスプローラー SOLシリーズ

2マルチパネルランタン

LEDランタン

ピクニックシリーズ LEDランタン

3WAY高輝度LEDランタン

特徴コンパクトで高コスパ!お得な500ルーメンの2個入りセットテント内の明かりや、いざというときのための携帯にも便利ハイ・ミドル・点滅の3つの点灯モード付き停電時に便利な「本体認識表示灯」搭載タイプキュートなデザインでインテリアアイテムとしても人気白色・昼白色・暖色の3つの明かりが楽しめる発光パネルを取り外して使える多機能型ハードなシーンにぴったりの耐久性の高さが魅力雰囲気重視の方にぴったりなレトロなランタンいざというときに助かるソーラーパネル付き
価格2,399円(税込)1,624円(税込)1,799円(税込)1,980円(税込)1,080円(税込)4,493円(税込)4,079円(税込)4,054円(税込)2,160円(税込)1,530円(税込)
明るさ500ルーメン約18ルーメン(参考値)500ルーメン300ルーメン記載なし360ルーメン最大400ルーメン370ルーメン記載なし記載なし
電球の色記載なし白色記載なし記載なし記載なし白色・昼白色・暖色記載なし記載なし電球色記載なし
連続点灯時間約10時間(電池により異なる)70時間(EVOLTA使用時)最大40時間72時間記載なし14時間記載なし9時間(実用点灯)記載なし記載なし
電源方式単三電池×3本単3形乾電池×3単1電池×3単1電池×3電池式単3形乾電池×6アルカリ単一形乾電池×4単3形アルカリ電池×6単1乾電池×2ソーラーパネル・USB充電
防水機能IPX4相当IPX1相当IPX4記載なし記載なし記載なしIPX4対応IP67準拠記載なし記載なし
その他の機能折りたたみ収納エボルタ乾電池(単3×3本)付き・吊り下げひも本体認識表示灯・3つの点灯モード他3つの点灯モード・本体認識表示灯他-3色切り替え・キャンドルモード他発光パネル取り外し可・USBポート付き他フローティング機能・点灯モード他明るさ無段階調節3つの点灯モード・懐中電灯モード他
設置方式置型・吊り下げ置型・吊り下げ置型・吊り下げ置型・吊り下げ置型・吊り下げ置型・吊り下げ他置型・手持ち他置型・吊り下げ置型・吊り下げ置型・吊り下げ・手持ち
商品リンク

LED以外のランタンをお探しの方はこちら

LEDの他にも、ガス・キャンドル・ガソリン・灯油など、ランタンの種類はいろいろ。ご紹介したLEDランタンとは違った雰囲気を味わえますから、本格的なキャンプを楽しみたい!という方は、以下のランタンもぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は、LEDランタンの選び方とおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

どのようなシーンで使うのか考えてから選ぶことで、目的にあったLEDランタンが見つかります。照らしたい範囲や必要な明るさなどから、あなたにとって最適なものを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す