• 1896d84c8ed3f4b46609840e692df9138c3f6017
  • C945aabbbbb5588658c7ccce6e97faa3113ae832
  • 4e63f8f913fc3b3f4c3ff3ad2d82e3f003fe7ac5
  • 4872f3aa999362d8ebaa0c881d0e14f14e3f2df8
  • 815c0cfa3b7b59cd60748c6dd8b41b41b4d24977

アウトドア用チェアのおすすめ人気ランキング30選

キャンプやバーベキューなどのアウトドアを楽しむ際、使用するアウトドアチェアが違うだけで、快適度合いが全然違うって知っていましたか?アウトドアチェアは、コールマン・ヘリノックスなどの有名メーカーから、軽量タイプ・コンパクトタイプ・折りたたみタイプ・リクライニングタイプ・座椅子タイプなど、実にさまざまな商品が販売されています。

そこで今回は口コミなどで人気のあるアウトドア用チェアから、価格や性能を比較しておすすめの商品をランキングでご紹介したいと思います。あわせて選び方のポイントも解説しますので、ぜひアウトドアチェア選びの参考にして下さいね♪

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
最終更新日:2017年08月17日 | 13,447views

アウトドア用チェアの選び方のポイント

アウトドアのスタイルや使用する人によって最適な椅子も変わってきます。快適な座り心地の椅子を選ぶためにも、使用シーンと使用する人をしっかりイメージして選んでいってくださいね。

用途・好みに合ったタイプを選ぶ

アウトドア用チェアを選ぶ際、最初に知っておきたいのがタイプの違いです。まずは各タイプを解説していくので、この中からあなたに合ったタイプの商品を選んでいきましょう。

ゆったり座れて室内でも使いやすい「ディレクターズチェア」

背もたれや肘置きなどが付いた、最も一般的なアウトドアチェアのタイプです。映画撮影で監督が使用していたことが名前の由来。折りたたんで収納できるため持ち運びに便利なうえ、適度なサイズ感がありますので、ゆったりと座れるのもディレクターズチェアの魅力です。

ロースタイルにぴったりな「グランドチェア」

座椅子タイプとも言われる、背もたれから座面までが繋がった形の椅子です。ロースタイルキャンプなどにぴったりで、囲炉裏型テーブルや焚き火用テーブルと一緒に使うのがベスト。もちろん、運動会やフェスでの使用にもおすすめです。

座面を地面に直接つけるものが主ですが、中にはフレームが付いたものもあり、身体が包みこまれるような感覚を味わえます。

持ち運びに便利な「コンパクトチェア」

フレームに座面が取り付けられた、最低限の機能のみが備わったタイプです。その名の通り、コンパクトですので収納スペースをほとんど取らず、持ち運びに便利。しかしながらその小ささゆえに、座り心地はあまり良くありません。サブの椅子や少し座って休みたいときに使う椅子として購入すると良いでしょう。

のびのび使いたいなら「リクライニングチェア」

背もたれとフットレスト、さらにリクライニング機能が付いたアウトドア用チェアです。フレームの数が多いため必然的に重くなってしまいますが、座り心地・寝心地の良さはトップクラス。脚を伸ばした体勢で、アウトドアシーンでもゆったりとリラックスしたいという方におすすめのタイプです。

2人でも使用可能な「ベンチタイプ」

広々としたサイズ感で、2人で使用するのにぴったりなのがベンチタイプです。それゆえに持ち運びには不便ですが、荷物置きとして使うこともできますよ。

スタイルに合った高さを選ぼう

椅子の高さは選ぶ際の重要なポイントです。テーブルと椅子の高さが合って、初めて快適でくつろげる空間が生まれます。

ここでは「ハイスタイル」と「ロースタイル」の特徴を解説していきますので、あなた好みのアウトドアスタイルを決める参考にしてみてください。

座りやすく立ちやすい「ハイスタイル」

40cm以上の高さがあり、座りやすく立ちやすいのがハイスタイルです。ロースタイルと比べると格段に移動が楽に行えますので、おじいちゃんおばあちゃん用のチェアにもぴったりなタイプと言えるでしょう。室内でも使用しやすく、インテリアとして飾るのにもおすすめですよ。ただしサイズが大きいものが多いため、きちんと収納スペースを確保してから購入しましょう。

キッズ用チェアとしても使える「ロースタイル」

高さ40cm以下と、地面との距離が近くリラックスして座れるのがロースタイルです。サイズが小さいため、コンパクトに収納できるのもポイント。焚き木や囲炉裏型のテーブルを囲むのにも丁度良い高さです。

このサイズゆえに子どもでも扱いやすく、大人が使用した場合に子どもと目線が同じ高さになるのも魅力の1つです。ただし立ったり座ったりといった動作は行いにくいので、足腰に不安がある方には向きません。

シートの素材もチェック

アウトドア用チェアのシートにはさまざまな素材が使用されています。強度はどの素材もあまり変わりませんが、それぞれにメリット・デメリットがあるので特徴をチェックしていきましょう。

軽量で丈夫な「ポリエステル」

軽量で速乾性・引張強度に優れた素材です。ナイロンよりも耐熱性はありますが燃えやすく、刺激臭が発生しますので、火の近くで使用する際には注意しましょう。

身体にフィットし燃えにくい「ナイロン」

軽量で摩耗性に優れた、ポリエステルよりもやや強度が高い素材です。伸縮性にも優れていますので、身体にフィットする座り心地を体感できます。耐熱温度はポリエステルよりも低いですが、燃えにくいのも特徴です。

通気性抜群の「メッシュ」

通気性が良く、夏の暑い時期でも快適に使用できるメッシュ素材。背もたれや座面、サイドの一部に採用されている場合が多いです。とても魅力的な素材ですが、物が引っかかって破けてしまう可能性もありますので注意してください。

耐久性の高い厚手素材「キャンバス」

綿や麻で織られた、厚手で高耐久なキャンパス素材。天然素材ですので燃えにくいですが、厚手のためいったん濡れてしまうと乾きにくいのが難点です。

耐久性や重量からフレーム素材を選ぶ

アウトドア用チェアのフレームには主にアルミ・スチール・ウッドが使用されており、それぞれ特徴が違います。ここでは3種類の違いをチェックし、あなたに合ったフレームの素材を選んでいきましょう。

軽いうえに錆びにくい「アルミ」

今回ご紹介する3種類の中では最も軽量な素材です。持ち運びしやすく、ある程度の強度もありますので、なるべく荷物を軽量で済ませたいというアウトドアにはぴったりな素材と言えるでしょう。さらに錆びにくいのでメンテナンスが簡単なのもポイントです。

安価で丈夫な「スチール」

比較的安価で強度の高い素材、スチール。しかしアルミに比べると重く、塗装していないものだと錆びやすいため注意が必要です。

雰囲気重視なら「ウッド」

出典:bikaku.com

耐久性に優れており、雰囲気作りにも役立つ素材です。使用していくうちに味が出ていくのも魅力の1つ。しかし重く、コンパクトに収納しにくいので持ち運ぶのは大変です。

体型や人数に合った座面の広さを選ぶ

大抵の商品は1人用に作られていますが、中には2人用など座面の広いアイテムも販売されています。より快適な座り心地にするためにも、子ども用なら小さめ、体の大きな人用なら大きめの座面のチェアを選びましょう。

携帯性を重視するなら3kg以下を目安に

重さはサイズや素材などによって自然と決定されるものですが、歩いて持ち運ぶことが多い場合には、特に重視しておきたいポイントです。駐車場からテントまでの距離が遠いキャンプときなどには、3kg以下程度の軽量な商品を選びましょう。
ちなみに下記記事ではより携帯性を重視して、1kg以下のアウトドア用チェアをご紹介しています。少しでも荷物を減らしたいという方は、ぜひあわせて参考になさってください。

保管サイズは収納方式で決まる

アウトドア用チェアを持ち運びをする際や家で保管しておく際には、なるべくコンパクトに収納しておきたいですよね。というわけで、選ぶ時には座り心地だけでなく、収納性にもこだわって選びましょう。

コンパクトに収納可能「収束タイプ」

全体がキュッとすぼまり、非常にコンパクトに収納できるタイプです。収納袋も付いていますので、持ち運びにも便利です。たたみ方は、アームレストのフレームを上に持ち上げて収束させて固定するだけと、誰でもすぐたたむことができますよ。

ちょっとした隙間に収納しやすい「折りたたみタイプ」

収束タイプよりはスペースを取りますが、スリムなので車のちょっとした隙間にも収納しやすいタイプ。残念ながら収納袋が付いていない商品が多いですが、持ち運び用のベルトや取っ手が付いていることは多いです。たたみ方は、座面左右のフレームを上に引き上げながら折りたたむだけですので、とっても簡単に行えます。

安全性を考慮して十分な耐荷重のものを選ぶ

安全性を考慮し、耐荷重にも着目してアウトドア用チェアを選んでいきましょう。耐荷重が80kgほどの商品が多いですが、中には120kgまで耐えられるものも登場してきています。使用する人の体格をイメージし、十分な耐荷重があるアイテムを選ぶと良いですね。

あると便利なその他の機能

モデルによってさまざまなプラスの機能が付いたものがあります。ここでは、付いていると便利な3種類の機能を紹介していくので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

食べ物・飲み物を置けるサイドテーブル

テーブルが近くになくても飲み物や食べ物を置ける、とっても便利な機能です。いちいちテーブルまで荷物を取りに行く必要がありませんので、1人での時間を楽しみたい方におすすめの機能です。

ドリンクホルダー付きならスマホも置ける

肘掛部分にドリンクホルダーが付いており、飲み物をこぼさずに置いておくことが可能な機能です。飲み物だけでなく、スマートフォンを置いておくのにも丁度良いですよ。

調節機能付きで身体にフィット

座面の高さや角度を調節できる機能です。この機能が付いたモデルはあまり多くはありませんが、自分に合った座り心地に調節したいという方は、ぜひリクライニング機能が付いている商品を選んでみてください。

プロの愛用するおすすめのアウトドア用チェア

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのアウトドア用チェアをご紹介します!

プロのおすすめポイントを参考に、屋外で快適に使えるアウトドア用チェアを見つけてくださいね。

座り心地バツグン!何時間座っても疲れない

ヘリノックス コンフォートチェア hnx-001
14,904円
愛用品のおすすめポイント
Fb404bc70f32b227666b536d4e4b77af1a7f3f1d
アウトドアグッズマニア
トヨナガ アキヒロ

アウトドアの必須アイテムの1つが椅子です。座り心地にはこだわりたいところですが、このコンフォートチェアはアウトドア以外でも座りたくなってしまうくらい、座り心地が抜群です。何時間座っていても全然疲れないので、ゆとりのある時間を過ごせます。

アウトドア用チェアのおすすめ人気ランキング30選

ここからは、おすすめの人気アウトドア用チェアをランキング形式でご紹介します。使用するシーンを思い浮かべながら商品を選んでみてください。

30位:クレイジークリーク ザ・チェア

CRAZY CREEK ザ・チェア
3,672円(税込)

寄りかかれる、2つ折りチェア

重量たったの495gで気軽に持ち運べる折りたたみチェアです。シンプルな見た目ですが、実際に座ると安定感の高さに驚くことでしょう。サイドのストラップの長さを変えることで、背もたれの角度をお好みで設定することが可能です。

座椅子のようなスタイルですので、アウトドアチェアとしては好き嫌いが分かれてしまうかと思いますが、コンパクトに収納できる点はやはり魅力。リュックの脇に下げて持ち歩けば、トレッキング中の休憩時にも使えますよ。

29位:ロゴス ストライプ グラウンドロングチェア

ロゴス グラウンドロングチェア
4,320円(税込)

脚を伸ばしてどんな場所でもリラックス

ロングサイズでゆったり気ままに座れる、アウトドアチェアとマットを合わせたような商品です。座面部分を長く伸ばして寝椅子のようにして使うのもOK。2つ折りにして、座椅子のように使用することも可能です。背面には大きめのポケットが付いており、座面前面に倒してクッションのようにして使えば、さらに座り心地の良さがアップします。

使い道はビーチやピクニックなどと限られてしまいますが、リラックスして座れるアウトドアチェアを選びたいという方にとっては最適な一品になることでしょう。

28位:ノースイーグル ローコンパクトスリムチェアDX

North Eagle ローコンパクトスリムチェアDX NE1330
3,066円(税込)

計算された高さと背面角度

背面の絶妙な角度が、座った人へほっとする安心感を与えてくれる、スリムに折りたたむことができる商品です。焚き火や七輪の扱いもしやすい高さのため、ソロでもグループキャンプでもあるととっても便利。落ち着いたブラウンカラーが大人っぽさを演出します。

あぐらもかけるタイプのロースタイルチェアですが、レビューで下太ももに支柱が当たるというコメントが多いので注意が必要です。

27位:アディロンダック マイクロチェア

ADIRONDACK マイクロチェア
4,036円(税込)

シンプル派にはこれ!

折り畳むと25cm×20cm×4.3cmというコンパクトサイズに変形し、収納時にはリュックに収まるほどスリムなチェアです。メイドインジャパンのしっかりした作りで、こんなに小さいのに耐荷重が80kgもあるとは驚きを隠せません。

ユーザーからの評価は高めですが、組み立てるのにコツがいることと、少々力を要するのが難点です。ただ、組み立ててしまえば狭いシェルター内でも座れるうえ、フットスツールとしても使えますので、さまざまなシーンで活躍してくれることでしょう。

26位:ノースイーグル キッズコンパクトチェア くまさん

North Eagle キッズコンパクトチェア くまさん NE2331
2,295円(税込)

安心して使えるキッズ用チェア

キッズ用のアウトドアチェアですが、600デニールの生地を使ったとてもしっかりとした強度のある商品です。安全ストッパーも付いており、小さなお子様用のチェアとして安心して使用できるところがGOOD。サイドにはドリンクホルダーも付いていますので、食事の時も使いやすいですよ。

また、かわいいクマの顔のデザインで、お子様からも大変人気があります。クマ以外にブタデザインも販売中。ただし子供用の商品ですので、耐荷重は60kgまでとなっています。

25位:ロゴス ストライプ あぐらチェア ポケットプラス

ロゴス あぐらチェア ポケットプラス 73173016
4,640円(税込)

あぐらをかいてリラックス

アウトドアチェアの中でも、椅子の上であぐらをかけることに特化したタイプは、座り心地がやっぱり楽チン。 背もたれの程よい角度と清涼感のあるストライプが、リラックスモードを盛り上げてくれます。背面側にはポケットが付いていますので、タオルや小物などが入れることができますよ。

背が高めの方には背もたれが短く感じる事もあるようですが、焚き火のときなどは、炎をじっくり楽しむことのできるアウトドア用チェアです。

24位:ドッペルギャンガーアウトドア スピーカーソファ

DOPPELGANGER スピーカーソファ SS1-234
2,307円(税込)

まるでスピーカーの中にいるかのよう

付属のフットポンプを使えば、簡単に空気が入れることができ、短時間でとても立派なソファが完成します。そして最大の特徴はスピーカーが内蔵されているという点。スマホを付属のコードと繋ぐことで、座った時に頭部両サイドから音が出るという仕組みになっています。

さらにこれだけの機能が詰まっているにも関わらず、付属品を含めても重量が2.5kgしかありませんので、あらゆるところに持っていきやすい商品です。ただし、PVC素材とはいえ、特にコードなども防水対応とは謳っていません。海やプールで使用する際には、水に濡れないように十分に気をつけてくださいね。

23位:クレイジークリーク ビーチチェア

CRAZY CREEK ビーチチェア
6,314円(税込)

メッシュ生地で暑さ対策もバッチリ

高さ15cmのローチェアなら地面や自然との距離感が近く、より一層アウトドアを楽しめます。背面はメッシュ生地を使用していますので、ビーチチェアというの名前通り、夏の砂浜などの暑い場所でもムレを感じることなく使えることでしょう。重量も3.1kgと重すぎることはなく、また折りたたむことができるため、収納場所も省スペースに収まります。

汚れも目立ちにくいオリーブ色で、自然に溶け込めるのもおすすめポイントですよ。

22位:エーライト モナークチェア

ALITE Monarch Chair YN21300
11,558円(税込)

ミニサイズの可愛いロッキングチェア

倒れそうで倒れない、一風変わったロッキングチェア。エーライトらしいとてもユニークな商品です。あっという間に組み立てられますので、バッグからサッと取り出して、さまざまなシーンで活躍してくれること間違いなし。もちろん収納も簡単に行えます。

完全なるロッキングチェアというわけではありませんが、キャンプやフェスなどで使えばテンションも上がりそうなデザイン性の高さです。 普通の椅子に飽きた人にぜひチェックしてもらいたい商品ですが、価格は若干高めなのが難点です。

21位:コールマン リゾートチェア

コールマン リゾートチェア 2000026735
2,300円(税込)

ドット柄でおしゃれ度アップ

ドット柄でリゾート感のある椅子です。価格もお手頃ですので、色違いのネイビーやレッドと合わせて使うのもおすすめ。背もたれ後ろ側には大型ポケットやドリンクホルダーが付いており、なにかと便利に使えます。しっかりした作りのスチールフレームで80kgまで耐えられるにも関わらず、組み立て・収納がとても簡単なところもうれしいですね。

収納袋は肩からかけれるようになっているため、重量は3.1kgと重めですが、肩からかければ楽に持ち歩くことができるでしょう。

20位:ロゴス neos ラップドチェア

ロゴス neos ラップドチェア 73173038
4,536円(税込)

包み込むような座り心地

畳んだ姿、広げた姿、ともにすっきりした印象ですが、スチール製のフレームを採用しているため、足元の安定感があるアウトドアチェアです。デザインもロゴスらしいおしゃれなデザインとなっています。

座面部分は取り外して洗うことも可能ですので、うっかり汚してしまっても大丈夫。ロースタイルに近い形ですが、座面がそれほど低くないため、立ったり座ったりといった動作も行いやすいですよ。身体を包み込むような極上の座り心地、ぜひ一度体感してみてはいかがですか。

19位:バンドック バタフライチェア

BUNDOK バタフライ チェア BD-128
3,469円(税込)

2種類の座面を使い分けよう

こちらのアウトドアチェアの魅力は、2種類の座面が付属しており、好みや使用シーンによって付け替えられるのという点です。通気性が良いメッシュ生地付きのリラックスタイプは、深めの座り心地。ちょっとした休憩や食事などで使えるアクティブタイプは浅めの座り心地で、まさにアクティブにすぐ動けます。取り外した生地は洗濯可能ですので、いつでも清潔に保てるのもうれしいですね。

重量約2.7kgでショルダーストラップ付きの収納袋が付いているため、持ち運びも簡単です。

18位:コールマン スリムキャプテンチェア

コールマン スリムキャプテンチェア 2000013107
5,378円(税込)

軽量で耐久性もGOOD!

付属の収納袋にすっぽり収まるコンパクトさが魅力です。アームレスト部分に天然の木を使っているということもあり、同じようなタイプのアウトドアチェアよりも高級感が感じられます。自然の中では、色鮮やかな赤いシートが目立つことでしょう。

タフな作りでありながらも、アルミフレームでできているため、重量はわずか約3.2kgしかありません。それでいて耐荷重は100kgまで大丈夫。これなら大柄な男性でも安心して座ることができますね。

17位:カインズホーム tricot amadana ファーストラウンジチェア

出典:www.cainz.com

tricot amadana ファーストラウンジチェア
1,980円(税込)

コラボ商品がこの価格!まとめ買いもおすすめ

「日本の新しいカルチャー」を発信するamadanaとカインズホームがコラボした商品だけに、デザイン性が高く、ほかのアウトドア用チェアでは見ないような生地を使用し、大変個性的なアイテムです。

もちろんデザイン性だけでなく、座り心地の良さも抜群です。ゆったり深い角度でリラックスして座れるうえに、アームレストには右側にボトルホルダー、左側にはポケットが付いており、ヘッドレストにはクッションが入っているなど、機能面の高さにも定評があります。ここまでコスパが良いアウトドアチェアはなかなかありませんよ。家族の人数分をまとめ買いするのもおすすめです。

16位:ドッペルギャンガーアウトドア ウルトラライトマイクロチェア

DOPPELGANGER OUTDOOR ウルトラライトマイクロチェア
1,580円(税込)

200gで150kgまで耐えられる

畳んだ状態は、単行本と同サイズという驚きのコンパクトさ。 重量はわずか199gしかありませんので手軽に持ち運べ、キャンプだけでなく登山や花火大会、釣りなどあらゆる場所に持って行くことができるでしょう。そして小さくても強度が高く、耐荷重はなんと200kgと、安心して使えるところも評価したいポイントです。折りたたんで入れられる収納袋は、湿気に強い素材でできています。

背もたれこそありませんが、サッと取り出して素早く座れるため、登山などのアウトドアシーンでは特に重宝する商品です。

15位:キャプテンスタッグ ラコンテ メッシュラウンジチェア

キャプテンスタッグ ラコンテ メッシュラウンジ チェア UC-1607
2,300円(税込)

通気性の良いメッシュで夏場も快適

こちらの大人っぽいバイカラー使いのデザインでシックなアウトドアチェアは、メッシュ生地を背面に結構広めに使っています。それゆえ、通気性がとても良く、夏でも涼しく使用可能。しっかりとした見た目とは裏腹に、重量は約2.2kgと意外に軽量です。

また、収納時には縦に細長く変形しますので、ちょっとした隙間にも収納しやすく、持ち運びも楽チン。ドリンクホルダーが1つずつ両方のアームレストに付いているため、合計2個のドリンクや小物を入れることができるのも注目のポイントです。

14位:エーライト メイフライチェア

ALITE MAYFLY CHAIR 2.0 YN21400
13,311円(税込)

ローテーブルとの相性抜群

安定感のある座り心地のチェアと、前足部分のパーツを外してロッキングチェアーと、2種類の使い方が自由に選べるアイテム。組み立てやすいため、どこでもリラックスした使用感を得られますよ。ローテーブルの横に置くにも最適な高さです。

重量は720gと気軽に持っていけるので使用頻度も上がる予感。この軽さなのに耐荷重は113.4kgと、座る人を選ばない点も優秀です。

13位:コールマン コンパクトフォールディングチェア

コールマン コンパクトフォールディングチェア 2000010508
5,280円(税込)

コンパクトでも座り心地は最高級

ついつい居眠りしてしまうほど、快適な座り心地のコンパクトフォールディングチェアです。体を支える安定感と背面の角度がくつろぎの時間を提供します。座面高は約28cmと、低すぎず程良い高さで使い勝手が良いと評判。何と言ってもフォールディングチェアですので、開くだけで座れるところが便利なポイントです。

元気の出る色合いで取り揃えたカラーバリエーションは、アウトドアシーンでの彩りになると注目を集めています。

12位:エーライト マンティスチェア

ALITE Mantis Chair 2.0 YN21401
16,038円(税込)

好みのデザインがきっと見つかる

見た目以上に安定感のある4本の脚で、安心して体を委ねられるところが最大の特徴です。 20.3cmの座面の高さですが、高い安定感があるゆえに、それほど低くは感じません。重量810gに対して耐荷重は113.4kgと数字でみても安心することができるでしょう。

おしゃれで個性的なカラーバリエーションは、どれを選べばいいのか迷ってしまいそうなほど魅力的。 柄モノはレア感も高く、毎年同じ柄が発売されているわけではありませんので、お気に入りのデザインを見つけたら、迷わず購入することをおすすめします。

11位:モンベル フォールディングフィールドチェア

フォールディング フィールドチェア
5,292円(税込)

フォールディングチェアといえばこれ

アルミ製のフレームを採用することにより、しっかりした作りにもかかわらず重量はわずか2.9kgしかありません。背もたれ・アームレスト・座面にパッドが入っているため、快適な座り心地を提供してくれます。また、 アームレストにも適度な角度がついていますので、リラックスして座れる商品を選びたいという方には、うってつけのアイテムです。

そして、やはり手軽さが魅力のフォールディングチェアはとても人気。畳んだ時に持ち運びしやすいよう、ハンドルが付いている親切設計なのも選ばれている理由の1つです。

10位:ヘリノックス コンフォートチェア

Helinox コンフォートチェア 19750001116001
14,904円(税込)

デザインだけが魅力じゃない

デザイン買いしたくなるほどかわいらしいこちらの商品。カラーはレッド・ブルー・イエロー・グレー・ホワイトなど、全9種類から選ぶことができ、家族みんなの分を揃えたくなるほど、抜きんでたデザイン性の高さを誇ります。

もちろん見た目だけでなく、機能性が高いのも特徴。総重量900gにも関わらず、145kgまで耐えられます。座面は上から吊り下げられているような設計になっていますので、まるでハンモックに乗っているかのような包み込まれる感覚を味わえますよ。しかしお値段が張るため、この順位のランクインとなりました。

9位:ヘリノックス タクティカルチェア

Helinox タクティカルチェア 19755001008001
13,824円(税込)

ミリタリーデザインで注目度アップ

アウトドアチェアとは思えないほどのデザイン性の高さで、目にしたときにも楽しみながら使える商品です。今回ご紹介している商品は10位でご紹介した商品のミリタリーラインで、ブラックやフォリッジといったシンプルなデザインから、タイガーストライプ・マルチカモといったミリタリーテイストが強いデザインなど、全7種類から選べます。

収納袋は、チェアに取り付けることで小物入れとしても使用可能。使い勝手の良さを高めてくれるのはもちろん、収納袋が紛失してしまう心配もなくなります。

8位:エーライト バイソンチェア

ALITE BISON CHAIR
24,800円(税込)

組み立て時間はたったの30秒!

エーライトの中では座面が高めの商品ですが、組み立てがとにかく簡単。たったの30秒で組み立てることができ、余計な時間も手間もほとんどかかりません。500デニールのワックスコーデュラを使用した座面のため、とっても丈夫。座面が包み込むようなこの座り心地は、まるでハンモックの上にすわっているかのような感覚です。

山や川でのキャンプや、海や砂浜、あらゆる場所で使いやすいのも特徴です。1台用意するだけで、リラックスの場が広がりますよ。本格的なレジャーシーズン前に、ぜひゲットしてみてはいかがですか。

7位:ユニフレーム UFチェア100

UNIFLAME UFチェア100 680285
12,000円(税込)

ポイントは、アルミとスチールのW使い

アームレスト付きのチェアが欲しいけれど、持ち運びにくい重い商品は選びたくない。そんなあなたの願いを叶えてくれるのが、ユニフレーム・UFチェア100です。フレームにアルミとスチールの2つの素材を使用することで、約2.8kgと軽量だけど、強度もあるアーム付きチェアが完成しました。

耐荷重は100kgありますので、大柄な方でも安心して身体を任せることができるでしょう。リラックスするのに丁度良い角度の背もたれに、ゆったりとくつろげるアームレストが付いていながらも、スムーズにたたむことができるため、最初から最後までストレスフリーで使える商品です。

6位:スノーピーク ローチェア30

スノーピーク ローチェア30
17,280円(税込)

竹製のアームレストで高級感アップ

スノーピーク・ローチェア30のユーザーの中には、自宅で使用している人も結構いるほど、リビングに馴染む上質な印象を与えます。アームレストの部分に竹の集成材を使用していますので、キャンプやアウトドアシーンだけでなく家にも馴染むスタイルです。

また、背面の角度のバランスが良いため、ローテーブルと合わせて使用したときでも食事もがしやすいとのこと。お値段を気にせず、文句のない座り心地と見た目の良さだけで選べば、これがナンバーワンの商品と言えるでしょう。

5位:キャプテンスタッグ ジュール リクライニングラウンジチェア

キャプテンスタッグ ジュール リクライニングラウンジ チェア M-3864
2,000円(税込)

このお値段で3段階リクライニング付き

背面が若干高めになっているため、座った瞬間リラックスタイムに移行可能。キャンプ場では想像以上に椅子に座っている時間が長いこともありますので、こちらの快適なリクライニングチェアを1度使えば、もうほかのアイテムを使うことはできないかもしれません。

さらにリクライニングを3段階で調整できるにも関わらず、この価格で購入できるのは驚きです。まとめて何脚も購入するユーザーが目立っているのも、この椅子の良さを象徴しています。

4位:コールマン サイドテーブル付きデッキチェアST

コールマン サイドテーブル付きデッキチェアST 2000017005
3,500円(税込)

サイドテーブルはいろいろ便利

中には自分でサイドテーブルをDIYで椅子に付けてしまう方もいるほど、サイドテーブルの便利さを知っている方は多いはず。ですがこちらのデッキチェアを選べば、自分でサイドテーブルを付ける必要はありません。なぜなら、最初からサイドテーブルが付いているから。ドリンクホルダーも予め付いていますので、飲み物を置くのも安心です。

5.5kgと若干重めの商品ですが、重量がある分、風が吹いても倒れにくくなっています。安定感抜群で使い勝手の良さも最高、1台購入して損することはないでしょう。

3位:キャプテンスタッグ フローラ フリースラウンジチェア

CAPTAIN STAG フローラ フリースラウンジ チェア UC-1584
1,980円(税込)

肌触りの良いフリース素材

珍しいフリース素材のラウンジチェアです。フワフワとした肌触りが気持ち良く、ふんわりと身体を包み込んでくれるような座り心地にも癒されることでしょう。特に、アウトドアチェアにありがちなゴワゴワとした感触が苦手、という方にはぜひ選んでもらいたい商品です。

フリース素材というと、暖かさをイメージする方も多いことと思います。しかし実際には、フリース素材は通気性・汗抜けの良さが抜群。長時間座り続けても、太もも後ろがムレるという不快感はないでしょう。座り心地の良さにもこだわって、優しい肌触りのアウトドアチェアを選んでみるのはいかがですか?

2位:アディロンダック スモールキャンパーズチェア

ADIRONDACK スモール キャンパーズチェア 89009013017000
7,098円(税込)

コンパクトなのにリラックス

コンパクトに収納でき、コットン生地による安定感の高い座り心地。キャンプやバーベキューでゆったりとチェアに座ってくつろぎたいという方はもちろん、収納性の良さにこだわりたいという方にも自信を持っておすすめできる商品です。

ベージュとネイビーのおしゃれなツートンカラーデザインで、ほかの人と差を付けたいあなたにもぴったり。今回ご紹介している商品は48cm×54cm×67cmのスモールサイズですが、57cm×68cm×90cmのレギュラーサイズも販売されています。体格の良い男性や、さらなるリラックス感を求めたいという方は、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

1位:コールマン イージーリフトチェア

コールマン イージーリフトチェア
9,504円(税込)

圧倒的なコスパを誇るリクライニングチェア

リクライニング機能・アームレスト・2つのドリンクホルダー・背面のメッシュポケットが付属。この価格でこの機能性の高さは、もう驚くしかありません。外に居ながらも、まるで家のソファでくつろいでいるかのような快適具合で、コスパで選んでも座り心地の良さで選んでも、ナンバーワンの名にふさわしい商品と言えるでしょう。

フレームはスチール製ですので、耐久性が高いのも人気の理由です。バーベキューでくつろぐのも良し、キャンプでの疲れを癒すのも良し、大自然に囲まれて星空を眺めるのも良し。あなた次第で使い方の可能性は無限大に広がります。

合わせて使いたい!その他のアウトドアグッズはこちら

アウトドア用チェアだけでなく、その他のアイテムもこだわるとアウトドアシーンをもっと快適に演出することができますよ。以下の記事では、アウトドア用チェアと一緒に使いたいパラソル・タープ・テーブルなどについて詳しく解説・ご紹介していますので、興味のある方はそちらもぜひチェックしてみてください。

アウトドア用チェアの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、アウトドア用チェアのAmazon・楽天・価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、タイプ・高さ・素材などが異なる、さまざまなアウトドア用チェアをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ご自身のアウトドアスタイルに合ったチェアを選び、そしてテーブルやパラソルもそろえて、アウトドアでの時間をより一層充実したものにしてくださいね♪

人気の記事