• サーマレストマットのおすすめ人気ランキング10選【ファスト&ライトからクローズドセルまでご紹介!】のアイキャッチ画像1枚目
  • サーマレストマットのおすすめ人気ランキング10選【ファスト&ライトからクローズドセルまでご紹介!】のアイキャッチ画像2枚目
  • サーマレストマットのおすすめ人気ランキング10選【ファスト&ライトからクローズドセルまでご紹介!】のアイキャッチ画像3枚目
  • サーマレストマットのおすすめ人気ランキング10選【ファスト&ライトからクローズドセルまでご紹介!】のアイキャッチ画像4枚目
  • サーマレストマットのおすすめ人気ランキング10選【ファスト&ライトからクローズドセルまでご紹介!】のアイキャッチ画像5枚目

サーマレストマットのおすすめ人気ランキング10選【ファスト&ライトからクローズドセルまでご紹介!】

登山やキャンプに人気のサーマレストマット。高い断熱性で地面からの冷たさを防ぎ、快適に眠れると評判です。同社のマットにはさまざまな特徴を備えたシリーズがあり、シリーズごとに多数のラインナップが存在しています。ただ、かなり数が多いので、どれを選ぶべきか迷うところでもあるでしょう。


そこで今回は、人気のサーマレストマットをご紹介するだけでなく、選び方も解説しました。アウトドアシーンにあると便利なエアマット、どうせならサーマレスト製を選んでみませんか?

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 248  views
目次

サーマレストマットの魅力とは

サーマレストマットの魅力とは

出典:amazon.co.jp

キャンプで熟睡するために、重要な登山マット。様々なブランドから販売されていますが、その中でもサーマレストが特に人気になっています。人気の秘密は高い断熱性で冷たさを防ぎ快適に眠れるだけでなく、コンパクトで持ち運びやすいこと。通常は両立しにくいものの、サーマレストは両方とも高いレベルで実現しています。


寝不足では登山やキャンプを楽しめないばかりか、思わぬ事故に遭うかもしれません。定番になっているサーマレストマットを使って、熟睡できる環境を整えましょう。

サーマレストマットの選び方

まずは、サーマレストマットの選び方をご紹介します。意外と色々なマットが出ているため、こちらを見て自分に合うものを吟味しましょう。

シリーズで用途が異なる?特徴を踏まえて選ぼう

サーマレストマットについては、シリーズごとの特徴を踏まえて選ぶのがまず第一歩。シリーズによっては登山向け、キャンプ向けと用途が分かれていますので、重要ですよ。

自動膨張が便利な「ファスト&ライトシリーズ」

自動膨張が便利な「ファスト&ライトシリーズ」

出典:amazon.co.jp

スピーディに使えるタイプをお求めなら、自動膨張式が多い「ファスト&ライトシリーズ」がおすすめ。バルブ付きのこちらは、緩めると自動的に空気が入って膨張する仕組み。エアーマットのように、いちいち自分で空気を入れる必要がないので便利です。また、空気をもう少し入れたい時は、自分で注入して調整することもできます。


ファスト&ライトシリーズは、コンパクト&軽量もテーマのため、山登り用に最適のシリーズです。該当するモデルは、ネオエアーXサーモやプロライト、プロライトプラスなどになります。なお、ファスト&ライトシリーズにも一部自動膨張式でないものもあるようですので、この点にはご注意くださいね。

コンパクトさ重視なら!「トレック&トラベルシリーズ」

コンパクトさ重視なら!「トレック&トラベルシリーズ」

出典:amazon.co.jp

コンパクト&軽量と持ち運びが簡単なだけでなく、快適さにもこだわりたいなら、このシリーズがおすすめ。断熱性が高く分厚いので、快適に眠れるものが多くなっています。


「トレック&トラベルシリーズ」は基本的に自分で空気を注入して使うタイプが多くなっていますが、一部に自動膨張式もあるので、この点をよく見て選びましょう。こちらは、ネオエアーオールシーズンSVやネオエアートレッカー、トレイルプロやトレイルライトなどが該当します。

快適さを求める方には「キャンプ&コンフォートシリーズ」を

快適さを求める方には「キャンプ&コンフォートシリーズ」を

出典:amazon.co.jp

持ち運びやすさよりも、快適さにこだわりたい方には、「キャンプ&コンフォートシリーズ」がぴったり。値段は高めになりますが、ご自宅のベッドにいるような感じで、ぐっすり眠れますよ。サイズが大きいため登山等には不向きなものの、車で移動するキャンプなら気になりません。こちらも自動膨張式が多いため、ぱっと開いてすぐに使えるのもポイント。


こちらのシリーズには、ネオエアーキャンパーやドリームタイプ、ラグジュアリーマップ、ベースキャンプなどが該当します。

頑丈さとコスパの良さなら「クローズドセルシリーズ」

頑丈さとコスパの良さなら「クローズドセルシリーズ」

出典:amazon.co.jp

エアマットの穴空きによる断熱性や厚みの低下が心配なら、耐久性に優れたクローズドセルシリーズがおすすめ。こちらはウレタンやアルミを蒸着させたマットで、穴が空いて空気が漏れるといった心配がありません。アコーディオン式(蛇腹型)に折りたたまれているため、広げればすぐ使えるというのも嬉しいところ。


4シリーズの中でも値段が手ごろなので、入門用にも最適。こちらには、ライトやZライトソル、Zシールド、リッジレストソーライトなどがあります。

冬場に使うならR値が重要!

冬場に使うならR値が重要!

冬山などで使うマットを選ぶなら、断熱性の高いマットが必要ですよね。断熱性を見るなら、R値を確認してください。数値が大きいほど断熱性が高くなり、春や秋は2~3、冬は5~6が目安となります。ちなみに、女性向けの方が断熱性を高めに作られている場合が多いので、身長によってはそちらを使うのも手でしょう。


なお、同じ厚みでも中に入っている素材によって断熱性が変わるため、見た目だけで判断するのは避けましょう。幸いサーマレストでは、どのマットもR値が公表されているので、簡単に比べられるようになっています。

シーンに合わせたサイズを選ぼう

シーンに合わせたサイズを選ぼう

出典:amazon.co.jp

使用シーンを選んでサイズを決めるのも、大切なポイントです。車に積んで持って行けるキャンプは、寝心地を重視しサイズは二の次で構いません。でも、登山やトレッキング、ツーリングなどでは持っていける荷物にも限りがあるため、サイズもしっかり確認しておきましょう。


マットを選ぶ際には広げた状態のサイズだけでなく、収納時のサイズも見ておくのがポイント。例えば、物によっては広げて50×180cm(幅×長さ)くらいでも、収納時は30×12cm(幅×直径)までコンパクトにできるタイプがあります。これなら荷物も減らせるので、運びやすくなりますよ。

サーマレストマットの人気ランキング10選

それでは、人気のサーマレストマットをご紹介します。選び方を参考に、ぴったりのマットを見つけましょう!
10位
シリーズキャンプ&コンフォートシリーズR値10
サイズ76×196cm(幅×長さ)※XLサイズ収納サイズ76×26cm(幅×直径)
重量3630g特徴自動膨張式
9位
ネオエアー キャンパーSV
出典:amazon.co.jp

サーマレストネオエアー キャンパーSV

24,897円 (税込)

シリーズキャンプ&コンフォートシリーズR値2.2
サイズ63×196cm(幅×長さ)※Lサイズ収納サイズ-
重量910g特徴エアーマット・スピードバルブ付き・左右にエアーチューブ
8位

サーマレスト女性用 ネオエアー Xライト

24,614円 (税込)

シリーズファスト&ライトシリーズR値3.9
サイズ51×168cm(幅×長さ)収納サイズ23×10cm(幅×直径)
重量340g特徴エアーマット・女性用
7位
シリーズクローズドセルR値1.5
サイズ61×183cm(幅×長さ)収納サイズ61×13~14cm(幅×直径)
重量450g特徴エントリーモデル
6位

サーマレスト女性用 プロライト プラス

12,960円 (税込)

シリーズファスト&ライトシリーズR値4.2
サイズ51×168cm(幅×長さ)収納サイズ28×12cm(幅×直径)
重量640g特徴自動膨張式・女性用
5位

サーマレストネオエアー Xサーモ

29,332円 (税込)

シリーズファスト&ライトシリーズ R値5.7
サイズ51×183cm(幅×長さ)※Rサイズ収納サイズ23×10cm(幅×直径)
重量430g特徴エアーマット
4位
シリーズファスト&ライトシリーズR値3.4
サイズ51×183cm(幅×長さ)※Rサイズ収納サイズ28×12cm(幅×直径)
重量570g特徴自動膨張式
3位

サーマレストリッジレスト ソーライト

5,053円 (税込)

シリーズクローズドセルR値2.8
サイズ51×183cm(幅×長さ)※Rサイズ収納サイズ51×20cm(幅×直径)
重量400g特徴アルミ蒸着加工
2位
シリーズトレック&トラベルシリーズR値3.4
サイズ51×183cm(幅×長さ)※Rサイズ収納サイズ28×14cm(幅×直径)
重量630g特徴自動膨張式
1位
シリーズクローズドセルR値2.6
サイズ51×183cm(幅×長さ)※Rサイズ収納サイズ約51×13~14cm(幅×直径)
重量410g特徴アルミ蒸着加工

人気サーマレストマットの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格シリーズR値サイズ収納サイズ重量特徴商品リンク
1
Zライト ソル

サーマレスト

Zライト ソル

コスパの良さと使いやすさで大人気のマットクローズドセル2.651×183cm(幅×長さ)※Rサイズ約51×13~14cm(幅×直径)410gアルミ蒸着加工詳細を見る
2
トレイルスカウト

サーマレスト

トレイルスカウト

薄くても断熱性が高く人気の自動膨張式7,706円(税込)トレック&トラベルシリーズ3.451×183cm(幅×長さ)※Rサイズ28×14cm(幅×直径)630g自動膨張式詳細を見る
3
リッジレスト ソーライト

サーマレスト

リッジレスト ソーライト

荷物を軽くできる軽量モデル5,053円(税込)クローズドセル2.851×183cm(幅×長さ)※Rサイズ51×20cm(幅×直径)400gアルミ蒸着加工詳細を見る
4
プロライトプラス

サーマレスト

プロライトプラス

断熱性を落とさず軽量化を実現14,364円(税込)ファスト&ライトシリーズ3.451×183cm(幅×長さ)※Rサイズ28×12cm(幅×直径)570g自動膨張式詳細を見る
5
ネオエアー Xサーモ

サーマレスト

ネオエアー Xサーモ

4つの熱反射板で冬山でも快適に過ごせる!29,332円(税込)ファスト&ライトシリーズ 5.751×183cm(幅×長さ)※Rサイズ23×10cm(幅×直径)430gエアーマット詳細を見る
6
女性用 プロライト プラス

サーマレスト

女性用 プロライト プラス

高い断熱性で暖かく過ごせる!12,960円(税込)ファスト&ライトシリーズ4.251×168cm(幅×長さ)28×12cm(幅×直径)640g自動膨張式・女性用詳細を見る
7
Zシールド

サーマレスト

Zシールド

気軽に使いやすいエントリーモデル4,413円(税込)クローズドセル1.561×183cm(幅×長さ)61×13~14cm(幅×直径)450gエントリーモデル詳細を見る
8
女性用 ネオエアー Xライト

サーマレスト

女性用 ネオエアー Xライト

軽量で持ち運びやすい女性向けタイプ24,614円(税込)ファスト&ライトシリーズ3.951×168cm(幅×長さ)23×10cm(幅×直径)340gエアーマット・女性用詳細を見る
9
ネオエアー キャンパーSV

サーマレスト

ネオエアー キャンパーSV

両端のエアチューブで滑り落ちを防ぐ!24,897円(税込)キャンプ&コンフォートシリーズ2.263×196cm(幅×長さ)※Lサイズ-910gエアーマット・スピードバルブ付き・左右にエアーチューブ詳細を見る
10
ドリームタイム

サーマレスト

ドリームタイム

自宅にいるような暖かさで快適に過ごせる37,800円(税込)キャンプ&コンフォートシリーズ1076×196cm(幅×長さ)※XLサイズ76×26cm(幅×直径)3630g自動膨張式詳細を見る

荷物のコンパクト化にはこちらも便利!

サーマレストマットを使えばマットの軽量・コンパクト化は図れますが、トレッキングや登山では、他にも何かと荷物が多くなるもの。こんな時には、荷物を圧縮してくれるコンプレッションバッグが便利。かさばる荷物も小さくして運べます。


以下の記事では、コンプレッションバッグの人気商品を多数ご紹介しています。こちらもぜひご覧になってみてくださいね。

エアータイプのパンクは簡単に直せる!

エアータイプのパンクは簡単に直せる!

出典:amazon.co.jp

厚みがあり、暖かいので重宝するエアータイプのマット。しかし、エアータイプはパンクの心配と無縁ではありません。パンクすると断熱性がかなり低下してしまい、地面からの冷たさが伝わってきてしまう事態に…。そのため、もしもの時に備えて、こちらでパンク修理の仕方を学んでおきましょう。


修理するには、Amazonなどでも入手できる別売の専用リペアキットが必要となります。まずは、水に沈めてどこから空気が漏れているのか調べましょう。後はセットに付いているアルコールで汚れを拭き取り、リペアパッチと接着剤を使って穴をふさぐだけです。


後で取れないよう、何か重しを載せてしっかりと圧着すれば修理完了ですよ!

サーマレストマットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、サーマレストマットのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

登山マットは様々なメーカーから販売されていますが、やはりサーマレスト製が安定した性能でおすすめです。ご紹介したように、高い断熱性で暖かいだけでなくコンパクトで軽量なため、かなり荷物を減らせますよ。


ラインナップもかなりありますが、選び方を参考にすれば必要なものが見つかるはず。サーレストマットを使って、登山やキャンプを楽しんでくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す