• 9f566a47d8fce2fb4dd3b618ae43da424566755f
  • De7771dc865d6e0a34dd1799c8b1453a6e5ff926
  • A29319c73e5d3449c8f4acd83de120ce594432bb
  • 5ba3ec0ec3754e3257cb92e7f07d19e7619c7126
  • 78a81e54d424e2ef78902c2f593d5c8b5636dc4f

ミラーレス一眼カメラの最強おすすめ人気ランキング5選

スマホやコンパクトデジカメではちょっと物足りない、SNSに載せる写真に凝りたい…そんな人たちに人気なのがミラーレス一眼。小型で軽量なためコンパクトに持ち運びやすく、価格も比較的手ごろなので、ぜひおすすめしたいカメラです。

キヤノンやオリンパス・ニコンなどの大手メーカーからもたくさん発売されていますが、初心者にとって性能や特徴はなかなか比較しづらいですよね。そこで今回は、ミラーレス一眼を購入する時に確認すべき選び方のポイントと、おすすめ商品5選をランキング形式でご紹介します。素敵なカメラをゲットして様々な撮影を楽しみましょう!

最終更新日:2017年12月18日 | 382,997views

ミラーレス一眼カメラとは?

ミラーレス一眼カメラを購入する前に、まずは特徴について理解しておきましょう。どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

ミラーレス一眼カメラの特徴とメリット

Loading
ミラーレス一眼カメラの最大の特徴は名前の通り「ミラーがない」ということです。一眼レフカメラは、レンズから入ってきた光をミラーに反射させてファインダーに映しているのですが、ミラーレスではこのミラーがないため、基本的にはファインダーがないことが特徴です。

ミラーをなくしたことにより、一眼レフカメラよりもかなり小型で軽量化されていて、持ち運びに適していることが特徴です。それ以外にも、デザインが凝っているものが多くてお洒落なことや、レンズが交換できるので色々な撮影が楽しめること、機種によっては背景をぼかした撮影が楽しめることなどがあげられます。

ミラーレス一眼カメラの注意点

Loading
デメリットは、ファインダーがないものが殆どなため、ファインダーを覗いて撮影したい人には向いていないことです。ただ、初心者の方の場合は液晶画面で見ての撮影の方が慣れているでしょうから、それほど不便ではないかと思います。

またレンズ交換ができることは先述しましたが、一眼レフほどレンズの種類が充実していない機種もあるという点はデメリットでしょう。

ミラーレス一眼カメラの選び方

ではミラーレス一眼カメラを選ぶ際に絶対に押さえておきたいポイントをご紹介します。専門的な言葉も出てきますが、覚えておいた方が良いポイントなのでしっかり理解していきましょう。

1. センサーサイズを確認しよう

少し専門的なことになりますが、とても重要な要素なのでしっかり覚えておきたいのがセンサーサイズです。センサーはレンズから入ってきた光を電気信号に変える部品で、これによって画像をパソコンなどで見ることができるようになるためとても大切です。

センサーサイズを選ぶにあたって知っておきたいポイントは以下の通りです。

高画質を求める方はサイズの大きいセンサーを

Loading
高画質な画像を撮影したければ、センサーのサイズが大きいものを選ぶことが必要になってきます。センサーが大きいと光をより集めることができるため写りが良くなり、暗いところでの撮影やぼかしもやりやすくなります。

最も大きく優れているのが「フルサイズ」と呼ばれるセンサーですが、これは一眼レフやプロ向けのカメラに搭載されているもので、ミラーレスにはあまり使われていません。次に大きい「APS-C」サイズのセンサーは、ソニーやニコンのミラーレスに搭載されており、高画質な撮影ができておすすめです。

ミラーレス一眼カメラのメリットであるコンパクトさだけを追い求めると、センサーサイズがどうしても小さくなってしまうなど機能的に制限がかかってしまいますので、その点は注意しておきましょう。

メーカーによる特徴も知っておこう

Loading
センサーのサイズはメーカーによっても特徴があります。「マイクロフォーサーズ」と呼ばれるサイズは、フルサイズから数えて4番目の大きさで、パナソニックやオリンパスが使用しています。これくらいのサイズがあれば充分に美しい画像が撮影できるでしょう。

また「ニコンCXフォーマット」はニコンが使っていて、マイクロフォーサーズよりは小さいサイズとなります。一般的なコンパクトデジカメ(コンデジ)よりは大きなサイズですので、コンデジから乗り換えを考えている初心者であれば十分なサイズといえます。

2.ISO感度はセンサーサイズとのバランスが大事

Loading
IOS感度は夜景などの光が少ない場所での撮影で必要になってくる数値です。カメラが光をとらえる能力を数値化したもので、IOS感度の数値が高ければ高いほど光をとらえることができるということになります。ISO感度が高いカメラだとシャッタースピードが速くなるので手ブレも抑えられ、きれいに撮影ができます。

ISO3200以上あれば薄暗い場所でも充分撮影することができますが、より明るい写真にしたいならばISO12800以上が目安です。

しかしISO感度が上がると画質が悪くなってしまうという点に注意しましょう。これを防ぐためにはセンサーが大きい必要があるので、ISO感度だけが高いものを選ぶのではなく、センサーサイズも大きめのものを選ぶ必要があります。

3.画素数もチェックしよう

Loading
画素数は携帯やスマホのカメラなどでも使われる言葉ですので、比較的身近な言葉ですよね。画素数はレンズから入ってくる映像を、センサーの上でどれだけの数の点に分割して表示しているかを示す数字です。この数字が大きければ大きいほど、高精細な画像を撮影することができます。

ただしこの場合もISO感度と同じく、センサーサイズとのバランスを考える必要があります。なぜなら、同じ1200万画素のカメラであったとしても、センサーサイズが違うと1つ1つの点の大きさが変わってくるからです。

サイズの比較的大きい「APS-C」のセンサーを搭載しているカメラの場合、1200万画素くらいが良いバランスと言われていますので、覚えておきましょう。

4. レンズの種類は充実しているか?

Loading
ミラーレス一眼カメラのメリットのひとつにカメラのレンズを替えることができるということがあります。バリエーションが多ければそれだけ撮影の選択肢が多くなりますから、なるべく多い方がいいですよね。ミラーレス一眼カメラには、スターターキットとして1~2種類のレンズが最初からセットになっているものが多くあります。

最初についてくるレンズでも充分撮影は楽しめますが、ミラーレス一眼での撮影にも慣れてきたら、もっと色々なレンズを使ってみたくなりますよね。メーカーや機種によってもレンズの展開は大きく違ってきますので、注意しておきましょう。

5. モニターの機能性とファインダーの有無

Loading
ミラーレス一眼はファインダーがついていない場合が多いので、モニターを見ながら撮影することになります。そのため、モニター上で色の再現性や鮮明度が低いとストレスを感じてしまいます。モニターはタッチパネル式もありますし、自由な角度に動かせるバリアングルモニターなどもありますので、自分に必要な機能がどれか見極めるようにしましょう。

ただし、ミラーレスでもファインダーが付いている機種もあります。それは電子ビューファインダー(EVF)という方法で、被写体を覗く小窓に液晶画面を使用してファインダーを覗いて撮影できるようになっていたり、外付けでファインダーを取り付けられたりします。

電子ビューファインダーは普通の光学ファインダーと違い、撮影効果をその場で確認できるので、どういった写真になるのかをその場で確認できるメリットがあります。ミラーレス一眼を購入する前に、液晶モニターを見て撮影したいか、ファインダーを覗いて撮影したいかイメージしておきましょう。

6. 付加機能にどのようなものがあるか?

付加機能にも色々なものがありますので、どの機能が必要かを考えておくことは大切です。具体的には次のような項目が挙げられます。

シーン撮影

Loading
アートフィルターなど、付加機能として色々な撮影シーンが用意されているものなどがあります。簡単にシーンを変えることで写真の雰囲気を変更でき、アーティスティックな写真を楽しむことができる機能です。

露出の変更などを自分で調整して撮影するのはもちろんカメラ撮影の醍醐味のひとつですが、初心者にはなかなかハードルが高い部分ですよね。そういった点をカメラが自動的に調整してくれることで手軽に撮影を楽しむことができるので、シーン撮影機能が搭載されているほうが初心者にはおすすめです。

Wi-Fi通信

Loading
SNSなどに素早く投稿したい場合、絶対に必要なのがこのWi-Fi機能です。撮影した写真をスマホに転送してSNSにアップするなどという使い方を想定している人は、この通信機能もしっかり確認しておきましょう。

またWi-Fiだけでなく、他にも通信機能として「NFC」「Bluetooth」「GPS」などがありますので、自分の使い方に合う通信方法が備わっているかを確認しておきましょう。

手ブレ補正

Loading
最近は殆どの機種についているのが手ブレ補正です。ボディ内蔵とレンズ内蔵のものがあり、どちらにも一長一短があります。

ボディ内蔵式の場合、あらゆるレンズで補正をかけることができるのがメリットですが、ファインダーでは補正効果がわからないというデメリットがあります。

レンズ内蔵式の場合ファインダーで補正効果がわかるため被写体をとらえやすいので、シャッターチャンスを逃しにくいというメリットがあります。デメリットは大口径レンズの搭載が難しいことや、手ブレ補正付きレンズは高くなる傾向にあるところです。

最近の手ブレ補正は絶対にブレないような設計になっていますので、自分の腕とも相談して決めるとよいでしょう。

おすすめのミラーレス一眼カメラランキング5選

ではおすすめのミラーレス一眼カメラランキングBEST5を発表します。選び方のポイントをふまえ、初心者が最初に選ぶミラーレス一眼カメラに相応しい1台をご紹介していきますよ!

5位:ソニー α5100 ILCE-5100Lパワーズームレンズキット

SONY α5100パワーズームレンズキット ILCE-5100L-B
68,374円(税込)

・センサーサイズ:APS-C
・ISO感度:100-25600
・画素数:約2430万画素
・本体サイズ:幅109.6×奥行35.7×高さ62.8mm
・重さ:約283g
・モニター:3型 ・約92万ドット上約180度可動式液晶モニター・タッチパネル対応
・ファインダー:なし
・付加機能:Wi-Fi対応・NFC対応・ピクチャーエフェクト・クリエイティブスタイル・顔検出

多彩なフォーカスモードで決定的な瞬間を逃さない

このカメラの特徴は高精細なセンサーを搭載していて美しい撮影が可能なところはもちろんのこと、フォーカスモードが多彩なことです。例えばお子さんやペットなど動く被写体を撮影しようとした場合、少しもじっとしていてくれない対象にピントを合わせることは難しいですよね。

この部分をこのカメラは被写体の動きを自動で判断してフォーカスモードを切り替えることで、いつでも最高の瞬間を逃さないように設計されています。狙った被写体にピントを合わせ続けるロックオンオートフォーカスもとても便利です。大切なご家族の一瞬一瞬をしっかり切り取りたい人におすすめのカメラです。

徹底的にノイズを抑えた美しい画像を実現

ISO感度を上げるとノイズが大きくなる傾向にありますが、このカメラでは画像の特徴を判別することで最適なノイズ低減処置を行い、高感度撮影時にもノイズを抑えてクリアな画質を実現しました。

大型センサーを搭載しておりISO感度も高いので、高感度で撮影してもエッジや輪郭部などはシャープなまま。光量が足りない場所での撮影でも光速シャッターを維持しつつ手ブレの少ない写真を撮影することができます。暗い場所での撮影が多い人におすすめできるカメラです。

4位:キヤノン EOS M10 EF-M15-45 IS STMレンズキット

キャノン EOS M10 IS STMレンズキット EOSM10WH-WLK
50,710円(税込)

・センサーサイズ:APS-C
・ISO感度:100-12800
・画素数:約1800万画素
・本体サイズ:幅108×奥行35×高さ86.6mm
・重さ:約301g
・モニター:3型・約92万ドット180度可動式液晶モニター・タッチパネル対応
・ファインダー:なし
・付加機能:Wi-Fi対応・顔認識機能・HDD撮影・手ブレ補正(レンズ内蔵式)・クリエイティブアシストモード・クリエイティブフィルター搭載・全自動モード

おしゃれなデザインと高画質を両立!

Loading

出典:cweb.canon.jp

一緒にお出かけしたくなるようなおしゃれなデザインの秘密は、ボディの色と7色のフェイスジャケット、2色のグリップを組み合わせられるという点です。自分好みのスタイルにできる楽しさがあり、ファッションの一部としても取り入れやすいですよね。

また見た目だけでなく機能面も充実しています。まず、センサーサイズは大型センサーを搭載しているので高画質撮影ができますし、背景ぼかしも簡単にすることができます。スマホカメラからの乗り換えにぴったりの1台です。

簡単な操作で多彩なモードが楽しめる

Loading

出典:cweb.canon.jp

女性にとって嬉しい多彩な撮影モードや自撮りに便利な機能が搭載されています。液晶モニターは180度回転するためモニターを見ながら簡単に撮影することができますし、さらにそのモニターを確認しながら美肌効果や明るさなども調整できるため、いつでもベストな自撮りを撮影することができます。

またわかりやすい言葉で撮影をアシストしてくれる「クリエイティブアシスト」機能が搭載されているので、色の鮮やかさやぼかしなどもわかりやすい操作で簡単に変化させることができます。自分好みの写真加工も簡単にできるので、難しい撮影は嫌だという人に向いているカメラです。

3位:オリンパス OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット

オリンパス OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット V207053SE000
75,847円(税込)

・センサーサイズ:4/3型 Live MOS センサー
・ISO感度:100-25600
・画素数:約1605万画素
・本体サイズ:幅119.5×奥行46.7×83.1mm
・重さ:約390g
・モニター:3型・約104万ドット可動式液晶モニター・タッチパネル対応
・ファインダー:電子ビューファインダー搭載
・付加機能:Wi-Fi対応・手ブレ補正(ボディ内蔵式)・アートフィルター・フォトストーリー

初心者も上級者も満足できる性能の高さが魅力

このオリンパスのOM-D E-M10 MarkIIは、初心者だけでなく上級者になってからの使い勝手も抜群のミラーレス一眼カメラです。使い勝手を考えて部品が配置されているため、手元を見なくても簡単に操作できます。

「4/3型 Live MOS センサー」は「フォーサーズ」と同じ大きさのセンサーですが、デジタル一眼レフカメラの規格であるフォーサーズをミラーレス構造に最適化したものです。カメラ本体の軽量化や薄型化を実現しています。

ブレを絶対に許さないために搭載されているのが、5軸手ブレ補正です。ボディ側に搭載されているのでレンズに左右されず、オールドレンズなどでも補正効果をしっかり発揮してくれるため、嫌な手ブレをこれでもかというくらいに抑えてくれるのが嬉しいですよね!

電子ビューファインダー搭載で撮影効果をすぐ確認!

電子ビューファインダーは236万ドットの高精細な画質で、その場で明るさや色合いなどの撮影効果をファインダーで確認しながら撮影することができます。これは一眼レフの光学ファインダーでは一般的にはできない優れた機能ですし、光学ファインダーでは暗くて見にくい場所での撮影も適度な明るさに見やすくしてくれます。

ファインダーを覗いた状態で撮影をしたい人で、ミラーレス一眼カメラを探している人はこの機種をおすすめします!

2位:パナソニック LUMIX DMC-GF7W ダブルズムームレンズキット

パナソニック LUMIX ダブルズムームレンズキット DMC-GF7W-P
49,740円(税込)

・センサーサイズ:フォーサーズ
・ISO感度:100-25600
・画素数:約1600万画素
・本体サイズ:幅106.5×奥行33.3×高さ64.6mm
・重さ:約266g
・モニター:3型 ・約104万ドット約180度回転チルト式液晶モニター・タッチパネル対応
・ファインダー:なし
・付加機能:Wi-Fi対応・自分撮りシャッター・ビューティー機能・シーン撮影・撮影設定リセットボタン・手ブレ補正(レンズ内蔵式)

コンパクトボディに初心者に嬉しい機能をぎっしり!

コンパクトで軽量なボディに、フォーサーズというコンデジと比較しても5倍近く大きいセンサーを搭載しているため、初心者でも簡単に高画質な撮影が可能になっています。また初心者にも操作がわかりやすいタッチ式液晶は使い勝手がよく、コンデジと同じボタン操作で乗り換えるにも不安がありません。

また意外と使いやすいのが「撮影設定リセットボタン」です。色々設定をいじって撮影している内に、わけがわからないことになったりしますよね。そんな時にもこのボタンを押せば設定がリセットできるので撮影に手間取りません!

また多彩なシーン撮影機能が用意されているので、シーンを選択するだけで最適なモードで撮影が可能です。簡単にムードあふれる写真が撮影できるので様々に楽しめますよ!

自撮り機能を徹底的に強化

Loading

出典:panasonic.jp

このLUMIXのミラーレス一眼カメラは、自撮り機能を徹底的に高めています。液晶モニターを反転させて自分の姿を確認しながら撮影できるのはもちろんのこと、身体の動きでシャッターが切れたり、自撮りモードの時は自動的に左側の通常「Fn1」ボタンがシャッターに早変わりするので、右手でシャッターを押せるようになっています。

肌を美しくみせたり、スリムに見せたり、背景をぼかして人物を浮かび上がらせる機能なども搭載していて、自撮りをよくする人にぜひおすすめしたいカメラに仕上がっています。ボディの色はピンク、シルバー、ブラウンの3色展開です。ピンク色のボディも可愛いですよね!

1位:ニコン Nikon1 J5 標準パワーズームレンズキット J5HPLKS

ニコン Nikon1 J5 標準パワーズームレンズキット J5HPLKSL
39,780円(税込)

・センサーサイズ:1型センサー
・ISO感度:100-12800
・画素数:約2081万画素
・本体サイズ:幅98.3×奥行31.5×高さ59.7mm
・重さ:約265g
・モニター:3型・約104万ドット上下稼働チルト式液晶モニター・タッチパネル対応
・ファインダー:なし
・付加機能:Wi-Fi対応・NFC対応・4K動画撮影・手ブレ補正(レンズ内蔵式)・オート撮影モード

デザイン性が高く、気軽に持ち運べる小型&軽量ボディ

カバンの中に入れてどこにでも持ち運べる、そんなコンパクトで軽いカメラがこのNikon1 J5です。厚さを除けばiPhone6よりも小さいというのだから驚きですよね。この軽さなら首から下げての撮影も負担になりません。

センサーサイズの「1型」というのは、コンデジに搭載されているセンサーよりは大きいのですが、ミラーレスとしてはやや小さ目になります。しかしその小ささが気にならない高画質の撮影を手軽に可能にしている点がおすすめポイントになります。

また、クラシカルで高級感のあるボディデザインは、これぞカメラという感じで撮影意欲をかきたててくれます。いつでもどこでも持ち運べて、しかも1秒間に60コマもの連写機能でシャッターチャンスを逃さないので、カメラ初心者も一番いい瞬間を撮影できおすすめです!

多機能モニターで自撮りも簡単!

180度回転するチルト式液晶モニターは、タッチパネル操作もできる優れものです。撮りたいシーンを確認しながら撮影できるので、自撮りだけでなく友達との記念撮影でも大活躍します。タッチパネルでシャッターを切ったり、ピント合わせもできて初心者にも操作が簡単です。

また、プロの様なぼけ表現をした写真を撮影できるようなレンズがセットになっているので、前ぼけ、後ろぼけなど様々なぼけ撮影を楽しむことができるのも魅力です!ミラーレス一眼カメラ選びに迷ったら、このモデルをおすすめします!

まとめ

ミラーレス一眼カメラの選び方のポイントとおすすめのミラーレス一眼カメラランキングをご紹介しました。

ここでご紹介した機種はどれも初心者にも扱いやすいミラーレス一眼カメラばかりです。スマホやコンデジではできなかったことも、ミラーレスならばできることの幅が広がり撮影することを楽しめるようになります。

小型でどこにでも持ち運べて、そしてレンズを交換すれば更に専門的な撮影を楽しむこともできます。ぜひ自分にぴったりのミラーレス一眼カメラを見つけて、色んなシーンで撮影を楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事