• 折り畳みミニテーブルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 折り畳みミニテーブルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 折り畳みミニテーブルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 折り畳みミニテーブルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 折り畳みミニテーブルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

折り畳みミニテーブルのおすすめ人気ランキング10選

キャンプやピクニックで活躍する、折りたたみミニテーブル。コールマンやキャプテンスタッグといったアウトドアメーカーをはじめ、ニトリや無印の商品も人気です。最近では100均ショップのアイテムだけでDIYしてしまう方も多いようですが、やっぱりメーカー品にしかない魅力もたくさんあります。とは言っても、素材だけ見ても木製・プラスチック・アルミなどいろいろあって、自分に合った商品を選ぶのはなかなか難しいですよね。

そこで今回は、折り畳みミニテーブルの選び方のポイントと、通販で購入できるおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。スタイリッシュでかっこいいデザインのものから、かわいい女性向けのものまでさまざまな商品が登場。価格や口コミも参考にしっかりと比較して、お気に入りのミニテーブルを見つけてくださいね!
  • 最終更新日:2019年06月19日
  • 27,637  views
目次

折り畳みミニテーブルの選び方のポイント

それでは早速、折り畳みミニテーブルの選び方のポイントを見て行きましょう。

使われている材質から選ぶ

まずは折り畳みミニテーブルに使われる材質を確認していきましょう。各材質の特徴を知るだけでも、自分が欲しい商品をぐっと絞りやすくなりますよ。

軽量で耐久力のある「アルミ製」

軽量で耐久力のある「アルミ製」

出典:amazon.co.jp

アルミ製のテーブルは、軽量かつ耐久力に優れているのが特徴。折り畳みミニテーブルに求められる性能が備わった材質なので、非常に人気が高いです。価格も手ごろなものが多いので、デザインなどにこだわりがなければ、とりあえずアルミ製のものを選ぶことをおすすめします。

メッシュなど個性的なデザインの多い「スチール製」

メッシュなど個性的なデザインの多い「スチール製」

出典:amazon.co.jp

スチール製のテーブルは、熱に強いというのが大きなメリット。火にかけた状態のダッチオーブンやスキレットを直接乗せても、天板が曲がってしまうなどといったリスクがありません。

ただ他の材質に比べてかなり重量があるので、頻繁に持ち運びたい場合には不向きです。天板にメッシュ加工を施したものならば多少軽量にはなりますが、ソロキャンプなどとにかく荷物を減らしたい状況では避けた方が良いでしょう。

ナチュラルな風合いが魅力の「木製」

ナチュラルな風合いが魅力の「木製」

出典:amazon.co.jp

木製や竹製といった天然素材のテーブルは、なにより自然になじむナチュラルな風合いが魅力。しかし逆に言えば、それ以外に特筆すべきメリットもありません。耐久性・重量・コスト、どれをとっても他に優秀な材質があるので、あえて選ぶ必要はないでしょう。ただ手間のかかる材質だからこそ愛着が沸くということもあるので、気になる方は一度試してみると良いかもしれません。

低コストながら多機能な物が多い「プラスチック製」

低コストながら多機能な物が多い「プラスチック製」

出典:amazon.co.jp

プラスチック製のテーブルは低コストでありながら、カップホルダー付きなど機能性に富んだ商品が多いです。デザイン的に遊び心のあるものも多く、中にはキャラクターがプリントされたテーブルなどもあります。ただ他の材質に比べるとどうしても耐久力は劣るので、本格的なキャンプにはあまり向きません。

高さは30cm前後を目安に、調節機能が付いているとより便利

高さは30cm前後を目安に、調節機能が付いているとより便利

出典:amazon.co.jp

折り畳みミニテーブルには、主に2種類の高さのものがあります。1つは、座った状態で使いやすいロースタイルのテーブル。大体20~30㎝程度のものが多く、折り畳みミニテーブルと呼べる商品の大半がこの高さで、主にテントの中などで使用するならばこのタイプがおすすめです。

そしてもう1つは、ロースタイルよりも少しだけ高い40cm程度のもの。こちらはローチェアーなどと組み合わせて使うのが前提となっていて、単体では使いづらいので選ぶ際は注意が必要です。中にはジョイントパイプなどで高さを段階に分けて調節できるものもあるので、こうした機能が付いたものを選ぶとより汎用性が高まります。

収納や持ち運びに困らないサイズを選ぶ

収納や持ち運びに困らないサイズを選ぶ

出典:amazon.co.jp

折り畳みミニテーブルは基本的にメインで使うものではないので、使いたいときにサッと出せる手軽さと、使わないときにきちんと収納しておけるコンパクトさが重要です。使用時のサイズはもちろん、収納時のサイズもしっかりチェックしてください。

ただし小さければ良いというものでもなく、最低限置きたいものが置けるだけのサイズがなければいけません。特にツーリングなどでソロキャンプをする場合には、ある程度メインテーブルとしての機能も求められます。ドリンクや食事だけでなく、ランタンなどの明りも置けるぐらいの大きさを想定しておきましょう。

安定感のないテーブルは危険!耐荷重もチェック

安定感のないテーブルは危険!耐荷重もチェック

出典:amazon.co.jp

安定感の悪いテーブルは使い勝手が良くないばかりか、一部の脚に荷重がかかってしまうため危険です。安定感や安全性を判断する目安として、まずは耐荷重をチェックしておきましょう。ちょっとしたドリンクを置くだけならばそこまで耐荷重は必要ありませんが、不意に手をかけてしまうことなどを考えると、できるだけ頑丈なものの方が安心感があります。

また、極端に安価な商品などは作りが悪く脚ががたついてしまう可能性も。この辺りは実際に使用してから気づいたのでは遅いので、口コミなどを参考にできるだけチェックしておきましょう。

組み立てやすさも忘れずに確認

組み立てやすさも忘れずに確認

出典:amazon.co.jp

折り畳みミニテーブル、と一口に言っても、その組み立て方・折り畳み方は商品によっていろいろ。天板と脚が一体構造になったものが主流ですが、中には天板と脚部が独立していて使用の度に組み立てなければならないものもあります。

こうしたタイプは収納サイズがコンパクトになる一方でいざというときに出し辛く、ミニテーブルの本来の目的からするとやや使い勝手が悪いです。折り畳みミニテーブルは気軽に使えてこそのアイテムなので、組み立てや収納にかかる手間などもしっかり確認しておきましょう。

折り畳みミニテーブルのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ランキング形式でおすすめの人気商品をご紹介していきます。ここまで解説した選び方のポイントを踏まえてご覧ください。
10位

キャプテンスタッグパークテーブル

3,481円 (税込)

使用時サイズW59×D53×H27cm
収納時サイズW59×D53×H6cm
材質天然木
重量2.7㎏
耐荷重10kg
9位
使用時サイズW60×D40×H39cm
収納時サイズW41×D11×H11cm
材質-
重量610g(バック込み670g)
耐荷重50kg
8位

テントファクトリースチールワークFDテーブル450

TF-WLSW-FD450

4,320円 (税込)

使用時サイズW45×D45×H26cm
収納時サイズ-
材質スチール
重量2.8kg
耐荷重20kg
7位

ノースイーグルバタフライレジャーテーブル

NE1383

980円 (税込)

使用時サイズW60.7×D55.1×H23cm
収納時サイズW55.1×D31×H6cm
材質ポリプロピレン
重量1.13kg
耐荷重-
6位
使用時サイズW61×D41×H27cm
収納時サイズW31×D41×H4cm
材質天板/メラミン加工合板・フレーム/アルミ
重量1.6kg
耐荷重30kg
5位
折り畳みミニテーブル ノースイーグル ミニテーブルNeo
出典:amazon.co.jp

ノースイーグルミニテーブルNeo

NE395

1,960円 (税込)

使用時サイズW60×D40.5×H24cm
収納時サイズW60×D40.5×H3cm
材質天板/プリントベニア合板・フレーム/アルミ
重量1.6kg
耐荷重-
4位
折り畳みミニテーブル クイックキャンプ 3つ折りミニテーブル
出典:amazon.co.jp

クイックキャンプ3つ折りミニテーブル

QC-3FT90

2,980円 (税込)

使用時サイズW90×D40×H27cm(ハイスタイル時H34.5cm)
収納時サイズW40×D30×H6.7cm
材質天板/メラミン加工MDF耐熱板・フレーム/アルミ
重量1.8kg
耐荷重5kg
3位

ソトミニポップアップテーブル フィールドホッパー

ST-630

4,800円 (税込)

使用時サイズW29.7×D21×H7.8cm
収納時サイズW29.7×D11×H1.9cm
材質天板/アルミ・脚部/ステンレス
重量395g
耐荷重3kg
2位

キャプテンスタッグアルミツーウェイサイドテーブル

UC-513

3,050円 (税込)

使用時サイズW60×D45×H27cm(ジョイントパイプ使用時H60cm)
収納時サイズW60×D45×H4cm
材質天板/合成樹脂化粧合板・フレーム/アルミ
重量2.3kg
耐荷重-
1位

キャプテンスタッグアルミロールテーブル

UC-520

2,490円 (税込)

使用時サイズW40×D29×H12cm
収納時サイズW40×D6×H7cm
材質天板/アルミ・脚部/鉄
重量700g
耐荷重30kg

おすすめ人気 折り畳みミニテーブルの比較一覧表

商品画像
1
折り畳みミニテーブル キャプテンスタッグ アルミロールテーブル

キャプテンスタッグ

2
折り畳みミニテーブル キャプテンスタッグ アルミツーウェイサイドテーブル

キャプテンスタッグ

3
折り畳みミニテーブル ソト ミニポップアップテーブル フィールドホッパー

ソト

4
折り畳みミニテーブル クイックキャンプ 3つ折りミニテーブル

クイックキャンプ

5
折り畳みミニテーブル ノースイーグル ミニテーブルNeo

ノースイーグル

6
折り畳みミニテーブル MOJI 折りたたみテーブル

MOJI

7
折り畳みミニテーブル ノースイーグル バタフライレジャーテーブル

ノースイーグル

8
折り畳みミニテーブル テントファクトリー スチールワークFDテーブル450

テントファクトリー

9
折り畳みミニテーブル ヘリノックス テーブルワン

ヘリノックス

10
折り畳みミニテーブル キャプテンスタッグ パークテーブル

キャプテンスタッグ

商品名

アルミロールテーブル

アルミツーウェイサイドテーブル

ミニポップアップテーブル フィールドホッパー

3つ折りミニテーブル

ミニテーブルNeo

折りたたみテーブル

バタフライレジャーテーブル

スチールワークFDテーブル450

テーブルワン

パークテーブル

特徴軽量性・耐久性共に申し分なし、迷ったらコレ!ジョイントパイプで微調整可能、不安定な場所でも安定性を確保組み立て簡単、ソロキャンプで重宝する超軽量タイプ珍しい横長サイズ、ハイスタイルにも対応できる持ち手付きで持ち運びやすく、フラット天板だから手入れも簡単天板まで折り畳めてコンパクトに収納できる機能性バツグン、花見・運動会・ピクニックなどレジャーに焚き火をするときの補助テーブルとしても活躍できるドリンクホルダー付きのミドルサイズ、チェアと合わせてシンプルなデザインと構造で使いやすい、家庭用にもおすすめ
価格2,490円(税込)3,050円(税込)4,800円(税込)2,980円(税込)1,960円(税込)1,880円(税込)980円(税込)4,320円(税込)13,377円(税込)3,481円(税込)
使用時サイズW40×D29×H12cmW60×D45×H27cm(ジョイントパイプ使用時H60cm)W29.7×D21×H7.8cmW90×D40×H27cm(ハイスタイル時H34.5cm)W60×D40.5×H24cmW61×D41×H27cmW60.7×D55.1×H23cmW45×D45×H26cmW60×D40×H39cmW59×D53×H27cm
収納時サイズW40×D6×H7cmW60×D45×H4cmW29.7×D11×H1.9cmW40×D30×H6.7cmW60×D40.5×H3cmW31×D41×H4cmW55.1×D31×H6cm-W41×D11×H11cmW59×D53×H6cm
材質天板/アルミ・脚部/鉄天板/合成樹脂化粧合板・フレーム/アルミ天板/アルミ・脚部/ステンレス天板/メラミン加工MDF耐熱板・フレーム/アルミ天板/プリントベニア合板・フレーム/アルミ天板/メラミン加工合板・フレーム/アルミポリプロピレンスチール-天然木
重量700g2.3kg395g1.8kg1.6kg1.6kg1.13kg2.8kg610g(バック込み670g)2.7㎏
耐荷重30kg-3kg5kg-30kg-20kg50kg10kg
商品リンク

椅子とセットで使ってアウトドアをもっと快適に!

折り畳みミニテーブルを最大限効果的に使うなら、やっぱりローチェアも用意しておきたいところ。下記記事ではローチェアも含めて30選のおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?ランキング結果は参考になりましたでしょうか。店頭で購入する場合は、実際に高さや大きさ、重さなどを確認してからにすると失敗が少なくなります。通販での購入は商品を実際に見ることができないため想像になりますが、なるべく詳細を調べてから買うようにしてくださいね。

折りたたむ部分の耐久性についても確認しておくと、予想外に早く壊れてしまった…といったことが回避できますよ。折りたたみミニテーブルを使って、楽しいアウトドアライフを過ごしましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事