• 焚き火用テーブルのおすすめ人気ランキング10選【ユニフレーム・コールマンなど】のアイキャッチ画像1枚目
  • 焚き火用テーブルのおすすめ人気ランキング10選【ユニフレーム・コールマンなど】のアイキャッチ画像2枚目
  • 焚き火用テーブルのおすすめ人気ランキング10選【ユニフレーム・コールマンなど】のアイキャッチ画像3枚目
  • 焚き火用テーブルのおすすめ人気ランキング10選【ユニフレーム・コールマンなど】のアイキャッチ画像4枚目
  • 焚き火用テーブルのおすすめ人気ランキング10選【ユニフレーム・コールマンなど】のアイキャッチ画像5枚目

焚き火用テーブルのおすすめ人気ランキング10選【ユニフレーム・コールマンなど】

キャンプやバーベキューで焚火を囲むのに最適な「焚火用テーブル」。皆で火を囲んだり、焚き火を使って調理するのに便利なアイテムです。各アウトドアブランドやメーカーから、タイプや大きさ、材質の異なるものが販売されていますが、どんなものを選んだら、自分にぴったりのものが見つかるのでしょう?

今回は焚き火用テーブルの選び方のポイントを説明してから、Amazonなどの通販で買える人気商品をおすすめ順にランキング形式でご紹介します。安い入門モデルからおしゃれな囲炉裏タイプなど色々な商品が登場。お気に入りを選んでアウトドアをより楽しんじゃいましょう!

この記事に登場する専門家

Campout!?
佐藤貴幸
  • 最終更新日:2018年12月05日
  • 53,526  views
目次

焚き火用テーブルの選び方

最適な焚き火用テーブルを選ぶために、チェックしておきたいポイントがいくつか存在します。まずは焚き火初心者でもわかりやすいよう、選び方のポイントを解説していきます。

火を囲む?それとも調理台として?用途に合わせてタイプを選ぶ

焚き火用テーブルには、焚き火を囲むタイプと、調理台として使えるタイプとがあります。まずは自分の用途に合わせてタイプを決めましょう。

囲炉裏タイプ:大勢で火を囲むならコレ!

囲炉裏タイプ:大勢で火を囲むならコレ!

出典:amazon.co.jp

くり抜かれたテーブルの中央に、焚き火台やバーベキューコンロ、トライポッドなどを設置して使うのなら、囲炉裏タイプを選びましょう。みんなで火を囲むことができ、暖をとったり、調理しながら食事をしたりするのに最適です。

小さな子どもを火から遠ざける火傷ガードにもなり、ファミリーキャンプなどで安全に焚き火が楽しめるアイテムです。

調理台タイプ:焚き火をもっと楽しく!食材やアツアツの鍋も乗せられる

調理台タイプ:焚き火をもっと楽しく!食材やアツアツの鍋も乗せられる

出典:amazon.co.jp

焚き火の側で調理したり、食材を乗せたりするテーブルとして使うのなら、調理台タイプがおすすめ。耐熱天板を採用したものが多く、焚き火で加熱したダッチオーブンや鍋、ヤカンなどを直乗せできます

食材を切ったり盛りつけたりするテーブルにもなれば、天板だけを外して鍋敷きのように使えるものもありますよ。囲炉裏タイプよりコンパクトで、キャンプなどのアウトドアでは1台あるととても便利です。

お手入れしやすさや見た目も考えて、「天板の材質」を選ぶ

焚き火用テーブルの天板には、主にステンレス・スチール・木製の3つの材質が使われています。まずはそれぞれの特徴を押さえて、自分に合うものを選びましょう。

「ステンレス製」は軽量でお手入れ簡単、初心者にもおすすめ!

「ステンレス製」は軽量でお手入れ簡単、初心者にもおすすめ!

出典:amazon.co.jp

錆びや汚れに強く、お手入れがしやすいステンレス製は、初心者にもおすすめのタイプです。軽量なのでセッティングしやすく、また持ち運びやすいというメリットもあります。一度購入すれば、わずかなお手入れだけで長持ちしてくれるので、初めての1台には最適でしょう。


調理台タイプも、ステンレス素材を使ったものが主流です。

スタイリッシュなのに価格が手ごろな「スチール製」

スタイリッシュなのに価格が手ごろな「スチール製」

出典:amazon.co.jp

価格重視でチョイスするのなら、スチール製が最適です。ステンレス製や木製に比べると半額~2/3くらいで手に入れられるのが魅力。脚部までずっしりと重いためグラつきにくく、火の回りで使っても安全です。ダークカラーのものが多く、スタイリッシュで落ち着いた雰囲気がありますよ。

ただ、錆びやすいところがやや残念。また天板が網目状になっているものでも、それなりに重さがあります。オートキャンプや自宅庭での使用にはぴったりです。

周りと差がつく「木製」は、見た目重視の方に

周りと差がつく「木製」は、見た目重視の方に

出典:amazon.co.jp

温もりがあり、焚き火の雰囲気をさらにアップさせてくれるのが木製の焚き火用テーブル。見た目を重視する方におすすめです。金属にはないナチュラルテイストが何よりの魅力で、キャンプ場なでは一目置かるかもしれません。


難点は、ススなどの汚れが付きやすく、お手入れがしにくいところ。また重たいので、こちらも持ち運びには少々不便さが感じられます。しかしながらおしゃれにアウトドアを満喫できるため、インスタグラムなどでも大人気となっています。

ベンチやテーブルになるタイプも!便利機能にも注目して

ベンチやテーブルになるタイプも!便利機能にも注目して

出典:amazon.co.jp

囲炉裏タイプには、焚き火台やバーベキューグリルを囲む以外にも、便利に使える機能を持ったものがたくさんあります。同じ価格帯やサイズで悩んだら、機能面で比べてみるのがおすすめです。

例えば、くり抜かれた部分を塞いでアウトドアテーブルとして使えるモデルもあります。また折りたたんでコンパクトにできるもの・分割してベンチ&テーブルとして使えるものなど、各メーカーが工夫を凝らしています。こうした使い勝手の良さも忘れずに確かめておきましょう。

収納時の大きさは?持ち運びやすいことも大切

収納時の大きさは?持ち運びやすいことも大切

出典:amazon.co.jp

保管や持ち運びが簡単にできるよう、収納時の大きさもチェックしておきましょう。セッティングや撤収に時間はかかりますが、脚と天板をバラせるものなら、コンパクトにまとまります。折りたたみ式はコンパクトさには欠けますが、素早く設営したり撤収したりできますよ。


また大きさと合わせて、無理なく持てることも大切。特にスチール製と木製は10kg以上あるものも多いですから、重さも確かめておいてくださいね。

テーブルのサイズを確かめて、焚き火台と相性のいいものを選ぶ

囲炉裏タイプは、お手持ちの焚き火台との相性も大切です。焚き火台と焚き火用テーブルのサイズが合っていないと、火までの距離が近すぎたり遠すぎたりして使いにくくなってしまいます。焚き火台に合わせて、テーブルの内寸と高さをチェックしていきましょう。

テーブル開口部の内寸は、焚き火台より一回り大きなものを

テーブル開口部の内寸は、焚き火台より一回り大きなものを

出典:amazon.co.jp

囲炉裏タイプの焚き火用テーブルは、中央が四角くくり抜かれています。ここに焚き火台が入らなければ使うことができませんし、大き過ぎると使いにくくなってしまいます。焚き火台の大きさを確かめて、それより一回りほど大きなものを選ぶようにしましょう。

またバーベキューグリルも使うという方は、グリルの大きさに合わせることも忘れずに。サイズを確かめて、焚き火台やグリルにぴったりのものを選んでくださいね。

テーブルの「高さ」も焚き火台に合わせて

テーブルの「高さ」も焚き火台に合わせて

出典:amazon.co.jp

内寸だけでなく、高さも焚き火台と合っていることが大切です。焚き火台より高すぎたり低すぎたりしないものを選ぶようにしましょう。ほとんどのテーブル・焚き火台は25~35cmくらいの高さですので、この数字を目安にしてください。

お手持ちの焚き火台とバーベキューグリルの高さが大きく違う場合は、脚の長さ調節ができるテーブルを選ぶのも1つの手です。40cmほどの高さにできれば、アウトドア用のローチェアやベンチと組み合わせて食事もしやすいですよ。

プロの愛用するおすすめの焚き火用テーブル

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの焚き火用テーブルをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、あなたのアウトドアシーンに合う焚き火用テーブルを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
ユニフレーム 焚き火テーブル  1枚目
出典:amazon.co.jp

ユニフレーム焚き火テーブル

682104

7,500円 (税込)

専門家の
マイベスト

ユニフレーム焚き火テーブル

682104

7,500円 (税込)

焚き火テーブルの人気ランキング10選

ここからは、おすすめの焚き火用テーブルをランキングでご紹介していきたいと思います。色々な種類の商品をご紹介しますので、あなたの使い方にあった商品を見つけてくださいね!

10位
焚き火
テーブル ロゴス ウッド囲炉裏テーブルEVO 1枚目
出典:amazon.co.jp

ロゴスウッド囲炉裏テーブルEVO

81064124

29,160円 (税込)

タイプ囲炉裏タイプ
天板の材質木製
便利機能折りたたみ式
収納時の大きさ920×160×160mm
重さ約10.9kg
開口部の内寸620×620mm
テーブルのサイズ920×920×270(h)mm
9位
タイプ調理台タイプ
天板の材質ステンレススチール製
便利機能鍋敷きとして使える・折りたたみ式
収納時の大きさ510×350×25mm
重さ約2.1kg
開口部の内寸-
テーブルのサイズ510×350×360(h)mm
8位
焚き火
テーブル コールマン ファイアープレーステーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

コールマンファイアープレーステーブル

10397

10,578円 (税込)

タイプ囲炉裏タイプ
天板の材質ステンレス製
便利機能ミニテーブルとして使える・折りたたみ式
収納時の大きさ1000×170×110mm
重さ約6kg
開口部の内寸記載なし
テーブルのサイズ1000×1000×270(h)mm
7位
焚き火
テーブル キャプテンスタッグ ファイアグリル テーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

キャプテンスタッグファイアグリル テーブル

M-6420

4,611円 (税込)

タイプ囲炉裏タイプ
天板の材質鋼製
便利機能折りたたみ式
収納時の大きさ650×450×75mm
重さ約4.8kg
開口部の内寸540×430mm
テーブルのサイズ910×650×260(h)mm
6位
焚き火
テーブル ロゴス(LOGOS) 囲炉裏テーブルLIGHT-L  1枚目
出典:amazon.co.jp

ロゴス(LOGOS)囲炉裏テーブルLIGHT-L

12,900円 (税込)

タイプ囲炉裏タイプ
天板の材質スチール製
便利機能なし
収納時の大きさ770×130×160mm
重さ約6.1kg
開口部の内寸460×460mm
テーブルのサイズ765×765×270(h)mm
5位
焚き火
テーブル キャンパーズコレクション タフライトファイアープレイステーブル  1枚目
出典:amazon.co.jp

キャンパーズコレクションタフライトファイアープレイステーブル

TLFT-100(MBK)

14,376円 (税込)

タイプ囲炉裏タイプ
天板の材質スチール製
便利機能テーブル・ベンチとして使える
収納時の大きさ記載なし
重さ5kg
開口部の内寸670×670mm
テーブルのサイズ1000×1150×270(h)mm
4位
焚き火
テーブル ユニフレーム 焚き火テーブル  1枚目
出典:amazon.co.jp

ユニフレーム焚き火テーブル

682104

7,500円 (税込)

タイプ調理台タイプ
天板の材質ステンレス製
便利機能鍋敷として使える・折りたたみ式
収納時の大きさ550×350×25mm
重さ2.8kg
開口部の内寸-
テーブルのサイズ550×350×370(h)mm
3位
焚き火
テーブル キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

キャンパーズコレクションファイアープレイステーブル

FPT-100

9,900円 (税込)

タイプ囲炉裏タイプ
天板の材質アルミ製
便利機能テーブルやベンチとして使える・折りたたみ式
収納時の大きさ1000×250mm
重さ約7kg
開口部の内寸650×650mm
テーブルのサイズ1000×1150×270(h)mm
2位
焚き火
テーブル 尾上製作所 マルチファイアテーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

尾上製作所マルチファイアテーブル

MT-8317

6,863円 (税込)

タイプ囲炉裏タイプ
天板の材質スチール製
便利機能テーブルとしても使える・テーブル脚折りたたみ式
収納時の大きさ830×170×100mm
重さ約9kg
開口部の内寸約660×660mm
テーブルのサイズ1000×1000×270(h)mm
1位
焚き火
テーブル スノーピーク(snow peak) ジカロテーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

スノーピーク(snow peak)ジカロテーブル

32,184円 (税込)

タイプ囲炉裏タイプ
天板の材質ステンレス製
便利機能配置変更可能・脚と天板は分割式
収納時の大きさ745×170×400mm
重さ10.5kg
開口部の内寸600×600mm
テーブルのサイズ1120×1120×400(h)mm

人気 焚き火テーブルの比較一覧表

商品画像
1
焚き火
テーブル スノーピーク(snow peak) ジカロテーブル 1枚目

スノーピーク(snow peak)

2
焚き火
テーブル 尾上製作所 マルチファイアテーブル 1枚目

尾上製作所

3
焚き火
テーブル キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル 1枚目

キャンパーズコレクション

4
焚き火
テーブル ユニフレーム 焚き火テーブル  1枚目

ユニフレーム

5
焚き火
テーブル キャンパーズコレクション タフライトファイアープレイステーブル  1枚目

キャンパーズコレクション

6
焚き火
テーブル ロゴス(LOGOS) 囲炉裏テーブルLIGHT-L  1枚目

ロゴス(LOGOS)

7
焚き火
テーブル キャプテンスタッグ ファイアグリル テーブル 1枚目

キャプテンスタッグ

8
焚き火
テーブル コールマン ファイアープレーステーブル 1枚目

コールマン

9
焚き火
テーブル MYCARBON 焚き火テーブル 1枚目

MYCARBON

10
焚き火
テーブル ロゴス ウッド囲炉裏テーブルEVO 1枚目

ロゴス

商品名

ジカロテーブル

マルチファイアテーブル

ファイアープレイステーブル

焚き火テーブル

タフライトファイアープレイステーブル

囲炉裏テーブルLIGHT-L

ファイアグリル テーブル

ファイアープレーステーブル

焚き火テーブル

ウッド囲炉裏テーブルEVO

特徴どんなシチュエーションにも対応できる拡張性自由に組み合わせられるテーブル!用途に合わせやすいこれ1つでベンチや物置台、テーブルにコンパクトで軽量、サイドテーブルに便利組み立て簡単でテーブルにもベンチにもなるクアトロポッドの設置もOK。和風の楽しみ方も初心者にも最適、簡易式だけど便利!軽くて使い勝手の良いアイテム耐熱150℃!アツアツの鍋も置ける木ならではの温かみが魅力。おしゃれなアウトドアを演出
価格32,184円(税込)6,863円(税込)9,900円(税込)7,500円(税込)14,376円(税込)12,900円(税込)4,611円(税込)10,578円(税込)4,877円(税込)29,160円(税込)
タイプ囲炉裏タイプ囲炉裏タイプ囲炉裏タイプ調理台タイプ囲炉裏タイプ囲炉裏タイプ囲炉裏タイプ囲炉裏タイプ調理台タイプ囲炉裏タイプ
天板の材質ステンレス製スチール製アルミ製ステンレス製スチール製スチール製鋼製ステンレス製ステンレススチール製木製
便利機能配置変更可能・脚と天板は分割式テーブルとしても使える・テーブル脚折りたたみ式テーブルやベンチとして使える・折りたたみ式鍋敷として使える・折りたたみ式テーブル・ベンチとして使えるなし折りたたみ式ミニテーブルとして使える・折りたたみ式鍋敷きとして使える・折りたたみ式折りたたみ式
収納時の大きさ745×170×400mm830×170×100mm1000×250mm550×350×25mm記載なし770×130×160mm650×450×75mm1000×170×110mm510×350×25mm920×160×160mm
重さ10.5kg約9kg約7kg2.8kg5kg約6.1kg約4.8kg約6kg約2.1kg約10.9kg
開口部の内寸600×600mm約660×660mm650×650mm-670×670mm460×460mm540×430mm記載なし-620×620mm
テーブルのサイズ1120×1120×400(h)mm1000×1000×270(h)mm1000×1150×270(h)mm550×350×370(h)mm1000×1150×270(h)mm765×765×270(h)mm910×650×260(h)mm1000×1000×270(h)mm510×350×360(h)mm920×920×270(h)mm
商品リンク

焚き火の際に便利なアイテムはこちらから

焚き火を楽しむためには、焚き火台やトライポッド、焚き火用グローブなどもあると便利。これらを揃えれば、ますますアウトドアシーンを充実させられることでしょう。ぜひ、以下の記事も一緒にチェックしてくださいね。

焚き火用テーブルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、焚き火用テーブルのAmazonの売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

おすすめの焚き火テーブルをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。どの商品も魅力的で、今すぐキャンプに行って焚き火をしたくなってしまいますよね。

みんなでおしゃべりを楽しみながらリラックスできる焚き火。そんな焚き火をもっと楽しく快適にするためにも、あなたのスタイルに合った一品をぜひ見つけてくださいね♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す