1. TOP
  2. >
  3. アウトドア
  4. >
  5. アウトドアチェア・ベンチ
  6. >
  7. 【徹底比較】軽量アウトドアチェアのおすすめ人気ランキング16選【2020年最新版】
【徹底比較】軽量アウトドアチェアのおすすめ人気ランキング16選【2020年最新版】

【徹底比較】軽量アウトドアチェアのおすすめ人気ランキング16選【2020年最新版】

登山やツーリングなど、できるだけ荷物を減らしたいときに活躍する軽量アウトドアチェア。ヘリノックスやコールマンなど多くのメーカーから販売されており、デザインやサイズもさまざまで、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の軽量アウトドアチェア16商品を比較して、最もおすすめの軽量アウトドアチェアを決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. 座り心地
  2. 携行性
  3. 組み立てやすさ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?軽量アウトドアチェアの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年09月08日更新
  • 69,280 views

検証のポイント

売れ筋の軽量アウトドアチェア16商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 座り心地

    検証① 座り心地

    軽量アウトドアチェアといえども、座り心地も重視したいですよね。そこで実際に、mybest編集部の男女3人が座って、安定性・立ち上がりやすさ・フィット感の3つの観点から、総合的な座り心地を評価しました。

  • 携行性

    検証② 携行性

    ほかのアウトドアチェアと比べてもコンパクトな商品が多い軽量アウトドアチェアですが、より小さくて軽いものを選びたいですよね。そこで、mybest編集部の男女3人が実際にザックに入れてみて、コンパクトさ・軽さのふたつの観点から総合的な携行性を評価しました。

  • 組み立てやすさ

    検証③ 組み立てやすさ

    組み立てが必要なものもある軽量アウトドアチェアですが、できるだけ手間をかけずに早く組み立てたいですよね。そこで実際に、mybest編集部の男女3人が組み立てを行い、簡単に組み立てられるかどうかを評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    軽量アウトドアチェアの選び方

    軽量アウトドアチェアの選び方

    軽量アウトドアチェアを選ぶ際に必ずチェックしておきたい3つのポイントをご紹介します。今回はアウトドアコンサルタントである小清水哲郎さんに、軽量アウトドアチェアの選び方について取材しました。


    <アウトドアコンサルタント 小清水哲郎さん>

    Wilderness Risk Management Japan理事・日本アウトドアネットワーク会員。アウトドアコンサルタントとして、新規事業のアウトドアコンテンツデザイン、事業のアウトドア化やキャンプのソフト・ハードコンテンツの企画・開発から、チームビルディング・教育研修を展開。アウトドアギアの商品テストや、自治体の青少年育成事業の講師などもつとめる。


    ※ランキングに掲載している商品は専門家が選定したものではなく、編集部が独自に集計・ランキングづけしたものです。

    ① 重量は1kgを目安に選ぼう

    重量は1kgを目安に選ぼう

    背もたれとひじ掛けがついた標準的なアウトドアチェアは、重量が2kg程度からそれ以上のものが多く、サイズに応じて重量が増していきます。一方で、軽量アウトドアチェアはほとんどの商品が1kg程度と考えてよいでしょう。


    重量はサイズや構造に左右されるため、軽すぎるものはサイズが極端に小さい場合もあります。組み立てたときのサイズを確認しながら、1kg以下の商品を選ぶとよいでしょう。

    小清水哲郎
    アウトドアコンサルタント
    小清水哲郎さんのコメント

    背もたれつきで1kg未満の軽量アウトドアチェアは、どこにでも持ち運べて、座れることを考えれば、買って損することはまずありませんよ。別売りで、冬用のシートウォーマーを取りつけられるタイプのチェアもあるので、冬期の使用も考えている方はチェックしましょう。

    ② 使用するシーンに合わせて背もたれの有無を考えよう

    使用したいシーンによって、背もたれの必要性は変わります。自分がどのような用途で使用したいのかを考えたうえで、適した軽量アウトドアチェアを選びましょう。

    フェスやレジャーでゆったり座るなら背もたれあり

    フェスやレジャーでゆったり座るなら背もたれあり

    野外フェスや屋外レジャーなど、ゆったり座っていたいなら背もたれありのタイプが適しています。


    このタイプの軽量アウトドアチェアは、一枚布とフレームを組み合わせるタイプが多いため、すっぽりと包み込まれるようなフィット感が得られます。

    ちょっとした待ち時間に使うなら背もたれなし

    ちょっとした待ち時間に使うなら背もたれなし

    イベントの行列に並んでいる間など、短時間だけ座るという方には背もたれなしのタイプが最適でしょう。


    このタイプは組み立て不要で手早く折りたためる商品が多いので、撤収に時間がかかりません。また、非常に軽量でコンパクトにおさまることから、軽量アウトドアチェアのなかでもとくに携行性に優れています。

    小清水哲郎
    アウトドアコンサルタント
    小清水哲郎さんのコメント

    登山や野営などで使いたいが、極限まで荷物を減らしたいなら、このタイプの軽量アウトドアチェアが最適です。300gほどの軽さのものもあり、持ち運びの負担を軽減できますよ。

    ③ 耐荷重をチェックしよう

    耐荷重をチェックしよう

    軽量アウトドアチェアの耐荷重は、商品によって60~150kgと大きく差があります。そのため、事前に確認して耐荷重に余裕のある商品を選びましょう。


    ただし、耐荷重が大きくなればなるほどフレームが太くなり、重くなる傾向があるので、軽さとのバランスも考えて選びましょう。

    小清水哲郎
    アウトドアコンサルタント
    小清水哲郎さんのコメント

    耐荷重は、座面にかかる重さです。飛び乗ったりすると、瞬間的にそれ以上の加重がかかるため、破損することがあります。そのため、軽量アウトドアチェアでも、できる限り耐荷重の高い商品を選ぶとよいでしょう。

    売れ筋の人気軽量アウトドアチェア全16商品を徹底比較!

    軽量アウトドアチェアの検証

    今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の軽量アウトドアチェア16商品をすべて集めて、どれが最もおすすめなのかを検証しました。


    具体的な検証内容は以下のとおりです。

    検証①:座り心地

    検証②:携行性

    検証③:組み立てやすさ


    なお、今回の検証では、携行性もさることながら、軽量アウトドアチェアを選ぶうえで重視したい座り心地の評価を重視してランキングを作成しました。


    ※ランキング作成日:2020年6月26日

    今回検証した商品

    1. ALITE|ALITE モナークチェア
    2. ALITE|ALITE マンティスチェア 2.0
    3. DAC|Helinox タクティカルチェア ミニ
    4. DesertFox|DesertFox アウトドアチェア
    5. Helinox|グラウンドチェア
    6. KVASS(クワス)|KVASS(クワス)アウトドアチェア
    7. エイアンドエフ|チェアワン
    8. エイアンドエフ|Helinox チェアホーム ミニ
    9. キャプテンスタッグ|CAPTAIN STAG トレッカー マイクロイージーチェア
    10. キャプテンスタッグ|CAPTAIN STAG CS 三脚チェア
    11. キャプテンスタッグ|CAPTAIN STAG CS レジャーチェア(中)
    12. クローバー|FIELDOOR ポータブルチェア
    13. コールマンジャパン|Coleman リーフィーチェア
    14. コールマンジャパン|Coleman コンパクトトレッキングスツール
    15. ロゴスコーポレーション|LOGOS 7075キュービックチェア-AF
    16. 東日本貿易|PONCOTAN アウトドアチェア

    検証① 座り心地

    座り心地

    軽量アウトドアチェアといえども、座り心地も重視したいですよね。


    そこで実際に、mybest編集部の男女3人が座って、安定性・立ち上がりやすさ・フィット感の3つの観点から、総合的な座り心地を評価しました。

    【検証結果ハイライト】全体を包み込んでくれる、背もたれと座面がつながっているものがベスト

    【検証結果ハイライト】全体を包み込んでくれる、背もたれと座面がつながっているものがベスト

    包み込まれるようなフィット感が得られることから、背もたれから座面までが一枚布である、組み立て式のチェアが非常に座りやすいことがわかりました。


    そのなかでも、座った際にお尻がより深く沈みこみ、身体にフィットする商品が座り心地に優れていました。折りたたみ式に比べてフレームの圧迫感も感じにくく、リラックスできる座り心地といえます。


    このあとに紹介するランキングでは、それぞれの商品の座り心地についても記載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

    検証② 携行性

    携行性

    ほかのアウトドアチェアと比べてもコンパクトな商品が多い軽量アウトドアチェアですが、より小さくて軽いものを選びたいですよね。


    そこで、mybest編集部の男女3人が実際にザックに入れてみて、コンパクトさ・軽さのふたつの観点から総合的な携行性を評価しました。

    【検証結果ハイライト】500mlペットボトルほどのサイズなら、45Lのザックにコンパクトに収まる

    【検証結果ハイライト】500mlペットボトルほどのサイズなら、45Lのザックにコンパクトに収まる

    収納時のサイズが、幅26×奥行9×高さ11cmほどの商品であれば、45Lのザックへとすっぽりと納まり、着替えやそのほかのアイテムを入れるだけのスペースも確保することができました。


    また、ペットボトルホルダーがついているザックなら、そこに差し込むことができるので、ザック内部のスペースを圧迫せずに持ち運ぶことも可能です。


    1泊2日の登山などにチェアを持っていきたいと考えている方は、上記のサイズを参考に選ぶとよいでしょう。

    検証③ 組み立てやすさ

    組み立てやすさ

    組み立てが必要なものもある軽量アウトドアチェアですが、できるだけ手間をかけずに早く組み立てたいですよね。


    そこで実際に、mybest編集部の男女3人が組み立てを行い、簡単に組み立てられるかどうかを評価しました。

    【検証結果ハイライト】組み立て式は完成形を要チェック。シートの上下の見分けがつきにくいものも…

    【検証結果ハイライト】組み立て式は完成形を要チェック。シートの上下の見分けがつきにくいものも…

    当然ながら、組み立て不要で使える折りたたみ式が高評価を得ました。すぐに使用したい方は折りたたみ式を選びましょう。


    また、組み立て式のなかには一見するとシートの上下がわかりづらい商品がありました。シートの上下を間違えたままフレームに取りつけると、破損やケガにつながる可能性も考えられます。組み立てる際にはシートの上下をしっかり確認しましょう。

    No.1
    ベストバイ・軽量アウトドアチェア
    座り心地No.1

    クローバーFIELDOOR ポータブルチェア

    3,960円(税込)

    総合評価

    3.54
    • 組み立てやすさ: 3.0
    • 座り心地: 4.2
    • 携行性: 1.8

    生地に適度なハリがあり、背もたれのフィット感は高水準

    クローバーの「ポータブルチェア TC」は、フレームに生地を取りつける手間があり、やや力を必要としましたが、組み立ての手順がわかりやすかったため、組み立てやすさは問題ないといえます。


    サイズも重量もあったため、携行性は伸び悩みましたが、身体がすっぽりとはまり、包み込まれるようなフィット感で快適に座ることができたため、座り心地は最高評価です。


    多少の携行性の悪さには目をつぶっても、座り心地には妥協したくないなら、一番の選択肢といえるでしょう。

    耐荷重100kg
    座面の高さ35cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ53×50×70cm
    収納時サイズ36.5×11×13cm
    重量1.0kg
    シートの素材ポリエステル
    フレームの素材超々ジュラルミン
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.2

    ALITEALITE マンティスチェア 2.0

    TED235985

    42,060円(税込)

    総合評価

    3.44
    • 組み立てやすさ: 3.2
    • 座り心地: 3.5
    • 携行性: 3.3

    ワイドな生地でゆとりがある。大柄な人でも座りやすい

    ALITEの「マンティスチェア」は、座面が低いため、立ち上がりやすさには欠けました。しかし、幅広でゆとりのある生地が身体にフィットし、座り心地は優れているといえます。


    布の取りつけには力が必要でしたが、フレームは直感的に組み立てることが可能でした。また、サイズはごく一般的でしたが、本体が軽かったため、それほど負担とならずに持ち運びができるといえるでしょう。


    そのうえ、フレームの圧迫感がまったく感じられないため、スポーツ観戦や野外フェスなどの、長時間座るようなイベントに行く機会がある方には好適な商品でしょう。


    ※現在取り扱いのない商品です。

    耐荷重113kg
    座面の高さ20.3cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ73.7×54.6×55.9cm
    収納時サイズ26×14×14cm
    重量0.81kg
    シートの素材ナイロン
    フレームの素材アルミニウム
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.3

    Helinoxグラウンドチェア

    1822229

    12,650円(税込)

    総合評価

    3.34
    • 組み立てやすさ: 3.5
    • 座り心地: 3.2
    • 携行性: 3.7

    ザックにコンパクトに納まるため、持ち運びがしやすい

    DACの「グラウンドチェア」は、ほかの商品と比較して軽くはないものの、45Lのザックへの納まりが良好だったため、携行性に優れているといえるでしょう。


    また、特殊なフレーム形状のため、はじめは組み立て方に戸惑いますが、フレームを直感的に繋げるだけでよいので、組み立てやすさは平均を超える結果でした。


    さらに、お尻が沈み込むため立ち上がりにくいですが、すっぽりと包み込まれるフィット感は評価できます。キャンプや行楽でゆったりと足を伸ばしてくつろぎたい方は、候補になり得る商品でしょう。

    耐荷重120kg
    座面の高さ22cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ52×50×50cm
    収納時サイズ11×11×30cm
    重量0.64kg
    シートの素材ポリエステル、ナイロン
    フレームの素材アルミニウム
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.4

    DACHelinox タクティカルチェア ミニ

    19755001017001

    12,100円(税込)

    総合評価

    3.34
    • 組み立てやすさ: 3.2
    • 座り心地: 3.0
    • 携行性: 4.3

    500mlペットボトル並みにコンパクトにまとまる

    DACの「タクティカルチェア ミニ」は、収納時は500mlペットボトルほどまでコンパクトになり、45Lのザックに入れてもあまりスペースを占有しませんでした。


    さらに、組み立ての手間はかかりますが、フレームへの生地の取りつけは容易に行えました。また、姿勢を変えた際にやや揺れましたが、倒れることはなく、座り心地は平均に達しています。

    耐荷重90kg
    座面の高さ23cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ40×34×44cm
    収納時サイズ26×9×11cm
    重量0.56kg
    シートの素材ポリエステル、ナイロン
    フレームの素材アルミニウム合金
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.5
    組み立てやすさNo.1

    キャプテンスタッグCAPTAIN STAG トレッカー マイクロイージーチェア

    UC-1560

    1,333円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 組み立てやすさ: 5.0
    • 座り心地: 2.6
    • 携行性: 4.9

    非常に軽くて小型になり、ザックの隙間に差しこめる

    キャプテンスタッグの「トレッカー マイクロイージーチェア」は、組み立て不要ですぐに展開できます。一方で、お尻への圧迫感を強く感じたため、座り心地はよいとはいい難い結果でした。


    しかし、収納時は非常に軽量かつコンパクトなので、45Lのザックに入れても、ほかの荷物を入れるスペースを確保することができました。

    耐荷重60kg
    座面の高さ23cm
    収納方式収束式
    展開時サイズ20×20×23cm
    収納時サイズ6.5×6.5×29cm
    重量0.3kg
    シートの素材ポリエステル
    フレームの素材アルミニウム(アルマイト加工)
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.6

    キャプテンスタッグCAPTAIN STAG CS 三脚チェア

    M-3876

    600円(税込)

    総合評価

    3.23
    • 組み立てやすさ: 5.0
    • 座り心地: 3.4
    • 携行性: 2.4

    高さがあり携行性には乏しいが、労せずに組み立てられる

    キャプテンスタッグの「CS 三脚チェア」は、折りたたんだ状態でも高さがあることから、45Lのザックへの納まりは芳しくありませんでした。しかし、開くだけで使えるメリットもあります。


    安定性にはやや不安がありますが、お尻部分の生地にゆとりがあり、座った際にフレームの圧迫感をそれほど感じることなく座ることができました。

    耐荷重70kg
    座面の高さ40cm
    収納方式収束式
    展開時サイズ35×35×40cm
    収納時サイズ8×8×52cm
    重量1kg
    シートの素材ポリエステル
    フレームの素材鋼(エポキシ樹脂塗装)
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.7

    エイアンドエフHelinox チェアホーム ミニ

    11,880円(税込)

    総合評価

    3.16
    • 組み立てやすさ: 3.5
    • 座り心地: 2.9
    • 携行性: 3.8

    生地が硬めでフィットしづらいが、持ち運びに適している

    DACの「チェアホーム ミニ」は、生地がやや硬く、それほど身体にフィットしませんでした。一方で、重量も軽く小さくまとまり、携行性は悪くない印象です。


    組み立て式のためやや手間はかかるものの、生地の取りつけは楽だったため、組み立て式の軽量チェアのなかでは、比較的組み立てやすいといえます。

    耐荷重90kg
    座面の高さ23cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ40×34×44cm
    収納時サイズ28×8×17cm
    重量0.57kg
    シートの素材ポリエステル
    フレームの素材アルミニウム合金、樹脂
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.8

    エイアンドエフチェアワン

    11,550円(税込)

    総合評価

    3.12
    • 組み立てやすさ: 3.2
    • 座り心地: 3.4
    • 携行性: 2.3

    コンパクトとはいえないが、全身へのフィット感が良好

    DACの「チェアワン」は、サイズがやや大きく、45Lのザックへ入れた際にスペースをとってしまったため、携行性は奮わない結果でした。


    左右の揺れに弱い傾向がありましたが、適度なハリの生地が柔軟にフィットしたため、座り心地はまずまず。生地はやや取りつけづらいですが、フレームは直感的に組み立てられました。

    耐荷重145kg
    座面の高さ35cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ52×50×66cm
    収納時サイズ35×10×12cm
    重量0.96kg
    シートの素材ポリエステル、ナイロン
    フレームの素材アルミニウム
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.9

    コールマンジャパンColeman コンパクトトレッキングスツール

    1,980円(税込)

    総合評価

    3.10
    • 組み立てやすさ: 5.0
    • 座り心地: 2.5
    • 携行性: 4.4

    簡単操作で組み立てられるが、座り心地は及第点に至らず

    コールマンジャパンの「コンパクトトレッキングスツール」は、とくに力をいれずとも、開くだけで組み立てられました。


    さらに、45Lのザックにすっぽりと納まったので、持ち運びやすさには優れているといえるでしょう。しかし、フレームがお尻を圧迫する点が影響し、座り心地は芳しくありませんでした。

    耐荷重80kg
    座面の高さ26cm
    収納方式収束式
    展開時サイズ26×26×26cm
    収納時サイズ10×10×35cm
    重量0.375kg
    シートの素材ポリエステル
    フレームの素材アルミニウム
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.10

    DesertFoxDesertFox アウトドアチェア

    2,699円(税込)

    総合評価

    3.10
    • 組み立てやすさ: 3.0
    • 座り心地: 3.5
    • 携行性: 2.0

    ほどよい広さで包み込まれるが、重さがある点がネック

    DesertFoxの「アウトドアチェア」は、やや安定性に欠けるものの、座った際にゆとりを感じられたことから、座り心地は平均に達しました。


    さらに、フレームに生地を取りつける際に力が要るものの、直感的に組み立てられることができました。しかし重いため、それほど持ち運びには適していないでしょう。

    耐荷重150kg
    座面の高さ36cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ57×50×65cm
    収納時サイズ35×12×10cm
    重量0.997kg
    シートの素材800Dポリエステル
    フレームの素材アルミニウム合金
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.11

    ALITEALITE モナークチェア

    15,227円(税別)

    総合評価

    3.07
    • 組み立てやすさ: 2.7
    • 座り心地: 2.8
    • 携行性: 3.9

    持ち運びはしやすい商品。慣れないうちは安定しない

    ALITEの「モナークチェア」は、比較的コンパクトかつ軽量なため、携行性は高い商品といえるでしょう。しかし、フレームの形が独特で、シートも取りつけにくかったため、組み立てやすいとはいえませんでした。


    さらに、脚となる部分が2点のみのため、自分の脚でバランスを取る必要があります。上級者向けのチェアという印象を受けました。


    ※現在取り扱いのない商品です。

    耐荷重113kg
    座面の高さ18cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ59×55×43cm
    収納時サイズ30×11×11cm
    重量0.6kg
    シートの素材210Dリップストップナイロン
    フレームの素材7075アルミニウム
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.12

    コールマンジャパンColeman リーフィーチェア

    15,788円(税込)

    総合評価

    3.07
    • 組み立てやすさ: 2.3
    • 座り心地: 3.4
    • 携行性: 2.3

    力をいれないと、フレームに生地を取りつけられず…

    コールマンジャパンの「リーフィーチェア」は、前後のグラつきに弱い傾向が見られましたが、圧迫感を感じずに座ることができたため、座り心地はまずまず。


    一方で、あまりコンパクトにまとまらず、携行性の評価は伸び悩みました。さらに生地の取りつけにかなりの力を要したため、女性が組み立てるのは難しいかもしれません。


    ※現在取り扱いのない商品です。

    耐荷重100kg
    座面の高さ36cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ50×47×67cm
    収納時サイズ13×14×9cm
    重量0.98kg
    シートの素材ポリエステル
    フレームの素材超ジュラルミン
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.13
    携行性No.1

    ロゴスコーポレーションLOGOS 7075キュービックチェア-AF

    2,970円(税込)

    総合評価

    3.04
    • 組み立てやすさ: 5.0
    • 座り心地: 2.2
    • 携行性: 5.0

    フレームの圧迫感が、ダイレクトにお尻に伝わってくる

    ロゴスコーポレーションの「7075キュービックチェア-AF」は、非常に軽く、45Lのザックに余裕をもって納まりました。広げるだけで使えますが、座面が低かったため、立ち上がりにくさが目立ちました。


    そのうえ、座面が小さく、フレームの圧迫感が強かったことから、座り心地は及第点に届きませんでした。

    耐荷重100kg
    座面の高さ21cm
    収納方式収束式
    展開時サイズ20.5×20.5×21cm
    収納時サイズ6×5×27.5cm
    重量0.3kg
    シートの素材ポリエステル
    フレームの素材7075超々ジュラルミン
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.14

    KVASS(クワス)KVASS(クワス)アウトドアチェア

    1,550円(税込)

    総合評価

    3.04
    • 組み立てやすさ: 3.8
    • 座り心地: 2.5
    • 携行性: 4.4

    お尻に食い込む感じが目立つ。組み立てもわかりづらい

    KVASS(クワス)の「アウトドアチェア」は、コンパクトで軽いことから携行性は高評価。また、組み立てる際に脚部を伸ばすという点がわかりづらかったものの、組み立て自体は容易です。


    一方で、低いため立ち上がりにくく、お尻にフレームが食い込むのが目立ったことから、座り心地は大きく評価を落とす結果になりました。

    耐荷重80kg
    座面の高さ31cm
    収納方式収束式
    展開時サイズ31×28×28cm
    収納時サイズ26×6×6cm
    重量0.45kg
    シートの素材1680Dオックスフォード生地
    フレームの素材ステンレス鋼
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.15

    キャプテンスタッグCAPTAIN STAG CS レジャーチェア(中)

    M-3878

    490円(税込)

    総合評価

    2.98
    • 組み立てやすさ: 5.0
    • 座り心地: 2.9
    • 携行性: 2.8

    ザックへの納まりが悪く、背もたれ部分の圧迫感も目立つ

    キャプテンスタッグの「CS レジャーチェア」は、円滑に折りたたみができたものの、収納状態でも幅をとるため、携行性はいま一歩平均におよびませんでした。


    さらに、背もたれのフレームが強く背中を圧迫してきた点が目立ったことから、長時間の使用には不向きといえるでしょう。

    耐荷重60kg
    座面の高さ24cm
    収納方式折りたたみ式
    展開時サイズ28×27×41.5cm
    収納時サイズ28×33×50cm
    重量0.78kg
    シートの素材ポリエステル
    フレームの素材鋼(エポキシ樹脂塗装)
    背もたれ
    ドリンクホルダー
    No.16

    東日本貿易PONCOTAN アウトドアチェア

    3,582円(税込)

    総合評価

    2.88
    • 組み立てやすさ: 3.3
    • 座り心地: 3.2
    • 携行性: 1.9

    サイズが大きく、ザックの中でスペースをとりがち…

    東日本貿易の「アウトドアチェア」は、組み立てるまでに慣れが必要ですが、慣れてしまえば大きな問題はありません。


    後ろ方向への安定性には欠けますが、適度なフィット感がありました。しかし、コンパクトにならない点がネックとなり、45Lのザックに入れた際に大幅にスペースをとりました。

    耐荷重120kg
    座面の高さ33cm
    収納方式組み立て式
    展開時サイズ55×50×65cm
    収納時サイズ35×11×11cm
    重量0.9kg
    シートの素材900Dポリエステル製オックスフォードクロス
    フレームの素材7075超々ジュラルミン
    背もたれ
    ドリンクホルダー

    人気軽量アウトドアチェアの検証結果比較表

    組み立て式はシートの上下に気をつけよう

    組み立て式はシートの上下に気をつけよう
    組み立て式のチェアは、最初は慣れないために、生地を上下逆さまにしてフレームにとりつけてしまうことがあります。

    座り心地が著しく損なわれるだけでなく、間違って使用し続けることで怪我や破損の危険も考えられます。

    そのようなリスクを回避するため、説明書をしっかりと確認し、正しく組み立てましょう。

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す