• 918858ca496a12ea87a4c6538596eee0a4781f9c
  • 3150bce53e5390bf6555b1e06f7d1b3a0b57e156
  • F39f2f7aa9927be387307e613cc68529fca359c9
  • 67d5c406736c3f8094982d018959058954088da4
  • 24f25f1cbef7d7ee6029112a5759e6dbb9805b48

キャンプ・アウトドア用キッチンテーブルのおすすめ人気ランキング10選

アウトドアでの楽しみと言えば食事!キッチンテーブルが使いやすいと調理や作業が楽になり、食事の時間をもっと楽しむことができます。コールマン・ロゴス・ユニフレームなどアウトドアメーカーのものを始め、おしゃれでデザイン性の高いものも人気。最近はコンパクトに収納できる折りたたみ式や、自宅のキッチンの高さと変わらないものなど、幅広いタイプが販売されていてより使いやすくなっています。

今回は、そんなキッチンテーブルの選び方のポイントと、市販・通販で買える商品を比較したおすすめランキングをご紹介!本格的なキャンプや大人数でのバーベキューには、キッチンテーブルがあった方が断然快適に過ごせます。料理の幅も広がりますので、ワンランク上のアウトドアやキャンプを目指すためにも、使い勝手のいいキッチンテーブルを見つけてくださいね。

最終更新日:2017年10月25日 | 15,310views

キャンプ・アウトドア用キッチンテーブルを使うメリット

キャンプやアウトドアでの調理を楽にしてくれるキッチンテーブル。まずはそんなキッチンテーブルのメリットをご紹介します。

キッチンと食事のスペースを分けられる

Loading
キッチンテーブルがあれば、食事をするスペースと調理をするスペースを分けることができます。調理や後片付けも楽になり、手早く準備ができ余計なものを食事用のテーブルに置かなくてもいいため、広いスペースでゆったりと過ごすことが可能です。

特に小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では、包丁など危険なツールをキッチンテーブルにおいておくことができるので安心です。

自宅のキッチンに立つ感覚で調理できる

Loading
キッチンテーブルは食事に使っているアウトドア用のテーブルより高さがあるものが多く、自宅のシンクとあまり変わらない感覚で調理ができます。そのため、凝った料理を作っても失敗が少なく、思う存分アウトドアでの調理を楽しめます。

特にツーバーナーをお持ちの方は、自宅のシンクの横にコンロがついているような感覚で調理が可能。また、メーカーによっては調理器具用のフック付きのものもありますので、とても便利です。

最近では、バーベキューだけではなく、パエリアやダッチオーブンを使った本格的な肉料理など、さまざまなアウトドアレシピが人気です。そんな本格的でおしゃれなアウトドアライフを楽しみたい方には、キッチンテーブルはとてもおすすめなアイテムです。

キャンプ・アウトドア用キッチンテーブルの選び方のポイント

アウトドアやキャンプでの調理を楽しむためにも、使い勝手のいいキッチンテーブル選びは重要です。ここでは、キッチンテーブル選びのポイントをご紹介しますので、ご自分のアウトドアスタイルにぴったりの一品を見つける参考にしてくださいね。

バーナーの種類でキッチンテーブルのタイプを選ぶ

アウトドアでの調理には、炭火とは別にツーバーナーやシングルバーナーを利用している方も多いですよね。まずはバーナーの種類に分けて、キッチンテーブルの選び方のポイントをご紹介します。

ツーバーナーならグリルスタンドの付いた2段式

ツーバーナーをお持ちの方はグリルスタンド付きのキッチンテーブルがおすすめ。グリルスタンドがあれば作業台の横にバーナーが置けるので、まるでご自宅のキッチンに立つような感覚で調理が楽しめます。

グリルスタンドのサイズはお手持ちのツーバーナーに合わせて選んでください。また、作業台とグリルスタンドの位置も重要。左右どちらにグリルがあるかで使い勝手が変わりますので、その点もしっかりチェックしておきましょう。
また、ツーバーナーの選び方やおすすめ商品については下記の記事でも詳しく紹介していますので、ツーバーナーをお探しの方はぜひ合わせて参考になさってください。

シングルバーナーは天板の耐熱温度が高いものがおすすめ

炭火とは別に補助的な目的でシングルバーナーを利用している方は、キッチンテーブルの上にバーナーが置けるように、ステンレス製などの天板の耐熱温度が高いものがおすすめです。シングルバーナーをお使いの場合、グリルスタンドは必要ありませんので2段式ではなくシングルタイプを選びましょう。
また、シングルバーナーの選び方やおすすめ商品については下記の記事でも詳しく紹介していますので、シングルバーナーをお探しの方はぜひ合わせて参考になさってください。

設置が簡単なものがおすすめ

アウトドアでは簡単で手早く準備できる事が重要なポイント。キッチンテーブルも組み立てや設置が簡単にできるかを必ずチェックしてください。組み立てる部材が少なく構造がシンプルなものや、広げるだけのワンタッチで設置できるものなど、組み立て方が簡単なものがおすすめ。手早く準備ができると、すぐに調理にかかれるのでスムーズに作業を進められます。

部材が多くて複雑な構造になっていると、設置するのが面倒で次のキャンプには持っていかないということにもなりかねませんよ。

コンパクトタイプは持ち運びや収納に便利

キッチンテーブルはキャンプ場などに持っていくのが前提のアイテムです。そのため収納時のコンパクトさも重要。特にキャンプの場合はテントや寝袋・バーナー・テーブルなど、たくさんの物を車に積んで移動する事になります。トランクなどの限られたスペースに乗せるので、なるべくコンパクトに収納できるキッチンテーブルがおすすめです。

コンパクトだと持ち運びの利便性だけではなく、自宅でも場所を取らずに収納できます。手軽に片付けておけるので、取り出しやすい場所に置いておく事も可能です。

付属品で選ぶ

機能性もキッチンテーブルでは重視したい部分です。ただ物を置けるだけでは、普通のアウトドアテーブルと変わりません。機能性を向上してくれる付属品はぜひ確認しておきたい大切なポイント。特に以下の点に着目して見てください。

テーブル下の収納スペース

料理を作る時には、食材や調味料・調理器具など、いろいろな物が必要になります。収納スペースがテーブル下に付いていると、スッキリと整理整頓ができて、必要な時に取り出しやすく、ストレスなくスムーズに調理を進められます。

キッチンテーブルを選ぶときは、作業台になる天板の大きさも大切ですが、テーブル下の収納も確認しておきましょう。

キッチンツールなどの小物収納

Loading
カトラリーなどのキッチンツールは小さいため、使う時になって何処に片付けたのか分からなくなってしまうことも。そんなキッチンツールなどの小物類が、取り出しやすい場所に整理できれば使い勝手がよくなり大変便利です。

ツールハンガーやテーブルサイドにフックが付いていると、キッチンツールやマグカップなどを掛けて収納できます。他にも手拭き用のタオルやゴミ袋も掛けることができて便利。まさに、ご自宅のキッチン感覚で調理にとりかかれます。

夜間の作業に便利なランタンポール付き

Loading
付いていると便利なものが「ランタンポール」です。単独で置けるランタンポールもありますが、キッチンテーブルに付属されていると、丁度良い位置で手元を照らしてくれるので、日が沈む時間になっても不便さを感じることなく作業が続けられます。特に夜間のバーベキューやキャンプをする方には必需品です。

テーブルの高さは自宅のシンクに近いものを選ぶ

Loading
テーブルの高さも重視してほしいポイントです。作業台が低いと腰や膝に負担がかかってしまい、長時間の作業には向きません。家庭用シンクの高さは80cmが多いので、高さ80cm前後のキッチンテーブルを選ぶと腰に負担が少なく楽に作業できるのでおすすめです。

ご自宅のシンクの高さを事前に測ってから、それに合わせてキッチンテーブルを選ぶと失敗が少なくて済みます。

キャンプ・アウトドア用キッチンテーブルのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。あなたのキャンプ・アウトドアスタイルに合ったキッチンテーブルを見つけて、より快適に屋外での調理を楽しんでくださいね。

10位:ネイチャートーンズ 2WAYキッチンラック

ネイチャートーンズ 2WAY キッチンラック 2KRL
19,980円(税込)

・使用時サイズ:下棚幅60cm・奥行23cm・高さ340cm/上棚幅60cm・奥行17cm・高さ52.5cm
・収納時サイズ:幅67cm・奥行48.5cm・高さ60cm
・重量:6.3kg

調理台とテーブルの1台2役

テーブルとしても調理台としても使える2WAYタイプのキッチンテーブル。下段と手前を調理台、下段奥と上段を鍋やフライパン・お皿などの収納に使えます。調理スペースにはフックも付いているので、ゴミ袋を吊るせば材料を切る際に出た生ごみをスムーズに処理することが可能です。

下段の調理台は高さが低く少し作業しづらいのが残念ですが、上段を手前に倒すだけで簡単にテーブルに変身できる便利さでおつりがきます。「2WAYキッチンラック」があれば、テーブルと調理台が1つで済むので荷物もへって大助かり。1台2役のおしゃれにアウトドアを楽しのにおすすめのキッチンテーブルです。

9位:コールマン ナチュラルモザイク キッチンスタンドプラス

コールマン ナチュラルモザイク キッチンスタンドプラス 2000026762
9,699円(税込)

・使用時サイズ:幅137cm・奥行45cm・高さ40cm/80cm
・収納時サイズ:幅75cm・奥行6.5cm・高さ45cm
・重量:7.8kg

シンプルで使いやすいキッチンテーブル

バーナースタンドと一体型になったキッチンスタンド。脚の高さが調節可能なので、ロースタイルとしても使う事ができます。天板はコールマンで人気のモザイク柄で、汚れや腐食に強いメラミン加工と菌の繁殖を抑える抗菌加工済。天板下にはキッチンペーパーやアルミホイルなどの、キッチン小物を収納できるワイヤーシェルフも付いています。

軽い物はワイヤーシェルフに収納出来ますが、強度がそんなに強くないのでダッチオーブンの収納には向かず、キッチンツールなど小物の収納も付いていません。収納力はそんなに高くありませんが、シンプルで使い勝手は良く持ち運びもラクなので1台あるととても便利です。

8位:ドッペルギャンガー ストレージアウトドアテーブル

ドッペルギャンガー ストレージアウトドアテーブル TB5-110
8,062円(税込)

・使用時サイズ:幅120cm・奥行60cm・高さ73cm/63.5cm/55.5cm/45cm
・収納時サイズ:幅60cm・奥行60cm・高さ8.5cm
・重量:7.8kg

大容量の収納で高さも調節可能

天板下に大容量の収納スペースが付いた、おしゃれなデザインが特徴のテーブル。二つ折りの天板を広げるだけで簡単に設置でき、収納時も天板を折りたたむだけなので、手間を省けてコンパクトに場所を取らずに収納できます。

収納部分は前後にファスナー式の扉が付いており、使用しない時は閉めてホコリや虫などを防ぐことが可能。またサイドにポケットが付いているので、調理中はキッチンツールなどを入れて、調理後は500mlのペットボトルを入れることもできます。しかし、底板は強度が弱いので、鍋やダッチオーブンなど重量のある物を収納するのにはおすすめできません。

テーブル高さが53cmから81cmまで4段階で調節可能で、アウトドアやキャンプシーンに合わせて変幻自在に対応できる、万能で使い勝手の良いキッチンテーブルです。

7位:ハイランダー キッチンテーブル

ハイランダー キッチンテーブル HCA2007
5,980円(税込)

・使用時サイズ:幅128cm・奥行48cm・高さ72cm/天板サイズ幅65.5cm・48cm
・収納時サイズ:幅78cm・奥行50cm・高さ13.5cm
・重量:10kg

お手頃価格で初心者にもおすすめ

折りたたみ式で組み立ても収納も簡単にできて、専用ケースまで付いている、持ち運びがとてもラクなキッチンテーブル。バーナースタンドと一体型で、テーブル幅が128cm。2人で立っても窮屈にならず、材料を準備しながら、調理も同時進行で行えます。

下段にはキッチン道具などを乗せられるワイヤーシェルフも付属。テーブル本体も安定感があり、グラつきを感じることなく安心して調理を楽しめます。

キッチン高さが72cmなので男性には少し低すぎるかもしれませんが、この性能で5,000円台というお手頃価格。初めてキッチンテーブルの購入を考えている方に、ぜひおすすめしたい1台です。

6位:コールマン CAMP KITCHEN DELUXE

・使用時サイズ:幅162cm・奥行50cm
・収納時サイズ:幅50cm・奥行12.5cm・高さ82cm
・重量:10.9kg

取り外し可能なシンクも付いた本格派

コールマンの「CAMP KITCHEN DELUXE」は、アメリカのコールマンUSAの正規品の直輸入モデル。日本製のキッチンテーブルとは少し違った、映画の1シーンの用なデザインが魅力です。

機能面でもランタン用フック・ツールフック・スパイスラック ・キッチンペーパーホルダー・シェルフラックなど装備は万全。加えて取り外しが可能なシンクがついています。

少し他の製品より価格は高めですが、アメリカンスタイルのキャンプやシンクのついたキッチンテーブルをお探しの方におすすめです。

5位:コールマン ワンタッチキッチンテーブル

コールマン コンフォートマスター ワンタッチキッチンテーブル
23,760円(税込)

・使用時サイズ:テーブル幅170cm・奥行50cm・高さ83cm/183cm/調理台幅100cm・奥行45cm・高さ83cm/バーナースタンド幅48cm・奥行70cm・高さ70cm
・収納時サイズ:幅50cm・奥行12.5cm・高さ82cm
・重量:9.4kg

温かみがあり触り心地のよい竹材を使用

竹集成材の天板と、おしゃれに着色されたステンレスフレームが、温もりを感じさせる色合いになっているキッチンテーブル。デザイン性も高く、しっかりとした丈夫な造りになっています。

バーナースタンドとの一体型ですが、簡単に設営できるように考えられており、二つ折りの天板を開くだけで脚も同時に開いて一瞬で立ち上がるという優れモノ。設営する手間が大分省けるので、その分調理や食事をゆっくり楽しむことができます。

天板下にキッチン小物が収納できるネットや、手元を明るく照らしてくれるランタンポールも付いているので、夕暮れ時の幻想的な雰囲気を味わいながら、大自然の中で楽しく料理ができる1台です。

4位:アルパインデザイン アウトドアキッチンテーブル

アルパインデザイン アウトドアキッチンテーブル
6,458円(税込)

・使用時サイズ:幅123cm・奥行46cm・高さ168cm
・収納時サイズ:幅78cm・奥行50cm・高さ12cm
・重量:4.5kg

アルミニウム素材の軽量タイプ

アルパインデザインの「アウトドアキッチンテーブル」は、アルミニウムのポールを使ったキッチンテーブルです。アルミニウム素材なので重量4.5kgと軽め。サイドには調理器具を吊るすためのフックもついているので、使い勝手もバツグンです。

手元を明るく照らすランタン用のポールには、干物用のかごを掛けて使ってもOK。昼と夜で使い分けるのもおすすめです。収納スペースはグリルスタンドと作業台の下に各1つずつ。合わせて2つのスペースを広々と使えます。

組立も簡単でリーズナブル。1台目のキッチンテーブルとしてもおすすめです。

3位:クイックキャンプ アウトドア キッチンテーブル

クイックキャンプ アウトドア キッチンテーブル QC-KT70
6,960円(税込)

・使用時サイズ:幅128cm・奥行48cm・高さ81cm/67cm(ランタンハンガー除く)/(テーブルサイズ幅70cm・奥行48cm・高さ81cm)
・収納時サイズ:幅70cm・奥行48cm・高さ81cm
・重量:4.4kg

リーズナブルでコンパクト!組立も収納も簡単

クイックキャンプの「アウトドア キッチンテーブル」は、リーズナブルな価格設定にも関わらず、ランタンポールまでついた本格的なキッチンテーブルです。ツーバーナーにも対応したグリルスタンドの下には、収納スペースもついています。

サイドには4つのフックが付いていて、お玉やゴミ袋をかけるのに便利。屋外でも快適に使えるキッチンテーブルです。

また、キッチンテーブルの重要ポイントである持ち運びも簡単。重量4.4kgの軽量タイプで、コンパクトに収納できます。女性でも一人で移動できる軽さは、うれしいポイントですね。

2位:ロゴス ロールミニアイランド

ロゴス ロールミニアイランド 73186511
10,260円(税込)

・使用時サイズ:幅70cm・奥行64cm・高さ86cm
・収納時サイズ:幅20cm・奥行13cm・高さ84cm
・重量:4.4kg

高さ86cm!使い勝手のいいキッチンテーブル

作業台にはぴったりの大きさで、男性にも使いやすすく腰に負担がかからない高さ86cmのキッチンテーブルです。料理の下ごしらえや調理など、快適にアウトドアを楽しめます。

便利な調味料ボックス付きで、調味料やアルミホイルや保存バッグなども収納可能。また、ボックス型なので小さい調味料も落ちてしまう心配がなく、取り外し可能なので汚れたら洗えるので衛生的です。天板下にはメッシュラックが付いていて、食材やキッチンツールなど置いたり、洗った食器を乾かす「洗いカゴ」代わりにも使えます。

天板は軽くて汚れても簡単に拭き取れるアルミ製で、ロールアップでくるくるまとめコンパクトに収納できます。使いやすさだけでなく収納しやすさも兼ね備えた、アウトドアに必須の1台です。

1位:コールマン オールインワンキッチンテーブル

コールマン オールインワンキッチンテーブル 2000031294
10,187円(税込)

・使用時サイズ:幅149cm・奥行55.5cm・高さ170cm~190cm(テーブル幅80cm・奥行54cm・高さ80cm)
・収納時サイズ:幅80cm・奥行11cm・高さ28cm
・重量:6.7kg

収納スペースに加えランタンポール付き! 充実の設備で使い勝手バツグン

コンロ台・調理台・収納棚・ランタンポール、すべてが揃ったオールインワンタイプのキッチンテーブルです。

調理台の天板は、メラミン加工が施されていてキズや腐食に強く、高さも約80cmなので家庭用キッチンとほぼ同じ高さで、腰に負担無く作業できます。天板下はキッチンペーパーなどキッチン小物が収納できるネットと、鍋や収納ボックスなど大きい物も乗せられるワイヤーシェルフの2段収納になっています。

他にもキッチンツールを吊り下げられるツールハンガー、調理中の手元を明るく照らせるようにランタンポールも備え付けられていて、アウトドア用のキッチンテーブルとは思えない充実度! パーツは全て天板に収納する事ができるので、持ち運びや収納もとても楽ちん。本格的なキッチンテーブルをお探しの方に、ぜひおすすめしたい一品です。

アウトドアやキャンプにおすすめの調理器具もチェック!

キッチンテーブルを準備したら、調理器具にもこだわりたいですよね。以下の記事ではアウトドアで利用したい調理器具の選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

キャンプ・アウトドア用キッチンテーブルのおすすめランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

調理はもちろん収納までこだわったものが多く、どれも使いやすい商品ばかりです。人数や好みに合わせて、アウトドアでの調理・食事を快適にしてくれるキッチンテーブルを選んでくださいね!

関連記事

人気の記事