1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. ミキサー・フードプロセッサー
  6. >
  7. 【徹底比較】フードプロセッサーのおすすめ人気ランキング13選
【徹底比較】フードプロセッサーのおすすめ人気ランキング13選

【徹底比較】フードプロセッサーのおすすめ人気ランキング13選

野菜のみじん切りのほか、つぶす・こねる・混ぜるなどの作業が簡単かつ手軽にできる「フードプロセッサー」。便利なキッチングッズですが、パナソニック・フィリップスなどの大手メーカーからさまざまなモデルが販売されているので、一体どれを選んだらよいか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のフードプロセッサー13商品を比較して、最もおすすめのフードプロセッサーを決定したいと思います。


比較検証は以下の2点について行いました。

  1. 仕上がり
  2. 使い勝手

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?フードプロセッサーの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年07月10日更新
  • 521,371 views

検証のポイント

売れ筋のフードプロセッサー13商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 仕上がり

    検証① 仕上がり

    フードプロセッサーを選ぶ上で最も気になるのは「仕上がり」です。この検証では下記3点を調理し、仕上がりをそれぞれ5点満点で評価しました。1/4カットの玉ねぎ1個分をみじん切りにする豚かたまり肉100gをミンチにする玉ねぎ1/4・豚かたまり肉100g・パン粉10g・卵大さじ1を入れてハンバーグのたねを混ぜる

  • 使い勝手

    検証② 使い勝手

    この検証では下記2点についてそれぞれ5点満点で評価しました。洗いやすさ匂い残り

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    時短料理の大きな味方!料理の下ごしらえに活躍するフードプロセッサー

    時短料理の大きな味方!料理の下ごしらえに活躍するフードプロセッサー

    簡単に料理の下ごしらえができるフードプロセッサー。ハンバーグを作るときに必要な玉ねぎのみじん切りや、ニンジンや大根のスライスなどを手早く仕上げ、時短料理をかなえることが期待できます。なかにはパン生地をこねたり大根おろしを作れたりするものもあり、アタッチメントによって用途が広がります。


    食材を細かく刻むという点において機能が似ているものにミキサーがあります。ミキサーは固体と液体を粉砕・攪拌してくれる調理器具で、ジュースやスムージー、スープなどを作るといった用途に向いています

    フードプロセッサーの選び方

    フードプロセッサーを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① ほしいサイズと、置き場所があるかどうかをまず考えよう

    毎日の料理に役立つフードプロセッサーですが、問題はその置き場所です。せっかく買っても、大きすぎて料理の邪魔になるのでしまいこんだまま…というようではもったいないですよね。


    まずは自分が求める機能がついたフードプロセッサーのサイズについて考えましょう。調理量や使用用途が増えるほど、フードプロセッサーのサイズは大きくなります。


    置き場所などの問題がないなら、大容量モデルを選ぶと余裕を持って使うことができます。頻繁に使うものだからこそ、定位置を決めておくとさらに使いやすくなりますよ。

    大容量の下ごしらえも一度でできる「据え置きタイプ」

    大容量の下ごしらえも一度でできる「据え置きタイプ」
    食材を入れるカッター付きの容器と、モーターがある台座を合体させて使うのが「据え置きタイプ」。

    容器が固定されており、台の上に置いて使用するので安定感抜群です。容量も大きいので、一度にたくさんの食材を処理したい方におすすめ。包丁で行うようなカットが得意で、料理の下ごしらえをするのに向いています。


    ただしサイズが大きく、収納時や設置時にスペースをとってしまうのが難点。またこの後紹介するハンディタイプに比べて部品が多く、お手入れも大変です。

    コンパクトさが魅力の「ハンディタイプ」

    コンパクトさが魅力の「ハンディタイプ」
    ハンディタイプはスティック状で、先端に付いている刃を⾷材に押し付けて使⽤します。特に、⽔分が多い⾷材をつぶす・混ぜることに向いているため、ポタージュやスムージーをはじめ、離乳⾷作りにも便利。サイズもコンパクトなので、収納もしやすいアイテムです。

    ⾷材を鍋やボウルに⼊れたままでブレンドできるため、容器を移す⼿間がなく、洗いものも増やしません。ただし、専⽤容器がないと⾷材をきざむことはできないので注意しましょう。

    以下記事でハンディタイプを集めて、比較・検証をしています。わせて参考にしてください。

    ② 洗いやすくてお手入れ簡単なものにも注目

    洗いやすくてお手入れ簡単なものにも注目
    お手入れについては、カッター部分が簡単に取れるか、パーツ数は多いのか、食洗機で洗えるのかといったポイントをチェック。また、刃のさびにくさや容器の傷つきにくさなどにも注目すると良いでしょう。

    洗うのが大変なアイテムを選んでしまうと毎回洗うのが億劫になり、せっかくフードプロセッサーを購入しても使わなくなってしまう、なんてことにもなり兼ねません。長く快適に使うためにも、お手入れのしやすさにも注目して選びましょう。

    ③ 好みの加工ができるものを選ぼう

    好みの加工ができるものを選ぼう

    切る・刻む・こねるなど、どのような使い方ができるかは、商品によってさまざまです。


    別売のアタッチメントを追加することで切り方を追加したり、パン生地をこねたり、泡立てたりといった用途にも使える商品もあるので、自分が作りたい料理に合わせて、適切な使い方ができるアイテムを選びましょう。

    ④ 誤作動防止など安全に使用できるものがおすすめ

    誤作動防止など安全に使用できるものがおすすめ
    刃が高速回転するフードプロセッサーは、正しく使用しないと大変危険です。すべてのパーツがしっかりセットされていないと作動しない、モーターが高温になったときは使用できない、といった安全装置が付いているものを選びましょう。

    特に小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、誤作動防止機能はマストです。

    売れ筋の人気フードプロセッサー全13商品を徹底比較!

    フードプロセッサーの検証

    それではここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のフードプロセッサー13商品をすべて集めて、どれが最もおすすめのフードプロセッサーなのかを検証していきます。


    検証項目は以下の2項目としました。

    検証①:仕上がり

    検証②:使い勝手

    今回検証した商品

    1. 山本電気|マスターカット
    2. 山本電気|MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット
    3. タイガー魔法瓶|マイコンフードプロセッサー SKF-H100
    4. ラドンナ|マルチフードプロセッサー
    5. コンエアージャパン(同)|フードプロセッサーS
    6. フィリップス|マルチチョッパー
    7. イチネンネット|フードカッター ミニプロ
    8. ウィナーズ|カプセルカッター ボンヌ
    9. Excelvan|フードプロセッサー
    10. テスコム|PureNatura フードプロセッサー
    11. CHULUX|フードプロセッサー
    12. パナソニック|フードプロセッサー
    13. 山善|フードプロセッサー

    検証① 仕上がり

    仕上がり

    フードプロセッサーを選ぶ上で最も気になるのは「仕上がり」です。この検証では下記3点を調理し、仕上がりをそれぞれ5点満点で評価しました。


    1. 1/4カットの玉ねぎ1個分をみじん切りにする
    2. 豚かたまり肉100gをミンチにする
    3. 玉ねぎ1/4・豚かたまり肉100g・パン粉10g・卵大さじ1を入れてハンバーグのたねを混ぜる

    【検証結果ハイライト】料理に応じて粗さ調節できるものがベスト。高速回転は一気にジュース状になるものも

    【検証結果ハイライト】料理に応じて粗さ調節できるものがベスト。高速回転は一気にジュース状になるものも

    仕上がりの違いが顕著に表れたのは玉ねぎのみじん切りです。


    速度調節できるタイプは、様子を見ながら粗さを調節できるので、パラパラと使い勝手のいい仕上がりになりました。速度調節ができないタイプだと一気に高速回転してしまい、あっという間に玉ねぎジュースになってしまうものも…。


    ハンバーグの材料を一気に入れて混ぜるパターンでは、料理メニューに応じたダイヤルがついているものに軍配が上がりました。

    検証② 使い勝手

    使い勝手

    この検証では下記2点についてそれぞれ5点満点で評価しました。


    1. 洗いやすさ
    2. 匂い残り

    【検証結果ハイライト】ステンレス製は匂い残りもなくすっきりした洗い心地。ガラス製は重く、樹脂製は脂とにおい残りが強い…

    【検証結果ハイライト】ステンレス製は匂い残りもなくすっきりした洗い心地。ガラス製は重く、樹脂製は脂とにおい残りが強い…

    洗い心地・におい残りともにステンレス製の圧勝です!


    ステンレス製のボウルは軽いため、洗っていてもノンストレス。使用し洗浄した翌日のにおい残りもほとんどありませんでした。


    ガラス製のボウルはとにかく重く、洗っていてツルっと落としたらどうしようと不安になります。樹脂製のものは軽さは合格ですが、脂残りとにおい残りがあり、衛生面が心配です。

    No.1

    MICHIBAモデルとの違いは「断続運転」モード。価格と便利さ、どちらを取るかだけの問題

    同じく山本電気からの一台。こちらの商品はMICHIBAモデルと基本的なつくりは変わりませんが、一点だけ「断続運転モード」が搭載されています


    断続運転とは動いたり止まったりを繰り返すこと。肉のミンチやかき氷など負荷がかかるものは、ある程度砕けるまで断続運転で、細かくなった後は連続運転というように使うとスムーズです。


    MICHIBAモデルはスイッチのオン・オフを繰り返すことで同じ運転が可能ですが、こちらは自動でやってくれるので手間が省けます。


    断続運転モードがない分価格が抑えられるMICHIBAモデルか、それともひと手間を省くMM41か、購入する方は考えてみてください。どちらを選んでも間違いないと言えます。

    電源AC100V
    消費電力140W
    定格時間20分
    回転数毎分800回転から3000回転まで無段階
    速度調節無段階調節
    容量0.5L
    本体重量3.1㎏
    電源コード2.0m
    アタッチメントおろす
    ジャー素材ステンレス
    ブレード素材ステンレス
    No.2

    山本電気MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット

    MB-MM56

    12,040円(税込)

    総合評価

    4.76
    • 仕上がり: 4.7
    • 使い勝手: 4.8

    料理に応じて粗さが自由自在!モーターは確かに強力だった

    山本電気は自動車や掃除機などの高性能モーターを製造するメーカーです。モーターメーカーが作っているだけあってモーター性能は素晴らしく、連続運転しても、加熱して本体が熱くなるようなこともありませんでした。


    食材の仕上がりは最高点。つまみを回してスピード変更するだけの簡単操作で、べちゃつくことなく、好みの粗さのみじん切りとミンチが完成しました。ボウルもステンレス製なので、清潔さも問題ありません。


    フードプロセッサーの王道といってよい一台です。

    電源AC100V
    消費電力140W
    定格時間20分
    回転数毎分800回転から3000回転まで無段階
    速度調節無段階調節
    容量0.5L
    本体重量3.1㎏
    電源コード2.0m
    アタッチメントおろす
    ジャー素材ステンレス
    ブレード素材ステンレス
    No.3

    タイガー魔法瓶マイコンフードプロセッサー SKF-H100

    SKF-H100K

    10,800円(税込)

    総合評価

    3.85
    • 仕上がり: 3.3
    • 使い勝手: 4.3

    粗さ調節は満足!お手入れも楽な、おすすめできる一台

    こちらの商品はみじん切りやミンチのほか、スープやパン生地などのコースを選択して調理することができます。


    今回は「みじん切り・ミンチ」コースで検証。玉ねぎも豚肉も、それぞれ調理に適した満足のいく仕上がりです。


    ジャーはステンレス製のため、洗ったときの脂ぎれもよく衛生的。仕上がり具合と使い勝手、ともにバランスのよいおすすめの一台です。

    電源AC100V
    消費電力150W
    定格時間30分
    回転数LOW:1600回/分 HIGH:2800回/分
    速度調節2段階
    容量0.6L
    本体重量2.3kg
    電源コード1.2m
    アタッチメントおろす、つぶす、泡立てる、こねる
    ジャー素材ステンレス
    ブレード素材ステンレス
    No.4

    ラドンナマルチフードプロセッサー

    KFP1AW

    7,068円(税込)

    総合評価

    3.59
    • 仕上がり: 3.7
    • 使い勝手: 3.5

    単一食材なら優秀。ただし食材を混ぜて使うと難点が

    レトロクラシックなデザインで人気のtoffy。プッシュタイプのフードプロセッサーですが、玉ねぎ、豚肉ともに単一食材での切れ味は抜群です。


    しかし、玉ねぎと豚肉を一緒に入れてプッシュすると、玉ねぎばかりが切れて肉はかたまりのまま。肉がある程度細かくなるまでプッシュすると、玉ねぎから水分が出てしまい、べちゃっとした仕上がりになってしまいました。


    洗い心地については高評価。ガラスボウルがやや重めですが、肉の脂もしっかりと落ち、におい残りもありません。

    電源AC100V
    消費電力400W
    定格時間30秒
    回転数-
    速度調節1段階
    容量0.5L
    本体重量-
    電源コード0.8m
    アタッチメントブレンダー、ミル
    ジャー素材ガラス
    ブレード素材ステンレス
    No.5

    コンエアージャパン(同)フードプロセッサーS

    DLC-052J

    5,780円(税込)

    総合評価

    3.34
    • 仕上がり: 4.0
    • 使い勝手: 2.8

    一瞬でパラパラのみじん切りが完成。少量の調理ならコレ

    「フードプロセッサーといえばクイジナート」と言われるほど、アメリカでは人気のメーカー・クイジナート。


    その評判に違わず、こちらの商品もたった90Wとは思えないほどパワフルで、あっという間に粗さの揃ったみじん切りが完成しました。


    容量が小さめなので、一人暮らしや少量の調理に適しています。

    電源AC100V
    消費電力90W
    定格時間5分
    回転数LOW:約2800~4200回/分、 HIGH:約3900~5600回/分
    速度調節2段階
    容量幅110×奥150×高200mm
    本体重量1㎏
    電源コード1.2m
    アタッチメント切る、おろす
    ジャー素材AS樹脂
    ブレード素材ステンレス
    No.6

    フィリップスマルチチョッパー

    HR2507/05

    5,586円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 仕上がり: 3.3
    • 使い勝手: 3.3

    長さの異なる3枚の刃で野菜は均一な仕上がりに。肉はムラがあるも及第点

    こちらの商品は、野菜のみじん切り用ブレードとミンチ用のブレードが分かれています。野菜をみじん切りする場合は、穴が開いた特殊なバスケットに野菜をいれ、バスケットの形状に合わせた長さの異なる3枚の刃で刻みます。


    実際に使ってみると、バスケットで玉ねぎが固定されるため刃が十分にいきわたり、均一な大きさに仕上がります。肉のミンチについてはややムラがありましたが、及第点と言えるレベル。


    価格以上の価値がある一台と言えます。

    電源AC100V
    消費電力500W
    定格時間-
    回転数-
    速度調節-
    容量1.1L
    本体重量-
    電源コード-
    アタッチメントチョップドロップ、フローズン
    ジャー素材-
    ブレード素材ステンレス
    No.7

    イチネンネットフードカッター ミニプロ

    MB601GJP

    10,421円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 仕上がり: 3.3
    • 使い勝手: 3.3

    複数の食材を一緒に入れてもムラなく混ざる。音の大きさとにおい残りは弱点

    玉ねぎのみじん切りは水分が出ることもなく、満足いく仕上がりです。また、玉ねぎと豚肉を一緒に入れてもムラなく混ざります。


    使い勝手については一長一短。ボウルとフタの両方をセットしないと作動しない誤作動防止機能がついており、安全に使えるのは高評価です。


    ただ、樹脂製のボウルはにおい残りが強く、次回使うときには洗う必要があるほど。動作音も耳を塞ぐほどの大きさで、使う環境を選びます。

    電源AC100V
    消費電力350W
    定格時間3分
    回転数3200回/分
    速度調節1段階
    容量0.6L
    本体重量1.7㎏
    電源コード1.25m
    アタッチメントつぶす、スライス、せんぎり、泡立てる、おろす
    ジャー素材ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂
    ブレード素材ステンレス
    No.8

    ウィナーズカプセルカッター ボンヌ

    7,150円(税込)

    総合評価

    3.03
    • 仕上がり: 3.3
    • 使い勝手: 2.8

    粗さ調節がしやすいプッシュタイプ。肉のように弾力のあるものは不向き

    おしゃれ調理家電で、特に女性から支持されているレコルトからはプッシュタイプのフードプロセッサーです。


    軸の中心部と下部にそれぞれ2枚ずつ刃がついており、一回のプッシュで十分にみじん切りが完成します。粗さはプッシュ回数で調節できるので、とても楽です。


    ただ、弾力がある肉はひっかかりがち。刃が肉に食い込んでしまうので、そのたびにふたを開けて外すのが面倒です。

    電源AC100V
    消費電力250W
    定格時間1分作動後、10分休止
    回転数24,000回/分(無負荷時)
    速度調節1段階
    容量0.5L
    本体重量1.1㎏
    電源コード1.0m
    アタッチメントおろし、泡立て
    ジャー素材トライタン樹脂
    ブレード素材ステンレス
    No.9

    Excelvanフードプロセッサー

    5,205円(税込)

    総合評価

    2.89
    • 仕上がり: 3.0
    • 使い勝手: 2.8

    鋭い切れ味だが粗さにバラつき。刃は手を切りやすいので要注意

    湾曲した刃が特徴的なこちらの商品。価格は安めのフードプロセッサーです。


    見た目よりも刃が鋭利で、玉ねぎにいたっては3秒もたたないうちにみじん切りが完成。ただ粗さは不揃いです。


    その鋭さゆえに洗う際は要注意。洗っているスポンジすらも切れるほどで、手をケガしないように気を付ける必要があります。

    電源AC100V
    消費電力300W
    定格時間30秒
    回転数LOW:2145回転/分、HIGH:4050回転/分
    速度調節2段階
    容量2.0L
    本体重量-
    電源コード-
    アタッチメント-
    ジャー素材-
    ブレード素材ステンレス
    No.10

    テスコムPureNatura フードプロセッサー

    TK440

    5,071円(税込)

    総合評価

    2.48
    • 仕上がり: 2.7
    • 使い勝手: 2.3

    仕上がりは及第点だが使い勝手がマイナス。それでも価格以上の価値はあり

    玉ねぎは粒がそろったパラパラ、豚肉も粗みじんになり、仕上がりは及第点。ただ、ふたつを一緒に入れると玉ねぎが大きいまま残ってしまいます。


    スイッチを入れると食材が偏ってしまい、何度もふたを開けて調整するのが面倒です。また、速度調節できないので時間がかかってしまうのもマイナス評価です。


    フードプロセッサーとしては比較的価格が安く、値段以上の価値は一定にあるとはいえます。

    電源AC100V
    消費電力170W
    定格時間3分
    回転数2500回転/分
    速度調節1段階
    容量0.5L
    本体重量2.7㎏
    電源コード1.2m
    アタッチメントおろす、バター&ホイップ
    ジャー素材-
    ブレード素材-
    No.11

    CHULUXフードプロセッサー

    QF-FP168113

    3,999円(税込)

    総合評価

    2.41
    • 仕上がり: 2.3
    • 使い勝手: 2.5

    みじん切りがペースト状に。定格時間も短く、たくさん作るには不向き

    みじん切りが仕上がるまでの時間は7秒と優秀ですが、仕上がりが残念です。水分が多く出てしまい、仕上がりがべちゃっとペースト状になってしまいます。


    また、定格時間の短さも低評価の一因です。30秒作動させた後は1分ほど休ませなければならず、スムーズに調理できません。


    1.8ℓと大容量ですが、上記の理由で、たくさんの量を一気に作らなければならない場合には不向きです。

    電源AC100V
    消費電力200W
    定格時間連続運転30秒後、休1分
    回転数LOW:2145/m、HIGH:4050/m
    速度調節2段階
    容量1.8L
    本体重量1.95㎏
    電源コード0.9m
    アタッチメント-
    ジャー素材ガラス
    ブレード素材ステンレス
    No.12

    パナソニックフードプロセッサー

    MK-K81

    12,543円(税込)

    総合評価

    2.13
    • 仕上がり: 1.3
    • 使い勝手: 2.8

    みじん切りとは言えないほどの大きなかたまりが残る。価格分の価値に見合わない

    好みの粗さに応じて速度調節ができる、パナソニックのこちらの商品。高速モードで調理してみましたが、大きなものだとくし切り状態のまま残るという残念な結果に。


    フタにも大量に飛び散るため、それも粗さがばらつく原因です。モーターが焼ける匂いも気になり、全体的に価格にクオリティが追いついていない印象を受けました。

    電源AC100V
    消費電力120W
    定格時間30分
    回転数低速:2200回 高速:2900回
    速度調節3段階
    容量15.4×22.5×21.2cm
    本体重量2.8㎏
    電源コード1.0m
    アタッチメントする、おろし、スライス、せんぎり、こねる
    ジャー素材ガラス
    ブレード素材ステンレス
    No.13

    山善フードプロセッサー

    YFD-400

    2,259円(税込)

    総合評価

    1.87
    • 仕上がり: 1.7
    • 使い勝手: 2.0

    玉ねぎはまるで「粒入りジュース」…フードプロセッサーではなくもはやミキサー

    山善お得意の、シンプルかつお手ごろ価格の一台。玉ねぎを調理したところ、あっという間に水分が大量に出てしまい、まるで粒入りジュースのようになってしまいました。


    豚肉のミンチにおいては及第点ですが、基本である玉ねぎのみじん切りがうまく出来ないのは決定的弱点です。


    フードプロセッサーというよりは、小さめのミキサーといった感がありました。

    電源AC100V
    消費電力65W
    定格時間3分運転ごとに20分以上休止
    回転数-
    速度調節-
    容量幅10.5×奥行11.5×高さ18.5cm
    本体重量0.66㎏
    電源コード1.2m
    アタッチメント-
    ジャー素材-
    ブレード素材-

    人気フードプロセッサーの検証結果比較表

    商品画像商品名特徴最安値電源消費電力定格時間回転数速度調節容量本体重量電源コードアタッチメントジャー素材ブレード素材仕上がり使い勝手総合評価商品リンク
    1
    山本電気 マスターカット 1枚目

    山本電気

    マスターカット

    MICHIBAモデルとの違いは「断続運転」モード。価格と便利さ、どちらを取るかだけの問題
    13,800円
    送料別
    詳細を見る
    AC100V140W20分毎分800回転から3000回転まで無段階無段階調節0.5L3.1㎏2.0mおろすステンレスステンレス4.74.84.76
    2
    山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット 1枚目

    山本電気

    MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット

    料理に応じて粗さが自由自在!モーターは確かに強力だった
    12,040円
    送料要確認
    詳細を見る
    AC100V140W20分毎分800回転から3000回転まで無段階無段階調節0.5L3.1㎏2.0mおろすステンレスステンレス4.74.84.76
    3
    タイガー魔法瓶 マイコンフードプロセッサー SKF-H100 1枚目

    タイガー魔法瓶

    マイコンフードプロセッサー SKF-H100

    粗さ調節は満足!お手入れも楽な、おすすめできる一台
    10,800円
    送料別
    詳細を見る
    AC100V150W30分LOW:1600回/分 HIGH:2800回/分2段階0.6L2.3kg1.2mおろす、つぶす、泡立てる、こねるステンレスステンレス3.34.33.85
    4
    ラドンナ マルチフードプロセッサー 1枚目

    ラドンナ

    マルチフードプロセッサー

    単一食材なら優秀。ただし食材を混ぜて使うと難点が
    7,068円
    送料要確認
    詳細を見る
    AC100V400W30秒-1段階0.5L-0.8mブレンダー、ミルガラスステンレス3.73.53.59
    5
    コンエアージャパン(同) フードプロセッサーS 1枚目

    コンエアージャパン(同)

    フードプロセッサーS

    一瞬でパラパラのみじん切りが完成。少量の調理ならコレ
    5,780円
    送料無料
    詳細を見る
    AC100V90W5分LOW:約2800~4200回/分、 HIGH:約3900~5600回/分2段階幅110×奥150×高200mm1㎏1.2m切る、おろすAS樹脂ステンレス4.02.83.34
    6
    フィリップス マルチチョッパー 1枚目

    フィリップス

    マルチチョッパー

    長さの異なる3枚の刃で野菜は均一な仕上がりに。肉はムラがあるも及第点
    5,586円
    送料無料
    詳細を見る
    AC100V500W---1.1L--チョップドロップ、フローズン-ステンレス3.33.33.30
    7
    イチネンネット フードカッター ミニプロ 1枚目

    イチネンネット

    フードカッター ミニプロ

    複数の食材を一緒に入れてもムラなく混ざる。音の大きさとにおい残りは弱点
    10,421円
    送料要確認
    詳細を見る
    AC100V350W3分3200回/分1段階0.6L1.7㎏1.25mつぶす、スライス、せんぎり、泡立てる、おろすABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂ステンレス3.33.33.30
    8
    ウィナーズ カプセルカッター ボンヌ  1枚目

    ウィナーズ

    カプセルカッター ボンヌ

    粗さ調節がしやすいプッシュタイプ。肉のように弾力のあるものは不向き
    7,150円
    送料要確認
    詳細を見る
    AC100V250W1分作動後、10分休止24,000回/分(無負荷時)1段階0.5L1.1㎏1.0mおろし、泡立てトライタン樹脂ステンレス3.32.83.03
    9
    Excelvan フードプロセッサー 1枚目

    Excelvan

    フードプロセッサー

    鋭い切れ味だが粗さにバラつき。刃は手を切りやすいので要注意
    5,205円
    送料要確認
    詳細を見る
    AC100V300W30秒LOW:2145回転/分、HIGH:4050回転/分2段階2.0L----ステンレス3.02.82.89
    10
    テスコム PureNatura フードプロセッサー 1枚目

    テスコム

    PureNatura フードプロセッサー

    仕上がりは及第点だが使い勝手がマイナス。それでも価格以上の価値はあり
    5,071円
    送料要確認
    詳細を見る
    AC100V170W3分2500回転/分1段階0.5L2.7㎏1.2mおろす、バター&ホイップ--2.72.32.48
    11
    CHULUX フードプロセッサー 1枚目

    CHULUX

    フードプロセッサー

    みじん切りがペースト状に。定格時間も短く、たくさん作るには不向き
    3,999円
    送料要確認
    詳細を見る
    AC100V200W連続運転30秒後、休1分LOW:2145/m、HIGH:4050/m2段階1.8L1.95㎏0.9m-ガラスステンレス2.32.52.41
    12
    パナソニック フードプロセッサー 1枚目

    パナソニック

    フードプロセッサー

    みじん切りとは言えないほどの大きなかたまりが残る。価格分の価値に見合わない
    12,543円
    送料要確認
    詳細を見る
    AC100V120W30分低速:2200回 高速:2900回3段階15.4×22.5×21.2cm2.8㎏1.0mする、おろし、スライス、せんぎり、こねるガラスステンレス1.32.82.13
    13
    山善 フードプロセッサー 1枚目

    山善

    フードプロセッサー

    玉ねぎはまるで「粒入りジュース」…フードプロセッサーではなくもはやミキサー
    2,259円
    送料要確認
    詳細を見る
    AC100V65W3分運転ごとに20分以上休止--幅10.5×奥行11.5×高さ18.5cm0.66㎏1.2m---1.72.01.87

    お手軽に使いたいならハンドブレンダー

    お手軽に使いたいならハンドブレンダー
    据え置き型を置く場所がない、もっと手軽に使いたい方はハンドブレンダーもおすすめです。以下の記事ではハンドブレンダーの選び方と人気商品をご紹介していますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

    スムージーやスープを作りたいならミキサーがおすすめ!

    スムージーやスープを作りたいならミキサーがおすすめ!
    用途がスムージーやスープ作りだけならミキサーも便利。以下の記事ではミキサーの選び方と人気商品をご紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

    フードプロセッサーの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、フードプロセッサーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は13商品のフードプロセッサーを検証しました。

    検証してみると、商品によって仕上がりや使い勝手に大きな差が出ることに驚きました。どれも同じだと思って購入すると、がっかりする商品もあります。食材の下ごしらえをスピーディに、そしてお料理のバリエーションが広がるように、ぜひお気に入りのものを見つけてください。


    検証/文:今仲絵里、写真:佐々木歩

    ランキング更新日:2020/02/06

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す