• 【料理研究家が教える】フードプロセッサーのおすすめの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【料理研究家が教える】フードプロセッサーのおすすめの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【料理研究家が教える】フードプロセッサーのおすすめの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【料理研究家が教える】フードプロセッサーのおすすめの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【料理研究家が教える】フードプロセッサーのおすすめの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【料理研究家が教える】フードプロセッサーのおすすめの人気ランキング10選【2019年最新版】

野菜のみじん切りのほか、つぶす・こねる・混ぜるなどの作業が簡単&手軽にできる「フードプロセッサー」。便利なキッチングッズですが、パナソニック・フィリップスなどの大手メーカーからさまざまなモデルが発売されているので、一体どれを選んだらよいか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、通販で人気のフードプロセッサーをランキング形式でご紹介します。料理研究家の三谷さんからお聞きした選び方のポイントも解説しますので、そちらも参考に、あなたの片腕として大活躍してくれるフードプロセッサーをぜひ見つけてくださいね。

この記事に登場する専門家

三谷 良子
三井 愛
加藤 良太
  • 最終更新日:2019年07月07日
  • 361,564  views
目次

フードプロセッサーの選び方のポイント

今回は、料理研究家でパン&料理教室「サロン ド ファリーヌ」を主宰されている三谷良子さんに、フードプロセッサーを選ぶときの3つのチェックポイントを教えていただきました。自分がどのような用途で使用したいのかをイメージしながら、選び方を一緒に確認していきましょう。
フードプロセッサーの選び方のポイント
<取材協力:三谷良子さん>
料理研究家・料理教室主催。

服部栄養専門学校にて製菓パンライセンスを取得後に、数々の有名な料理研究家に師事。「パンを通して食文化を楽しむ」をコンセプトに、自宅にてパン&料理教室「サロン ド ファリーヌ」を主宰している。

ワインエキスパートやチーズプロフェッショナルの資格も持ち、常に新しい食の追求を行っている。

調理の用途に合ったタイプを選ぶ

フードプロセッサーには、大きく分けて据え置きタイプとスティックタイプ(ブレンダー)の2つのタイプがあります。それぞれの特徴をチェックし、調理の用途に合うものを選んでいきましょう。

大容量の下ごしらえも一度でできる「据え置きタイプ」

大容量の下ごしらえも一度でできる「据え置きタイプ」

出典:amazon.co.jp

食材を入れるカッター付きの容器と、モーターがある台座を合体させて使うのが「据え置きタイプ」。容器が固定されており、台の上に置いて使用するので安定感抜群です。容量も大きいので、一度にたくさんの食材を処理したい方におすすめ。包丁で行うようなカットが得意で、料理の下ごしらえをするのに向いています。

ただしサイズが大きく、収納時や設置時にスペースをとってしまうのが難点。またこの後紹介するハンディタイプに比べて部品が多く、お手入れも大変です。
三谷 良子
料理研究家/料理教室主催
三谷 良子さんのコメント
「据え置きタイプ」と一言でいっても、機能はさまざまです。「みじん切りをメインにして使いたい」「サラダを多く作るためスライスを重視したい」「コーヒー豆・ナッツを挽くためのミル機能でふりかけやペースト状にしたい」など、自分がフードプロセッサーに求める目的によって、機能面もチェックしてみましょう。

安い機種はみじん切りだけに特化しているものが多く、一方で薄切りや千切りなど他の機能を使える機種の場合、専用のカッターや羽根などの付属品がついたものほど価格が高くなります。

コンパクトさが魅力の「ハンディタイプ」

コンパクトさが魅力の「ハンディタイプ」
ハンディタイプはスティック状で、先端に付いている刃を⾷材に押し付けて使⽤します。特に、⽔分が
多い⾷材を「つぶす・混ぜる」ことに向いているため、ポタージュやスムージーをはじめ、離乳⾷づくりにも便利。サイズもコンパクトなので、収納もしやすいアイテムです。

⾷材を鍋やボウルに⼊れたままでブレンドできるため、容器を移す⼿間がなく、洗いものも増やしませ
ん。ただし、専⽤容器がないと⾷材をきざむ調理はできないので注意しましょう。
三谷 良子
料理研究家/料理教室主催
三谷 良子さんのコメント
料理の過程で時短したい作業をフードプロセッサーに求めましょう。例えば、面倒な裏ごしをはぶきたい、みじん切りが苦手、手を汚さずにつみれや餃子のタネをミンチにしたい、といった調理をラクにしてくれます。

日ごろの料理でおまかせしたい機能は外さずに選ぶことをおすすめします。また、容器部分が割れてしまったり、肉と野菜で使い分けたい時など、付属品が買い足せるかも重要です。追加で付属品を購入できるかどうかも確認しておきましょう。

適切な容量のものを選ぶ

適切な容量のものを選ぶ
家族の人数や作りたい料理の量などを考えながら、適切な商品を選んでください。4人家族であれば2リットルあれば余裕を持って使用できるでしょう。

ただし、特に据え置きタイプは表示されているリットル数と実際に入れられる量は異なるので注意が必要です。容量が増えるほどサイズも大きくなるので、収納スペースのことも考えて選んでくださいね。
三谷 良子
料理研究家/料理教室主催
三谷 良子さんのコメント
容量以上の食材を入れて使用すると、フードプロセッサーのカッターや羽根がきちんと食材に届かず、底の方でしか回っていない状況になってしまいます。容器の中央芯が空洞の場合は、ギリギリまで液体を入れてしまうとそこから漏れてしまうこともあります。しっかり調理に見合ったサイズを検討してくださいね。

また手軽に少量使いしたいにも関わらず、ハイスペックな機能が付いているものを購入しても、重くかさ張り収納や片付けに困ってしまいます。そういった方は、シンプルに最小限の機能付きのものを選ぶといいですよ。

お手入れのしやすいものを選ぼう

お手入れのしやすいものを選ぼう

出典:amzn.asia

カッター部分が簡単に取れるか、パーツ数は多いのか、食洗器で洗えるのか、といったポイントをチェック。また、刃のさびにくさや容器の傷つきにくさなどにも注目すると良いでしょう。

洗うのが大変なアイテムを選んでしまうと毎回洗うのが億劫になり、せっかくフードプロセッサーを購入しても使わなくなってしまう、なんてことにもなり兼ねません。長く快適に使うためにも、お手入れのしやすさにも注目して選びましょう。
三谷 良子
料理研究家/料理教室主催
三谷 良子さんのコメント
基本的にシンプルな構造のものほど、簡単に洗えて扱いやすいです。油分がある調理の後にしっかり洗いたい場合は、食洗機対応のモデルなら便利ですね。また、キッチンに出したままでも馴染むデザインかどうかも大切なポイントです。

好みの加工ができるものを選ぼう

好みの加工ができるものを選ぼう

出典:amazon.co.jp

切る・刻む・こねるなど、どのような使い方ができるかは、商品によってさまざまです。別売のアタッチメントを追加することで切り方を追加したり、パン生地をこねたり、泡立てたりといった用途にも使える商品もあるので、自分が作りたい料理に合わせて、適切な使い方ができるアイテムを選びましょう。

誤作動防止など安全に使用できるものを選ぼう

誤作動防止など安全に使用できるものを選ぼう

出典:amazon.co.jp

刃が高速回転するフードプロセッサーは、正しく使用しないと大変危険。すべてのパーツがしっかりセットされていないと作動しない、モーターが高温になったときは使用できない、といった安全装置が付いているものを選びましょう。

小さなお子様がいらっしゃる家庭では、誤作動を防止する機能が付いたアイテムを選ぶようにすると安心ですよ。

プロの愛用するおすすめのフードプロセッサー

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのフードプロセッサーをご紹介します。プロのおすすめポイントも参考に、使いやすくてお手入れのしやすいフードプロセッサーを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

タイガースマートブレンダー クールブラック

SKQ-A200-KD

11,020円 (税込)

専門家の
マイベスト

クイジナートミニプレップ プロセッサー

DLC-1JW

5,118円 (税込)

フードプロセッサー(ハンディタイプ)の人気ランキング5選

ここからは、ハンディと据え置きのタイプ別に人気ランキングをご紹介します。まずは、手軽に使えるハンディタイプから見ていきましょう。
5位
フードプロセッサー アイリスオーヤマ ハンドブレンダー
出典:amazon.co.jp

アイリスオーヤマハンドブレンダー

HBL-200

3,941円 (税込)

容量500ml(チョッパー用ボウル/ブレンダーカップ)
機能つぶす・まぜる・きざむ・泡立てる
付属アタッチメント泡立て器・ブレンダー・チョッパー
サイズ5.4×6.8×40cm(ブレンダー装着時)
重量2.3kg
素材-
消費電力200W
4位
フードプロセッサー テスコム PureNatura スティックブレンダー
出典:amazon.co.jp

テスコムPureNatura スティックブレンダー

THM311

2,127円 (税込)

容量-
機能まぜる・つぶす
付属アタッチメントブレンダー
サイズ5.2×6×33.6cm(ブレンダー装着時)
重量0.55kg(ブレンダー装着時)
素材ABS他
消費電力150W
3位
フードプロセッサー ブルーノ マルチスティックブレンダー
出典:amazon.co.jp

ブルーノマルチスティックブレンダー

BOE034

6,480円 (税込)

容量-
機能つぶす・混ぜる・泡立てる・刻む
付属アタッチメントチョッパーボトル・チョッパーボトル専用カッター・ブレンダーカップ(500ml)・泡立て器
サイズ6.3×6.8×37cm(ブレンダー装着時)
重量0.57kg
素材ポリプロピレン樹脂・ABS樹脂・ステンレス銅・ステンレス銅(チタンコーティング)
消費電力-
2位
フードプロセッサー ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック
出典:amazon.co.jp

ブラウンハンドブレンダー マルチクイック

MQ5045

8,482円 (税込)

容量-
機能つぶす・混ぜる・きざむ・泡立てる・砕く
付属アタッチメントブレンダーシャフト・泡立て器・ビッグチョッパー・アイス用カッター
サイズ7×7×40.5cm
重量-
素材PP・TPE(熱可塑性エラストマー)樹脂・ステンレス・SAN(スチレン・アクリロニトリル)・シリコン
消費電力400W
1位
フードプロセッサー ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー
出典:amazon.co.jp

ブラウンマルチクイック ハンドブレンダー

MQ535

6,697円 (税込)

容量-
機能つぶす・混ぜる・きざむ・泡立てる
付属アタッチメント泡立て器・ブレンダーシャフト・チョッパー
サイズ7×7×38cm(ブレンダー装着時)
重量0.72kg(ブレンダー装着時)
素材PP・TPE(熱可塑性エラストマー)樹脂・ステンレスSAN(スチレン・アクリロニトリル)樹脂・シリコン
消費電力350W

人気フードプロセッサー(ハンディタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
フードプロセッサー ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー

ブラウン

2
フードプロセッサー ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック

ブラウン

3
フードプロセッサー ブルーノ マルチスティックブレンダー

ブルーノ

4
フードプロセッサー テスコム PureNatura スティックブレンダー

テスコム

5
フードプロセッサー アイリスオーヤマ ハンドブレンダー

アイリスオーヤマ

商品名

マルチクイック ハンドブレンダー

ハンドブレンダー マルチクイック

マルチスティックブレンダー

PureNatura スティックブレンダー

ハンドブレンダー

特徴スタンダードだから使いやすい21段階のスピード調整機能の付いたハイスペックなブレンダーキッチンが華やぐパステルカラー混ぜる・つぶす。シンプルだから使いやすい高コスパ!リーズナブルなのに機能も充実
価格6,697円(税込)8,482円(税込)6,480円(税込)2,127円(税込)3,941円(税込)
容量----500ml(チョッパー用ボウル/ブレンダーカップ)
機能つぶす・混ぜる・きざむ・泡立てるつぶす・混ぜる・きざむ・泡立てる・砕くつぶす・混ぜる・泡立てる・刻むまぜる・つぶすつぶす・まぜる・きざむ・泡立てる
付属アタッチメント泡立て器・ブレンダーシャフト・チョッパーブレンダーシャフト・泡立て器・ビッグチョッパー・アイス用カッターチョッパーボトル・チョッパーボトル専用カッター・ブレンダーカップ(500ml)・泡立て器ブレンダー泡立て器・ブレンダー・チョッパー
サイズ7×7×38cm(ブレンダー装着時)7×7×40.5cm6.3×6.8×37cm(ブレンダー装着時)5.2×6×33.6cm(ブレンダー装着時)5.4×6.8×40cm(ブレンダー装着時)
重量0.72kg(ブレンダー装着時)-0.57kg0.55kg(ブレンダー装着時)2.3kg
素材PP・TPE(熱可塑性エラストマー)樹脂・ステンレスSAN(スチレン・アクリロニトリル)樹脂・シリコンPP・TPE(熱可塑性エラストマー)樹脂・ステンレス・SAN(スチレン・アクリロニトリル)・シリコンポリプロピレン樹脂・ABS樹脂・ステンレス銅・ステンレス銅(チタンコーティング)ABS他-
消費電力350W400W-150W200W
商品リンク

フードプロセッサー(据え置きタイプ)の人気ランキング5選

続いて、大きなサイズとパワフルさが魅力の据え置きタイプの人気ランキングです。
5位
フードプロセッサー クイジナート フードプロセッサー
出典:amazon.co.jp

クイジナートフードプロセッサー

DLC-191J

19,643円 (税込)

容量1.9L
機能切る・刻む・こねる・薄切り・細切り・おろし
付属アタッチメントメタルブレード・ドゥブレード・2mmスラーサー・ファインンシュレッダー・おろしカッター
サイズ35×17.7×24.8cm
重量5.1kg
素材ABS樹脂・ステンレス・ポリカーボネート
消費電力300W
4位
フードプロセッサー テスコム PureNatura フードプロセッサー
出典:amazon.co.jp

テスコムPureNatura フードプロセッサー

TK440

4,935円 (税込)

容量500g(ハンバーグの場合)
機能きざむ・混ぜる・おろす粗め・おろす細かめ・泡立て
付属アタッチメントみじん切りチタンカッター・両面おろし刃(粗め・細かめ)・ホイップ
サイズ26×17×21.5cm
重量2.7kg
素材ABS・AS
消費電力170W
3位
容量350ml・200g(肉の場合)
機能刻む・まぜる
付属アタッチメントステンレスカッター
サイズ18×10.5×13cm
重量0.8kg
素材-
消費電力60W
2位
フードプロセッサー パナソニック フードプロセッサー
出典:amazon.co.jp

パナソニックフードプロセッサー

MK-K81

10,259円 (税込)

容量500g(ハンバーグのたねの場合)
機能きざむ・混ぜる・する・おろす・粗くおろす・スライス・千切り・こねる
付属アタッチメントブラックハードチタンカッター・鬼おろしカッター・スライス/せん切りカッター・・おろし/とろろカッター・パンの羽根
サイズ21.2×15.4×22.5cm
重量2.8kg
素材PP樹脂・ABS樹脂・ソーダガラス
消費電力120W
1位
フードプロセッサー パナソニック フードプロセッサー
出典:amazon.co.jp

パナソニックフードプロセッサー

MK-K48P

6,018円 (税込)

容量約500g(ハンバーグのたねの場合)
機能刻む・する・混ぜる・おろす
付属アタッチメントナイフカッター・おろし/とろろカッター
サイズ:21.2×15.4×22.5cm
重量2.8kg
素材PP樹脂・ABS樹脂・ソーダガラス
消費電力120W

人気フードプロセッサー(据え置きタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
フードプロセッサー パナソニック フードプロセッサー

パナソニック

2
フードプロセッサー パナソニック フードプロセッサー

パナソニック

3
フードプロセッサー 山善 フードプロセッサー

山善

4
フードプロセッサー テスコム PureNatura フードプロセッサー

テスコム

5
フードプロセッサー クイジナート フードプロセッサー

クイジナート

商品名

フードプロセッサー

フードプロセッサー

フードプロセッサー

PureNatura フードプロセッサー

フードプロセッサー

特徴リーズナブルで高機能。信頼のパナソニック製ブラックチタン製のカッターで切れ味抜群!一人暮らしの方にもおすすめなコンパクトタイプ操作だけじゃなくお手入れもとっても簡単ハイパワーな本格派
価格6,018円(税込)10,259円(税込)1,909円(税込)4,935円(税込)19,643円(税込)
容量約500g(ハンバーグのたねの場合)500g(ハンバーグのたねの場合)350ml・200g(肉の場合)500g(ハンバーグの場合)1.9L
機能刻む・する・混ぜる・おろすきざむ・混ぜる・する・おろす・粗くおろす・スライス・千切り・こねる刻む・まぜるきざむ・混ぜる・おろす粗め・おろす細かめ・泡立て切る・刻む・こねる・薄切り・細切り・おろし
付属アタッチメントナイフカッター・おろし/とろろカッターブラックハードチタンカッター・鬼おろしカッター・スライス/せん切りカッター・・おろし/とろろカッター・パンの羽根ステンレスカッターみじん切りチタンカッター・両面おろし刃(粗め・細かめ)・ホイップメタルブレード・ドゥブレード・2mmスラーサー・ファインンシュレッダー・おろしカッター
サイズ:21.2×15.4×22.5cm21.2×15.4×22.5cm18×10.5×13cm26×17×21.5cm35×17.7×24.8cm
重量2.8kg2.8kg0.8kg2.7kg5.1kg
素材PP樹脂・ABS樹脂・ソーダガラスPP樹脂・ABS樹脂・ソーダガラス-ABS・ASABS樹脂・ステンレス・ポリカーボネート
消費電力120W120W60W170W300W
商品リンク

スムージー作りがメインの方はミキサーもおすすめ!

今回はいろいろな調理に使えるフードプロセッサーをご紹介しましたが、用途がスムージーやスープ作りだけならミキサーも便利。以下の記事ではミキサーの選び方と人気商品をご紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

フードプロセッサーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、フードプロセッサーのAmazonの売れ筋ランキングは下記よりご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?今回は調理家電の中からおすすめのフードプロセッサーをご紹介しました。一度買うと数年使い続けるものだからこそ、自分にぴったりなものを選びたいですよね。

ご紹介したアイテムはどれも選び抜いた使い勝手の良いものばかりです。食材の下ごしらえをスピーディに、そしてお料理のバリエーションが広がるように、ぜひお気に入りのものを見つけてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す