• パン切り包丁のおすすめ人気ランキング13選【電動も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • パン切り包丁のおすすめ人気ランキング13選【電動も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • パン切り包丁のおすすめ人気ランキング13選【電動も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • パン切り包丁のおすすめ人気ランキング13選【電動も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • パン切り包丁のおすすめ人気ランキング13選【電動も!】のアイキャッチ画像5枚目

パン切り包丁のおすすめ人気ランキング13選【電動も!】

「パン切り包丁」は波刃タイプのものが主流ですが、実は形状はさまざま。無印やタダフサ、貝印にダイソーなどいろいろなメーカーから販売されているのはもちろん、最近では安価に手に入る電動タイプも販売されているので、どうしても迷ってしまいますよね。

そこで今回は、パン切り包丁の選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介。パンに合わせてパン切り包丁を選べば、驚くほど使い勝手がよくなります。自分にぴったりのものを見つけて、パン切り包丁の性能を100%引き出してくださいね。
  • 最終更新日:2018年11月29日
  • 87,285  views
目次

パン切り包丁の選び方のポイント

ここからは、パン切り包丁の選び方のポイントについてご紹介していきます。使いやすさはもとより、手入れのしやすさなども使い続けていく上では重要です。よく吟味してお気に入りの一品を手に入れてくださいね。

パンの固さに合わせて刃の形状を選ぶ

ここでは、パンの固さに合わせた刃の形状の選び方のポイントをご紹介します。商品によってカットしやすいパンの種類は変わりますが、選ぶときの基準として覚えておいてくださいね。

固さを選ばない万能な「波刃タイプ」。一本目におすすめ

固さを選ばない万能な「波刃タイプ」。一本目におすすめ

出典:amazon.co.jp

刃の形状がギザギザになった波刃タイプのパン切り包丁は、刃先の形状や数によって適したパンの固さが変わります。一般的には先が尖って鋭いものは固いパン向け、少しなめらかなものは柔らかいパンに向いていますので、参考にしてください。

また、最近ではさまざまな工夫の施された「両用タイプ」の波刃のパン切り包丁も販売されています。上記の刃先の形状は基準になりますが、商品詳細や口コミなどもチェックして使いやすいものを選ぶのがおすすめです。

やわらかいパン向けの「平刃タイプ」。研ぎ直しが可能で長く使える

やわらかいパン向けの「平刃タイプ」。研ぎ直しが可能で長く使える

出典:amazon.co.jp

パン切り包丁といえば波刃タイプのものが主流ですが、中には刃先が平らな平刃タイプも販売されています。こちらは固いパンには向きませんが、やわらかいパンをカットするのにはぴったり。ふわふわのパンにもスッと刃が入り、パンくずが出にくいのが特徴です。

また、お手入れのしにくい波刃と違い、研ぎ直しができるところも魅力。ただし、適したパンの種類が限られているので、汎用性の高いものをお探しの場合は波刃タイプの方がおすすめです。

部位によって刃の形状が変わる「波刃+平刃」は、便利だが価格が高い傾向も

部位によって刃の形状が変わる「波刃+平刃」は、便利だが価格が高い傾向も

出典:amazon.co.jp

最近では、刃の形状が部位によって違うパン切り包丁も販売されています。先の尖ったギザギザ刃やなめらかな波刃など場所によって刃の形状が変わるので、いろいろな固さのパンに対応できるのが魅力。使い方にコツは必要ですが、慣れてしまえばかなり使い勝手のいい包丁です。

ただし、高機能な分価格は一般的なパン切り包丁よりも高めの傾向が。パン切り包丁は基本的に家庭での研ぎ直しが難しい包丁なので、価格と使用頻度やパンの種類を比較してから検討してください。

薄切りが簡単にできる「電動式」。高額な商品が多く収納スペースが必要

薄切りが簡単にできる「電動式」。高額な商品が多く収納スペースが必要

出典:amazon.co.jp

業務用のイメージの強い電動式のパン切りナイフですが、最近では数千円で手に入る家庭向けのものも販売されています。普通のパン切り包丁よりは高額ですが、手作業では難しい薄切りにも対応。汎用性の高いものが多く、サンドイッチや巻きずしなども潰さずカットできるものもありとても便利です。

メリットの多い電動タイプですが、収納スペースをとり電源も必要になるというデメリットも。電動式を選ぶ場合は、使用頻度・価格・収納スペースなどを検討して必要かどうかを見極めてから購入しましょう。

刃渡りは20~25cmが使いやすい。収納できるかもチェック

刃渡りは20~25cmが使いやすい。収納できるかもチェック

出典:amazon.co.jp

家庭で使うパン切り包丁の刃渡りは、20~25cmくらいが使いやすく便利。柳刃包丁と同じくらいの長さなので、お持ちの方は目安にすると使い勝手のいいものが見つかりやすいですよ。

また、刃渡りの長い包丁は収納場所にも注意が必要。包丁スタンドなどをお持ちの方は、収納できるかもチェックしておきましょう。

ステンレス製は価格に比例。セラミックは欠けやすいので注意

ステンレス製は価格に比例。セラミックは欠けやすいので注意

出典:amazon.co.jp

パン切り包丁の材質の主流はステンレスです。このステンレスにモリブデンやバナジウムなどを添加し、硬度・耐摩耗性・耐久性・耐腐食性などを向上させているものもあります。切れ味や包丁としてのバランスは、価格に比例することが多いので安価なものに飛びつくのではなく、刃の材質に含まれている成分などもチェックして選びましょう。

また、軽くて錆びないセラミックタイプも人気です。ステンレス製よりも軽いので、女性に扱いやすいところもポイント。ただし、金属製の包丁に比べ強度が低いので、落としたりぶつけたりすると刃先が欠ける可能性もありますので、セラミック製のパン切り包丁を選ぶときはその点にも注意してください。

パンくずの入り込まない「柄」と「刃」の一体型がお手入れしやすい

パンくずの入り込まない「柄」と「刃」の一体型がお手入れしやすい

出典:amazon.co.jp

パンをカットするパン切り包丁の柄には、木製やプラスチック製など多種多様。デザイン性が高いものも多く目が行きがちです。しかし、お手入れの面で考えるとやはり一体型がおすすめ。特にパン切り包丁は調理用の包丁と違い、パンくずが柄の隙間に入り込みやすいので一体型の方が衛生的に保てます。

パン切り包丁の人気ランキング10選

ここからは、パン切り包丁のおすすめ商品を手動式と電動式にわけて人気順でご紹介します。まずは、手動タイプのパン切り包丁からご紹介しますので、選び方を参考にパンの種類に合わせて選んでくださいね。

10位

貝印ブレッディセレクト ソフトブレッド専用

AC-0055

1,246円 (税込)

刃の形状大きめのウェーブ刃
刃渡り約21cm
刃の素材ハイカーボンステンレス刃物鋼
天然木
9位
パン切り包丁 ヘンケルス HIスタイル パンナイフ
出典:amazon.co.jp

ヘンケルスHIスタイル パンナイフ

16716-401

1,855円 (税込)

刃の形状波刃
刃渡り20cm
刃の素材特殊ステンレス鋼
ポリプロピレン+ABS樹脂
8位

佐藤金属興業SALUS キュイジーヌ ブレッドナイフ

486円 (税込)

刃の形状波刃
刃渡り記載なし
刃の素材ステンレス
天然木
7位
刃の形状波刃(特殊ウェーブ刃)
刃渡り21cm
刃の素材特殊ステンレス鋼(モリブデン・パナジウム)
一体型
6位
パン切り包丁 グローバル ベーグル サンドイッチナイフ
出典:amazon.co.jp

グローバルベーグル サンドイッチナイフ

GS-61

7,560円 (税込)

刃の形状波刃
刃渡り16cm
刃の素材モリブデン・バナジウム
一体型
5位

貝印ブレッディ 焼きたてパン切り

AC-0054

1,050円 (税込)

刃の形状波刃
刃渡り約23cm
刃の素材ハイカーボンステンレス刃物鋼
天然木
4位
刃の形状波刃
刃渡り約20cn
刃の素材ステンレス刃物鋼
一体型
3位
刃の形状波刃
刃渡り22cm
刃の素材ステンレス
一体型
2位
パン切り包丁 貝印 関孫六 わかたけ パン切りナイフ
出典:amazon.co.jp

貝印関孫六 わかたけ パン切りナイフ

AB-5425

2,305円 (税込)

刃の形状波刃
刃渡り21cm
刃の素材ステンレス刃物鋼
ポリプロピレン製
1位

下村工業ヴェルダン パンスライサー

OVD-17

1,150円 (税込)

刃の形状波刃
刃渡り22.5cm
刃の素材モリブデン鋼
一体型

人気パン切り包丁の比較一覧表

商品画像
1
パン切り包丁 下村工業 ヴェルダン パンスライサー

下村工業

2
パン切り包丁 貝印 関孫六 わかたけ パン切りナイフ

貝印

3
パン切り包丁 グローバル パン切り

グローバル

4
パン切り包丁 AUGYMER パン切り包丁

AUGYMER

5
パン切り包丁 貝印 ブレッディ 焼きたてパン切り

貝印

6
パン切り包丁 グローバル ベーグル サンドイッチナイフ

グローバル

7
パン切り包丁 柳宗理 ブレッドナイフ

柳宗理

8
パン切り包丁 佐藤金属興業 SALUS キュイジーヌ ブレッドナイフ

佐藤金属興業

9
パン切り包丁 ヘンケルス HIスタイル パンナイフ

ヘンケルス

10
パン切り包丁 貝印 ブレッディセレクト ソフトブレッド専用

貝印

商品名

ヴェルダン パンスライサー

関孫六 わかたけ パン切りナイフ

パン切り

パン切り包丁

ブレッディ 焼きたてパン切り

ベーグル サンドイッチナイフ

ブレッドナイフ

SALUS キュイジーヌ ブレッドナイフ

HIスタイル パンナイフ

ブレッディセレクト ソフトブレッド専用

特徴価格・デザイン・お手入れの三拍子そろったスライサーオリジナルの「新刃付け」で切れ味を持続固くて刃が滑るようなハードなパンにもおすすめリーズナブルな価格が魅力。ちょっと使いにも最適山型食パンのカットにも便利な刃渡り23cm食卓での利用にもぴったりなコンパクトサイズ柳宗理デザインのおしゃれなブレッドナイフアウトドアでの利用にもおすすめなリーズナブルさドイツの老舗刃物メーカー「ヘンケルス」のブレッドナイフやわらかいパン用に作られた大きなウェーブ刃
価格1,150円(税込)2,305円(税込)9,720円(税込)1,370円(税込)1,050円(税込)7,560円(税込)4,935円(税込)486円(税込)1,855円(税込)1,246円(税込)
刃の形状波刃波刃波刃波刃波刃波刃波刃(特殊ウェーブ刃)波刃波刃大きめのウェーブ刃
刃渡り22.5cm21cm22cm 約20cn約23cm16cm21cm記載なし20cm約21cm
刃の素材モリブデン鋼ステンレス刃物鋼ステンレスステンレス刃物鋼ハイカーボンステンレス刃物鋼モリブデン・バナジウム特殊ステンレス鋼(モリブデン・パナジウム)ステンレス特殊ステンレス鋼ハイカーボンステンレス刃物鋼
一体型ポリプロピレン製一体型一体型天然木一体型一体型天然木ポリプロピレン+ABS樹脂天然木
商品リンク

電動式パン切り包丁の人気ランキング3選

次に、電動タイプのパン切り包丁をご紹介します。価格は手動式よりも高めですが、使用頻度の高い方は電動式の方が手間がかからない場合もあるので、チェックしてみてくださいね。
3位
パン切り包丁 クイジナート エレクトリック・ナイフ 並行輸入品
出典:amazon.co.jp

クイジナートエレクトリック・ナイフ 並行輸入品

CEK-40

7,011円 (税込)

刃の形状記載なし
刃渡り記載なし
刃の素材ステンレススチール
サイズ記載なし
パン以外の食材肉用ブレード付き
2位

Black&Decker電動ブレッド&マルチナイフ

EK700

2,626円 (税込)

刃の形状波刃
刃渡り約18.5cm
刃の素材記載なし
サイズ46×6×7cm
パン以外の食材ケーキ・巻きずし・野菜他
1位

CBジャパンエレクトリックナイフ

TOM-06

4,370円 (税込)

刃の形状波刃
刃渡り記載なし
刃の素材ステンレス・ABS樹脂
サイズ23.5×5.7×5.7cm(ブレードなし)
パン以外の食材ハム・巻きずし他

人気電動式パン切り包丁の比較一覧表

商品画像
1
パン切り包丁 CBジャパン エレクトリックナイフ

CBジャパン

2
パン切り包丁 Black&Decker 電動ブレッド&マルチナイフ

Black&Decker

3
パン切り包丁 クイジナート エレクトリック・ナイフ 並行輸入品

クイジナート

商品名

エレクトリックナイフ

電動ブレッド&マルチナイフ

エレクトリック・ナイフ 並行輸入品

特徴2枚のブレードでやわらかいパンもスパッとカット安心して使える安全ロック付きパン用と肉用のブレードが分かれているから衛生的
価格4,370円(税込)2,626円(税込)7,011円(税込)
刃の形状波刃波刃記載なし
刃渡り記載なし約18.5cm記載なし
刃の素材ステンレス・ABS樹脂記載なしステンレススチール
サイズ23.5×5.7×5.7cm(ブレードなし)46×6×7cm記載なし
パン以外の食材ハム・巻きずし他ケーキ・巻きずし・野菜他肉用ブレード付き
商品リンク

研ぎ直しには「波刃専用シャープナー」が必要

貝印波刃が研げるシャープナー

AP0163

972円 (税込)

ギザギザの波刃タイプのパン切り包丁は、普通の包丁の用に基本的には家庭で研ぎ直しができません。そのため、切れ味が悪くなったら買い替えが主流です。しかし、最近では上記のようなギザギザ刃に対応したシャープナーも登場しています。いいパン切り包丁を長く使いたい方は、専用のシャープナーも一緒に購入しておきましょう。

ただし、波刃が研げるシャープナーだからといって全てのパン切り包丁に対応しているわけではありません。研ぎ直しをお考えの方は、お使いのパン切り包丁がシャープナーに対応しているかも事前にチェックしてから購入してください。

食パンのカットには「パンカットガイド」付きが便利

食パンなどのカットには、パンの厚さを確認しながらまっすぐにスライスできるパンカットガイドの付いたパン切り包丁がおすすめです。特にホームベーカリーなどで食パンを焼く機会の多い方には必需品。パンカットガイドの有無で切り口は全く変わってきますよ。

パン切り包丁とガイドを別々に購入したい方は、以下の記事でもパンカットガイドの選び方とおすすめ商品をご紹介していますので、参考にしてください。

ケーキ用のナイフをお探しの方はこちら

パン切り包丁と共用で使っている方も多いケーキナイフですが、やはりカットしやすいのは専用タイプ。以下の記事ではケーキナイフの選び方とおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

パン切り包丁の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、パン切り包丁のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、おすすめのパン切り包丁をランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたか?

刃の形状や刃渡りなど、意外に選ぶポイントの多いパン切り包丁。満足できるパン切り包丁を手に入れて、綺麗にカットされたパンのおいしさをぜひご自宅で味わってくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す