• F1502a2b0cae41a947bb556cc3d59e656b70cc68
  • 6843671530b11eb471e0637a64a11eae8246cfab
  • 0459d10dc45f4daf1670ebff47781839afc37683
  • Bda56791df3dc182bbf3cc1b06aec108bb9c89c2
  • F28b925e5def55f8871623a71a459f828536fd23

【本当においしい!】市販のコーヒー豆・粉のおすすめ人気ランキング20選

自宅で手軽においしいコーヒーを楽しめる、コーヒー豆やコーヒー粉。スーパーや専門店で購入することができますが、ucc・セブンプレミアム・カルデイ・イオンなどから、業務用やエスプレッソ用などが販売されており、有名なモカ・キリマンジャロ等の種類やエチオピア産・ブラジル産・コロンビア産など産地もさまざまなので、どれを選べばいいのか難しいですよね。

今回は、どの商品が本当においしいのか知りたい!という人のために、実店舗だけでなく通販でも購入できる市販のコーヒー粉&豆を比較して、おすすめ順にランキングでご紹介したいと思います。ぜひ参考にして下さいね。

最終更新日:2017年07月29日 | 91,881views

コーヒー豆&粉の選び方のポイント

それでは早速、コーヒー豆&コーヒー粉の選び方のポイントから見て行きましょう。

手持ちの道具や飲む頻度にあわせて選ぶ

まずはコーヒー豆とコーヒー粉のメリット・デメリットを解説しますので、どちらを購入するか決める際の参考にしてください。

コーヒー豆:鮮度が高い状態で楽しめる、味にこだわる人におすすめ

すでにコーヒー豆を挽く道具「ミル」を持っている方には、断然豆の状態での購入がおすすめ。挽いていない豆は比較的管理が簡単で、まとめ買いしても鮮度が落ちる心配があまりありません。

ただ飲むときにはその都度コーヒー豆を挽くことから始めなければいけないので、やや面倒なのが難点。しかし挽き立てのコーヒーの方が味が良いことは確かなので、こだわりたい方はミルの導入から検討してみてはいかがでしょうか。

コーヒー粉:気軽に楽しめる、手間をかけたくない人におすすめ

お店で挽いた状態で売られているコーヒー粉は、そのままドリップするだけなので非常にお手軽。毎日何杯もコーヒーを飲むという方や、できるだけ手間をかけたくないという方に特におすすめです。しかし粉は豆の状態よりも劣化が早いので、飲み切るころには味が落ちてしまっていた、ということにもなりかねません。

美味しく飲むためには購入する量や保存方法に気を使う必要があるので、お手軽な割に意外と扱いが難しいタイプでもあります。ちなみに保存方法については記事後半で詳しく解説していますので、日ごろからコーヒー豆や粉の保管にお困りの方は、そちらもぜひ参考になさってください。

好みの味にあわせて選ぶ

さて、コーヒーで重要なのはやっぱり味ですよね。自分の好みにあった味を見つけるためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

ブレンドされている産地をチェック

レギュラーコーヒーには大きく分けて、単一の豆だけを使用した「ストレート」と、複数の豆を一定の割合で混ぜた「ブレンド」があります。このうちストレートの味に関しては産地の特徴を押さえれば良いので分かりやすいですが、ブレンドに関してはお店やメーカーによって配合割合が異なるので、パッケージや商品情報だけではなかなか判断できません。

そのため、原材料などを確認して「どんな産地の豆が使われているか」をチェックすることが大切です。中には「モカブレンド」「キリマンジャロブレンド」など主な銘柄を表示している商品もあるので、こういった情報を積極的に参考にしていきましょう。

焙煎度合いは「苦味」と「酸味」のバランス

焙煎の度合いも、コーヒーの味を決める重要な要素のひとつです。あまりこだわらない方は適当に選んでしまいがちですが、焙煎の深さによって苦味や酸味が変わってくるので、おおまかな傾向だけでも覚えておきましょう。

一般的に、ライトロースト・シナモンロースト・ミディアムローストなどの焙煎が浅いコーヒーは酸味が強く、ブラックコーヒーやアメリカンコーヒーとして楽しみやすいです。ハイロースト・シティローストは苦味と酸味のバランスが良く、いわば「普通のコーヒー」がこれに当たります。

そこから更に深くしたフレンチローストはミルクを入れてカフェオレとして飲むのにぴったり。最も焙煎の深いイタリアンローストは苦味も非常に強く、エスプレッソとしておなじみです。焙煎の度合いだけでもこれだけ味の特徴が変わるので、ぜひ銘柄とあわせて注目してみてくださいね。

具体的な味は口コミも参考に

どんなに銘柄や焙煎度合いを見極めても、実際のところは飲んでみなければ分かりません。店頭で購入する場合は香りなどもある程度参考にすることができますが、通販ではそれも難しいですよね。ということで、初めての銘柄に挑戦するときなどはぜひ口コミもチェックしてください。

味の好みは人それぞれなので、好き・嫌いという意見は参考にしづらいですが、「○○よりも酸味が強い」「すっきりした口あたりで飲みやすかった」など役立つ感想も意外とたくさんあります。「カフェオレにしたら絶妙だった!」など、自分の好きな飲み方の口コミを見つけたら、かなり参考にできますよね。美味しいコーヒーを味わうためのひと手間、こんなところにもかけてみてください。

飲み方やシーンにあわせて選ぶ

そのほか、飲み方やシーンにあったものを選ぶという方法もあります。

ミルクや砂糖を入れるなら味わいの変化もチェック

コーヒー豆やコーヒー粉の中には、ミルクや砂糖との相性を重視してブレンドされた商品もあります。ブラックで感じる風味とカフェオレにしたときに感じる風味はやはり異なるので、こうした味わいの変化もできるだけチェックしておきましょう。

ホット?アイス?飲む温度によって適した豆も変わる

コーヒー豆は、ホットで飲むか、アイスで飲むか、などシーンによっても選ぶべき豆や焙煎度合いが変わってきます。今回のランキングでは基本的にホットで飲むことを前提におすすめ商品をご紹介しますので、アイスコーヒー用にコーヒー豆をお探しの方は下記記事も参考になさってください。

コーヒー豆の最強おすすめ人気ランキング10選

それではいよいよ、おすすめ商品のランキング発表です。まずはコーヒー豆のおすすめ10選から。続いてコーヒー粉のおすすめ10選もご紹介しますので、ぜひそちらも参考になさってください!

10位:アバンス スペシャルブレンド

アバンス スペシャルブレンド 徳用 500g
720円(税込)

徳用パックながらどっしりとした苦味のある味わい

焙煎したてのコーヒー豆をたっぷり500g詰めた、アバンスのスペシャルブレンド徳用パック。パッケージングからして期待感は薄いかもしれませんが、価格の割に味はしっかりとしていて、深めの焙煎で苦味が強く出ています。スーパーなどで市販されているコーヒーは苦味が弱くていまいち、と感じている方は試してみてはいかがでしょう。

9位:キーコーヒー スペシャルブレンド

キーコーヒー スペシャルブレンド ライブパック 200g
538円(税込)

定番中の定番、バランスの良いレギュラーコーヒー

レギュラーコーヒーの定番、キーコーヒーのスペシャルブレンド。リーズナブルな価格ながらさすがの品質で、味はバランスよく無難にまとまっています。ただ若干酸味が強いので、苦手な方は気を付けたほうが良いかもしれません。

8位:加藤珈琲店 ゴールデンブレンド

加藤珈琲店 ゴールデンブレンド 500g
798円(税込)

ハイグレードなコーヒー豆を30%以上使用

ベースにグレードの高いコーヒー豆を贅沢に使用した、加藤珈琲店のゴールデンブレンド。焙煎はシティローストですがやや酸味があり、ほど良いコクと甘みにマッチします。価格もお手頃で、日常的に飲むのにぴったりなコーヒーです。しかし苦味が弱いので、深煎りが好きな方にはおすすめできません。

7位:藤田珈琲 エチオピアモカ100%直火焙煎珈琲

藤田珈琲 エチオピアモカ100%直火焙煎珈琲 400g
756円(税込)

エチオピア産モカ100%、直火深煎り焙煎

大阪の喫茶店からスタートした藤田コーヒーの、エチオピア産モカ100%にこだわった直火焙煎珈琲。深煎りですが意外とあっさりした味で、酸味やコクがちょうどよく飽きがこない味と評価される一方で、「深煎り」という表示に期待した方からは「薄すぎる」という声も。どちらかというと、普段使いに合っているコーヒーと言えるでしょう。

6位:澤井珈琲 コーヒー豆福袋

澤井珈琲 コーヒー豆福袋 500g×4
2,570円(税込)

人気のブレンド2種類をセットで楽しめる福袋

ブレンド・フォルティシモとビクトリーブレンドという2種類のブレンドを楽しめる、澤井珈琲の福袋。フォルティシモの方は香ばしさとあっさりとした風味が特徴の優しいブレンドとなっています。ビクトリーブレンドの方は、コクをかなり強く押し出しているのでカフェオレなどに最適。やや量が多いので、いきなり購入するのが不安な方は単品パックで試すことをおすすめします。

5位:KIRKLAND エスプレッソブレンド

KIRKLAND エスプレッソブレンド 907g
2,099円(税込)

苦味を味わうエスプレッソブレンド、カフェラテにもぴったり

スターバックス社が焙煎したコーヒー豆を使用した、カークランドのエスプレッソブレンド。コク・味ともにしっかりと深みがあり、酸味よりも苦味を重視したい方にぴったりなブレンドに仕上がっています。ミルクとの相性も抜群なので、カフェラテとして楽しむのもおすすめですよ。

4位:Musetti エボリューション

Musetti エボリューション 250g
1,659円(税込)

エスプレッソ好きがうなる最高級品質

デロンギのエスプレッソマシンを購入するとセットでついてくることから、エスプレッソマシン用コーヒー豆として認知されつつあるムセッティ。デロンギがおすすめするだけありその味はまさにエスプレッソにぴったりで、中でもこのエボリューションは味・香りともにちょうど良いと評判です。濃いめのブラックコーヒーが好きな方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

3位:KALDI プレミアムブレンド

KALDI プレミアムブレンド 200g
1,270円(税込)

中南米の代表的なコーヒー豆3種をブレンド

ブラジル産のコーヒー豆をベースに、コロンビア・グアテマラなどをブレンドしたカルディのプレミアムブレンド。焙煎度合いはやや深めで、ミルクや砂糖を入れて飲むのにもぴったりな苦味に仕上がっています。やや香りが控えめではありますが、その分クセが無いので毎日飲んでも飽きが来ない、おすすめのブレンドです。

2位:KIRKLAND ハウスブレンド

KIRKLAND ハウスブレンド 907g
1,999円(税込)

店頭の味を自宅で!おなじみのハウスブレンド

5位で登場したエスプレッソブレンド同様、こちらのハウスブレンドもスターバックスが焙煎した豆を使用しています。まさにスタバそのままの品質で、自宅でおなじみの味と香りが楽しめるので、普段からスタバのコーヒーを飲まれている方ならば気に入ること間違いなし。ちなみに、やや深煎りで苦味が強いため、アイスコーヒー用の豆として使用しても美味しいコーヒーが淹れられますよ。

1位:ジニスコーヒー スペシャルティコーヒー

ジニスコーヒー スペシャルティコーヒー 200g
1,650円(税込)

コーヒー好きなら一度は試してほしい、スペシャルティコーヒー

ジニスコーヒーのスペシャルティコーヒーは、ここまでご紹介したものとはちょっと毛色が違います。価格を見ていただければ分かる通り、かなり高級なコーヒー豆です。普段飲むにはややハードルが高いですが、その味はまさに上質で、しっかりとした甘味とフルーティーさを感じることができます。ちょっと特別な一杯をお探しの方に、ぜひ試していただきたいイチオシのコーヒー豆です。

コーヒー粉の最強おすすめ人気ランキング10選

続けて、コーヒー粉のおすすめランキングのご紹介です。

10位:illy エスプレッソ粉 ダークロースト

illy エスプレッソ粉 ダークロースト 250g
1,326円(税込)

本場イタリアのエスプレッソ用コーヒー粉

エスプレッソの本場イタリアのメーカー、イリーのエスプレッソ粉。時間をかけてゆっくりとダークローストに仕上げた豆は苦味が強く、一般的なコーヒーに慣れている方はミルクや砂糖を入れなければまともに飲めないほどです。通常のコーヒーメーカーで淹れるときは、やや分量を少なめにするとほど良い苦味を味わうことができますよ。

9位:小川珈琲店 カフェインレスブレンド

小川珈琲店 カフェインレスブレンド 180g
789円(税込)

カフェインレスなのに、確かな香りとコクを感じる

カフェインを97%カットした、妊娠中などにも安心して飲める小川珈琲店のカフェインレスブレンド。通常のコーヒーに比べるとどうしても劣りますが、香りもコクもカフェインレスとは思えないほどしっかりしています。コーヒーの飲み過ぎで胃の荒れが気になる方も、一度試してみてはいかがでしょう。

8位:AGF ブレンディ スペシャルブレンド

AGF ブレンディ スペシャルブレンド 1kg
1,310円(税込)

ごくごく飲める、苦味も酸味も主張しないあっさりした味わい

ブレンディのスペシャルブレンドは苦味と酸味がほど良くクセがないので、とにかくコーヒーをごくごく飲みたい方にぴったり。ただ味わってコーヒーを飲みたい方からすると単純に薄く感じられる可能性もあるので、あくまでも値段相応のレギュラーコーヒーとして考えておきましょう。

7位:キーコーヒー 缶スペシャルブレンド

キーコーヒー 缶スペシャルブレンド 340g
650円(税込)

定番のスペシャルブレンドが缶容器で楽しめる

コーヒー豆のランキングでも登場したキーコーヒーから、同じくスペシャルブレンドの粉タイプが登場。ブレンドは同じですが、ただ中挽きになっている影響か酸味と苦味がそれなりに強く、カフェオレで飲んでも違和感のない味になっています。缶容器で保存しやすいので、ご家庭はもちろん職場などで気軽に楽しむのにもぴったりですよ。

6位:UCC ゴールドスペシャル スペシャルブレンド

UCC ゴールドスペシャル スペシャルブレンド 1000g
1,323円(税込)

コスパ優秀、単品焙煎で豆の特徴を生かしたスペシャルブレンド

ひとつひとつの豆を「単品焙煎」している、UCCのスペシャルブレンド。味は苦味よりも酸味が目立つバランスで、後味にほど良いコクが残る仕上がりになっています。最終的には価格との相談になりますが、コスパを重視したい方にはこの辺りのコーヒーがやはりおすすめ。このブレンドは同価格帯の中でもかなりまとまっているので、飲んでおけばひとつの基準とすることもできますよ。

5位:珈琲実験室 珈琲実験室の有機コーヒー

珈琲実験室 珈琲実験室の有機コーヒー こだわり(深煎り) 200g
648円(税込)

フルシティローストによる力強いコクと苦味

商品名通り有機栽培のコーヒー豆にこだわった、珈琲実験室の有機コーヒー。焙煎はフルシティローストとなかなか深めで、苦味と力強いコクが印象的な味わいです。濃いブラックコーヒーが好きな方ならばストレートで楽しめますし、ミルクや砂糖を加えても風味が消えることはありません。またそのほか、力強さを活かして水出しコーヒー用の粉として使ってもおいしいですよ。

4位:AGF マキシム ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャル・ブレンド

AGF マキシム ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャル・ブレンド 1kg
1,382円(税込)

苦味と酸味を抑えて香りを最大限に

ブラジル産でグレードの高い豆を活かした、マキシムのスペシャルブレンド。リーズナブルなレギュラーコーヒーとしてはちょっと珍しいブレンドで、苦味と酸味をあえて抑えつつ香りを最大限引き出しています。味に関してはやはり値段相応といったところですが、香りの良さが満足感に直結するということを実感できる商品です。

3位:ヒルス リッチブレンド

ヒルス リッチブレンド(粉) 750g
945円(税込)
数ある定番コーヒーと比べてもコストパフォーマンスの高さが頭一つ抜けている、ヒルスのリッチブレンド。味は良く言えばキレが良い、悪く言えばコーヒーらしさが感じられない薄い仕上がり、と良くある徳用コーヒーですが、4位商品同様香りが立っているのが大きな特徴です。コストに対する満足感が高く、Amazonでも売れ筋ランキング1位の常連となっています。

2位:ラバッツァ クオリタ・オロ

ラバッツァ クオリタ・オロ VP (粉) 250g
890円(税込)

エスプレッソ用ながら普段使いにも適したバランスの良さ

ラパッツァはイリーと同じくエスプレッソの本場イタリアのメーカーで、このクオリタ・オロもやはりエスプレッソ用としての使用が前提のコーヒー豆です。しかしエスプレッソ用としてみるとやや苦味が弱く、むしろ普段使いにぴったりのバランスに仕上がっています。カプチーノやカフェラテで飲んでも豆の個性がしっかりと活きる、万能感のあるコーヒー粉です。

1位:小川珈琲 スペシャルティコーヒー009

小川珈琲 スペシャルティコーヒー009 粉 170g
851円(税込)

明るい酸味とチョコのような苦味が香る

ちょっと特別な時間に飲みたい、小川珈琲のスペシャルティコーヒー009。焙煎は中煎りでバランス良く、苦味も酸味もそこまで主張しません。ただ香りが一風変わっていて、まるでフレーバーコーヒーのようなほんのりと甘い香りを楽しむことができます。スペシャルティコーヒーとしては価格もかなりお手頃なので、まだ試したことのない方はこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

コーヒー豆&粉の保存方法

コーヒー豆や粉をおいしく保つには、正しく保存することが大切です。ということで、鮮度を保つにはどうすれば良いか以下にまとめてみました。

保存方法は粉末タイプと豆タイプによって少し異なる

粉末タイプはなるべく早く冷凍保存しましょう。豆の場合は、袋を開封してから1週間以内なら常温保存、それ以上になるのであれば粉末と同様に冷凍保存するのがおすすめです。

保存容器は自由ですが、缶やビンにいれて保存するよりフリーザーバッグなどを利用したほうが場所を取りません。使用するときは常温に戻す必要はなく、冷凍庫からそのまま取り出して使用すればOKです。

コーヒーを淹れる道具にもこだわってみませんか?

美味しいコーヒーを楽しみたいなら、やっぱり淹れる道具も重要です。下記記事ではコーヒーメーカーとサイフォンについて、選び方とおすすめ商品をそれぞれ紹介しています。ぜひこちらも参考にして、美味しいコーヒーを楽しんでくださいね。

コーヒー豆&粉の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、コーヒー豆&粉のAmazon・価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

仕事の合間やお菓子と一緒に飲みたいコーヒー。その香りとコクを堪能すれば気持ちをリフレッシュすることができます。仕事の手を止めてコーヒーと向き合えば、新たな気持ちで作業に取り組むことも可能ですよ。

20種類ものコーヒーを紹介してきたので、商品選びに少し迷うかもしれません。ですが、じっくりと考えて選んだ商品は皆さんに安らぎを与えてくれるでしょう。ぜひおいしいコーヒーを楽しんでくださいね!

人気の記事