• 【プロのバリスタが教える】コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【プロのバリスタが教える】コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【プロのバリスタが教える】コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【プロのバリスタが教える】コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【プロのバリスタが教える】コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【プロのバリスタが教える】コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング10選

毎日コーヒーを淹れているというコーヒー好きの方!コーヒー豆にこだわるだけでなく、コーヒー豆を保存しておく容器「コーヒーキャニスター」にもこだわって選んでみませんか?ハリオ・メリタ・オクソーなどさまざまなメーカーから、しっかり密封して風味の劣化を防ぎ、デザインもおしゃれな商品がたくさん登場しており、ちょっと工夫するだけで、おいしさが続くコーヒーを毎日味わうことができるようになりますよ♪

今回は人気の売れ筋商品について、機能や価格・口コミを比較して、おすすめのコーヒーキャニスターをランキング形式でご紹介したいと思います。国内外で活躍しているコーヒーバリスタの「石谷貴之さん」にお話も伺ってきたので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

この記事に登場する専門家

石谷 貴之
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 142,274  views
目次

【プロのバリスタが教える】コーヒーキャニスターの選び方

コーヒーキャニスターとは、コーヒー豆を保存しておくための容器のことです。

今回は、Japan Barista Championship準優勝など数々の実績をお持ちのフリーランスバリスタ「石谷貴之さん」に、コーヒーキャニスターの選び方のポイントなどを取材しました。

コーヒーキャニスターは、コーヒーの風味を劣化させないためにも、適切なサイズや遮光性・密封性に優れたものを選ぶことが重要です。しかし石谷さんいわく「正直どのメーカーのコーヒーキャニスターを選んでも大差はない」とのこと。

そんな中でどのようにコーヒーキャニスターを選べば良いのでしょうか。選び方をいくつかのポイントに分けてご紹介していきますね!
【プロのバリスタが教える】コーヒーキャニスターの選び方
<取材協力:石谷 貴之さん>
Freelance Baristaとして、バリスタ育成(トレーニング)やショップの立ち上げ、イベント内でのコーヒーサーブ、セミナー開催など幅広く活動中。SATURDAYS NYCでは国内4店舗におけるコーヒー部門のディレクションを務め自らも店舗に立つ。2015.09にはWACKO MARIA初の基盤店PARADISE TOKYOのコーヒー部門のディレクションを担う。

これまで、Japan Barista Championship 2009.2012.2015 準優勝、Asia Barista Championship 日本代表、Japan Latte Art Championship 審査員、Coffee Fest Latte Art 世界選手権 審査員など実績多数。
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
性能だけでなく、コーヒーキャニスターがあることでテンションが上がるものを選ぶことも大切です。デザインや色、置く場所に合ったものを選んでみると、選ぶのも使うのもさらに楽しくなることでしょう。

1か月で使いきれるサイズを選ぼう

1か月で使いきれるサイズを選ぼう
コーヒー豆は空気にある酸素に触れることで酸化し、時間が経つにつれてどんどん風味が落ちていってしまいます。

風味が落ちていないおいしい状態のコーヒーを飲むためにも、1か月で使いきれるくらいのコーヒー豆の量が入るコーヒーキャニスターを選びましょう。
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
コーヒー豆をキャニスターに移してから良い状態で飲める期間は、長くても焙煎後1か月まで。

1杯あたりに使用するコーヒーは平均15gほどですから、「1日1杯コーヒーの抽出を行うなら、15g×30日=450g」つまり500gほどが入るキャニスターのサイズが最適です。1日何杯分コーヒーを淹れるか把握できるといいですね。

キチンと密閉できるものを選ぼう

キチンと密閉できるものを選ぼう
サイズの項目でもご紹介したとおり、コーヒー豆の風味の劣化は空気に触れることで進んでしまいます。コーヒー豆に空気を触れさせないために、外気をキチンとシャットアウトできる密閉性の高いコーヒーキャ二スターを選びましょう。
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
キャニスターでしっかりと蓋をできるかどうかが、キャニスター選びの最重要ポイント。

キャニスター内にある空気までしっかり抜けるような、密閉力の強いものを選ぶようにしましょう。

保存は直射日光の当たらない場所に!遮光性が高いとより安心

コーヒーの風味の劣化は、光に当たることでも起こってしまいます。石谷さんも「コーヒーキャニスターを光が直接当たる場所に長時間置いておくのは厳禁」とコメント。どんなコーヒーキャニスターを選んだとしても、直射日光の当たらない冷暗所や冷蔵庫などに保存するようにしましょう。

それでも光が当たってしまいそうで不安だという方は、遮光性の高いコーヒーキャニスターを選ぶことで、より光による劣化を防ぐことができます。
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
最も避けたいことは直射日光です。そこさえ守っていただけたらそこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ。

それでも心配!という方は、遮光性の高いホーロー製や陶器製やといった中が見えない商品を選ぶといいですね。

コーヒーキャニスターに使用されている素材で選ぼう

コーヒーキャニスターに使用されている素材は、ガラス・金属・ホーローなどさまざま。ここでは主な素材の特徴をご紹介していきますので、好みのアイテムを選ぶ参考にしてみてくださいね♪
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
素材によって密封性や遮光性など多少異なることはありますが、気にするほどの差ではありません。デザインの好みや置き場所に合わせて選ぶのが一番大切です。

ガラス製は中身の確認が簡単!

ガラス製は中身の確認が簡単!

出典:amazon.co.jp

ガラス製は密封性が高いのが特徴です。さらに透明になっていますので、中身の確認がしやすいのもポイント。ただし、光を通しやすいのが難点です。

遮光性バツグンの金属製

遮光性バツグンの金属製

出典:amazon.co.jp

金属製は、遮光性に優れているのが特徴。密封性も高いものが多く、質感もおしゃれだとの声も多い素材です。しかし、ステンレス製などは臭いが移ることがありますので注意が必要です。

扱いやすさピカイチのプラスチック製

扱いやすさピカイチのプラスチック製

出典:amazon.co.jp

プラスチック製は、軽い・落としても割れない・密封しやすいと、扱いやすいのが最大の特徴です。ただし遮光性にはあまり優れていませんが、中にはUVカット加工がされているものもありますよ。

ホーロー製はおしゃれで臭いも付きにくい!

ホーロー製はおしゃれで臭いも付きにくい!

出典:amazon.co.jp

ホーロー製は、デザインがおしゃれなものが多いのが特徴。デザイン性にもこだわって選びたいという方におすすめの素材です。また耐火性があり傷も臭いも付きにくいのもポイントです。

遮光性と密閉性に優れた陶器製

遮光性と密閉性に優れた陶器製

出典:amazon.co.jp

陶器製は遮光性に優れていますので、光による風味の劣化を防ぐのにぴったりな素材です。また密封性に優れたものも多く、傷が付きにくいのも魅力です。

【プロのバリスタが教える】コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング10選

お待たせしました!ここからは、人気のコーヒーキャニスターをおすすめ順にランキング形式で発表していきます。

これまでご紹介した選び方を踏まえているのはもちろん、全ての商品を石谷さんに評価してもらっていますので、性能面でもお墨付きの商品がたくさん登場しますよ!
10位
コーヒーキャニスター 富永伊弼料理道具 コーヒー豆専用 桐製保存容器
出典:kk-mizuno.com

富永伊弼料理道具コーヒー豆専用 桐製保存容器

10,270円 (税込)

サイズ7×10.3×18cm
密閉性
遮光性
素材
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
密閉性にやや不安が残ることと値が張ることから10位にランクインしました。しかしながら、職人さんが1つ1つ丁寧に作ってくださっている点は特別感もあり魅力的ですね。
9位

イヴァーク密封フードストレージコンテナ

6,698円 (税込)

サイズ約9.5×15×18cm(709mℓ)・約9.5×25cm(1.36ℓ)
密閉性
遮光性
素材ガラス・ステンレス・ABS樹脂・シリコン
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
変わったデザインと機能性に惹かれます。しかし値段が高いのが気になります。
8位

ロロキャニスターベーシック コーヒー

34203

1,058円 (税込)

サイズ直径9.4×10.2cm(320ml)
密閉性
遮光性
素材陶器・天然木・シリコン
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
雰囲気重視ならこれ!可愛らしいデザインで女性に人気の商品です。しかし、他と比べると密閉力にやや不安が残るので8位となりました。
7位

パール金属コーヒー豆保存密閉容器 アルゴ

MK-4149

1,380円 (税込)

サイズ(S)外径10×9cm(390ml)・(M)外径10×14cm(720ml)・(L)外径10×19cm(1000ml)
密閉性
遮光性
素材アクリル樹脂・鉄(クロムめっき)・合成ゴム
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
6位の商品とは機能的には差がありませんが、サイズがあまりないため7位にランクインしました。
6位
サイズ約外径12.5×9cm(750ml)・外径12.5×12cm(1.1L)・外径12.5×15cm(1.4L)・外径12.5×19cm(1.8ml)
密閉性
遮光性
素材ステンレス・シリコン
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
サイズのバリエーションが豊富だから、多くの人が選びやすい商品です。
5位

オクソーコーヒー&ティー ポップコンテナ レクタングル

1195400

2,949円 (税込)

サイズ11×11×16cm(900ml)・16×11×16cm(1.4L)
密閉性
遮光性
素材AS樹脂・ABS樹脂・ポリアセタール・ステンレス鋼
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
ワンタッチ開閉と遮光性で、ナンバーワンと言ってもよいほどの機能性の高さです。
4位
サイズ胴形10.2×10.6cm(500ml)・胴形10.6×17.7cm(1L)・胴形13×23.5cm(2L)・胴形17.5×29.5cm(4L)
密閉性
遮光性
素材ソーダライムガラス
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
シンプルなデザインだからこそ、使いやすい一品です。ほかの食材と並べておいても、すぐにコーヒー豆だと判別できるのがよいですね。
3位

ゼロジャパンコーヒーキャニスター

CO-200

2,251円 (税込)

サイズ直径10.5×16cm(800ml)・直径10.5×24.5cm(1.42L)
密閉性
遮光性
素材陶器・18-8ステンレス・シリコン
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
カラーバリエーション豊富なのが、選ぶ楽しさをアップさせています。陶器製ですので、光による劣化も防いでくれますよ。
2位

メリタステンレス キャニスター

MJ-2156

3,024円 (税込)

サイズ直径11×13cm(800ml)
密閉性
遮光性
素材ステンレス・シリコン
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
コーヒーメーカーが出していることもあり、密閉性が高いのがおすすめポイントです。ステンレス臭も少なく、デザインもシンプルで使い勝手がよいのも魅力ですね!
1位
サイズ(M)直径9.9×14.2cm(800ml)・(L)直径9.9×18.9cm(1L)
密閉性
遮光性
素材耐熱ガラス・シリコン・ABS樹脂・ステンレス
石谷 貴之
バリスタ
石谷 貴之さんのコメント
フタのつまみを上げ下げするとしっかりと密閉され、密閉度が高いので風味が外に逃げていくことも最小限に抑えることができます。コスパも考慮するとかなりのおすすめ品です!

おすすめ人気 コーヒーキャニスターの比較一覧表

商品画像
1
コーヒーキャニスター ハリオ 珈琲キャニスタ―

ハリオ

2
コーヒーキャニスター メリタ ステンレス キャニスター

メリタ

3
コーヒーキャニスター ゼロジャパン コーヒーキャニスター

ゼロジャパン

4
コーヒーキャニスター 星硝 密封びん

星硝

5
コーヒーキャニスター オクソー コーヒー&ティー ポップコンテナ レクタングル

オクソー

6
コーヒーキャニスター UZIPAL ステンレスキャニスター

UZIPAL

7
コーヒーキャニスター パール金属 コーヒー豆保存密閉容器 アルゴ

パール金属

8
コーヒーキャニスター ロロ キャニスターベーシック コーヒー

ロロ

9
コーヒーキャニスター イヴァーク 密封フードストレージコンテナ

イヴァーク

10
コーヒーキャニスター 富永伊弼料理道具 コーヒー豆専用 桐製保存容器

富永伊弼料理道具

商品名

珈琲キャニスタ―

ステンレス キャニスター

コーヒーキャニスター

密封びん

コーヒー&ティー ポップコンテナ レクタングル

ステンレスキャニスター

コーヒー豆保存密閉容器 アルゴ

キャニスターベーシック コーヒー

密封フードストレージコンテナ

コーヒー豆専用 桐製保存容器

特徴値段・性能・デザインよし!三拍子揃ったコスパ最強コーヒ...世界的なコーヒーメーカー製だからこそ安心して使える!豊富なカラーバリエーションで、選んで楽しい飾ってうれしい!シンプルだから使いやすいロングセラー商品ワンタッチで簡単開閉しっかり密封!軽量・丈夫・おしゃれなステンレス製キャニスターアクリル製だから、軽くて丈夫!キッチンをおしゃれに飾ろう♪中身の量で、蓋の位置を変えられる!桐箪笥職人が1つ1つ丁寧に
価格550円(税込)3,024円(税込)2,251円(税込)955円(税込)2,949円(税込)1,880円(税込)1,380円(税込)1,058円(税込)6,698円(税込)10,270円(税込)
サイズ(M)直径9.9×14.2cm(800ml)・(L)直径9.9×18.9cm(1L)直径11×13cm(800ml)直径10.5×16cm(800ml)・直径10.5×24.5cm(1.42L)胴形10.2×10.6cm(500ml)・胴形10.6×17.7cm(1L)・胴形13×23.5cm(2L)・胴形17.5×29.5cm(4L)11×11×16cm(900ml)・16×11×16cm(1.4L)約外径12.5×9cm(750ml)・外径12.5×12cm(1.1L)・外径12.5×15cm(1.4L)・外径12.5×19cm(1.8ml)(S)外径10×9cm(390ml)・(M)外径10×14cm(720ml)・(L)外径10×19cm(1000ml)直径9.4×10.2cm(320ml)約9.5×15×18cm(709mℓ)・約9.5×25cm(1.36ℓ)7×10.3×18cm
密閉性
遮光性
素材耐熱ガラス・シリコン・ABS樹脂・ステンレスステンレス・シリコン陶器・18-8ステンレス・シリコンソーダライムガラスAS樹脂・ABS樹脂・ポリアセタール・ステンレス鋼ステンレス・シリコンアクリル樹脂・鉄(クロムめっき)・合成ゴム陶器・天然木・シリコンガラス・ステンレス・ABS樹脂・シリコン
商品リンク

まとめ

今回はおすすめのコーヒーキャニスターをご紹介しましたが、気になる商品は見つかりましたか?

いくらおいしいと評判のコーヒー豆を購入しても、保存方法が間違っていたら台無しです。せっかくの風味が外に逃げ出してしまい、香りも味もどんどん悪くなってしまいます。とっておきのコーヒーキャニスターを選んで、おいしくて楽しいコーヒーライフをエンジョイしてみてくださいね♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す