• コーヒーミルのおすすめ人気ランキング20選【手動式・自動式ともに厳選!】のアイキャッチ画像1枚目
  • コーヒーミルのおすすめ人気ランキング20選【手動式・自動式ともに厳選!】のアイキャッチ画像2枚目
  • コーヒーミルのおすすめ人気ランキング20選【手動式・自動式ともに厳選!】のアイキャッチ画像3枚目
  • コーヒーミルのおすすめ人気ランキング20選【手動式・自動式ともに厳選!】のアイキャッチ画像4枚目
  • コーヒーミルのおすすめ人気ランキング20選【手動式・自動式ともに厳選!】のアイキャッチ画像5枚目

コーヒーミルのおすすめ人気ランキング20選【手動式・自動式ともに厳選!】

本当に美味しいコーヒーを味わうには、コーヒーミルで挽きたての豆を淹れることが一番の近道。香りも味も挽きたてに勝るものはありません。しかし、ひと口にコーヒーミルと言っても、実はとっても種類が豊富。ハリオ・カリタ・メリタなど多くのメーカーから販売されているため、どれを選べばよいか迷ってしまいませんか。

そこで今回は、コーヒーミルの選び方と、通販でも手軽に購入できる、人気の高いおすすめ商品をランキング形式でご紹介。手動式から最新鋭の電動カット式までバラエティ豊かに取り揃えました。ぜひ、自分にぴったりのコーヒーミルを見つけて、極上の一杯を味わってみてくださいね。

この記事に登場する専門家

石谷 貴之
平岡 佐智男
eri
  • 最終更新日:2019年07月19日
  • 32,751  views
目次

コーヒーミルの選び方

まずはコーヒーミルの選び方からご紹介します。極上の一杯を味わうために、使い勝手の良い最適な逸品を見つけましょう。

使い方に合わせてタイプを選ぶ

まず最初に決めておきたいのは、手動式と電動式のどちらにするのかということです。それぞれのメリット&デメリットをふまえ、購入してから後悔しないように、自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

手間をかけたいこだわり派には、手動式がおすすめ

手間をかけたいこだわり派には、手動式がおすすめ

ゴリゴリと鳴る音色とコーヒーの香りを楽しめるのが、手動式のコーヒーミル。コーヒーにこだわりのある方に最適です。


アンティーク風の商品やスタイリッシュなステンレス製など、さまざまなデザインが選べるのも手動式の大きな魅力。電源がいらないエコ商品であるうえ、軽いので持ち運びも楽々です。アウトドアで使いたい方にも向いています。


但し、小さめの商品の場合、挽くのには多少力が必要で、思い通りの挽き具合になるまで時間がかかることも。また、電動に比べ、一度に挽ける量も限られます。そういったデメリットも含め、ゆったりと挽く時間も楽しめる方なら、手動式がぴったりです。

毎日使うなら手軽な電動式をチョイス

毎日使うなら手軽な電動式をチョイス
毎日手軽に楽しみたい方には、短時間で簡単に挽ける電動式がおすすめです。また、全員が毎朝コーヒーを飲むというご家庭なら、手動で何度も引くのは大変なもの。電動式なら一度にたくさん挽くことができるので便利です。

一方、デメリットは電源が必要であることや、作動音の大きい機種があること。商品によっては置き場所を確保するのに困る大きめサイズもあります。摩擦熱による味わいへの影響を気にされる方もいるようですが、大量に挽くのでなければ短時間で済むので、さほど問題ではありません。

手動式は使い勝手&デザインで選ぶ

手動式・電動式の違いを押さえたら、次は、それぞれの選び方を確認しておきましょう。まずは、とても種類が豊富な手動式の選び方から。実際に毎日使われているバリスタさんへのインタビューを元に、ポイントをピックアップしてみました。

使いやすさ重視なら、ハンドルが長い大きめサイズを

使いやすさ重視なら、ハンドルが長い大きめサイズを
全体的な使いやすさを考えるなら、どっしりと安定感のある商品を選びましょう。とくに女性や力に自信のない方は、なるべく力のいらない商品がおすすめです。ハンドルは長い方が回しやすくて便利。縦回しの商品もありますが、回しやすさやデザインの好みで決めればOKです。

いつも少量しか挽かないから小さめの方が…などと思う方もいるかもしれませんが、購入する場合は、大きめサイズがおすすめ。大きめなものほど安定感があり、しっかりハンドルを回せるため、余計な力がいりません。

購入後に、思ったより挽くのが大変で使わなくなってしまったなどということがないよう、ハンドルが長めの大きいサイズを選びましょう。

持ち運んで使う場合は、小さめサイズもアリ

持ち運んで使う場合は、小さめサイズもアリ
アウトドアレジャーなど、旅行先でも美味しいコーヒーにこだわりたいという方には、持ち運びに便利な軽量の小さめサイズもおすすめです。電源も必要ないため、どこでも挽けるのが手動式のメリット。多少挽く力は必要になりますが、手軽さも考えれば小さめサイズがベストです。

キャンプの朝、キレイな空気と美しい景色を眺めながらゴリゴリ…なんて素敵ですよね。コーヒー通なら、朝の一杯のためにとことんこだわってみませんか?

蓋つきアンティークは、雰囲気も楽しめる

蓋つきアンティークは、雰囲気も楽しめる
手動式を選ぶ方の中で、一番多い理由が「お洒落だから」。普段は電動式を使っているけど、インテリアとして気に入っているなどという方も…。スタイリッシュでモダンな商品からアンティーク風でレトロ感たっぷりの逸品まで、デザインバリエーションが豊富なことも手動式の魅力です。

手動式は休日にしか使わないなどという方には、ホコリも防ぐ蓋つきのものがおすすめ。お気に入りの一台があれば、漂う香りや挽く雰囲気も心ゆくまで堪能できます。ゆったりコーヒータイムを楽しみましょう。

香りを楽しみたいなら、蓋なしタイプをチョイス

香りを楽しみたいなら、蓋なしタイプをチョイス

せっかく手動式を選ぶなら、コーヒー豆の香りも存分に楽しみたいもの。そんなコーヒーの香りを楽しみたい方におすすめなのが、蓋なしタイプのコーヒーミルです。蓋なしタイプは、簡単にササッと豆を入れられるメリットもあり、使用頻度が高い方には特に人気があります。


また、掃除やメンテナンスがしやすいことも人気の理由。但し、豆を入れすぎると挽くときに飛びやすいため注意が必要です。ゆっくりと落ち着いて豆を挽く余裕がある方は、ぜひとも豊かな香りに包まれる蓋なしタイプを試してみてくださいね。

電動式は挽き具合&置き場所がポイント

続いては、電動式コーヒーミルの選び方をピックアップ。一番の基準となるのは、挽き具合です。大きく分けて3種類の挽き方の違いにより、仕上がりが変わります。また、手動に比べると大きめな商品も多いため、置き場所も考慮して選んでいきましょう。

高精度な挽き具合にこだわるなら、カット式を

高精度な挽き具合にこだわるなら、カット式を

カフェなどで業務用としても多く利用されているのが、カット式コーヒーミル。均等で微粉が少なく精度の高い挽き具合にできるのが、カット式の大きな魅力です。作動時間も短いため、香りを逃がしません。大きめで作動音は大きくなりますが、それよりも精度の高さを重視する方におすすめです。


豆を切り刻むカッターはフラットタイプとコニカルタイプの2種類。どちらも精度が高いですが、フラットタイプの方が価格が高めです。プロが使用しているだけあり、誤差が生じやすいメンテナンス後の微調整もほとんど不要。フラットタイプなら高精度な挽き具合が持続するため、初心者でも安心です。

精度や使いやすさ重視なら、臼式がおすすめ

精度や使いやすさ重視なら、臼式がおすすめ

出典:amazon.co.jp

臼式ミルを単純に説明すれば、手動式コーヒーミルの電動式バージョン。歯車ですり潰すように挽くため、グラインド式とも言われています。臼式の挽き具合は粒ぞろいで微粉も少なく、操作も比較的簡単。手動式と同じゴリゴリという作動音はありますが、所要時間も短いため気になりません。

カット式に比べるとサイズも価格もお手頃。挽き具合や完成度、置き場所などのバランスが良いのが臼式の魅力です。但し、微粉が静電気などでくっ付きやすいため、メンテナンスは欠かせません。手動式の挽き具合が好きだけど、毎日は辛い…なんて方は臼式を選んでみてくださいね。

プロペラ式ならリーズナブル&コンパクト

プロペラ式ならリーズナブル&コンパクト
挽きたてのコーヒーを楽しみたいけれど、面倒くさいし、それほどお金もかけたくないという方におすすめなのがプロペラ式。ミキサー式とも呼ばれ、高速回転するプロペラによって粉砕するタイプです。価格もリーズナブルでコンパクトなサイズもたくさん。手軽に使えるのもプロペラ式の魅力です。

但し、何度か混ぜながら粉砕しなければならないことや、挽き具合を自分で調節しなければならないことから、微粉も多く発生し、精度が高いとは言えません。また、挽き具合にもよりますが、他の2タイプに比べ、所要時間もかかります。

淹れ方に合わせて選ぶ

コーヒーの淹れ方に合う挽き方ができるかどうかも大切なポイント。どんな挽き具合も自由自在という高性能な商品もありますが、どうしても極細が難しい機種もあります。意外と重要なポイントですので、確認しておくと後々スムーズにお気に入りの味わいが楽しめますよ。

エスプレッソには、極細・細挽きが可能なものを

エスプレッソには、極細・細挽きが可能なものを
普段からエスプレッソや水出しコーヒーなど、濃いめの味わいが好きな方には、極細・細挽きが手軽にできるコーヒーミルがおすすめ。風味を損なわない短時間で、ふんわりと細やかな粉が挽きあがることが重要なポイントです。

もっとも合うのはカット式の電動コーヒーミル。次いで臼式の電動タイプになります。所用時間が短く、精度の高い極細挽きの粉で、極上のエスプレッソを味わいましょう。

ドリップ・サイフォン式は、中挽き・中細挽きができればOK

ドリップ・サイフォン式は、中挽き・中細挽きができればOK

ハンドドリップやコーヒーメーカー、サイフォン式で淹れる場合は、一般的に中細挽きや中挽きがおすすめです。家庭でコーヒーを楽しむ場合のもっともメジャーな方法だけに、基本的にはどのコーヒーミルを選んでもOK。比較的選択幅が広いのがこの淹れ方になります。


他の選択基準も考慮するなら、しっかり挽き方が固定できるカット式がおすすめ。ゆったりと1杯分だけ淹れることが多い場合は、手動式も良いでしょう。自分のスタイルに合わせ、粒の揃った挽き方ができる商品を選びましょう。

フレンチプレス・パーコレーターなら粗挽きで微粉が少ないものが◎

フレンチプレス・パーコレーターなら粗挽きで微粉が少ないものが◎
フレンチプレスやパーコレーターなど、コーヒー粉がお湯に浸かる時間が長い場合は、粗挽きがおすすめ。微粉がはいると、味に雑味が出やすいため、微粉が少ないものや取り除きやすいコーヒーミルがおすすめです。

利用しやすさで考えれば、手動や電動の臼式、もちろんカット式もOK。粗挽きであれば、比較的簡単にできますので、操作に慣れればミキサータイプもいいですよ。

風味にこだわるなら刃の材質もチェック

風味にこだわるなら刃の材質もチェック
手動式・電動式の両方に共通して言えるのが、刃の材質をチェックすること。基本的には金属製の商品がメインですが、特に手動式の場合は、劣化しにくいセラミック製の刃を使用しているコーヒーミルもあります。

通販であれば、ほとんんどの商品で製品情報欄に材質が記載されているため、購入前にも確認可能です。抜群の風味を楽しみたい、金属臭の無い商品にこだわりたいなら、セラミック製が増えている手動式商品から選ぶことをおすすめします。

プロの愛用するおすすめのコーヒーミル

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのコーヒーミルをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、使い方に合わせて選んでくださいね。
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト

コーヒーミル(手動)のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめのコーヒーミルを選び方のポイントをふまえ、「手動式編」「電動式編」に分けてピックアップしていきます。まずは、手動式のコーヒーミルから見ていきましょう。バラエティ豊かなラインナップを楽しんでくださいね。

10位

RIVERSコーヒーグラインダーグリット

8,250円 (税込)

サイズ幅5・奥行5.4・高さ16.1cm
あり
最大容量20g
セラミック
9位
サイズ幅4.7・高さ13・口径4.7cm
あり
最大容量30g
セラミック
8位
コーヒーミル ケイズプランニング コーヒーミル アンティーク調 1枚目
出典:amazon.co.jp

ケイズプランニングコーヒーミル アンティーク調

5,168円 (税込)

サイズ幅13・奥行13・高さ26cm
あり
最大容量
鋳鉄
7位
コーヒーミル パール金属 キャプテンスタッグ コーヒーミル 1枚目
出典:amazon.co.jp

パール金属キャプテンスタッグ コーヒーミル

UW-3501

2,826円 (税込)

サイズ本体:径4.6・高さ13.5cm・ ハンドル:2.8・11.3・高さ3.5cm
あり
最大容量17g
セラミック
6位
コーヒーミル スノーピーク フィールドバリスタミル 1枚目
出典:amazon.co.jp

スノーピークフィールドバリスタミル

CS-116

8,618円 (税込)

サイズ幅16・奥行4.8・高さ16cm
あり
最大容量
セラミック
5位
サイズ幅14.5㎝・奥行14.5㎝・高さ22㎝
あり
最大容量40g
硬質鋳鉄
4位

オトクラシステンレス コーヒーミル

1,980円 (税込)

サイズ径4.5・高さ17.5・持ち手15cm
あり
最大容量
セラミック
3位
コーヒーミル ハリオ 手挽き コーヒーミル セラミック スリム 1枚目
出典:amazon.co.jp

ハリオ手挽き コーヒーミル セラミック スリム

2,103円 (税込)

サイズ幅15・奥行7.24・高さ22・口径7cm
あり
最大容量24g
セラミック
2位
コーヒーミル ポーレックス セラミックコーヒーミル 1枚目
出典:amazon.co.jp

ポーレックスセラミックコーヒーミル

6,380円 (税込)

サイズ径4.9・高さ19.2cm
あり
最大容量30g
セラミック
1位
コーヒーミル HARIO セラミックコーヒーミル
出典:amazon.co.jp

HARIOセラミックコーヒーミル

MSCS-2B

2,139円 (税込)

サイズ幅17.2㎝・奥行9.3㎝・高さ23.1㎝
あり
最大容量100g
セラミック

人気コーヒーミル(手動)の比較一覧表

商品画像
1
コーヒーミル HARIO セラミックコーヒーミル

HARIO

2
コーヒーミル ポーレックス セラミックコーヒーミル 1枚目

ポーレックス

3
コーヒーミル ハリオ 手挽き コーヒーミル セラミック スリム 1枚目

ハリオ

4
コーヒーミル オトクラシ ステンレス コーヒーミル 1枚目

オトクラシ

5
コーヒーミル カリタ クラシックミル

カリタ

6
コーヒーミル スノーピーク フィールドバリスタミル 1枚目

スノーピーク

7
コーヒーミル パール金属 キャプテンスタッグ コーヒーミル 1枚目

パール金属

8
コーヒーミル ケイズプランニング コーヒーミル アンティーク調 1枚目

ケイズプランニング

9
コーヒーミル SULIVES 手挽き コーヒーミル 1枚目

SULIVES

10
コーヒーミル RIVERS コーヒーグラインダーグリット 1枚目

RIVERS

商品名

セラミックコーヒーミル

セラミックコーヒーミル

手挽き コーヒーミル セラミック スリム

ステンレス コーヒーミル

クラシックミル

フィールドバリスタミル

キャプテンスタッグ コーヒーミル

コーヒーミル アンティーク調

手挽き コーヒーミル

コーヒーグラインダーグリット

特徴丸ごと洗えるスケルトンミルコンパクトでスタイリッシュな見た目がおしゃれ!挽き目が見えるから、粒の調節がしやすい!滑り止めゴムがついていて、しっかり握って挽ける!重厚感あふれるクラッシックデザインアウトドア用品メーカーのコーヒーミル。屋外で楽しめる!金属臭のしないセラミック刃で、コーヒーの風味を損なわない!デザインにこだわりたい方に!アンティーク調のコーヒーミルおしゃれなハンドルホルダー付き!持ち運びも便利コンパクトで持ち運びやすく場所を選ばない
最安値
2,118
送料要確認
詳細を見る
6,380
送料別
詳細を見る
2,103
送料要確認
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
2,545
送料無料
詳細を見る
8,618
送料要確認
詳細を見る
2,826
送料要確認
詳細を見る
4,728
送料別
詳細を見る
2,399
送料要確認
詳細を見る
8,250
送料別
詳細を見る
サイズ幅17.2㎝・奥行9.3㎝・高さ23.1㎝径4.9・高さ19.2cm幅15・奥行7.24・高さ22・口径7cm径4.5・高さ17.5・持ち手15cm幅14.5㎝・奥行14.5㎝・高さ22㎝幅16・奥行4.8・高さ16cm本体:径4.6・高さ13.5cm・ ハンドル:2.8・11.3・高さ3.5cm幅13・奥行13・高さ26cm幅4.7・高さ13・口径4.7cm幅5・奥行5.4・高さ16.1cm
ありありありありありありありありありあり
最大容量100g30g24g40g17g30g20g
セラミックセラミックセラミックセラミック硬質鋳鉄セラミックセラミック鋳鉄セラミックセラミック
商品リンク

コーヒーミル(電動)のおすすめ人気ランキング10選

続いては、電動式コーヒーミルのご紹介です。選び方の基準である挽き方に注目し、好みに合う使い勝手の良い商品を見つけてみましょう。
10位

ラッキーコーヒーマシンボンマック コーヒーミル

BM-250N

35,088円

サイズ幅12・奥行27・高さ36cm
あり
最大容量200g
挽き具合
カット式
9位
サイズ径9.5・高さ19cm
あり
最大容量60g
挽き具合挽く時間で調節可
プロペラ式
8位

ラッセルホブス電動コーヒーミル

7660JP

3,720円 (税込)

サイズ幅12.5・奥行12.5・高さ21.5cm
あり
最大容量60g
挽き具合挽く時間で調節可
プロペラ式
7位
コーヒーミル カリタ コーヒーミルネクストG
出典:amazon.co.jp

カリタコーヒーミルネクストG

61092

35,700円 (税込)

サイズ幅21.6・奥行12.4・高さ40cm
あり
最大容量60g
挽き具合
カット式(フラット刃)
6位
サイズ幅9.8・奥行9.8・高さ18.3cm
あり
最大容量70g
挽き具合挽く時間で調節可
プロペラ式
5位
サイズ幅9.9×奥行8.2×高さ17.8cm
あり
最大容量50g
挽き具合中挽き
プロペラ式
4位
コーヒーミル デロンギ コーン式コーヒーグラインダー
出典:amazon.co.jp

デロンギコーン式コーヒーグラインダー

KG364J

10,150円 (税込)

サイズ幅13.5㎝・奥行19.5㎝・高さ27.5㎝
なし
最大容量250g
挽き具合14段階調節可
カット式(コニカル刃)
3位
コーヒーミル Melitta 電動コーヒーミルパーフェクトタッチII
出典:amazon.co.jp

Melitta電動コーヒーミルパーフェクトタッチII

CG-5B

6,529円 (税込)

サイズ幅11.3㎝・奥行15.3㎝・高さ21.9㎝
あり
最大容量100g
挽き具合4段階調節可
臼式
2位
コーヒーミル カリタ コーヒーミルナイスカットG
出典:amazon.co.jp

カリタコーヒーミルナイスカットG

#61101

28,512円 (税込)

サイズ幅12㎝・奥行21.8㎝・高さ33.7㎝
あり
最大容量50g
挽き具合15段階調節可
カット式(フラット刃)
1位
サイズ幅16・奥行き13・高さ23cm
あり
最大容量
挽き具合5段階調整可
ステンレス

人気コーヒーミル(電動)の比較一覧表

商品画像
1
コーヒーミル homgeek 電動コーヒーミル 1枚目

homgeek

2
コーヒーミル カリタ コーヒーミルナイスカットG

カリタ

3
コーヒーミル Melitta 電動コーヒーミルパーフェクトタッチII

Melitta

4
コーヒーミル デロンギ コーン式コーヒーグラインダー

デロンギ

5
コーヒーミル カリタ 電動コーヒーミル 1枚目

カリタ

6
コーヒーミル Melitta 電動 コーヒーミル 1枚目

Melitta

7
コーヒーミル カリタ コーヒーミルネクストG

カリタ

8
コーヒーミル ラッセルホブス 電動コーヒーミル 1枚目

ラッセルホブス

9
コーヒーミル KYG 電動コーヒーミル 1枚目

KYG

10
コーヒーミル ラッキーコーヒーマシン ボンマック コーヒーミル 1枚目

ラッキーコーヒーマシン

商品名

電動コーヒーミル

コーヒーミルナイスカットG

電動コーヒーミルパーフェクトタッチII

コーン式コーヒーグラインダー

電動コーヒーミル

電動 コーヒーミル

コーヒーミルネクストG

電動コーヒーミル

電動コーヒーミル

ボンマック コーヒーミル

特徴スピーディーに挽けて、好みの挽き具合も選べる!業務用ミルをお洒落&コンパクトにコンパクトサイズでらくらくカフェタイム低速グラインダーで豊かな香りを楽しむ50gの豆を15秒で中挽きにしてくれる、スピーディーなミルワンタッチ操作の簡単さが魅力!シンプルなコーヒーミルシンプルだけど抜群の高機能スタイリッシュなデザインが◎操作感も簡単!透明の蓋で、豆の挽き具合がチェックしやすい!レトロな雰囲気が素敵な、カット式のコーヒーミル
最安値
2,680
送料要確認
詳細を見る
27,500
送料別
詳細を見る
5,800
送料無料
詳細を見る
9,880
送料無料
詳細を見る
2,192
送料要確認
詳細を見る
2,200
送料別
詳細を見る
35,340
送料無料
詳細を見る
3,684
送料無料
詳細を見る
1,998
送料無料
詳細を見る
要確認
サイズ幅16・奥行き13・高さ23cm幅12㎝・奥行21.8㎝・高さ33.7㎝幅11.3㎝・奥行15.3㎝・高さ21.9㎝幅13.5㎝・奥行19.5㎝・高さ27.5㎝幅9.9×奥行8.2×高さ17.8cm幅9.8・奥行9.8・高さ18.3cm幅21.6・奥行12.4・高さ40cm幅12.5・奥行12.5・高さ21.5cm径9.5・高さ19cm幅12・奥行27・高さ36cm
ありありありなしありありありありありあり
最大容量50g100g250g50g70g60g60g60g200g
挽き具合5段階調整可15段階調節可4段階調節可14段階調節可中挽き挽く時間で調節可挽く時間で調節可挽く時間で調節可
ステンレスカット式(フラット刃)臼式カット式(コニカル刃)プロペラ式プロペラ式カット式(フラット刃)プロペラ式プロペラ式カット式
商品リンク

長く愛用するためのメンテナンスのコツ

長く愛用するためのメンテナンスのコツ

手動式でも電動式でも、美味しく安定した味わいを長く楽しむためには、メンテナンスは欠かせません。お手入れが面倒では?と思いがちですが、使いやすいアイテムを揃えて上手に使えば、キレイにお掃除するのも簡単ですよ。


たとえば、細めのブラシと静電気にも対応できる帯電除去ブラシを使えば、静電気で張り付いた粉をお掃除するのに便利。また、コーヒー豆には油脂が含まれているため、刃の部分にこびりつきやすいですが、柔らかい布を使えば、しっかりと拭き取ることができますよ。


なお、コーヒーミルの中には、コーヒー豆以外の食材を粉砕できるものもありますが、コーヒーを美味しく飲むために使うなら、他の食材を入れないのがベター。いくらお掃除したとしても、他の食材のニオイが残り、香りが混ざってしまう可能性があります。コーヒーは香りが重要なので、コーヒー専用で使ってくださいね。

コーヒー豆にもこだわろう!

お気に入りのコーヒーミルを手に入れたら、コーヒー豆にもこだわってみましょう。産地はもちろん、酸味やコクの決め手となる焙煎度合いもチェックすれば、自分にピッタリものを見つけることができますよ。以下の記事でも、おおすすめのコーヒー豆をたくさん紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コーヒーミルの売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、コーヒーミルのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

コーヒー愛好家なら、やっぱり挽きたてのコーヒーにこだわりたいもの。コーヒーミルで、飲む分だけ挽く贅沢な時間は至福の一杯を演出してくれます。今回は、手動式・電動式それぞれのおすすめ商品をご紹介させていただきましたが、お気に入りの逸品は見つかりましたか?

ゆっくり手動で挽く手間や音色、香りを楽しむも良し、手軽に電動式で毎朝のコーヒータイムを楽しむも良し、選ぶ基準はいろいろです。レトロな手動式や最新鋭のカット式など、魅力的な商品のラインナップから、自分のカフェスタイルに合うコーヒーミルを見つけ、極上の味わいを楽しみましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す