1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. 【徹底比較】スライサーのおすすめ人気ランキング19選
【徹底比較】スライサーのおすすめ人気ランキング19選

【徹底比較】スライサーのおすすめ人気ランキング19選

食材を薄く切りたいときに便利な調理器具、スライサー。最近では薄切りだけでなく、千切り・細切り・みじん切りなどに対応したものやセット商品なども人気です。そんな便利なスライサーですが、業務用のような大きなものからニトリや100均で買えるものまでたくさんの商品があり、どの商品が仕上がりがよく、安全で使いやすいスライサーなのか気になりませんか?

今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のスライサー19商品を比較して、最もおすすめのスライサーを決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. 千切りキャベツの仕上がり
  2. スライスし終わるまでのスピード
  3. 使い勝手

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?スライサーの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年06月30日更新
  • 394,123 views

検証のポイント

売れ筋のスライサー19商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 千切りキャベツの仕上がり

    検証① 千切りキャベツの仕上がり

    まずはキャベツを千切りにしたときの「仕上がり」を検証します。「キャベツは厚すぎないか」「ふんわりと盛り付けられるか」「水気が多くないか」という視点で仕上がりをチェックし、最もおいしそうに仕上がったものから高評価としました。キャベツは1/4玉に統一し、厚み調整機能のあるものは最も薄くスライスする設定で検証しています。

  • スライスし終わるまでのスピード

    検証② スライスし終わるまでのスピード

    次に、刃の切れ味やスライサーの構造を総合的に検証するため、きゅうりを使って「スライスし終わるまでのスピード」を検証します。今回は長さを10cmに揃えたきゅうりを使い、スライスし終わるまでのスピードを計測します。スライスの厚みによってきゅうりが短くなるスピードが変わってしまうため、厚みを調整できるものはできるだけ差が出ないよう設定し、往復速度にも差が出ないように検証しました。

  • 使い勝手

    検証③ 使い勝手

    最後に、スライサーの「使いやすさ」を検証します。実際にキャベツときゅうりをスライスして以下のポイントをチェックし、総合的な使いやすさを評価しました。柄の握りやすさ使用中の安定感スライスするときの抵抗感洗いやすさスライスしたときに食材が挟まらないか厚み調整機能の有無安全ホルダーの有無収納時の安全性

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    スライサーの選び方

    スライサーを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

    ① 刃の幅が広いと使いやすい!刃幅80mm以上のものを選ぼう

    刃の幅が広いと使いやすい!刃幅80mm以上のものを選ぼう

    スライサーを選ぶ場合は多くの野菜に対応できるように、できるだけ幅が広いものを選びましょう。


    札幌ホクレン青果株式会社によると、Lサイズの玉ねぎは直径70mm以上80mm未満とされているので、刃幅80mm程度を目安に選ぶとよいでしょう。


    大きすぎるとスペースを取ってしまいますので、収納場所もイメージしてちょうどよいサイズのものを選んでくださいね。

    ② 機能性で選ぼう

    スライサーには、薄切りだけでなく様々な切り方ができるものや、キャベツの千切りに特化した専用スライサーなどもあります。便利な反面で使用頻度が低いと持て余してしまいますので、本当に必要な機能を備えているものを選びましょう。

    汎用性の高いベーシックな薄切りスライサー

    汎用性の高いベーシックな薄切りスライサー

    薄切りスライサーはもっともベーシックなタイプのスライサーです。汎用性も高く、きゅうりならサラダに、玉ねぎならオニオンスライス、キャベツなら千切りなど、たくさんの野菜・レシピに対応することができます。


    また、厚み調整機能付きのスライサーなら生食用の薄切りや揚げ物などに適した厚切りなど、さらにレシピの幅が広がります。できるだけ物を増やしたくない・とりあえず1つスライサーがほしいという方にもおすすめです。

    千切りやみじん切りも可能な多機能スライサー

    千切りやみじん切りも可能な多機能スライサー

    なかには薄切りだけでなく千切り・細切り・みじん切りなどに対応した多機能なスライサーもあります。写真のように1台で複数の切り方ができるものや、複数のスライサーがセットで販売されているものもありますので、収納スペースや使用頻度に適したものを選んでください。


    一方で、商品によっては溝や可動部が多く、お手入れが大変というデメリットも。多機能スライサーを選ぶ場合は本当に必要な機能だけをチェックして、複雑すぎない構造のものを選ぶのがおすすめです。

    あっという間に千切りキャベツができる、キャベツ専用のスライサーも!

    あっという間に千切りキャベツができる、キャベツ専用のスライサーも!

    サラダや揚げ物の付け合わせなど、何かと出番の多いキャベツの千切りに特化した専用スライサーも販売されています。半玉でもまるごとスライスできるような幅の広いキャベツスライサーがあれば、均一な薄さのふわふわ千切りキャベツを簡単に作ることができますよ。


    一方で、収納時にその大きさがデメリットになる場合もありますが、普通のスライサーよりも幅が広いため、家庭で調理するほとんどの野菜に対応することができます。キャベツの千切りをたくさん作りたい方・色々な野菜をスライスしたい方に最適です。

    大量に調理するなら電動スライサーもおすすめ

    大量に調理するなら電動スライサーもおすすめ

    一度にたくさんスライスしたい方・安全にスライスしたい方には電動スライサーがおすすめです。自動で食材をスライスしてくれるため長時間使用しても疲れないうえに、刃に触れることもないので安全に使用することができます。


    しかし、サイズが大きく部品も多いため、お手入れや収納が大変なのが難点です。電動スライサーを選ぶ場合は、どこまで分解できるかなどのお手入れ方法と本体サイズをチェックしましょう。

    ③ 安全ホルダーの有無を確認しよう

    安全ホルダーの有無を確認しよう

    スライサーを選ぶ際には安全ホルダーが付属しているかどうかを確認しましょう。安全ホルダーとはスライサーの刃から指を守る付属品のことで、内側に突起がついているため小さくなった食材でも安全にスライスすることができます。


    安全ホルダーがあると食材をスライスするときはもちろん、収納時の安全性もアップすると言われています。実際に安全ホルダーを使用してわかった検証結果も後ほどご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

    売れ筋の人気スライサー全19商品を徹底比較!

    スライサーの検証

    それではさっそく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のスライサー19商品をすべて購入し、どれが最もおすすめのスライサーなのかを検証していきます。なお、今回検証するのは野菜全般用の手動スライサーに限定しました。


    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:千切りキャベツの仕上がり
    検証②:スライスし終わるまでのスピード
    検証③:使い勝手

    今回検証した商品

    1. サンクラフト|キャベツ用スライサー
    2. OXO|ハンディスライサー
    3. ベンリナー|ジャンボベンリナー
    4. ニトリ|スライサー(キャベツスライサー)
    5. 下村工業|プログレード 厚み調整機能付スライサー
    6. 富士商|ドイツ製スライサー
    7. アーネスト|3倍速トリプルウェーブ 千切りスライサー
    8. 下村企販|とんかつ屋さん キャベツスライサー
    9. Börner|ベルナー V3スライサーセット Vトレンド(オレンジ)
    10. 貝印|SELECT100 スライサー (厚み調節機能付)
    11. 大創産業|厚み調整スライサー
    12. 京セラ|セラミックスライサー(厚み調節機能付き)
    13. エコー金属|ワイドスライサー
    14. 愛工業|野菜調理器Qシリーズ 薄切り
    15. 愛プロダクツ|回転式野菜調理器
    16. ノーブランド|野菜スライサーセット
    17. イオントップバリュ|HOME COORDY スライサー
    18. ノーブランド|スライサーセット
    19. kaedesera|7in1 FRUIT&VEGETABLE CUTTER

    検証① 千切りキャベツの仕上がり

    千切りキャベツの仕上がり

    まずはキャベツを千切りにしたときの「仕上がり」を検証します。


    「キャベツは厚すぎないか」「ふんわりと盛り付けられるか」「水気が多くないか」という視点で仕上がりをチェックし、最もおいしそうに仕上がったものから高評価としました。


    キャベツは1/4玉に統一し、厚み調整機能のあるものは最も薄くスライスする設定で検証しています。

    【検証結果ハイライト】刃の切れ味で仕上がりに大きな差が!オールインワン商品は切れ味が悪い

    【検証結果ハイライト】刃の切れ味で仕上がりに大きな差が!オールインワン商品は切れ味が悪い

    厚み調整機能の有無よりも、刃の切れ味の差によって仕上がりにも大きな差が出ることがわかりました。


    幅広のキャベツスライサーで作った千切りにはほとんど大きな差はありませんでしたが、1台で何役も兼ねるようなオールインワンの商品は刃の切れ味が悪いうえに食材をスライスする場所も狭く、小刻みに動かしているうちに写真(下)のようなボロボロとした仕上がりになってしまいました。


    ほとんどのスライサーが少し触れただけで指を切ってしまいそうな刃の鋭さなのに対し、オールインワンのスライサーの刃にはそのような鋭さを感じません。仕上がりを重視する場合はオールインワンの商品は避けたほうが無難です。

    検証② スライスし終わるまでのスピード

    スライスし終わるまでのスピード

    次に、刃の切れ味やスライサーの構造を総合的に検証するため、きゅうりを使って「スライスし終わるまでのスピード」を検証します。


    今回は長さを10cmに揃えたきゅうりを使い、スライスし終わるまでのスピードを計測します。


    スライスの厚みによってきゅうりが短くなるスピードが変わってしまうため、厚みを調整できるものはできるだけ差が出ないよう設定し、往復速度にも差が出ないように検証しました。

    【検証結果ハイライト】スピードが遅いことよりもきゅうりが刃に挟まることのほうがストレスに…

    【検証結果ハイライト】スピードが遅いことよりもきゅうりが刃に挟まることのほうがストレスに…

    スライスするスピードに直結したのはやはりスライスの厚みでしたが、スライスしたきゅうりが刃に挟まり、手前に戻ってきてしまうことのほうがストレスを感じるうえに、スピードにも少なからず影響していることがわかりました。


    スライスした食材を下に落とすための隙間が狭く、より薄くスライスできるものほど食材が挟まりやすい傾向にあります。


    スライスした食材が刃に挟まらないようにするには、刃の手前にあるスライスした食材を下に落とすための隙間が広いものを選ぶことをおすすめします。

    検証③ 使い勝手

    使い勝手

    最後に、スライサーの「使いやすさ」を検証します。


    実際にキャベツときゅうりをスライスして以下のポイントをチェックし、総合的な使いやすさを評価しました。


    1. 柄の握りやすさ
    2. 使用中の安定感
    3. スライスするときの抵抗感
    4. 洗いやすさ
    5. スライスしたときに食材が挟まらないか
    6. 厚み調整機能の有無
    7. 安全ホルダーの有無
    8. 収納時の安全性

    【検証結果ハイライト】安全ホルダーは必須!爪の大きさと配置・安全ホルダーを本体に固定できるかもチェック

    【検証結果ハイライト】安全ホルダーは必須!爪の大きさと配置・安全ホルダーを本体に固定できるかもチェック

    食材をスライスするときのためにも、収納しておくときのためにも、やはり安全ホルダーは必須ということがわかりました。


    ただし、安全ホルダー付きであればどんなものでもいいというわけではなく、より使いやすいものを選ぶには安全ホルダーの爪は適切な大きさで十分に配置されているか・安全ホルダーを本体に固定できるかどうかというところに注目しましょう。


    安全ホルダーの爪が小さすぎると食材に深くまで刺さらず、スムーズにスライスすることができません。逆に大きな爪であっても、爪が大きすぎたり数が少なかったりすると食材が外れやすくなってしまいます。


    また、本体に固定できる安全ホルダーであれば安全にスライサーを収納することができますが、固定できない安全ホルダーは収納時に安全でないばかりか、かさばってしまう可能性もあります。

    No.1
    スライサーベストバイ

    サンクラフトキャベツ用スライサー

    BS-271

    1,186円(税込)

    総合評価

    3.90
    • 仕上がり: 5.0
    • スピード: 2.0
    • 使い勝手: 4.0

    初めてのキャベツスライサーとしてもおすすめ!仕上がり・切れ味抜群で使い勝手も◎

    1位に輝いたのはサンクラフトのキャベツスライサー。厚みの調整はできませんが、適度に薄く水っぽさもないふんわりとしたキャベツの千切りを作ることができました!


    切れ味が良く刃の抵抗も少ないため、キャベツの飛び散りも少ないです。スライスしたきゅうりも戻らず、ストレスなくスライスすることができます。刃もしっかり埋め込まれており、隙間に野菜カスが挟まってしまうこともないのでお手入れも簡単です!


    スピードの評価は低いもののスライスの厚さが薄いためで、使い勝手に問題はありません。柄も握りやすく、ボウルに引っ掛けるための切り欠きも上下に合計4つあるため、安定感もばっちり。初めてのキャベツスライサーとしてもおすすめな、ベストバイスライサーです!

    刃の素材ステンレス
    刃幅120mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー
    その他付属品-
    全体サイズ約382×140×18mm
    No.2

    OXOハンディスライサー

    1119100

    3,080円(税込)

    総合評価

    3.70
    • 仕上がり: 3.0
    • スピード: 4.0
    • 使い勝手: 4.0

    機能性・清潔感・スタイリッシュなデザインを兼ね揃えた優秀スライサー

    厚み調整は収納用も含めて4段階で、つまみがついているので簡単に厚みを変えることができます。一番薄い角度では水分がやや目立つものの、かなり薄く仕上げることができました。刃の切れ味も良く、引っ掛かりも少ないです。


    ゴム製の柄が下向きになっており、握りやすく安定感があります。また、刃の手前部分が透明で汚れを見つけやすいところも◎。刃の周辺に食材も挟まりにくいので、お手入れの時間もかかりません。


    さらに、刃を収納用に寝かせられるだけでなく、安全ホルダーを本体に固定して安全に収納することができます。お値段は少々お高めですが、一般的なサイズのスライサーのなかでは特におすすめです!

    刃の素材ステンレス
    刃幅74mm
    厚み調整機能
    安全ホルダー
    その他付属品-
    全体サイズ約280×100×60mm
    No.3

    ベンリナージャンボベンリナー

    3,366円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 仕上がり: 5.0
    • スピード: 3.0
    • 使い勝手: 3.0

    大きくて便利!汎用性の高い万能スライサー

    今回検証した幅の広い大型スライサーのなかで、唯一厚みの調整ができるこちらの商品。スライサーの裏に大きなダイヤルがついており、ダイヤルを回すことによって厚みを自由に調整することができます。目盛りなどの表示がないため、できる限り薄くスライスできるように調整しました。


    気になる仕上がりは最高評価!水っぽさもなくキャベツの厚みも一定で、ふんわりとした千切りを作ることができました。刃の切れ味もよく、キャベツもきゅうりもストレスなくスライスすることができます。


    ただし、ダイヤルによる厚みの調整がわかりにくく、ダイヤルも含めて溝や隙間が多いので丁寧にお手入れする必要があります。慣れればそこまで気になりませんので、スライサーを使ってお料理の幅を広げたい方におすすめです。

    刃の素材ステンレス
    刃幅115mm
    厚み調整機能
    安全ホルダー
    その他付属品-
    全体サイズ約300×143×23mm
    No.4

    ニトリスライサー(キャベツスライサー)

    8978055

    999円(税込)

    総合評価

    3.45
    • 仕上がり: 4.5
    • スピード: 3.0
    • 使い勝手: 3.0

    厚み調整ができなくても十分な仕上がり。収納時の安全性も◎

    厚みの調整ができないわりにかなり細かく、水っぽさも少なくバランスのよい千切りを作ることができました。スライス中のキャベツの飛び散りも少なく、快適にスライスすることができます。


    柄はバーのようになっているので慣れるまでは違和感がありますが、大きいこともあり安定感は十分です。安全ホルダーも本体に固定することができるので、安全に収納することができます。切れ味も良く、価格に見合う満足感がありました。

    刃の素材ステンレス
    刃幅118mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー
    その他付属品-
    全体サイズ約140×340×50mm
    No.5

    下村工業プログレード 厚み調整機能付スライサー

    PGS-03

    947円(税込)

    総合評価

    3.35
    • 仕上がり: 2.5
    • スピード: 3.0
    • 使い勝手: 4.0

    安全性・使い勝手は高評価だが、スライスしたキュウリが戻ってきてしまうのが残念

    収納用も含めて4段階の角度に刃を調整できますが、一番薄くスライスする角度では非常に細かい仕上がりで、水っぽさも目立ってしまいました。


    柄の握りやすさや安定感は問題なく、安全ホルダーも爪が長いため食材をしっかりとホールドしてくれます。また、安全ホルダーを本体に固定できるため、収納時も安全です。


    しかし、きゅうりをスライスしているとスライスしたきゅうりが戻ってきてしまい、スライサーにたくさん貼り付いてしまいます。さらに可動部に隙間があり野菜カスが挟まってしまうなど、洗いにくさも足を引っ張る結果になりました。

    刃の素材ステンレス
    刃幅81mm
    厚み調整機能
    安全ホルダー
    その他付属品-
    全体サイズ約295×100×34mm
    No.6

    富士商ドイツ製スライサー

    TNS3000

    3,789円(税込)

    総合評価

    3.35
    • 仕上がり: 3.5
    • スピード: 4.0
    • 使い勝手: 3.0

    汎用性も高く総合力は平均以上だが、洗いにくさが大きなデメリット

    厚みは9段階まで調整可能でみじん切り用の刃も3パターンあり、汎用性の高さは抜群。スライサーの中心に重心が来るような形状になっており、使用中の安定感もあります。キャベツの仕上がりも問題なく、きゅうりも切れ味の良さを実感するような速さでスライスすることができました。


    一方で、安全ホルダーが使いにくい点と洗いにくい点でこの順位に落ち着きました。スライサーの縁が高く、安全ホルダーの爪も短いためうまく食材をホールドしてスライスすることができません。また、隙間やギミックが多く野菜カスが洗い流しにくいので、ブラシなどを使って洗うと良いでしょう。

    刃の素材ステンレス
    刃幅87mm
    厚み調整機能
    安全ホルダー
    その他付属品-
    全体サイズ約125×340×60mm
    No.7

    アーネスト3倍速トリプルウェーブ 千切りスライサー

    A-77107

    1,980円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 仕上がり: 3.0
    • スピード: 4.0
    • 使い勝手: 3.0

    3枚刃で時短調理に◎。コツは必要だが切れ味も問題なし

    波打った形状の刃が3枚セットされており、1枚刃のスライサーよりも速くスライスすることができます。切れ味も問題なく、水っぽさも少なくふんわりとした仕上がりです。


    一方で、スライサーの最後まで食材を動かしきらないとスライスした部分が切り離れず、食材にくっついたままになってしまうデメリットも。スライスするスピードは速いですが、動作としては大きくなります。慣れるまではやや扱いにくいものの、コツを掴めばかなりの時短が望める商品です。

    刃の素材ステンレス
    刃幅88mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー
    その他付属品-
    全体サイズ約100×315×30mm
    No.8

    下村企販とんかつ屋さん キャベツスライサー

    35950

    1,222円(税込)

    総合評価

    3.15
    • 仕上がり: 3.5
    • スピード: 3.0
    • 使い勝手: 3.0

    厚みの調整ができず、仕上がりは可もなく不可もなく

    その名の通り、キャベツに特化したキャベツ用のスライサー。幅が広いため、キャベツの大きさによっては半玉まるごと一気にスライスすることができます。厚みの調整ができないため仕上がりは普通。非常に良いというわけではありませんが、包丁で切るよりもふわふわに仕上がりました。


    刃の抵抗がなくスライスした食材が戻ってくることもないので、きゅうりもスパスパとスライスできます。柄が手にフィットしない形状である点、刃の部分に隙間が空いていてキャベツの破片が入り込んでしまいお手入れが大変なのが残念でした。

    刃の素材ステンレス
    刃幅120mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー
    その他付属品-
    全体サイズ約146×380×18mm
    No.9

    Börnerベルナー V3スライサーセット Vトレンド(オレンジ)

    25,429円(税込)

    総合評価

    3.10
    • 仕上がり: 2.0
    • スピード: 5.0
    • 使い勝手: 3.0

    キャベツの千切りには不向きだが、切れ味とスライスしやすさは抜群!

    刃がV字になっているため、キャベツのような大きな食材でも端から挟み込むようにスライスすることができます。刃の切れ味も良く、スパスパと心地よい切り心地です。


    しかし、厚みの調整ができないためかなり厚く、キャベツの千切りには向きません。そのほかの食材もレシピを選びますが、付属のプレートをセットすればみじん切りも作ることができます。構造が複雑なので洗いにくいですが、ケース付きで収納時の安全性はばっちりです。

    刃の素材ステンレス
    刃幅98mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー
    その他付属品プレート(みじん2種)
    全体サイズ約365×125×60mm
    No.10

    貝印SELECT100 スライサー (厚み調節機能付)

    DH5700

    936円(税込)

    総合評価

    2.90
    • 仕上がり: 4.0
    • スピード: 1.0
    • 使い勝手: 3.0

    切れ味抜群だからこそ、安全ホルダーがないのが惜しい

    さすが貝印と言えるほどの切れ味の良さで、音も抵抗も小さく心地よい切り心地です。薄くても水っぽくならず、ふんわりと仕上がりました。


    柄は下に向かってややカーブしており、しっかりと握れる形状です。厚みの調整も収納用含めて5段階に分かれており、簡単に厚みを変えることができます。しかし可動部に隙間が多く、洗いにくさが気になります。切れ味が良いだけに、安全ホルダーが付属していないところも残念です。

    刃の素材ステンレス
    刃幅74mm
    厚み調整機能
    安全ホルダー-
    その他付属品-
    全体サイズ約278×92×19mm
    No.11

    大創産業厚み調整スライサー

    330円(税込)

    総合評価

    2.85
    • 仕上がり: 3.5
    • スピード: 4.0
    • 使い勝手: 2.0

    仕上がりと切れ味は良いが、刃の抵抗が大きく使いにくい

    全体的に水っぽさはあるものの、比較的細かさも均一でふんわりとした仕上がりは予想以上でした。厚みも7段階ほどと細かく調整することができますが、刃が浮いているのかスライスするときの抵抗が非常に大きいです。


    きゅうりを奥にスライスさせ、奥から手前に引いて持ってくるときに引っかかってしまいます。切れ味は悪くないため、とりあえず安いスライサーをお探しの方には良いでしょう。

    刃の素材ステンレス
    刃幅74mm~75mm
    厚み調整機能
    安全ホルダー-
    その他付属品-
    全体サイズ約220×87×20mm
    No.12

    京セラセラミックスライサー(厚み調節機能付き)

    CSN-182WHP

    1,035円(税込)

    総合評価

    2.85
    • 仕上がり: 2.5
    • スピード: 3.0
    • 使い勝手: 3.0

    仕上がりと使用感はいまいち。セラミック刃で錆びないところは◎

    厚み調整でかなり薄くスライスできるものの水分が出てしまい、ふんわりと盛り付けることができませんでした。千切りの薄さ(細かさ)だけなら1,2を争う薄さです。


    刃の手前にある板の高さを変えて厚みの調整をする構造ですが、調整するためのパーツが動かしにくいためストレスを感じます。セラミック刃は切れ味も良く錆びないので、お手入れが苦手な方には向いています。

    刃の素材ファインセラミックス
    刃幅76mm
    厚み調整機能
    安全ホルダー
    その他付属品-
    全体サイズ約283×92×25mm
    No.13

    エコー金属ワイドスライサー

    110円(税込)

    総合評価

    2.65
    • 仕上がり: 3.5
    • スピード: 3.0
    • 使い勝手: 2.0

    低価格にしては満足感のある仕上がり。使い勝手は値段相応

    水っぽさも少なく、ふんわりとしたキャベツの千切りを作ることができました。きゅうりもスパスパとスライスすることができ、刃の切れ味も良いです。


    しかし、柄がなく本体に穴が開いているだけの構造で、ボウルに引っ掛けるだけの切り欠きなどもないため安定感がないのが残念。切れ味は良いので、できるだけ安いもので済ませたいという方にはよいかもしれません。

    刃の素材ステンレス
    刃幅100mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー-
    その他付属品-
    全体サイズ200×110×10mm
    No.14

    愛工業野菜調理器Qシリーズ 薄切り

    21021

    501円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 仕上がり: 4.0
    • スピード: 1.0
    • 使い勝手: 2.0

    仕上がりは良いものの、握りにくさや洗いにくさなどでマイナス評価

    キャベツをスライスするには幅が狭いものの、水っぽさもなくふんわりとしたちょうどよい仕上がりでした。一方で、スライスするスピードの遅さと使いにくさが足を引っ張る結果に。


    スピードに関してはかなりの薄切りになるため、そのぶんスライスし終わるまでに時間がかかってしまいました。また、柄の先端が丸くて握りにくい点、刃の周辺にあるわずかな隙間に野菜カスが溜まってしまう点なども残念です。

    刃の素材ステンレス
    刃幅64mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー-
    その他付属品-
    全体サイズ約84×250×16mm
    No.15

    愛プロダクツ回転式野菜調理器

    1,574円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 仕上がり: 1.0
    • スピード: 3.0
    • 使い勝手: 3.0

    汎用性が低く手間もかかるが、手軽にベジタブル麺を試してみたい方には◎

    こちらの商品は、キャベツのスライスが非推奨のため今回はきゅうりの仕上がりで評価しました。厚みの調整はできず、仕上がりはやや厚めです。


    刃が削り台の半径についており、刃の種類は2種類。千切り用の刃でスライスするとヘルシーなベジタブル麺を作ることができます。薄切り用の刃でも螺旋状のように仕上がりますので、麺のように長く繋げたくない場合はスライスする前に食材に対して縦に1本切込みを入れましょう。


    ベジタブル麺を試してみたい方には向いていますが、食材がしっかり削れるようにカットしなければいけない手間や汎用性の低さからこの順位に落ち着きました。

    刃の素材ステンレス
    刃幅117mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー-
    その他付属品-
    全体サイズ約180×140×255mm
    No.16

    ノーブランド野菜スライサーセット

    798円(税込)

    総合評価

    2.25
    • 仕上がり: 1.5
    • スピード: 4.0
    • 使い勝手: 2.0

    かろうじて千切りではあるものの、かなり厚みのある仕上がり

    多種のブレードが付属されているタイプですが、受け皿はセットではありません。しかし、ボウルに引っ掛けるための切り欠きが複数ついていて、柄も筒状で握りやすい形状です。


    一方で、気になる仕上がりはかなり厚みのある仕上がりになってしまいました。厚みの調整機能もなく薄切り用のブレードもないため、キャベツの千切りには不向きです。細かな隙間や段差が多く、使用感も低評価でした。

    刃の素材ステンレス
    刃幅67mm~86mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー
    その他付属品受け皿・ふた
    全体サイズ約274×185×80mm
    No.17

    イオントップバリュHOME COORDY スライサー

    1,058円(税込)

    総合評価

    2.20
    • 仕上がり: 2.0
    • スピード: 3.0
    • 使い勝手: 2.0

    刃の切れ味に不満が残り、価格に見合う満足感はあまり得られず

    刃の厚み調整ができず、切れ味が良くないのか刃の抵抗も感じられました。砕けるような感覚が伝わり、仕上がりも水っぽい部分や砕けているような部分があります。


    シンプルで洗いやすく柄も握りやすいですが、きゅうりをスライスしていると一度スライスしたきゅうりが戻ってきて、スライサーの表面に貼り付いてしまいます。価格に見合うような性能は感じられませんでした。

    刃の素材ステンレス
    刃幅80mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー-
    その他付属品-
    全体サイズ約290×95×15mm
    No.18

    ノーブランドスライサーセット

    CTC-B479

    980円(税込)

    総合評価

    1.90
    • 仕上がり: 1.0
    • スピード: 3.0
    • 使い勝手: 2.0

    作業スペースが狭く使いにくい。仕上がりもよいとは言えない

    こちらも刃の切れ味が悪く、もはや千切りではなくコールスローのような仕上がりになってしまいました。刃がたわんだり浮いていたり、スライスするときに抵抗があります。


    また、1枚にいろんな機能がついているため汎用性は高いですが、一つ一つの刃や作業スペースが狭く、食材を小さく動かさなければなりません。スライスしきれなかった野菜カスが本体を押さえる持ち手の部分にどんどん溜まり、最終的には周囲まで汚してしまいました。

    刃の素材ステンレス
    刃幅67mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー
    その他付属品受け皿・ふた
    全体サイズ約274×185×80mm
    No.19

    kaedesera7in1 FRUIT&VEGETABLE CUTTER

    1,680円(税込)

    総合評価

    1.70
    • 仕上がり: 1.0
    • スピード: 2.0
    • 使い勝手: 2.0

    刃の切れ味が悪く千切りではなくみじん切りに…。お手入れも大変

    1台で7つの機能を持つこちらのスライサー。肝心の切れ味が悪く、キャベツの千切りも決しておいしそうとは言えない仕上がりになってしまいました。


    セットのボウルには滑り止めもついており安定感はありますが、切れ味の悪さに加えて刃が厚く、刃の角度が垂直気味に立っているため、スライスするときにかなり抵抗を感じます。


    本体に収納されている付属のブレードは、未使用でも洗う際にすべて濡れてしまいます。収納性は良いですが使い勝手は良いとは言えませんでした。

    刃の素材ステンレス
    刃幅86mm
    厚み調整機能-
    安全ホルダー
    その他付属品プレート(スライス用2種・千切り用2種・みじん切り用1種・花形切り用1種)・収納ボックス・皮むき器
    全体サイズ約106×315×104mm

    人気スライサーの検証結果比較表

    商品画像商品名特徴最安値刃の素材刃幅厚み調整機能安全ホルダーその他付属品全体サイズ仕上がりスピード使い勝手総合評価商品リンク
    1
    サンクラフト キャベツ用スライサー  1枚目

    サンクラフト

    キャベツ用スライサー

    初めてのキャベツスライサーとしてもおすすめ!仕上がり・切れ味抜群で使い勝手も◎
    1,186円
    送料別
    詳細を見る
    ステンレス120mm--約382×140×18mm5.02.04.03.90
    2
    OXO ハンディスライサー 1枚目

    OXO

    ハンディスライサー

    機能性・清潔感・スタイリッシュなデザインを兼ね揃えた優秀スライサー
    3,080円
    送料別
    詳細を見る
    ステンレス74mm-約280×100×60mm3.04.04.03.70
    3
    ベンリナー ジャンボベンリナー 1枚目

    ベンリナー

    ジャンボベンリナー

    大きくて便利!汎用性の高い万能スライサー
    3,366円
    送料別
    詳細を見る
    ステンレス115mm-約300×143×23mm5.03.03.03.60
    4
    ニトリ スライサー(キャベツスライサー) 1枚目

    ニトリ

    スライサー(キャベツスライサー)

    厚み調整ができなくても十分な仕上がり。収納時の安全性も◎
    999円
    送料要確認

    公式サイト

    詳細を見る
    ステンレス118mm--約140×340×50mm4.53.03.03.45
    5
    下村工業 プログレード 厚み調整機能付スライサー 1枚目

    下村工業

    プログレード 厚み調整機能付スライサー

    安全性・使い勝手は高評価だが、スライスしたキュウリが戻ってきてしまうのが残念
    947円
    送料別
    詳細を見る
    ステンレス81mm-約295×100×34mm2.53.04.03.35
    6
    富士商 ドイツ製スライサー 1枚目

    富士商

    ドイツ製スライサー

    汎用性も高く総合力は平均以上だが、洗いにくさが大きなデメリット
    3,789円
    送料別
    詳細を見る
    ステンレス87mm-約125×340×60mm3.54.03.03.35
    7
    アーネスト 3倍速トリプルウェーブ 千切りスライサー 1枚目

    アーネスト

    3倍速トリプルウェーブ 千切りスライサー

    3枚刃で時短調理に◎。コツは必要だが切れ味も問題なし
    1,980円
    送料要確認
    詳細を見る
    ステンレス88mm--約100×315×30mm3.04.03.03.20
    8
    下村企販 とんかつ屋さん キャベツスライサー 1枚目

    下村企販

    とんかつ屋さん キャベツスライサー

    厚みの調整ができず、仕上がりは可もなく不可もなく
    1,222円
    送料別
    詳細を見る
    ステンレス120mm--約146×380×18mm3.53.03.03.15
    9
    Börner ベルナー V3スライサーセット Vトレンド(オレンジ) 1枚目

    Börner

    ベルナー V3スライサーセット Vトレンド(オレンジ)

    キャベツの千切りには不向きだが、切れ味とスライスしやすさは抜群!
    25,429円
    送料別
    詳細を見る
    ステンレス98mm-プレート(みじん2種)約365×125×60mm2.05.03.03.10
    10
    貝印 SELECT100 スライサー (厚み調節機能付) 1枚目

    貝印

    SELECT100 スライサー (厚み調節機能付)

    切れ味抜群だからこそ、安全ホルダーがないのが惜しい
    936円
    送料無料
    詳細を見る
    ステンレス74mm--約278×92×19mm4.01.03.02.90
    11
    大創産業 厚み調整スライサー 1枚目

    大創産業

    厚み調整スライサー

    仕上がりと切れ味は良いが、刃の抵抗が大きく使いにくい
    330円
    送料要確認

    公式サイト

    詳細を見る
    ステンレス74mm~75mm--約220×87×20mm3.54.02.02.85
    12
    京セラ セラミックスライサー(厚み調節機能付き) 1枚目

    京セラ

    セラミックスライサー(厚み調節機能付き)

    仕上がりと使用感はいまいち。セラミック刃で錆びないところは◎
    1,035円
    送料無料
    詳細を見る
    ファインセラミックス76mm-約283×92×25mm2.53.03.02.85
    13
    エコー金属 ワイドスライサー 1枚目

    エコー金属

    ワイドスライサー

    低価格にしては満足感のある仕上がり。使い勝手は値段相応
    110円
    送料要確認

    公式サイト

    詳細を見る
    ステンレス100mm---200×110×10mm3.53.02.02.65
    14
    愛工業 野菜調理器Qシリーズ 薄切り 1枚目

    愛工業

    野菜調理器Qシリーズ 薄切り

    仕上がりは良いものの、握りにくさや洗いにくさなどでマイナス評価
    501円
    送料別
    詳細を見る
    ステンレス64mm---約84×250×16mm4.01.02.02.40
    15
    愛プロダクツ 回転式野菜調理器 1枚目

    愛プロダクツ

    回転式野菜調理器

    汎用性が低く手間もかかるが、手軽にベジタブル麺を試してみたい方には◎
    1,574円
    送料要確認
    詳細を見る
    ステンレス117mm---約180×140×255mm1.03.03.02.40
    16
    ノーブランド 野菜スライサーセット 1枚目

    ノーブランド

    野菜スライサーセット

    かろうじて千切りではあるものの、かなり厚みのある仕上がり
    798円
    送料要確認
    詳細を見る
    ステンレス67mm~86mm-受け皿・ふた約274×185×80mm1.54.02.02.25
    17
    イオントップバリュ HOME COORDY  スライサー 1枚目

    イオントップバリュ

    HOME COORDY スライサー

    刃の切れ味に不満が残り、価格に見合う満足感はあまり得られず
    1,058円
    送料要確認

    公式サイト

    詳細を見る
    ステンレス80mm---約290×95×15mm2.03.02.02.20
    18
    ノーブランド スライサーセット 1枚目

    ノーブランド

    スライサーセット

    作業スペースが狭く使いにくい。仕上がりもよいとは言えない
    980円
    送料別
    詳細を見る
    ステンレス67mm-受け皿・ふた約274×185×80mm1.03.02.01.90
    19
    kaedesera 7in1 FRUIT&VEGETABLE CUTTER 1枚目

    kaedesera

    7in1 FRUIT&VEGETABLE CUTTER

    刃の切れ味が悪く千切りではなくみじん切りに…。お手入れも大変
    1,680円
    送料無料
    詳細を見る
    ステンレス86mm-プレート(スライス用2種・千切り用2種・みじん切り用1種・花形切り用1種)・収納ボックス・皮むき器約106×315×104mm1.02.02.01.70

    スライサーの上手な使い方

    スライサーはシンプルな調理グッズだからこそ、アイデア次第でさまざまな使い方が可能です。ここからはスライサーの使い方について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    食材はスライサーの幅に合わせてカットし、芯などは取っておく

    食材はスライサーの幅に合わせてカットし、芯などは取っておく

    まずはスライスする食材をスライサーの上に収まる大きさにカットします。大きすぎるとうまくスライスできないだけでなく食材が砕けてしまうこともありますので、スライサーの上でスムーズに動かせるくらいのサイズにカットしましょう。


    また、芯や茎などの口にしない部分はあらかじめ取り除いておくとスムーズです。ピーマンなどの種があるものもあらかじめ取り除いておくとストレスなくスライスできますよ。

    安全のために、小さくなった食材は使用しない

    安全のために、小さくなった食材は使用しない
    小さくなった食材を安全にスライスできる安全ホルダーですが、ホールドできる食材の大きさにも限界があります。安全ホルダーを使ってもスライスできないほど小さくなった食材は、無理にスライスしないことも大切です。

    また、刃に指が触れないようなサイズの食材でも、力を加えながらスライスすることで思った以上にカットされてしまったり、スライスしている最中に折れてしまうこともあります。食材が大きいから安全ということでもありませんので、使用中は目を離さず、必要以上に力を入れないようにしましょう。

    食材ごとのおすすめカット方法

    同じ野菜でも刃に当てる角度や向きを変えることで切り方が変わり、レシピの幅も広がります。食材ごとにおすすめのカット方法をご紹介しますので、ぜひ作りたい料理に合ったスライサーの使い方を試してみてくださいね。

    たまねぎ:サラダ用なら繊維を断つようにスライス。あらかじめ切込みを入れておけばみじん切りも可能

    たまねぎ:サラダ用なら繊維を断つようにスライス。あらかじめ切込みを入れておけばみじん切りも可能

    生で食べるレシピの場合は、玉ねぎの繊維を断つようにスライスすることによって辛みが抜けやすくなります。玉ねぎの皮を剥いて根元を切り落とし、大きめのスライサーであれば輪切りをするようにまるごとスライスすることができます。


    一方で、加熱するレシピや食感を残したい場合は、お好みの厚さで玉ねぎの繊維に沿うようにスライスすると型崩れしにくくなります。


    また、みじん切り用のスライサーがなくても、あらかじめ包丁で碁盤目状に切込みを入れてからスライスすると簡単にみじん切りをすることもできますよ。

    にんじん:薄切り用のみでも千切り可能!包丁と併用することで自由自在な細さに

    にんじん:薄切り用のみでも千切り可能!包丁と併用することで自由自在な細さに

    千切り用のスライサーも販売されていますが、薄切り用のスライサーでもスライスしたにんじんを何枚か重ねてさらにスライスすることで千切りを作ることができます。ただし、手元が不安定になりやすいので、必ず安全ホルダーを使用してください。


    また、スライスしたにんじんを重ねてから包丁で千切りする方法もあり、最初から包丁で千切りするより簡単に千切りを作ることができます。スライスする厚みによって千切りの仕上がりも変わりますので、レシピに応じた厚みで試してみてくださいね。

    キャベツ:ふわふわの千切りを作るには、力加減と厚さが重要

    キャベツ:ふわふわの千切りを作るには、力加減と厚さが重要
    スライサーでふわふわの千切りキャベツを作るには、刃にキャベツを強く押し付けすぎないことがポイントです。強く押し付けすぎると水分が出てべちゃっとしてしまいますので、空気を含ませるようにやさしく刃に当てながらスライスしましょう。

    また、厚み調整機能があるスライサーに限りますが、仕上がりを薄くしすぎないことも重要です。薄すぎるとスライスが難しくなるため、自然と力が入って刃にキャベツを押し付けてしまいます。そのぶん水分も出やすくなりますので、厚みを調整しながらスライスしてみてくださいね。

    一度にたくさん調理するなら電動スライサーが便利

    大量調理に便利な電動スライサーをピックアップしました。ヘルシーなベジタブル麺を簡単に作ることができるものもありますので、興味のある方はぜひ参考にしてくださいね!

    肉やチーズなど、野菜以外には専用のフードスライサーがおすすめ!

    肉やチーズなど、野菜以外には専用のフードスライサーがおすすめ!

    野菜以外の食材をスライスしたい場合は、フードスライサーや専用のスライサーを選ぶことをおすすめします。


    以下の記事ではそれぞれのスライサーについて詳しくご紹介していますので、スライスしたい食材が決まっている場合はぜひご覧ください。

    スライサーの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、スライサーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は売れ筋人気のスライサー19商品を徹底検証しました!


    食材をカットする調理器具なだけに、刃の切れ味が仕上がりにも使いやすさにも大きく影響することがわかりました。1台で何役も兼ねるオールインワンの商品は省スペースで便利ですが、ひとつひとつの性能をフルに生かしたい場合はセット商品を購入するのがおすすめです。自分に合ったスライサーを使って、お料理をもっと楽しみましょう!


    文:市山佳乃、写真:三浦晃一・芝崎哲治・稲垣佑季

    ランキング作成日:2019/09/09

    プロが愛用するおすすめのスライサー

    最後に、プロの愛用するおすすめのスライサーをご紹介します。
    専門家の
    マイベスト
    専門家の
    マイベスト

    パール金属キャベツ千切り ワイドスライサー ホルダー付

    2,020円 (税込)

    専門家の
    マイベスト

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す