• チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【1歳頃から未就学児まで!】のアイキャッチ画像1枚目
  • チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【1歳頃から未就学児まで!】のアイキャッチ画像2枚目
  • チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【1歳頃から未就学児まで!】のアイキャッチ画像3枚目
  • チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【1歳頃から未就学児まで!】のアイキャッチ画像4枚目
  • チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【1歳頃から未就学児まで!】のアイキャッチ画像5枚目

チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【1歳頃から未就学児まで!】

チャイルドシートとは、主に1歳頃から未就学くらいの年齢で使うカーシートです。子どもの安全のために6歳までの使用が義務付けられているので、対象年齢のお子さんの居るご家庭には必須のアイテム。コンビやアップリカなど人気メーカーから多数発売されており、購入するときに迷ってしまいがちです。


そこで今回は、チャイルドシートの選び方とおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。お子さんが安全かつ快適に車に乗れるチャイルドシートがあれば、家族でのお出かけもより楽しくなりますよ。

  • 最終更新日:2019年06月08日
  • 128,842  views
目次

チャイルドシートの選び方

まずは、チャイルドシートの選び方のポイントをご紹介します。お子さんを守るために必要なアイテムですので、価格より安全機能を優先して選んでくださいね。

適用体重や対象年齢で選ぶ

ここでは、お子さんの成長に合わせたチャイルドシート選びのポイントをご紹介します。対象年齢や適応体重などのチェックは必須ですので、購入前に必ず確認しておきましょう。

対象年齢は1~4歳が一般的。成長に合わせた適応体重のチェックも忘れずに

対象年齢は1~4歳が一般的。成長に合わせた適応体重のチェックも忘れずに

子ども用のシートには、大きく分けて3つの種類があります。新生児から使えるベビーシート・未就学児の間まで使えるチャイルドシート・学童期に使用するジュニアシートです。


チャイルドシートは、対象年齢が1~4歳・適応体重は9~18kgほどのものが一般的ですが、商品によっても異なります。


また、お子さんの成長によってはサイズが合わない場合もありますので、対象年齢と適応体重をしっかりチェックしておきましょう。


なお、ベビーシートやジュニアシートの選び方やおすすめ商品は、以下の記事でもご紹介していますので合わせて参考にしてください。

背もたれを外して12歳まで使えるロングユースタイプも選択肢の1つ

背もたれを外して12歳まで使えるロングユースタイプも選択肢の1つ

出典:amazon.co.jp

チャイルドシートは、1歳から4歳頃まで使用できるものが一般的ですが、背もたれ部分を取り外して12歳頃まで使えるロングユースタイプもあります。


ロングユースタイプは、長く使えて機能が多い分価格が高めなところがデメリット。また、長期間利用する間に車の買い換えや家族構成が変わることもありますので、一概に長く使えるのがいいとは限りません。


ただし、チャイルドシートの使用は6歳まで義務付けられているため、適応年齢や体重・身長を超えるとどちらにしても買い換えが必要です。無理にロングユースタイプを選ぶ必要はありませんが、選択肢の1つに入れておきましょう。

安全性能で選ぶ

お子さんを安全に車に乗せるためには、安全性能の確認が重要です。ここでは、安全性能の高いチャイルドシートの選び方をご紹介しますので、参考にしてください。

新安全基準は「Eマーク」で確認。チャイルドシートアセスメントも参考に

新安全基準は「Eマーク」で確認。チャイルドシートアセスメントも参考に

出典:mlit.go.jp

チャイルドシートの安全基準は、2012年7月以降ヨーロッパの安全基準ECE-R44に変更されました。そのため、それ以前に販売された商品には「自マーク」、以降の商品には「Eマーク」が表示されています。


このマークの有無が、安全基準をクリアしているかどうかを見分けるポイントになりますので、しっかりチェックしておきましょう。ともに安全基準を満たしていますが、新安全基準の方がより厳しいため「Eマーク」の付いたチャイルドシートがおすすめです。


また、国土交通省ではチャイルドシートの安全基準の試験を毎年行っています。チャイルドシートアセスメントはネット上で公開されていますので、より安全なチャイルドシートを選びたい方は合わせて参考にしてください。

5点式ハーネスで固定できるものは安全度が高い

5点式ハーネスで固定できるものは安全度が高い

チャイルドシートを使うときは、まず本体を車のシートベルトやISOバーで固定し、子どもをチャイルドシートのベルトで固定します。


このベルト部分の種類は大きく分けて2種類あり、シールドと呼ばれる大きな胸当てで固定するタイプと、肩・腰・股を固定する5点式ハーネスに分かれます。


どちらも固定するには問題ありませんが、5点式ハーネスの方が安全評価は高め。お子さんの安全のためにも、できるだけ5点式ハーネスのチャイルドシートを選びましょう。

自宅の車に適合しているかを販売サイトやパンフレットで確認

自宅の車に適合しているかを販売サイトやパンフレットで確認

チャイルドシートは車との相性も重要です。シート幅や車種によっては取り付けられない場合もあるので、事前に設置が可能かを確認しておきましょう。


適合のしているかどうかは、販売サイトやパンフレットなどに載っていますので、必ずチェックしておいてくださいね。


もし車を買い換える予定のある方は、次の車の候補なども確認しておくと、新しい車にあわせてチャイルドシートを買い換えずに済むので安心ですよ。

取り付けが簡単でしっかり固定できる「ISOFIX」方式がおすすめ

取り付けが簡単でしっかり固定できる「ISOFIX」方式がおすすめ

チャイルドシートの取付け方法は、車のシートベルトを使って固定する方法と、自動車のISOバーを使って取り付けるISOFIX方式に分かれます。


シートベルト固定方式は車種を選ばないものの、着脱に手間がかかり間違って取り付けてしまうことが多いのが難点。ISOFIX方式は簡単でより確実に取り付けられますが、ISOバー搭載の車種にしか取り付けられません。


誤った取り付け方法で設置すると、安全性能が100%発揮できませんので基本的にはISOFIX方式がおすすめ。ISOバーが搭載されている車をお持ちの方は、ISOFIX対応タイプを選びましょう。

付加機能で選ぶ

基本機能を抑えたら、その他の便利機能にも注目しましょう。ここでは、代表的なチャイルドシートの付加機能をご紹介しますので、参考にしてください。

抱き上げての載せ降ろしに便利な360度回転座席

抱き上げての載せ降ろしに便利な360度回転座席

自分で乗り降りできるお子さんは問題ありませんが、抱き上げて乗せ降ろししなければならない小さなお子さんの場合は、扉方向に向きを変えられる回転式のチャイルドシートが便利です。


ただし、360度回転式のチャイルドシートは重量がありサイズも大きめ。また、高額な商品も多いので必要性を見極めてから選びましょう。


なお、回転式チャイルドシートをお探しの方は、以下の記事でもおすすめ商品や選び方をご紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

クッション性や通気性で乗り心地をチェック。リクライニング機能もおすすめ

クッション性や通気性で乗り心地をチェック。リクライニング機能もおすすめ

チャイルドシートはお子さんの安全を守るためのアイテムですが、やはり長時間のドライブには乗り心地も重要。そのため、クッション性や通気性などお子さんがリラックスして過ごせるチャイルドシートを選びましょう。


また、リクライニング機能があるとお子さんの姿勢に合わせられるのでより快適。ただし、リクライニング機能には取付後に角度が変えられないものもあるため、事前に操作性のチェックが必要です。


リクライニング機能付きのチャイルドシートに関しては、以下の記事でも詳しくご紹介していますので参考にしてください。

カバーを取り外して洗濯機で丸洗いできるものが便利

カバーを取り外して洗濯機で丸洗いできるものが便利

チャイルドシートの上でジュースやお菓子を食べる機会は多く、トイレトレーニング中の子どもなら粗相をしてしまうこともあるかもしれません。このように、チャイルドシートは汚れる危険がもりだくさん。


子どもの使うものなので汚れはあきらめるしかありません。そのため、洗濯機の使用の有無は大きなポイント。手洗いオンリーのタイプもありますので、洗濯表示もしっかりチェックしておきましょう。

チャイルドシートの人気ランキング10選

ここからは、チャイルドシートのおすすめ商品を人気順でご紹介します。いろいろなタイプがありますので、お子さんの安全のことを第一に考えた上で、使い勝手のいいものを選んでくださいね、

10位

中塚小児車工業所ネビオ ポップピット PoPPit ブラウン

7,907円 (税込)

適用体重9~36kg(モードにより異なる)
対象年齢1~11歳
安全基準EC-R44
ベルトタイプチャイルドモード時5点式
設置方式シートベルト
その他の機能保温/保冷ドリンクホルダー・チャイルド/ジュニア/ブースターモード他
洗濯記載なし
9位

日本育児チャイルドシート トラベルベスト ECFix

17,997円 (税込)

適用体重9~25kg(モードにより異なる)
対象年齢1~7歳
安全基準ECE-R44/04
ベルトタイプ記載なし
設置方式ISOFIX対応
その他の機能座面折りたたみ可・チャイルド/ジュニアモード他
洗濯記載なし
8位
適用体重記載なし
対象年齢9ヵ月~4歳
安全基準記載なし
ベルトタイプ記載なし
設置方式シートベルト
その他の機能リクライニング機能・ステイオープンハーネス他
洗濯シートカバー洗濯機可(ネット使用・脱水/乾燥機使用不可)
7位
適用体重9~36kgまで(モードによって異なる)
対象年齢1~11歳
安全基準ECE R44
ベルトタイプ記載なし
設置方式シートベルト
その他の機能リクライニング機能・チャイルド/ジュニア/ブースターモード他
洗濯記載なし
6位
適用体重9~36kg(モードにより異なる)
対象年齢1~11歳
安全基準ECE-R44/04
ベルトタイプチャイルドシート時5点式
設置方式シートベルト
その他の機能エアーホール・チャイルド/ジュニアモード他
洗濯シートカバーの手洗い可
5位

アップリカISOFIXジュニアシート フォームフィット ピーコック

2022364

37,798円 (税込)

適用体重9~36kgまで
対象年齢1~11歳
安全基準記載なし
ベルトタイプチャイルドシート時5点式
設置方式ISOFIX対応
その他の機能高さ/幅の調節が可能・ムービングシート他
洗濯手洗い可
4位

コンビジョイトリップ エッグショックGC

20,800円 (税込)

適用体重9~36kg(形状により異なる)
対象年齢1~11歳
安全基準記載なし
ベルトタイプチャイルドシート時5点式
設置方式シートベルト
その他の機能エッグショック・チャイルド/ジュニア/ブーストモード他
洗濯記載なし
3位

レカロジェイワン セレクト

RC370.551

26,800円 (税込)

適用体重9~36kg
対象年齢1~12歳
安全基準記載なし
ベルトタイプ記載なし
設置方式記載なし
その他の機能サラウンドヘッドサポートクッション・大型サイドプロテクション他
洗濯記載なし
2位

エールベベスイングムーンプレミアム

ALC460

22,800円 (税込)

適用体重9~25kg
対象年齢1歳~7歳まで
安全基準ECE R44
ベルトタイプ記載なし
設置方式3点式シートベルト専用
その他の機能リクライニング機能(3段階)・可動式ヘッドレスト他
洗濯手洗い
1位

ジョイーチャイルドシート Arc360°

38606

28,900円 (税込)

適用体重前向き9kg~後向き18kgまで
対象年齢0ヵ月~4歳ごろまで
安全基準ECE R44
ベルトタイプ5点式シートベルト
設置方式ISOFIX対応
その他の機能360度回転式・メッシュ生地(3Dメッシュ採用)他
洗濯本体シート/パッド類手洗い可能

人気チャイルドシートの比較一覧表

商品画像
1
チャイルドシート ジョイー チャイルドシート Arc360° 1枚目

ジョイー

2
チャイルドシート エールベベ スイングムーンプレミアム 1枚目

エールベベ

3
チャイルドシート レカロ ジェイワン セレクト 1枚目

レカロ

4
チャイルドシート コンビ ジョイトリップ エッグショックGC 1枚目

コンビ

5
チャイルドシート アップリカ ISOFIXジュニアシート フォームフィット ピーコック 1枚目

アップリカ

6
チャイルドシート アップリカ エアポップ  1枚目

アップリカ

7
チャイルドシート TMJ ジュニアシート NENNE 1枚目

TMJ

8
チャイルドシート マキシコシ TOBI 1枚目

マキシコシ

9
チャイルドシート 日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECFix 1枚目

日本育児

10
チャイルドシート 中塚小児車工業所 ネビオ ポップピット PoPPit ブラウン 1枚目

中塚小児車工業所

商品名

チャイルドシート Arc360°

スイングムーンプレミアム

ジェイワン セレクト

ジョイトリップ エッグショックGC

ISOFIXジュニアシート フォームフィット ピーコック

エアポップ

ジュニアシート NENNE

TOBI

チャイルドシート トラベルベスト ECFix

ネビオ ポップピット PoPPit ブラウン

特徴乗せ降ろしたの負担が少ない360度回転シート子どもが快適に過ごせるリクライニング機能付き子どもの安全性と乗り心地に使い勝手のよさもプラス衝撃吸収素材「エッグショック」で頭部をしっかりガード座り心地バツグンの「ムービングシート」お手頃価格で長く使えるチャイルド+ジュニアシート通気性のよいメッシュ素材で暑い季節も快適子どもが寝てる状態でも使える5段階のリクライニング機能搭載移動に便利な折りたたみ式。ISOFIX対応で設置も簡単重量4.7kgの軽量タイプ。乗せ換えが多い家庭でも安心
価格28,900円(税込)22,800円(税込)26,800円(税込)20,800円(税込)37,798円(税込)12,800円(税込)8,670円(税込)32,400円(税込)17,997円(税込)7,907円(税込)
適用体重前向き9kg~後向き18kgまで9~25kg9~36kg9~36kg(形状により異なる)9~36kgまで9~36kg(モードにより異なる)9~36kgまで(モードによって異なる)記載なし9~25kg(モードにより異なる)9~36kg(モードにより異なる)
対象年齢0ヵ月~4歳ごろまで1歳~7歳まで1~12歳1~11歳1~11歳1~11歳1~11歳9ヵ月~4歳1~7歳1~11歳
安全基準ECE R44ECE R44記載なし記載なし記載なしECE-R44/04ECE R44記載なしECE-R44/04EC-R44
ベルトタイプ5点式シートベルト記載なし記載なしチャイルドシート時5点式チャイルドシート時5点式チャイルドシート時5点式記載なし記載なし記載なしチャイルドモード時5点式
設置方式ISOFIX対応3点式シートベルト専用記載なしシートベルトISOFIX対応シートベルトシートベルトシートベルトISOFIX対応シートベルト
その他の機能360度回転式・メッシュ生地(3Dメッシュ採用)他リクライニング機能(3段階)・可動式ヘッドレスト他サラウンドヘッドサポートクッション・大型サイドプロテクション他エッグショック・チャイルド/ジュニア/ブーストモード他高さ/幅の調節が可能・ムービングシート他エアーホール・チャイルド/ジュニアモード他リクライニング機能・チャイルド/ジュニア/ブースターモード他リクライニング機能・ステイオープンハーネス他座面折りたたみ可・チャイルド/ジュニアモード他保温/保冷ドリンクホルダー・チャイルド/ジュニア/ブースターモード他
洗濯本体シート/パッド類手洗い可能手洗い記載なし記載なし手洗い可シートカバーの手洗い可記載なしシートカバー洗濯機可(ネット使用・脱水/乾燥機使用不可)記載なし記載なし
商品リンク

チャイルドシートと一緒に使いたいアイテムはこちら

用途にぴったりのチャイルドシートを選んだら、一緒に使える便利アイテムもチェックしておきましょう。以下の記事では、車をキズつけない保護マットやネックピローのおすすめ商品と選び方をご紹介していますので、合わせて参考にしてくださいね。

チャイルドシートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、チャイルドシートのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

おすすめのチャイルドシートをご紹介しましたが、いかがでしたか?6歳になるまではチャイルドシートの着用が義務付けられているため、それまで1つの商品で賄うのか、またブースタータイプを買い足すのか、など後のことも考えて選ぶのがおすすめです。


この記事を参考にお子さん連れで快適なドライブを楽しめるチャイルドシートを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す