1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. 自転車
  6. >
  7. 自転車用チャイルドシートカバーのおすすめ人気ランキング10選【前乗せ&後ろ乗せ】
  • 自転車用チャイルドシートカバーのおすすめ人気ランキング10選【前乗せ&後ろ乗せ】のアイキャッチ画像1枚目
  • 自転車用チャイルドシートカバーのおすすめ人気ランキング10選【前乗せ&後ろ乗せ】のアイキャッチ画像2枚目
  • 自転車用チャイルドシートカバーのおすすめ人気ランキング10選【前乗せ&後ろ乗せ】のアイキャッチ画像3枚目
  • 自転車用チャイルドシートカバーのおすすめ人気ランキング10選【前乗せ&後ろ乗せ】のアイキャッチ画像4枚目
  • 自転車用チャイルドシートカバーのおすすめ人気ランキング10選【前乗せ&後ろ乗せ】のアイキャッチ画像5枚目

自転車用チャイルドシートカバーのおすすめ人気ランキング10選【前乗せ&後ろ乗せ】

天気の悪い日に、お子さんを自転車に乗せるのに役立つのが「自転車用チャイルドシートカバー」。雨風からお子さんを守るのはもちろん、チャイルドシート本体の汚れや劣化も防いでくれます。しかし、前乗せ・後ろ乗せ、ヘッドレストの有無によっても使うべきカバーのタイプはいろいろ。どうしても迷ってしまいますよね。


そこで今回は、自転車用のチャイルドシートカバーの選び方と、おすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。チャイルドシートカバーは、日よけや防寒グッズとしても優秀。上手に活用して、毎日の送り迎えを快適にしましょう。

  • 最終更新日:2020年03月09日
  • 54,238  views
目次

自転車用チャイルドシートカバーの選び方

まずは、自転車用チャイルドシートカバーの選び方のポイントをご紹介します。用途によっても選び方が変わりますので、ぜひ参考にしてください。

チャイルドシートに対応したものを選ぶ

チャイルドシートのタイプによってカバーの選び方が変わります。ここでは、お使いのチャイルドシートにあったシートを選ぶためのポイントをご紹介しますので、参考にしてください。

前乗せ(フロント用)と後ろ乗せ(リア用)は形状が違う

前乗せ(フロント用)と後ろ乗せ(リア用)は形状が違う

自転車のチャイルドシートカバーは、前乗せ用(フロント用)と後ろ乗せ用(リア用)の2種類に分かれます。それぞれ全く形状が違うため、間違えて購入すると使用できません


ネット通販では、前乗せ・後ろ乗せを同じページで販売していることもあるので、間違えないよう気をつけてください。


また前乗せチャイルドシートには、ハンドル一体型になったものと後づけの2種類あるので注意が必要です。一体型はメーカー純正品が用意されていることも多いので、まずはチェックしておきましょう。また、汎用モデルを選ぶ際はサイズ確認を忘れずにしておきましょう。

ハイバックかローバックか、対応するシート高は必ず確認!

ハイバックかローバックか、対応するシート高は必ず確認!

チャイルドシートには、ヘッドレスト付きのハイバックタイプとヘッドレストなしのローバックタイプがあります。ヘッドレストの有無でカバーの種類が分かれますので、お使いのチャイルドシートに合わせて選びましょう。


ローバックのカバーは雨除けよりも、チャイルドシート本体を守るための用途が多いため、レインカバーとしてのお子さんを雨から守るのは難しいのが現実。雨の日の走行を考えている方はカバーだけでなく本体の買い替えも検討しましょう。


なお、自転車用のチャイルドシートについては、以下の記事で詳しくご紹介していますので、合わせて参考にしてください。

リア用は対応身長を確認。ヘルメット着用で余裕のあるものを

リア用は対応身長を確認。ヘルメット着用で余裕のあるものを

リア用のカバーを選ぶときは、対応身長を確認しましょう。メーカーによって異なりますが、フロントシートは4歳くらいまでの幼児だけ乗せることができます。一方、こちらもメーカーによって異なりますが、リア用チャイルドシートの体重制限は各メーカー22kgくらい。6歳くらいまで載せられるタイプが多く存在します。


リア用シートカバーは115cmまでに対応しているものもありますので、そういったタイプであれば、平均的な6歳児なら問題なく使用できることでしょう。


ヘルメットをかぶった状態で少し上部に余裕があるものを選ぶと、お子さんがゆったり過ごせるのでおすすめです。

手間のかからない着脱方式を選ぶ

使い勝手のいいチャイルドシートカバーを選ぶためには、着脱のしやすさが重要です。ここでは、着脱の手間が少ないカバーの選び方をご紹介します。

つけっぱなしでもOKな「オープン走行可能タイプ」が便利

つけっぱなしでもOKな「オープン走行可能タイプ」が便利

忙しい朝・疲れて帰宅したあとに、チャイルドシートカバーの取り外しは意外に面倒です。そのため、晴れの日でも使えるように前面カバーをオープンして利用できるものがおすすめ


オープン走行できるものなら、雨が降ったらカバーをかけるだけでいいので着脱の手間が省けます。


また、商品によっては足元の日焼け防止や防寒対策、チャイルドシートのホコリよけにもなるものもありとても便利。つけっぱなしによるデメリットは、実際に使用してみないとわからない部分もあるので、口コミなども参考にして選びましょう。

天気によって着脱するなら、「ファスナー・ゴム紐タイプ」が簡単

天気によって着脱するなら、「ファスナー・ゴム紐タイプ」が簡単

装着したまま利用できるタイプの場合は、あまり気にする必要はありませんが、使用ごとに付け外しが必要なタイプを選ぶなら着脱の手軽さが重要です。


構造が複雑なものや、スナップボタンがたくさん付いているものは、どうしても着脱が面倒になりがち。一気に開閉できるファスナータイプやシンプルなゴム紐固定タイプがおすすめです。


準備に手間がかかると使うのが億劫になってしまうので、着脱のしやすさをしっかりチェックしておきましょう。

子どもの「安心・安全・快適」を考えて選ぶ

ここではお子さんを安全に守り、快適に過ごせるポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

視界を遮らない「透明シート」は圧迫感が少ない

視界を遮らない「透明シート」は圧迫感が少ない

景色が見えないと不安になる子もいるので、できる限り広い範囲が透明シートになっているものがおすすめです。晴れた日は空けたままでも走行できるか、シートの固定方法も確認しましょう。


ただし、ビニールの面積が広くなるほど通気性が悪くなる傾向があります。特に梅雨の時期や真夏の暑い日は、カバー内が蒸れる上温度も上がりますので、後述のとおり通気口が確保されているかも十分にチェックすることをおすすめします

雨水の浸透を防ぐ「撥水性」「防水加工」を確認

雨水の浸透を防ぐ「撥水性」「防水加工」を確認

完全防水のチャイルドシートカバーはありませんが、撥水加工が施されていれば少々の雨なら弾いてくれ、中に水が浸透しにくくなります


本体生地の素材や防水性とともにチェックしたいのが、開閉口の位置。上部に開閉口があるものは上かの雨が染み込みやすく、乗せ降ろしのときも濡れてしまいます


ファスナーも防水加工が施されているとより安心。止水ファスナーが採用されたカバーがおすすめです。

通気性・UV対策・虫よけ・防寒できるかも細かくチェック

通気性・UV対策・虫よけ・防寒できるかも細かくチェック

チャイルドシートカバーは、あらゆる場面・気象状況を想定し、細かい機能までしっかり確認することをおすすめします。


特に通気性は重要。サイドや背面がメッシュ素材になっているか、また暑い日は大きく開けて熱気が逃せるかなどをチェックしてください。UV加工が施されたものだとより安心です


日除けや虫よけ、防寒対策が十分にできるかもポイントに、商品をよく比較してみてくださいね。

目立つデザインやリフレクターで安全対策

目立つデザインやリフレクターで安全対策
夜間も走行するなら、車から確認しやすいよう、リフレクターがついているかも確認しましょう

カラー選びに迷ったら、悪天候などで視界不良なときでもドライバーの目に入りやすい、ビビットなものがおすすめ。万が一のことを考えて安全対策は万全に行いましょう。

ママ友とかぶらないおしゃれなカバーでテンションアップ!

ママ友とかぶらないおしゃれなカバーでテンションアップ!

チャイルドシートカバーはデザイン性も重要。ママ友と被らないおしゃれなカバーを選べば、他人と自分の自転車を一瞬で見分けることができます。


お気に入りのデザインで送迎すれば、子どもと走るひとときがより楽しいものになりますよ。忙しい子育てもテンションが上がるよう、かわいくておしゃれなチャイルドシートカバーを見つけてくださいね。

チャイルドシートカバー(リア用)のおすすめ人気ランキング5選

人気のチャイルドシートカバーを、リア用・フロント用に分けてランキング形式でご紹介します。まずはリア用チャイルドシートカバーからです。なお愛車に適合するかどうかは、自転車とカバーの販売ページにてご確認ください。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月10日時点)をもとにして順位付けしています。

5位

リトルキディーズ自転車 チャイルドシート レインカバー 後用 ver.3+

LKR3.1

9,550円 (税込)

タイプハイバック・ローバック
適応年齢(身長)2歳~(~115cm)
サイズ約55×35×95cm
重量約1110g
素材PVCフィルム・ナイロン・ステンレス
オープン走行
防水機能
4位
自転車用チャイルドシート カバー ブリヂストンサイクル bikke用 リヤチャイルドシートルーム 1枚目
出典:amazon.co.jp

ブリヂストンサイクルbikke用 リヤチャイルドシートルーム

RCCBIKR

7,525円 (税込)

タイプハイバック
適応年齢(身長)-
サイズ-
重量1260g
素材ポリエステル
オープン走行
防水機能
3位

Sorayuオリジナルプレミアムリア用レインカバー

10,200円 (税込)

タイプハイバック
適応年齢(身長)-(~120cm)
サイズ38×40×106cm
重量-
素材ポリエステル
オープン走行
防水機能
2位
タイプハイバック
適応年齢(身長)-(-)
サイズ45×55×78cm
重量450g
素材ポリエステル・PVC
オープン走行
防水機能
1位
自転車用チャイルドシート カバー 大久保製作所 プレミアムチャイルドシートレインカバー マットシリーズ 1枚目
出典:amazon.co.jp

大久保製作所プレミアムチャイルドシートレインカバー マットシリーズ

13,750円 (税込)

タイプハイバック
適応年齢(身長)-(70~115cm)
サイズ34×36×104cm
重量約1600g(取付板約145g)
素材ポリエステル・PVC・ポリエチレン・ポリアセタール樹脂
オープン走行
防水機能

人気チャイルドシートカバー(リア用)の比較一覧表

商品画像
1
自転車用チャイルドシート カバー 大久保製作所 プレミアムチャイルドシートレインカバー マットシリーズ 1枚目

大久保製作所

2
自転車用チャイルドシート カバー bilibala チャイルドシートレインカバー 1枚目

bilibala

3
自転車用チャイルドシート カバー Sorayu オリジナルプレミアムリア用レインカバー 1枚目

Sorayu

4
自転車用チャイルドシート カバー ブリヂストンサイクル bikke用 リヤチャイルドシートルーム 1枚目

ブリヂストンサイクル

5
自転車用チャイルドシート カバー リトルキディーズ 自転車 チャイルドシート レインカバー 後用 ver.3+ 1枚目

リトルキディーズ

商品名

プレミアムチャイルドシートレインカバー マットシリーズ

チャイルドシートレインカバー

オリジナルプレミアムリア用レインカバー

bikke用 リヤチャイルドシートルーム

自転車 チャイルドシート レインカバー 後用 ver.3+

特徴スタイリッシュなデザインと使い勝手の良さが魅力必要なときに装着できる携帯タイプ通園にも1人の買い物にも便利!ビッケ専用だからこそのフィット感頑丈で壊れにくく、可愛らしい卵型フォルム
最安値
13,750
送料無料
詳細を見る
2,260
送料要確認
詳細を見る
10,200
送料要確認
詳細を見る
7,525
送料無料
詳細を見る
9,550
送料要確認
詳細を見る
タイプハイバックハイバックハイバックハイバックハイバック・ローバック
適応年齢(身長)-(70~115cm)-(-)-(~120cm)-2歳~(~115cm)
サイズ34×36×104cm45×55×78cm38×40×106cm-約55×35×95cm
重量約1600g(取付板約145g)450g-1260g約1110g
素材ポリエステル・PVC・ポリエチレン・ポリアセタール樹脂ポリエステル・PVCポリエステルポリエステルPVCフィルム・ナイロン・ステンレス
オープン走行
防水機能
商品リンク

チャイルドシートカバー(フロント用)のおすすめ人気ランキング5選

次にご紹介するのは、前乗せ用のおすすめチャイルドシートカバーです。小さなお子さんを乗せることが多いので、視界確保は重要ですよ。
5位

HUGGABEE(ハガビー)HUGGABEE α 自転車チャイルドシートレインカバー まえ用

10-3110

8,440円 (税込)

タイプハイバック
適応年齢(身長)-(-)
サイズ38×63×74cm
重量848g
素材-
オープン走行
防水機能
4位
自転車用チャイルドシート カバー 大久保製作所 フロント用プレミアムチャイルドシートレインカバーver.03 1枚目
出典:amazon.co.jp

大久保製作所フロント用プレミアムチャイルドシートレインカバーver.03

12,100円 (税込)

タイプハイバック
適応年齢(身長)-(100cm以下)
サイズ34×50×70cm
重量約1300g(取付板約118g)
素材ポリエステル・PVC・ポリエチレン
オープン走行
防水機能
3位

Sorayu後付フロントチャイルドシート用レインカバー

moc-001

8,980円 (税込)

タイプハイバック・ローバック
適応年齢(身長)-(ハイバック~98cm・ローバック~80cm)
サイズ-
重量-
素材ナイロンオックス
オープン走行
防水機能
2位
タイプハイバック
適応年齢(身長)-(-) ※体重15kg以下
サイズ約39×58×66cm
重量-
素材PVC
オープン走行
防水機能
1位

リトルキディーズ自転車 前用 チャイルドシート レインカバー Ver.3+プラス

9,190円 (税込)

タイプ ハイバック・ローバック
適応年齢(身長)1歳~(~100cm)
サイズ 約65×65×40cm
重量 約850g
素材PVC・ナイロンオックス・ステンレス
オープン走行
防水機能

人気チャイルドシートカバー(フロント用)の比較一覧表

商品画像
1
自転車用チャイルドシート カバー リトルキディーズ 自転車 前用 チャイルドシート レインカバー Ver.3+プラス 1枚目

リトルキディーズ

2
自転車用チャイルドシート カバー SHINE HAI チャイルドシート レインカバー 1枚目

SHINE HAI

3
自転車用チャイルドシート カバー Sorayu 後付フロントチャイルドシート用レインカバー 1枚目

Sorayu

4
自転車用チャイルドシート カバー 大久保製作所 フロント用プレミアムチャイルドシートレインカバーver.03 1枚目

大久保製作所

5
自転車用チャイルドシート カバー HUGGABEE(ハガビー) HUGGABEE α 自転車チャイルドシートレインカバー まえ用 1枚目

HUGGABEE(ハガビー)

商品名

自転車 前用 チャイルドシート レインカバー Ver.3+プラス

チャイルドシート レインカバー

後付フロントチャイルドシート用レインカバー

フロント用プレミアムチャイルドシートレインカバーver.03

HUGGABEE α 自転車チャイルドシートレインカバー まえ用

特徴子どもの視界が360度確保できる!お手頃価格で防水機能もバッチリお世話のしやすい後ろ開きが嬉しい水が中に入ってこない二重構造!快適性を追求した頭上が高い広々空間
最安値
9,190
送料要確認
詳細を見る
2,149
送料要確認
詳細を見る
8,980
送料要確認
詳細を見る
12,100
送料別
詳細を見る
8,440
送料要確認
詳細を見る
タイプ ハイバック・ローバックハイバックハイバック・ローバックハイバックハイバック
適応年齢(身長)1歳~(~100cm)-(-) ※体重15kg以下-(ハイバック~98cm・ローバック~80cm)-(100cm以下)-(-)
サイズ 約65×65×40cm約39×58×66cm-34×50×70cm38×63×74cm
重量 約850g--約1300g(取付板約118g)848g
素材PVC・ナイロンオックス・ステンレスPVCナイロンオックスポリエステル・PVC・ポリエチレン-
オープン走行
防水機能
商品リンク

冬の走行には自転車用防寒グッズがおすすめ

今回は自転車用のチャイルドシートカバーをご紹介しましたが、真冬の走行にはワンランク上の防寒アイテムが必要。以下の記事では自転車用防寒グッズの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

自転車用チャイルドシートカバーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、自転車用チャイルドシートカバーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

自転車用のチャイルドシートカバーを10品ご紹介しましたが、いかがでしたか?

チャイルドシートカバーは、雨の日に役立つのはもちろん、強い日差しや寒さといった天候の変化からも、お子さんをしっかりと守ってくれます。チャイルドシートの劣化が防げるのもメリット。お気に入りの1枚を見つけて大いに活用しましょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す