• リクライニング式チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【簡単・便利!】のアイキャッチ画像1枚目
  • リクライニング式チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【簡単・便利!】のアイキャッチ画像2枚目
  • リクライニング式チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【簡単・便利!】のアイキャッチ画像3枚目
  • リクライニング式チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【簡単・便利!】のアイキャッチ画像4枚目
  • リクライニング式チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【簡単・便利!】のアイキャッチ画像5枚目

リクライニング式チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【簡単・便利!】

車に乗って揺られると眠ってしまうというお子さんは多いもの。でも、リクライニング式のチャイルドシートなら、眠ってしまった赤ちゃんを楽な姿勢で寝かせてあげられるので便利です。中には、新生児~1歳頃までの赤ちゃんが眠る姿勢にあわせて、ベッド型にまでできてしまうものもあります。

ただ、コンビやアップリカをはじめ、たくさんのメーカーから様々な商品が販売されているため、どれを選んだら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、リクライニング式チャイルドシートの選び方について徹底解説。また、楽天やAmazonで人気の商品からピックアップしたおすすめの商品もランキング形式でお届けしていきます。リクライニング式チャイルドシートを活用して、赤ちゃんとの快適なドライブを楽しみましょう!
  • 最終更新日:2019年02月12日
  • 31,634  views
目次

リクライニング式チャイルドシートの選び方

それではまず、リクライニング式チャイルドシートの選び方をおさえておきましょう。リクライニング式のチャイルドシートも一般的なチャイルドシートと同じく、安全基準や車への固定法、適応年齢などに注意しなければなりません。そのうえで、リクライニングの機能についておさえておくと完璧です!

安全基準を満たしているか確認

安全基準を満たしているか確認

出典:gracobaby.jp

チャイルドシートを購入するときに最も気にしてほしいのは「安全性」。道交法では安全基準を満たしていないチャイルドシートの使用を禁止していますが(※緩和条件あり)、量販店などでは基準を満たしていないものが販売されていることも。

現行の安全基準は、欧州基準のECE R44が採用されており、この基準を満たしているものには、Eマークが添付されていますが、その他に、欧州の新基準i-Size(R129)なども安全基準の認可を受けた証になります。チャイルドシート購入時には、必ずその商品の安全基準を確認してから購入するようにしましょう。

何歳まで使う?使用期間を考えて選ぶ

何歳まで使う?使用期間を考えて選ぶ
チャイルドシートは、新生児期のみしか使用できないベビーシートや、新生児~4歳ごろまで使える乳幼児兼用タイプ、3歳~12歳ごろまで使えるジュニアシートなど、様々な適応年齢のものが販売されています。ただその中でも人気があるのは、新生児~4歳頃まで使えるチャイルドシートです。

チャイルドシートの使用は最低でも6歳まで。お子さんが6歳になるまで、どんなチャイルドシートを使用していくのか、計画を立ててたうえで、リクライニング機能付きの商品を選ぶようにすると良いでしょう。

リクライニングのメリットを最大限に生かすには?

リクライニング式のチャイルドシートと一口に言っても、リクライニング方式や傾斜角度は様々です。目的に合った使い方ができるのか、確認してから購入するようにしましょう。

どのくらい角度斜調節できるかチェック!

どのくらい角度斜調節できるかチェック!

出典:gracobaby.jp

例えば、新生児用のリクライニング機能付きシートの中には、平らなベッド状態にまでリクライニング可能なものがあります。また逆に、12歳ごろまで使用可能なチャイルドシートの場合、なかには傾斜角度がわずか20°ほどのものも。リクライニングするといっても一体何度まで傾斜できるのか、何段階まで調節が可能なのかなど、購入前に確認しておきましょう。

360°回転式なら子供の乗せ降ろしが簡単便利

傾斜角度とともに注目したいのが、360°回転式のチャイルドシート。椅子部分が360°回転するので、お子さまの乗せ降ろしも楽チンで、眠ってしまったお子さんも簡単に降ろすことができるので便利です。

ただ、360°回転タイプは、どうしても値段が高くなりがちなのが難点。重量も重く、サイズも大きくなりがちです。特にコンパクトなタイプをご希望の場合は、その点をあらかじめ注意しておきましょう。

片手ワンタッチ操作OKなら楽々リクライニング♪

片手ワンタッチ操作OKなら楽々リクライニング♪

出典:gracobaby.jp

乗車中に寝てしまったときに、お子さんを座らせたままの状態でさっとリクライニングできれば、お子さんを起こすこともなく便利ですよね。特に、リクライニングの操作を片手ワンタッチで行えると、手間もかかりません。

ただ中には、取り付け後にはリクライニングできないものもあります。単に車のシートの角度やお子さまの姿勢にあわせて角度を調整したいという場合は、問題ありませんが、お子さまの状況に合わせてリクライニング機能を使いたいという場合は、注意しましょう。

固定方法はISO-FIXが安全&便利

固定方法はISO-FIXが安全&便利

出典:gracobaby.jp

チャイルドシートの取り付けにおけるミスユースは本当に多いそうです。間違った使い方をしてお子さんを危険にさらさないために推奨されているのが、ISO-FIXという固定方式。シートベルトを使わず、専用の金具にコネクタを押し込むことで簡単に装着が可能です。

また、ISO-FIXを利用した専用ベースを使えば、かちっとベースにはめ込むだけで装着できるのでとっても便利。2012年7月以降に発売されている車には、ISO-FIX固定金具がついていることが多いようですので、車にISO-FIX固定金具がついているようなら、ぜひISO-FIX対応のチャイルドシートを選びましょう。

リクライニング式チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選

今回は、人気ランキングということで、大手通販サイトで多くのレビューを獲得し、かつその評価が良いものから、上記の選び方に即したものをピックアップしています。

まだまだISO-FIX適応チャイルドシートは少ないですが、やはりこれは安全面からもおすすめということで上位にランクインしています。新生児から使えるものや、9カ月以降から長く使えるものまで幅広くラインナップしていますので、お楽しみに!

10位:リーマン CHIDORI Black Edition

リーマン CHIDORI Black Edition 781282

11,800円 (税込)

詳細情報
・安全基準:ECE R44/04
・適応年齢:新生児~4歳(18㎏)
・取り付け方法:3点式シートベルト
・重量:6.1㎏
・リクライニング:1段階(新生児)、3段階(1歳~)
・その他:日本製、シンプル軽量設計(6.1㎏)

安心のリーマン社「ネディライフ」をベースに製作

リーマンの「ネディライフ」をベースに製作されたCHIDORI。もちろん、リーマンの「ネディライフ」同様に、日本の工場で組み立てが行われています。軽くてコンパクトな設計なので、ママ一人でも取り付け簡単。「ネディライフ」よりも若干リーズナブルということもあり、楽天のショップでは大人気!評価も☆4以上を獲得しています。(※2017年6月調べ)

9位:カトージ Joie チャイルドシート 04 チルト

カトージ Joie チャイルドシート 04 チルト 38118
出典:amazon.co.jp
カトージ Joie チャイルドシート 04 チルト 38118

8,908円 (税込)

詳細情報
・安全基準:ECE R44/04 (サイドインパクト、英国TRL合格)
・適応年齢:新生児~4歳(18㎏)
・取り付け方法:3点式シートベルト 
・重量:6.1㎏
・リクライニング:4段階
・その他:コンパクト&軽量設計

3点式シートベルト固定&リクライニング4段階

3点式シートベルト固定&リクライニング4段階

出典:katoji.co.jp

ISO-FIXがいいとはわかっていても、車がISO-FIXに対応していなければ取り付けることは不可能ですよね。そこでおすすめしたいのが、Joieのチャイルドシート「チルト」。

3点式シートベルト固定タイプで、通販サイトでも大人気!重量はわずか6㎏とかなり軽く、コンパクトに作られているので軽自動車などにもおすすめです。ちなみに、楽天で1万件以上のレビューを得ていることからも、多くの方から支持されていることがわかります(※2017年6月調べ)。

8位:CYBEX パラスMフィックス ロングユースジュニアシート

CYBEX パラスMフィックス ロングユースジュニアシート
出典:amazon.co.jp
CYBEX パラスMフィックス ロングユースジュニアシート

50,760円 (税込)

詳細情報
・安全基準:ECE R44/04 GROUP 1/2/3
・適応年齢:9ヵ月~12歳
・取り付け方法:ISOFIX、3点式シートベルト 
・重量:9.3㎏
・リクライニング:リクライニングヘッドレスト(3ポジション)※特許出願中、シートリクライニング(2ポジション)※~4歳まで可能、片手操作〇
・その他:アジャスト機能付きセーフティクッション

12歳までのロングユース設計!腰が据わってからの購入ならコレ!

9ヵ月から使用可能なチャイルドシート。なんと12歳まで使用できる超ロングユース設計です。チャイルドシートの場合、0~4歳対象のものが人気ですが、ベビーシートからチャイルドシートへの乗せ換えを考えているなら、こちらの商品が断然おすすめ。

ジュニア世代を対象としているだけあって、リクライニングの角度も無駄がありません。ヘッドレストにも3段階のリクライニングがついており、眠ってしまった場合の安全性を第一に考えて作られています。

7位:Combi ホワイトレーベル クルムーヴ スマート

Combi ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX JG-650
出典:amazon.co.jp
Combi ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX JG-650

70,200円 (税込)

詳細情報
・安全基準:平成26年度チャイルドシートアセスメントにおいて ISOFIXの回転式チャイルドシートとして日本で初めて、乳児用・幼児用の両モードで最高評価の「優」を獲得。
・適応年齢:新生児~4歳(18㎏)
・重量:12.5㎏
・取り付け方法:ISOFIXのみ ※後ろ向き装着のみ
・リクライニング:3段階、片手操作〇(カンタン直観操作)
・その他:コンビ史上最少サイズ、360°回転、8段階ムーヴレスト、一歩進んだベッド型、エッグショック、すっぽりサンシェード

360°回転式の中では軽量&コンパクト!カンタン直観操作もおすすめ

軽自動車などコンパクトな車に乗っている方におすすめなのが、Combiの「ホワイトレーベル クルムーヴ スマート」。360°回転式にも関わらず、なんとわずか12.5kgと超軽量で、サイズもCombi史上最小サイズ!

また、リクライニング機能と360°回転機能とが連動しており、片手での直観操作が可能。感覚的に「このぐらい」と決めてリクライニングと回転が同時にできるというのはとても便利ですね。

6位:CYBEX シローナ

CYBEX シローナ 514105042
出典:amazon.co.jp
CYBEX シローナ 514105042

74,520円 (税込)

詳細情報
・安全基準:ECE R44(後ろ向き装着4歳まで、前向き装着ではセーフティクッション使用、サイドインパクト・プロテクション搭載)
・適応年齢:新生児~4歳(18㎏)
・重量:15㎏
・取り付け方法:ISOFIXのみ
・リクライニング:前向き5段階、後ろ向き7段階、片手操作〇
・その他:360°回転、10段階調節可能ヘッドレスト(肩ベルトの高さも連動)

細かくリクライニングしたいならコレ!後ろ向き7段階リクライニング

細かくリクライニングしたいならコレ!後ろ向き7段階リクライニング

出典:amazon.co.jp

お子さんが苦しくないよう、理想的な姿勢で寝かせてあげたいという強いこだわりがある方におすすめなのが、CYBEXの「シローナ」。

前後にリクライニング可能でワンタッチで操作できるのは、高機能商品によくみられる仕様ですが、さらにこの商品のスゴイところは、後ろ向きなら7段階ものリクライニング機能がついているということ。リクライニング機能にこだわるのなら、絶対この商品が一押しです。

5位:Recaro ゼロワン セレクト

Recaro  ゼロワン セレクト  RC6305.21546.07
出典:amazon.co.jp
Recaro ゼロワン セレクト RC6305.21546.07

63,800円 (税込)

詳細情報
・安全基準:ECE R44(ASP、3層ヘッドサポート構造、HEROハーネスシステム)
・適応年齢:新生児~4歳(18㎏)
・取り付け方法:ISOFIXのみ(サポートレッグあり)
・重量:14.9㎏
・リクライニング:前後5段階リクライニング、片手操作〇
・その他:360°回転、6段階ヘッドサポート高さ調整、集中イネンジケーター、ダブル回転レバー、かんたんベルトレバー、コンフォート・ピロー、エアメッシュ+エクステンション付き大型幌、5層エルゴノミック座面、エアホール付き高密度クッション

超高性能!360°回転式&リクライニング5段階

超高性能!360°回転式&リクライニング5段階

出典:amazon.co.jp

ISOFIX固定で安全性能が備わっており、360°回転・リクライニング機能付き…そんなチャイルドシートはいくつかありますが、ある程度金額が出せるなら、ぜひ選んでほしいのが、Recaroの「ゼロワン セレクト」。

リクライニング機能は後ろ向きだけというチャイルドシートが多い中、この商品は、前後で5段階のリクライニングが可能。しかも、シェル内でリクライニングが完結するというかなりの省スペース設計です。

その他にも、年齢に応じて引っ張るだけで簡単に6段階調整できるヘッドサポートや、ミスユースを防ぐためのインジケーター機能、左右どちらからでも操作できるダブル回転レバーなど、とにかく至れり尽くせりという高機能っぷり!ストレスフリーなチャイルドシートをお求めなら、これでキマリです!

4位:Aprica フラディアグロウ ISOFIX デラックス インテリジェンス

Aprica  フラディアグロウ ISOFIX デラックス インテリジェンス  93504
出典:amazon.co.jp
Aprica フラディアグロウ ISOFIX デラックス インテリジェンス 93504

74,520円 (税込)

詳細情報
・安全基準:UN規則(UN-R44/04)適合(ショックキャッチ構造)
・適応年齢:新生児~4歳(18㎏)
・取り付け方法:ISOFIXのみ 
・重量:14.5㎏
・リクライニング:フルリクライニング(平らなベッド)、後向き2段階リクライニング、片手操作〇
・その他:ワンタッチ回転シート、サーモメディカルシステム、レッグルーム、イージーベルトロックシステム、ベンチレーションシステム

新生児期から使うならコレ!360°回転&平らなベッド

新生児期から使うならコレ!360°回転&平らなベッド

出典:aprica.jp

新生児期から使うためにチャイルドシート購入を考えている方に最もおすすめしたいのは、Apricaから発売されているこの360°回転式チャイルドシート。一番の特徴は、赤ちゃんを平らに寝かせられるシートの傾斜角度。ここまで真っ平に寝かせられるチャイルドシートは他にありません。

実は、生まれてすぐの赤ちゃんを産院から連れて帰るときに先輩ママたちが最も不安になるのは、シートの角度。ほとんどの新生児用ベビーシートは、理想的な傾斜角度で赤ちゃんを守れるよう設計されています。

しかし、生まれたての赤ちゃんの場合、ママの目から見るとシートの傾斜角度は「苦しそう」に見えてしまうんです(※実際は、新生児をその他のベビーシートに乗せても赤ちゃんは苦しくありません)。その点、このチャイルドシートなら真っ平になるので安心ですね。

3位:マキシコシ 2way Pearl

マキシコシ  2wayPearl QNY79009660
出典:amazon.co.jp
マキシコシ 2wayPearl QNY79009660

37,800円 (税込)

詳細情報
・安全基準:i-Size(R129)
・適応年齢:6ヵ月~4歳(18㎏)
・取り付け方法:ISOFIXのみ ※別売りベース必要(参考価格:¥ 30,240)
・重量:7.25㎏
・リクライニング:前後3段階、寝かせたままリクライニング〇、片手操作〇
・その他:前向き・後ろ向き2wayでの使用が可能、STAY OPEN HARNESS、ウィングハーネス、スプリングクロッチ

新安全基準i-Size(R129) 対応!前向き&後ろ向き両方でリクライニング可能

2WayFixというISOFIX接続のための別売りベースメントが必要なので、実際使用するには、表示価格よりも+3万円前後必要とはなりますが、新基準のi-Size(R129) に対応しており、安全性が高く、使い勝手の良いチャイルドシートです。

本体重量も7kgほどなので、女性一人でも比較的持ち運びが簡単。後ろ向きに装着した場合は、リクライニングが難しい商品が多い中、マキシコシの「2way Pearl」は、前も後ろもそれぞれ3段階のリクライニングが可能です。

チャイルドシートの使用は後ろ向きのほうが安全性が高いと言われているので、できるだけ長く後ろ向きで使用し、お子さんの安全をしっかりと確保してあげたいですね。

2位:カーメイト エールべべ クルットスリーアイ3i プレミアム

カーメイト エールベベ クルット3i プレミアム  BF841
出典:amazon.co.jp
カーメイト エールベベ クルット3i プレミアム BF841

49,650円 (税込)

詳細情報
・安全基準:ECE R44、360°セーフティ(側面衝撃吸収)
・適応年齢:新生児~4歳(18㎏)
・取り付け方法:ISOFIXのみ 
・重量:14.7㎏
・リクライニング:前向き使用時のみ3段階、寝かせたままリクライニング〇、片手操作〇
・その他:360度回転、ママの手クッション“フラット”、さらっとエアーシステム、Wらくらくウォッシャブルカバー、ワイドサンシェード

360°回転式で最もおすすめなのはコレ!

360°回転式で最もおすすめなのはコレ!

出典:amazon.co.jp

乗せ降ろしする方向にくるっと回転してくれる360°回転式のチャイルドシート。確かに便利ですが、高機能なだけに価格が高くなりがちなのが欠点です。そんな中でもカーメイトの「エールべべ クルットスリーアイ3i プレミアム」は、かなりコスパの良い商品。

重量は14.7kgとやはり少し重いですが、新生児~4歳まで比較的長く使え、取り付けは安全なISOFIX対応。抱っこしたまま片手でくるっと座席を回すことができ、サイレント仕様なので赤ちゃんを起こすこともありません。もちろん、リクライニング機能も充実。前向きで3段階のリクライニングが可能であり、こちらも片手ワンタッチでスイスイ操作できます。

日本製なので、細かい部分もしっかりとした造りで、安全性も抜群。正面からだけでなく、360°方向からの衝撃対策もバッチリです!カーメイトの商品は、全般に高機能な割に価格が抑え目で、Amazonや楽天でも好評価を得ています。口コミ情報なども多い商品なので、気になる方はぜひ各通販サイトをチェックしてみてください。

1位:GRACOチャイルドシート ジーフィックス

GRACO チャイルドシート ジーフィックス 67206
出典:amazon.co.jp
GRACO チャイルドシート ジーフィックス 67206

33,480円 (税込)

詳細情報
・安全基準:ECE R44、2013年チャイルドアセスメントにて最高評価の「優」
・適応年齢:新生児~4歳(18㎏)
・取り付け方法:ISOFIX(ベース使用)、3点式シートベルト 
・重量:14.5㎏(本体8.4㎏+ISOFIXベース6.1㎏)
・リクライニング:前向き使用時のみ3段階、寝かせたままリクライニング〇、片手操作〇

ISOFIXベース使用なので簡単とりつけ&簡単リクライニング3段階

ISOFIXベース使用なので簡単とりつけ&簡単リクライニング3段階

出典:amazon.co.jp

GRACOの「ジーフィックス」は、安全性も高く、0~4歳と使用期間も長め。取り付けや操作方法も簡単で、お子さんを寝かせたままリクライニングできるという高機能なのに、価格帯も比較的安価というかなり理想的なチャイルドシート!

ISOFIXへの固定は、ベースを使用しているので、カチッとベースの上に本体を乗せるだけで完了!ISOFIX非対応の車の場合は、3点式シートベルトへの装着も可能なので、例えば、車2台に乗せ換える場合、1台はISOFIXベースをつけっぱなしにしておき、たまに使うISOFIX非対応車には本体だけを移動させてシートベルト固定させるという方法も。

また、リクライニングも前向き使用で3段階まで可能。片手ワンタッチ操作OKなので、眠ってしまったお子さんを起こすことなくスムーズにシートを倒すことができます。ちなみに、前向き使用だと安全性が気になるところですが、この商品は、前向き使用でも2013年チャイルドアセスメントにて最高評価の「優」を獲得しているので安心ですよ!

まとめ

今回は、リクライニング式チャイルドシートのおすすめ人気ランキングをご紹介しました。人気ランキングということなので、通販サイトの購入レビューや評価、口コミ数、売り上げ状況などをもとに、ランキングを作成しましたが、やはりいくら人気があっても、安全性に疑問が残るものや安いだけのものは、除外しています。

車の中でお子さんを楽な姿勢で寝かしてあげたいというのは優しい親心。ぜひ安全で、快適なチャイルドシートを選んであげてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す