• コンパクトなチャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【新生児から使える!】のアイキャッチ画像1枚目
  • コンパクトなチャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【新生児から使える!】のアイキャッチ画像2枚目
  • コンパクトなチャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【新生児から使える!】のアイキャッチ画像3枚目
  • コンパクトなチャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【新生児から使える!】のアイキャッチ画像4枚目
  • コンパクトなチャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【新生児から使える!】のアイキャッチ画像5枚目

コンパクトなチャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【新生児から使える!】

軽自動車やコンパクトカーに乗っているママ&パパにおすすめなのが「コンパクトタイプのチャイルドシート」です。しかし、コンパクトタイプといっても、コンビ・グレコ・リーマンなど多くのメーカーからたくさんの商品が販売されており、サイズや重さも様々なので、どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、軽量&コンパクトで、コスパも抜群のコンパクトチャイルドシートをランキング形式で10選お届けします。小さくても高機能で安全性も抜群の人気商品をピックアップ!選び方のポイントもまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。安全性&乗り心地ともに納得のチャイルドシートを選んで、お子さんとの快適なドライブを楽しみましょう。
  • 最終更新日:2019年05月26日
  • 49,115  views
目次

コンパクトなチャイルドシートの選び方

それではまず、コンパクトなチャイルドシートの選び方をお伝えします。コンパクトさだけで選ばず、安全性や機能性にも着目してより良いものを選ぶことを意識しましょう。

重量約5kg 横幅43cm前後が理想的

重量約5kg 横幅43cm前後が理想的

出典:amazon.co.jp

コンパクトなチャイルドシートとは一体どれぐらいの大きさのものを指すのでしょうか?各メーカーを比較してみると、重量は5kg以内のものが最軽量で、6kg台のものも「コンパクトタイプ」として売り出している場合もあります。

サイズは、シートへの取り付けが前向きか後ろ向きかによって高さや奥行きは変わってきますが、横幅にだけ注目してみると、横幅41cmが最小サイズで、約47cmまでが「コンパクトタイプ」として売り出されています。

すなわち、コンパクトサイズとしては、重量約5kg、横幅43cm前後のものが理想的です。購入後に「思ったより大きかった…失敗した」とならないようにするには、チャイルドシートを設置するシートの幅を、メジャーなどで計測しておくと良いでしょう。

高い安全基準をクリアしたものを選ぼう

高い安全基準をクリアしたものを選ぼう
コンパクトさばかりを追い求めては、安全性がおろそかになる場合も。新生児から使用可能なチャイルドシートなら、大抵の場合は安全基準をクリアしていますが、1歳前後から使用できるタイプの中には、あまりに簡易すぎるデザインのため安全性が疑問視されているものもあるので注意が必要です。

安全基準の目安となるのは、国交省公認のEマーク・ECE-R44(欧州安全基準合格)が付いていること。さらに安全性に付加価値を求めるなら、上記の安全基準をクリアしたうえで、ドイツのADACテストに合格していたり、チャイルドシートアセスメントで高評価を得ていたりするものを選ぶと良いでしょう。

また、実際の事故では側面からの衝突というのが非常に多いそうです。ECE-R44では定められていない側面衝突に関しても、「サイドガード機能つき」など、独自に対策を施している付加機能にも着目しましょう。

ミスユースを防ぐ機能が付いたものを選ぼう

ミスユースを防ぐ機能が付いたものを選ぼう
各メーカーから発売されているコンパクトなチャイルドシートのほとんどは、乗用車についている3点式シートベルトで固定するようになっています。ただ、3点式シートベルトで固定する方法は、かなりミスユースが多いことが問題。正しく固定すれば、安全性には全く問題がありませんが、間違った取り付け方をすると途端に安全性能が下がってしまいます。

そのため、「チャイルドシートの取り付けははじめて…」という方や、チャイルドシートを乗せ換えする機会が多い方は、ミスユースを防ぐためにも、角度チェッカーなど、取り付けミスがないかどうか確認できる付加機能が付いているものがおすすめです。

対象年齢もチェック!

対象年齢もチェック!
チャイルドシートを選ぶ場合には、対象年齢を必ず確認しましょう。「これ、小さくていいな」と思っても、新生児~1歳までしか使えないベビーシートの場合も。コンパクトなチャイルドシートで多いのは、新生児~4歳ごろまで使えるタイプ。また、数は少ないものの、新生児~7歳まで使えるというロングユースタイプもあります。

ちなみに、車の備え付けのシートベルトで安全を確保できるとされるのは、身長140cm以上です。道交法では、6歳になるまではチャイルドシートで安全を確保するように義務付けされていますが、6歳の平均身長は120cm未満。140㎝以上の身長になるのは10歳か~11歳が平均なので、多くの場合、後にジュニアシートを買い換えなければならないということも覚えておきましょう。

使い勝手のよい機能性にも注目

これまでお伝えしたほかに、各メーカーごとチャイルドシートに様々な工夫を施しています。どうせならコンパクトなだけじゃなく、使い勝手の良いチャイルドシートを手に入れたいですよね。そこで、注目したいその他の機能性についてお伝えします。

低重心設計で安定性UP

低重心設計で安定性UP

出典:amazon.co.jp

コンパクトなチャイルドシートは、低重心設計や低座面になっているものが多いようです。これはチャイルドシートの重量を軽減することにもつながっているのですが、軽自動車やコンパクトカーに乗せ降ろしするなら、座面が低いものが楽チン!また、低重心のほうが安定性も増すため、一石二鳥…いや一石三鳥な設計というわけです。

通気性&ウォッシャブル

通気性&ウォッシャブル
子どもは本当に汗っかき。特に車に乗ると、頭の後ろのシートが塗れてしまうほど汗をかいてしまう子も多いのでは?

そこで大切になるのは、通気性。特に頭の部分には通気性を意識した素材を使用していたり、チャイルドシート自体に通気孔を設けていたりするものがおすすめです。また、汗で汚れたときにカバーを外して洗えるよう、ウォッシャブルになっているものが便利でしょう。

リクライニング機能付きなら安心

リクライニング機能付きなら安心
車に揺られると振動のためか自然と眠ってしまうというお子さんは多いようです。そういう時に便利なのはリクライニング機能。首がカクンと倒れる前に、頭をホールドしてくれる姿勢にリクライニングしてあげると安心ですね。

高いクッション性で乗り心地抜群

高いクッション性で乗り心地抜群

出典:amazon.co.jp

乗車時の安全性を確保するには、チャイルドシート使用は必須!にも関わらず、チャイルドシート着用義務違反者は後を絶ちません。チャイルドシートを使用しない理由で多いのが、「子どもが嫌がるから」ということ。

チャイルドシートに座ることを嫌がる子どもは意外と多いもの。そのため、親としてできることは、まず快適なチャイルドシートを用意してあげることです。

一概には言えませんが、クッション性の高いシートなら、座りごこちも快適。「快適にお子さんの体をサポートします」など、快適性へのこだわりが感じられるチャイルドシートを選ぶとよいでしょう。

コンパクトなチャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、上記の選び方に照らし合わせてピックアップしたおすすめのコンパクトなチャイルドシート10選をご紹介します。また、コンパクトなチャイルドシートの利点はサイズだけでなく、価格にもあり!ということで、コスパも良いものをという観点から選んでみました。
10位
コンパクトチャイルドシート EVENFLO トリビュートスポーツ- Maxwell 1枚目

EVENFLOトリビュートスポーツ- Maxwell

19,460円 (税込)

対象新生児~4歳ごろ(~18㎏)
重量4.13㎏
サイズ後向き時(W470×D701×H501㎜)、前向き時(W470×D558×H647㎜)
取り付け方法2点式/3点式シートベルト固定
安全基準FMVSS(米国連邦自動車安全基準合格品) FAA(米国連邦航空局)認可 ※飛行機での使用もできます。
その他肩ベルト4段階調整、シートクッション性高い
9位
対象新生児~4歳ごろ(~18㎏)
重量6.1㎏
サイズW475×D525×H630㎜
取り付け方法3点式シートベルト固定
安全基準ECE R44/04
その他リクライニング(新生児期=1段階、1歳以降=3段階)、日本製、ヘッドプロテクション構造、低重心座面、大型インナーパッド、角度チェッカー
8位

Joie(ジョイー)チャイルドシート 04 チルト

8,908円 (税込)

対象新生児~4歳(~18㎏)
重量6.1㎏
サイズ後向き時(W43.5×D70×H48.5㎜)、前向き時(W43.5×D41.5×H62㎜)
取り付け方法3点式シートベルト固定
安全基準ECE R44/04
その他肩ベルト3段階高さ調節、前向きで3段階のリクライニング、サイドインパクト、新生児パッド、5点式シートベルト
7位
対象新生児~4歳ごろ(~18㎏)
重量6㎏
サイズ後向き時(W430×D690×H430㎜)、前向き時(W430×D520~570×H580~610㎜)
取り付け方法3点式シートベルト固定
安全基準ECE R44/04
その他ふわっとクッション、超大型通気ホール、3段階リクライニング(前向き使用時)、肩ハーネスの高さ2段階、ウォッシャブル
6位
コンパクトチャイルドシート ORANGE-BABY BabyGo! チャイルドシート  1枚目

ORANGE-BABY BabyGo!チャイルドシート

9,800円 (税込)

対象新生児~7歳ごろ(~25㎏)
重量6.2㎏
サイズW440×D490×H670㎜
取り付け方法3点式シートベルト固定
安全基準ECE R44/04 グループ0、1、2 認定商品
その他大型ヘッドサポート&W肩パット、メッシュ素材インナークッション、3段階ベルト調節可、3段階リクライニング機能
5位

コンビミニマグランデ エッグショック UF

28,863円 (税込)

対象新生児~4歳以下(~18㎏以下)
重量4.5㎏
サイズ後向き時(W420×D635×H540mm)、前向き時(W420×D530×H603mm)
取り付け方法3点式シートベルト固定
安全基準UN R44/04
その他エッグショック搭載、Wサイドプロテクション、全面3Dメッシュシート、低重心座面設計(座面高さ9.6㎝)、インジケーターバックル
4位

システムK安全性を追求したスリムタイプのチャイルドシート

9,480円 (税込)

対象新生児~4歳ごろ(~18㎏)
重量5.3㎏
サイズW410×D430×H620㎜
取り付け方法3点式シートベルト固定
安全基準ECE R44/04
その他0~1歳の後向き時にリクライニング機能あり、カバーはウォッシャブル、ふかふかクッション
3位
対象0~4歳
重量4.3㎏
サイズW450×D530×H615㎜
取り付け方法3点式シートベルト固定
安全基準ECE R44/04 ※チャイルドシートアセスメントで最高評価「優」獲得。
その他ファイバーモールドクッション、3Dメッシュシート、サイドガード、小型軽量バックル
2位

コンビチャイルドシート コッコロ S UX

16,800円 (税込)

対象新生児~4歳ごろ(~18㎏)
重量4.4㎏
サイズW410×D615×H550㎜
取り付け方法3点式シートベルト固定
安全基準ECE R44/04
その他ダッコシートα、「だっこ型R」シート、低重心・低座面設計、ダッコシェル形状、ウォッシャブルシート、サイドプロテクションシステム
1位
対象新生児~7歳ごろ(~25㎏)(~120㎝)
重量5.3㎏
サイズW412×D507×H617㎜
取り付け方法3点式シートベルト固定
安全基準E24-040093 ※チャイルドシートアセスメント最高評価のW優
その他ヘッドレスト調節可、低座面・低重心設計、3Dメッシュ生地、セーフティバックル、ハーネスクリップレス構造、骨盤拘束5点式ベルト、ユニバーサル

おすすめ人気コンパクトなチャイルドシートの比較一覧表

商品画像
1
コンパクトチャイルドシート リーマン カイナ 1枚目

リーマン

2
コンパクトチャイルドシート コンビ チャイルドシート コッコロ S UX 1枚目

コンビ

3
コンパクトチャイルドシート Joyson Safety Systems Japan Child Guard 1枚目

Joyson Safety Systems Japan

4
コンパクトチャイルドシート システムK 安全性を追求したスリムタイプのチャイルドシート 1枚目

システムK

5
コンパクトチャイルドシート コンビ ミニマグランデ エッグショック UF  1枚目

コンビ

6
コンパクトチャイルドシート ORANGE-BABY BabyGo! チャイルドシート  1枚目

ORANGE-BABY BabyGo!

7
コンパクトチャイルドシート グレコ チャイルドシート G-FLOW 1枚目

グレコ

8
コンパクトチャイルドシート Joie(ジョイー) チャイルドシート 04 チルト 1枚目

Joie(ジョイー)

9
コンパクトチャイルドシート リーマン  CHIDORI Black Edition 1枚目

リーマン

10
コンパクトチャイルドシート EVENFLO トリビュートスポーツ- Maxwell 1枚目

EVENFLO

商品名

カイナ

チャイルドシート コッコロ S UX

Child Guard

安全性を追求したスリムタイプのチャイルドシート

ミニマグランデ エッグショック UF

チャイルドシート

チャイルドシート G-FLOW

チャイルドシート 04 チルト

CHIDORI Black Edition

トリビュートスポーツ- Maxwell

特徴新生児~7歳までこれ1台でOK!軽い!コンパクト!コスパ良し!超軽量!安全性能も優秀軽自動車に取り付けてもサイドに余裕♪ スリムさが売り!エッグショックで赤ちゃんの頭を守る!安全性能+αがスゴイ横幅44cm!7歳までのロングユースタイプクッション性&通気性は抜群!リクライニング機能も超キュート♡大人気のチルト角度チェッカーでミスユースを防ぐ!飛行機の使用も許可されている高い安全性
価格13,207円(税込)16,800円(税込)10,800円(税込)9,480円(税込)28,863円(税込)9,800円(税込)12,800円(税込)8,908円(税込)11,800円(税込)19,460円(税込)
対象新生児~7歳ごろ(~25㎏)(~120㎝)新生児~4歳ごろ(~18㎏)0~4歳新生児~4歳ごろ(~18㎏)新生児~4歳以下(~18㎏以下)新生児~7歳ごろ(~25㎏)新生児~4歳ごろ(~18㎏)新生児~4歳(~18㎏)新生児~4歳ごろ(~18㎏)新生児~4歳ごろ(~18㎏)
重量5.3㎏4.4㎏4.3㎏5.3㎏4.5㎏6.2㎏6㎏6.1㎏6.1㎏4.13㎏
サイズW412×D507×H617㎜W410×D615×H550㎜W450×D530×H615㎜W410×D430×H620㎜後向き時(W420×D635×H540mm)、前向き時(W420×D530×H603mm)W440×D490×H670㎜後向き時(W430×D690×H430㎜)、前向き時(W430×D520~570×H580~610㎜)後向き時(W43.5×D70×H48.5㎜)、前向き時(W43.5×D41.5×H62㎜)W475×D525×H630㎜後向き時(W470×D701×H501㎜)、前向き時(W470×D558×H647㎜)
取り付け方法3点式シートベルト固定3点式シートベルト固定3点式シートベルト固定3点式シートベルト固定3点式シートベルト固定3点式シートベルト固定3点式シートベルト固定3点式シートベルト固定3点式シートベルト固定2点式/3点式シートベルト固定
安全基準E24-040093 ※チャイルドシートアセスメント最高評価のW優ECE R44/04 ECE R44/04 ※チャイルドシートアセスメントで最高評価「優」獲得。ECE R44/04UN R44/04ECE R44/04 グループ0、1、2 認定商品ECE R44/04ECE R44/04ECE R44/04FMVSS(米国連邦自動車安全基準合格品) FAA(米国連邦航空局)認可 ※飛行機での使用もできます。
その他ヘッドレスト調節可、低座面・低重心設計、3Dメッシュ生地、セーフティバックル、ハーネスクリップレス構造、骨盤拘束5点式ベルト、ユニバーサルダッコシートα、「だっこ型R」シート、低重心・低座面設計、ダッコシェル形状、ウォッシャブルシート、サイドプロテクションシステムファイバーモールドクッション、3Dメッシュシート、サイドガード、小型軽量バックル0~1歳の後向き時にリクライニング機能あり、カバーはウォッシャブル、ふかふかクッションエッグショック搭載、Wサイドプロテクション、全面3Dメッシュシート、低重心座面設計(座面高さ9.6㎝)、インジケーターバックル大型ヘッドサポート&W肩パット、メッシュ素材インナークッション、3段階ベルト調節可、3段階リクライニング機能ふわっとクッション、超大型通気ホール、3段階リクライニング(前向き使用時)、肩ハーネスの高さ2段階、ウォッシャブル肩ベルト3段階高さ調節、前向きで3段階のリクライニング、サイドインパクト、新生児パッド、5点式シートベルトリクライニング(新生児期=1段階、1歳以降=3段階)、日本製、ヘッドプロテクション構造、低重心座面、大型インナーパッド、角度チェッカー肩ベルト4段階調整、シートクッション性高い
商品リンク

コンパクトなジュニアシートもチェック!

今回は新生児から使えるコンパクトタイプのチャイルドシートを中心にご紹介しましたが、3歳頃から長く使えるコンパクトなジュニアシートは、下記の記事でご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

今回は、チャイルドシートのコンパクトさにこだわって、おすすめの商品を選んでみました。コンパクトと言えども、やはり外せないのは安全性。店頭販売されている全てのチャイルドシートが安全性を備えているわけではないということを頭に置き、見た目やサイズだけにとらわれずに選ぶ目が必要です。

コンパクトと言えども、各メーカーの企業努力によって、安全性が高く、さらに様々な付加機能を備えた素晴らしい商品も多数発売されています。ぜひしっかりとした商品を選んで、お子さんとの快適なドライブを楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す