• 【安くて強い!】アウトドア用ペグの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【安くて強い!】アウトドア用ペグの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【安くて強い!】アウトドア用ペグの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【安くて強い!】アウトドア用ペグの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【安くて強い!】アウトドア用ペグの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像5枚目

【安くて強い!】アウトドア用ペグの最強おすすめ人気ランキング20選

キャンプに欠かせないペグ。小さくてあまり目立たないものですが、適切なペグを使わないとテントやタープが固定できず飛んで行ってしまいかねない、アウトドアにおいて大変重要なアイテムです。

今回は、そんなアウトドア用ペグの選び方のポイントと、Amazonや楽天など通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。記事後半ではペグの使い方も解説しますので、選び方と合わせてぜひ参考にしてください!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 102,024  views
目次

アウトドア用ペグの選び方のポイント

ランキングを発表する前に、まずはペグの選び方のポイントを紹介していきます。設営地面や使用シーンをイメージしながら、あなたのスタイルに最適なペグを選んでいきましょう。

使用場所・用途に合った種類を選ぼう

ペグは形状や作り方により、大きく7つの種類に分けられます。種類によって刺しやすさや抜けにくさが違うため、まずはそれぞれの特徴をチェックすることが大切。使用に適した地面についても解説しますので、どこに設営するのかイメージしながら確認してみてください。

抜き差ししやすく硬めの地面に最適!ピンペグ

抜き差ししやすく硬めの地面に最適!ピンペグ

出典:amazon.co.jp

ピンペグはテントの付属品として採用されている場合が多く、比較的抜き刺ししやすいのが特徴です。断面が円状になっており、ヘッドはO型になっていたり折れ曲がったりしています。硬めの地面での使用にも最適なタイプです。

ただし、砂浜などではすぐに抜けてしまう恐れがありますので、柔らかい地面には使用しないようにしましょう。

収納しやすく芝生や砂の多い地面に最適!V字ペグ

収納しやすく芝生や砂の多い地面に最適!V字ペグ

出典:amazon.co.jp

V字ペグはその名の通り、断面がV字状のペグ。芝生や砂の多い柔らかい地面や硬すぎない地面に適しており、比較的簡単に刺すことが可能。また接地面が広いためしっかりと地面に食い込みます。その形状から、重ねて収納することができるため、持ち運びにも便利です。

強度はそれなりにありますが、適切な力加減で打ち込まないと簡単に曲がってしまいますので、設営のときには注意が必要です。

オールマイティーに使えるY字ペグ

オールマイティーに使えるY字ペグ

出典:amazon.co.jp

Y字ペグは上から見るとY字状になっているペグです。接地面も広く形状はV字ペグに似ていますが、力が3方向に分散されるのが特徴。より頑丈で曲がりにくいので、柔らかい地面や硬い地面、どんな場所でも使いやすいのがメリットです。

砂地に最適!打ち方にコツがいるU字ペグ

砂地に最適!打ち方にコツがいるU字ペグ

出典:amazon.co.jp

U字ペグはその名の通り、断面がU字状になっているペグです。砂地などの柔らかい地面での使用に適しています。強度はあまり優れておらず、V字ペグと似ていますがV字よりも打つのにコツがいります。

硬くても柔らかくてもOK!ハンマーで打ちやすいネイルペグ

硬くても柔らかくてもOK!ハンマーで打ちやすいネイルペグ

出典:amazon.co.jp

ネイルペグは、長い釘のヘッド部分にプラスチックが付いているのが特徴です。ハンマーで打ち込みやすい形状をしているため、ピンペグよりも硬い地面でも使用することができますよ。

硬い地面でも柔らかい地面でも対応できるのが魅力ですが、砂地や湿気のある地面には向きません。またプラスチックの部分が壊れやすいので注意が必要です。

柔らかい地面でも抜けにくい!スクリューペグ

柔らかい地面でも抜けにくい!スクリューペグ

出典:amazon.co.jp

スクリューペグは、ネジのような構造で回転しながら地面に食い込んでいくのが特徴。柔らかい地面でも抜けにくく、特に砂地に適しています。ハンマーで打ち込むタイプと手でねじ込むタイプがあります。愛犬を繋いでおくのにもおすすめです。

硬い地面でも壊れにくい!鍛造ペグ

硬い地面でも壊れにくい!鍛造ペグ

出典:amazon.co.jp

鍛造ペグは硬い地面にも打ち込むことができ、壊れにくいのが特徴です。丸鋼材が使われ、その強靭さは石をも砕くほど。砂地以外ではほとんどの場所で使用できます。ご紹介した中では最も重く比較的高価なため、ある程度キャンプを極めた上級者以上に人気のタイプです。


同じように鋼材で作られたものの中には、鍛造品以外のパーツが溶接されているなどで、厳密には鍛造ペグと呼べないものも存在します。そういった商品も高い強靭性を持つため、この記事では「鍛造ペグの一種」としてご紹介。よく吟味した上、予算・目的に合ったものを選んでください。

使用場所や好みに合った素材を選ぼう

ペグに使用されている素材は大きく分けて、プラスチックと金属の2タイプ。今回はその中でも主流となる、プラスチック・アルミ・スチールの特徴を解説します。素材によって強度・軽さ・適した場所が異なりますので、しっかりとチェックして最適な商品を選んでいきましょう。

安くて軽い!芝生や湿った地面に最適なプラスチック

安くて軽い!芝生や湿った地面に最適なプラスチック

出典:amazon.co.jp

プラスチック製のペグはプラペグとも称されており、軽くて安いのが特徴。芝生や湿った地面での使用に最適です。柔らかく折れやすいため、硬い地面や砂利の多い場所には適しません。打ち込む際にも壊れやすいので、ハンマーはプラスチックやゴム製を使用すると良いでしょう。

軽さを求めるならアルミがおすすめ

軽さを求めるならアルミがおすすめ

出典:amazon.co.jp

アルミは、ピンペグやV字ペグに多く使用される、軽くて比較的安価な素材です。他の金属素材に比べると強度は劣りますが、軽さを求める方におすすめ。硬い地面ではペグが負けてしまいますので、柔らかめの場所で使用するようにしましょう。

重く、硬い地面の使用に最適!スチール

重く、硬い地面の使用に最適!スチール

出典:amazon.co.jp

スチール製のペグは重く、しっかりとした強度を持っています。壊れにくいため硬い地面での使用に適しており、力を入れてしっかり深く打ち込むことが可能。石が混じった地面でも安心して使用できます。

使うものに合った長さを選ぼう

使うものに合った長さを選ぼう
ペグの長さは商品によって15~40cmと、幅広く展開されています。長いものほど地面に深く食い込み、抜けにくくなります。目安としては、大型のテントやタープでは30cm以上、通常のテントであれば15~30cm、登山時には15~20cm程度です。

長くなるほど重さも増していくため、登山などで軽量性を重視する場合は、総重量も忘れずにチェックしましょう。

必要な本数が入っているかチェック

必要な本数が入っているかチェック

出典:amazon.co.jp

テント・タープ・レジャーシートなど、アウトドアグッズによって必要となるペグの本数が異なります。何本かがセットになったペグを選ぶ場合には、必ず必要な本数が揃っているか確認してください。

ペグは壊れたり失くしたりしやすいアイテムですので、予備を何本か用意しておくとより安心です。

収納しやすさ、持ち運びやすさも確認

収納しやすさ、持ち運びやすさも確認

出典:amazon.co.jp

登山やツーリングキャンプ用にペグを購入する方に、ぜひチェックしてほしいのが収納のしやすさです。なるべく荷物を小さくまとめるなら、U字ペグやV字ペグといった、重ねて収納できるものがぴったりです。

収納ケースのついているものなら持ち運びが楽になるだけでなく、大切なペグの紛失を防ぐこともできますよ。

あると便利なプラスの機能

ここからは、ペグに付いていると便利なプラス機能についてご紹介していきます。必ずしも必要なものではありませんが、アウトドアを快適に楽しくしてくれますよ。ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください!

ロープがあると抜きやすく、目印になる

ロープがあると抜きやすく、目印になる

出典:amazon.co.jp

小さくて大量にあるペグは、失くしたり取り忘れたりしやすいもの。目印となるロープがあるだけで、そんな可能性が格段に低くなります。

ロープつきの商品を選ぶのも良いですが、一目で見分けられるリボンやテープなどを自分でつけるもおすすめです。引き抜く作業も楽になりますよ。

ライト付きなら暗闇でも安心

ライト付きなら暗闇でも安心

出典:amazon.co.jp

テントやタープに使用したペグに、足が引っかかって危険な思いをした…。夜にそんな体験をした方は意外と多いのではないでしょうか。これを防ぐのに便利なのが、ライトがついていたり蛍光塗料が塗られている、暗闇で光るペグです。

ペグの位置がわかるのはもちろん、自分のサイトがすぐに見つかります。ライト付きのペグを購入する場合には雨天でも使えるよう、防水性があるかも確認しておくのがおすすめです。

アウトドア用ペグの人気ランキング20選

ここからは、おすすめのアウトドア用ペグをランキング順にご紹介します。ペグと一口に言っても色々な種類がありますので、ぜひ参考にしてみてください!

20位
種類-
素材チタン合金
長さ24cm
本数4本
収納ケース付属なし
プラス機能ロープ付き
19位
種類ピンペグ
素材ステンレス鋼
長さ20cm
本数6本
収納ケース付属なし
プラス機能-
18位

シートゥサミットグラウンドコントロール テントペグ

1700528

2,550円 (税込)

種類Y字ペグ
素材6061-T6アルミ合金(アルマイト加工)
長さ18cm
本数8本
収納ケーススタッフサック付き
プラス機能ループ付き
17位
種類ピンペグ
素材チタニウム合金
長さ16.5cm
本数12本
収納ケース付属なし
プラス機能-
16位
種類ネイルペグ
素材スチール
長さ24.5cm
本数4本
収納ケース付属なし
プラス機能蓄光タイプ
15位

キャプテンスタッグ丸スチールペグ

M-8396

315円 (税込)

種類ピンペグ
素材スチール
長さ19cm
本数5本
収納ケース付属なし
プラス機能-
14位
種類鍛造ペグ
素材スチール
長さ30cm
本数8本
収納ケース収納袋付き
プラス機能-
13位
アウトドア
ペグ キャプテンスタッグ PCサンドペグ
出典:amazon.co.jp

キャプテンスタッグPCサンドペグ

M-9725

360円 (税込)

種類-
素材ABS樹脂
長さ45.5cm
本数1本
収納ケース付属なし
プラス機能-
12位

コールマンスチールソリッドペグ

2000017188

2,340円 (税込)

種類鍛造ペグ
素材スチール
長さ30cm
本数6本
収納ケース-
プラス機能-
11位
種類ピンペグ
素材チタン合金
長さ18cm
本数10本
収納ケース収納袋付き
プラス機能-
10位

ハイランダーショート頑丈ペグ

HCA0163

2,680円 (税込)

種類鍛造ペグ
素材スチール
長さ28cm
本数8本
収納ケース-
プラス機能-
9位

ソロキャンプ&テントのSmile Martジェラルミンペグ

1,580円 (税込)

種類Y字ペグ
素材ジュラルミン(アルミニウム)
長さ18cm
本数12本
収納ケース収納袋付き
プラス機能ロープ付き
8位
種類Y字ペグ
素材超々ジュラルミンなど
長さ18cm
本数10本
収納ケース収納袋付き
プラス機能ロープ付き
7位

Bush Craft(ブッシュクラフト)SUSタフステーク

28420

5,972円 (税込)

種類鍛造ペグ
素材ステンレス
長さ30cm
本数12本
収納ケースコットンケース付属
プラス機能-
6位

フィールドア鍛造ペグ

1,296円 (税込)

種類鍛造ペグ
素材S55C炭素鋼(粉体塗装)
長さ20cm
本数4本
収納ケース付属なし
プラス機能-
5位
種類鍛造ペグ
素材丸鋼
長さ20cm
本数10本
収納ケース収納袋付き
プラス機能-
4位

QUICKCAMPペグハンマー 鍛造ペグ 2点セット

2,980円 (税込)

種類鍛造ペグ
素材
長さ20cm
本数8本
収納ケース収納袋付き
プラス機能ペグハンマー付き
3位
アウトドア
ペグ Soomloom スチール ソリッド テント ペグ
出典:amazon.co.jp

Soomloomスチール ソリッド テント ペグ

1,690円 (税込)

種類鍛造ペグ
素材スチール(黒電着塗装)
長さ20cm
本数16本
収納ケース付属なし
プラス機能-
2位
アウトドア
ペグ スノーピーク ソリッドステーク20
出典:amazon.co.jp

スノーピークソリッドステーク20

R-102

2,074円 (税込)

種類鍛造ペグ
素材S55Cスチール(黒電着塗装)
長さ20cm
本数6本
収納ケース付属なし
プラス機能-
1位

エリッゼ(ELLISSE)エリッゼステーク

MK-280K

2,851円 (税込)

種類鍛造ペグ
素材S55Cスチール(カチオン電着塗装)
長さ28cm
本数8本
収納ケース付属なし
プラス機能-

人気アウトドア用ペグの比較一覧表

商品画像
1
アウトドア
ペグ エリッゼ(ELLISSE) エリッゼステーク

エリッゼ(ELLISSE)

2
アウトドア
ペグ スノーピーク ソリッドステーク20

スノーピーク

3
アウトドア
ペグ Soomloom スチール ソリッド テント ペグ

Soomloom

4
アウトドア
ペグ QUICKCAMP ペグハンマー 鍛造ペグ 2点セット

QUICKCAMP

5
アウトドア
ペグ YOGOTO ステーク テントペグセット

YOGOTO

6
アウトドア
ペグ フィールドア 鍛造ペグ

フィールドア

7
アウトドア
ペグ Bush Craft(ブッシュクラフト) SUSタフステーク

Bush Craft(ブッシュクラフト)

8
アウトドア
ペグ Holabuyer Kungix Y字テントペグ

Holabuyer

9
アウトドア
ペグ ソロキャンプ&テントのSmile Mart ジェラルミンペグ

ソロキャンプ&テントのSmile Mart

10
アウトドア
ペグ ハイランダー ショート頑丈ペグ

ハイランダー

11
アウトドア
ペグ YUEDGE テントステークペグ

YUEDGE

12
アウトドア
ペグ コールマン スチールソリッドペグ

コールマン

13
アウトドア
ペグ キャプテンスタッグ PCサンドペグ

キャプテンスタッグ

14
アウトドア
ペグ Shome テントペグ

Shome

15
アウトドア
ペグ キャプテンスタッグ 丸スチールペグ

キャプテンスタッグ

16
アウトドア
ペグ Hewflit 蛍光テントペグ

Hewflit

17
アウトドア
ペグ Boundless Voyage ポイント ステーク

Boundless Voyage

18
アウトドア
ペグ シートゥサミット グラウンドコントロール テントペグ

シートゥサミット

19
アウトドア
ペグ UNIFLAME パワーペグSUS

UNIFLAME

20
アウトドア
ペグ Boundless Voyage テントペグ

Boundless Voyage

商品名

エリッゼステーク

ソリッドステーク20

スチール ソリッド テント ペグ

ペグハンマー 鍛造ペグ 2点セット

ステーク テントペグセット

鍛造ペグ

SUSタフステーク

Kungix Y字テントペグ

ジェラルミンペグ

ショート頑丈ペグ

テントステークペグ

スチールソリッドペグ

PCサンドペグ

テントペグ

丸スチールペグ

蛍光テントペグ

ポイント ステーク

グラウンドコントロール テントペグ

パワーペグSUS

テントペグ

特徴燕三条の技術で生まれた鍛造製だから頑丈!多くのユーザーに愛される定番ペグお手ごろ価格ながら良質と評判キャンプ初心者にも嬉しいセットたっぷり10本あるからこれ1つあると安心強度抜群で砂利の中にも打ち込める渋い色合いがたまらないステンレス鋼性1本14gと超軽量で持ち運びやすいY字型で抜けにくい、置き忘れ防止に最適アウトドア女子にぴったりブルーシートの固定にもハードな地面にも負けない強度が自慢ビーチでの使用におすすめ付属のカラビナが何かと便利整備されたキャンプサイトではこれで十分!夜間のサイトで安全性を確保ハンマーなしでも打ち込みやすいどんなフィールドにもマッチペグを曲げてしまった経験のある方に錆びない・曲がらない・腐食に強い
価格2,851円(税込)2,074円(税込)1,690円(税込)2,980円(税込)1,595円(税込)1,296円(税込)5,972円(税込)1,099円(税込)1,580円(税込)2,680円(税込)1,070円(税込)2,340円(税込)360円(税込)1,499円(税込)315円(税込)999円(税込)2,550円(税込)2,220円(税込)2,300円(税込)
種類鍛造ペグ鍛造ペグ鍛造ペグ鍛造ペグ鍛造ペグ鍛造ペグ鍛造ペグY字ペグY字ペグ鍛造ペグピンペグ鍛造ペグ-鍛造ペグピンペグネイルペグピンペグY字ペグピンペグ-
素材S55Cスチール(カチオン電着塗装)S55Cスチール(黒電着塗装)スチール(黒電着塗装)丸鋼S55C炭素鋼(粉体塗装)ステンレス超々ジュラルミンなどジュラルミン(アルミニウム)スチールチタン合金スチールABS樹脂スチールスチールスチールチタニウム合金6061-T6アルミ合金(アルマイト加工)ステンレス鋼チタン合金
長さ28cm20cm20cm20cm20cm20cm30cm18cm18cm28cm18cm30cm45.5cm30cm19cm24.5cm16.5cm18cm20cm24cm
本数8本6本16本8本10本4本12本10本12本8本10本6本1本8本5本4本12本8本6本4本
収納ケース付属なし付属なし付属なし収納袋付き収納袋付き付属なしコットンケース付属収納袋付き収納袋付き-収納袋付き-付属なし収納袋付き付属なし付属なし付属なしスタッフサック付き付属なし付属なし
プラス機能---ペグハンマー付き---ロープ付きロープ付き------蓄光タイプ-ループ付き-ロープ付き
商品リンク

ペグの使い方を確認しよう

使用場所に合ったペグを選んだら、ペグの使い方もマスターしておきましょう。以下では打ち方と抜き方のポイントをご紹介しますので、現地に行ってから苦労しないよう、イメージトレーニングしてみてください。

地面との角度が60度になるように打とう

地面との角度が60度になるように打とう

出典:amazon.co.jp

テントやタープ用のペグを上手く打ち込むコツ、それは地面とペグの角度が60度程度になるように打つことです。この角度なら、テントから伝わる力とペグの反発する力のバランスが取れ、ちょっとやそっとでは倒れないテント・タープが完成します。

ハンマーで打ち込むときは、ペグが曲がってしまわないよう、必ずペグの真上から垂直に力がかかるよう振り下ろしてください。

ハンマーを使って引き抜こう

ハンマーを使って引き抜こう

出典:amazon.co.jp

柔らかい地面であれば、ペグをそのまま引っ張ったり、取り付けたロープを引っ張るだけで簡単にペグを撤収することができます。しかし硬い地面の場合には、そう簡単に抜くことはできません。そんなときのために、ハンマーはペグ専用のものを準備するのがおすすめです。

ペグ専用ハンマーの後ろには、ペグ抜きフックや穴が付いたものがあります。てこの原理を上手く使えば、素手では抜きにくいペグも簡単に撤収することができますよ。

なおこれからハンマーを購入するという方は、下記記事もぜひチェックしてみてください。いろんな用途・目的に適したペグハンマーの選び方と、おすすめ商品をご紹介しています。

鍛造ペグの持ち運びには専用ケースが便利

重い鍛造ペグを持ち運ぶなら、専用キャリーケースの購入を検討してもいいでしょう。


下のコンテナボックスには38cmペグの他、プラペグ・ハンマー・ガイロープ・軍手・ナイフ…などが一つに収められます。エリッゼ製とあって信頼度は抜群。エリステユーザーはもちろん、他メーカーのペグを使っている人にもおすすめです。

エリッゼ(ELLISSE)ペグ収納 マルチコンテナボックス

MK-CTN

3,480円 (税込)

アウトドア用ペグの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、アウトドア用ペグのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめのペグランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?

気軽なキャンプから登山、砂浜から岩山まで、さまざまな場面で活躍するアウトドア用ペグ。材質や形にもいろいろなものがありましたね。このランキングを参考に、使用シーンにぴったりのペグを選んでください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す