• B32d7788c1910320cc7e398f915b4a87c7cf3015
  • A33439d5ad78a28afa3383d9dc69d5006b2f2109
  • D5e0248889ffbb223cafbd6159676d859d9991bd
  • 323a51a15c623d11debfea83f161d84a01d751fa
  • Cf16ef0d0a11970a719ccb8025ac280398efa50a

【安くて強い!】アウトドア用ペグの最強おすすめ人気ランキング15選

キャンプのテント設営には欠かせないペグ。スノーピークやコールマンといったメーカーから、砂浜や雪上でも使えるペグ、Vペグ、鍛造ペグ、ジュラルミンペグ、スチールペグなど様々な種類が販売されています。

そこで今回は、選び方のポイントを解説しつつ、人気商品の価格、材質、収納のしやすさなどを比較して、おすすめのペグランキングをご紹介したいと思います。ぜひペグ選びの参考になさってくださいね!

最終更新日:2017年06月08日 | 26,702views

ペグの選び方

テントやタープを設営する際に欠かせないのがペグ。小さくてあまり目立たないものですが、適切なペグを選ばないとしっかりテントやタープを固定することができずにテントが飛んで行ってしまうなんてことにもなりかねない、キャンプなどのアウトドア時において大変重要なアイテムなのです。

まずはペグの選び方のポイントを紹介していくので、設営地面や使用シーンに合ったペグを選ぶようにしてください。

種類

ペグは形状や作り方により、大きく分けて7つの種類に分けられます。種類によって刺しやすさや抜けにくさが違うので、まずはそれぞれの特徴をチェックしていきましょう。

また使用に適した地面も紹介するので、あなたのアウトドアスタイルに合った種類のペグを選んでくださいね。

ピンペグ

テントの付属品として採用されている場合が多く、比較的抜き刺ししやすいのがピンペグ。断面が円状になっており、ヘッドがO型や折れ曲がっているのが特徴です。固めの地面での使用に適しています。

柔らかい地面、特に砂浜などでは直ぐに抜けてしまう恐れがあるので使用しないようにしましょう。

V字ペグ

断面がV字状の、芝生や砂の多い柔らかい地面や硬すぎない地面に適した種類です。比較的簡単に刺すことが可能なうえ、接地面が広いためしっかりと地面に食い込んでくれます。さらに、重ねて収納することができるので持ち運びにも便利。

強度はそれなりにありますが、適切な力加減で打ち込まないと簡単に曲がってしまうので注意しましょう。

Y字ペグ

上から見るとY字状になっている、柔らかい地面や硬い地面、どんな場所でも使いやすい種類。接地面も広く形状もV字ペグと似ていますが、力が3方向に分散されるのでV字ペグよりも頑丈で曲がりにくいのが特徴です。

U字ペグ

断面がU字状の、砂地などの柔らかい地面での使用に適した種類。強度にはあまり優れておらず、V字ペグと似ていますがV字よりも打つのにコツがいります。

ネイルペグ

長い釘のヘッド部分にプラスチックが付いている、硬い地面でも柔らかい地面でも刺しやすい種類。ハンマーで打ち込みやすい形状をしているので、ピンペグよりも硬い地面でも使用することができます。

ただし砂地や湿気のある地面では抜けやすく、プラスチックの部分が壊れやすいので注意しましょう。

スクリューペグ

ネジのような構造で回転しながら地面に食い込んでいくのが特徴。柔らかい地面でも抜けにくく、特に砂地に適した種類です。ハンマーで打ち込むタイプと手でねじ込むタイプがあります。愛犬を繋いでおくのにもおすすめのペグです。

鍛造ペグ

鍛造という金属加工法によって作られた、硬い地面でも打ち込みやすく壊れにくい種類です。砂地以外ではほとんど使用でき、石をも砕くほどの強靭さを持っています。ただし最も重く、値段が比較的高価なのが難点です。

素材

ペグに使用されている素材は大きく分けて、プラスチックと金属に分けることができます。素材によっても強度や軽さ、適した場所などが異なるので、素材もしっかりチェックして選んでいきましょう。

今回はその中でも主流な、プラスチック・スチール・アルミの特徴を解説していきたいと思います。

プラスチック

プラペグとも称される、軽くて安いのが特徴の素材です。芝生や湿った地面での使用に最適ですが、折れやすいので硬い地面や砂利の多い場所には適しません。さらに打ち込む特にも壊れやすいので、プラスチックやゴム製のハンマーを使用すると良いでしょう。

スチール

重くてしっかりとした強度を持つ素材です。壊れにくいので硬い地面での使用に適しており、力を入れて打ち込むことが可能。石が混じった地面でも安心して使用できます。

アルミ

ピンペグやV字ペグで使用されていることの多い、軽くて比較的安価な素材です。他の金属の素材に比べると強度は劣りますが、軽さを求める方におすすめ。

長さ

ペグは15~40cmと幅広い長さのものが展開されています。長いものほど地面に深く食い込み抜けにくくなるのが特徴です。しかし長くなるほど重さも増していくので、登山時など軽量性を重視したい場合には短めのペグを用意すると良いでしょう。

長さの目安としては、大型のテントやタープでは30cm以上、通常のテントであれば15~30cm、登山時には15~20cm程度です。

アウトドア用ペグのおすすめ人気ランキング

ここからは、おすすめのアウトドア用ペグをランキング順にご紹介します。一言にペグと言っても色々な種類が登場しますので、ぜひペグ選びの参考にしてみてください!

15位:キャプテンスタッグ プラペグ30.5cm 4本組

キャプテンスタッグ プラペグ M-8273
560円(税込)

4本組でこの価格!柔らかい地面や砂浜におすすめです。

プラスチック製のペグが4本入ったお得なセットです。強度は金属製のペグには劣りますが、柔らかい地面や砂浜では十分役に立ちます。荷物を軽くしたいときや砂浜でのテント設営用として常備しておいてもよいのではないでしょうか。また、ペグが抜けたときのことを考えると、金属製のペグは危険ですが、プラスチック製だと軽いので安心です。

14位:ロゴス スクリューペグ

ロゴス スクリューペグ2 71990105
648円(税込)

手で押し込めるねじ込み式のペグです!

砂地や柔らかい地面で使用することを前提としたねじ込み式のペグです。ペグの途中に付いているリングにロープを結びつけて使用します。もちろんテント用のペグとして使えますが、キャンプ場などでワンちゃんのリードをつなぐために使用されている方が多いですね。そこそこの大きさのワンちゃんが引っ張っても抜けないので、安心です。

13位:タフステイク タフステイク S

タフステイク タフステイク 48217
4,447円(税込)

砂地・雪上専用品です!

砂地・雪上専用で、砂や雪に本体を押し込んでしまえば、大地自体がペグとなってくれるという特殊な仕様のものです。ビーチキャンプや雪上テント泊で、通常のペグに不安を感じておられる方にはおすすめです。海辺の強い風が吹いてもビクともしないので、大型のテントやタープをビーチで使用される方には特におすすめです。

12位:ユニフレーム ちびペグ10本セット

ユニフレーム ちびペグ 681527
1,000円(税込)

仮留めやフラップ押さえに最適です!

軽量でコンパクトなアルミ製のペグが10本入ったセットです。本格的にペグを打ち込む前の仮留めの時や、テントのフラップ(スカート)を留める時に、すぐに打ち込めるので便利ですよ。軽くて小さいので、持ち運びも楽ちん。また、テント用としてだけではなく、ピクニックなどで使うレジャーシート用としても使えます。

11位:キャプテンスタッグ 蓄光ネイルペグ25cm 4本組

キャプテンスタッグ 蓄光ネイルペグ M-3233
1,000円(税込)

樹脂部が暗闇で光ります!

鉄製のネイルペグが4本セットになっています。特徴は、ヘッド部の樹脂が蓄光性で、暗闇で光るようになっている点です。暗闇ではペグは気づきにくいので、足をひっかけやすいものですが、これさえあればペグの存在にすぐ気が付くので安心ですね。ペグ自体の性能も、柔らかい地面から硬い地面まで適応できるので便利です。

10位:ユーコ ステイクライト RGB 2本セット

ユーコ ステイクライト RGB 24114
1,980円(税込)

調色機能付きのLEDライト内蔵です!

LEDライトが内蔵されているアルミ製のペグが2本入ったセットです。LEDライトは調色機能付きで、光る面を押すだけで赤・緑・青と色を変えることができます。テントが密集している場合でも、これさえあればすぐに自分のテントがわかりますね。また、暗くてペグに気づかずにつまずくようなこともなくなるので安心です。耐水性なので、雨でも使用できる点もいいですね。

9位: Praise テント ペグ 18cm Y型

praise テント ペグ 18cm Y型
1,280円(税込)

コストパフォーマンスで選ぶならこれです!

赤色10本、青色10本の合計20本のジュラルミン製ペグが入ったセットです。1本あたり60円台と圧倒的なコストパフォーマンスとなっており、大変お買い得です。安いだけではなく、ジュラルミン製のため軽量で高強度ですし、ペグを入れる袋までキチンとついています。赤と青で視認性が良い点も魅力ですよね。コストパフォーマンス重視の方には非常におすすめです。

8位: コールマン ジュラルミンYペグ18cm

コールマン ジュラルミンYペグ 70TA0026
1,180円(税込)

石混じりの地面に最適なペグです!

軽量で高強度なジュラルミン製のペグが6本入ったセットです。軽くて持ち運びが非常に楽な点と、河川敷などの少々の石混じりの地面ならばビクともしない頑丈さが魅力です。いったん刺さると抜けにくい構造になっている点も安心ですね。非常に目立つ色使いになっているので、帰る際にペグを置き忘れてしまうようなことも防いでくれます。

7位:ドッペルギャンガー レインボージュラルミンペグ P1-88

DOPPELGANGER OUTDOOR レインボージュラルミンペグ P1-88
798円(税込)

カラフルでスタイリッシュな超々ジュラルミン製ペグです!

商品名のレインボーという名の通り7色のペグがセットになったものです。カラフルでスタイリッシュな外観が目立ちますが、このペグは外観だけを売りにした商品ではありません。素材は、アルミニウム合金中、最高強度を誇る超々ジュラルミンが使われていますし、傷を目立ちにくくさせるアルマイト加工が施されている等、性能面も優れています。

6位:ノルディスク Titanium nail 8g

NORDISK Titanium nail 107034
2,700円(税込)

チタン製の軽量ペグです!

チタン製のペグが2本入ったセットです。チタン製のペグは、鉄製より軽くて、アルミ製より硬いので、非常に扱いやすいです。少々叩いても折れ曲がりにくい堅牢なつくりになっていますので、岩場等の硬い地面で使用しても全く問題ありません。また、丈夫なだけでなく、撤収時に引き抜きやすいように、ペグにガイロープがついている等、使用者のことがよく考えられた構造になっています。

5位:MSR カーボンコア ステイク

MSR カーボンコア ステイク 37612
1,053円(税込)

重さわずか5.75gのペグです!

MSRが誇る超軽量ペグです。重さはわずか5.75gと非常に軽くなっています。カーボンファイバーをアルミニウムで覆うことで、軽量ながらも堅牢なつくりになっています。先端部もアルミニウムになっていますので、貫通力についても問題ありません。登山等で少しでも荷物を軽くしたいけれども、硬い地面でテントを設営する必要がある人には特におすすめです。

4位:ユニフレーム ステンレスペグ6本セット

ユニフレーム ステンレスペグ 681534
1,300円(税込)

非常に頑丈で抜けにくいペグです!

少々の岩や石ならば貫通できるほど非常に頑丈なペグです。また、接地面が多いVペグですので、非常に抜けにくく、柔らかい地面でも抜ける心配がありません。硬い地面でも柔らかい地面でもオールマイティに能力を発揮できます。また、スタッキングができますので、持ち運び時にかさばらない点も魅力です。

3位:Natural Spirit シェルターステイク

ナチュラルスピリット シェルターステイク 12100
378円(税込)

最高強度を誇るペグです!

直径9mmのスチール棒にプレス加工を行うことで強度を上げるという手法で最高強度を実現しました。また、ハンマーを打ち込みやすいように、ペグの上部を曲げて、力を効率的に伝える構造にもなっていること、表面に凹凸を付けることで強度を上げつつ抜けにくい構造になっていること、この2点の構造で非常に使いやすいものとなっています。

上位製品と同様、日本が世界に誇る燕三条の技術が生かされた逸品です。

2位:スノーピーク ソリッドステーク30

スノーピーク ソリッドステーク30 R-103-1
2,678円(税込)

迷ったらこれ!定番中の定番です!

1995年の発売以来、ソリステの通称で多くのユーザーから愛されてきた定番中の定番です。燕三条に伝わる鍛造製法によって、どんなに硬い地面でも確実に固定できる強さを持っています。また、ヘッドの形状が円柱形をしており、ハンマーの力を確実に本体に伝えられる工夫がなされています。

今回は汎用性が高い30cmの6本セットを代表として挙げていますが、20cmから50cmまで10cm単位で4種類のラインナップがありますので、地面の状況や使用するテント等に応じて使い分けることもできますよ。

1位:エリッゼ エリッゼステーク 28cm

エリッゼステーク MK-280K
1,785円(税込)

燕三条の技術で生まれた新しい定番品です!

燕三条で製造される鍛造ペグで、非常に高い強度を持っています。ハンマーで叩きやすいようにヘッドが大きくなっていることや、ロープを通す箇所はバリがないようにトリミングされていること等、強度だけでなく、使用者目線でものづくりがなされています。また、コストパフォーマンスも優れており、2位のソリッドステークよりも安いことも魅力の一つです。

今回は28cmの5本セットを代表として挙げていますが、18cmと38cmのサイズもあります。またカラーバリエーションも豊富です。

まとめ

おすすめのペグランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?

気軽なキャンプから登山、砂浜から岩山まで、様々な場面で活躍するペグ。材質や形も数多くありましたが、このランキングを参考に、使いたい場面にぴったりのペグを選んでくださいね♪

人気の記事