• ペグハンマーのおすすめ人気ランキング10選【快適キャンプの友!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ペグハンマーのおすすめ人気ランキング10選【快適キャンプの友!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ペグハンマーのおすすめ人気ランキング10選【快適キャンプの友!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ペグハンマーのおすすめ人気ランキング10選【快適キャンプの友!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ペグハンマーのおすすめ人気ランキング10選【快適キャンプの友!】のアイキャッチ画像5枚目

ペグハンマーのおすすめ人気ランキング10選【快適キャンプの友!】

キャンプなどでテントやタープを地面に固定するペグ(杭)を打ち込むハンマーが「ペグハンマー」です。キャンプ用品のなかでも意外と見落とされてしまいがちですが、ペグを地面にしっかり打ち込むためにはなくてはならない必需品。ハンマーと名がつくとおり、トンカチに似た形状のものが多く、スノーピークやコールマンなどアウトドアメーカーから色々な商品が販売されています。しかし、一般にはあまりなじみのない道具だけに、どんなものを選んだらいいのかわからない方も多いはず。

そこで、今回はペグハンマーの機能と選び方を徹底解説!Amazonや楽天で人気の商品を比較し、本当におすすめできるペグハンマーをランキング形式でご紹介していきます。地味な道具ですが、あるととても便利!ピッタリのペグハンマーが見つかれば、面倒になりがちなテントの設営・撤去もきっと楽しくなりますよ!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 25,811  views
目次

ペグハンマーってどんなもの?

これからキャンプをはじめようとする人の中には、ペグハンマーを知らない人もいるかもしれませんね。そこでまずは、ペグハンマーの特徴からお伝えしていきましょう。

ペグハンマーってホントに必要?

ペグハンマーってホントに必要?

出典:amazon.co.jp

ペグを地面に打つだけなら、そこらへんに転がっている石や棒切れでもいいんじゃないの?そう思う人がいるかもしれません。たしかに、柔らかい芝生の地面に打ち込むなら、石や棒切れでも事足りるでしょう。しかし、テントを張るのは柔らかい地面ばかりではありません。

石や砂利がゴロゴロしている地面もあれば、硬くなってしまっている地面もあります。また逆に柔らかすぎる地面では、しっかりと固定するために長いペグを打たなければいけないこともありますよね。そんなときには、やはりペグハンマーがはるかに便利です。

ペグハンマーがあるとこれだけ便利!

では、ペグハンマーの利点をあげてみましょう。キャンプ初心者にとっては、ペグハンマーがあるとないとではキャンプの愉しみが大きく変わってきますよ!

テントやタープの設営がラク!

テントやタープの設営がラク!
夏の炎天下、あるいは北風吹きすさぶ真冬のテント設営は手早くすませたいですよね。でも、堅い地面にペグを打ち込むのはけっこう大変。そこらへんに転がっている石や棒切れでは、何回も叩かないと地中深く刺さってくれません。2、3本打ち込んだだけで、もう腕がパンパンになってしまいます。

そんなときこそ、ペグハンマーの出番。自重があるのでペグハンマーの重みでラクラク打ち込むことができます。つまり、疲れ方が全然違うんです!いいペグハンマーを使って設営すれば、テントもタープもカンタンに設営することができますよ。

ペグ抜きがとってもカンタン!

ペグ抜きがとってもカンタン!

出典:amazon.co.jp

専用のペグハンマーと普通のハンマーの違いは、その形。一端はペグを打ち込むヘッド部分でトンカチのようになっていますが、反対側はカギ爪のようになっています。このカギ爪はペグを引っかけて抜くペグ抜きです。

長いペグを地中深く打ち込むと引き抜くのが大変になってしまいがち。でもペグハンマーのペグ抜きを使えば、意外なほどあっさりと引き抜くことができるので、撤収作業もとってもカンタンになります。!面倒な片付けが早くラクにできるのは、本当にありがたいですね。

カッコよさも大切!

カッコよさも大切!

出典:amazon.co.jp

専用の道具というのは、機能美があってとてもカッコいいと思いませんか?ペグハンマーにも、そんなカッコよさがあります。使っているだけでサマになりますし、所有欲も満たしてくれます。キャンプは純然たる趣味であり、楽しみですから、道具にもこだわりたいですよね。使っていて気持ちがいい、持っていてうれしい、それもアウトドアライフを充実させるための大切な要素です。

ペグハンマーの選び方

それでは、どんなことに注意してペグハンマーを選べばいいのか、その選択のポイントを見てみましょう。大事に使えば、一生モノの道具になりますから、自分に合った、いいものを選びたいですね。

打ち込みやすい材質を選ぶ

ペグハンマーを選ぶ場合、まず注目したいのは材質です。ペグハンマーには、大きく分けて、プラスチック製・ゴム製・スチール製・銅製(ヘッド部分のみ)のものがあります。それぞれの特徴を押さえて、自分が使いやすいものを見極めてみましょう。

テント付属品に多い「プラスチック製」

テント付属品に多い「プラスチック製」

出典:amazon.co.jp

テントやタープに付属品としてついているのが、プラスチック製のペグハンマーです。重さがないので、なかなかペグが刺さってくれません。これからペグハンマーの購入を考えているなら、プラスチック製のものは避けた方が無難です。

お子さま連れの方におすすめの「ゴム製」

お子さま連れの方におすすめの「ゴム製」

出典:amazon.co.jp

ゴム製のペグハンマーは、アウトドアメーカーからも出ていますし、100円ショップでも売っています(ペグ打ち専用ではありませんが)。安価ですが、材質が柔らかいので金属ペグを打つとゴムがボロボロになってしまうのが難点。

また、自重がないので腕の力で打ち込むことになり、けっこう疲れます。ただ、お子さま連れのキャンプなど安全性を重視したい方なら、選択肢に加えてみてもいいでしょう。

打ち込みやすい「スチール製」

打ち込みやすい「スチール製」

出典:amazon.co.jp

今回お伝えする4種類の材質のうち、一番のおすすめはスチール製のペグハンマーです。ハンマーの自重でペグを打ち込むことができるので、ラクに地中に刺さってくれます。頑丈なのも嬉しいポイントです。

うまく使えば一生モノ「銅製」

うまく使えば一生モノ「銅製」

出典:amazon.co.jp

ヘッド部分だけ銅製で取り換えができるものもあります。銅はやわらかいので打ち込み時のショックをやわらげてくれるのが特徴です。ただ、その代わりにヘッド部分がつぶれてきますが、イベントで何百本とペグを打つメーカーの人が「ヘッドを取り換えるのは2~3年に1度」といっていたので、素人キャンパーなら一生モノとして使えるのではないでしょうか。

ペグ抜きの形から選ぶ

ペグハンマーはペグを打ち込む道具ですが、実はペグ抜きの使い勝手も重要な選考ポイントです。鳥のくちばしのようなフックがついたもの、カギ爪のようになっているもの、ペグを引っかけるホール(丸穴)がついているものなど、各社趣向をこらしてさまざまな形のペグ抜きを装備しています。いくつかご紹介しますので、どれが使いやすそうか参考にしてくださいね。

「くちばしフック」はペグの穴に差し込んで抜く

「くちばしフック」はペグの穴に差し込んで抜く

出典:amazon.co.jp

くちばしのようなフックは、ペグの丸穴に先端を差し込んで抜き上げます。スノーピークのソリッドステートなど頑丈な鋳造ペグにはだいたい丸穴がありますから、そのようなペグを使うならくちばしフックのペグ抜きのついたペグハンマーが便利でしょう。

「ホール」はペグのかえしに通して抜く

「ホール」はペグのかえしに通して抜く

出典:amazon.co.jp

ペグ抜きのホール(丸穴)は、ペグのかえしに通して抜きます。U字状のペグ抜きも同じ使い方です。ペグにはたいていかえしがありますから、ホールつきのペグ抜きなら、ほぼすべてのペグに対応できます。

「カギ爪」で引っかけて抜く

「カギ爪」で引っかけて抜く

出典:amazon.co.jp

ペグ抜きの先端がカギ爪のようになっているものは、いろいろな使い方ができて便利です。ペグの丸穴にカギ爪を引っかけたり、かえしの根元に引っかけたり、カギ爪が引っかかるところを利用して引き抜きます。

どのタイプのペグ抜きがいいかは、好みや人それぞれのやり方があるので一概にいえませんが、初心者キャンパーはショップの店員さんに使い勝手をたずねてみるといいでしょう。また、You Tubeにもペグハンマーの使用感をレポートした動画がたくさんあがっているので、そちらを参考にしてみるのもおすすめですよ。

重さと荷物のバランスから選ぶ

重さと荷物のバランスから選ぶ

出典:amazon.co.jp

忘れがちなのが、重さです。ペグハンマーは自重があるのでラクにペグを打ち込めますが、あまり重すぎると逆に使いづらくなってしまいます。ペグじゃなくて指を打ってしまいかねませんしね。

それにもう1つ忘れてならないのは、荷物の重さ。クルマで荷物を運ぶキャンプなら問題ないですが、バックパックを背負って歩いていくキャンプでは、できる限り道具を厳選して荷物を軽くするのが鉄則です。ペグハンマーはかなりの重量がありますから、荷物とのバランスも考慮して選んだほうがいいでしょう。実際にショップで手にもってみて、重さを実感してみることをおすすめします。

ペグハンマーのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ペグハンマーのおすすめ人気ランキングをご紹介していきましょう。いろいろなタイプのものをご紹介していきますので、自分の目的に合ったものを選んでくださいね。

10位:キャプテンスタッグ プラスチックペグハンマー

キャプテンスタッグ テント・タープ部品 ペグ プラスチックぺグハンマーM-8400
出典:amazon.co.jp
キャプテンスタッグ テント・タープ部品 ペグ プラスチックぺグハンマーM-8400

592円 (税込)

詳細情報
・サイズ :約87mm×45mm×長さ265mm
・重量 :約140g
・材質 :ポリプロピレン

テント付属のハンマーがこのタイプ

とても軽量で持ち運びには便利ですが、その分使用できる環境が限られます。芝生のキャンプ場ならまず問題ないと思いますが、砂利や堅い地面ではペグを打ち込むのに苦労します。キャンプビギナーで、とりあえずペグハンマーをそろえておきたい、予備用にもう1つ準備しておきたいという人におすすめします。

9位:キャプテンスタッグ ハンマー&ペグ抜きセット

キャプテンスタッグ テント・タープ部品 ハンマー&ペグ抜きセットM-9200
出典:amazon.co.jp
キャプテンスタッグ テント・タープ部品 ハンマー&ペグ抜きセットM-9200

646円 (税込)

詳細情報
・サイズ :ハンマー:外径48mm×高さ270mm ペグ抜き:外径92mm×高さ135mm
・重量 :ハンマー:約260g ペグ抜き:約60g
・材質 :ハンマー/ヘッド:合成ゴム 柄:天然木 ペグ抜き/本体:鉄(亜鉛メッキ) グリップ:合成ゴム

小さい子供がいるなら安全重視で

軽量なゴム製ハンマーです。ヘッドがゴムなので、金属のペグを打つと表面がボロボロと削れてしまいます。また、軽いので堅い地面にペグを打つにはかなり力を入れなくてはなりません。とはいえ、小さいお子さんを連れてキャンプに行くときは、なによりも安全第一。スチール製のペグハンマーを子供がいじってケガをする危険を考えたら、このゴム製ハンマーを選択するのもアリだと思いますよ。

8位:小川キャンパル アイアンハンマー

小川キャンパル アイアンハンマー 3116
出典:amazon.co.jp
小川キャンパル アイアンハンマー 3116

2,081円 (税込)

詳細情報
・サイズ :ヘッド部35mm×100mm×長さ270mm
・重量 :約550g
・材質 :ヘッド部:スチール グリップ:ゴム

安価でも機能性は十分

安価でも機能性は十分

出典:amazon.co.jp

プラスチックのハンマーからスチール製のハンマーに乗り換えた人は、カンタンにペグ打ちができることに感動することでしょう。それくらいスチール製のペグハンマーは打ちやすさに優れています。

このペグハンマーも、十分な重量があり、堅い地面でも難なくペグを打ち込むことができます可能。ゴムグリップで滑りにくく、安全性も考慮されています。安価でも機能性十分なスチール製のペグハンマーを手軽に試してみたいという方におすすめです。

7位:YOGOTO ペグ抜きハンマー

YOGOTO  ペグ抜きハンマー
出典:amazon.co.jp
YOGOTO ペグ抜きハンマー

998円 (税込)

詳細情報
・サイズ :頭部110mm×長さ240mm
・重量 :約265g
・材質 :頭部:スチール 柄部:プラスチック

軽量なスチール製ペグハンマーをお探しの人はこちら

軽量なスチール製ペグハンマーをお探しの人はこちら

出典:amazon.co.jp

「スチール製のペグハンマーがいいのはわかっているけど、これ以上荷物が重くなるのがなあ…」とお考えの方、こちらのペグハンマーはいかがでしょうか?ペグを打つヘッド部分はスチール製ですが、柄をプラスチックにすることで一般的なスチール製ペグハンマーの約半分まで軽量化を実現。

これならバックパックでも重さを気にせず、持っていくことができますよ。ヘッドの後ろ部分はペグを引っかけて抜くためのものですが、実はビールの栓まで開けることができるという優れものです。

6位:ベルモント ピトンヒッター MS054

ベルモント ピトンヒッター MS054
出典:amazon.co.jp
ベルモント ピトンヒッター MS054

2,036円 (税込)

詳細情報
・サイズ :頭部63mm×長さ180mm
・重量 :475g
・材質 :本体:18-8ステンレス グリップ:EVA

コンパクトでもペグ打ちラクラクのすぐれもの!

コンパクトでもペグ打ちラクラクのすぐれもの!

出典:amazon.co.jp

長くてかさばるというペグハンマーの弱点を解決した、コンパクトな手のひらサイズのペグハンマー。これならバックパックに入れてもジャマになりません。小さくても475gの自重がありますから、堅い場所でもラクにペグを打ち込むことができますよ。

ただし、このハンマーにはペグ抜きがついていません。ペグはヒモを引っかけて抜けばいいと割り切ることができれば、このコンパクトなペグハンマーが一押しです。

5位:コールマン ペグハンマー

コールマン ペグハンマー 170TA0088
出典:amazon.co.jp
コールマン ペグハンマー 170TA0088

1,562円 (税込)

詳細情報
・サイズ :約80mm×300mm
・重量 :約560g
・材質 :スチール

シンプルで安価なペグハンマー

スチール製の打撃ヘッド、輪状のペグ抜きというとてもシンプルなペグハンマーです。けっこう重さがあるので、どんなペグもラクに打ち込むことができます。比較的安価なのもうれしいですね。ただし、輪状のペグ抜きをうまく使いこなすには、すこしコツがいります。慣れるまでは少してこずるかもしれません。

4位:コールマン スチールヘッドハンマー2

コールマン スチールヘッドハンマー2 2000012872
出典:amazon.co.jp
コールマン スチールヘッドハンマー2 2000012872

4,320円 (税込)

詳細情報
・サイズ :約100mm×300mm
・重量 :-
・材質 :ヘッド:スチール シャフト:天然木

ペグ抜きが絶賛されている強靭なペグハンマー

鋳造ハンマーなのでとても強靭。四角いヘッドは中央が少しくぼんでいるので、どんなペグもしっかりとらえて堅い地面でもガンガン打ち込むことができます。そして、それ以上に高評価なのがペグ抜き。カギ爪と穴がついていて、とてもラクにペグ抜きができると評判です。ペグ打ちよりもペグ抜きに苦労している人におすすめですよ!

3位:村の鍛冶屋 エリッゼステークアルティメットハンマー

村の鍛冶屋 エリッゼステークアルティメットハンマー
出典:amazon.co.jp
村の鍛冶屋 エリッゼステークアルティメットハンマー

5,616円 (税込)

詳細情報
・サイズ :頭部35mm×102mm×303mm
・重量 :約550g
・材質 :ヘッド:真鍮・ステンレス 柄:樫

頑丈な鍛造ペグを打ち込むならハンマーも鍛造がマル

頑丈な鍛造ペグを打ち込むならハンマーも鍛造がマル

出典:amazon.co.jp

鋼材を1000度以上の高温まで熱し、強い圧力をかけて鍛造したペグハンマーなので、強度はバツグン。頑丈な鍛造ペグも難なく打ち込むことができます。ヘッド部分は真鍮で打撃の衝撃を緩和してくれるので、腕への衝撃も軽減!流れるような曲線をえがいた樫の木の柄も、握りやすいと高評価を得ています。少々お高いですが、使ってみればその価値を実感できますよ!

2位:ロゴス パワーペグハンマー

ロゴス パワーペグハンマー 71996513
出典:amazon.co.jp
ロゴス パワーペグハンマー 71996513

4,644円 (税込)

詳細情報
・サイズ :115mm×305mm
・重量 :680g
・材質 :銅

グリップ感がよく重心のバランスも快適

グリップ感がよく重心のバランスも快適

出典:amazon.co.jp

「堅い地面に最適のハンマー」というだけあって重量感がありますが、重心のバランスがいいのでとても使いやすいと高評価を得ています。手にピタリとフィットする樹脂製グリップも二重マル。オレンジ色で目立つので、置き忘れてしまう心配がないのもいいですね。ペグハンマーにも個性を求める人は、こちらがおすすめです。

1位:スノーピーク ペグハンマー PRO.C

スノーピーク ペグハンマー PRO.C N-001
出典:amazon.co.jp
スノーピーク ペグハンマー PRO.C N-001

6,696円 (税込)

詳細情報
・サイズ :35mm×120mm×290mm
・重量 :670g
・材質 :ヘッド:銅・スチール(黒電着塗装) 柄:かしの木

銅製ヘッドで衝撃吸収、腕が疲れない!

銅製ヘッドで衝撃吸収、腕が疲れない!

出典:amazon.co.jp

鍛造ペグハンマーだから強靭。長い鋳造ペグを堅い地面に打ち込むのも「あれ?」というほどラクにできてしまうのが、このスノーピークのペグハンマーです。

このペグハンマーの特徴は、なんといっても銅製ヘッド。打ち込み時の衝撃をやわらげてくれるので、腕が疲れにくいと評判です。「ラクに、カンタンに、疲れずに」これはとっても大事なポイントですよね。

銅ヘッドの打面は潰れてきますが、交換が可能。でも、毎年何百回と打っているメーカーの人でも交換は数年に1回といっていますから、普通のキャンパーなら一生モノと考えていいかもしれません。とにかく、打ちやすく疲れない、スノーピークのペグハンマーPRO.Cを一度使ってみてください。感動しますよ!

ペグ選びも重要!

いくら頑丈で使いやすいペグハンマーを手に入れたとしても、肝心のペグの品質が悪ければ、テントをしっかり支えることができません。ペグハンマーだけでなく、強度に優れたペグも一緒に揃えておきましょう。ぜひ以下の記事も参考にしてくださいね。

ペグハンマーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ペグハンマーのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ペグハンマーのおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?。縁の下の力持ち的存在だけに、忘れられがちですが、ペグ打ち・ペグ抜きをラクにできるかどうかで、キャンプの快適さはずいぶんと変わってきます。いいペグハンマーをもっていると、ムダな疲労をすることなく、存分にキャンプを楽しめますよ。

今回ご紹介したおすすめ人気ランキングを参考に、自分に合ったペグハンマーを見つけて、快適キャンプをしていただければこれほどうれしいことはありません。さあ、存分にキャンプを楽しんじゃいましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す