• 薄刃包丁のおすすめ人気ランキング10選【鎌形も東型も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 薄刃包丁のおすすめ人気ランキング10選【鎌形も東型も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 薄刃包丁のおすすめ人気ランキング10選【鎌形も東型も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 薄刃包丁のおすすめ人気ランキング10選【鎌形も東型も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 薄刃包丁のおすすめ人気ランキング10選【鎌形も東型も!】のアイキャッチ画像5枚目

薄刃包丁のおすすめ人気ランキング10選【鎌形も東型も!】

板前さんやプロの料理人が野菜を切る際に用いる、薄刃包丁。片刃で切れ味が抜群なので、料理好きの方にはぜひ使ってみてほしい和包丁です。でも、いざ購入しようと思っても、鎌形や東型など聞きなれない用語が多く、ステンレスや鋼など材質も色々。自分の使いやすい長さを見極めるのも大変ですよね。


そこで今回は、薄刃包丁の選び方を解説するとともに、おすすめの薄刃包丁をランキング形式でご紹介します。通販で買える人気商品を集めましたので、ぜひたくさんの商品を見比べて、お気に入りの1本を探してくださいね!

  • 最終更新日:2019年05月31日
  • 716  views
目次

千切りや桂剥きに最適!薄刃包丁の特徴

千切りや桂剥きに最適!薄刃包丁の特徴

薄刃包丁は、大根の桂剥きや野菜の千切り・スライスをするのに適している、野菜専用の和包丁。通常の包丁とは異なり、包丁の根元からきっ先まで一直線になっているのが特徴です。刃が薄く作られているので、切れ味が良く、「刻む・剥く・削ぐ」という動作を行いやすいのがポイントです。


ただし刃が薄い分、刃こぼれがしやいため、定期的に研ぐなどのお手入れが必要。また、使いこなすには相応の慣れや技術が必要なため、料理の初心者には扱いが難しいかもしれません。でも、料理に慣れている方なら、1つ持っておくと料理の工程がスムーズになりますよ。スキルアップを目指す方は、ぜひお試しください!

薄刃包丁の選び方

ここからは、薄刃包丁の選び方を解説していきます。

用途によって「東型」か「鎌形」か選ぶ

薄刃包丁の形状は、先が細くならず刃全体が長方形の形をしている東型と、刃先が尖っている鎌形の2種類です。特徴を知って、どちらを選ぶか決めましょう。

より細かく野菜を切るなら「東型」

より細かく野菜を切るなら「東型」

面積が広いため細かいものをすくいやすい東型は、より細かく野菜を切りたい方におすすめ。小さく切った野菜をすくって鍋に入れたりするのに便利です。もともと関東で多く使用されていたため、東型と呼ばれますが、江戸型・関東型などとも呼ばれることがあります。

飾り切りなど繊細な作業にも使うなら「鎌形」

飾り切りなど繊細な作業にも使うなら「鎌形」

飾り切りなどの細やかな作業をする場合は、刃先が尖っている鎌形の方が便利です。現在、より一般的なのは、こちらの鎌形。関西型とも呼ばれます。


刃先と刃元を使い分けることでさまざまな用途に活用できるので、特にこだわりはないという場合は、鎌形を選ぶのがおすすめです。ただし、刃先が尖っている分、ぶつかって欠けてしまうこともあるので、取り扱いには注意が必要です。

切れ味とお手入れのしやすさを考えて素材をチョイス

薄刃包丁の刃の素材は、主にステンレスと鋼の2種類。それぞれのメリット・デメリットを知って、自分に合った素材を選びましょう。

切れ味優先なら鋼がおすすめ

切れ味優先なら鋼がおすすめ

出典:amazon.co.jp

とにかく切れ味の良い薄刃包丁が良いという方には、鋼の薄刃包丁がおすすめです。プロの料理人もほとんどが鋼の薄刃包丁を愛用しています。鋼にはステンレスにはない切れ味と粘りがあり、食材が潰れることなくきれいに見えるのが特徴です。


ただし、鋼は錆びやすく、刃こぼれもしやすいので、お手入れに手間と技術が必要なことを覚えておきましょう。正しい方法でお手入れをすることで、一生使っていける包丁に育てることができ、自分の好みの切れ味にすることも可能なので、本格的に料理をしたいという方にはぴったりと言えます。

お手入れの簡単さ・使いやすさを重視するならステンレス製を

お手入れの簡単さ・使いやすさを重視するならステンレス製を

出典:amazon.co.jp

ステンレス製の薄刃包丁なら、鋼に比べて刃こぼれしづらく、錆びにくいので、お手入れに手間がかかりません。そのため、切れ味や本格さよりも、使いやすさ重視という方には、ステンレス製がぴったりでしょう。


鋼に比べて切れ味が劣るのは難点ですが、最近ではステンレス製でも切れ味が良いものが多く出回っています。プロの料理人でもちょっとした作業の際に、ステンレス製の薄刃包丁を用いることもあるのだとか。初めて薄刃包丁を選ぶという方は、ステンレス製を選ぶのがおすすめです。

刃渡り180~210mmのものがベター

刃渡り180~210mmのものがベター

薄刃包丁の長さは、5~15mm間隔でサイズ展開があります。一般的な刃渡りは150~300mmほどですが、刃渡り180~210mmのものが使いやすくおすすめです。


切る野菜によっても適した刃渡りに違いがあり、大根など太さがあるもののカットには210mm、果物など小さいものの皮むきには、150mm以下のものが最適です。また、手が小さめで、小回りを利かせたい場合は180mmくらいを選んでみましょう。


長さについては寸法によって表されることが多く、150mmなら「5寸」、180mmなら「6寸」といった具合に表示されているので、確認してみましょう。

重さも忘れずにチェック!

重さも忘れずにチェック!

薄刃包丁を購入する際は、重さもしっかり確認しておきましょう。ある程度の重さがないと、硬いものを切る際に力が必要になりますが、逆に重すぎると、使っているうちに手が疲れてしまいます。


一見、同じサイズで、同じ刃や柄を使用してるようでも、刃の厚みや柄の材質で重さが異なることも。実際に持ってみて重さを確認するのが一番ですが、ネットで購入する場合は、すでにお手持ちの包丁で、重さの目安を確認してから購入すると安心です。

片刃のため、左利きの方は仕様に注意!

片刃のため、左利きの方は仕様に注意!

薄刃包丁は、刃の薄さを実現するために片刃で作られています。右利き用の包丁は、包丁の左側に刃が、左利き用の包丁は、包丁の右側に刃がくるように作られており、自分の利き手用とは反対の包丁を使うと、自分の手を切ってしまいかねません。


実は、薄刃包丁のほとんどが右利き用。ただし、メーカーによっては左利き用を作っていたり、事前に連絡すると左利き用を作ってくれることもありますので、左利きの方はぜひ確認してみてください。

おすすめの薄刃包丁人気ランキング10選

ここからは、おすすめの薄刃包丁人気ランキングをご紹介します。ぜひ、自分に合った薄刃包丁を見つけてみてくださいね。

10位
薄刃包丁 兼松(Kanematsu) 別撰 ステンレス 薄刃庖丁 16.5cm 1枚目
出典:amazon.co.jp

兼松(Kanematsu)別撰 ステンレス 薄刃庖丁 16.5cm

6,415円 (税込)

形状東型
素材ステンレス
刃渡り165mm
重さ172 g
9位
薄刃包丁 青木刃物製作所 堺孝行 シェフ和庖丁 鎌型薄刃 1枚目
出典:amazon.co.jp

青木刃物製作所堺孝行 シェフ和庖丁 鎌型薄刃

ASE05053

12,344円 (税込)

形状鎌形
素材特殊鋼
刃渡り180mm
重さ100g
8位

青木刃物製作所堺孝行 霞研 鎌形薄刃 18㎝

ATK30053

7,064円 (税込)

形状鎌形
素材軟鉄・白鋼
刃渡り180mm
重さ180g
7位
形状東型
素材安来鋼
刃渡り180mm
重さ180g
6位

青鉄金物屋青紙鋼使用 鎌型片刃薄刃包丁カスミ仕上 210mm 水牛柄

11,800円 (税込)

形状鎌形
素材青紙鋼
刃渡り210mm
重さ
5位
形状鎌形
素材安来鋼
刃渡り180mm
重さ190g
4位
薄刃包丁 藤次郎 白紙鋼(樹脂桂柄) 角型薄刃 1枚目
出典:amazon.co.jp

藤次郎白紙鋼(樹脂桂柄) 角型薄刃

F-935

16,000円 (税込)

形状東型
素材白紙鋼+軟鉄
刃渡り210mm
重さ236g
3位

日本橋 木屋 イヅツキ木屋 水牛口 薄刃庖丁180mm

26,676円 (税込)

形状東型
素材青紙鋼
刃渡り180mm
重さ186g
2位
形状鎌形
素材白二鋼
刃渡り210mm
重さ245g
1位
形状東型
素材中霞玉白鋼
刃渡り240mm
重さ320g

人気薄刃包丁の比較一覧表

商品画像
1
薄刃包丁 遠藤商事 雪藤 薄刃 24cm  1枚目

遠藤商事

2
薄刃包丁 堺一文字光秀 薄刃包丁 鎌型 1枚目

堺一文字光秀

3
薄刃包丁 日本橋 木屋  イヅツキ木屋 水牛口 薄刃庖丁180mm 1枚目

日本橋 木屋

4
薄刃包丁 藤次郎 白紙鋼(樹脂桂柄) 角型薄刃 1枚目

藤次郎

5
薄刃包丁 兼松(Kanematsu) 鎌型薄刃庖丁 1枚目

兼松(Kanematsu)

6
薄刃包丁 青鉄金物屋 青紙鋼使用 鎌型片刃薄刃包丁カスミ仕上 210mm 水牛柄 1枚目

青鉄金物屋

7
薄刃包丁 兼松 兼松作 特撰 薄刃庖丁 1枚目

兼松

8
薄刃包丁 青木刃物製作所 堺孝行 霞研 鎌形薄刃 18㎝   1枚目

青木刃物製作所

9
薄刃包丁 青木刃物製作所 堺孝行 シェフ和庖丁 鎌型薄刃 1枚目

青木刃物製作所

10
薄刃包丁 兼松(Kanematsu) 別撰 ステンレス 薄刃庖丁 16.5cm 1枚目

兼松(Kanematsu)

商品名

雪藤 薄刃 24cm

薄刃包丁 鎌型

イヅツキ木屋 水牛口 薄刃庖丁180mm

白紙鋼(樹脂桂柄) 角型薄刃

鎌型薄刃庖丁

青紙鋼使用 鎌型片刃薄刃包丁カスミ仕上 210mm 水牛柄

兼松作 特撰 薄刃庖丁

堺孝行 霞研 鎌形薄刃 18㎝

堺孝行 シェフ和庖丁 鎌型薄刃

別撰 ステンレス 薄刃庖丁 16.5cm

特徴高い品質でコスパも◎!プロも愛用するおすすめの薄刃包丁安心の保証書付き!1回無料で砥ぎ直しができる特典も包丁を育てながら長く使いたい方に。抜群の切れ味を体感して左利きにも対応!使いやすさにこだわった研ぎやすい包丁お手入れ簡単!レストランでも使われる扱いやすさが魅力ランクの高い青紙鋼を使用した美しい薄刃包丁信頼の専門店製。入門者にぴったりのお手軽価格!本格派におすすめの鎌形包丁。凝った装飾にチャレンジしたい方に伝統技術の賜物!錆びにくい特殊鋼を使用し、コスパも良好老舗メーカーのステンレス薄刃包丁。簡単お手入れで切れ味良好
価格14,321円(税込)22,160円(税込)26,676円(税込)16,000円(税込)7,499円(税込)11,800円(税込)5,114円(税込)7,064円(税込)12,344円(税込)6,415円(税込)
形状東型鎌形東型東型鎌形鎌形東型鎌形鎌形東型
素材中霞玉白鋼 白二鋼青紙鋼白紙鋼+軟鉄安来鋼青紙鋼安来鋼軟鉄・白鋼特殊鋼ステンレス
刃渡り240mm210mm180mm210mm180mm210mm180mm180mm180mm165mm
重さ320g245g186g236g190g180g180g100g172 g
商品リンク

薄刃包丁の研ぎ方のポイント

薄刃包丁の研ぎ方のポイント

薄刃包丁を購入する際に気になるのは、お手入れが上手にできるかということではないでしょうか。ここでは、お手入れの基本となる研ぎ方について、ポイントをお伝えしていきます。


まずポイントとなるのは、研ぐ際に少し大きめに角度をつけるということ。薄刃包丁は片刃のため、両刃包丁より大きめに角度をつけないと、刃が砥石に添いません。表の切っ先から始め、根本まで全体的に研いだら、裏面を2〜3回研ぎましょう。これは、表を研いだ際にできてしまった反りを取るためのものですので、軽くでOKです。


もう一つのポイントは、包丁研ぎ全般に言えることですが、事前に砥石にしっかりと水を含ませておくこと。砥石に水が十分行き渡っていないと、摩擦によって包丁を傷めてしまいます。事前にしっかりと砥石を準備して臨むことが大切ですよ。

使いやすさを重視するなら、菜切り包丁もチェック!

薄刃包丁とよく比較されるのが、菜切り包丁。似た用途で使われますが、菜切り包丁は両刃なのが大きな違いです。両刃は刃こぼれがしにくく、簡易研ぎ器でもお手入れができるため、初心者の方は菜切り包丁を検討するのもおすすめです。以下の記事で詳しくご紹介していますので、要チェックです!

薄刃包丁の売れ筋ランキングもチェック!

なお、参考までに薄刃包丁の売れ筋ランキングは、以下のリンクよりご確認ください。

まとめ

今回は、薄刃包丁の選び方を解説するとともに、おすすめの商品をランキング形式でご紹介しました。プロが使うイメージの薄刃包丁ですが、使いこなせば料理の楽しさがグンと上がるアイテムなので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す