• 柳刃包丁・刺身包丁のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 柳刃包丁・刺身包丁のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 柳刃包丁・刺身包丁のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 柳刃包丁・刺身包丁のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 柳刃包丁・刺身包丁のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

柳刃包丁・刺身包丁のおすすめ人気ランキング10選

柳刃包丁は、家で刺身を作る方には欠かせない包丁です。ステンレスに鋼にセラミックとさまざまな素材もあり、研ぎ方や砥石もそれぞれ。左利き用や両刃タイプ、プロ仕様のものなどあり長さも豊富で刺身包丁といってもたくさんの種類が販売されています。最近では刺身包丁で肉をスライスする方も増えているようです。

そこで今回は柳刃包丁の選び方のポイントと、おすすめの商品を人気順でご紹介します。切るだけだからこそ、お刺身には包丁選びが重要。切れ味がよく使い勝手のいい包丁を見つけて、自宅で食べるお刺身の味をランクアップさせましょう。
  • 最終更新日:2019年12月09日
  • 92,690  views
目次

柳刃包丁・刺身包丁の選び方のポイント

柳刃包丁(刺身包丁)の選び方をご紹介します。使い勝手や価格、切れ味など重視するポイントをチェックしておきましょう。

切れ味の鋭さやメンテナンスの頻度で素材を選ぶ

まずは、刃に使われている素材から。鋼・ステンレス・セラミック素材のメリット・デメリットについてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

鋼:切れ味バツグンな定番素材。ただし錆びやすいのでメンテナンス必須

鋼:切れ味バツグンな定番素材。ただし錆びやすいのでメンテナンス必須
切れ味のよさに定評のある鋼は、柳刃包丁のスタンダードな素材です。丈夫でお手入れさえ怠らなければ、切れ味を保つことができ長く使えるところが魅力。価格帯は幅広く高額な商品ほど切れ味はいいのですが、その分しっかりとしたメンテナンスが必要です。

柳刃包丁を選ぶときに真っ先に候補にあげていただきたい素材ですが、錆びに弱く他の素材に比べ使用後はしっかり乾燥させなければなりません。そのためお手入れが苦手な方にはおすすめできない素材です。

しかし、刺身包丁を用意されるほどお料理好きの方なら、それほど苦になる作業ではありませんので、切れ味重視で選ぶなら鋼製を選びましょう。

ステンレス:錆びに強くお手入れが簡単。切れ味はやや劣るが使い勝手は◎

ステンレス:錆びに強くお手入れが簡単。切れ味はやや劣るが使い勝手は◎
ステンレス製の包丁は錆びに強くお手入れが簡単な、家庭用包丁のスタンダード。柳刃包丁でもそのメリットは変わらず、リーズナブルで大変扱いやすい素材です。ただし、刺身包丁で1番重要な「切れ味」の面で鋼製に劣ります。

しかし最近では各メーカーがステンレスにさまざまな成分を加えることで、新しい素材を生み出し切れ味も向上中。切れ味重視の方には鋼製の方がおすすめですが、特別なこだわりのない方やお手入れが面倒な方はステンレス製を選びましょう。

セラミック:金属臭がないので食材に臭いが移らない。耐久性には難あり

ステンレスや鋼ほどメジャーな包丁の素材ではないため数は少ないものの、セラミック製の刺身包丁も販売されています。

需要が少ないせいか少し価格が高い傾向にありますが、セラミック素材は金属臭がしないため食材に臭いが移りがなく、刺身などのデリケートな食材にぴったりの素材です。


お手入れには専用のシャープナーが必要なことも多いですが、錆びないところが大きなメリット。ただし、金属製の包丁に比べ耐久性が低いため、ハードな使い方をすると欠けてしまう恐れがあるので注意が必要です。

一般家庭で使いやすいのは刃渡り21~27cmまで

一般家庭で使いやすいのは刃渡り21~27cmまで
柳刃包丁(刺身包丁)は、手前から刃先にかけて一気に引くように切るため、他の包丁と比べて刃渡りが長いのが特徴です。プロ用のものになると50cm前後の刃渡りのものもありますが、家庭用は使い勝手のいい21~27cmくらいのものが人気です。

それ以上の長さになると、一般的な家庭の台所ではスペースが足りず「引きながら切る」の動作がしづらくなるので注意しましょう。

柄の形状と本体の重量は、家にある包丁を参考にして選ぶ

柄の形状と本体の重量は、家にある包丁を参考にして選ぶ
包丁の柄の形状はフィット感が重要です。そのため実際に持ってみるのが1番ですが、難しい場合は三徳包丁などの普段使いの包丁の柄を参考にするのがおすすめ。シリーズで販売されている商品なら、普段使っているものと同じシリーズを選ぶと失敗が少ないですよ。

また、包丁はある程度重量があったほうが使いやすいですが、柳刃包丁(刺身包丁)の場合、刃渡りが長いので少し重く感じる傾向があります。こちらも普段使いの包丁+αの重さで計算して、自分にとって使いやすい重さのものを選んでください。

左利きの方は共用なら「両刃」、自分専用なら「左用」を選ぶ

左利きの方は共用なら「両刃」、自分専用なら「左用」を選ぶ
左利きの方は自宅用の包丁に、牛刀包丁などの両刃タイプのものを使っている方が多いですよね。しかし柳刃包丁は片刃タイプのものがほとんどです。そのため、左手で包丁を扱う方は左利き用のものを選ぶか両刃タイプを選ばなければ使えません。

しかし、柳刃包丁は他の包丁に比べ両刃タイプのものは少ないので、使い勝手のいい手頃な価格のものを選ぶのが少し大変です。そのため自分専用の包丁なら左利き用を選ぶのがおすすめ。左利き用の柳刃包丁は、有名メーカーのシリーズでも販売されていますので探してみてください。

柳刃包丁・刺身包丁の人気ランキング10選

ここからは、おすすめの柳刃包丁・刺身包丁を人気順でご紹介します。幅広い価格の商品がありますので、予算に合わせて選んでくださいね。

10位
刺身包丁 正本 本霞・玉白鋼 柳刃刺身庖丁
出典:amazon.co.jp

正本本霞・玉白鋼 柳刃刺身庖丁

AMS38027

31,209円 (税込)

刃の材質玉白鋼
刃渡り27cm
重量180g
9位
刺身包丁 藤寅工業 藤次郎プロ SDモリブデンバナジウム鋼 柳刃
出典:amazon.co.jp

藤寅工業藤次郎プロ SDモリブデンバナジウム鋼 柳刃

F-621

9,900円 (税込)

刃の材質3Dモリブデンバナジウム鋼
刃渡り21cm
重量140g
8位

和平フレイズグライル オールステンレス 柳刃包丁

GR-6003

1,576円 (税込)

刃の材質モリブデンバナジウム鋼
刃渡り18cm
重量123g
7位
刃の材質芯材/コバルト合金(V金10号)・側材/ステンレス
刃渡り21cm
重量記載なし
6位

グローバルグローバル・イスト 柳刃

13,200円 (税込)

刃の材質刃物用ステンレス(モリブデン・バナジウム入)
刃渡り約24cm
重量約205g
5位

貝印関孫六 金寿 ST 和包丁 刺身

AK-1104

2,480円 (税込)

刃の材質モリブデンバナジウムステンレス刃物鋼
刃渡り18cm
重量119g
4位
刺身包丁 下村工業 大門屋影綱作 ステン柳刃庖丁 1枚目
出典:amazon.co.jp

下村工業大門屋影綱作 ステン柳刃庖丁

DKT-S35

1,569円 (税込)

刃の材質ステンレス刃物鋼
刃渡り20cm
重量110g
3位

貝印関孫六 銀寿 本鋼 和包丁 刺身

AK-5209

3,870円 (税込)

刃の材質あわせ材(切り刃/炭素鋼・側金/軟鉄)
刃渡り24cm
重量150g
2位

佐竹産業濃州正宗作 白木 刺身

SEKI001069 280-106

913円 (税込)

刃の材質記載なし
刃渡り約20.5cm
重量75g
1位

下村工業ネオヴェルダン 柳刃包丁

NVD-07

1,672円 (税込)

刃の材質モリブデン鋼
刃渡り18cm
重量150g

人気柳刃包丁・刺身包丁の比較一覧表

商品画像
1
刺身包丁 下村工業 ネオヴェルダン 柳刃包丁

下村工業

2
刺身包丁 佐竹産業 濃州正宗作 白木 刺身

佐竹産業

3
刺身包丁 貝印 関孫六 銀寿 本鋼 和包丁 刺身

貝印

4
刺身包丁 下村工業 大門屋影綱作 ステン柳刃庖丁 1枚目

下村工業

5
刺身包丁 貝印 関孫六 金寿 ST 和包丁 刺身

貝印

6
刺身包丁 グローバル グローバル・イスト 柳刃

グローバル

7
刺身包丁 一心刃物 柳刃刺身包丁

一心刃物

8
刺身包丁 和平フレイズ グライル オールステンレス 柳刃包丁

和平フレイズ

9
刺身包丁 藤寅工業 藤次郎プロ SDモリブデンバナジウム鋼 柳刃

藤寅工業

10
刺身包丁 正本 本霞・玉白鋼 柳刃刺身庖丁

正本

商品名

ネオヴェルダン 柳刃包丁

濃州正宗作 白木 刺身

関孫六 銀寿 本鋼 和包丁 刺身

大門屋影綱作 ステン柳刃庖丁

関孫六 金寿 ST 和包丁 刺身

グローバル・イスト 柳刃

柳刃刺身包丁

グライル オールステンレス 柳刃包丁

藤次郎プロ SDモリブデンバナジウム鋼 柳刃

本霞・玉白鋼 柳刃刺身庖丁

特徴お手入れがしやすくコスパの高い人気の家庭向け包丁やわらかく手に馴染む白木の柄匠の技を家庭で体感できる「関孫六」シリーズシンプルだからこそ使いやすいステンレス刃+天然木の持ち手切れ味+耐久性とお手入れのしやすさを両立現代のキッチンに似合うスタイリッシュな包丁V金10号の耐久性と切れ味お手頃価格でお手入れが簡単な一体型和包丁の握りやすさを再現したステンレス包丁本格派の方におすすめな切り口と切れ味
最安値
1,672
送料別
詳細を見る
913
送料要確認
詳細を見る
3,870
送料別
詳細を見る
1,569
送料別
詳細を見る
2,480
送料要確認
詳細を見る
13,200
送料別
詳細を見る
9,900
送料要確認
詳細を見る
1,576
送料無料
詳細を見る
9,900
送料別
詳細を見る
31,209
送料無料
詳細を見る
刃の材質モリブデン鋼 記載なしあわせ材(切り刃/炭素鋼・側金/軟鉄)ステンレス刃物鋼モリブデンバナジウムステンレス刃物鋼刃物用ステンレス(モリブデン・バナジウム入)芯材/コバルト合金(V金10号)・側材/ステンレスモリブデンバナジウム鋼3Dモリブデンバナジウム鋼玉白鋼
刃渡り18cm約20.5cm24cm20cm18cm約24cm21cm18cm21cm27cm
重量150g75g150g110g119g約205g記載なし123g140g180g
商品リンク

切れ味を保つための「研ぎ器」もチェック!

柳刃包丁や刺身包丁は切れ味が重要。日頃のお手入れはもちろん定期的なメンテナンスも大切です。以下の記事では、包丁のお手入れに便利な「研ぎ器」の選び方とおすすめ商品をご紹介していますので、合わせてチェックしておきましょう。

柳刃包丁・刺身包丁の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、柳刃包丁・刺身包丁のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、柳刃包丁・刺身包丁の選び方とおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたでしたか?

「切れ味」か「お手入れのしやすさ」か、どちらを重視するかが最初のポイント。自分なりのこだわりを持って使い勝手のいい柳刃包丁・刺身包丁を選んでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す