• トレッキングに最適なデイパックのおすすめ人気ランキング15選【20L・30L・大容量も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • トレッキングに最適なデイパックのおすすめ人気ランキング15選【20L・30L・大容量も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • トレッキングに最適なデイパックのおすすめ人気ランキング15選【20L・30L・大容量も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • トレッキングに最適なデイパックのおすすめ人気ランキング15選【20L・30L・大容量も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • トレッキングに最適なデイパックのおすすめ人気ランキング15選【20L・30L・大容量も!】のアイキャッチ画像5枚目

トレッキングに最適なデイパックのおすすめ人気ランキング15選【20L・30L・大容量も!】

トレッキング時の荷物を持ち歩くのに便利なデイパック(バックパック・リュック)。大容量のものや防水機能付きのもの、おしゃれで機能的なものもあり、普段使いにも最適なアイテムです。でも、容量や機能などをしっかりとチェックして、使いやすいものを選びたいですよね。

そこで今回は、トレッキングにおすすめなデイパックの選び方を解説しながら、人気のデイパックをランキング形式でご紹介します。この記事を参考にして、自分にぴったりのデイパックを見つけてくださいね!
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 26,553  views
目次

トレッキングに最適なデイパックの選び方

登山用に開発されたデイパックは、山登りに必要な装備をしっかり収納でき、長時間背負っても疲れにくく、耐久性にも優れています。つまり、トレッキングを安全・快適に行う上でデイパック選びは重要と言えます。

では、具体的にどんなところに注目したらいいのでしょう?ランキングの前に選び方のポイントをご紹介します。

季節や行程に合わせて「容量」を選ぶ

季節や行程に合わせて「容量」を選ぶ
トレッキング時の荷物は、季節や活動時間、トレッキングの行程によって増減します。荷物量に合わせて最適な容量のバックパックを選びましょう。

ほぼどんなシーンでも持っておきたい荷物は、防寒用アウター・レインウェア上下・予備のソックス・行動食・水・ファーストエイドキットなどです。この他、携帯電話やトレッキングポール、ヘッドライトなども加わることを考えると、30~40Lくらいのものを用意しておくのがベスト


日帰りトレッキングなら20~30Lのものでも十分。テント泊を想定しているなら40L以上のデイパックを用意しておきましょう。

トレッキングスタイルに合わせて、使いやすさをチェック

デイパックの構造も必ずチェックしましょう。特に、フロントアクセス・雨蓋(トップリッド)・ボトムコンパートメントの有無はパックの使い勝手を大きく左右します。

装備が多い場合は、「フロントアクセス」があると荷物が取り出しやすい

装備が多い場合は、「フロントアクセス」があると荷物が取り出しやすい

出典:amazon.co.jp

装備が多い場合は、フロントアクセスが備えられているものを選びましょう。この機能があるデイパックは、雨蓋を開けなくても荷物にアクセスできます。トレッキング中に地図やアウターなどを素早く取り出せるので便利です。


またフロントアクセス機能があると、底の方に詰めた荷物もさっと取り出せますから、容量の大きなデイパックでは備わっていた方が良いでしょう。

「フロントポケット」もあると便利

「フロントポケット」もあると便利

出典:amazon.co.jp

フロントポケットは、デイパックの外側にある収納スペースのこと。グローブや雨具、予備の靴紐など、すぐに取り出したい荷物を入れておくのに便利


トレッキング中に靴紐が切れてしまったり、ぬかるんだ道で靴内が濡れてしまったときのことを想定して予備の靴紐や靴下を入れておくのがおすすめ。フロントアクセスのないデイパックを選ぶ場合は、フロントポケットがあった方が良いでしょう。

「ボトムコンパートメント」があるとパッキングしやすい

「ボトムコンパートメント」があるとパッキングしやすい

出典:amazon.co.jp

パッキングに慣れていない初心者は、ボトムコンパートメント式のデイパックを選ぶのがベターです。

ここは行動中に使わないテントや寝袋などを収納しておく部分のことで、荷物をどう収納したら良いのか分からないという方でもパッキングしやすくなります。フロントアクセス機能がないパックでも、ボトムコンパートメントがあれば、下の方に詰めた荷物をスムーズに取り出せますよ。


また、ボトムコンパートメントとメインの収納スペースを繋げて1気室にできるものもあります。寒い季節のトレッキングでアウターを追加するなど、荷物が多いときに重宝しますので、ここもチェックしておきましょう。

「ハイドレーションシステム」付きなら、移動しながらの水分補給も!

「ハイドレーションシステム」付きなら、移動しながらの水分補給も!

出典:amazon.co.jp

移動しながら水分補給をして効率良く進みたいのなら、ハイドレーション機能付きのデイパックがおすすめです。デイパックにハイドレーションタンクをセットし、そこから繋がったチューブで水分補給ができる仕組み。チューブをくわえるだけで、歩きながら水分補給をすることができます

「雨蓋」を備えたタイプがおすすめ

デイパックには、雨蓋(あまぶた)が付いたタイプと雨蓋なしのタイプがあります。トレッキング中の急な天候の変化を考えると、雨蓋付きを選ぶのがおすすめです。

雨や雪が侵入するのを防いでくれるので、荷物の濡れを最小限に抑えることができます。また多くの雨蓋はポケットを兼ねているので、小物の収納がより便利に。雨蓋があるとデイパック上部に多少の容量がプラスでき、荷物を詰めやすくなるというメリットも見逃せません。


一方で雨蓋のないタイプは、荷物が出し入れしやすいというメリットがあります。パックを軽量化するため、あえて雨蓋が付いていないタイプを選ぶ人もいます。雨や雪が侵入しやすくなりますが、レインカバーをかければある程度防ぐことができます。

レインカバーは防水対策に必須

基本的に雨蓋に防水効果はありません。防水対策をするのなら、レインカバーは必携といえるでしょう。デイパックにレインカバーが付属していない場合は、別途購入することを忘れずに。


ただしレインカバーも完全防水ではないので、強い雨に長時間さらされたりすれば、パック内部に染み込む可能性もあります。薬や携帯電話など絶対に濡らしたくないものは、防水ケースやビニール袋などに入れておくと安心です。

フィット感も重要。店頭で試着して

トレッキング用のデイパックは、長時間背負うことになるアイテムです。そのため、疲れにくいことも重要なポイント。以下を参考にして、気になった商品は店頭で背負ってフィット感を確かめましょう。

チェストストラップは必須。ヒップベルトもあるとベスト

チェストストラップは必須。ヒップベルトもあるとベスト
デイパックは、腰・背中・肩のそれぞれに荷重を分散して受け止めている状態がベストです。そのためには、デイパックがブレないことが重要。ショルダーハーネス(肩ベルト)をチェストストラップで固定できるものを選び、試着してみましょう。

チェストストラップを留めた状態で動いてみて、ショルダーハーネスがずれにくいことを確かめられると理想的です。また、幅広で厚みがあるヒップベルトも付属しているデイパックなら、腰骨で荷重を支えられるので、トレッキング中も安定して背負うことができます。

自分の背面長に合っているかも確かめて

自分の背面長に合っているかも確かめて

デイパックと自分の背面長が合っていることも大切です。背面長とは、第7頚椎骨(首の後ろの出っ張った骨)から骨盤までの長さのこと。背面長とデイパックの背面サイズが合っていれば、長時間のトレッキングでもしっかりフィットしてくれるでしょう。


背面長が36~41cmならデイパックはXSサイズが最適。41から46cmはS、46~51cmはM、51cm以上はLサイズになっており、これは男女共通のサイズです。アウトドアブランドのデイパックにはサイズが記載されているものもあるので、自分の背面長に合うものを選ぶようにしましょう。

トレッキングに最適なデイパック 人気ランキング15選

ここからは、人気のデイパックのうちおすすめ商品をランキング順にご紹介します。自分にとって使いやすいデイパックを選んだら、トレッキングがもっと安全で快適に楽しめますよ♪
15位
トレッキングデイパック Paladineer(パラディニア) ハイキングバックパック
出典:amazon.co.jp

Paladineer(パラディニア)ハイキングバックパック

2,900円

容量28L
フロントアクセス/フロントポケット×/〇
ボトムコンパートメント×
ハイドレーションシステム×
雨蓋付き×
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/なし
背面長記載なし
14位
容量31-40L
フロントアクセス/フロントポケット〇/〇
ボトムコンパートメント×
ハイドレーションシステム
雨蓋付き
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長記載なし
13位
トレッキングデイパック Outlander(アウトランダー) レインカバー付き登山用リュック
出典:amazon.co.jp

Outlander(アウトランダー)レインカバー付き登山用リュック

4,530円 (税込)

容量41~50L
フロントアクセス/フロントポケット×/〇
ボトムコンパートメント
ハイドレーションシステム×
雨蓋付き
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長記載なし
12位
容量35L
フロントアクセス/フロントポケット×/〇
ボトムコンパートメント×
ハイドレーションシステム
雨蓋付き
レインカバーの付属なし
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長37~44cm
11位
トレッキングデイパック ARC'TERYX(アークテリクス) バックパック 22L アロー22
出典:amazon.co.jp

ARC'TERYX(アークテリクス)バックパック 22L アロー22

25,600円 (税込)

容量22L
フロントアクセス/フロントポケット不明/〇
ボトムコンパートメント×
ハイドレーションシステム×
雨蓋付き×
レインカバーの付属なし
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長記載なし
10位
容量30L
フロントアクセス/フロントポケット×/〇
ボトムコンパートメント×
ハイドレーションシステム×
雨蓋付き×
レインカバーの付属なし
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長記載なし
9位
容量30L
フロントアクセス/フロントポケット不明/〇
ボトムコンパートメント×
ハイドレーションシステム不明
雨蓋付き
レインカバーの付属なし
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長記載なし
8位
容量11-20L
フロントアクセス/フロントポケット×/〇
ボトムコンパートメント×
ハイドレーションシステム×
雨蓋付き×
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長記載なし(高さ42cm)
7位
容量25L
フロントアクセス/フロントポケット×/〇
ボトムコンパートメント
ハイドレーションシステム×
雨蓋付き×
レインカバーの付属なし
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長記載なし(高さ52cm)
6位
トレッキングデイパック Mountaintop(マウンテントップ ) アウトドア バックパック 1枚目
出典:amazon.co.jp

Mountaintop(マウンテントップ )アウトドア バックパック

5,180円 (税込)

容量40L
フロントアクセス/フロントポケット〇/〇
ボトムコンパートメント
ハイドレーションシステム×
雨蓋付き×
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長記載なし(高さ51cm)
5位

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)Tellus 35

21,060円

容量31-40L
フロントアクセス/フロントポケット×/〇
ボトムコンパートメント×
ハイドレーションシステム
雨蓋付き
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長Mサイズ(43-51cm)
4位
トレッキングデイパック mont-bell(モンベル) チャチャパック 35 1枚目
出典:amazon.co.jp

mont-bell(モンベル)チャチャパック 35

1123957

19,700円

容量35L
フロントアクセス/フロントポケット〇/〇
ボトムコンパートメント×
ハイドレーションシステム×
雨蓋付き
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長53cm
3位
容量28L
フロントアクセス/フロントポケット×/〇
ボトムコンパートメント
ハイドレーションシステム
雨蓋付き
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長48.3cm
2位

deuter(ドイター)フューチュラ 32

D34254-3130

18,900円

容量31-40L
フロントアクセス/フロントポケット×/〇
ボトムコンパートメント
ハイドレーションシステム
雨蓋付き
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長記載なし
1位

karrimor(カリマー) リッジ 30 タイプ1

21,384円

容量30L
フロントアクセス/フロントポケット〇/〇
ボトムコンパートメント
ハイドレーションシステム
雨蓋付き
レインカバーの付属あり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/あり
背面長42cm

トレッキングに最適な人気のデイパック 比較一覧表

商品画像
1
トレッキングデイパック karrimor(カリマー)  リッジ 30 タイプ1 1枚目

karrimor(カリマー)

2
トレッキングデイパック deuter(ドイター) フューチュラ 32 1枚目

deuter(ドイター)

3
トレッキングデイパック OSPREY(オスプレー) ケストレル28  1枚目

OSPREY(オスプレー)

4
トレッキングデイパック mont-bell(モンベル) チャチャパック 35 1枚目

mont-bell(モンベル)

5
トレッキングデイパック THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) Tellus 35 1枚目

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

6
トレッキングデイパック Mountaintop(マウンテントップ ) アウトドア バックパック 1枚目

Mountaintop(マウンテントップ )

7
トレッキングデイパック deuter(ドイター) スパイダー 25 1枚目

deuter(ドイター)

8
トレッキングデイパック MILLET(ミレー) リュック KULA 20 1枚目

MILLET(ミレー)

9
トレッキングデイパック deuter(ドイター) ペース30

deuter(ドイター)

10
トレッキングデイパック Millet(ミレー) ジェアン30

Millet(ミレー)

11
トレッキングデイパック ARC'TERYX(アークテリクス) バックパック 22L アロー22

ARC'TERYX(アークテリクス)

12
トレッキングデイパック macpac(マックパック) ゲッコ クラシック

macpac(マックパック)

13
トレッキングデイパック Outlander(アウトランダー) レインカバー付き登山用リュック

Outlander(アウトランダー)

14
トレッキングデイパック MAMMUT(マムート) リチウム ガイド35L

MAMMUT(マムート)

15
トレッキングデイパック Paladineer(パラディニア) ハイキングバックパック

Paladineer(パラディニア)

商品名

リッジ 30 タイプ1

フューチュラ 32

ケストレル28

チャチャパック 35

Tellus 35

アウトドア バックパック

スパイダー 25

リュック KULA 20

ペース30

ジェアン30

バックパック 22L アロー22

ゲッコ クラシック

レインカバー付き登山用リュック

リチウム ガイド35L

ハイキングバックパック

特徴安定感抜群で背負いやすい。長時間の移動も快適快適に背負える「エアコンフォートシステム」搭載さまざまなアウトドアシーンで活躍!山歩きを快適にしてくれる機能が充実ビギナーから上級者までにおすすめ機能性抜群で使いやすい大容量モデルジッパーで2気室にも!初心者に◎日帰りトレッキングや普段使いにほどよい20L軽量さではNo.1!小屋泊にも!まさにトレッキング向けの充実機能体にフィットする使い心地の良さ登山から日常までこれ一つ!リーズナブルなのに長く使える50L!物の出し入れが楽々!タウンユースもしやすいデザイン
最安値
要確認
要確認
15,400
送料無料
詳細を見る
要確認
要確認
5,180
送料要確認
詳細を見る
要確認
10,157
送料要確認
詳細を見る
30,091
送料要確認
詳細を見る
12,960
送料要確認
詳細を見る
25,600
送料無料
詳細を見る
17,424
送料要確認
詳細を見る
4,530
送料要確認
詳細を見る
37,379
送料要確認
詳細を見る
要確認
容量30L31-40L28L35L31-40L40L25L11-20L30L30L22L35L41~50L31-40L28L
フロントアクセス/フロントポケット〇/〇×/〇×/〇〇/〇×/〇〇/〇×/〇×/〇不明/〇×/〇不明/〇×/〇×/〇〇/〇×/〇
ボトムコンパートメント×××××××××
ハイドレーションシステム××××不明××××
雨蓋付き××××××
レインカバーの付属ありありありありありありなしありなしなしなしなしありありあり
チェストストラップ/ヒップベルトあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/ありあり/なし
背面長42cm記載なし48.3cm53cmMサイズ(43-51cm)記載なし(高さ51cm)記載なし(高さ52cm)記載なし(高さ42cm)記載なし記載なし記載なし37~44cm記載なし記載なし記載なし
商品リンク

トレッキング用アイテムをもっと見たいなら、こちら!

トレッキングに行くなら、ポールやシューズなども一緒に揃えて、ベストな状態で挑みたいものですよね。以下の記事でそれぞれを紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

まとめ

トレッキングに最適なデイパックを15種類ご紹介しましたが、いかがでしたか?

汎用性が高い30~40L前後のものは、1つ持っていると大活躍してくれます。行程に合わせて日帰り用・テント泊用など、容量の違うデイパックをいくつか使い分けるのがおすすめ。ご紹介した選び方や商品を参考に、あなたにぴったりなものを見つけてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す