1. TOP
  2. >
  3. アウトドア
  4. >
  5. アウトドアグッズ
  6. >
  7. ウォータージャグのおすすめ人気ランキング17選【折りたたみ・おしゃれなガラスジャグも!】
  • ウォータージャグのおすすめ人気ランキング17選【折りたたみ・おしゃれなガラスジャグも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ウォータージャグのおすすめ人気ランキング17選【折りたたみ・おしゃれなガラスジャグも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ウォータージャグのおすすめ人気ランキング17選【折りたたみ・おしゃれなガラスジャグも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ウォータージャグのおすすめ人気ランキング17選【折りたたみ・おしゃれなガラスジャグも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ウォータージャグのおすすめ人気ランキング17選【折りたたみ・おしゃれなガラスジャグも!】のアイキャッチ画像5枚目

ウォータージャグのおすすめ人気ランキング17選【折りたたみ・おしゃれなガラスジャグも!】

ウォータージャグは、水場の少ないキャンプ場やアウトドアのシーンで水を保管できる便利なアイテム。ピーコック・キャプテンスタッグ・コールマン・igloo(イグルー)など、さまざまなメーカーから販売されています。最近では保温・保冷効果の高いステンレス製やおしゃれなガラスジャグも人気。安定感の高いスタンド付きも需要が高まっています。


今回はそんなウォータージャグの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介。アウトドア用だけではなく、非常用に使える折りたたみ式のソフトタイプもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 最終更新日:2020年05月29日
  • 58,699  views
目次

ウォータージャグの選び方

まずは、ウォータージャグの選び方のポイントをご紹介します。

用途に合わせてタイプで選ぶ

ウォータージャグのタイプは大きく分けると、ソフトタイプとハードタイプの2種類。今回は人気のガラスジャグをプラスした3タイプの選び方のポイントをご紹介します。

ハードタイプ:安定感があり使い勝手も◎。飲料用に最適

ハードタイプ:安定感があり使い勝手も◎。飲料用に最適

ハードタイプは、安定感のある使い勝手のいいウォータージャグです。ステンレスなどの金属製とプラスチック製の2種類があり、保温・保冷効果が高いものが多いのも特徴


大人数でのバーベキューやキャンプなどの水分補給用におすすめです。自宅用として夏場に冷えた麦茶を常備しておきたい方も、安定感のあるハードタイプが扱いやすいですよ。


ただし、ソフトタイプに比べ重量があり嵩張るので注意が必要。移動時や収納場所のことも考えて選びましょう。なお、ハードタイプの保温・保冷効力に関しては、別項目でもご紹介していますので参考にしてください。

ソフトタイプ:軽量でコンパクトに収納可能。料理・手洗い・防災用に

ソフトタイプ:軽量でコンパクトに収納可能。料理・手洗い・防災用に

出典:logos.ne.jp

ソフトタイプは軽い上に折りたためるので収納や移動時に便利。商品によってはバッグなどにも収納可能です。そのため、非常時用に防災袋などに常備している方もいます。


また、価格がリーズナブルなので大容量タイプが手頃な価格で購入できるところもポイント。料理用や手洗い用、食器洗い用なら迷わずソフトタイプを選びましょう。


安定感に関してはハードタイプに劣りますが、商品によっては台座のついたタイプも販売されています。台座なしのタイプに比べ少し嵩張るものの、使い勝手がいいのでおすすめです。

ガラスジャグ:おしゃれキャンプのマストアイテム

ガラスジャグ:おしゃれキャンプのマストアイテム
おしゃれにキャンプを楽しみたい方の増加に伴い人気が上昇しているのが、ガラス製のウォータージャグです。ガラス製のため保温・保冷効果はありませんが、とにかく見た目がおしゃれ

キャンプで使えるのはもちろん、ホームパーティーなどでも活躍します。サイズが大きいと収納場所に悩みますが、デザイン性が高いのでインテリアアイテムとして表に出していてもOK。


ただし、デザイン性は高いものの重量感があり耐久性が低いという難点も。アウトドアやキャンプなどの屋外で利用するときは、割れないように持ち運べるかも考えてから選びましょう。

容量の目安は4人家族で8~10L。大人数なら複数用意しよう

容量の目安は4人家族で8~10L。大人数なら複数用意しよう
ウォータージャグの容量の目安は、1泊2日の4人家族でのキャンプで8~10Lといわれています。この数字は飲料水だけではなく手洗い用なども含まれているため、飲み物以外を近くの水場で済ませられる場合は、4L前後でもOKです。

季節によって多少の上下はありますが、この数字を基準に必要量を計算しましょう。


また、大人数でのキャンプの場合は、用途や飲み物の種類に合わせてウォータージャグを複数用意するのがおすすめです。使う場所を少し分けるとバッティングせずに使えますよ。

お手入れのことを考えて広口タイプを選ぶ

ウォータージャグはお手入れのしやすい広口タイプがおすすめ。広口タイプならスポンジが奥まで届くので、しっかり洗えて衛生的に使えます。また、注ぎ口の洗いやすさもポイント。できれば取り外せて分解できるものがおすすめです。


素材は内面がプラスチック製のものよりもステンレス製が衛生的。ただし、その分本体重量が増すので用途や飲み物などに合わせて選びましょう。

保温・保冷効力は商品によって異なる

保温・保冷効力は商品によって異なる

保温・保冷効力は、ウレタンフォームなどを使った断熱構造のウォータージャグでのみ発揮されます。持続時間や維持できる温度は商品の容量や構造によっても異なるので、保温・保冷効力のチェックは必ずしておきましょう。


また、保温効力が備わっているのは、ステンレス製の内容器などが採用された金属製が一般的。商品によって例外もありますが、保温機能を求める方は金属製のウォータージャグから選ぶのがおすすめです。

「スポーツドリンク」を入れるときは対応タイプかどうかを確認

「スポーツドリンク」を入れるときは対応タイプかどうかを確認
お子さんの部活動や運動会などのイベントでウォータージャグを使う場合は、水ではなくスポーツドリンクを用意することも多いですよね。そんなときに注意したいのがスポーツドリンクに対応しているかどうか。

商品によっては推奨していない場合もありますので、スポーツドリンクを入れる予定の方は必ずチェックしておきましょう。


冷えたスポーツドリンクを提供するためにも、保冷効果が高く大きな氷が入れられる広口タイプがおすすめですよ。

ブランドの特徴やデザインで選ぶ

アウトドアアイテムは、ブランド力も重要です。ここでは、ウォータージャグの人気メーカーの特徴をご紹介しますので、お気に入りのメーカーを見つけてくださいね。

アウトドアウォータージャグの定番メーカー「イグルー」

ハードタイプのクーラーボックスとウォータージャグで有名な海外メーカー「イグルー」。中でも赤と黄色の特徴的なデザインのウォータージャグは有名で、キャンプ場で見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?

サイズバリエーションが豊富なので、シーンに合わせて使い分けられるところが魅力。また、保冷効力にも定評があるので、アウトドアシーンで利用するなら、最初にチェックしておきたいメーカーです。

お手頃価格で人気の「キャプテンスタッグ」

お手頃価格で人気のアウトドアメーカー「キャプテンスタッグ」のウォータージャグは、ハード・ソフトに関わらず手に取りやすいリーズナブルな価格が魅力。

また、ハードタイプでは保温・保冷効力のあるステンレスタイプも販売しているので、自宅でのお茶用にも重宝しますよ。

渋めのデザインで機能性が高い「スタンレー」

渋めのデザインで機能性が高い「スタンレー」

出典:amazon.co.jp

真空ボトルや真空マグで有名な「スタンレー」は、ハードなキャンプにもぴったりなカラーリングで人気のメーカー。ウォータージャグも同様に、渋めのデザインで雰囲気を盛り上げてくれます。


また、密封性が高く注ぎ口部分が分解して洗えるところがポイント。デザイン性だけでなく機能性でも優秀です。

ウォータージャグ(ハードタイプ)のおすすめ人気ランキング7選

ここからは、ウォータージャグのおすすめ商品を、ハードタイプ・ソフトタイプ・ガラスジャグに分けてランキング形式でご紹介します。まずは、アウトドアに便利なハードタイプからご紹介しますので、用途にぴったりなものを選んでくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)をもとに編集部独自で順位付けしています。

7位
容量12L
広口-
保温/保冷-/-
スポーツドリンク-
サイズ31.2×37.2×22cm
重量-
6位
容量18.9L
広口
保温/保冷-/可
スポーツドリンク-
サイズ31×37×47cm
重量約2.3kg
5位
容量10L
広口
保温/保冷-/-
スポーツドリンク-
サイズ38×16×26.5cm
重量700g
4位
容量7.5L
広口
保温/保冷不可/可
スポーツドリンク-
サイズ直径30×34cm
重量1.6kg
3位

ピーコック魔法瓶工業ステンレスキーパー 広口タイプ

INS-80

3,300円 (税込)

容量8.1L
広口
保温/保冷可/可
スポーツドリンク
サイズ25×28.8×33.3cm
重量約1.8kg
2位
容量6L
広口
保温/保冷可/可
スポーツドリンク-
サイズ24×28×31.5cm
重量1.3kg
1位
容量7.9L
広口
保温/保冷-/可
スポーツドリンク
サイズ外形28×27cm
重量1.4kg

人気ウォータージャグ(ハードタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
ウォータージャグ キャプテンスタッグ ウォータージャグ400S  1枚目

キャプテンスタッグ

2
ウォータージャグ パール金属 クールヒッツウォータージャグ 1枚目

パール金属

3
ウォータージャグ ピーコック魔法瓶工業 ステンレスキーパー 広口タイプ 1枚目

ピーコック魔法瓶工業

4
ウォータージャグ スタンレー ウォータージャグ 1枚目

スタンレー

5
ウォータージャグ ビーズ フツーノタンク 1枚目

ビーズ

6
ウォータージャグ コールマン ビバリッジクーラー  1枚目

コールマン

7
ウォータージャグ 新富士バーナー ウォータージャグ 1枚目

新富士バーナー

商品名

ウォータージャグ400S

クールヒッツウォータージャグ

ステンレスキーパー 広口タイプ

ウォータージャグ

フツーノタンク

ビバリッジクーラー

ウォータージャグ

特徴おしゃれなデザインが目をひく、保冷ウォータージャグ折りたたみ式の三脚付きで、直置きしても注ぎやすいホットドリンクやスポーツ飲料にも対応片手で簡単に注げるプッシュ式コンパクトで軽量だから、満タンでも持ちやすい大容量+2日の保冷力で、スポーツやキャンプでも活躍たっぷり入るサイズで、アウトドアクッキングに最適
最安値
6,200
送料別
詳細を見る
1,993
送料別
詳細を見る
3,300
送料要確認
詳細を見る
9,900
送料無料
詳細を見る
3,630
送料無料
詳細を見る
4,680
送料別
詳細を見る
3,850
送料無料
詳細を見る
容量7.9L6L8.1L7.5L10L18.9L12L
広口-
保温/保冷-/可可/可可/可不可/可-/--/可-/-
スポーツドリンク-----
サイズ外形28×27cm24×28×31.5cm25×28.8×33.3cm直径30×34cm38×16×26.5cm31×37×47cm31.2×37.2×22cm
重量1.4kg1.3kg約1.8kg1.6kg700g約2.3kg-
商品リンク

ウォータージャグ(ソフトタイプ)のおすすめ人気ランキング7選

次にご紹介するのは、ソフトタイプのウォータージャグのおすすめ商品です。コンパクトに折り畳めるので、携帯性が高く防災用にもおすすめですよ。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)をもとに編集部独自で順位付けしています。

7位

ロゴスコーポレーション抗菌広口ショルダー水コンテナ

1,711円 (税込)

容量16L
広口
保温/保冷-/-
スポーツドリンク-
サイズ約30×24×27c(収納時約24×22×14cm)
重量0.4Kg
6位
容量10L
広口×
保温/保冷-/-
スポーツドリンク-
サイズ23×25.5×31.5cm
重量-
5位
容量10L
広口×
保温/保冷-/-
スポーツドリンク-
サイズ24×24×24cm
重量-
4位
容量7L
広口×
保温/保冷-/-
スポーツドリンク-
サイズ42×15×32cm
重量0.08Kg
3位
容量5.5L
広口
保温/保冷-/-
スポーツドリンク-
サイズ11×23×21cm(収納時25×23×21cm)
重量0.33Kg
2位
容量7.5L
広口
保温/保冷-/-
スポーツドリンク-
サイズ21×21×38.5/28cm(収納時23×23×13cm)
重量0.54Kg
1位
容量5.5L
広口
保温/保冷-/-
スポーツドリンク-
サイズ-
重量-

人気ウォータージャグ(ソフトタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
ウォータージャグ トラウター ウォータージャグ  1枚目

トラウター

2
ウォータージャグ カワセ ジャバラ ウォータージャグ 1枚目

カワセ

3
ウォータージャグ パルマート 折り畳み式 ウォーター ジャグ 1枚目

パルマート

4
ウォータージャグ カワセ フォールディング ジャグ  1枚目

カワセ

5
ウォータージャグ パール金属 抗菌 ライド ウォータージャグ 1枚目

パール金属

6
ウォータージャグ パール金属 抗菌 伸縮ウォータージャグ 1枚目

パール金属

7
ウォータージャグ ロゴスコーポレーション 抗菌広口ショルダー水コンテナ 1枚目

ロゴスコーポレーション

商品名

ウォータージャグ

ジャバラ ウォータージャグ

折り畳み式 ウォーター ジャグ

フォールディング ジャグ

抗菌 ライド ウォータージャグ

抗菌 伸縮ウォータージャグ

抗菌広口ショルダー水コンテナ

特徴古き良きアメリカをイメージした、機能性の高いウォータージャグイベントやアウトドアに最適!設置場所に悩まないスタンド付き程よいサイズ感の使い勝手のよいジャバラ式バッグタイプなのに、コックが付いて自立もOK使わないときは、コンパクトに折りたたんで収納OK使うときも収納するときもスマートなジャバラタイプ持ち運びに便利なショルダーベルト付き
最安値
1,279
送料要確認
詳細を見る
980
送料要確認
詳細を見る
1,604
送料無料
詳細を見る
550
送料別
詳細を見る
685
送料無料
詳細を見る
895
送料別
詳細を見る
1,711
送料別
詳細を見る
容量5.5L7.5L5.5L7L10L10L16L
広口×××
保温/保冷-/--/--/--/--/--/--/-
スポーツドリンク-------
サイズ-21×21×38.5/28cm(収納時23×23×13cm)11×23×21cm(収納時25×23×21cm)42×15×32cm24×24×24cm23×25.5×31.5cm約30×24×27c(収納時約24×22×14cm)
重量-0.54Kg0.33Kg0.08Kg--0.4Kg
商品リンク

ウォータージャグ(ガラスタイプ)のおすすめ人気ランキング3選

最後にご紹介するのは、おしゃれなガラスジャグのおすすめ商品です。蓋の構造などそれぞれ特徴があるので、使い勝手とともに見た目も満足できるお気に入りを見つけてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)をもとに編集部独自で順位付けしています。

3位
容量3L
広口
保温/保冷-/-
スポーツドリンク
サイズ29.5×13×18cm
重量-
2位

キャプテンスタッグジャグタンク ガラス ドリンクサーバー

UW-2010

2,933円 (税込)

容量6L
広口
保温/保冷-/-
スポーツドリンク
サイズ17.5×23×30cm
重量-
1位
容量3L
広口
保温/保冷-/-
スポーツドリンク
サイズ21×14.8×25.5cm
重量1.64kg

人気ウォータージャグ(ガラスタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
ウォータージャグ 佐藤金属興業 SALUS ドリンクサーバー 1枚目

佐藤金属興業

2
ウォータージャグ キャプテンスタッグ ジャグタンク ガラス ドリンクサーバー  1枚目

キャプテンスタッグ

3
ウォータージャグ ダルトン ビバレッジサーバー アイヴィー 1枚目

ダルトン

商品名

SALUS ドリンクサーバー

ジャグタンク ガラス ドリンクサーバー

ビバレッジサーバー アイヴィー

特徴パッキン+ワイヤーロックで、屋外での使用にも最適高さが選べるスタンド付きのガラスジャグホームパーティーの演出にもなりそうな、おしゃれなデザイン
最安値
1,716
送料要確認
詳細を見る
2,933
送料要確認
詳細を見る
1,813
送料要確認
詳細を見る
容量3L6L3L
広口
保温/保冷-/--/--/-
スポーツドリンク
サイズ21×14.8×25.5cm17.5×23×30cm29.5×13×18cm
重量1.64kg--
商品リンク

デトックスウォーターをガラスジャグでおしゃれに演出

デトックスウォーターをガラスジャグでおしゃれに演出
ガラスタイプのウォータージャグで1番人気の活用法は、フルーツ+ドリンクです。カットフルーツをジャグの中に入れることでおしゃれ度がアップすること間違いなし。

水を入れて流行りのデトックスウォーターを作るのもよし、大人のキャンプならワインと氷砂糖を入れてサングリアを作るのもおすすめです。


事前に果物などの準備は必要ですが、キャンプが一気に華やぎますので、ガラスジャグをお持ちの方は1度チャレンジしてみましょう。

一緒に購入したいウォータージャグスタンド

パール金属ウォータータンクスタンド ベルト・フック付

M-8670

1,430円 (税込)

安定感の悪い場所でのキャンプや、手持ちのテーブルにウォータージャグを置くスペースがない場合は、ウォータージャグ用にスタンドを用意するのが便利。

ウォータージャグ専用スタンドやクーラーボックススタンドも販売されていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。


スタンドを使うときには耐荷重に注意してください。ジャグ本体+飲み物の重量を確認し、スタンドの耐荷重を上回らないか確認して購入しましょう。

水分補給用の「ボトル」や「水筒」をお探しの方はこちら

今回は容量の大きなウォータージャグをご紹介しましたが、登山やロードバイクの水分補給にはボトルタイプがおすすめ。以下の記事ではスクイズボトルや水筒の選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、ウォータージャグの選び方とおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

本格的にキャンプやアウトドアを楽しんでいる方には、ウォータージャグは必須アイテム。遠い水場まで何度も足を運ぶ必要がなくなります。また、家庭用にお茶を入れておけば冷蔵庫の開閉が減るので節約にも繋がりますよ。ぜひお気に入りの一品を見つけてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す