• シリコンボトルのおすすめ人気ランキング7選【コンパクトに収納できるのはどれ!】のアイキャッチ画像1枚目
  • シリコンボトルのおすすめ人気ランキング7選【コンパクトに収納できるのはどれ!】のアイキャッチ画像2枚目
  • シリコンボトルのおすすめ人気ランキング7選【コンパクトに収納できるのはどれ!】のアイキャッチ画像3枚目
  • シリコンボトルのおすすめ人気ランキング7選【コンパクトに収納できるのはどれ!】のアイキャッチ画像4枚目
  • シリコンボトルのおすすめ人気ランキング7選【コンパクトに収納できるのはどれ!】のアイキャッチ画像5枚目

シリコンボトルのおすすめ人気ランキング7選【コンパクトに収納できるのはどれ!】

軽量でコンパクトに折りたたむこともできる「シリコンボトル」。できるだけ荷物を小さくまとめたい方はもちろん、壊れにくい水筒を探している方にも最適です。しかし、ロールアップするタイプから伸び縮みするタイプまで種類も豊富なうえ、シリコンの素材や色もさまざまで、どれにしようか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、シリコンボトルの選び方と、口コミでも人気の商品をランキング形式で紹介していきます。VIV・bubiなどの話題の商品から、1000円以内で買えるコスパの良い商品まで幅広くランクイン。お気に入りのシリコンボトルを手に入れて、手軽に持ち歩きましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 6,694  views
目次

シリコンボトルの選び方

屋外活動はもちろん、毎日の水分補給にも便利なシリコンボトル。まずは、その選び方を見ていきましょう。

シリコンの品質に注目!安全に使えるものが◎

シリコンボトルを選ぶうえで、まずメイン素材であるシリコンの安全性に注目しましょう。

食用・医療用グレードで「LFGB」「SGS」「FDA」の認可があるものなら安心

食用・医療用グレードで「LFGB」「SGS」「FDA」の認可があるものなら安心

出典:amazon.com

飲料水を保存して直接口にするタンブラー類は、使われる素材の安全性に1番気をつけたいもの。食用や医療用グレードのシリコンを使っているものなら、安心して選べます。


また、食品接触材のヨーロッパ品質基準となるLFGBや、世界最大の認証機関であるSGS・アメリカ食品医薬局 (FDA)のテストに合格した製品も◎。使われているシリコンの品質は、見た目だけでは判断がしにくいため、購入前にしっかり確認しておきましょう。

多用途で使用したいなら、耐熱温度140℃、耐冷温度-20℃程度を目安に

多用途で使用したいなら、耐熱温度140℃、耐冷温度-20℃程度を目安に

出典:quebottle.com

高温から低温までの液体を保存しても、安全に使えるものを選ぶことも大事です。耐熱・耐冷温度がしっかり記載されている商品なら、安心して使用できますね。なかには、洗剤での洗浄や、高温の液体に接触した際に溶け出す化学物質「BPA(ビスフェノールA)」を含むシリコン素材もあるため、注意が必要です。


温度の幅は使われるパーツなどによって変わってきますが、耐熱温度140℃、耐冷温度-20℃程度だと熱いお茶を携帯したり、前日に冷凍庫で中身を凍らせて使うなど、用途範囲も広がります。幅広いシーンで利用したいなら、この耐熱・耐冷温度を目安に選ぶとよいでしょう。

携帯に便利なものを選ぼう

主に外出先での使用を楽しむ携帯用シリコンボトル。持ち歩きに便利な商品を選ぶためのポイントもチェックしておきましょう。

使い勝手が良いのは、容量500ml前後のボトル

使い勝手が良いのは、容量500ml前後のボトル

出典:amazon.co.jp

はじめて携帯用ウォーターボトルを買う方におすすめなのは、500ml前後のサイズです。500mlだと水を入れた状態でも重たくなりすぎず、持ち歩きも比較的楽チン。それほど大きなサイズではないため、トートやリュックの中にも収まりやすく、使い勝手もよいでしょう。


飲料水は外出先でも補給できるため、日常的に持ち歩くのであれば十分なサイズ。キャンプや日帰りのトレッキングなど外出先で水の補給が難しい場合は、少し大きめのサイズにするなど、状況や使い方に合ったサイズを選ぶようにしたいですね。

重量100g以下だと携帯が楽チン

重量100g以下だと携帯が楽チン

出典:quebottle.com

飲み物を入れて持ち歩くボトルは、やはりボトル自体が軽量なものがおすすめです。水を入れない状態で大体100g以内の商品を目安に選ぶと、日常使いとしてより万能に使えるでしょう。特に通勤や通学用であれば他の荷物も多いため、できるだけ軽いものを選ぶと携帯しやすいですよ。

よりコンパクトに折り畳めるものが便利

よりコンパクトに折り畳めるものが便利

出典:amazon.co.jp

できるだけ荷物の場所をとりたくないなら、飲み終えた後、よりコンパクトに収納できるものを選びましょう。ボトル自体が伸び縮みするデザインのものは、大きさを約半分にまで縮小することが可能。平たくしてロールアップするデザインのものなら、さらに1/3程度までコンパクトにすることができます。


ただし、伸び縮みするタイプはコンパクト化に限度があり、ロールアップするタイプも小さくまるめた状態を維持するために、リングやカラビナなどが必要です。商品によって仕様や折りたたみ時のサイズが異なるため、欲しいシリコンボトルの折りたたみ方もしっかり確認しておきましょう。

ステンレス製のキャップがおすすめ

ステンレス製のキャップがおすすめ

出典:quebottle.com

続いてチェックしておきたいのが、ボトルに使われるパーツやキャップの素材。できるだけシンプルな構造で、耐熱・耐冷性に優れ、衝撃に強いステンレスタイプがおすすめです。


例えば、ボトル自体に良質のシリコンが使われていても、キャップなどの素材が耐熱・耐冷に不十分であれば、シリコンボトルならではの使い方ができません。特にプラスチック素材が多く使われている場合は、熱い飲み物を保存できなかったり、衝撃によって割れたりヒビが入る可能性もあるため注意しましょう。

パーツが少なくお手入れしやすいデザインが理想的

パーツが少なくお手入れしやすいデザインが理想的

出典:amazon.com

日常的に使うものだからこそ、使用後のお手入れ方法にも気を使いたいもの。シリコンボトルは特に高さがあるため、奥まで洗浄しやすい大きな開口部であるデザインがおすすめです。


また、パッキンなど取り外しのできる付属パーツが多いと、洗浄や使用の際にうっかり紛失してしまいがち。シンプルな蓋のデザインを選ぶと、細かな部分の洗浄に手間取ることなく、日常のお手入れをより簡潔に済ませることができますよ。

カラーバリエーションが多いと◎

カラーバリエーションが多いと◎

出典:amazon.co.jp

日常的に持ち歩くウォーターボトルは、できるだけ自分の好みに近いデザインを選びたいですよね。カラーや柄など選べるバリエーションが多い商品だと、よりお気に入りに近いアイテムを選ぶことができるでしょう。


お好みのカラーのもの以外にも、イラストやプリントが入った商品なら、きっと子供も喜んで使ってくれるはず。デザインバリエーションが多い商品なら、愛着のあるものを見つけやすく、長期に渡って愛用できるでしょう。

シリコンボトルの人気ランキング7選

それではここからは、人気のシリコンボトルをご紹介していきます!

7位
シリコングレード ハイグレード/BPA不使用
耐熱温度&耐冷温度  -
容量450ml
その他パーツの素材シリコンのみ
重量116g
折りたたみ機能
カラーバリエーションチェリー・グリーン・レモン・ピンク・シトラス・グレープ・オーシャンブルー・スモーク
開口部の大きさ-
6位

ワールドクリエイトムーミン シリコンボトル

2,512円 (税込)

シリコングレード 日本製高品質シリコン樹脂
耐熱温度/耐冷温度  140℃/-30℃
容量500ml
その他パーツの素材パッキン・リング/シリコン樹脂、フタ/ポリプロピレン
重量104 g
折りたたみ機能
カラーバリエーション6柄展開
開口部の大きさ-
5位

ホームデザイン折り畳めるシリコンボトル

2,000円 (税込)

シリコングレード LFGB/FDA認証・食品衛生法検査済み・BPA不使用
耐熱温度&耐冷温度 220℃/-20℃
容量530ml
その他パーツの素材ステンレス(フードグレード)
重量181g
折りたたみ機能
カラーバリエーションブラウン・グレー
開口部の大きさ-
4位

ワールドクリエイトViV シリコンボトル アクティブ

1,001円 (税込)

シリコングレード -
耐熱温度&耐冷温度 140℃/-30℃
容量500ml
その他パーツの素材パッキン・リング/シリコン樹脂、フタ/ポリプロピレン
重量103g
折りたたみ機能
カラーバリエーションオレンジ・グリーン・ピンク・ブルー
開口部の大きさ-
3位
シリコングレード 食品グレード・LFGB/FDA認証・BPA不使用
耐熱温度/耐冷温度  200℃/-60℃(本体)・120℃/-40℃(キャップ)
容量500ml
その他パーツの素材-
重量-
折りたたみ機能
カラーバリエーションブラック・ブルー・ホワイト・ローズ
開口部の大きさ-
2位
シリコングレード 食品グレード・LFGB/FDA認証・BPA不使用・医療用シリコン
耐熱温度/耐冷温度  120℃/-40℃
容量750ml
その他パーツの素材-
重量152g
折りたたみ機能
カラーバリエーションピンク・オレンジ・ブラック・ブルー
開口部の大きさ63mm
1位

キューファクトリーキューボトル

5,162円 (税込)

シリコングレード LFGB/FDA認証
耐熱温度&耐冷温度 260℃/-55℃
容量600ml
その他パーツの素材ステンレス
重量168g
折りたたみ機能
カラーバリエーションオレンジ・グリーン・チャコール・パープル・ブルー・ホワイト
開口部の大きさ45mm

人気シリコンボトルの比較一覧表

商品画像
1
シリコンボトル キューファクトリー キューボトル

キューファクトリー

2
シリコンボトル Kemier シリコンボトル

Kemier

3
シリコンボトル Honel 折りたたみ式シリコンボトル

Honel

4
シリコンボトル ワールドクリエイト ViV シリコンボトル アクティブ

ワールドクリエイト

5
シリコンボトル ホームデザイン 折り畳めるシリコンボトル

ホームデザイン

6
シリコンボトル ワールドクリエイト ムーミン シリコンボトル

ワールドクリエイト

7
シリコンボトル ブビ シリコンボトル

ブビ

商品名

キューボトル

シリコンボトル

折りたたみ式シリコンボトル

ViV シリコンボトル アクティブ

折り畳めるシリコンボトル

ムーミン シリコンボトル

シリコンボトル

特徴今までになかった斬新なシリコンボトル!安全性も◎日常使いにもアウトドアにも対応する使い勝手の良さが◎高性能医療用シリコン素材で安心。耐熱・耐冷性も抜群!ポップな色使いとおしゃれなデザインが人気!伸び縮みして大きさを変えられる万能デザイン!可愛いムーミンと一緒にお出かけ♪子供用水筒にも◎ロールアップ&コンパクトな収納が可能!
価格5,162円(税込)1,380円(税込)678円(税込)1,001円(税込)2,000円(税込)2,512円(税込)2,700円(税込)
シリコングレード LFGB/FDA認証食品グレード・LFGB/FDA認証・BPA不使用・医療用シリコン食品グレード・LFGB/FDA認証・BPA不使用-LFGB/FDA認証・食品衛生法検査済み・BPA不使用日本製高品質シリコン樹脂ハイグレード/BPA不使用
耐熱温度&耐冷温度 260℃/-55℃120℃/-40℃200℃/-60℃(本体)・120℃/-40℃(キャップ)140℃/-30℃220℃/-20℃140℃/-30℃-
容量600ml750ml 500ml500ml530ml500ml450ml
その他パーツの素材ステンレス--パッキン・リング/シリコン樹脂、フタ/ポリプロピレンステンレス(フードグレード)パッキン・リング/シリコン樹脂、フタ/ポリプロピレンシリコンのみ
重量168g152g-103g181g104 g116g
折りたたみ機能
カラーバリエーションオレンジ・グリーン・チャコール・パープル・ブルー・ホワイトピンク・オレンジ・ブラック・ブルーブラック・ブルー・ホワイト・ローズオレンジ・グリーン・ピンク・ブルーブラウン・グレー6柄展開チェリー・グリーン・レモン・ピンク・シトラス・グレープ・オーシャンブルー・スモーク
開口部の大きさ45mm63mm-----
商品リンク

アウトドアにはナルゲンボトルも大活躍!

シリコンボトルは軽くて携帯にも便利ですが、もう少し丈夫なものがほしいという方には、ナルゲンボトルがおすすめです。アウトドア用に開発された水筒で、軽くて丈夫なのはもちろんのこと、耐熱・耐冷性も抜群。シリコンボトル独特のニオイや手触りが苦手な人にも向いています。ぜひ以下の記事も参考に、使い勝手のよいボトルを手に入れてみてくださいね。

まとめ

暑い季節は特に、熱中症や脱水症状を回避するためにも欠かせないのがウォーターボトル。特に軽くて壊れにくシリコン製は、持ち歩きがしやすいため次世代ボトルとしてぜひ使ってみたい商品です。使い捨てやプラスチック製ボトルを使っている方は、これを機にぜひ検討してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す