• 登山に最適なヘッドランプのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 登山に最適なヘッドランプのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 登山に最適なヘッドランプのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 登山に最適なヘッドランプのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 登山に最適なヘッドランプのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

登山に最適なヘッドランプのおすすめ人気ランキング10選

近年目覚ましい進化を遂げた登山用品、ヘッドライト。ブラックダイヤモンド・ペツル・モンベルなどさまざまなメーカーから販売され、LEDライトや防水機能付き、バンドに工夫がされたものなど多様なモデルが登場しています。種類が多すぎて、どの商品を選んだら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、登山に最適なヘッドランプの選び方と、Amazonや楽天など通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。コンパクトでありながらたくさんの機能を備えた便利アイテムが目白押し。機能や用途をしっかりチェックして、購入の際の参考にしてくださいね!
  • 最終更新日:2019年07月07日
  • 78,928  views
目次

ヘッドランプは登山の必須アイテム

最近では流行に乗って気軽に登山を楽しむ方が増えています。しかし、準備なしの登山は危険。まずはヘッドランプが登山に必要な理由をご説明します。

日帰り登山でもヘッドランプは必要

日帰り登山でもヘッドランプは必要
日帰りや低山の登山では、ヘッドライトは必要ないと思われている方も多いかもしれません。しかし、山の上と平地では日が暮れるタイミングも違い、明るいうちに帰れる予定が気がつけば真っ暗、ということもあります。山の天気は変わりやすいので、突然の霧で目の前が見えなくなることも。

慣れない凹凸のある道で視界が奪われれば大ケガにもつながります。リスク回避のためにも、山に登るときは必ずヘッドランプを携帯しておきましょう。

懐中電灯では不十分

懐中電灯では不十分
ヘッドランプのような本格的なアイテムがなくても、懐中電灯やスマートフォンのライトで十分代用可能、お考えの方は要注意。状況にもよりますが、視界の悪い場所で懐中電灯やスマートフォンの光だけでは十分とは言えません。安全な登山のためにも、ヘッドランプを用意しておきましょう。

登山に最適なヘッドランプの選び方のポイント

必要性を確認したところで早速、登山に最適なヘッドランプの選び方を紹介します。一緒に確認していきましょう。

用途に合わせて光の種類を選ぶ

ヘッドランプの光にはいくつか種類がありますので、使用シーンに合った光を持ったアイテムを選ぶことが大切です。主な3種類の光の特徴を紹介していくので、ヘッドランプ選びの参考にしてください。

強い光で遠くまで照らす「遠距離モード」

強い光で遠くまで照らす「遠距離モード」
狭い範囲で強い光を放ち、遠くまで明るく照らすことができるのが遠距離モード。夜や明け方の暗い道でもしっかりと照らしてくれます。ただし光量が強いので消費電力が多く、寿命も短め。また直接光源を見ると眼を傷つけてしまう危険性があるので、気を付けて使用しましょう。

手元を明るく照らしてくれる「近距離モード」

手元を明るく照らしてくれる「近距離モード」
柔らかい光で広範囲を均一に照らし、手元での作業がしやすいのが近距離モード。消費電力が少ないので、長時間使用することが可能です。テント内や日帰りのハイキングでの使用に最適。強い光ではないので、遠くまで明るく照らすことには向いていません。

夜間視力の確保に最適な「レッドライト」

夜間視力の確保に最適な「レッドライト」

出典:amazon.co.jp

夜間でも周りに迷惑をかけにくく、瞳孔も刺激しにくいのがレッドライト。夜間視力の確保に優れており、テント内での使用にも適しています。メインライトとは別に補助機能として備わっていることが多いので、ビバーク・野営の可能性がある方は合わせてチェックしておくと良いでしょう。

しっかり頭に固定できるものを選ぶ

しっかり頭に固定できるものを選ぶ
ライト本体と同じくらい注目したいのが、ストラップの部分。細く弱いストラップだと行動中にズレやすく、思い通りの場所を照らすことができません。太くて耐久性に優れた調節しやすいものを選び、動いてもズレないようしっかり頭にフィットさせましょう。

また固定力と同じぐらい重視したいのが、取り回しやすさ。ストラップが3本になっているものは、いざというときの着脱が面倒です。さっと取り出して装着、という一連の動作をイメージしつつ選びましょう。

グローブのままでも操作しやすいボタンを選ぶ

ヘッドライトは基本的に暗闇の中で使うもの。手元があまり見えないことが多いので、シンプルで簡単に操作ができるものを選びましょう。

グローブを付けたままでも操作しやすいように、ボタンが大きく押しやすいものを選び、手探りでの操作となってしまうダイヤル式などは避けた方が無難です。

バッテリーのタイプで選ぶ

バッテリーのタイプもヘッドランプ選びでは大きなポイントです。おすすめのバッテリーのタイプと種類をご紹介しますので、使うシーンに合わせて選んでくださいね。

リチウムイオンバッテリーがおすすめ

リチウムイオンバッテリーがおすすめ

出典:amazon.co.jp

アルカリ電池を使用すると電力の低下に伴い、光量も徐々に落ちてきてしまいますが、リチウムイオンバッテリーなら最後まで光量が落ちにくく、寒さにも強いのでいろんなシーンで活躍すること間違いなし。

なお電池式のアイテムを選ぶ場合には予備電池のことも考え、充電器など他のアイテムと同じ種類の電池を使用するものを選ぶことをおすすめします。

用途に合わせて一体型か分離型かを選択

バッテリーには、ライト本体のケースに電池を入れられる一体型と、ライトと別の部分にバッテリーがありコードによって繋がっている分離型の2種類が存在します。

一体型は構造がシンプルなので電池の交換が楽に行えますが重心が偏り、重たく感じます。分離型は構造が複雑なため設置や保管が難しいですが、バランスを取りやすいのが特徴です。

基本的には操作が簡単な一体型をおすすめしますが、分離型のアイテムは高照度のものが多いので、使用用途に合わせて適したものを選ぶようにしましょう。

防水の保護等級をチェック

防水の保護等級をチェック

出典:amazon.co.jp

突然の雨や緊急時にも安心して使えるよう、防水性にも注目しましょう。防水機能があるアイテムには、必ず「IPX ○」という数字が表示されています。これは防水の保護等級を表す国際基準で、○の部分に入る数字が大きいほど防水性に優れています。

防水性能の保護等級は以下のように決められているので、使用シーンに合った等級のものを選びましょう。


  • 1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響はない(防滴Ⅰ形)
  • 2級:鉛直から15度程度で落ちてくる水滴による有害な影響はない(防滴Ⅱ形)
  • 3級:鉛直から60度程度で落ちてくる水滴による有害な影響はない(防雨形)
  • 4級:あらゆる方向からの飛沫による有害な影響はない(防まつ形)
  • 5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響はない(防噴流形)
  • 6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響はない(耐水形)
  • 7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防侵形)
  • 8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中系)

登山に最適なヘッドランプの人気ランキング10選

ここからは、おすすめの登山に最適なヘッドランプを人気順でご紹介します。明るさや防水機能など、登山のスタイルに合わせて選んでくださいね。

10位

Tomo Light充電式 LEDヘッドライト

CMA-1001LT

2,980円 (税込)

明るさ1000ルーメン以上
光の特徴照射距離500m・点灯6モード・5つのLEDランプ
ストラップ調節可能バンド
操作記載なし
バッテリー充電式
防水機能生活防水
9位

パナソニックハイパワーLED水中ヘッドランプ

BF-267BP

4,640円 (税込)

明るさ330ルーメン
光の特徴白色LED・調光機能2モード
ストラップワンタッチ式ベルト
操作記載なし
バッテリー単4形電池×4(充電池不可)
防水機能水深30m/30分間防水
8位

レッドレンザーLEDヘッドライト H8R

500853

5,954円 (税込)

明るさ600ルーメン
光の特徴最小照射距離120m・2種の点灯モード・3種の照射モード他
ストラップフリーサイズベルト(取り外し可能)
操作スイッチロック機能
バッテリー充電式
防水機能IPX4
7位
明るさ95ルーメン
光の特徴照射距離55m・白色/赤色サブLED・ハイ/エコモード
ストラップ記載なし
操作ヘッドプッシュスイッチ・インスタントオフスイッチ
バッテリー単3形アルカリ電池×1
防水機能IP64準拠
6位

ブラックダイヤモンドストーム

BD81089

5,490円 (税込)

明るさ350ルーメン
光の特徴照射距離80m(高照度)・ナイトビジョン(赤・緑)・遠距離/近距離モード他
ストラップダブルアジャスター
操作ロックアウト機能
バッテリー単4アルカリ電池×4
防水機能IP67
5位
明るさ300ルーメン
光の特徴最大照射距離約176m・後部認識灯・6モード
ストラップヘルメットホルダー/シリコバンド付属
操作インスタントオフスイッチ付き
バッテリー単3型アルカリ乾電池×3
防水機能防滴仕様
4位
明るさ370ルーメン
光の特徴最大照射距離約122m・10段階+ブースト/ワイド/スポット
ストラップトップストラップ取り付け可
操作誤動作防止設計・レンズ開閉切り替え
バッテリー単3電池3本/分離型
防水機能IPX4
3位

moko2ヘッドライト

SR-01L

2,780円 (税込)

明るさ5000ルーメン
光の特徴強・弱・点滅
ストラップ最長60cm(伸縮性あり)
操作センサーモード・手動
バッテリー充電式
防水機能生活防水
2位
明るさ200ルーメン
光の特徴最大照射距離約110m・白色/赤色LED・点滅含む5モード
ストラップ首掛け使用可
操作手袋OKの大きめのボタン
バッテリー単4電池×3
防水機能IPX4
1位
明るさ168ルーメン
光の特徴照射距離最大約110m・白色/赤色LED・ハイ/ミドル/ロー/点滅他
ストラップ記載なし
操作ジェスチャーセンシング機能・手動
バッテリー単4形アルカリ乾電池×3
防水機能IPX6

人気登山に最適なヘッドランプの比較一覧表

商品画像
1
登山ヘッドランプ Litom  LEDヘッドライト

Litom

2
登山ヘッドランプ N-FORCE ヘッドライト

N-FORCE

3
登山ヘッドランプ moko2 ヘッドライト

moko2

4
登山ヘッドランプ ペツル MYO

ペツル

5
登山ヘッドランプ ジェントス LEDヘッドライト

ジェントス

6
登山ヘッドランプ ブラックダイヤモンド ストーム

ブラックダイヤモンド

7
登山ヘッドランプ ジェントス LEDヘッドライト

ジェントス

8
登山ヘッドランプ レッドレンザー LEDヘッドライト H8R

レッドレンザー

9
登山ヘッドランプ パナソニック ハイパワーLED水中ヘッドランプ

パナソニック

10
登山ヘッドランプ Tomo Light 充電式 LEDヘッドライト

Tomo Light

商品名

LEDヘッドライト

ヘッドライト

ヘッドライト

MYO

LEDヘッドライト

ストーム

LEDヘッドライト

LEDヘッドライト H8R

ハイパワーLED水中ヘッドランプ

充電式 LEDヘッドライト

特徴多機能なのにお手頃価格!人気のヘッドランプ手袋をしていても操作のしやすい大きめボタン胸囲の明るさ5000ルーメン!近距離・遠距離のモード切り替えが素早くできるフォーカスコントロールも自由自在ハードなシーンにぴったりの防塵防水仕様単3電池1本で利用できるから軽くてコンパクトコンパクトなのに明るく大容量!雨中登山に最適な水深30m・30分間防水機能5灯のLEDライトで明るく照らす
価格1,598円(税込)1,499円(税込)2,780円(税込)8,748円(税込)3,403円(税込)5,490円(税込)1,188円(税込)5,954円(税込)4,640円(税込)2,980円(税込)
明るさ168ルーメン200ルーメン5000ルーメン370ルーメン300ルーメン350ルーメン95ルーメン600ルーメン330ルーメン1000ルーメン以上
光の特徴照射距離最大約110m・白色/赤色LED・ハイ/ミドル/ロー/点滅他最大照射距離約110m・白色/赤色LED・点滅含む5モード強・弱・点滅最大照射距離約122m・10段階+ブースト/ワイド/スポット最大照射距離約176m・後部認識灯・6モード照射距離80m(高照度)・ナイトビジョン(赤・緑)・遠距離/近距離モード他照射距離55m・白色/赤色サブLED・ハイ/エコモード最小照射距離120m・2種の点灯モード・3種の照射モード他白色LED・調光機能2モード照射距離500m・点灯6モード・5つのLEDランプ
ストラップ記載なし首掛け使用可最長60cm(伸縮性あり)トップストラップ取り付け可ヘルメットホルダー/シリコバンド付属ダブルアジャスター記載なしフリーサイズベルト(取り外し可能)ワンタッチ式ベルト調節可能バンド
操作ジェスチャーセンシング機能・手動手袋OKの大きめのボタンセンサーモード・手動誤動作防止設計・レンズ開閉切り替えインスタントオフスイッチ付きロックアウト機能ヘッドプッシュスイッチ・インスタントオフスイッチスイッチロック機能記載なし記載なし
バッテリー単4形アルカリ乾電池×3単4電池×3充電式単3電池3本/分離型単3型アルカリ乾電池×3単4アルカリ電池×4単3形アルカリ電池×1充電式単4形電池×4(充電池不可)充電式
防水機能IPX6IPX4生活防水IPX4防滴仕様IP67IP64準拠IPX4水深30m/30分間防水生活防水
商品リンク

見落としがちな登山に必要なアイテムをチェック!

登山にはヘッドランプ以外にも、雨対策や危険防止用のアイテムが必要です。以下の記事では用意しておきたい登山アイテムの選び方とおすすめ商品を紹介しています。ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

ヘッドランプの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ヘッドランプのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

シンプルなものから多機能なものまで、さまざまな登山用ヘッドランプをご紹介しましたが、お気に入りの一品は見つかりましたか?

何が起こるか分からない登山では、万が一のことを想定しておくことが重要です。使用シーンに合った準備を万全に整えて、安全に登山を楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す