• 登山に最適な大容量のバックパックのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像1枚目
  • 登山に最適な大容量のバックパックのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像2枚目
  • 登山に最適な大容量のバックパックのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像3枚目
  • 登山に最適な大容量のバックパックのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像4枚目
  • 登山に最適な大容量のバックパックのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像5枚目

登山に最適な大容量のバックパックのおすすめ人気ランキング20選

山泊を含む登山では、35L以上の大容量バックパックが欠かせません。しかし山泊と言ってもテント泊と山小屋泊では荷物の量が違います。バックパックにはいろいろな容量のものがあり、メンズ用・レディース用にも分かれているので、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、登山用の大容量バックパックを選ぶポイントを解説しながら、おすすめの商品を人気順にランキングでご紹介します。あなたの登山行程にぴったりなものを見つける参考にしてください!

この記事に登場する専門家

和気 厚至
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 44,153  views
目次

登山に最適な大容量バックパックの選び方

登山時の大容量バックパックは、どんなポイントで選べばいいのでしょう。ここでは大きさをはじめ、背負いやすさ・通気性・出し入れのしやすさなど、知っていると役に立つ比較ポイントをご紹介します。

まずは、登山行程に合わせて容量を選ぶ

大容量バックパックとひとくちに言っても、容量には35Lから100L以上のものまでいろんな種類があって迷ってしまいますよね。まずは登山行程に合わせて大きさを決めていきましょう。

35~50L:2泊までの山小屋泊にぴったり

35~50L:2泊までの山小屋泊にぴったり
1~2泊までの山小屋泊には、35~50Lくらいのバックパックがおすすめです。着替えやタオル、食料などを2日分入れるのにちょうどいい大きさ

ただし冬は防寒用品が入りません。またテント泊の場合は持ちものが多くなります。冬の登山やいずれテント泊もしてみたい…と思うなら、50L以上のものを選ぶようにしましょう。

50~80L:冬の山小屋泊・春~秋のテント泊に

50~80L:冬の山小屋泊・春~秋のテント泊に
冬の山小屋泊や、春~秋のテント泊を予定している方には、50~80Lの容量がおすすめです。テント泊では、標準的な装備の他にシュラフやマット、火器や調理器具、食料など10~20kgほどの荷物が必要です。

また冬の場合は、この他に防寒着やアイゼンやゲイターが必要となる場合も。80L級なら冬のテント泊や海外遠征に持っていく人も多く、幅広いシチュエーションに対応可能です。

100L前後:海外遠征や国内での長期縦走にしっかり備える

100L前後:海外遠征や国内での長期縦走にしっかり備える
海外遠征、国内での長期縦走を検討している方は、100L前後の容量があるものを選びましょう。長期縦走ではテント・シュラフのほかシュラフカバーも不可欠。併せてヘッドライト・予備の燃料・行動食などが加わります。

海外遠征で、現地の水がそのまま飲めない場合は浄水器や、感染を防ぐため虫よけスプレーが必要となります。パスポートや現地の通貨なども分けてしまっておけると便利ですね。これらだけで30kg近くなることもありますので、十分収まる容量が必要です。

メンズ?レディース?「背面長」は身体に合わせて

メンズ?レディース?「背面長」は身体に合わせて

出典:amazon.co.jp

バックパックはメンズとレディースで分かれていることがあります。これも背負った際の安定感を左右しますので、女性はレディース用から選ぶようにしてください。

レディースがない場合は、背面長が合うものを選びましょう。首の後ろの1番出っ張った骨から腰骨の上までの長さを測れば、自分の背面長が割り出せます。同じ容量でも背面長が選べるものや、背面システム(背中に当たる面)の長さが変えられるものも販売されています。

41cmまではXS、41~46cmはS、46~51cmはM、それ以上はLというのがひとつの目安。フィット感には個人差がありますので、できるだけ試着して、体にピッタリ合うものを選んでください。

安定感が重要。ウエストベルトとチェストベルトをチェック!

安定感が重要。ウエストベルトとチェストベルトをチェック!
50L以上の大容量バックパックは、どうしても大きく重たくなります。安定して背負えるよう、ウエストベルトとチェストベルトをチェックして選びましょう。

ウエストベルトはどのバックパックにもありますが、装着した際にサイズ調節してみて、自分に合わせられるか確認することが大切。チェストベルトがあれば胸でも支えられますので、大きな荷物も安定感のある背負い方ができますよ。なるべくチェストベルトも付いたものを選ぶと良いでしょう。

試着時はショルダーベルトが浮いていないか確認を

店頭で背負って確かめる際は、ショルダーベルトが浮いていないか確認しましょう。自分の肩にぴったりフィットしていないものは、大きなバックパックを安定して背負うことができません。ウエストベルトをしっかり締めてみて、バックパックが下がりすぎていないか確かめておくと安心です。

ただし、空のバックパックではフィット感を確かめることはできません。スタッフに相談して、重りを入れた状態で背負ってみることをおすすめします。

背面の通気性が良いものはムレずに快適

背面の通気性が良いものはムレずに快適

出典:amazon.co.jp

大容量のバックパックは背中に密着する面積が大きいですから、背面にムレにくい工夫があるものを選びましょう。メッシュを採用して汗や湿気を通しやすいものなら、長時間背負っても快適に過ごすことができます。

また背中の汗を緩和することで、冬の低体温症を防ぐことにも繋がります。

パッキングや取り出しやすさを左右するチェックポイント

大容量ゆえ、パッキングのしやすさや取り出しやすさにも注目して選びたいもの。ここでは使いやすさを左右するポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

「2気室タイプ」ならパッキングしやすい。取り出す際も簡単

「2気室タイプ」ならパッキングしやすい。取り出す際も簡単

出典:amazon.co.jp

バックパックの中が2つの空間に分かれている「2気室」タイプを選ぶと、必用なものにすぐアクセスできるのでおすすめです。

通常のリュックでは底にあるものほど取り出しにくくなりますが、40L以上のバックパックに多い2気室タイプなら、中央と下部で仕切られているので底の荷物も取り出しやすいですよ。用途に応じて分けられるので、パッキングのときも便利です。

フロントアクセスやフロントポケットがあると便利

大きなバックパックは背負ったり降ろしたりの動作も大変です。背負ったままでも荷物を取り出しやすいように、フロントアクセスやフロントポケットのあるものを選びましょう。フロントアクセスは、雨蓋を開けなくても中の荷物を取り出せる「U字ジップ」が備わっている商品がおすすめです。

またフロントポケットがついていれば、コンパスや地図などよく使うアイテムの収納に便利。パッキング時に使用頻度が高いものとそうでないものを分けられるので、この点もチェックしておきましょう。

雨蓋は取り外せるタイプがおすすめ

大容量バックパックには雨蓋が付属している場合は、取り外せるものがおすすめです。ほとんどが雨蓋にも荷物を収納できるようになっており、ウエストポーチとして使えるタイプも多いですよ。

また80L以上の大容量バックパックは、日帰り登山や山小屋への1泊程度では大きすぎますが、雨蓋を外して小さくすればちょうどいいサイズ感で使うことも可能です。

防水性を確認。ザックカバーがついていると便利

防水性を確認。ザックカバーがついていると便利

出典:amazon.co.jp

バックパックの生地は撥水ナイロンなど防水性があるものをおすすめします。長期登山に向けた荷物には着替えやタオル、シュラフなどが含まれるので、たとえ大雨が降っても、中のものが濡れないようにしなくてはいけません。

撥水性や防水性に不安があるときは、ザックカバー(レインカバー)を準備するといいでしょう。あらかじめ付属しているバックパックも多いですね。対応サイズはもちろん、装着のしやすさや水抜きなどの機能もよく確認して選ぶようにしてください。

プロの愛用する登山に最適な大容量のバックパック

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの登山に最適な大容量のバックパックをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、機能性とデザイン性を兼ね備えた最適なバックパックを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
ミレー Ubic Backpackメンズ バックパック 40L 1枚目
出典:amazon.co.jp

ミレーUbic Backpackメンズ バックパック 40L

23,804円

登山に最適な大容量バックパックの人気ランキング20選

ここからは、登山に最適な大容量のバックパックをおすすめ順にランキング形式でご紹介したいと思います。上記の選び方のポイントとあわせてぜひ参考にしてみてください!

20位

BACH(バッハ)SHIELD 35

26,460円 (税込)

容量35Lメンズ・レディース記載なし
背面長記載なしウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさ2気室タイプ
雨蓋の取り外し×防水性/ザックカバーの付属×/〇
19位
MYSTERY RANCH(ミステリーランチ) クーリー 40
出典:amazon.co.jp

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)クーリー 40

31,320円 (税込)

容量40Lメンズ・レディース男女兼用
背面長46-53.5cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し記載なし防水性/ザックカバーの付属×/×
18位
ARC'TERYX(アークテリクス) アルトラ
出典:amazon.co.jp

ARC'TERYX(アークテリクス)アルトラ

52,800円 (税込)

容量62Lメンズ・レディース男女兼用
背面長記載なしウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し防水性/ザックカバーの付属×/×
17位
容量31-40Lメンズ・レディースレディース
背面長40cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさ2気室タイプ・フロントポケット
雨蓋の取り外し記載なし防水性/ザックカバーの付属×/〇
16位

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)Banchee 50 ウィメンズ

25,777円 (税込)

容量50Lメンズ・レディースレディース
背面長39-50cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し記載なし防水性/ザックカバーの付属×/×
15位
容量45-60Lメンズ・レディースメンズ
背面長41-50cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさ2気室タイプ・フロントポケット
雨蓋の取り外し×防水性/ザックカバーの付属×/×
14位

Columbia(コロンビア)イーティーオーピーク45L

19,440円 (税込)

容量45Lメンズ・レディース記載なし
背面長記載なしウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントアクセス
雨蓋の取り外し記載なし防水性/ザックカバーの付属×/〇
13位

GREGORY(グレゴリー)BALTORO 75

46,440円 (税込)

容量70-75Lメンズ・レディース男女兼用
背面長41-51cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し記載なし防水性/ザックカバーの付属×/〇
12位
容量31-40Lメンズ・レディースレディース
背面長42cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさ2気室タイプ
雨蓋の取り外し記載なし防水性/ザックカバーの付属×/〇
11位
OSPREY(オスプレー) アトモスAG 65
出典:amazon.co.jp

OSPREY(オスプレー)アトモスAG 65

OS50190

31,320円 (税込)

容量65Lメンズ・レディースメンズ
背面長47.5~53cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさ2気室タイプ・フロントポケット
雨蓋の取り外し防水性/ザックカバーの付属×/×
10位
deuter(ドイター) エアコンタクト 65+10
出典:amazon.co.jp

deuter(ドイター)エアコンタクト 65+10

49,900円 (税込)

容量65+10Lメンズ・レディースメンズ
背面長記載なしウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさ2気室タイプ・フロントアクセス
雨蓋の取り外し記載なし防水性/ザックカバーの付属×/〇
9位

montbell(モンベル)チャチャパック40 Women's

19,980円 (税込)

容量40Lメンズ・レディースレディース
背面長45cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し記載なし防水性/ザックカバーの付属×/〇
8位
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) Tellus 45
出典:amazon.co.jp

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)Tellus 45

24,840円 (税込)

容量41-50Lメンズ・レディースメンズ
背面長43-56cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し×防水性/ザックカバーの付属×/〇
7位
Karrimor(カリマー) リッジ 40 タイプ3
出典:amazon.co.jp

Karrimor(カリマー)リッジ 40 タイプ3

23,220円 (税込)

容量40Lメンズ・レディースメンズ
背面長50cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し×防水性/ザックカバーの付属×/〇
6位
Millet(ミレー) サースフェー
出典:amazon.co.jp

Millet(ミレー)サースフェー

MIS2048

21,060円 (税込)

容量31-40Lメンズ・レディースメンズ
背面長48-51cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し×防水性/ザックカバーの付属×/〇
5位
Mountaintop(マウンテントップ) 登山バッグ 大容量 ザック
出典:amazon.co.jp

Mountaintop(マウンテントップ)登山バッグ 大容量 ザック

6,990円 (税込)

容量51L以上メンズ・レディース記載なし
背面長記載なしウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさ2気室タイプ・フロントポケット
雨蓋の取り外し防水性/ザックカバーの付属×/〇
4位
Mountaintop(マウンテントップ) 登山 バックパック
出典:amazon.co.jp

Mountaintop(マウンテントップ)登山 バックパック

4,690円 (税込)

容量31-40Lメンズ・レディース記載なし
背面長記載なしウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し-防水性/ザックカバーの付属〇/〇
3位
OSPREY(オスプレー) ケストレル48
出典:amazon.co.jp

OSPREY(オスプレー)ケストレル48

OS50150

34,048円 (税込)

容量41-50Lメンズ・レディースメンズ
背面長40.5~58.5cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさ2気室タイプ
雨蓋の取り外し×防水性/ザックカバーの付属×/〇
2位
容量31-40Lメンズ・レディース記載なし
背面長記載なしウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントポケット
雨蓋の取り外し-防水性/ザックカバーの付属×/×
1位
Coleman(コールマン)  TREKKING POWER LOADER43
出典:amazon.co.jp

Coleman(コールマン) TREKKING POWER LOADER43

11,880円 (税込)

容量43Lメンズ・レディースメンズ
背面長47cmウエストベルト/チェストベルト〇/〇
背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさフロントアクセス・フロントポケット
雨蓋の取り外し防水性/ザックカバーの付属×/〇

登山に最適な人気の大容量バックパック比較一覧表

商品画像商品名特徴価格容量メンズ・レディース背面長ウエストベルト/チェストベルト背面の通気性パッキング・取り出しのしやすさ雨蓋の取り外し防水性/ザックカバーの付属商品リンク
1
Coleman(コールマン)  TREKKING POWER LOADER43

Coleman(コールマン)

TREKKING POWER LOADER43

大容量かつ実用的、登山からアウトドアまで11,880円(税込)43Lメンズ47cm〇/〇フロントアクセス・フロントポケット×/〇詳細を見る
2
Coleman(コールマン) ウォーカー33

Coleman(コールマン)

ウォーカー33

軽登山からハイキング、トレッキングにも5,588円(税込)31-40L記載なし記載なし〇/〇フロントポケット-×/×詳細を見る
3
OSPREY(オスプレー) ケストレル48

OSPREY(オスプレー)

ケストレル48

ホルダー・ストラップなど、登山を快適にする工夫が満載34,048円(税込)41-50Lメンズ40.5~58.5cm〇/〇2気室タイプ××/〇詳細を見る
4
Mountaintop(マウンテントップ) 登山 バックパック

Mountaintop(マウンテントップ)

登山 バックパック

通気性抜群で背中のムレを軽減4,690円(税込)31-40L記載なし記載なし〇/〇フロントポケット-〇/〇詳細を見る
5
Mountaintop(マウンテントップ) 登山バッグ 大容量 ザック

Mountaintop(マウンテントップ)

登山バッグ 大容量 ザック

底に空間あり!登山靴や食器を分けてしまえる6,990円(税込)51L以上記載なし記載なし〇/〇2気室タイプ・フロントポケット×/〇詳細を見る
6
Millet(ミレー) サースフェー

Millet(ミレー)

サースフェー

水はけの良いドライフォームでいつでも快適21,060円(税込)31-40Lメンズ48-51cm〇/〇フロントポケット××/〇詳細を見る
7
Karrimor(カリマー) リッジ 40 タイプ3

Karrimor(カリマー)

リッジ 40 タイプ3

開口部が大きく、パッキングもラクラク23,220円(税込)40Lメンズ50cm〇/〇フロントポケット××/〇詳細を見る
8
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) Tellus 45

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

Tellus 45

撥水加工ジッパーで、内部への浸水を防止24,840円(税込)41-50Lメンズ43-56cm〇/〇フロントポケット××/〇詳細を見る
9
montbell(モンベル) チャチャパック40 Women's

montbell(モンベル)

チャチャパック40 Women's

女性のボディにピッタリ寄り添う19,980円(税込)40Lレディース45cm〇/〇フロントポケット記載なし×/〇詳細を見る
10
deuter(ドイター) エアコンタクト 65+10

deuter(ドイター)

エアコンタクト 65+10

大量収納しても背負いやすい!縦走にピッタリのタフモデル49,900円(税込)65+10Lメンズ記載なし〇/〇2気室タイプ・フロントアクセス記載なし×/〇詳細を見る
11
OSPREY(オスプレー) アトモスAG 65

OSPREY(オスプレー)

アトモスAG 65

取り外せる雨蓋が便利31,320円(税込)65Lメンズ47.5~53cm〇/〇2気室タイプ・フロントポケット×/×詳細を見る
12
Karrimor(カリマー) ridge40 type1

Karrimor(カリマー)

ridge40 type1

軽量&高耐久なファブリック素材23,220円(税込)31-40Lレディース42cm〇/〇2気室タイプ記載なし×/〇詳細を見る
13
GREGORY(グレゴリー) BALTORO 75

GREGORY(グレゴリー)

BALTORO 75

立体背面システムで背負い心地抜群46,440円(税込)70-75L男女兼用41-51cm〇/〇フロントポケット記載なし×/〇詳細を見る
14
Columbia(コロンビア) イーティーオーピーク45L

Columbia(コロンビア)

イーティーオーピーク45L

ハイドレーションシステム付きでよりアクティブに!19,440円(税込)45L記載なし記載なし〇/〇フロントアクセス記載なし×/〇詳細を見る
15
Karrimor(カリマー) クーガー 45-60

Karrimor(カリマー)

クーガー 45-60

重心が高くフット感抜群で、長時間の山行も快適30,240円(税込)45-60Lメンズ41-50cm〇/〇2気室タイプ・フロントポケット××/×詳細を見る
16
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) Banchee 50 ウィメンズ

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

Banchee 50 ウィメンズ

キュートな女性向けカラーが魅力25,777円(税込)50Lレディース39-50cm〇/〇フロントポケット記載なし×/×詳細を見る
17
Millet(ミレー) ウビック 40

Millet(ミレー)

ウビック 40

耐久性抜群でタフに使える24,840円(税込)31-40Lレディース40cm〇/〇2気室タイプ・フロントポケット記載なし×/〇詳細を見る
18
ARC'TERYX(アークテリクス) アルトラ

ARC'TERYX(アークテリクス)

アルトラ

背面調節機能でメンズもレディースもOK52,800円(税込)62L男女兼用記載なし〇/〇フロントポケット×/×詳細を見る
19
MYSTERY RANCH(ミステリーランチ) クーリー 40

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)

クーリー 40

おしゃれでタウンユースにも最適31,320円(税込)40L男女兼用46-53.5cm〇/〇フロントポケット記載なし×/×詳細を見る
20
BACH(バッハ) SHIELD 35

BACH(バッハ)

SHIELD 35

背面のメッシュパッドがムレを逃がす26,460円(税込)35L記載なし記載なし〇/〇2気室タイプ××/〇詳細を見る

パッキングにはコンプレッションバッグが便利

パッキングする時はシュラフや毛布、防寒具など、かさばるアイテムをまとめるのが大変ですよね。そんなときはコンプレッションバッグが便利。荷物がぎゅっと縮められるので、パッキングが楽になります。気になった方は以下の記事も参考にしてください!

まとめ

今回は人気の高いバックパックをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?機能やフィット感などにこだわりを感じる商品が多く、価格もお手頃なものから高級なものまで幅広くランクインしました。

自分のスタイルに合うバックパックを使えば、たくさんものを詰めても快適に登山ができますよ。この記事を参考に、シーズンや行程、体格などに最適なものを見つけてみてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す