• ウルトラライトバックパックのおすすめ人気ランキング10選【軽いのに機能的!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ウルトラライトバックパックのおすすめ人気ランキング10選【軽いのに機能的!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ウルトラライトバックパックのおすすめ人気ランキング10選【軽いのに機能的!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ウルトラライトバックパックのおすすめ人気ランキング10選【軽いのに機能的!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ウルトラライトバックパックのおすすめ人気ランキング10選【軽いのに機能的!】のアイキャッチ画像5枚目

ウルトラライトバックパックのおすすめ人気ランキング10選【軽いのに機能的!】

装備の軽量化を追求することで、よりアウトドアを楽しむというアメリカ発のカルチャー・「ウルトラライト」。ウルトラライトバックパックはそれに適した、通常の登山用バックパックの約半分程度しか重量のない、軽いバックパックのことです。さまざまなメーカーから発売されており、ウルトラライトそのものと同じく気になっている方も多いですが、上級者向けのアイテムでもあるので、選び方がわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?


そこで今回は、ウルトラライトバックパックの選び方と一緒に、人気商品のランキングをご紹介します!最近では通常の登山用バックパック同様に、快適性や機能性も取り入れた商品がたくさんありますよ。ぜひ使いやすいバックパックを見つけて、ウルトラライトという楽しみ方を満喫しましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,636  views
目次

ウルトラライトバックパックの選び方

それではまず、ウルトラライトバックパックの選び方からおさえておきましょう。

無理に小さくするのはNG!装備や荷物量に見合った容量を選ぼう

無理に小さくするのはNG!装備や荷物量に見合った容量を選ぼう

ウルトラライトバックパックは、その他の装備や荷物も軽量化・コンパクト化していることを前提に使用するもの。そのため通常のバックパックより、容量が控えめになります。


実際に選ぶときは、日帰りなら15リットル以下、山小屋一泊なら20~25リットル程度、山小屋3泊なら30リットル程度が良いでしょう。テント泊でも、できれば50リットル程度に収められると理想です。


なおこの容量の目安は、先述のとおり装備を軽量化・コンパクト化し、上手くパッキングすることを前提としています。バックパックだけをコンパクトなものにしても意味がないので、上記の目安では荷物が収まりそうにないときは、無理せず1サイズ大きめを選びましょう。

フィット感が重要!身体のサイズに合っているか確認しよう

フィット感が重要!身体のサイズに合っているか確認しよう

せっかくウルトラライトバックパックを使っていても、身体のサイズに合わないと、後ろに引っ張られるように感じてしまい軽さを実感できません。できるだけ身体にピタリとフィットしているものを選びましょう。


通販で購入する場合は、商品サイズと自分の身体の各部サイズを照らし合わせて、大きすぎたり小さすぎたりしないか確認してください。また女性の場合、ユニセックス仕様のものだけでなく、女性向けサイズのものもチェックしてみると、フィットするものを選びやすいですよ。


商品によっては、ヒップベルトが調節可能だったり、同じ容量でS・M・Lといったサイズ違いを用意していたりするものもあります。サイズが不安なときは、そういった商品を探すのもおすすめです。

耐久性が軽さの犠牲になっていないか要確認!

耐久性が軽さの犠牲になっていないか要確認!

軽量を追及すると、どうしても耐久性の部分に支障が出る場合もあります。登山やハイキングではバックパックをハードに扱う場面もあるので、生地の耐久性も充分かを確認しましょう。通常の登山なら70~100デニール程度、ハードな縦走を目指すなら200デニール程度の強度は欲しいところです。


またバックパックの場合、底面の丈夫さが特に重要になってきます。メインの生地が70デニール程度でも、底面には200デニールの生地を使用するなど、部分的に使い分けて、耐久性と軽さを両立している商品が理想ですね。

快適に背負える機能性をどこまで取り入れる?

多機能であれば快適に背負えますが、それだけ値段や重さにも反映されてしまうのが悩みどころ。主な機能や、これだけは備わっていてほしい機能について解説します。

衝撃を和らげるパッドは必要!

衝撃を和らげるパッドは必要!

出典:amazon.co.jp

衝撃を和らげるパッドは、備わっていてほしい機能です。パッドがないと中の荷物が背中に直接当たったり、ショルダーが肩に食い込んだりして、痛い思いをしてしまいます。背中やショルダー部分など、軽さの邪魔にならない程度にパッドがついているものを選ぶと良いでしょう。

容量40リットル以上なら、内部フレームがあるほうが快適!

容量40リットル以上なら、内部フレームがあるほうが快適!

出典:amazon.co.jp

容量が40リットル以上になると、パッドに加えて内部フレームもあるほうが快適です。内部フレームがないとバックパックを自立させるのが難しく、荷物をパッキングするのもコツが必要になってしまいます。


ただし内部フレームがあることで、当然ながら重量は増すので、不要な場合は取り外せるようになっていると理想的ですね。

軽さを活かすために、ポケットやストラップは最低限に

ウルトラライトバックパックは、余計な機能をそぎ落とすことによって軽量化を実現しています。ポケットやストラップはその最たるもの。とはいえ必要な場合もあるので、何を持っていくかや、許容できる重量によって有無を選びましょう。


ポールを持っていくなら、ポールストラップはあると便利です。ポケットは手の届く位置に数個程度に収めると、バランスが良いでしょう。多少軽さを犠牲にしてもいいなら、ジップポケットや内部の収納ポケットなどを充実させると、より便利になりますよ。

防水加工よりレインカバーで対処しよう!付属していると便利

防水加工よりレインカバーで対処しよう!付属していると便利

出典:amazon.co.jp

バックパックの多くは、撥水加工が施されています。ウルトラライトバックパックも例外ではありませんが、本格的な防水機能を期待すると重量がかさんでしまうため、防水力は期待しないほうがいいでしょう。


本格的な雨にはレインカバーの使用が必要ですが、バックパックによっては最初から付属しているものもあります。新たにレインカバーを探す必要がないので、付属している商品を見つけられたらベストです。


なお通常のバックパックでよく見られる雨蓋は、雨を防ぐのにはほとんど機能しないので、軽さを追及したいならないほうがいいでしょう。ポケット代わりに使いたい場合は、あってもいいかもしれません。

ウルトラライトバックパックの人気ランキング10選

ここからは、ウルトラライトバックパックの人気ランキング10選をご紹介します。なお「ウルトラライト」の定義はさまざまですが、今回は1000g以下のものをウルトラライトバックパックとして扱いますね。

10位
容量・重量30リットル・780g
サイズ1サイズのみ(女性用)
素材100DLバリスティックナイロントリプルリップストップ ウレタンコーティング・ 210DLバリスティックナイロントリプルリップストップ ウレタンコーティング
機能パッド〇・フレーム×・ポールストラップ・ウエストベルト収納ポケットなど
レインカバー
9位

HYPERLITE MOUNTAIN GEAR2400 WINDRIDER 240・SOUTHWEST PACK

43,200円 (税込)

容量・重量40~50リットル・800g
背面サイズ2サイズあり
素材リップストップキューべンファイバー/50D ポリエステルハイブリッドマテリアル・ダイニーナ X グリッドストップ
機能パッド-・フレーム(アルミ)・メッシュポケット・腰ベルトポケットなど
レインカバー× ※防水性高い
8位
容量・重量41~45リットル・800g
背面サイズ2サイズ(いずれも女性用)
素材ナノフライ210Dナイロン×200D UHMWPE
機能パッド〇・フレーム-・フロントポケットなど
レインカバー×
7位

山と道MINI

25,500円 (税別)

容量・重量25~30リットル・340~407g
背面サイズ1サイズのみ
素材70Dシリコンコーティングリップストップナイロン・XパックLS07・200Dオックスフォードナイロンなど
機能パッド〇・フレーム〇(背面パッド兼用)・伸縮サイドポケット・各種ループなど
レインカバー× ※ポケットには防水性高めの生地・止水ファスナーなど
6位
ウルトラライトバックパック マックパック フィヨルド 40 HW
出典:amazon.co.jp

マックパックフィヨルド 40 HW

MM61808

25,920円 (税込)

容量・重量40リットル・1004g ※雨蓋取り外しにより1000g未満に
サイズ2サイズ
素材100D Nylon Titan Grid・210D Cordura Nylon
機能パッド〇・フレーム〇(サイドパネル)・ポールストラップ・取り外し可能なヒップベルト収納・バンジーベルトなど
レインカバー×
5位
容量・重量32リットル・700g ※容量は他に25・40あり
サイズ1サイズのみ ※調整可
素材210T / HTTF
機能パッド〇・フレーム〇(背面パッド兼用)・メッシュポケット・フロントポケットなど
レインカバー×
4位

グラナイトギアCROWN VC60 タマリロ Regサイズ

2211200054Reg

27,880円 (税込)

容量・重量60リットル・960g
背面サイズ1サイズのみ(適応背面約46~53cm)
素材100Dハイブリッドコーデュラ・210Dコーデュラ
機能パッド〇・フレーム〇・ショルダーポケットなど
レインカバー×
3位

ゴッサマーギアゴリラ

33,500円 (税別)

容量・重量45リットル・863g
サイズ3サイズあり
素材70d Robicリップストップナイロン・100d Robic リップストップナイロン・70d シリコンコーテッドリップストップ
機能パッド〇・フレーム〇・ポールストラップ・フロントポケットなど
レインカバー×
2位
容量・重量30リットル・920g ※容量は他に10・15・20・40あり
背面サイズ1サイズのみ ※調整可・30は女性用サイズあり
素材リップストップナイロン210D・HT オックスフォードナイロン420HD
機能パッド〇・フレーム〇(背面パッド兼用)・ポールストラップ・コード式ヘルメットホルダー・メッシュポケットなど
レインカバー
1位

山と道ONE

35,000円 (税別)

容量・重量50~55リットル・603~823g
背面サイズ5サイズ ※ヒップベルトも4サイズあり
素材70Dシリコンコーティングリップストップナイロン・XパックLS07・200Dオックスフォードナイロンなど
機能パッド〇・フレーム〇(カーボン)・フロント&サイドの大容量ポケット・各種ループなど
レインカバー× ※ポケットには防水性高めの生地・止水ファスナーなど

人気ウルトラライトバックパックの比較一覧表

商品画像
1
ウルトラライトバックパック 山と道 ONE

山と道

2
ウルトラライトバックパック ミレー リュック ベノム 30

ミレー

3
ウルトラライトバックパック ゴッサマーギア ゴリラ

ゴッサマーギア

4
ウルトラライトバックパック グラナイトギア CROWN VC60 タマリロ Regサイズ

グラナイトギア

5
ウルトラライトバックパック OMM Classic 32

OMM

6
ウルトラライトバックパック マックパック フィヨルド 40 HW

マックパック

7
ウルトラライトバックパック 山と道 MINI

山と道

8
ウルトラライトバックパック オスプレー ルミナ45

オスプレー

9
ウルトラライトバックパック HYPERLITE MOUNTAIN GEAR 2400 WINDRIDER 240・SOUTHWEST PACK

HYPERLITE MOUNTAIN GEAR

10
ウルトラライトバックパック モンベル ガレナパック 30

モンベル

商品名

ONE

リュック ベノム 30

ゴリラ

CROWN VC60 タマリロ Regサイズ

Classic 32

フィヨルド 40 HW

MINI

ルミナ45

2400 WINDRIDER 240・SOUTHWEST PACK

ガレナパック 30

特徴カスタムオーダーだからできる細やかさ!待っても手に入れ...ウルトラライトバックパック初心者でも使いやすい!ロングハイクに最適!軽量かつ耐久性抜群60リットルでわずか960g!なのに快適快適な機能性!なのに700gと超軽量アドベンチャーレースを想定しているので、自分なりにカス...軽やかに動ける!上半身の疲労を和らげる工夫も男性用「レヴィティ」を女性用サイズにカスタム!人気商品!大容量で軽く、防水性も◎女性に最適!欲しい機能をあきらめずに軽量化できる
最安値
35,000
送料要確認
詳細を見る
要確認
33,500
送料要確認
詳細を見る
24,980
送料別
詳細を見る
15,400
送料無料
詳細を見る
25,920
送料要確認
詳細を見る
25,500
送料要確認
詳細を見る
23,750
送料別
詳細を見る
43,200
送料要確認
詳細を見る
9,953
送料要確認
詳細を見る
容量・重量50~55リットル・603~823g30リットル・920g ※容量は他に10・15・20・40あり45リットル・863g60リットル・960g32リットル・700g ※容量は他に25・40あり40リットル・1004g ※雨蓋取り外しにより1000g未満に25~30リットル・340~407g41~45リットル・800g40~50リットル・800g30リットル・780g
背面サイズ5サイズ ※ヒップベルトも4サイズあり1サイズのみ ※調整可・30は女性用サイズあり3サイズあり1サイズのみ(適応背面約46~53cm)1サイズのみ ※調整可2サイズ1サイズのみ2サイズ(いずれも女性用)2サイズあり1サイズのみ(女性用)
素材70Dシリコンコーティングリップストップナイロン・XパックLS07・200Dオックスフォードナイロンなどリップストップナイロン210D・HT オックスフォードナイロン420HD70d Robicリップストップナイロン・100d Robic リップストップナイロン・70d シリコンコーテッドリップストップ100Dハイブリッドコーデュラ・210Dコーデュラ210T / HTTF100D Nylon Titan Grid・210D Cordura Nylon70Dシリコンコーティングリップストップナイロン・XパックLS07・200Dオックスフォードナイロンなどナノフライ210Dナイロン×200D UHMWPEリップストップキューべンファイバー/50D ポリエステルハイブリッドマテリアル・ダイニーナ X グリッドストップ100DLバリスティックナイロントリプルリップストップ ウレタンコーティング・ 210DLバリスティックナイロントリプルリップストップ ウレタンコーティング
機能パッド〇・フレーム〇(カーボン)・フロント&サイドの大容量ポケット・各種ループなどパッド〇・フレーム〇(背面パッド兼用)・ポールストラップ・コード式ヘルメットホルダー・メッシュポケットなどパッド〇・フレーム〇・ポールストラップ・フロントポケットなどパッド〇・フレーム〇・ショルダーポケットなどパッド〇・フレーム〇(背面パッド兼用)・メッシュポケット・フロントポケットなどパッド〇・フレーム〇(サイドパネル)・ポールストラップ・取り外し可能なヒップベルト収納・バンジーベルトなどパッド〇・フレーム〇(背面パッド兼用)・伸縮サイドポケット・各種ループなどパッド〇・フレーム-・フロントポケットなどパッド-・フレーム(アルミ)・メッシュポケット・腰ベルトポケットなどパッド〇・フレーム×・ポールストラップ・ウエストベルト収納ポケットなど
レインカバー× ※ポケットには防水性高めの生地・止水ファスナーなど××××× ※ポケットには防水性高めの生地・止水ファスナーなど×× ※防水性高い
商品リンク

まとめ

いかがでしたか?ウルトラライトバックパックは、登山上級者だけが使える特別なアイテムから、初心者でも使いやすいアイテムに変わりつつあります。ぜひ使いやすいウルトラライトバックパックを手に入れて、快適なアウトドアを楽しんでください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事