1. TOP
  2. >
  3. アウトドア
  4. >
  5. アウトドアグッズ
  6. >
  7. スクイズボトルのおすすめ人気ランキング15選【保冷効果のあるタイプも】
  • スクイズボトルのおすすめ人気ランキング15選【保冷効果のあるタイプも】のアイキャッチ画像1枚目
  • スクイズボトルのおすすめ人気ランキング15選【保冷効果のあるタイプも】のアイキャッチ画像2枚目
  • スクイズボトルのおすすめ人気ランキング15選【保冷効果のあるタイプも】のアイキャッチ画像3枚目
  • スクイズボトルのおすすめ人気ランキング15選【保冷効果のあるタイプも】のアイキャッチ画像4枚目
  • スクイズボトルのおすすめ人気ランキング15選【保冷効果のあるタイプも】のアイキャッチ画像5枚目

スクイズボトルのおすすめ人気ランキング15選【保冷効果のあるタイプも】

スポーツに欠かせない水分補給をスムーズにしてくれる「スクイズボトル」。水筒より軽く、片手でボトルを握って飲み物を押し出すだけの手軽さが魅力です。しかし500mlから1Lまでと容量もまちまちで、保冷ができるタイプやくびれたデザインのものなど、商品は多種多様。本当に使い勝手がいいのはどれなのかと迷いますよね。


そこで今回はスクイズボトルの選び方とともに、人気の商品をランキング形式でご紹介します。ポカリスエットやナイキなどの有名ブランドや、洗いやすいタイプまで幅広くランクイン!サッカー・ランニング・ジムでのトレーニングなど、使うシーンに合わせてぴったりのものを選んでくださいね!

  • 最終更新日:2020年05月21日
  • 45,308  views
目次

素早くカンタンに水分補給したいときはスクイズボトル!

素早くカンタンに水分補給したいときはスクイズボトル!

ボトルをぎゅっと握ると、中の飲み物が出てくるスクイズボトルは、アスリートが走りながらでも飲めるよう、手に馴染んで飲みやすいデザインが特徴です。サッカーやラグビーのようなスポーツのハーフタイムや、マラソンの給水にピッタリ。


ポリエチレンなどの軽量素材のおかげでバツグンに軽く、移動時の持ち運びやすさも魅力。価格も400円〜1500円程度とリーズナブルで、部活やチームでまとめ買いが必要なときも便利です。


最近ではフィットネスジムでスクイズボトルを携帯する人も増え、ダイエットや健康管理の際も需要が高まっています。 スポーツでもアウトドアでも、活動を妨げないスムーズな水分補給として、ぜひ取り入れてください。

スクイズボトルの選び方

ここからはさっそく、スクイズボトルの選び方のポイントを見ていきましょう。

容量は用途にあわせて。氷を入れるなら570mlなどの絶妙サイズを

容量は用途にあわせて。氷を入れるなら570mlなどの絶妙サイズを

スクイズボトルの容量は500ml前後〜1000mlまでが一般的。軽くランニングする程度なら500~600ml、部活やジムなどでしっかり身体を動かすときは1000mlがおすすめです。またポカリスエットなど粉末からドリンクを作りたいなら、1000mlサイズを選びましょう。


500mlのペットボトルを移し替えて氷を加えたいときは、570mlや700mlなど絶妙な容量の商品も要チェック。何のスポーツをどのくらいの時間行うのか、氷を入れて冷やして飲むのかなど、使う目的に合わせて選んでくださいね。

ワンタッチ式は手軽で◎。屋外にはオーバーキャップを

ワンタッチ式は手軽で◎。屋外にはオーバーキャップを

素早く水分補給をしたいなら、手軽なワンタッチ式のキャップがおすすめ。キャップを開けると同時に飲み口が引き上げられる優れもので、開けてすぐ飲めるだけでなく、歯や指で押し上げずに済むので衛生的ですよ。


また、汚れの付着や衛生面が気になるなら、オーバーキャップにも注目!外側にキャップがあることで、飲み口がむき出しになっておらず、しっかりカバーしてくれます。


スクイズボトルの使い勝手を大きく左右するパーツで、キャップの形状が製品によって違いがあります。スムーズに開けられるか、密閉性や耐久性は高いか等、確認しておきましょう。

機能的なデザインに注目。くびれデザインは握りやすく飲みやすい

機能的なデザインに注目。くびれデザインは握りやすく飲みやすい

くびれがついていると、汗がついた濡れた手で持っても、しっかりとグリップすることができます。動きながら給水するランニングやサイクリングを楽しむ際は必須レベルの機能です。


また、くびれデザインに加えプラスαの機能もチェック。握る部分にラバー素材を使用することでしっかりホールドできるタイプや、部分的に凹凸がついて押しつぶしやすいタイプなど、さまざまな商品が発売されています。機能性に迷った際は、ナイキやアシックスなど、スポーツメーカーが開発したボトルは、十分な機能を備えているのでおすすめです。

広口タイプはお手入れ楽チン。急冷にも◎

広口タイプはお手入れ楽チン。急冷にも◎

お手入れのしやすさを重視するなら、広口タイプのボトルをチョイス。特に雑菌が増えやすい夏場は中までしっかり洗いたいですよね。そんなとき広口のものであれば、スポンジや手を奥まで入れて洗いやすくなりますよ。


また広口タイプはコンビニなどで売っているロック氷も削らずにそのまま入るので、急遽スポーツドリンクを冷やしたいときにもピッタリ。中に飲み物を入れる際も、こぼれにくく、何かとストレスフリーで便利です。

冷たさをキープするなら二重構造タイプを。保冷カバーの使用も◎

冷たさをキープするなら二重構造タイプを。保冷カバーの使用も◎

「できるだけ冷えたものが飲みたい」という人は、二重構造で保冷機能があるものがベスト。水筒にはおよばないものの、ある程度冷たさをキープすることができます。ただし若干重さがでてしまうため、手でボトルを持つ時間の長いランナーには不向き。


もしシングルウォールタイプで温度を保ちたいなら、専用の保冷カバーをあわせて使うのがおすすめです。カバーを付けていると中身が一緒でも友達と区別がつきやすいですよ。デザインや保冷性、その他の機能性といった選び方とおすすめの商品を以下で紹介していますので、ぜひチェックしてください。

水分量の調整にはクリアタイプや半透明タイプがおすすめ

水分量の調整にはクリアタイプや半透明タイプがおすすめ

運動中の水分補給も計算して取り組みたい、そんなときは中身が見えて水分調整しやすいクリアタイプのスクイズボトルがおすすめです。残量を目視でとらえることができ、飲む量をコントロールしやすいのが魅力。


特に大量に汗をかく夏場の水分補給はとても大切。「飲みたいときに飲めない」という事態を避けるためにも、クリアボトルはひとつ持っておくと便利。デザイン性も高い商品が多いので、普段の持ち運びにもおすすめです。

スクイズボトルのおすすめ人気ランキング15選

人気のスクイズボトルをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月8日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしました。

15位
容量500ml
くびれ
キャップオーバーキャップ式
間口-
二重構造-
クリア・半透明-
素材熱可塑性エラストマー・ABS樹脂・シリコーン
14位
容量1L
くびれ
キャップワンタッチ式
間口広口
二重構造採用(カバー装着時)
クリア・半透明-
素材-
13位
容量1L
くびれ
キャップワンタッチ式
間口広口
二重構造-
クリア・半透明-
素材-
12位

NIKE(ナイキ)ハイパーフューエル ウォーターボトル

HY6001

990円 (税込)

容量709ml
くびれ
キャップ-
間口広口
二重構造-
クリア・半透明-
素材ポリエチレン・ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー
11位
容量1L
くびれ
キャップワンタッチ式
間口広口
二重構造採用(カバー装着時)
クリア・半透明-
素材-
10位
容量800ml
くびれ
キャップ-
間口広口
二重構造-
クリア・半透明-
素材ポリエチレン
9位
容量530ml
くびれ
キャップ-
間口広口
二重構造採用
クリア・半透明クリア
素材ABS樹脂・ポリエチレン・PETG・シリコン・TPU
8位
容量-
くびれ
キャップオーバーキャップ式
間口広口
二重構造-
クリア・半透明-
素材高密度ポリエチレン・シリコンゴム
7位
容量約720ml
くびれ
キャップ-
間口広口
二重構造-
クリア・半透明クリア
素材ポリエチレン
6位
容量946ml
くびれ
キャッププッシュプル式
間口広口
二重構造-
クリア・半透明-
素材ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコン
5位
容量1L
くびれ
キャップ-
間口広口
二重構造-
クリア・半透明半透明
素材ポリエチレン
4位
容量1L
くびれ
キャップオーバーキャップ式
間口広口
二重構造-
クリア・半透明-
素材ポリエチレン・ポリプロピレン
3位
容量1L
くびれ
キャップオーバーキャップ式
間口広口
二重構造-
クリア・半透明-
素材-
2位
容量1L
くびれ
キャップオーバーキャップ式
間口広口
二重構造-
クリア・半透明-
素材ポリエチレン・ポリプロピレン
1位
容量1L
くびれ
キャップオーバーキャップ式
間口広口
二重構造-
クリア・半透明-
素材ポリエチレン・ポリプロピレン

人気スクイズボトル比較一覧表

商品画像
1
スクイズボトル ドウシシャ アクエリアス スクイズボトル 1枚目

ドウシシャ

2
スクイズボトル 大塚製薬 エネルゲン スクイズボトル 1枚目

大塚製薬

3
スクイズボトル 大塚製薬 ポカリスエット スクイズボトル 1枚目

大塚製薬

4
スクイズボトル 明治 ザバス スクイズボトル 1枚目

明治

5
スクイズボトル ロイヤル ウォーターボトル 1枚目

ロイヤル

6
スクイズボトル NIKE(ナイキ) ビッグマウス ボトル 1枚目

NIKE(ナイキ)

7
スクイズボトル デサント スクイズボトル 1枚目

デサント

8
スクイズボトル VOLUME スクイズボトル 1枚目

VOLUME

9
スクイズボトル 大作商事 ドリンクミスト

大作商事

10
スクイズボトル スポルディング・ジャパン スクイズボトル 1枚目

スポルディング・ジャパン

11
スクイズボトル ANCHOR シールド保冷ボトル 1枚目

ANCHOR

12
スクイズボトル NIKE(ナイキ) ハイパーフューエル ウォーターボトル 1枚目

NIKE(ナイキ)

13
スクイズボトル ドーム スーパースクイズボトル

ドーム

14
スクイズボトル ANCHOR スクイズボトル 1枚目

ANCHOR

15
スクイズボトル ゴールドウイン ランニングソフトボトル500 1枚目

ゴールドウイン

商品名

アクエリアス スクイズボトル

エネルゲン スクイズボトル

ポカリスエット スクイズボトル

ザバス スクイズボトル

ウォーターボトル

ビッグマウス ボトル

スクイズボトル

スクイズボトル

ドリンクミスト

スクイズボトル

シールド保冷ボトル

ハイパーフューエル ウォーターボトル

スーパースクイズボトル

スクイズボトル

ランニングソフトボトル500

特徴アクエリアス パウダーとの併用もおすすめ!「エネルゲン」のボトル。飲み口に触れずに飲めるポカリスエットらしいスタイリッシュなデザイン目立つ赤いボディ×白のロゴがクール!半透明で中身が見える!プッシュプル飲み口採用で素早く飲める目盛りつきで残量を把握しやすい色もデザインもポップでおしゃれ!ミスト噴出機能が嬉しい!外からもクールダウンできる優れものキャップなしタイプなので取り出してすぐ飲めるカバー装着で冷たさを3時間もキープ!結露も防げる飲みやすく中身もこぼれない!スピーディーに飲みたいならコレ片手で持ちやすいスクイズボトル飲み物を冷たいまま保てる専用カバーつきやわらか素材でレース中の水分補給に便利
最安値
509
送料別
詳細を見る
350
送料別
詳細を見る
341
送料別
詳細を見る
387
送料無料
詳細を見る
386
送料別
詳細を見る
789
送料要確認
詳細を見る
660
送料別
詳細を見る
1,056
送料別
詳細を見る
2,112
送料別
詳細を見る
790
送料別
詳細を見る
990
送料要確認
詳細を見る
500
送料要確認
詳細を見る
2,750
送料無料
詳細を見る
2,772
送料別
詳細を見る
容量1L1L1L1L1L946ml約720ml-530ml800ml1L709ml1L1L500ml
くびれ
キャップオーバーキャップ式オーバーキャップ式オーバーキャップ式オーバーキャップ式-プッシュプル式-オーバーキャップ式--ワンタッチ式-ワンタッチ式ワンタッチ式オーバーキャップ式
間口広口広口広口広口広口広口広口広口広口広口広口広口広口広口-
二重構造--------採用-採用(カバー装着時)--採用(カバー装着時)-
クリア・半透明----半透明-クリア-クリア------
素材ポリエチレン・ポリプロピレンポリエチレン・ポリプロピレン-ポリエチレン・ポリプロピレンポリエチレンポリエチレン・ポリプロピレン・シリコンポリエチレン高密度ポリエチレン・シリコンゴムABS樹脂・ポリエチレン・PETG・シリコン・TPUポリエチレン-ポリエチレン・ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー--熱可塑性エラストマー・ABS樹脂・シリコーン
商品リンク

まだまだある!水分補給に役立つアイテム

ペットボトルのような手軽さながら繰り返し使えるスクイズボトル。以下の記事では、スクイズボトルのように、手軽に水分補給ができるアイテムを紹介していますよ。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

さまざまなタイプのスクイズボトルをご紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたか?見た目もスタイリッシュなものが多いので、周りとかぶらないデザインを選びたいですね。自分にとって使いやすいスクイズボトルを見つけて、より快適にスポーツを楽しみましょう!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す