• 栗焼酎のおすすめ人気ランキング7選【ダバダ・夢栗も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 栗焼酎のおすすめ人気ランキング7選【ダバダ・夢栗も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 栗焼酎のおすすめ人気ランキング7選【ダバダ・夢栗も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 栗焼酎のおすすめ人気ランキング7選【ダバダ・夢栗も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 栗焼酎のおすすめ人気ランキング7選【ダバダ・夢栗も!】のアイキャッチ画像5枚目

栗焼酎のおすすめ人気ランキング7選【ダバダ・夢栗も!】

麦や芋とは異なる、まろやかな甘みと栗の香りが特徴的な栗焼酎。居酒屋などにはなかなか置いておらず、知る人ぞ知る焼酎といった感じですね。多くが四国で造られているそうですが、無手無冠のダバダ火振や姫囃子のくり焼酎、原料の栗使用率が85%あるという仙頭酒造場の夢栗(むっくり)などのいろいろな銘柄があるため、迷ってしまいますよね。

そこで今回は通販で購入できる商品の中から、おすすめの人気栗焼酎をランキング形式でご紹介します。初めて飲む方にも、そうでない方にも、選びやすいポイントをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。
  • 最終更新日:2019年06月10日
  • 26,770  views
目次

栗焼酎とは

栗焼酎とは
米や芋で作られる焼酎と比べて栗焼酎は比較的新しく、昭和50年代ころから造られ始めたと言われています。日本で初めて栗焼酎を造ったのは、現在まで続いている焼酎メーカーである姫囃子。栗の産地第3位である愛媛のメーカーで、四国で唯一焼酎を専門に造っています。今でも栗焼酎を醸造しているメーカーは四国に集中していますが、最近は全国の栗の産地でその土地の栗を使った焼酎が幅広く造られるようになりました。

栗焼酎の最大の特徴は、飲んだ後に立ち上る栗独特の甘い香りと、飲み口のまろやかさ。ロックやストレートで飲んでも十分おいしいのがうれしいですよね。割るために砂糖をたっぷり使ったシロップやジュースを使わなくていいので、お酒が好きだけどダイエットはしたい、最近血糖値やカロリーが気になる…そんな人にでもおすすめできます。

栗焼酎の選び方

それでは、早速栗焼酎の選び方を見ていきましょう。焼酎の基礎から栗焼酎独特のポイントまでご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

単式蒸留(旧乙類)か連続式蒸留(旧甲類)かで選ぶ

焼酎は、蒸留の方法によって単式蒸留焼酎と連続式蒸留焼酎の2種類に分けられます。かつてはそれぞれ、単式蒸留焼酎は乙類、連続式蒸留焼酎は甲類とも呼ばれていました。まずはこの種類の違いについて見ていきましょう。

単式蒸留焼酎なら常圧蒸留か減圧蒸留かで選ぶ

単式蒸留焼酎なら常圧蒸留か減圧蒸留かで選ぶ
単式蒸留焼酎は別名本格焼酎とも呼ばれ、単式蒸留によって造られるアルコール度数が45%以下のものを指します。こちらは日本に昔からある造り方で、素材の味や香りが残りやすく、コクのある焼酎が出来上がります。

単式蒸留という蒸留方法は、圧力の違いによってさらに常圧蒸留と減圧蒸留の2つに分けられます。蒸留方法によって抽出される成分が異なるので、風味も大きく変わってきます。常圧蒸留は古くから行われて来たシンプルな方法で、通常の圧力下で行われるのが特徴的。焼酎の素となる液体に熱を加えると、89℃くらいからアルコールが蒸発を始めるので、90~100℃の状態で蒸留を終了させます。出てきた蒸気を集めて冷やすと、それが焼酎の原酒となります。この方法だと素材の味がそのまま焼酎に現れやすくなりますよ。

一方で新しい方法である減圧蒸留(低温蒸留とも)はその名の通り、空気を抜いて減圧した状態で行います。減圧されると沸点も低くなり、40~50℃くらいを沸点として蒸留を終えます。すると素材の味は強くは出ませんが、軽快な飲み口の焼酎に仕上がります。同じ乙類でも蒸留方法によって風味や口当たりが全く異なるので、蒸留方法にも注目してみるといいですね。

どちらの方法であっても、単式蒸留焼酎は連続式蒸留焼酎に比べて一度の作業で出来る焼酎の量が少ないため、価格は高めとなります。しかし、しっかりとした味わいでロックやお湯割りなどシンプルな方法で楽しめるのが特徴です。ちなみに、今回ご紹介する栗焼酎は全てこちらの単式蒸留焼酎ですので、押さえておいてくださいね。

割って飲むなら連続式蒸留焼酎がおすすめ

割って飲むなら連続式蒸留焼酎がおすすめ
一方の連続式蒸留焼酎は、その名の通り連続して蒸留を行う方法で造られる、アルコール度数36%未満のものを指します。栗特有の香りはほとんどせず、すっきりとした味わいが特徴となります。そのため、サイダーやジュースなどで割って飲むのにも向いていますよ。値段も安めで、手を出しやすい焼酎だと言えるでしょう。単式蒸留のものより風味は劣りますが、カロリーも少ないのでダイエットをしている人にもおすすめできます。

栗の産地で選ぶ

栗の産地で選ぶ
栗焼酎の産地は栗の産地であることも多く、その土地の栗を使った焼酎を造っていることも少なくありません。例えば、先ほども挙げた姫囃子の栗焼酎は、愛媛県産の栗を100%使用しています。また、兵庫県の「丹波栗」や愛媛の名産「城川栗」、年に三度実をつけるという「三度栗」の伝説がある高知県四万十の栗など、名のある栗を使った焼酎もあります。栗の品種についてはパッケージなどに記載されていることも多いので、こちらも確認してみてくださいね。

パッケージやボトルデザインもチェック

パッケージやボトルデザインもチェック
なかなかお目にかからず、珍しいためお土産や贈り物としても考えられる栗焼酎。そんな時に見ておきたいのがパッケージや外箱、ボトルのデザインなどです。メーカーや商品によっては、木箱に入っていたりかわいらしいボトルデザインだったりと、さまざまなパッケージの栗焼酎もあります。せっかく人に贈るなら、見た目にも気を遣いたいですよね。

栗焼酎のおすすめ人気ランキング7選

ここからはいよいよ、栗焼酎のおすすめ人気ランキングをご紹介します。先ほどご紹介した選び方を参考に、お気に入りの栗焼酎を見つけてくださいね。
7位
ブランド土佐鶴酒造
産地高知県
種類単式蒸留焼酎
蒸留方法-
原材料栗・米・米麹
栗の品種・産地高知県四万十
パッケージ化粧箱あり
6位
ブランド神楽酒造
産地宮崎県
種類単式蒸留焼酎
蒸留方法減圧蒸留
原材料麦・米麹・栗
栗の品種・産地天津栗(詳しい産地は不明)
パッケージ-
5位
ブランド仙頭酒造場
産地高知県
種類単式蒸留焼酎
蒸留方法-
原材料栗・米麹
栗の品種・産地-
パッケージ化粧箱あり
4位
栗焼酎 無手無冠 ダバダ火振35° 四万十大正 1枚目
出典:amazon.co.jp

無手無冠ダバダ火振35° 四万十大正

5,210円 (税込)

ブランド無手無冠
産地高知県
種類単式蒸留焼酎
蒸留方法減圧蒸留
原材料栗・米麹
栗の品種・産地高知県北幡地域
パッケージ化粧箱付
3位
栗焼酎 西山酒造場 小鼓 丹波焼酎 栗焼酎 古丹波 1枚目
出典:amazon.co.jp

西山酒造場小鼓 丹波焼酎 栗焼酎 古丹波

2,380円 (税込)

ブランド西山酒造場
産地兵庫県
種類単式蒸留焼酎
蒸留方法-
原材料米・栗・米麹
栗の品種・産地丹波栗(兵庫県丹波)
パッケージ芸術家・綿貫宏介氏デザイン
2位
ブランド姫囃子
産地愛媛県
種類単式蒸留焼酎
蒸留方法減圧蒸留に常圧蒸留の原酒をプラス
原材料栗、麦、麦麹
栗の品種・産地城川栗(愛媛県西予市城川)
パッケージ-
1位
ブランド無手無冠
産地高知県
種類単式蒸留焼酎
蒸留方法減圧蒸留
原材料栗・麦・米
栗の品種・産地高知県北幡地域
パッケージ-

おすすめ人気 栗焼酎の比較一覧表

商品画像
1
栗焼酎 無手無冠 ダバダ火振 1枚目

無手無冠

2
栗焼酎 媛囃子 くり焼酎 囃 1枚目

媛囃子

3
栗焼酎 西山酒造場 小鼓 丹波焼酎 栗焼酎 古丹波 1枚目

西山酒造場

4
栗焼酎 無手無冠 ダバダ火振35° 四万十大正 1枚目

無手無冠

5
栗焼酎 仙頭酒造場 栗焼酎 夢栗 1枚目

仙頭酒造場

6
栗焼酎 神楽酒造 栗天照 1枚目

神楽酒造

7
栗焼酎 土佐鶴酒造 四万十栗の栗焼酎 1枚目

土佐鶴酒造

商品名

ダバダ火振

くり焼酎 囃

小鼓 丹波焼酎 栗焼酎 古丹波

ダバダ火振35° 四万十大正

栗焼酎 夢栗

栗天照

四万十栗の栗焼酎

特徴栗焼酎といったらこれ!定番のダバダ火振日本最初の栗焼酎モンドセレクション金賞!丹波栗の焼酎ダバダ火振の長期熟成品驚きの栗の使用率85%!コスパ最高!初めてでも手を出しやすい栗焼酎高知県四万十産の栗を使用した栗焼酎
価格2,246円(税込)2,777円(税込)2,380円(税込)5,210円(税込)2,330円(税込)1,880円(税込)1,950円(税込)
ブランド無手無冠姫囃子西山酒造場無手無冠仙頭酒造場神楽酒造土佐鶴酒造
産地高知県愛媛県兵庫県高知県高知県宮崎県高知県
種類単式蒸留焼酎単式蒸留焼酎単式蒸留焼酎単式蒸留焼酎単式蒸留焼酎単式蒸留焼酎単式蒸留焼酎
蒸留方法減圧蒸留減圧蒸留に常圧蒸留の原酒をプラス-減圧蒸留-減圧蒸留-
原材料栗・麦・米栗、麦、麦麹米・栗・米麹栗・米麹栗・米麹麦・米麹・栗栗・米・米麹
栗の品種・産地高知県北幡地域城川栗(愛媛県西予市城川)丹波栗(兵庫県丹波)高知県北幡地域-天津栗(詳しい産地は不明)高知県四万十
パッケージ--芸術家・綿貫宏介氏デザイン化粧箱付化粧箱あり-化粧箱あり
商品リンク

おすすめの栗焼酎の飲み方

そのままでもシンプルに楽しめるのが魅力の栗焼酎。よりおいしく、そしてヘルシーに飲むために、最後におすすめの飲み方をご紹介します。

お酒に強い方におすすめの「常温ストレート」

お酒に強い方におすすめの「常温ストレート」
氷を入れてオンザロックにするとせっかくの香りが抑えられてしまうので、常温ストレートで飲んだ方が栗焼酎本来の味わいを楽しめます。常温だとアルコールをあまり感じず、口にふくむと香りと甘さがほのかに香ってくるよう。ただしアルコール度数は高くなるので、お酒に強い方におすすめの飲み方ですね。

より香りを楽しみたいなら「常温水割り」

より香りを楽しみたいなら「常温水割り」
ストレートだとちょっとアルコールがきつすぎる…という人には、水割りがおすすめです。栗焼酎:水が、2:3~1:3くらいがちょうどいいかと思います。ストレートより香りが開く感じで、しっかりと香りを味わえるので、氷はできれば入れない方がいいでしょう。

体が芯まで温まる「お湯割り」

体が芯まで温まる「お湯割り」
栗焼酎の香りが解放され、強く感じられるのがお湯割りです。焼酎はたいていお湯割りにすると香りや風味が強く感じられますが、香りに特徴のある栗焼酎には最適の飲み方。心も身体も温まりますし、栗の香りも存分に味わえるので、満足度も高いと思いますよ。

栗焼酎を使ったこんな商品も

ダバダ火振で最も知られている無手無冠からは、栗焼酎を利用した面白い商品も!それがこちらのダバダロゼです。栗焼酎と地元の紫芋で作られたこちらは薔薇色をしていますが、人工着色料等は一切使われておらず、紫芋だけでこれだけの色を出しています。

オンザロックにすると、ピンク色が際立ってとってもおしゃれなこちら。栗の香りと甘さとともに芋の風味も楽しめますので、ご興味がある方はぜひこちらも試してみてくださいね!
栗焼酎 無手無冠 ダバダロゼ 栗・芋混合焼酎 1枚目
出典:amazon.co.jp

無手無冠ダバダロゼ 栗・芋混合焼酎

2,699円 (税込)

栗焼酎の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、栗焼酎の楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

おすすめの栗焼酎をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。栗焼酎は、芋焼酎や麦焼酎に飽きて新しい焼酎に挑戦したい、飲みやすい焼酎にチャレンジしてみたいという方にもおすすめですし、ロックやストレートでも飲みやすいので健康に気を遣っていたり、カロリーが気になったりしている方にも合っていると思います。今回ご紹介した選び方やランキングを参考に、自分に合う栗焼酎を見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す