• 【本格BBQを手軽に!】七輪のおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【本格BBQを手軽に!】七輪のおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【本格BBQを手軽に!】七輪のおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【本格BBQを手軽に!】七輪のおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【本格BBQを手軽に!】七輪のおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像5枚目

【本格BBQを手軽に!】七輪のおすすめ人気ランキング15選

自宅で手軽に、炭火焼ができるアイテムといえば「七輪」です。いつもの焼肉や野菜、魚料理も七輪を使うことでこんがりふっくらとした仕上がりに。大きく、がっちりしたものを想像しがちですが、最近は一人用の卓上サイズや、おしゃれなデザインのものも多くなっており、一般家庭や若者からも人気を集めています。とはいえ、素材や形状なども様々なので、選ぶのが難しいという方も多いはず。


そこで今回は、七輪の選び方を解説するとともに、おすすめの七輪をランキング形式でご紹介していきます。ぜひ、自分にぴったりの七輪を見つけてみてくださいね。

  • 最終更新日:2020年05月14日
  • 115,925  views
目次

ガスとどう違う?七輪の魅力とは

ガスとどう違う?七輪の魅力とは

七輪といえば、ガスではなく炭火で食材を焼くのが特徴。炭火で食材を焼くと、旨味を出すのに重要とされる赤外線量が、ガスを使用した時の約4倍にもなると言われます。また、赤外線は、食材の表面を素早く硬化させるため、外はパリッと、中はホカホカの食感を味わえるのも炭火ならではです。


また、通常珪藻土で作られる七輪は、熱を持つと七輪本体から遠赤外線を放出するため、バーベーキューコンロに比べ炭の量が少なくてすむのも嬉しいポイント。同じ炭火でも七輪の方がコストパフォーマンスもよく、出来上がりも美味しくなりますよ。


そして、忘れてはならないのが、炭火ならではの香り。お酒のおつまみや焼肉など、炭火の香りが季節の雰囲気を感じさせてくれるのも、七輪の魅力の1つです。

七輪の選び方

ここからは、七輪の選び方を解説していきます。使う目的や利用スタイルによって選ぶべきアイテムが違ってくるので、しっかりとチェックしておきましょう。

用途に合わせて形を選ぶ

七輪は「丸形」、「角型」、「正角(しょうかく)」の3種類があり、それぞれに特徴が異なります。

炭の量が少なくてすむ「丸形」は、一人用におすすめ

炭の量が少なくてすむ「丸形」は、一人用におすすめ

出典:amazon.co.jp

一番ベーシックな形として知られる「丸形」。七輪と聞いて一番に思い浮かぶのこちらの形は、「ラッパ型」としても親しまれる昔ながらの七輪です。名前の通り、上から見ると丸い形状をしているため、鍋やフライパンなどを乗せるのにも適しており、煮物や炒め物をする際に便利なアイテムです。


また、筒状の形状のため熱がこもりやすく、炭の量が少なくて済むのも丸型ならでは。サイズも大きいものから小さいものまで幅広いので、1人用の七輪としても最適です。ただし、魚を焼くときに尻尾がはみ出てしまうことも。1人用の小さいモデルの場合、魚を焼くのには適さない場合があります。

卓上用やバーベキュー用におすすめな「角型」

卓上用やバーベキュー用におすすめな「角型」

出典:amazon.co.jp

角型の七輪は、横長で焼面を広くしたフラットなタイプで、高さも低く、卓上で使うのに適しています。長い魚も尻尾まで乗るので焼き魚を楽しみたいという方は、角型の七輪を検討してみると良いでしょう。また、中心部分と端部分で火力に差が出るため、バーベキューにもぴったり。焦げそうな食材は端に避けておくこともできます。


ただし、フライパンや鍋で料理をする場合には向かない場合も。丸型や正形に比べ、炭の量も多く必要とするので、大人数でのバーベキューなど、使える場面は限られそうです。

焼き物・煮物を選ばない「正角」

焼き物・煮物を選ばない「正角」

名の通り、縦と横の長さが同じ「正形」は、焼き物と煮物に兼用できる、いわば丸型と角型のいいとこ取りをした七輪です。コンパクトなサイズのものが多いため、収納もしやすく置き場所も取りにくいのも嬉しいポイント。もちろん、卓上で使うこともできますよ。


ただし、職人の手作業によって作られる正角の七輪は、サイズに関わらず値段は高め。その分、ガッシリしていて高級感や安定感があるので、長く使いたいという方にはぴったりの七輪といえます。

値段や耐久性は「つくり」をチェック

七輪には、作り方も大きく分けて「切り出し」と「練り」の2種類があります。作り方によって、値段や耐久性が異なるので、用途や予算に合った作りの七輪を選びましょう。

丈夫で長持ちする切り出しタイプは、プロや上級者向け

丈夫で長持ちする切り出しタイプは、プロや上級者向け

出典:amazon.co.jp

「切り出し」タイプは、七輪の素材となる珪藻土の塊を丸ごと切り出し、技術者が手作業によって形を整えて作られます。手作業によって作られる七輪は、より一層食材の旨味を生かす調理ができるとされ、料亭で用いられることも。


ただし、その分値段は高め。一回限りしか使わないという方には不向きな場合もあるので、長く使うという方は切り出しタイプを検討してみると良いかもしれませんね。

コスパの良い練り製は初心者やイベント用に

コスパの良い練り製は初心者やイベント用に

出典:amazon.co.jp

「練り製」の七輪は、一度粉砕した珪藻土を型にはめて作られます。切り出しタイプより比較的安価なので、初心者の方や季節のイベント用に購入したいという方は、練り製を選んでおけば問題ないでしょう。


ただし、一度粉砕したものを固めているので、ヒビ割れが起こりやすいという難点も。切り出しタイプに比べて耐久性は劣るので、長く使いたいという方には向かない場合もあります。

軽くて頑丈!アウトドアなら金属製の七輪もおすすめ

軽くて頑丈!アウトドアなら金属製の七輪もおすすめ

出典:amazon.co.jp

本来、珪藻土で作られる七輪ですが、最近では金属製のものも多くなっています。珪藻土で作られる七輪に比べ、金属製の七輪は軽量で頑丈なのが魅力。アウトドアシーンで使うなら、持ち運びもしやすく、落としてしまった時や倒れてしまった時に、割れる心配もありません。


ただし、珪藻土ならではの赤外線が発生しないという難点も。機能的には通常のBBQコンロとそこまで変わらないので、七輪の雰囲気だけでも楽しみたいという方にはぴったりですよ。

利用人数に合わせてサイズを決めよう

利用人数に合わせてサイズを決めよう

出典:amazon.co.jp

1人で七輪を使う場合は、直径12cmほどの丸型、もしくは、12cm×12cmの正角があれば十分料理を楽しめますよ。2〜3人なら、丸型で直径21cm、角型で31cm×18cmを目安にして選びましょう。


4人以上の大人数の場合は、丸型では物足りなくなってしまうので、バーベキュー用の45cm×25cmサイズの角型を検討してみると良いでしょう。場合によっては、丸型を2.3個持ち寄って楽しむのもありですよ。

七輪のおすすめ人気ランキング15選

ここからは、おすすめの七輪をランキング形式でご紹介していきます。ぜひ、お気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。

15位
形状丸型
つくり-
サイズ直径30×高さ18.5cm
材質スチール
14位
形状丸型
つくり-
サイズ直径25.5cm×高さ17cm 
材質-
13位
形状丸型
つくり-
サイズ直径28×高さ24cm
材質鋼板
12位
形状角型
つくり-
サイズW39×D25×H19.6cm
材質スチール(焼付塗装仕上げ)
11位
形状丸型
つくり-
サイズW165×D160×H135mm
材質珪藻土
10位

奥能登天然珪藻土 切り出し七輪長角30号網付き

9,800円

形状角型
つくり切り出し
サイズW45cm×D25cm×H18.5cm
材質珪藻土
9位
形状角型
つくり-
サイズW45×D30×H19.6cm
材質本体:スチール・脚:ナイロン・焼網:スチール
8位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)七輪 炭焼き名人万能水冷式

M-6482

3,828円 (税込)

形状丸型
つくり-
サイズ網:275×275mm
材質本体:鉄(エポキシ樹脂塗装)
7位
形状丸型
つくり-
サイズ直径28×高さ24cm
材質珪藻土
6位
形状角型
つくり-
サイズW41×D24×H17cm
材質珪藻土
5位
形状角型
つくり-
サイズW59.5xD23xH20cm
材質本体:珪藻土・スチール・網:スチール(クロムメッキ)・台座:スチール(クロームメッキ)
4位
形状角型
つくり-
サイズW20.2xD14.3xH12.1cm
材質本体:珪藻土・スチール・網:スチール(クロムメッキ)
3位
形状丸型
つくり-
サイズ直径約30cm・高さ約27cm
材質内側:天然珪藻土・外側:三河土(三河地区産)
2位
形状角型
つくり-
サイズW41xD24xH17cm(3〜4人用)
材質本体:珪藻土・スチール・網:スチール(クロムメッキ)・台座:スチール(クロームメッキ)
1位
形状丸型
つくり-
サイズW26xD25xH21.5cm(1〜2人用)
材質本体:珪藻土・スチール・網:スチール(クロムメッキ)

人気七輪の比較一覧表

商品画像
1
七輪 BUNDOK(バンドック) 七輪  【1~2人用】 1枚目

BUNDOK(バンドック)

2
七輪 BUNDOK(バンドック) 長角 七輪 大  スタンド付 1枚目

BUNDOK(バンドック)

3
七輪 杉松製陶 三河産黒七輪 黒木炭コンロ

杉松製陶

4
七輪 BUNDOK(バンドック) 俺用 七輪 角 バーベキュー 1枚目

BUNDOK(バンドック)

5
七輪 BUNDOK(バンドック) d長角 七輪 ロング  1枚目

BUNDOK(バンドック)

6
七輪 キャンパーズコレクション しちりん角型ワイド 1枚目

キャンパーズコレクション

7
七輪 キャンパーズコレクション しちりん(大)角アミ付き 1枚目

キャンパーズコレクション

8
七輪 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 七輪 炭焼き名人万能水冷式  1枚目

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

9
七輪 グリーンライフ(GREEN LIFE) 角型卓上シチリン 1枚目

グリーンライフ(GREEN LIFE)

10
七輪 奥能登天然珪藻土 切り出し七輪長角30号網付き

11
七輪 パール金属(PEARL METAL) 和楽 ミニ 七輪  1枚目

パール金属(PEARL METAL)

12
七輪 グリーンライフ 少煙シチリン

グリーンライフ

13
七輪 ホンマ製作所 丸型バーベキューコンロ福七輪 1枚目

ホンマ製作所

14
七輪 キンカ 卓上しちりん黒 1枚目

キンカ

15
七輪 North Eagle(ノースイーグル) 大型丸型シチリン30 1枚目

North Eagle(ノースイーグル)

商品名

七輪 【1~2人用】

長角 七輪 大 スタンド付

三河産黒七輪 黒木炭コンロ

俺用 七輪 角 バーベキュー

d長角 七輪 ロング

しちりん角型ワイド

しちりん(大)角アミ付き

七輪 炭焼き名人万能水冷式

角型卓上シチリン

奥能登天然珪藻土 切り出し七輪長角30号網付き

和楽 ミニ 七輪

少煙シチリン

丸型バーベキューコンロ福七輪

卓上しちりん黒

大型丸型シチリン30

特徴Amazonベストセラー七輪!コンパクトで持ち運びも楽チン家族で使える角型七輪。火力を分けてつかえる仕切り付少ない炭でもしっかり焼ける。職人の手作業によって作られる逸品1人焼肉に最低な卓上七輪!コンパクトで持ち運びやすさ◎大人数でのパーティに!広い焼き場でバーベーキューや焼き鳥も焼き魚が美味しく焼ける!網と火ばさみ付きですぐに七輪を...さんまもすっぽり収まる大きめサイズ。家族での七輪焼きに鍋物も焼き物もOK!便利な五徳付きの丸型七輪外側が暑くならない!子供と楽しむバーベキューにぴったり...貴重な珪藻土を使用した高級七輪。特別な味わいを楽しみたい方に一人暮らしにぴったりのミニサイズ。室内でも煙を90%カット!屋内でも七輪焼きが楽しめる便利な少煙...便利な五徳付きで安定感◎キャンプ中のストーブ代わりにも炭がたっぷり入る。火力強めの卓上七輪コンパクトで焼き台広め!家族でかこめる丸型七輪
最安値
1,443
送料別
詳細を見る
3,618
送料無料
詳細を見る
6,480
送料要確認
詳細を見る
1,345
送料無料
詳細を見る
4,980
送料別
詳細を見る
4,380
送料要確認
詳細を見る
2,343
送料別
詳細を見る
3,828
送料要確認
詳細を見る
4,887
送料別
詳細を見る
要確認
880
送料要確認
詳細を見る
4,271
送料要確認
詳細を見る
2,980
送料別
詳細を見る
要確認
2,148
送料要確認
詳細を見る
形状丸型角型丸型角型角型角型丸型丸型角型角型丸型角型丸型丸型丸型
つくり---------切り出し-----
サイズW26xD25xH21.5cm(1〜2人用)W41xD24xH17cm(3〜4人用)直径約30cm・高さ約27cmW20.2xD14.3xH12.1cmW59.5xD23xH20cmW41×D24×H17cm直径28×高さ24cm網:275×275mmW45×D30×H19.6cmW45cm×D25cm×H18.5cm W165×D160×H135mmW39×D25×H19.6cm直径28×高さ24cm直径25.5cm×高さ17cm 直径30×高さ18.5cm
材質本体:珪藻土・スチール・網:スチール(クロムメッキ)本体:珪藻土・スチール・網:スチール(クロムメッキ)・台座:スチール(クロームメッキ)内側:天然珪藻土・外側:三河土(三河地区産) 本体:珪藻土・スチール・網:スチール(クロムメッキ)本体:珪藻土・スチール・網:スチール(クロムメッキ)・台座:スチール(クロームメッキ)珪藻土珪藻土本体:鉄(エポキシ樹脂塗装)本体:スチール・脚:ナイロン・焼網:スチール珪藻土珪藻土スチール(焼付塗装仕上げ)鋼板-スチール
商品リンク

水洗い厳禁!七輪を使い終わったら

水洗い厳禁!七輪を使い終わったら

使い終わったら、お手入れをしてあげるのが七輪を長持ちさせるコツです。ただし、水洗いは厳禁。刷毛や布で軽く炭を払うだけでOKです。ただし、壊れやすい空気口の金具周辺は、しっかりと炭や汚れを落としておきましょう。


普段から七輪をよく使うという方は、部屋の片隅で問題ありませんが、滅多に使わないという方は、保管方法にも注意が必要。七輪は湿気に弱いので、湿気の少ない場所に保管する必要があります。雨で濡れてしまうと、次に使うときにボロボロになってしまうなんてことにもなりかねないので、できるだけ室内が良いでしょう。

七輪の売れ筋ランキングもチェック!

なお参考までに、七輪の売れ筋ランキングは、以下のリンクよりご参照ください。

まとめ

タイミングがなければなかなか購入の機会のない七輪ですが、実は一台あるだけでお店のようなおいしい料理を気軽に楽しむことができます。

大勢で囲っても一人でしっぽりと囲ってみても十分使える七輪、ぜひこの機会に購入を検討されてみてはいかがでしょうか。きっとあなたの趣味や食事の幅を広げる大切なアイテムになってくれますよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す