• ボルダリング用マットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ボルダリング用マットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ボルダリング用マットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ボルダリング用マットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ボルダリング用マットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ボルダリング用マットのおすすめ人気ランキング10選

外岩でのボルダリングに欠かせない、クラッシュパッド。安全性を確保してくれる最も重要なアイテムですが、同時に最も高価なアイテムでもあるため、初心者の方は特にいきなり購入するのはためらってしまいますよね。ペツル・マウンテンダックス・ブラックダイヤモンドなど定番と言われるメーカーも多く、ヒンジタイプ・タコスタイルなど折りたたみ方によっても使用感が大きく変わるため、選び方が難しい商品です。

今回は、そんなボルダリング用マットの選び方のポイントと、Amazonや楽天など通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。記事後半では、マットを長く使うためのお手入れ方法なども解説しますので、ぜひランキングと合わせて参考になさってください。外岩のボルダリングはジムとは違った魅力がたっぷり、安全対策を整えてアウトドアとしてのボルダリングを楽しみましょう!
  • 最終更新日:2019年12月09日
  • 11,429  views
目次

ボルダリング用マットは必要?

ボルダリングは、シューズやチョークといった最小限の装備だけで手軽に始められるのが魅力のスポーツですが、安全確保のロープが無い分、外岩にアプローチする際はマットが非常に重要な役割を果たします。

なかにはマットを用意せずに登る人もいますが、それは着地の衝撃などが見極められる上級者だからできること。少なくとも初心者のうちは、準備してし過ぎるということはありません。岩場によっては近隣の山荘などでマットの貸し出しを行っている場合もありますが、事前の予約が必要な場合も多く、時間もお店の開店に合わせなければいけないので少々面倒です。

自分専用のクラッシュパッドがあれば、場所や時間帯を気にせず、自由に外岩でボルダリングすることができますよ。

ボルダリング用マットの選び方のポイント

それでは早速、ボルダリング用マットを選ぶ上で注目したいポイントを解説していきます。

メイン?サブ?人数に合わせてサイズを選ぶ

ボルダリング用マットは、メインマットとして使用するのかサブマットとして使用するのかによって、選ぶべきサイズが異なります。普段使用するシーンを想定しながら、それぞれチェックしていきましょう。

単独使用のメインマットはなるべく大き目、厚みは10cm以上を目安に

単独使用のメインマットはなるべく大き目、厚みは10cm以上を目安に

出典:amazon.co.jp

ボルダリング用マットは正方形に近いものから長方形のものまでさまざまなサイズがありますが、正方形に近いものはメインマットとして単独で使うにはやや心もとない大きさ。せっかくマットを敷いていたのに、着地した体がマットからはみ出してしまったのでは意味がありません。

メインマットは、余裕を持って大き目のサイズを選びましょう。厚みも薄ければ薄いほど軽量で持ち運びやすくなりますが、きちんと衝撃を吸収するためには10㎝程度は少なくとも必要です。大型のマットが使いづらいと言う場合は、複数枚のマットを組み合わせるなど工夫してみましょう。

みんなで持ち寄るなら携帯性を重視、小さなサブマットだけでも十分

みんなで持ち寄るなら携帯性を重視、小さなサブマットだけでも十分

出典:amazon.co.jp

複数人でボルダリングに行く機会の多い方は、あまり大きなマットを用意する必要はありません。むしろ1台の車に乗り合わせていくときなど、マットが大きすぎると積み込むのが大変になってしまいます。そのため単独でボルダリングする場合とは逆に、車載性や携帯性を重視してコンパクトかつ薄手のサブマットを選ぶようにしましょう。

折りたたみタイプから選ぶ

ボルダリング用マットには、いろいろな折りたたみ方のものがあります。代表的なタイプの特徴をご紹介しますので、あなたの用途に合ったものを選んでください。

折りたたみが簡単、車載しやすい「ヒンジタイプ」

折りたたみが簡単、車載しやすい「ヒンジタイプ」

出典:amazon.co.jp

2つ折りや3つ折りで板状になる「ヒンジタイプ」のマットは、スペースを取らずに効率よくコンパクトに収納できるので車載や持ち運びに便利。ただ構造上、ヒンジと呼ばれるマットの繋ぎ目部分が薄くなっているため、きちんと足を挟まない構造になっているか確認する必要があります。具体的には、連結部分にフタをする形でマジックテープが設けられていれば安全性が高いです。

荷物を挟んで一緒に持ち運べる「タコスタイル」と「ブリトータイプ」

「ヒンジスタイル」とは違い、マットにヒンジ部分がないのが「タコスタイル」や「ブリトータイプ」です。メキシコ料理「タコス」のイメージで、生地で具を挟むように1枚のマットを2つ折りに折り曲げて持ち運ぶのが「タコスタイル」。同様に、具材を生地で包んで食べる「ブリトー」のように1枚のマットを巻くようにたたむのが「ブリトータイプ」です。

マットを折りたたんだときに内側に空間ができるので、どちらも「ヒンジタイプ」に比べると場所をとりますが、この隙間にサブマットやシューズなどの荷物を詰めて持ち運べるというのが大きなメリット。ただヒンジ部分への落下を気にしなくていい反面、マットを折り曲げる部分がへたりやすく、耐久性にはやや難ありです。

折りたたみやすく荷物も挟み込める「ハイブリッドタイプ」

「ハイブリッドタイプ」は、2層以上のマットにみられる折りたたみのタイプ。ボルダリング用マットには固さの異なるマットを複数重ねた構造のものがあり、その中でもタコスタイルのマットとヒンジタイプのマットを組み合わせたものがハイブリッドタイプと呼ばれます。

表面はタコスタイルやブリトータイプ同様繋ぎ目がないので安全性も高く、程よいサイズにたためるのに荷物も挟むことができる、とまさに良いとこどり。強いて言えば、純粋なヒンジタイプほどコンパクトにはたためませんので、収納スペースに余裕がない方は注意した方が良いでしょう。

衝撃吸収力は何層構造かで決まる

ボルダリング用マットの衝撃吸収力は、厚みだけでなくクッションが何層構造になっているかによっても大きく変わります。予算や用途に合わせて選んでいきましょう。

1層構造:狭い空間用のサブマットとして使いやすい

1層構造のマットは基本的にサブマットとして使うことを前提に作られていて、厚みも3㎝程度と非常に薄いです。しかし硬い素材を使用しているものなら見た目以上にクッション性も高いため、落下時の致命的なケガを防ぐのには十分。メインマットを補助するサブマットとしてはもちろん、大きなクッションを設置できない狭いポイント用のマットとしてもおすすめです。

2層構造:コスパ優秀、メインマットとしても活躍できる

2層構造:コスパ優秀、メインマットとしても活躍できる

出典:amazon.co.jp

ボルダリング用マットの中では最も主流な2層構造。体が接触する表面には硬めの素材を使用し、裏側には柔らかい素材を使用することでよりクッション性を高めています。厚みも10cm前後のものが多く、サイズ的にメインマットとしても十分活躍できるマットです。特にソロで外岩へチャレンジする機会の多い方は、少なくとも2層構造以上のマットを用意しておいた方が良いでしょう。

3層以上:接地面の状況に関わらず衝撃を吸収してくれる

3層構造のマットは、2層構造の接地面側にさらに硬い素材をプラスすることで、地面の凹凸による影響を抑えたもの。ちょっとした小石や木の根なども場合によっては致命的なケガに繋がりかねませんので、接地面が不安定なポイントで使用する場合はぜひ3層構造のものを選びたいところです。

これ以上の多層構造のマットは、安全面に関してはどの商品も基本的に問題ありません。硬めが良い、柔らかめが良い、など好みに合わせて選んでしまって良いでしょう。ジムなどで試せる機会があれば、一度感触を体験しておくことをおすすめします。

使いやすさを左右するその他の機能もチェック

ボルダリング用マットで最も重要なのは安全面ですが、使い勝手の良さも実際に使う上では大切な要素です。以下のポイントにも注目してみてください。

荷物に合わせて収納ポケットや肩ベルトの有無を確認

現地に電車や車で向かう場合でも、最終的にはマットやその他の荷物を持って徒歩でアプローチすることになります。アプローチが平坦で開けた道とは限りませんし、距離によっては両手に荷物を抱えて歩くのは非常に大変です。

厚手のボルダリング用マットには背負うための肩ベルトが付いていますので、これが斜めがけタイプなのかリュックタイプなのかを確認しておきましょう。またヒンジタイプであっても中には収納ポケットが付いているものもあります。シューズやチョークバッグなど最低限の装備でアプローチする場合には、特にマット自体の収納力も重要です。

マット表面に汚れ落としが付いていると便利

ボルダリング用マットの素材と言うとどうしてもクッション材に注目しがちですが、マット表面の素材も見逃せないポイント。中にはマットの一部分がマジックテープのようになっていて靴底の汚れを落とせるものなどもあるので、表面の素材にもぜひ注目してみてください。

なお手間を惜しまなければ、100均などでマジックテープを購入して自作するというのもひとつの手。中にはそういった加工を代行してくれるショップもありますので、興味のある方はぜひ商品選びと合わせてチェックしてください。

ボルダリング用マットのおすすめ人気ランキング10選

それではいよいよここから、おすすめのボルダリング用マットをランキング形式で10点ご紹介していきます。
10位
サイズ100x150x9cm(縦×横×厚さ)
構造2層構造
素材-
折りたたみタイプヒンジタイプ
重量5.4kg
9位
ボルダリングマット メトリウス リーコンクラッシュパッド 1枚目
出典:amazon.co.jp

メトリウスリーコンクラッシュパッド

ME18007

56,610円 (税込)

サイズ107×152×10cm(縦×横×厚さ)
構造3層構造
素材-
折りたたみタイプヒンジタイプ
重量6.5kg
8位
サイズ95×125×9cm(縦×横×厚さ)
構造2層構造
素材(接地面:420デニールナイロン・表面素材:330デニールバリスティックナイロン・上側フォーム:2.5cm厚クローズドポリエチレン・下側フォーム:6.5cm厚オープンセルポリウレタン)
折りたたみタイプタコスタイル
重量4.7kg
7位
サイズ92×127×10cm(縦×横×厚さ)
構造2層構造
素材-
折りたたみタイプタコスタイル
重量4.6kg
6位
サイズ90×120×12cm(縦×横×厚さ)
構造-
素材-
折りたたみタイプヒンジタイプ
重量2.7kg
5位
サイズ90x120x10cm(縦×横×厚さ)
構造3層構造
素材-
折りたたみタイプハイブリッド
重量-
4位

ムーンウォリアークラッシュパッド

36,300円 (税込)

サイズ130 x 100 x 12cm(縦×横×厚さ)
構造2層構造
素材(フォーム:オープンセル・クローズドセル)
折りたたみタイプタコスタイル
重量5.8kg
3位
サイズ100×118×10cm(縦×横×厚さ)
構造3層構造
素材着地面:バリスティックファブリック・フォーム:ポリエチレン・ポリウレタン)
折りたたみタイプタコスタイル
重量5.7kg
2位

マウンテンダックスゴレイロトリプル2

33,480円

サイズ90×180×10cm(縦×横×厚さ)
構造2層構造
素材着地面:420デニールナイロン・接地面:630デニールナイロン)
折りたたみタイプヒンジタイプ
重量5.3kg
1位
ボルダリングマット ブラックダイヤモンド ドロップゾーン 1枚目
出典:amazon.co.jp

ブラックダイヤモンドドロップゾーン

52,830円

サイズ104×122×9cm(縦×横×厚さ)
構造2層構造
素材着地面:600デニールリップストップポリエステル・接地面:EPOファブリック・上側フォーム:クローズドセルPE・下側フォーム:ハイコンプレッションPUフォーム)
折りたたみタイプタコスタイル
重量4.75kg

おすすめ人気ボルダリング用マットの比較一覧表

商品画像
1
ボルダリングマット ブラックダイヤモンド ドロップゾーン 1枚目

ブラックダイヤモンド

2
ボルダリングマット マウンテンダックス ゴレイロトリプル2 1枚目

マウンテンダックス

3
ボルダリングマット ペツル アル 1枚目

ペツル

4
ボルダリングマット ムーン ウォリアークラッシュパッド 1枚目

ムーン

5
ボルダリングマット オーガニック シンプルパッド 1枚目

オーガニック

6
ボルダリングマット マッドロック マッドパッド 1枚目

マッドロック

7
ボルダリングマット フラッシュト   ニンジャ 1枚目

フラッシュト

8
ボルダリングマット モンベル ボルダ―マット 1枚目

モンベル

9
ボルダリングマット メトリウス リーコンクラッシュパッド 1枚目

メトリウス

10
ボルダリングマット ベアール  トリプルエアライト 1枚目

ベアール

商品名

ドロップゾーン

ゴレイロトリプル2

アル

ウォリアークラッシュパッド

シンプルパッド

マッドパッド

ニンジャ

ボルダ―マット

リーコンクラッシュパッド

トリプルエアライト

特徴価格と性能のバランスに優れる、定番のベストセラークラッ...コスパ最高、3つ折り式の特大サイズ特許を取得した革新的なデザイン便利な足ふきマット付き、肩ベルトが汚れない独特の構造ハンドメイドの1点もので 美しいデザインも魅力的連結して使いやすい、複数枚での使用におすすめボルダリング用マット専門メーカーが手掛けたニューモデルお手入れ簡単、汚れに強いナイロン製難易度の高い岩場に挑む人も安心の大判マットサブマットのように手軽に持ち運べるメインマット
最安値
要確認
要確認
42,350
送料別
詳細を見る
36,300
送料別
詳細を見る
38,800
送料要確認
詳細を見る
44,186
送料要確認
詳細を見る
38,800
送料要確認
詳細を見る
26,460
送料要確認
詳細を見る
56,610
送料要確認
詳細を見る
34,560
送料要確認
詳細を見る
サイズ104×122×9cm(縦×横×厚さ)90×180×10cm(縦×横×厚さ)100×118×10cm(縦×横×厚さ)130 x 100 x 12cm(縦×横×厚さ)90x120x10cm(縦×横×厚さ)90×120×12cm(縦×横×厚さ)92×127×10cm(縦×横×厚さ)95×125×9cm(縦×横×厚さ)107×152×10cm(縦×横×厚さ)100x150x9cm(縦×横×厚さ)
構造2層構造2層構造3層構造2層構造3層構造-2層構造2層構造3層構造2層構造
素材着地面:600デニールリップストップポリエステル・接地面:EPOファブリック・上側フォーム:クローズドセルPE・下側フォーム:ハイコンプレッションPUフォーム)着地面:420デニールナイロン・接地面:630デニールナイロン)着地面:バリスティックファブリック・フォーム:ポリエチレン・ポリウレタン)(フォーム:オープンセル・クローズドセル)---(接地面:420デニールナイロン・表面素材:330デニールバリスティックナイロン・上側フォーム:2.5cm厚クローズドポリエチレン・下側フォーム:6.5cm厚オープンセルポリウレタン)--
折りたたみタイプタコスタイルヒンジタイプタコスタイルタコスタイルハイブリッドヒンジタイプタコスタイルタコスタイルヒンジタイプヒンジタイプ
重量4.75kg5.3kg5.7kg5.8kg-2.7kg4.6kg4.7kg6.5kg5.4kg
商品リンク

ボルダリング用マットの手入れの仕方

マットのへたりを防いで長持ちさせるには、使用後のお手入れが欠かせません。お手入れと保管にあたって注意したいポイントを確認しておきましょう。

濡れたままにしない、使用時にブルーシートを敷くのも効果的

濡れたままにしない、使用時にブルーシートを敷くのも効果的

出典:amazon.co.jp

クッション材であるウレタンフォームは、濡れたままにしているとすぐに劣化してしまいます。マットが濡れてしまった場合は、直射日光を避けて風通しのいい日陰で乾燥させましょう。このとき、通気性のよくないカバーは開口部を開けるのがポイントです。

また、マットの使用時にブルーシートを敷いてからマットを広げるようにすると、水分の吸収を大幅に防げます。荷物に余裕のある方は、ぜひ試してみてください。

使用後はブラシで丁寧に汚れを落とす

マットに付着した泥やチョークは、そのまま放置するとカビの原因になります。マット表面の汚れは柔らかめのブラシでおとすか、汚れがひどいようであればカバーを洗濯しましょう。

洗濯の際には丸洗いが可能な素材であるかを確認し、素材やコーティングに応じたお手入れを行うことが重要です。カバーの裏面にウレタンコーティングが施されているような場合は、丸洗いによってコーティングがはがれてしまうこともあるため注意しましょう。

寿命を延ばすためにマットは広げて保管

寿命を延ばすためにマットは広げて保管

出典:amazon.co.jp

折り曲げた状態で持ち運ぶタコスタイル・ブリトータイプ・ハイブリッドタイプのマットは、マットの曲げられた部分がどうしてもへたりやすいです。持ち運びの際には仕方ありませんが、持ち帰ってから保管するときにはなるべく広げた状態を保つようにしましょう。

ボルダリング時の服装にお悩みの方はこちらも

ボルダリングはカジュアルな服装でもチャレンジできるスポーツですが、ポジションが安定しないうちはホールドや岩肌に体を擦りつけて軽い傷を負うこともしばしば。ファッション性や機動性だけでなく、安全面からも専用のウェアを着ることをおすすめします。

選び方やおすすめ商品を下記記事で紹介していますので、まだウェアを用意されていない方はぜひこちらもチェックしてください。

ボルダリング用マットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ボルダリング用マットのAmazon売れ筋ランキングは以下のリンクからご覧ください。

まとめ

今回はボルダリング用マットを選ぶ際のポイントと、おすすめのマットをランキング形式で10種ご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回の記事を参考に使用環境に合ったマットを用意して、解放感あふれる外岩でのボルダリングを楽しんでくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す