• なたね油のおすすめ人気ランキング10選【国内産の低温圧搾タイプも充実!】のアイキャッチ画像1枚目
  • なたね油のおすすめ人気ランキング10選【国内産の低温圧搾タイプも充実!】のアイキャッチ画像2枚目
  • なたね油のおすすめ人気ランキング10選【国内産の低温圧搾タイプも充実!】のアイキャッチ画像3枚目
  • なたね油のおすすめ人気ランキング10選【国内産の低温圧搾タイプも充実!】のアイキャッチ画像4枚目
  • なたね油のおすすめ人気ランキング10選【国内産の低温圧搾タイプも充実!】のアイキャッチ画像5枚目

なたね油のおすすめ人気ランキング10選【国内産の低温圧搾タイプも充実!】

キャノーラ油やサラダ油と並び、揚げ物やドレッシングなど多くの料理に使われているなたね油。しかし、一言になたね油といっても、オーサワやムソーなど製造しているメーカーや種類もたくさんあり、さらには製造方法や原料の産地も商品によってさまざま。あまり油に詳しくない人は、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、なたね油を選ぶ際に押さえておきたいポイントや、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。前半ではなたね油を摂取することで得られる効果や効能も解説しているので、ぜひそちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 7,686  views
目次

なたね油の効果・効能

なたね油の効果・効能

なたね油には、体の中で構成することのできない必死脂肪酸が多く含まれています。その中でもオレイン酸・a-リノレン酸などは体に良い影響を及ぼす栄養素として有名です。


例えば一価不飽和脂肪酸の一つであるオレイン酸は、血液中のLDLコレステロールを下げる効果があることで有名です。また、多価不飽和脂肪酸に分類されるa-リノレン酸には、動脈硬化や血栓を防いだり、血圧を下げるなどの効果も。


この他になたね油に多く含まれるビタミンKには、骨粗しょう症や動脈硬化の予防効果もあることも知られています。ただし、いくらこういった効果・効能が期待できるとはいえ、やはり油なのでそれなりにカロリーもあります。過剰摂取には注意して、上手く取り入れていきたいですね。

なたね油の選び方

それでは早速、なたね油を選ぶときにチェックしておきたいポイントをご紹介します。

原材料をチェックする際のポイントは?

菜種油を購入する際、特に気になるのが原材料。まずは原材料を選ぶときにチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

キャノーラ種との違いについても押さえておこう

キャノーラ種との違いについても押さえておこう

なたね油と同じく、揚げ物や炒め物などによく使われているキャノーラ油。なたねとキャノーラの違いが分からず、同じ油だと思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、厳密に言うと、なたね油とキャノーラ油は違う種類の油です。


キャノーラ油がなたね油と異なる点は、菜種を品種改良してつくられたキャノーラ種という原料が使われていること。もともとなたね油はエルカ酸が多く含まれていることが問題視されていましたが、そのエルカ酸の含有量を下げるために、品種改良して誕生したのがキャノーラ油です。


そのため、通常のなたね油よりもエルカ酸の含有量が少なく、値段も比較的安いのがキャノーラ油の特徴。でも、輸入されたキャノーラ油の原材料は遺伝子組み換えされたものも多く、安全性の高い商品ばかりではないことには注意しておきたいところ。原材料にこだわりのある人は、こういった違いなども覚えておくといいですよ。

エルカ酸の含有率を考慮するなら、品種・産地にも注目

エルカ酸の含有率を考慮するなら、品種・産地にも注目

なたね油は色々な種類が販売されていますが、国産のなたね油はエルカ酸無配合・もしくは含有率5%前後など、低めに抑えたものが多いのが特徴的。また、国産種のキザキノナタネ・アカサノナタネなどは、エルカ酸を含まない品種として有名です。


エルカ酸は心臓疾患・発がん作用など、体に悪影響を及ぼす物質とされ、中にはこのエルカ酸が多く含まれているなたね油もあるので要注意。こういったエルカ酸の有毒性については、植物油脂の消化方法が人間とは異なるラットの実験によって証明されたものなので、人に対して有害かどうかは反対意見もあります。


とはいえ、生物に対して有害な物質を摂取するのはできるだけ避けたいところ。安全面が気になるなら、品種や産地にも注意して、エルカ酸の含有率が少ないものを選ぶのがおすすめですよ。

製造方法は、低温圧縮法で抽出された一番搾りがおすすめ

製造方法は、低温圧縮法で抽出された一番搾りがおすすめ

なたね油は製品によって製造方法が異なりますが、その中でも「低温圧縮(圧搾)法」で抽出された、一番搾りの未精製油を選ぶのがおすすめです。


多くのなたね油は溶剤抽出法とよばれる製造方法で採用されており、これはノルマルヘキサンという有機溶剤を使った抽出方法です。もちろんヘキサンは製造工程の中で除去されますが、やはり有機溶剤と聞くと体への悪影響なども心配ですよね。


その反面、低温圧縮法でつくられたオイルは製造過程の中で溶剤を使用しないため、余計な物質を含んでいる心配もなし。より品質が高く安全性の高いなたね油を選ぶなら、製造方法にも注目して購入しましょう。

「遺伝子組み換えなし」の原材料で製造されているかもチェック

「遺伝子組み換えなし」の原材料で製造されているかもチェック

日本での自給率が低く、その多くをカナダなどの輸入品に頼っている菜種の場合、特に「遺伝子組み換えなし」などの表記も気になるところ。とはいえ、輸入品については遺伝子組み換えかどうかの表示義務がないので、遺伝子組み換えの有無を見分けるのは困難です。


そのため、遺伝子組み換えされた原材料を避けたいなら、なるべく国産品を選ぶのがおすすめ。前述したキザキノナタネ・アカサノナタネなどをはじめ、国産種の菜種はそもそも品種改良の際に、遺伝子組み換え技術を用いず開発されてきた経緯があります。


もちろん、輸入材料を使ったものにも「遺伝子組み換えなし」の商品はありますが、遺伝子組み換えの表示がなく、どうしても安全面や品質が気になる場合はメーカーに問い合わせるなど、注意して購入しましょう。

なたね油のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、なたね油の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

10位
産地/品種東北地方(エルカ酸含有率5%以下 )
製造法-
遺伝子組み換えの有無-
9位
産地/品種北海道・青森/キザキノナタネ
製造法圧縮一番搾り
遺伝子組み換えの有無×
8位
産地/品種オーストラリア産/キザキノナタネ
製造法圧縮一番搾り
遺伝子組み換えの有無×
7位
産地/品種オーストラリア産
製造法圧縮一番搾り
遺伝子組み換えの有無×
6位
産地/品種オーストラリア産
製造法圧縮一番搾り
遺伝子組み換えの有無×
5位
産地/品種青森・秋田
製造法玉締め圧縮法
遺伝子組み換えの有無-
4位
産地/品種オーストラリア産
製造法圧縮一番搾り
遺伝子組み換えの有無×
3位
産地/品種オーストラリア産/キャノーラ種
製造法圧縮一番搾り
遺伝子組み換えの有無×
2位
産地/品種オーストラリア産
製造法圧縮一番搾り
遺伝子組み換えの有無×
1位
なたね油 平田産業 カネゲン 圧搾一番しぼり国産なたね油 1枚目
出典:amazon.co.jp
産地/品種国内産
製造法圧縮一番搾り
遺伝子組み換えの有無×

人気なたね油の比較一覧表

商品画像
1
なたね油 平田産業 カネゲン 圧搾一番しぼり国産なたね油 1枚目

平田産業

2
なたね油 ムソー 純正なたねサラダ油 1枚目

ムソー

3
なたね油 ボーソー油脂 一番しぼり菜種油 1枚目

ボーソー油脂

4
なたね油 平田産業 カネゲン 純正菜種油 1枚目

平田産業

5
なたね油 平出油屋 なたね油 1枚目

平出油屋

6
なたね油 平田産業 純正菜種油 一番搾り 1枚目

平田産業

7
なたね油 米澤製油 圧搾一番しぼりなたねサラダ油 1枚目

米澤製油

8
なたね油 オーサワジャパン なたねサラダ油 1枚目

オーサワジャパン

9
なたね油 創健社 国内産 なたね油 1枚目

創健社

10
なたね油 協同製油 国産なたね油 1枚目

協同製油

商品名

カネゲン 圧搾一番しぼり国産なたね油

純正なたねサラダ油

一番しぼり菜種油

カネゲン 純正菜種油

なたね油

純正菜種油 一番搾り

圧搾一番しぼりなたねサラダ油

なたねサラダ油

国内産 なたね油

国産なたね油

特徴毎日の料理に使える国産なたね油あっさりした風味が特徴の紙パックタイプ大豆アレルギーの方にもおすすめ揚げ物に使えばカラっと揚がり、さっぱりしたおいしさに昔ながらの贅沢な圧縮法でつくられた逸品クセのないさらっとした味わい幅広い料理に使える万能オイルまろやかな味わいと香りの良さが人気の理由希少な国内産菜種を焙煎せずに使用100%国内産・完全無添加で安全
最安値
1,242
送料別
詳細を見る
1,079
送料要確認
詳細を見る
730
送料別
詳細を見る
1,080
送料無料
詳細を見る
1,100
送料要確認
詳細を見る
918
送料別
詳細を見る
1,301
送料要確認
詳細を見る
980
送料要確認
詳細を見る
750
送料要確認
詳細を見る
2,160
送料無料
詳細を見る
産地/品種国内産オーストラリア産オーストラリア産/キャノーラ種オーストラリア産青森・秋田オーストラリア産オーストラリア産オーストラリア産/キザキノナタネ北海道・青森/キザキノナタネ東北地方(エルカ酸含有率5%以下 )
製造法圧縮一番搾り圧縮一番搾り圧縮一番搾り圧縮一番搾り玉締め圧縮法圧縮一番搾り圧縮一番搾り圧縮一番搾り圧縮一番搾り-
遺伝子組み換えの有無××××-××××-
商品リンク

なたね油の上手な使い方

なたね油の上手な使い方

ここまでご紹介してきたなたね油が持つ大きな特徴は、あっさりとした風味で熱に強いこと。加熱しても酸化しづらいため、天ぷらなどの揚げ物などに特に最適。また、クセのない淡白な味なので、ドレッシングにも使いやすいのも嬉しいところです。


食用油と言ってもさまざまな種類がありますが、同じように熱に強い特性を持つ油には、べに花油・コーン油・大豆油・ひまわり油・ピーナッツ油などもあります。


なたね油もこれらと同様に酸化しにくく、加えて油特有のニオイなどもあまりしないので、油っぽさが苦手な方でも使いやすいはず。ぜひ上手に使って、毎日の料理に役立ててみてくださいね。

なたね油の売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、なたね油のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、なたね油の選び方や人気おすすめ商品をご紹介しました。安全で品質のいい商品を購入するためにも、原材料や製造方法など、細かいところにも気をつけて選ぶことが大切です。安心でおいしいなたね油を見つけて、ぜひ毎日の料理に役立ててください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す