• グレープシードオイルのおすすめ人気ランキング10選【パスタ・サラダ・アヒージョに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • グレープシードオイルのおすすめ人気ランキング10選【パスタ・サラダ・アヒージョに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • グレープシードオイルのおすすめ人気ランキング10選【パスタ・サラダ・アヒージョに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • グレープシードオイルのおすすめ人気ランキング10選【パスタ・サラダ・アヒージョに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • グレープシードオイルのおすすめ人気ランキング10選【パスタ・サラダ・アヒージョに!】のアイキャッチ画像5枚目

グレープシードオイルのおすすめ人気ランキング10選【パスタ・サラダ・アヒージョに!】

ぶどうの種から抽出されるグレープシードオイル。ぶどうの種油とも呼ばれ、コレステロール0の油として注目を浴びています。グレープシードならではの豊富な栄養素が詰まった植物油は、コストコで人気のオッタビオや、ナチュラル志向に人気のケータック・プランナーズなど、さまざまなメーカーが販売していますが、種類が多くどれを選べばいいのか迷ってしまいます。


そこで今回は、グレープシードオイルの選び方と、通販でも人気のおすすめ商品をランキング形式で10選ご紹介します!イタリア産からチリ産までさまざまな産地や、保存に重要となるボトルタイプも幅広くピックアップしました。毎日使う植物油、これを機会に新習慣を取り入れてみませんか?

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 2,642  views
目次

グレープシードオイルの魅力とは?

グレープシードオイルの魅力とは?

グレープシードオイルは、ぶどうの種に含まれている油分を抽出して作られます。ほんのわずかしかとれない希少なオイルで、ワインの産地など、ぶどうを大量に栽培している土地で主に生産されています。


さらりとして、油特有の匂いが少ないのが特徴。味もほとんどなくさっぱりしているので、素材の味を活かしたい料理にぴったりです。サラダドレッシングはもちろん、からりと食材を揚げることができるため、揚げものにもうってつけですよ。アヒージョもオリーブオイルで作るより軽めの仕上がりに。


特に最近では、健康への効果が注目され人気となっています。抗酸化作用の高いプロアントシアニジンやビタミンEを多く含んでいるので、動脈硬化などの予防に。オメガ6脂肪酸となるリノール酸も豊富なので、心疾患・高血圧の予防など、さまざまな健康効果が期待されています。

グレープシードオイルの選び方

それではここから、グレープシードオイルの選び方を見ていきましょう!

製油法はコールドプレスのものを

製油法はコールドプレスのものを

グレープシードに含まれる有効成分を効率よく摂り入れるなら、加熱加工をしないコールドプレスタイプを選びましょう。30度以下の低温で種から油を抽出するため、ぶどうの種に含まれるビタミンEやポリフェノールを壊さず、そのまま摂取できることが大きな魅力となります。


安価で効率よく油を抽出できる化学的製油法は、溶剤を使用するため、加工の過程で生成されるトランス脂肪酸を含んでいる可能性があります。グレープシードオイル本来のすっきりした味わいや、栄養素を大切にしたいなら、コールドプレス製法の商品を選びましょう。

ナチュラル志向ならオーガニックが◎

ナチュラル志向ならオーガニックが◎

ナチュラル志向の方には、有機栽培されたぶどうの種を用いたオイルがおすすめです。残留農薬の危険性を気にすることなく、毎日の調理にグレープシードオイルを安心して取り入れることができます。


グレープシードオイルに関しては、日本ではオーガニックタイプはまだまだ選択肢が少ないのが現状ですが、ナチュラル志向の方であればオーガニック、かつコールドプレス製法のオイルを探してみましょう。

原産国に注目してみよう

原産国に注目してみよう

グレープシードオイルは、ワインの産地であり、ぶどうの栽培が盛んなイタリア・フランス・スペイン・チリが主な原産地です。どこも大規模なぶどうの栽培を行っており、現地ですぐに搾油しているのが魅力。短時間でグレープシードオイルに加工されるため、より新鮮で風味の良いオイルを楽しめます。


購入する際は、ワインの産地で栽培・製造された商品であるかチェックしてみましょう。原産国による味や風味の違いはさほどないと言われていますが、ぶどうの栽培方法や、気候・風土はそれぞれ異なるので、味わい比べてみるのも面白いでしょう。

ボトルの形状・素材もチェック

たっぷりグレープシードオイルを使うなら、大容量のペットボトルタイプが、コスパもよく魅力的。ですが初めての1本に選ぶ・家族の人数が少ないなどの場合は、できるだけ質がよく、自宅で新鮮に保存できるものがおすすめです。

遮光瓶が使われていると劣化しにくい

遮光瓶が使われていると劣化しにくい

容器は遮光性があるものがおすすめです。グレープシードオイルを含む植物油は繊細で、太陽光や蛍光灯の光が当たる環境では、酸化を早めてしまい油自体の劣化を招きます。遮光瓶に入ってるグレープシードオイルなら、透明瓶のものより劣化がゆっくり進むので、より安心です。


自宅では、冷暗所に保管することがマスト。開封後、長期間使わないときなどは冷蔵庫に入れてもOKですが、白く濁ってしまいます。温めると元に戻りますが、それを何度も繰返すと酸化を早めることに。グレープシードオイルは、常温保存で1カ月以内に使い切るのが理想です。

プラスチックよりガラス瓶。空気に触れにくく、酸化が防げる

プラスチックよりガラス瓶。空気に触れにくく、酸化が防げる

豊富な栄養素がたっぷりと含まれた、新鮮なグレープシードオイルを楽しみたいのなら、ガラス瓶に入った商品を選ぶといいでしょう。


ガラスは開封しない限り、中身が酸素に触れることはありません。プラスチック製は安価に生産できるのがメリットですが、通気性があるので微量な酸素を取り込み、酸化を早める原因となってしまいます。

注ぎ口が狭くポアラーがついたタイプが◎

注ぎ口が狭くポアラーがついたタイプが◎

開封後の酸化を防ぐためにおすすめとなるのが、注ぎ口にポアラーがついたタイプ。空気に触れる時間が少ないため、より劣化を防ぐことが可能です。また使う量をより調節できるため、使用中に思わず注ぎ過ぎてしまった…というミスも防げます。


炒め物や、テーブルに置いてサラダなどにかけるのにも便利。ちなみにこのポアラーは、単体でも購入が可能です。気に入ったメーカーのボトルについていない場合は、後づけすることもできますよ。

容量は500ml程度を目安に

容量は500ml程度を目安に

質がよくおいしいグレープシードオイルを楽しみたいなら、500ml程度の量を短期間で使い切るのがおすすめです。植物オイルはリッチな栄養分を多く含む、非常にデリケートな食材なので、新鮮なうちにいただきたいもの。


大きなボトルは場所を取る上、重さもあり、手早く調理する際には少し使いにくいかもしれません。500mlほどのものなら保管もスマートに行え、酸化する前に使い切ることができて、いつも新鮮な風味が味わえます。

グレープシードオイルのおすすめ人気ランキング10選

それではここからはおすすめとなるグレープシードオイルをランキング形式でご紹介します。なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

10位
コールドプレスx
オーガニックx
原産国○ イタリア
遮光加工x
ガラス瓶x ペットボトル
ポアラーの有無-
瓶の容量△ 1000ml
9位
コールドプレスx
オーガニックx
原産国○ イタリア
遮光加工x
ガラス瓶x ペットボトル
ポアラーの有無-
瓶の容量△ 920ml×4
8位
コールドプレスx
オーガニックx
原産国イタリア
遮光加工x
ガラス瓶x ペットボトル
ポアラーの有無-
瓶の容量△ 1000ml
7位
コールドプレスx
オーガニックx
原産国○ イタリア
遮光加工x
ガラス瓶
ポアラーの有無
瓶の容量△ 1000ml
6位
グレープシードオイル 日欧商事 ソル・レオーネ グレープシード・オイル  1枚目
出典:amazon.co.jp

日欧商事ソル・レオーネ グレープシード・オイル

1370102

572円 (税込)

コールドプレスx
オーガニックx
原産国○ イタリア
遮光加工x
ガラス瓶
ポアラーの有無-
瓶の容量◎ 500ml
5位

モンテ物産チボッタ グレープシードオイル

619円 (税込)

コールドプレスx
オーガニックx
原産国○ イタリア
遮光加工x
ガラス瓶
ポアラーの有無-
瓶の容量◎ 500ml
4位
コールドプレスx
オーガニックx
原産国○ イタリア
遮光加工
ガラス瓶
ポアラーの有無-
瓶の容量△ 1000ml
3位
コールドプレスx
オーガニックx
原産国○ イタリア
遮光加工
ガラス瓶
ポアラーの有無-
瓶の容量◎ 500ml
2位
グレープシードオイル ケータック・プランナーズ グレープシードオイル  1枚目
出典:amazon.co.jp

ケータック・プランナーズグレープシードオイル

739円 (税込)

コールドプレス
オーガニックx
原産国○ チリ・アンデス
遮光加工
ガラス瓶x ペットボトル
ポアラーの有無-
瓶の容量◎ 500ml
1位
コールドプレス
オーガニック-
原産国○ イタリア
遮光加工
ガラス瓶
ポアラーの有無-
瓶の容量◎ 500ml

人気グレープシードオイルの比較一覧表

商品画像
1
グレープシードオイル CRUDIGNO イタリア産グレープシードオイル  1枚目

CRUDIGNO

2
グレープシードオイル ケータック・プランナーズ グレープシードオイル  1枚目

ケータック・プランナーズ

3
グレープシードオイル モニーニ  グレープシードオイル  1枚目

モニーニ

4
グレープシードオイル サンタプリスカ グレープシードオイル  1枚目

サンタプリスカ

5
グレープシードオイル モンテ物産 チボッタ グレープシードオイル 1枚目

モンテ物産

6
グレープシードオイル 日欧商事 ソル・レオーネ グレープシード・オイル  1枚目

日欧商事

7
グレープシードオイル サンタガータ グレープシードオイル 1枚目

サンタガータ

8
グレープシードオイル デルモンテ グレープシードオイル  1枚目

デルモンテ

9
グレープシードオイル オッタビオ  食用グレープシードオイル  1枚目

オッタビオ

10
グレープシードオイル アルモソーレ  グレープシードオイル  1枚目

アルモソーレ

商品名

イタリア産グレープシードオイル

グレープシードオイル

グレープシードオイル

グレープシードオイル

チボッタ グレープシードオイル

ソル・レオーネ グレープシード・オイル

グレープシードオイル

グレープシードオイル

食用グレープシードオイル

グレープシードオイル

特徴イタリア産コールドプレス!まろやかで風味豊かな一番搾り栄養成分に注目!コールドプレスで搾油したナチュラル植物油イタリアの老舗、モニーニが作るさっぱりとしたピュアオイルコスパの良さが魅力!遮光性ガラス瓶で保存にも◎使いやすい500ml!キッチンをすっきり統一したい方にもガラス瓶に詰められた、澄んだ黄緑色が鮮やか!5代続くイタリア老舗メーカーの人気商品通販でも人気!コスパのいい大手メーカーの商品コストコでも人気!大容量で惜しみなく使えるオイル添加物一切なしの純正グレープシードオイル!
最安値
800
送料別
詳細を見る
739
送料別
詳細を見る
702
送料別
詳細を見る
699
送料別
詳細を見る
619
送料要確認
詳細を見る
572
送料別
詳細を見る
1,512
送料要確認
詳細を見る
980
送料要確認
詳細を見る
2,580
送料要確認
詳細を見る
756
送料要確認
詳細を見る
コールドプレスxxxxx xxx
オーガニック-xxxxxx xxx
原産国○ イタリア○ チリ・アンデス○ イタリア○ イタリア○ イタリア○ イタリア○ イタリアイタリア○ イタリア○ イタリア
遮光加工xxxxxx
ガラス瓶x ペットボトルx ペットボトルx ペットボトルx ペットボトル
ポアラーの有無---------
瓶の容量◎ 500ml◎ 500ml◎ 500ml△ 1000ml◎ 500ml◎ 500ml△ 1000ml△ 1000ml△ 920ml×4△ 1000ml
商品リンク

揚げ物にも便利!グレープシードオイルの活用法

揚げ物にも便利!グレープシードオイルの活用法

油特有の臭いが少なく、さっぱりとした仕上がりになることからグレープシードオイルは揚げ物用として人気のオイル。おすすめの使い方は「揚げ焼き」です。


フライパンに1センチほど油を引いたら160℃前後に熱し、食材の表と裏からじっくり火を通せばOK。一度に大量のオイルを使わなくても、からりと仕上がります。唐揚げやコロッケなどが、サクッと軽い食感で楽しめるほか、素材の風味を活かした素揚げなどにもぴったり。ぜひお試しください!

リノール酸の過剰摂取には注意!

リノール酸の過剰摂取には注意!

グレープシードオイルに多く含まれるリノール酸は、必須脂肪酸の一種ですが、摂取量については注意が必要です。近年の研究では、リノール酸を摂り過ぎると、心臓疾患・がん・アレルギーなどのリスクが増加することが明らかになってきました。


オイルだけなら気にするほどの量ではありませんが、加工食品にも多く含まれているので、外食やコンビニの利用が多い方は、過剰摂取となる可能性があります。


グレープシードオイルをより健康的にいただくなら、α-リノレン酸と一緒に摂取するのがポイント。この2つはお互いの作用を抑制し合うので、バランスよく食べることが大切です。ほうれん草・くるみ・しそなど、α-リノレン酸を含む食材と上手に組み合わせて、ヘルシーな食生活を心がけましょう!

お気に入りのグレープシードオイルを見つけたら、ぜひ挑戦したいのが、少ない量で楽しむ揚げ物。以下の記事では、手軽においしい衣がつけられる粉をご紹介。ぜひチェックしてくださいね。

オイルと一緒に使いたい、揚げ物用の粉にも注目!

グレープシードオイルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、グレープシードオイルのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピング売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

軽い使い心地で、そのままでも加熱しても万能となるグレープシードオイル。オイル自体が軽くあっさりとしているので、素材の味を活かした調理にぴったりです。使う量や人数・保存環境を考慮しながら、自分のライフスタイルに合ったオイルを選んでみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す