• ごま油の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ごま油の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ごま油の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ごま油の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ごま油の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ごま油の最強おすすめ人気ランキング10選

天ぷらなどの揚げものや、中華料理などの炒め物、そして料理の仕上げの香り付けにも使える万能な油「ごま油」。近年ではその栄養価の高さから、健康やダイエットへの効果・効能にも注目が集まっており、積極的にレシピに取り入れている方も多いと思います。

定番のかどや、品質の竹本油脂など、様々なメーカーから様々な種類や価格のものが販売されていますが、正直違いが分からず、どれを選べば良いか分からないとお悩みではありませんか?そこで今回は、そんなお悩みを解決すべく、ごま油の選び方や、Amazonや楽天で購入できるおすすめの人気ごま油ランキングをご紹介します。ぜひ参考にして、あなたにぴったりのごま油を見つけてくださいね。

この記事に登場する専門家

Tesshi
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 96,486  views
目次

ごま油とは

ごま油とは、その名のとおり、胡麻の種子を圧搾(圧力を加えてしぼる)などの加工を施し作る油です。日本に伝来したのは奈良時代まで遡る歴史のある油で、主に揚げ油や香り付けなど食用として使用されますが、マッサージオイルとして使用されたり、整髪料として使用されたり、食用以外にも様々な用途で活用されています。

特徴はなんといっても、胡麻ならではの香りと旨味で、どんな料理にもしっかりと胡麻の香りと旨味をプラスしてくれます。また他の油に比べ健康効果が高いことも近年注目されており、積極的に料理に取り入れる家庭も増加しています。

ごま油の効能

ごま油の効能
ごま油には、血中コレステロールを下げ動脈硬化や肥満予防に効果的な「リノール酸」や「リノレン酸」、強い抗酸化作用があって若々しさを保つ効果があると言われる「ビタミンE」や「セサミン」、そして活性酸素の生成を抑えガン予防の効果も期待できる「セレン」など豊富な栄養素を含みます。

これらの豊富な栄養素は、多くの生活習慣病にはもちろん、二日酔いやストレス防止にも効果があるといわれており、健康志向が高い方にとっても、ごま油は積極的に摂取したい油といえるでしょう。

ごま油の選び方

ごま油に使われる胡麻は国内ではほとんど生産されておらず、アフリカや東南アジアが主な原産国になります。そのため、国産品で選ぶという方法は難しいため、ごま油選びのポイントになるのは、ずばり製造工程になります。そこで今回は、製造工程に注目し、ごま油の選び方をご紹介します。

種類で選ぶ

ごま油は製造工程により、大きく分けて以下の3種類のものに分類されます。この項目ではそれぞれの特徴と、最適な使い方をご紹介します。

焙煎ごま油

焙煎ごま油

出典:amazon.co.jp

「焙煎ごま油」とは、原料となる胡麻の種子を高温で深煎りしたごま油で、濃い茶褐色が特徴です。胡麻の種子は深煎りすることで、色が濃くなるとともに香りも高くなるため、中華料理や韓国料理など、濃い味付けの料理に最適です。

またその香りを活かし調味料としても活用でき、豆腐にかけたり、納豆のタレとして使ったりなど、気軽に使えるのもうれしいポイントです。一般的にごま油と聞いて、まずイメージするのがこの「焙煎ごま油」といえるでしょう。

低温焙煎ごま油

低温焙煎ごま油
「低温焙煎ごま油」は、原料となる胡麻の種子を低い温度で焙煎するため「焙煎ごま油」より色合いが薄く、透明感のある琥珀色が特徴です。低温で焙煎しているため、胡麻本来の香りがしっかり残っており、まるでナッツのようなフレッシュな香りが特徴です。

味はさらっとしているのに、胡麻の香りが高いので、まるでオリーブオイルのような感覚で使えるのが特徴で、サラダに使用したり、マリネに使用したりなど、洋食にも活用できます。「焙煎ごま油」より焙煎に時間がかかるため、若干価格は高い傾向にありますが、その分どんな料理にでも使える汎用性の高いごま油といえるでしょう。

太白ごま油

太白ごま油
「太白ごま油」とは、胡麻を焙煎せず、生のまま圧搾し抽出するごま油です。生の胡麻を使用しているため、色は透明でクセがなく、すっきりとした味わいが特徴で、香りもほとんどないため、サラダ油を使う感覚で普段の料理に使うことができます。

またマッサージ用のオイルや、うがい用のオイルとしても活用できるほど安全性が高いのも特徴で、食の安全にこだわる方にはぴったりのごま油といえるでしょう。なお「太白ごま油」と名の付いた商品の中でも、若干胡麻を焙煎しているものも存在するため、購入の際には焙煎の仕方まで細かくチェックしておきましょう。

製法は「圧搾式」のものを選ぶ

製法は「圧搾式」のものを選ぶ
ごま油の製法には、大きく分けて「圧搾法」と「抽出法」があり、「圧搾法」はその名のとおり胡麻に圧力をかけ油を抽出する昔ながらの製法ですが、「抽出法」はヘキサンという科学物質を使い、胡麻に含まれる油を溶かし出す製法になります。ヘキサンは加熱することで蒸発するため有害ではありませんが、胡麻本来の味わいや香りを楽しみたいのであれば、「圧搾法」のものを選んだ方が良いでしょう。

また「圧搾法」には、球状の御影石を使いゆっくりと油を絞り出す「玉絞り」という製法も存在します。ただしこの製法は、一度に製造できる量が非常に少なく、その分価格が非常に高くなるため、どうしても最上級のごま油が欲しい時以外は、選ぶ規準にする必要はないでしょう。

プロの愛用するおすすめのごま油

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのごま油をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、お好みのごま油を見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

竹本油脂マルホン 純正ごま油ゴールド 200g

330円 (税込)

ごま油のおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、おすすめのごま油ランキングBEST10をご紹介します。製造工程や原材料、そしてコストパフォーマンスなど多角的な要素を考慮し選定しましたので、ぜひ参考にしてください!
10位
タイプ低温焙煎ごま油
原材料食用ごま油・食用なたね油
9位
タイプ焙煎ごま油
原材料ごま油
8位
タイプ焙煎ごま油
原材料食用ごま油
7位
タイプ焙煎ごま油
原材料食用ごま油
6位
タイプ低温焙煎ごま油
原材料胡麻
5位
タイプ焙煎ごま油
原材料食用ごま油
4位
タイプ太白ごま油
原材料食用ごま油
3位
タイプ焙煎ごま油
原材料食用ごま油
2位
タイプ低温焙煎ごま油
原材料食用ごま油
1位
タイプ太白ごま油
原材料食用ごま油

おすすめ人気 ごま油の比較一覧表

商品画像
1
ごま油 マルホン 太白胡麻油

マルホン

2
ごま油 マルホン 太香胡麻油

マルホン

3
ごま油 かどや 金印 純正ごま油

かどや

4
ごま油 九鬼 太白純正胡麻油

九鬼

5
ごま油 かどや 銀印ごま油 濃口

かどや

6
ごま油 今井製油  ごま油 玉締め低圧搾

今井製油

7
ごま油 オットゥギ ごま油

オットゥギ

8
ごま油 マルホン 純正ごま油 ゴールド

マルホン

9
ごま油 味の素 ごま油好きのごま油

味の素

10
ごま油 日清オイリオ ヘルシーごま香油

日清オイリオ

商品名

太白胡麻油

太香胡麻油

金印 純正ごま油

太白純正胡麻油

銀印ごま油 濃口

ごま油 玉締め低圧搾

ごま油

純正ごま油 ゴールド

ごま油好きのごま油

ヘルシーごま香油

特徴ごま油の概念を変える!あらゆる料理に使える万能ごま油竹本油脂のあらゆるこだわりがこの1本に!これぞ定番!いつでも食卓に置いておきたい一品太白ごま油なのに、ほのかに胡麻が香るコスパ最強!ごま油好きなら、どんどん使えて嬉しい一度は試してみたい、昔ながらの製法で作られた極上品本場韓国の味を家庭で手軽に味わえる!厳選しぬいた胡麻から生まれた極上品ごま油が好きで好きで仕方ないあなたに!コレステロール・ゼロ!健康が気になるあなたに
価格1,780円(税込)789円(税込)297円(税込)952円(税込)1,335円(税込)1,296円(税込)1,219円(税込)548円(税込)533円(税込)224円(税込)
タイプ太白ごま油低温焙煎ごま油焙煎ごま油太白ごま油焙煎ごま油低温焙煎ごま油焙煎ごま油焙煎ごま油焙煎ごま油低温焙煎ごま油
原材料食用ごま油食用ごま油食用ごま油食用ごま油食用ごま油胡麻食用ごま油食用ごま油ごま油食用ごま油・食用なたね油
商品リンク

まとめ

ランキングとしては、竹本油脂の老舗ならではの実力が光りましたが、今回ご紹介したごま油は、どれもそれぞれ個性や特徴が異なるので、ぜひ今回ご紹介した選び方も考慮して、ぴったりのものを選んでみてください。

また、ごま油は健康効果も見逃せないポイントなので、積極的に食事に取り入れて、健やかな毎日を手に入れましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す