【徹底比較】家庭用無煙ロースターのおすすめ人気ランキング9選【家で焼肉!】

【徹底比較】家庭用無煙ロースターのおすすめ人気ランキング9選【家で焼肉!】

匂いを気にせずに、焼肉や焼き魚を楽しめる、卓上タイプの家庭用無煙ロースター(無煙コンロ)。イワタニやザイグルといったメーカーから、電気式・カセットガスボンベ式・赤外線式など、さまざまな種類のロースターが販売されています。どういった基準で無煙ロースターを選んでいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の無煙ロースター9商品を比較して、最もおすすめの無煙ロースターを決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. 煙の有無
  2. 火力・熱ムラ
  3. 手入れのしやすさ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?無煙ロースターの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年04月22日更新
  • 729,032 views

検証のポイント

売れ筋の無煙ロースター9商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 煙の有無

    検証① 煙の有無

    匂い残り一番の原因は、脂分を含んだ煙です。そこで、無煙ロースターはどれほど煙を抑えることができるのかを検証しました。はじめに普通のホットプレートで、タレに漬け込んだ脂身の多い豚バラを焼き、煙が立ち上る様子を目視と写真で判断。この煙の量と、それぞれの無煙ロースターの煙の出る量を比較し、5点満点で評価しました。

  • 火力・熱ムラ

    検証② 火力・熱ムラ

    続いて、火力・熱ムラの検証です。熱し始めから3分間のプレートの様子をサーモカメラで撮影していき、3分後の状態を写真に残しました。3分後に一番高火力で、ムラなく温まっているものから高評価として、5点満点で評価しました。

  • 手入れのしやすさ

    検証③ 手入れのしやすさ

    最後に、手入れのしやすさを確かめていきます。無煙ロースターは大きく、比較的手入れのしにくいものが多いのが難点です。そこで、今回は「プレートの取り外しやすさ」や「洗いやすさ」を考慮したうえで、5点満点で評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    無煙ロースターの仕組みとは

    無煙ロースターの仕組みとは

    焼肉のあとに嫌な匂いがするのは、肉の油を含んだ煙「油煙」が、家の中の繊維に付着することが原因です。煙は加熱部品に脂が触れることで発生します。逆を言えば、この煙さえ出なければ匂いの原因を解消できることになりますよね。


    その煙を防ぐために、加熱部に油が落ちないよう構造が工夫されているのが無煙ロースターです。プレートを斜めにして油を1ヵ所に集めたり、加熱線を鉄板の上に設置することで、絶対に油が落ちないようにしたりとその手法はいろいろ。


    家庭用の無煙ロースターはメーカーによって施された工夫で、コンパクトな形状ながらも少ない煙で焼肉が楽しめるとても便利なアイテムですよ。

    無煙ロースターの選び方

    無煙ロースターの選び方

    無煙ロースターを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。今回は、家電アドバイザーのたろっささんから、無煙ロースターの選び方についてアドバイスを得ました。


    <家電販売員・アドバイザー たろっささん>

    20歳のときにメーカーヘルパーとして家電量販店を経験し、家電の世界へ飛び込む。元から接客と家電に興味があり、昔からの趣味のPCの知識を活かしながら勉強の日々を過ごし、2年で年商2億円を突破。5年目で3億円を経験し、「法人ナンバーワン販売員」として表彰を経験。 

    ① 煙を抑えたいなら、ファンの有無はひとつの目安に

    煙を抑えたいなら、ファンの有無はひとつの目安に

    匂いの原因である油煙を最小限まで抑えるには、「ファン付き」のロースターを選ぶのがおすすめです。内蔵されたファンが立ち上る煙を吸い込んでくれるので、ファンのついていないタイプよりさらに煙が抑えられますよ。

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    無煙ロースターはその名の通り、焼き物をする際の煙の発生が少ない製品です。匂いの発生源は主に煙から放出されており、壁紙や衣類などの布製品に付着すると匂いが⻑時間取れなくなる場合も。


    煙を吸い取るフィルターや水を張る反射板のあるモデルもなかにはありますが、それ以上の能力を求めるのであれば、焼肉屋さんなどでも使用されている煙を吸い込んでくれるファンが付いているモデルがおすすめです。匂いの発生を大きく抑えることができ、室内で焼き肉などを気兼ねなく楽しみやすくなりますよ。

    ② 屋内で?アウトドアで?熱源で選ぶ

    屋内で?アウトドアで?熱源で選ぶ

    無煙ロースターの熱源には、大きく分けてカセットコンロを使った「ガス式」と、コンセントで電源をとる「電気式」の2タイプがあります。


    アウトドアなど屋外でも使用する予定があるなら、カセットコンロタイプがおすすめです。ただ室内での使用予定しかないのであれば、カセットボンベを別途で購入する必要のない「電気式」を選ぶとよいでしょう。

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    外での使用を主に考える場合は給電が必要なく、コードレスでの使用が可能なガスボンベ式が断然おすすめです。しかしながらランニングコストがかかったり、ガス漏れなどのリスクを考えると室内ではなかなか使いづらいところ。


    室内での使用をメインで考えるのであれば、安定した火力を維持できる電気式のロースターを選ぶとよいでしょう。

    ③ 加熱方法で味に違いがでることも!それぞれの特徴を押さえて

    加熱方法で味に違いがでることも!それぞれの特徴を押さえて

    ひとくちに無煙ロースターと言っても、その加熱方法は「電気ヒーター」「遠赤外線」「ガス」の3つに分けることができます。


    「ガス」はガスボンベを使用して火をおこし、その火力でホットプレートを温めます。直火を使用しているのとほぼ変わらないため、火力が強いのが魅力。「電気ヒーター」は、電熱線を鉄板の下に配置し、その熱で鉄板を温めていきます。


    また、焼肉の味にこだわるなら「赤外線直火調理タイプ」の無煙ロースターがおすすめです。赤外線で肉にじっくり火を通し、素材の味を活かします。しかし、赤外線を使った無煙ロースターの中には加熱に時間がかかるものも。肉の焼けるタイミングも大事にしたい方は、実際の使用感もチェックしましょう。

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    電気ヒーター本体の価格が比較的抑えられており、最もポピュラーといっても過言ではありません。注意点として、電熱線の密度と配置場所によって大きく火力が変わるため、事前に確認しておきましょう。


    赤外線ヒーターは鉄板を電熱線ではなく赤外線を放射して温める方式です。具材に赤外線を直接照射して焼き上げるため、熱がダイレクトに伝わるという特徴があり、食材が炭火焼きをしたかのようにジューシーな仕上がりになります。味を求める方にはぜひともおすすめです。


    ガス方式は直火を使用しているのとほぼ変わらないため、火力が非常に高く、鉄板料理もあっという間に火を通すことが可能です。ただ、実際に火を使用する方式になるため、火の元の取り扱いには十分注意しましょう。

    ④ 作る料理に最適なプレートを!汎用性を求めるなら要チェック

    作る料理に最適なプレートを!汎用性を求めるなら要チェック

    無煙ロースターのなかには、調理内容に応じてプレートを付け替えられるタイプもあります。余分な油がおとせる溝付きのでこぼこタイプや、お好み焼きやホットケーキなどの粉もの調理にも使える平らな鉄板タイプなどプレートの種類はいろいろ。


    焼き肉メインで使用する予定なら焼肉用のプレートだけで問題ありませんが、ホットプレートがご自宅にないようならいろいろ使える汎用性の高いものがおすすめ。プレートだけ別売りになっているものもありますので、事前に何が使えるかをしっかりチェックしておきましょう。
    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    ロースターと言っても、使用する用途は人によってそれぞれ違います。大人数での食事やパーティーで使用したい方は焼肉プレートや鉄板焼プレート、たこ焼きプレートなどが付いているものを選ぶと便利でしょう。


    魚を焼く・野菜に焼き目をつける・揚げ物を温めすなどの使い方をしたい場合は、余分な油を落としながら調理のできる網タイプのものが付いているものを選ぶと便利です。本体価格を抑えて最低限のプレートが付属、残りはオプション品として別売りになっているモデルもあります。

    ⑤ 清潔に保つなら細かく分解できるものを選ぶ

    清潔に保つなら細かく分解できるものを選ぶ

    無煙ロースターで煙を抑えても、焦げつきや脂はしっかり洗い落とさなければいけません。そのため、ごしごし洗えるようにプレートが取り外せるものの方が便利です。


    また、トレーやファンなどを細かく分解できるものなら、無煙ロースターのベタつきを抑えることができ、いつも清潔に保てます。プレートのくぼみやメッシュ部分など細かい部分のチェックも必須です。汚れが落としやすく、洗いやすい形状のものを選びましょう。

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    油の出る焼き物料理を行った後は当然お手入れが必要になります。きちんと洗わないとニオイがついてしまったり焦げが取れなくなったりしてしまうこともあるため、できるだけこまめに洗浄を行うようにしましょう。


    また、とにかく細分化して分解掃除ができるようになっているかどうかも洗いやすさを決める重要なポイントです。お手入れ部が食洗機で丸洗いができるかどうかもチェックしておくと利便性が上がるでしょう。

    売れ筋の人気無煙ロースター全9商品を徹底比較!

    無煙ロースターの検証

    今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の無煙ロースター9商品をすべて集め、どの商品が最も優れているのかを検証しました。


    検証項目は以下の3点としました。

    検証①:煙の有無

    検証②:火力・熱ムラの少なさ

    検証③:手入れのしやすさ


    なお、今回の検証では、無煙ロースターを選ぶうえで非常に重要な「煙の有無」の評価を重視してランキングを作成しました。

    今回検証した商品

    1. アラジン|グラファイトグリラー
    2. シナジートレーディング|スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
    3. イーバランス|ROOM MATE 煙を吸引 リビングでバーベキュー おうちでバイキング 無煙グリル
    4. エムケー精工|ヘルシーグリル
    5. TUF|ザイグルボーイ2
    6. エーワン|エーワン・グリル
    7. イワタニ|スモークレス焼肉グリル やきまる
    8. 杉山金属|消煙グリラーヘルシートーク
    9. 東洋|極少煙 セラロースター

    検証① 煙の有無

    煙の有無

    匂い残り一番の原因は、脂分を含んだ煙です。そこで、無煙ロースターはどれほど煙を抑えることができるのかを検証しました。


    はじめに普通のホットプレートで、タレに漬け込んだ脂身の多い豚バラを焼き、煙が立ち上る様子を目視と写真で判断。この煙の量と、それぞれの無煙ロースターの煙の出る量を比較し、5点満点で評価しました。

    【検証結果ハイライト】ファン付きの商品は漏れなく煙を吸い込む!ただし、ファンなしにも優秀商品はあった

    【検証結果ハイライト】ファン付きの商品は漏れなく煙を吸い込む!ただし、ファンなしにも優秀商品はあった

    検証の結果、今回は全商品において、匂いがつくほどの煙が出ることはありませんでした


    なかでもやはり、ファンがついているものは全く煙が出ません。このことから、内蔵されたファンは強い吸引力で、煙を抑えてくれていることがわかりました。


    ただ、ファン内蔵の商品のみが煙を出さないというわけではありません。今回の検証では、アラジンの「グラファイトグリラー」のように、「熱源が食材の上部に配置されているもの」も煙を出していません。


    絶対に煙や匂いをシャットアウトしたいという方は、ファン内蔵の無煙ロースターや、熱源が食材上部にくるものをチェックしてみてくださいね。

    検証② 火力・熱ムラ

    火力・熱ムラ

    続いて、火力・熱ムラの検証です。


    熱し始めから3分間のプレートの様子をサーモカメラで撮影していき、3分後の状態を写真に残しました。3分後に一番高火力で、ムラなく温まっているものから高評価として、5点満点で評価しました。

    【検証結果ハイライト】満遍なく熱せられていたのは、電熱線が工夫された電気ヒーター式。アラジンのグラファイトヒーターはすべてにおいて高評価

    【検証結果ハイライト】満遍なく熱せられていたのは、電熱線が工夫された電気ヒーター式。アラジンのグラファイトヒーターはすべてにおいて高評価

    火力の評価では、ガス・電気ヒーターが優勢。赤外線はこのふたつに比べると、プレートが温まるスピードがゆっくりな傾向がありました。また、熱ムラが少なかったのは電熱線の形に広がりのあるタイプです。


    ただ、今回の検証で火力の強さ・熱ムラの少なさでバランスよく高得点を取ったのは、アラジンの「グラファイトグリラー」です。暖房器具などにも使われる「グラファイトヒーター」を使用しているだけあって、立ち上がりの速さ・熱の伝わり方が秀逸でした。

    検証③ 手入れのしやすさ

    手入れのしやすさ

    最後に、手入れのしやすさを確かめていきます。無煙ロースターは大きく、比較的手入れのしにくいものが多いのが難点です。


    そこで、今回は「プレートの取り外しやすさ」や「洗いやすさ」を考慮したうえで、5点満点で評価しました。

    【検証結果ハイライト】プレートだけでなく本体もさっと綺麗にできる、シンプルな構造が優秀。

    【検証結果ハイライト】プレートだけでなく本体もさっと綺麗にできる、シンプルな構造が優秀。

    今回検証した商品は、基本的にわかりやすくシンプルに分解できますが、やはり「やきまる」(イワタニ)や、「ヘルシートーク」(杉山金属)と言った、コンパクトな商品が手入れをしやすい傾向にありました。


    本体が大きく分解パーツが多い商品のなかには、本体内部に「ばり」があって、分解しようとすると手を怪我したものも。


    また、プレートだけではなく、脂で汚れがちな本体をサッと綺麗に拭き掃除ができるのは大事なポイントです。

    No.1
    ベストバイ・無煙ロースター

    アラジングラファイトグリラー

    35,200円(税込)

    総合評価

    4.80
    • 煙の有無: 5.0
    • 火力・熱ムラ: 5.0
    • 手入れのしやすさ: 4.0

    煙も出ず肉がふっくら。そのまま置いておけるほどデザイン性も高く、満足度が高い

    アラジンの「グラファイトグリラー」は、洗練されたフォルムとカラーがパッと目をひく、印象的な無煙グリラー。電源をオンにした瞬間、高加熱を始めます。

    熱源が食材の真上にくるので、肉の油が火元に触れることはありません。そのため、油煙も目視では確認されず、満点の高評価を獲得。さらに、プレートが温まる速度・熱ムラの検証でも文句なしの結果に。1300Wの高火力で、肉を素早く焼き上げました。

    本体のサイズが大きくスペースを取りますが、しまわずに置いておいてもおしゃれな見た目も好印象です。また、ヘルシーネットやトング、収納バッグ、ふろしきタイプの本体カバーが付属品としてついてきます。


    水受けを外すとプレートも一緒に運べるため便利。プレートに段差があり、一気に大量の肉を焼けないことがネックですが、これらを踏まえたうえでも、利便性の高い無煙ロースターとしておすすめできます。
    サイズ550×310×314mm、収納時:550×242×430mm
    ファン付き-
    加熱方法グラファイトヒーター
    熱源電気
    消費電力1300W(無段階調整1,300W~650W)、保温時/325W
    プレートの枚数1
    電源コードの長さ約2.3m
    重さ4.3kg(5.2㎏トレイ・マジックプレート・電源コード含む)
    No.2
    ファン内蔵型のおすすめ

    シナジートレーディングスーパー吸煙グリル スモークリーンIII

    24,799円(税込)

    総合評価

    4.70
    • 煙の有無: 5.0
    • 火力・熱ムラ: 4.5
    • 手入れのしやすさ: 4.0

    強い吸引力のファンを内蔵。火力も文句なしで、大勢での焼肉に最適

    シナジートレーディングの「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」は、プレート下部から遠赤外線で食材を熱するタイプの無煙ロースター。本体にはファンが内蔵されています。「強力吸い込みファン」を謳っていますが、今回の検証でも謳い文句にかなう実力を発揮しました。


    煙は全くといっていいほど出ず、匂いも感知できないほど。さらにプレートが熱せられるスピードも早く、肉の焼け方からも、プレート全面に熱が行き渡っているのがわかります。油はねも非常に少ないため、ストレスなく自宅で焼肉を楽しむことができますよ。


    本体は細かく分解できるので高評価ですが、一番上にくるプレートは凹凸が多く、少し洗いにくさを感じました。とはいっても、煙のカット率・火力・熱ムラの少なさを総合してみると、とても使い勝手のよい無煙ロースターです。

    サイズ500×300×130mm
    ファン付き
    加熱方法遠赤外線
    熱源電気
    消費電力1200W
    プレートの枚数1
    電源コードの長さ1.5m
    重さ4.5kg
    No.3
    二重に匂いをカット

    イーバランスROOM MATE 煙を吸引 リビングでバーベキュー おうちでバイキング 無煙グリル

    16,000円(税込)

    総合評価

    4.50
    • 煙の有無: 5.0
    • 火力・熱ムラ: 5.0
    • 手入れのしやすさ: 2.5

    ファンと活性炭フィルターで、二重の匂い対策が可能。プレートも大きく扱いやすい

    イーバランスが2015年に発売した「ROOM MATE リビングでバーベキュー おうちでバイキング無煙グリル」は、内臓されたファンが匂いの原因となる煙を吸い込むだけでなく、排気口に設けられた活性炭で二重に匂いをカットしてくれます。


    加熱方法は、鉄板の下に備えられたU字型の電気ヒーター。サーモカメラの画像からも、大きなプレート全体をムラなく温めているのがわかります。肉を焼き始めても、煙はまったく出ず匂いもありません。

    プレートはテフロン加工で洗いやすいかと思いきや、溝が多く、溜まった汚れを落とすのに少し時間がかかりました。温度調節のダイヤルに目盛りがないことも使いづらさを感じる点ではありますが、煙や匂いを出したくない人にとっては、満足のいく商品です。

    サイズ485x420x210mm
    ファン付き
    加熱方法電気ヒーター
    熱源電気
    消費電力1200W
    プレートの枚数1
    電源コードの長さ約1m
    重さ約3.3kg
    No.4

    エムケー精工ヘルシーグリル

    13,037円(税込)

    総合評価

    4.40
    • 煙の有無: 5.0
    • 火力・熱ムラ: 4.0
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    操作しやすいタッチパネルが高評価。ただし本体周辺がとても熱いので注意

    エムケー精工の「ヘルシーグリル」は、本体上部にある赤外線カーボンヒーターで、食材を直接加熱します。肉の脂が熱源に落ちることがないため、吸引ファンがないにも関わらず、煙は立ちません。プレートも大きく、十分な量の食材を一気に焼けますよ。


    プレートの回転や火力調整は、使いやすいタッチパネルで簡単。プレートも洗いやすく、片付けもスムーズに行えます。


    ただし、赤外線を一番受けるプレート中央が強く焼けてしまうため、焼き加減には気をつけましょう。また、加熱中は本体周辺が熱気でとても熱くなっているので注意が必要です。

    サイズ360×445×305mm
    ファン付き-
    加熱方法遠赤外線
    熱源電気
    消費電力1400W
    プレートの枚数1
    電源コードの長さ約1.4m
    重さ約4.5kg
    No.5

    TUFザイグルボーイ2

    22,550円(税込)

    総合評価

    4.40
    • 煙の有無: 5.0
    • 火力・熱ムラ: 3.0
    • 手入れのしやすさ: 4.0

    煙は出ず、熱ムラは少ないが、火力が物足りないのは弱点

    TUFの「ザイグルボーイ2」は、赤外線カーボンヒーターで食材の表面に熱を与える無煙ロースターです。

    食材の脂が熱源に落ちることがないため、吸引ファンは内蔵されていませんが、煙は出ませんでした。また、プレートや受け皿が洗いやすいのも高評価。


    ただ、プレート中央の高温が目立つことと、ほかの赤外線タイプの商品に比べると火力が弱いことが、評価を下げる原因となりました。

    サイズ本体:直径400mm(調整ダイヤル含む全長425mm)、プレート:405mm、高さ:最短28㎝~最長35㎝(伸縮するため)
    ファン付き-
    加熱方法遠赤外線
    熱源電気
    消費電力1200W
    プレートの枚数1
    電源コードの長さ約1.4m
    重さ約3.5kg(プレート含む)
    No.6

    エーワンエーワン・グリル

    27,280円(税込)

    総合評価

    4.40
    • 煙の有無: 5.0
    • 火力・熱ムラ: 4.5
    • 手入れのしやすさ: 2.5

    無煙ロースターとしては申し分ないが、本体に粗さが目立った

    エーワンの「エーワン・グリル」は、ビビットな赤いカラーとサイズの大きさが特徴的。カラー展開は、赤・白・黒の3色から、好きなカラーを選べます。


    加熱方法は、鉄板の下にある電気ヒーター式です。ファン付きで煙をしっかり吸い込むため、匂いの元も残りませんでした。脂落とし用のプレート中央以外は、満遍なく熱が行き渡っており、火力・熱ムラの検証では高評価


    ただし、今回の検証では、ファンの吸引音と本体内部の作りに粗さが目立った点が評価を下げました。

    サイズ300×514×134mm
    ファン付き
    加熱方法電気ヒーター
    熱源電気
    消費電力1200W
    プレートの枚数1
    電源コードの長さ約1.5m
    重さ約4.1kg
    No.7

    イワタニスモークレス焼肉グリル やきまる

    5,000円(税込)

    総合評価

    4.10
    • 煙の有無: 3.5
    • 火力・熱ムラ: 5.0
    • 手入れのしやすさ: 5.0

    コンパクトで扱いやすく火力も十分だが、煙が目立つ結果に

    カセットコンロやカセットガスが有名な岩谷産業が販売する「イワタニ やきまる」は、コンパクトで扱いやすいのが魅力です。熱源はガスタイプで、火力・熱ムラ評価でも満点を獲得

    しかし、煙吸引ファンがついておらず、ほかの商品に比べると煙が目立ちました。通常のホットプレートで焼いた時より煙の量は圧倒的に少ないですが、赤外線やファン内蔵の商品には劣る結果となりました。

    サイズ303×278×149mm
    ファン付き-
    加熱方法ガス
    熱源ガスボンベ
    消費電力-
    プレートの枚数1
    電源コードの長さ-
    重さ約2.0kg
    No.8

    杉山金属消煙グリラーヘルシートーク

    3,297円(税込)

    総合評価

    3.80
    • 煙の有無: 4.0
    • 火力・熱ムラ: 4.0
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    火力を十分に感じられない穴あきプレートがネック

    杉山金属の「消煙グリラー ヘルシートーク」は、プレート下の電気ヒーターで食材を加熱するタイプの無煙ロースターです。ファンはついておらず、煙は少量確認されましたが、匂いがつくほどの量ではありませんでした。

    ただ、プレートには大きめの穴が空いているため、熱を均等に同じ火力で行き渡せることができない印象。また、穴の中に入り込んだ汚れが取れにくい傾向にありました。

    サイズ355x370x105mm
    ファン付き-
    加熱方法電気ヒーター
    熱源電気
    消費電力1200W
    プレートの枚数1
    電源コードの長さ約1.5m
    重さ約1.9kg
    No.9

    東洋極少煙 セラロースター

    33,000円(税込)

    総合評価

    3.80
    • 煙の有無: 4.0
    • 火力・熱ムラ: 3.5
    • 手入れのしやすさ: 3.5

    セラミック炭で美味しそうに焼けるが、商品名のとおり「無煙」ではない

    東洋の「極少煙 セラロースター」は、ガスボンベで動く遠赤外線ロースターで、ファンは内蔵されていません。煙の検証では、焼き始めは煙が見られず、肉を裏返すと極わずかですが煙が立ち上りました。


    また、ほかの商品と比べて、プレートに行き渡る熱にムラがあることがわかります。ただ、セラミック炭の遠赤外線効果で肉はジューシーに焼けたので、煙を完璧に消せなくても美味しければ妥協できる、という方におすすめです。

    サイズ480x300x135
    ファン付き-
    加熱方法遠赤外線
    熱源ガスボンベ
    消費電力-
    プレートの枚数1
    電源コードの長さ-
    重さ4.4kg

    人気無煙ロースターの検証結果比較表

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す