• 【書きやすいのはどれ?】ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【書きやすいのはどれ?】ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【書きやすいのはどれ?】ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【書きやすいのはどれ?】ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【書きやすいのはどれ?】ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【書きやすいのはどれ?】ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング10選

滲まず裏写りもしにくいゲルインキボールペン。三菱やゼブラといった定番の文具メーカーから、サラサやuniなどの人気商品、フリクションタイプなどさまざまなボールペンが販売されています。しかしいざ選ぼうと思っても、0.28mmの極細タイプや、履歴書にも使える顔料インクなどその種類は豊富で、どれを選んだらいいのか迷うこともありますよね。

そこで今回は、ゲルインクボールペンの選び方を説明しつつ、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。最強のゲルインクボールペンは、果たしてどれ?!
この記事に登場する専門家
若林 秀和
猪口 フミヒロ
赤松 久美子
  • 最終更新日:2018年05月29日
  • 201,762  views
目次

ゲルインクボールペンの選び方

ゲルインクボールペンの選び方のポイントを解説します。

用途や特徴から、インクの種類で選ぶ

ゲルインクボールペンには染料タイプと顔料タイプの2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、利用シーンによって使い分けましょう。

染料タイプ:発色が良く細字でも書きやすい。擦れや滲みには注意が必要

染料タイプ:発色が良く細字でも書きやすい。擦れや滲みには注意が必要

出典:askul.co.jp

染料インクの特徴として、インクの発色がきれいでカラーバリエーションが豊富という点が挙げられます。粘度の低いインクのためペン先が細いものでも書きやすく、細かい書き込みの多い人におすすめです。

ただし、どちらかと言えば耐水性に劣る部分があり、書いた直後に擦れたり滲んだりしてしまうというデメリットもあります。

顔料タイプ:長期保存に強く、書類の筆記に最適。ただインクが詰まりやすい

顔料タイプ:長期保存に強く、書類の筆記に最適。ただインクが詰まりやすい

出典:askul.co.jp

顔料ゲルインクボールペンの最大の特徴は、ボールペンに使われるインクの中で、最も耐久性に優れている点です。書いたものが劣化しにくいので、長期の保存にも向いています。油性ボールペンと同じように履歴書などの正式な書類にも対応できるでしょう。

しかし、水性や染料ゲルインクに比べてインクの粘度が高いため、インクの詰まりが起きやすいのが難点です。

細字なら0.5mm以下、太字なら1.0mm以上を選んで

細字なら0.5mm以下、太字なら1.0mm以上を選んで

出典:askul.co.jp

線の細さは、筆記するものによって使い分けるのがおすすめです。手帳など記入欄が狭いものに書くのならば、0.5mm以下の細字が最適。宛名書きなどである程度大きめの文字を書くことが多いのなら、1.0mm以上の太字タイプが便利です。特定の用途で使うわけではないという人は、中太にあたる0.7mm前後のものを選んでおくと良いでしょう。

書き心地の良さは試し書きをしてチェック

書き心地の良さは試し書きをしてチェック
どんな筆記具でも共通して選ぶ基準になるのが、何と言っても書き心地の良さです。ゲルインクボールペンは書き心地がいいものが多く、どのメーカーのものでも比較的書きやすいという特徴があります。

より自分に合ったものを探したい場合は、自分の筆圧の強さを考えてみましょう。ゲルインクはどちらかと言えば筆圧の弱い人におすすめのボールペンですので、筆圧の強い人は、スラスラ書けるゲルインクではペンが滑りすぎてストレスになることもあるかもしれません。

そのため、できるだけ店頭で試し書きをして、自分の筆圧とボールペンの滑りをチェックしておいた方が失敗なく選べるでしょう。

消しゴム不要で消せる「フリクション」タイプも便利

消しゴム不要で消せる「フリクション」タイプも便利

出典:askul.co.jp

ゲルインクボールペンにも、消しゴム不要で消せるフリクションタイプが登場しています。消しカスも出ず、ペン後ろに付属しているラバーでこするだけですので、誤字があった際もすぐに書き直すことができますよ。

ただし、フリクションは高温化でインクが消えてしまいますので、履歴書など正式な書類には使用しないようにしましょう。

手に入れやすさとコスパもチェック

ボールペンは手軽に手に入ることも魅力の1つです。気に入ったペンを見つけたら、リフィルの価格や汎用性も確かめておきましょう。

使用頻度が多い人は、リフィルのランニングコストを確認

使用頻度が多い人は、リフィルのランニングコストを確認

出典:amazon.co.jp

ゲルインクボールペンは書きやすく、耐水性にも優れているためメリットしかないと思えるかもしれませんが、実はインクの減りが早いというデメリットも存在しています。たくさん使用する人であれば数日程度でインクがなくなることもあるでしょう。勉強や仕事などで高頻度で使うことがわかっている際には、リフィルのストックを用意しておく必要があります。

そのため、リフィルが手軽に手に入るものを選んでおきましょう。リフィルをストックしておくことでさらにコスパを抑えることができます。

リフィルの互換性に注意

リフィルの互換性に注意
ゲルインクボールペンの多くは他社製品との互換性はなく、ほとんどが自社独自の規格を採用しているためリフィルは対応しないことが多いです。

おもに多色ボールペンに用いられる4c規格とは、長さ67mm、軸系2.3mmの金属芯の総称です。これに対応してるペンならば、各社に多少のずれはあるものの互換性があります。ただ、間違った規格を長年使っているとペンに不具合が出るか可能性もありますので、事前に互換性があるのか調べておきましょう。

プロの愛用するおすすめのゲルインクボールペン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのゲルインクボールペンをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、お気に入りの1本を見つけてくださいね。

超極細の線が引けて、鉛筆感覚で使える六角形タイプ

専門家の
マイベスト
MUJI 中性ゲルインキ六角ボールペン 0.25
出典:muji.net

MUJI 中性ゲルインキ六角ボールペン 0.25

210円

詳細情報
・インクの種類:-
・太さ:0.25mm
・フリクション機能:×
専門家の
マイベスト

PILOT ゲルボールペン ジュースアップ 0.4 10色

1,789円 (税込)

詳細情報
・インクの種類:顔料インク
・太さ:0.4mm
・フリクション機能:×
専門家の
マイベスト

ZEBRAゲルインクボールペン サラサ ドライ 0.4mm

175円 (税込)

詳細情報
・インクの種類:-
・太さ:0.4mm
・フリクション機能:×
専門家の
マイベスト
詳細情報
・インクの種類:-
・太さ:0.7mm
・フリクション機能:×
専門家の
マイベスト
UNI ゲルボールペン ユニボールシグノ 0.5mm
出典:amazon.co.jp

三菱鉛筆UNI ゲルボールペン ユニボールシグノ 0.5mm

UM15105.24

104円 (税込)

詳細情報
・インクの種類:-
・太さ:0.5mm
・フリクション機能:×
専門家の
マイベスト

三菱鉛筆ゲルボールペン ユニボールシグノ RT1

UMN15505.24

107円 (税込)

詳細情報
・インクの種類:-
・太さ:0.5mm
・フリクション機能:×

ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング10選

ここからはランキング順に人気のおすすめ商品をご紹介していきます!選び方のポイントと併せて、ぜひご参考ください!
1位
2位
エナージェル・エックス0.7mm
出典:amazon.jp

ぺんてるエナージェル・エックス0.7mm

BL107-A

68円 (税込)

3位
4位
ハイブリッドテクニカ0.4mm
出典:amazon.jp

ぺんてるハイブリッドテクニカ0.4mm

KN103-A

9,506円 (税込)

5位
ユニボールシグノRT1 0.38mm
出典:amazon.jp

三菱鉛筆ユニボールシグノRT1 0.38mm

UMN-155-38

107円 (税込)

6位
7位
8位
スタイルフィットノック式(レフィル入)0.28mm
出典:amazon.jp

三菱鉛筆スタイルフィットノック式(レフィル入)0.28mm

UMN13928.24

93円 (税込)

9位
選べるリフィルボールペンポリカーボネイト六角軸0.38mm
出典:muji.net

無印良品選べるリフィルボールペンポリカーボネイト六角軸0.38mm

100円 (税込)

10位
フリクションボールノック0.5mm
出典:amazon.co.jp

パイロットフリクションボールノック0.5mm

LFBK-23EF

161円 (税込)

おすすめ人気ゲルインクボールペンの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格商品リンク
1
サラサクリップ0.7mm

ゼブラ

サラサクリップ0.7mm

ゲルインクボールペンの定番68円(税込)詳細を見る
2
エナージェル・エックス0.7mm

ぺんてる

エナージェル・エックス0.7mm

インクの出が一定なのでなめらかな筆記を実現68円(税込)詳細を見る
3
サラサドライ0.5mm

ゼブラ

サラサドライ0.5mm

ゲルボールペンなのに驚きの速乾性103円(税込)詳細を見る
4
ハイブリッドテクニカ0.4mm

ぺんてる

ハイブリッドテクニカ0.4mm

グリップのラバーが短いのでインクの減り...9,506円(税込)詳細を見る
5
ユニボールシグノRT1 0.38mm

三菱鉛筆

ユニボールシグノRT1 0.38mm

新配合インクで耐水性と耐光性がさらにアップ107円(税込)詳細を見る
6
G-2(極細)

パイロット

G-2(極細)

手に馴染むグリップ150円(税込)詳細を見る
7
ハイテックCマイカ0.3mm

パイロット

ハイテックCマイカ0.3mm

可愛さと機能性の両立110円(税込)詳細を見る
8
スタイルフィットノック式(レフィル入)0.28mm

三菱鉛筆

スタイルフィットノック式(レフィル入)0.28mm

ペンケースの中に何本でも入りそうな今ま...93円(税込)詳細を見る
9
選べるリフィルボールペンポリカーボネイト六角軸0.38mm

無印良品

選べるリフィルボールペンポリカーボネイト六角軸0.38mm

無印良品らしいシンプルなデザインが長く...100円(税込)詳細を見る
10
フリクションボールノック0.5mm

パイロット

フリクションボールノック0.5mm

消せるゲルボールペンならこれ161円(税込)詳細を見る

もっと書きやすいボールペンを見たい方は、こちら

今回はゲルインクボールペンをご紹介しましたが、書きやすいボールペンは以下でも紹介しています。用途や利用シーンに合わせて選ぶことで、使いやすいものを見つけることができますよ。気になった人はこちらもぜひ参考にしてくださいね。

ゲルインクボールペンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ゲルインクボールペンのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

ゲルインクボールペンの人気ランキング、いかがでしたか?

ゲルインクボールペンは、水性でも油性でもない新しい書き味のボールペンとして登場し、最近では消せるタイプも登場しました。用途によって使い分けるのも賢い使い方ですね!ぜひこの記事を参考にして、お気に入りを見つけて見てくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す