書見台のおすすめ人気ランキング7選【読書や勉強に!】

本を見開きのままで固定するアイテム、それが書見台(しょけんだい)。デザインや美術関係の書籍、料理のレシピ本のように開いたままにしておいたほうが都合の良い本や、書籍の情報を参照しながらパソコンで情報を入力する作業のために本の固定が必要になる方もいらっしゃいますよね。
勉強するときにも、仕事をするときにも、本は開きっぱなしのほうが便利ですが、それをいい具合に実現してくれる書見台を1つ持っておくだけで、ずいぶん便利に!今回は、本を固定できる書見台の選び方に触れつつ、オススメの商品もご紹介していきます!

最終更新日:2017年12月23日 | 2,259views

書見台の選び方

本を挟むのに便利な書見台ですが、サイズや材質など、チェックするポイントは多数!ここでは用途に応じた選び方をご紹介していきます!

本のサイズや厚さを基準に選ぶ

書見台を選ぶには、まずよく読む可能性のある本のサイズや厚さなどをチェックする必要があります。自分の本に合った書見台を選んでいきましょう。

本のサイズはあまり気にしなくていい

ほとんどの書見台では本のサイズを問わず挟み込むことができます。サイズとは縦横の大きさのことで、文庫本から雑誌サイズの本まで、どれでも利用可能です。目安として、本がもたれかかる部分(背もたれの部分)が縦20cm・横30cm以上の商品から選ぶと安心。それ以下のサイズの書見台だと大型本が不安定になる可能性もあるので、注意したほうがよいかもしれません。

本が分厚いなら、背もたれ部分に注目!

分厚い本を読まれる方や、より安定感を求めたい場合には、背表紙を受け止められるように背もたれ部分がへこんでいるものがおすすめです。たとえば文芸書程度の大きさでも分厚い本はありますが、書見台によっては立て掛けたときに背表紙がかさんでうまく安定しないことも。

書見台の背もたれ部分は、ふつう平になっていて、これでも不便はありません。ただ、分厚い本をたくさん読まれるのであればぜひ注目したいポイントです。

重たい本には、重たい書見台を

書見台の重さは、主には材質で決まります。木製・スチール・プラスチックの3種類が定番で、デザインや質感で選んだり使用用途に応じて選んでいくと思いますが、大型本や重ための本を書見台で読む場合には、木製やスチールの書見台を選ぶとよいでしょう。製品による差はありますが、目安として木製は700g以上、スチール製は500g前後、プラスチック製は300g以下であることが多いようです。

本を固定するクリップにも個性がある

書見台はクリップ(留め具)が本を押さえてくれる仕組みになっています。たとえば、上の画像のように直立しているだけであれば、本が閉じるのを軽く止める程度の役割を果たしゆとりのある隙間が生まれるため、ページをめくりやすいという特徴がありますよ。こちらは本が分厚すぎる場合は、そもそも挟めないということになりますので、書見台のサイズチェックが必要でしょう。

一方で本に向かって押さえ込むようなクリップを採用している場合でも、その押さえ込みの具合に強弱があり、「分厚い本だと食い込んで本が傷む」とか「薄い本にはクリップが弱い」という向き不向きもあります。この場合はクリップの前後の角度を自由に調整できる商品を選べば、本の厚さに関係なく利用ができるでしょう。このようにクリップ部分にも個性があるので、ぜひ注目してみてくださいね。

多段階で角度調整できるものが豊富

自分が見やすい角度に調整できる機能はすべての書見台についています。角度調整の段階数は6段階が多く、14段階や18段階とかなり細かく変えられる書見台もありますので、角度調整が細かさもお好みのものを選びましょう。調整方法は、レバーで固定するタイプもありますが、傾いた台から後方に伸びたアームが、底面部分に設けられたスリット(溝)にはまって角度を固定するものが多いようです。

デザインを用途や使用場所に応じて選ぶ

デザインの良しあしで書見台を選ぶことはもちろんですが、職場や出先などで利用する場合や、大人ではなく子どもが使う場合などではぴったりなデザインは違ってきます。事務デスクで使うのであればスチール製だったり黒を基調としたデザインがいいかもしれませんし、お子様が使うならポップでかわいいデザインのものがいいかも。見た目も豊富ですのでぜひチェックしてみてください。

譜面台・ラップトップスタンドとして利用可能なものも

書見台は当然譜面もはさむことができます。楽器と一緒に持ち運びできるようなスチール・プラスチック製の軽量の書見台であれば、譜面台にぴったりでしょう。また、ノートパソコンの高さや角度を調整できるラップトップスタンドの役割を果たしてくれるものも。書見台によってはタブレットやスマホを挟み込みやすいものもありますので、本を挟む以外の用途として使えるかも検討してみましょう。

書見台のおすすめ人気ランキング7選

ではここからはおすすめの書見台をランキング形式で7選ご紹介していきます!材質やデザインを含めて、さまざまなタイプの書見台がランクインしていますので、ぜひお気に入りのものをチェックしてみてくださいね!

7位:ナカノ ハンディミュージックスタンド

ナカノ ハンディミュージックスタンド HMS68BL

734円 (税込)

詳細情報
・サイズ(高さ・幅・奥行):15.5cm・24cm・15cm
・材質:プラスチック
・角度調整:7段階

フレームだけだから軽くて持ち運びしやすい

ナカノのハンディミュージックスタンドは、材質がプラスチックで全体のフレームだけで構成される簡易な書見台です。その名の通り、譜面を固定するのに便利ですが、本や雑誌、またipadなどのタブレットを立て掛けて使うのも良し。重量が68gと圧倒的に軽く、折りたたむと非常に薄くなるので、持ち運びには最適です。

製品自体がプラスチックで枠だけの製品なのでやや華奢でチープな印象を与えてしまいますが、分厚くない本や雑誌などには使いやすく、デザインもかわいくておしゃれなので、お手頃な書見台をお求めな方にはおすすめですよ。

6位:Chillpaper 書見台

Chillpaper 書見台

2,570円 (税込)

詳細情報
・サイズ(高さ・幅・奥行):23.5cm・34cm・2.5cm
・材質:木製
・角度調整:4段階

和と木のぬくもりの書見台

Chillpaperの書見台は、質感の良い木製の素材で、書籍や雑誌を立て掛けるのはもちろん、タブレットホルダーやラップトップスタンドとしても活躍してくれるでしょう。700gとまずまずの重さなので、出先に持ち出すのには向かないかもしれませんが、自宅の中で使う分には問題なし。和の印象を感じさせる心地よい書見台です。

5位:Togetherone ブックスタンド 書見台

Togetherone ブックスタンド 書見台

1,199円 (税込)

詳細情報
・サイズ(高さ・幅・奥行):18.5cm・21cm・16cm
・材質:スチール
・角度調整:6段階

イルカわいい!小さめタイプでお子様にも

Togetheroneの書見台は、スチール材質でかわいいイルカの絵が描かれてあります。子どもが使うことを意識しているためか、幅も高さも少し小さめになっていて、クリップ部分が挟み込むタイプなので、本をめくるのはやや難あり。でも教科書や絵本を挟んで勉強や読書をするのはもちろん、大人のレシピ本の固定などには十分役立ちます。タブレットやスマホを挟むのにも使えそうですよ。

4位:MoonLove ブックスタンド 書見台

MoonLove ブックスタンド 書見台

1,826円 (税込)

詳細情報
・サイズ(高さ・幅・奥行):18.5cm・28.5cm・6.5cm
・材質:スチール(台座やクリップはプラスチック)
・角度調整:6段階

スチールの安定感とフォーマルな印象が魅力

MoonLoveの書見台は、スチール製。黒で光沢感があり、フォーマルな場所で使うのにも適したデザインです。クリップや台座の一部はプラスチックを採用していて、書籍の固定の役割もしっかり果たしてくれます。全体として重量は約520gで、持ち運びやすいところもいいですね。

クリップは本に対して左右には調整できませんが、2本の間隔は12.8cmで、見開きの文庫本でもしっかり挟める幅になっているのがうれしいところ。角度調整は標準的な6段階で自分の好きな角度で読書を楽しめますよ。

3位:Reodoeer ブックスタンド 書見台

Reodoeer ブックスタンド 書見台

1,380円 (税込)

詳細情報
・サイズ(高さ・幅・奥行):22cm・34cm・不明(収納時4.3cm)
・材質:竹製
・角度調整:6段階

質感が良く機能的かつ収納にも長けた書見台

Reodoeerの書見台は、幅・高さともに少しワイドめで大き目の本でもしっかりホールドしてくれて、竹製の材質を利用しているのが特徴です。材質由来の重さが安定感を与えてくれるため、机やキッチンの上で使うのがベスト。重さは明記されていないものの、700gから1kgくらいはあると思いますので、持ち出すにはあまり向かないかもしれません。

収納するときには、奥行きが4.3cmまで小さくなるため場所を取らないのがいいですね。角度調整も6段階と標準的で使いやすさとシンプルさが魅力の書見台です。

2位:actto ブックスタンド

actto ブックスタンド BST-02

1,480円 (税込)

詳細情報
・サイズ(高さ・幅・奥行):20.6cm・26.8cm・7.8cm
・材質:ABS樹脂など
・角度調整:18段階

軽量で機能性を追求した良品

acttoのブックスタンドは、プラスチック製のため300gと軽量。本を留めるクリップ部分もアングルレバーを採用し、しっかり固定できるのが特徴です。書籍や雑誌はもちろん、タブレットホルダーとしての利用も可能。角度も18段階と書見台の中では最も細かく調整できるところが優れています。

このブックスタンドはELECOMの商品としてactto社が製造していたもの(OEM製品)ですが、この契約が終了したため、actto社が自社ブランド品として再販したもの。モデル自体は変更はなく、これまでのクオリティのまましっかり本を支えてくれます。本体自体が軽いにもかかわらず、重たい本をホールドできる安定感も人気の1つです。

1位:エース読書台 書見台

エース読書台 書見台

2,720円 (税込)

詳細情報
・サイズ(高さ・幅・奥行):26.5cm・40cm・不明
・材質:木材
・角度調整:14段階

万能の読書台、筆記台にもトランスフォーム!

エース読書台の書見台は、幅が40cmの大きめサイズが特徴です。大き目の本でもしっかりホールドしてくれて、木製なのでお部屋の中や机の上で使うのにピッタリなデザイン。本を読むときの角度も14段階まで調整可能なので、微妙な傾きにもこだわりがある方にこの配慮は嬉しいですね。

この書見台最大の特徴は本を受け止めるでっぱり部分(本受け)を変形させることができるところ。せり出していたクリップが下部に収納され、読書台から筆記台に早変わり。匠の業を感じさせる創意工夫のおかげで、ノートを立て掛けて文字を書いたり、ノートパソコンを設置するラップトップスタンドとしても利用可能です。これ1台でデスク周りの問題をすべて解決できそうな気がしますね!

原稿をクリップしてくれるホルダーも!

書見台は本を固定するためのものですが、紙一枚を留めてくれるデータホルダーと呼ばれるものも。原稿を確認しながら入力作業などを行う場合にもってこいですね。データホルダーのおすすめ商品には、以下の「Sincerus データホルダ」があります。雑誌のananに掲載されたいうことで注目を集めているみたいです!パソコンやモニタに取り付けて作業したい方にオススメですよ!
【Sincerus】 雑誌anan掲載 モニタ取付用書見台 データホルダ クリップスタンド (黒)

1,750円 (税込)

まとめ

いかがだったでしょうか。本を書き写したり、しばらく読むのに時間がかかる場合にいつまでも手で押さえておくわけにはいきませんよね。そんな痒い所に手が届くアイテムが書見台。受験生にも、仕事で書類や書籍を入念に読む方にも、読書やレシピ本のチェックをしたい方にも、ぜひ使っていただきたい商品です!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す