1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. 自転車
  6. >
  7. ビアンキロードバイクのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】
  • ビアンキロードバイクのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • ビアンキロードバイクのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • ビアンキロードバイクのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • ビアンキロードバイクのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • ビアンキロードバイクのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

ビアンキロードバイクのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

自転車メーカーとして幅広い車種を取り扱う「ビアンキ」。中でもロードバイクは、鮮やかな水色のおしゃれなフレームで有名です。しかし、スペシャリッシマ・オルトレ・インフィニートなどシリーズ展開が豊富なうえ、機能やデザインもさまざまで、どれを選べばいいか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。


そこで今回は、ビアンキのロードバイクの選び方と、人気モデルのランキングをご紹介!初心者におすすめのモデルから、本格的なレースに向いているモデルまで、幅広く登場します。自分にぴったりの一台を見つけて、爽快な走りを楽しんでみませんか。

  • 最終更新日:2020年08月05日
  • 33,361  views
目次

ビアンキのロードバイクの特徴は?

ビアンキのロードバイク最大の魅力は「チェレステカラー」。ビアンキの代名詞ともいわれており、イタリア語で「天空」や「碧空」を意味する、鮮やかな水色です。この色がフレームに使われていることで、とにかくおしゃれに仕上がっています。


このチェレステカラーのフレームがいいからビアンキを選ぶ、という人もいるほど。もちろんロードバイクは性能も重要ですが、自分がこれ!と気に入った見た目であることも大切。写真にも映えるので、趣味をSNSで共有したい人にもおすすめです。


また初心者も本格的なレースに参戦する人も、どちらも満足できるほどシリーズ展開が充実しているのも、ビアンキの魅力の一つ。どんな人でも、満足するロードバイクをきっと見つけられますよ。

ビアンキのロードバイクの選び方

それではビアンキのロードバイクを選ぶ時のポイントについてご紹介します。長く付き合える一台を見つけるためにも、しっかりチェックしてくださいね。

ビアンキの高い性能を求める方へのおすすめモデルは

ビアンキのロードバイクを購入するならば、ビアンキならではの高い性能を求めたいですよね。そんな人におすすめのモデルをご紹介します。

まさに最高峰!「SPECIALISSIMA(スペシャリッシマ)」

モデル名からもわかる通り、ビアンキのロードバイクの中でも最高峰のシリーズがこのSPECIALISSIMA」。マテリアルサイエンス社と共同開発したフレームを使うことで、780gと軽量仕上げになっていますが、重量剛性比がしっかりしているため、バランスの良い仕上がりに。


振動除去性にも優れているため、どんな路面でも安定した走りを実現することができます。予算が許すならぜひとも手に入れたいモデル。とにかく最高の品質のものを求める方におすすめです。

レース参戦を視野にいれているなら「OLTRE(オルトレ)」

レースに参戦するために、スピードや高いコントロール性などを求めている方におすすめなのが「OLTRE」です。画期的な振動除去機能を持つカウンターヴェイルを搭載することで、性能がぐんとアップ。


数多くのプロライダーによる実走テストによって、さまざまな問題をクリアしていき開発されたため、ライダー向きに仕上がっています。


高い剛性、乗り手の意思を的確に表現するコントロール性などを兼ね備えたモデルなので、将来的にレースなどにも参戦してみたい、そんな本格的なライダーにおすすめです。

オールラウンドに使えるシリーズも人気

ビアンキのロードバイクは初心者から上級者まで満足できるモデルが揃っています。その中でも通勤・通学・ロングライドなど、オールラウンドに使えるシリーズはやはり高い人気を集めていますよ。

レースからヒルクライムまで万能な「SEMPRE PRO(センプレ プロ)」

ビアンキのオールラウンダーモデルといえば、この「SEMPRE PRO」。カーボンフレームを使用しており軽量なことから、レースだけでなく、山や丘陵の登り坂などを走るヒルクライムでの使用もおすすめ。


上半身も比較的起こした楽な状態で運転できるため、乗り心地を重要視したい方にもおすすめ。バランスが良いモデルが欲しいならこのモデルをチェックしてみてください。

サイクリングから通勤・通学にも◎な「VIA NIRONE7(ヴィアニローネ7)」

創業者が最初に開いたお店の場所がシリーズ名の由来という、ビアンキでも代表的なモデル。コンポーネントと呼ばれるパーツの種類によって、サイクリング・ロングライド・通勤や通学など、さまざまな使い方ができるモデルとなっています。


グレードもリアが8速の「CLARIS」から11速の「105」まで、幅広くラインナップされています。フレームはアルミフレームを採用。カラーリングが豊富なことも魅力の1つですから、カラーリングにこだわりたい方は、このモデルからチェックしてみても◎ですよ。

ロングライドをしたいなら快適性にこだわって

ロングライドをしたいなら快適性にこだわって

最近人気を集めているのが、100kmを越えるロングライド。ロングライドは、長距離・長時間走行しても苦になりにくいモデルを選ぶことが大切です。


長距離・長時間走行に向いているロードバイクの特徴としては、軽量であること、またフレームやハンドルが振動を軽減させ疲れにくい設計であることなどが挙げられます。ロングライドを楽しみたい人は、この点に注目して選んでみてくださいね。


ちなみにビアンキのロードバイクの中では、「INTENSO(インテンソ)」や「INPULSO(インプルーソ)」というモデルが当てはまります。どちらも軽量で、平坦な道だけでなく、アップダウンの多いロングライドにも向いていますよ。

初心者や女性は、運転中の姿勢やサイズ感に着目して

初心者や女性は、運転中の姿勢やサイズ感に着目して

初心者の方は、慣れるまではロードバイクのきつい前傾姿勢が辛くなってしまうため、あまり前傾姿勢を取らずにすむ、体を起こし気味に運転できるロードバイクを選ぶことがおすすめです。


また女性の方は、サイズ感が大切。身体にフィットさせることができるように、サイズ展開が豊富なモデルや、女性用シリーズなどを選ぶと良いでしょう。


ビアンキの中では、初心者なら「SEMPRE PRO」や、気軽に始められる「VIA NIRONE7」、女性用シリーズの「DANA」がおすすめです。なお初心者向けのロードバイクについては以下の記事でもご紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください!

フレームから選ぶ方法も!

ビアンキのロードバイクのフレームは、カーボン製のものとアルミ製に分けられます。まずどちらのフレームにするかで選ぶのもおすすめ。

軽量で乗り心地の良さを重視したいなら「カーボンフレーム」

カーボンフレームはとにかく軽量で、衝撃を吸収しやすいため、乗り心地が良いことが特徴。レースなどへの参加を予定している方は、視野にいれておきたいフレームです。ただし少し高価なので、予算に余裕がある方向けともいえます。


ちなみにカーボンフレーム採用モデルは「SPECIALISSIMA」「OLTRE」「INFINTITO(インフィニート)」「SEMPRE」「INTENSO」の5種類。この中でもモデルによって、スピードを重視するなら「OLTRE」、バランスの良さを重視するなら「SEMPRE」といった特性の違いがあります。

耐久性と扱いやすさが魅力の「アルミフレーム」

アルミフレームは耐久性が高く、ケーブルがフレームの外を通っていることが多いのが特徴。メンテナンスもしやすいです。扱いやすいフレームがいい、という方におすすめですね。また振動がダイレクトに伝わってくることもあり、走行感重視の方にも適しています。


ちなみにアルミフレーム採用モデルは「FENICE(フェニーチェ)」「INPULSO」「VIA NIRONE7」の3つです。特に「IMPULSO」は、アルミフレームの中でも軽量モデルを採用しており、アルミの持つ剛性と加速性が両立しているモデルになっています。

ビアンキロードバイクのおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気のビアンキロードバイクをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年7月14日時点)をもとにして順位付けしました。

10位

Bianchi(ビアンキ)フェニーチェ プロ カンパニョーロ ケンタウル

252,450円 (税込)

モデルフェニーチェ
重さ-
サイズ展開47.5/50/53/55/57
フレーム素材アルミ
9位

Bianchi(ビアンキ)オルトレ XR3 ディスク シマノ アルテグラ

514,800円 (税込)

モデルオルトレ
重さ-
サイズ展開47/50/53/55/57
フレーム素材カーボン
8位

Bianchi(ビアンキ)インフィニート CVディスク シマノ アルテグラ

572,000円 (税込)

モデルインフィニート
重さフレーム950g(±5%)、フォーク390g(±5%)
サイズ展開47/50/53/55/57
フレーム素材カーボン
7位
モデルオルソ
重さ-
サイズ展開46/49/51/53/55/57
フレーム素材クロモリ
6位

Bianchi(ビアンキ)オルトレ XR3 シマノ 105

426,800円 (税込)

モデルオルトレ
重さ-
サイズ展開47/50/53/55/57
フレーム素材カーボン
5位

Bianchi(ビアンキ)オルトレ XR4 アルテグラ Di2

677,600円

モデルオルトレ
重さ-
サイズ展開44/47/50/53/55/57/59/61
フレーム素材カーボン
4位
ビアンキロードバイク BIANCHI(ビアンキ) スプリント ディスク シマノ 105 1枚目
出典:amazon.co.jp

BIANCHI(ビアンキ)スプリント ディスク シマノ 105

290,510円 (税込)

モデルスプリント
重さ-
サイズ展開47/50/53/55/57
フレーム素材カーボン
3位
モデルインテンソ
重さ-
サイズ展開44/47/50/53/55/57
フレーム素材カーボン
2位
モデルアリア
重さ-
サイズ展開44/47/50/53/55/57
フレーム素材カーボン
1位
モデルヴィアニローネ7
重さ-
サイズ展開41/44/46/50/53/55/57
フレーム素材アルミ

人気ビアンキロードバイクの比較一覧表

商品画像
1
ビアンキロードバイク Bianchi(ビアンキ) ヴィアニローネ7 シマノ 105 1枚目

Bianchi(ビアンキ)

2
ビアンキロードバイク Bianchi(ビアンキ) アリア シマノ 105 1枚目

Bianchi(ビアンキ)

3
ビアンキロードバイク Bianchi(ビアンキ) インテンソ シマノ ソラ 1枚目

Bianchi(ビアンキ)

4
ビアンキロードバイク BIANCHI(ビアンキ) スプリント ディスク シマノ 105 1枚目

BIANCHI(ビアンキ)

5
ビアンキロードバイク Bianchi(ビアンキ) オルトレ XR4 アルテグラ Di2 1枚目

Bianchi(ビアンキ)

6
ビアンキロードバイク Bianchi(ビアンキ) オルトレ XR3 シマノ 105 1枚目

Bianchi(ビアンキ)

7
ビアンキロードバイク Bianchi(ビアンキ) オルソ シマノ GRX600 1枚目

Bianchi(ビアンキ)

8
ビアンキロードバイク Bianchi(ビアンキ) インフィニート CVディスク シマノ アルテグラ 1枚目

Bianchi(ビアンキ)

9
ビアンキロードバイク Bianchi(ビアンキ) オルトレ XR3 ディスク シマノ アルテグラ 1枚目

Bianchi(ビアンキ)

10
ビアンキロードバイク Bianchi(ビアンキ) フェニーチェ プロ カンパニョーロ ケンタウル 1枚目

Bianchi(ビアンキ)

商品名

ヴィアニローネ7 シマノ 105

アリア シマノ 105

インテンソ シマノ ソラ

スプリント ディスク シマノ 105

オルトレ XR4 アルテグラ Di2

オルトレ XR3 シマノ 105

オルソ シマノ GRX600

インフィニート CVディスク シマノ アルテグラ

オルトレ XR3 ディスク シマノ アルテグラ

フェニーチェ プロ カンパニョーロ ケンタウル

特徴ビアンキの創業地を名に冠したロングセラーモデルレース参加も視野に入れている方にイチオシのアリア週末の長距離ライドにもおすすめのエンデュランスモデルビアンキの象徴的なモデル、スプリント速さを追求して設計された、オルトレのハイグレードモデルスピード感を楽しみたい方にぴったりなエアロロードグラベルロードもガンガン走れるオールロードバイク振動を抑え、快適な乗り心地を実現したレーシングモデルXR4の良さを残しつつ、コストを抑えたモデルカラーリングが印象的なモデルを探しているならこれ!
最安値
173,800
送料要確認
詳細を見る
264,000
送料要確認
詳細を見る
195,800
送料要確認
詳細を見る
290,510
送料別
詳細を見る
426,800
送料要確認
詳細を見る
258,500
送料要確認
詳細を見る
572,000
送料要確認
詳細を見る
514,800
送料別
詳細を見る
252,450
送料別
詳細を見る
モデルヴィアニローネ7アリアインテンソスプリントオルトレオルトレオルソインフィニートオルトレフェニーチェ
重さ-------フレーム950g(±5%)、フォーク390g(±5%)--
サイズ展開41/44/46/50/53/55/5744/47/50/53/55/5744/47/50/53/55/5747/50/53/55/5744/47/50/53/55/57/59/6147/50/53/55/5746/49/51/53/55/5747/50/53/55/5747/50/53/55/5747.5/50/53/55/57
フレーム素材アルミカーボンカーボンカーボンカーボンカーボンクロモリカーボンカーボンアルミ
商品リンク

おしゃれなロードバイクは他にも色々!

ビアンキのロードバイクは、デザイン性の高さも人気の理由ですが、おしゃれなビジュアルが魅力的なロードバイクは、他にも色々とあります。以下の記事では、トレックやFUJIなどデザインが魅力的なメーカーのロードバイクをご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

ビアンキロードバイクの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ビアンキロードバイクの楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

ビアンキロードバイクの選び方と人気ランキングをご紹介しました。美しいチェレステカラーが印象的なビアンキのロードバイクは、街中で楽しむにも本格的なレースにも、幅広い使い方ができます。自分のスタイルにぴったり合う一台を見つけて、ライティングを楽しんでみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す