1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. 自転車
  6. >
  7. ルイガノのミニベロおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】
  • ルイガノのミニベロおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • ルイガノのミニベロおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • ルイガノのミニベロおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • ルイガノのミニベロおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • ルイガノのミニベロおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

ルイガノのミニベロおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

カナダ発の自転車メーカー・LOUIS GARNEAU。ルイガノと言えばクロスバイクやロードバイクも人気ですが、やはりミニベロのイメージが強いですよね。そもそもミニベロとはなにかというと、小さなタイヤを装備した自転車のこと。それ以外に明確な定義はないので、MV1やMV2などの定番モデルは当然として、MV5Sのようなスポーツタイプもやっぱりミニベロに含まれます。でも、これらを単純に比較するのはなかなか難しいですよね。

そこで今回は、ルイガノのミニベロの選び方と、おすすめの人気モデルをランキング形式でご紹介します。車載や輪行に便利な折りたたみ式や、ドロップハンドル採用モデルなどいろいろなタイプのミニベロが登場。価格・性能・評判などを比較して、あなたの用途に合うお気に入りのミニベロを見つける参考にしてください!
  • 最終更新日:2019年07月16日
  • 47,481  views
目次

ルイガノのミニベロの選び方

それでは早速、ルイガノのミニベロを選ぶ上で押さえておきたいポイントから解説していきます。

定番モデルの特徴をチェック

ルイガノのミニベロには定番と呼べるモデルがいくつかあります。それぞれの特徴を紹介しますので、まずはおおまかにあなたの欲しいミニベロがどのモデルに近いのかを検討していきましょう。

街乗りミニベロの定番「MV1」と「MV2」

ルイガノのミニベロの中でも、取り分けロングセラーを誇る人気モデル・MV1。アルミフレームを採用した安価なエントリーモデルで、20インチのホイールはまさに「ミニベロ」と呼ぶにふさわしいスタイルをしています。ミニベロといえばこの形状を思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか。

そんなMV1に少しだけ走行性をプラスしたのが、MV2。ちょっとだけタイヤを細くして速度を確保しつつ、重量をMV1に比べて1kgも軽量化しています。どちらも街乗りにぴったりなモデルですが、逆に街乗り以外のロングライドなどには向きませんので注意しましょう。

長距離走行にぴったり、ロードライクな「MV3」

一見して分かる通り、ロードバイクに近い仕上がりのMV3。こちらはMV1やMV2よりも走行性能が高く、まさにロードバイク並みの走りが楽しめるミニベロです。普段は街乗りがメインだけれど、週末には50~100km程度の長距離サイクリングも楽しみたい。そんな方にうってつけのミニベロと言えるでしょう。

段差に負けない、MTBライクな「MV5」

MV3とは対照的に、タイヤを太くしてさらにフロントとリアにサスペンションを設けたMTBライクなMV5。本格的なオフロード走行を楽しむにはどうしてもホイール径の小ささがネックになってしまいますが、街中のちょっとした段差程度ならものともしません。いちいちパンクのリスクに怯えたくないという方には、こういったMTBに近い仕様のミニベロもおすすめです。

遊び心の詰まったハイグレードモデル

画像で紹介しているのは、まるでスクーターのような外見をしたその名もSK8というモデル。見た目通り従来のミニベロとは全く違った乗り味が体験できる自転車で、趣味としてミニベロを始めたい方にはぜひ選択肢のひとつとして加えていただきたいモデルです。

ただSK8を含め、ルイガノのミニベロで遊び心を感じさせるものは総じて10万円を超えるハイグレードモデルとなっています。ちょっと試しにミニベロを購入してみたい、という方にはハードルが高いと言わざるを得ないでしょう。

ホイール径は大きいほど走行性がアップ

冒頭でも少し触れた通り、ミニベロは「小さなタイヤ(ホイール)を装備した自転車」のことを指すのですが、このホイールの小ささに関しては明確な定義はありません。ただ一般的には大体24インチ以下のホイールを履いたものを指すことが多く、ルイガノでも24インチホイール採用車までをミニベロとして扱っています。

さてこのホイール径の大きさですが、小さければ小さいほど走行性が悪くなる、というのが大まかな傾向です。大きなホイールに比べて小さなホイールは段差から受ける衝撃も大きく、速度も出にくくなります。当然ホイールが大きくなれば取り回しの良さは損なわれますが、最低限の走行性を確保したいという方は大きめのホイールを選ぶと良いでしょう。

フレームの材質は用途と予算にあわせて

ミニベロのフレームは主にアルミを使用したものが多く、軽量かつ安価でありながら錆びにくい、というのが特徴です。またクロモリという合金を使用したものは、やや重いけれど衝撃吸収性能が高く乗り心地が良い、という特徴を持っています。両者は価格的に大きな差はないので、気軽な街乗りならばアルミ、長距離走行も視野に入れるならばクロモリ、などなど用途に合わせて選びましょう。

また中には、チタンやカーボンといった高級素材を用いたフレームも用意されています。特にルイガノでは上記画像の通りミニベロ用フレームキットを販売しており、こちらは軽量性・耐久性・乗り心地、などどれをとっても圧倒的です。しかしながらフレームだけで20万円を超える超高級品。予算次第では十分検討の価値はありますが、初めての1台として選ぶのは控えた方がよいでしょう。

その他の機能やオプションもチェック

大体の傾向が決まったら最後に、あると便利な各種機能やオプションもチェックしておきましょう。

街乗り用ならカゴ・キャリア・泥除けなどオプションは必須

ミニベロは利便性が高いことがメリットの自転車なので、特に街乗り用となればカゴや泥除けは必須。それぞれ別メーカーなどの商品を後付けすることも可能ですが、自分で取り付けるのが面倒という方はできるだけオプションが用意されているモデルを選んだほうが無難です。

輪行・車載など携帯には折りたたみが活躍

ミニベロを輪行袋などに詰めて携帯するなら、やはり折りたたみ機能があると便利。ルイガノのミニベロの中では折りたたみ機能を搭載したモデルはかなり限られてしまいますが、普段使いよりも旅行先などでのちょっとした足としてミニベロをお探しの方にとってはこちらも必須の機能と言えるでしょう。

ルイガノのミニベロおすすめ人気ランキング10選

いよいよここから、ルイガノのミニベロおすすめ10選をご紹介します。価格だけでなく、それぞれの特徴や相応しいシーンなどもしっかり見極めて、お気に入りの1台を見つけてくださいね!
10位
9位
8位
7位
6位
5位
4位
3位
2位
1位

おすすめ人気ルイガノのミニベロの比較一覧表

商品画像
1
ルイガノミニベロ MV1M

2
ルイガノミニベロ MV CARGO

3
ルイガノミニベロ MV2PRO

4
ルイガノミニベロ MV1

5
ルイガノミニベロ MV5FS

6
ルイガノミニベロ MV3R

7
ルイガノミニベロ MV24

8
ルイガノミニベロ MV24S

9
ルイガノミニベロ JEDI MS

10
ルイガノミニベロ SK8

商品名

MV1M

MV CARGO

MV2PRO

MV1

MV5FS

MV3R

MV24

MV24S

JEDI MS

SK8

特徴クロモリフレームで乗り心地アップ、ニーズに応える理想形カスタム不要!すぐに使えるかご付きミニベロMV1に走行性をプラス!軽やかに街を走り抜けるロングセラーは伊達じゃない、魅力的なコストパフォーマンス段差を気にせず街中を走破する、MTBライクなミニベロドロップハンドルを装備した本格ミニベロ・ロード独特のフレーム設計で乗り降り簡単ミニベロとは思えない走行性とスピード感流線型が美しいハイグレードなフォールディングバイク新発想のミニベロ、遊び心満載のスケーター
最安値
54,000
送料要確認
詳細を見る
69,000
送料要確認
詳細を見る
77,000
送料要確認
詳細を見る
52,000
送料要確認
詳細を見る
145,000
送料要確認
詳細を見る
95,000
送料要確認
詳細を見る
89,000
送料要確認
詳細を見る
99,000
送料要確認
詳細を見る
189,000
送料要確認
詳細を見る
120,000
送料要確認
詳細を見る
商品リンク

中古車を買うときはメンテナンス状態に注目

中古車を買うときはメンテナンス状態に注目

出典:amazon.co.jp

たかが自転車、されど自転車。新品で購入するとなるとなかなか安い買い物ではありませんし、慣れない自転車を購入した結果転倒して傷をつけてしまったりしたら、ショックも大きいですよね。そんなときはまず中古車で試してみるのもひとつの手です。

中古で自転車を購入するときは、店頭で確かめられるならメンテナンスの状態をしっかりチェックしておきましょう。特にチェーン周りなどに錆や汚れが付いている場合、あまり丁寧に手入れされているとは言い難いです。どんなに安くても長く乗れなければ結果的なコスパは悪くなってしまいますので注意してください。

最近ではフリマアプリやオークションサイトなどで出品されているケースも多いですが、こちらはより情報量が少ないためさらに注意が必要。安かろう悪かろうになってしまわないよう、気を付けましょう。

これだけは用意しておきたいアクセサリー&ツール

ミニベロはロードバイクやクロスバイクと比べると元々装備されているパーツが多いですが、それでもきちんと道具を揃えない状態で走り出すのは非常に危険です。特に夕方から夜にかけて走行する可能性のある方は、絶対にフロント・リアライトそれぞれの用意を忘れないよう注意してください。

そのほか、街乗りでは鍵が必須ですし、日ごろのメンテナンスには空気入れが欠かせません。下記記事ではそれぞれの選び方とおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてください。

まとめ

ルイガノのミニベロおすすめ人気ランキングはいかがでしたでしょうか?ルイガノのミニベロというとタウンユースな実用車というイメージが強いですし、実際そういったモデルが多いですが、中には今回ご紹介したように結構スポーティーなものも販売されています。

街乗りのイメージしかなかった方は、ぜひスポーツモデルやMTBモデルも試してみてください。価格と、機能と、そしてデザインをしっかり確認して、あなたにぴったりの1台を見つけてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す