• 包丁スタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 包丁スタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 包丁スタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 包丁スタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 包丁スタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

包丁スタンドのおすすめ人気ランキング10選

最近の料理ブームに伴って、注目が高まるキッチングッズ。そのひとつが包丁を収納する「包丁スタンド」です。たかが包丁スタンドと思う方もいるかもしれませんが、侮ってはいけません!素材・形状・デザインなどの異なる多くの商品が販売されており、話題の磁石タイプや、まな板も一緒に収納できるものなどもあるんですよ。探せば探すほど迷ってしまう…、という方もきっと多いと思います。

そこで今回は、ネット通販で購入できるおすすめの包丁スタンド10アイテムを厳選!ランキング形式でご紹介したいと思います。包丁スタンドを使うメリットや選び方についても、詳しくご紹介しますよ。参考にして、あなたのキッチンに合う、使い心地のいい包丁スタンドを見つけてくださいね。

この記事に登場する専門家

ひより
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 69,070  views
目次

意外なメリットもある包丁スタンド

包丁スタンドを使う目的は、もちろん「包丁を安全に保管・収納する」こと。しかし、カスタマーレビューを読んでみると、必ずしもそれだけではないことに気付かされます。実際に購入した人達は、具体的にどんなメリットを感じているのか…、ご紹介してみます。

子供の目の届かない処にしまえるので安心

子供の目の届かない処にしまえるので安心
幼い子供がいるご家庭では、手の届くところに包丁を置くのは危険。カスタマーレビューの中でも、包丁スタンドを購入しようと思ったきっかけとして、「子供の目の届かないところに包丁をしまいたかった」といった理由が目立っています。

確かに、刃をむき出しにして、まな板などに無造作に放置するのは危険。包丁スタンドにしまっておけば安心ですよね。また、複数の包丁を一つの包丁スタンドにしまうことができれば、子供の手の届かないところや、鍵のかかった収納棚などへの移動も簡単にでき、便利です。

うっかり怪我をする(させる)心配がない

うっかり怪我をする(させる)心配がない
包丁をキッチンに放置しておくことの危険は、子供だけだけのものではありません。例えば、うっかりキッチンの上から包丁が落ちた時の場面を想像してみて下さい。自分の足の上に落ちてしまったりしては、ケガのもと。さらには、たまたま近づいてきたペットを直撃などという可能性も…、と考え出すと最悪のケースにはきりがありません。

また、調理中につまづいて、手をつこうと思った先に、もし包丁があったとしたらどうでしょう。ヒヤッとさせられますよね。

このように、包丁を無造作に放置しておくことの末には、一歩間違えれば大変な事故になってしまう現実が待っています。そうならないためにも、ぜひ包丁スタンドを使いましょう。

キッチンがすっきりしてインテリアとしてもオシャレ

キッチンがすっきりしてインテリアとしてもオシャレ

出典:amazon.co.jp

包丁スタンドを使うことによって、キッチンがスッキリすることは言うまでもありません。加えて、今はおしゃれなスタンドもたくさん売られています。木や竹のような天の素材を使った魅力的な風合いのものもや、スチールなどのモダンでデザイン性の高いものなど、さまざまなものが選べます。キッチンのイメージに合うものを選べば、インテリアとしても映えることでしょう。

包丁スタンドの選び方のポイント

包丁スタンドを選ぶ時には、使う目的やキッチンの環境をよく考えて選びましょう。特にキッチンとの整合性を無視したりすると、購入してから後悔することにもなりかねません。どんな点に着目したら良いのかを具体的に考えてみたいと思います。

置き(取り付け)場所を考えて選ぶ

包丁スタンドは、置き(取り付け)場所によって色々なタイプがあります。購入する前に、大まかに決めておくことをおすすめします。具体的にどのようなタイプがあるのかをご紹介していきます。

キッチン上に据え置くタイプ

キッチン上に据え置くタイプ

出典:amazon.co.jp

このタイプは、落ちにくい場所であればどこにでも気軽に置けて、移動も可能といった意味では便利です。包丁をしまった後に、子供の目が届かないところに移動したいような場合には、とても便利です。ただ、大なり小なりの置き場所は必要になってきますので、極端に狭いキッチンには向かないでしょう。

また、使われている素材によっては、日光や紫外線に弱いものもありますので、常時置いておく場所には注意を払わなければいけません。

キッチン扉の内側に取付けるタイプ

キッチン扉の内側に取付けるタイプ

出典:amazon.co.jp

キッチン扉の内側に取り付けるタイプは、キッチンが狭いご家庭に最適。扉を閉じてしまえば、見た目もすっ切りしますよね。木ねじで取り付けるタイプのものが殆どですが、扉に穴をあけたくない場合は、両面テープで取り付けるなど工夫をすると良いでしょう。

このタイプでは、包丁から落ちた水滴が底に溜まるようになっているものもあります。溜まり水が気になる方は、底にたまった水をお手軽に捨てられるように、取り外しが簡単なものを選ぶと良いでしょう。また、底がある分、収納できる包丁の刃渡りサイズが限られてきますので、選ぶ際にはその点も考慮して選ぶ必要があります。

またキッチン扉は、子供が自由に開けやすい場所なだけに、怪我が心配ですよね。そんな方は、チャイルドロック機構が備わっているタイプもありますので、そちらをおすすめします。

引き出しにしまえるタイプ

引き出しにしまえるタイプ

出典:amazon.co.jp

キッチンの引き出しスペースに余裕がある方は、引き出し収納タイプがおすすめです。包丁に余計な埃が被る心配なく、キッチン台から包丁がなくなるのでスッキリします。

ただし、子供の目にも届きにくくはなりますが、引き出しの取っ手がある位置は子供も開けられる高さ。そこが気になる方は、チャイルドロック機構がついたタイプのものを選ぶと良いでしょう。

問題点は、引き出しの奥行の長さと、しまいたい包丁の全長との兼ね合いです。どうせ引き出しにしまえるなら全部の包丁をしまいたいところですよね。このタイプの包丁スタンドを選びたい場合は、収納できる包丁の柄から刃先までの全長を考慮して選ぶようにしましょう。

壁などに自由に使えるタイプ

壁などに自由に使えるタイプ

出典:amazon.co.jp

最近注目されている包丁スタンドとして、磁器製のものがあります。このタイプのいいところは、場所が限定されないこと。取り付け可能な箇所に磁石台さえ取り付けてしまえば、あとはその磁石台に包丁をくっつけておくだけなので、とても便利に使うことができます。

壁に限らず、キッチンの扉や頭上にある棚の下側壁面など、固定概念にとらわれない自由な位置への収納も可能です。ぜひ、アイデアを活かして使ってみてはいかがでしょうか?

収納可能な包丁サイズをチェックして選ぶ

包丁には様々な長さや厚みのものがありますが、包丁スタンドは、その全てに対応しているというわけではありません。例えばブロックタイプのものでは刃渡りが長すぎればはみ出しますし、引き出しタイプでは全長が長すぎれば収納自体が不可能です。また、長さには制約がなくても、出刃包丁のような刃に厚みのあるものは収納できないといったパターンもあります。

一個の包丁スタンドで、お手持ちの包丁全てを収納したい方は、すべての包丁のサイズ(刃渡り・刃の厚み・全長)が収納できるかどうかを、細かくチェックして選ぶことが必須となります。

本体の素材で選ぶ

包丁スタンドの本体には、木・竹・金属・ABS樹脂・ポリプロピレン等の素材が主に使用されています。少し特殊なところでは、磁石やスチロール樹脂といったものもあります。それぞれに一長一短の特徴がありますので、具体的にご紹介します。

自然の風合いが魅力の「木製」

自然の風合いが魅力の「木製」

出典:amazon.co.jp

木製の長所は、なんといっても天然の自然な風合い。特に木目調が好きな方は、日本建材で用いられている樹種で作られたものがおすすめです。中でもヒノキ材は耐久性に定評があり、耐湿・抗菌・防虫効果といった面でも優れてます。また、金属等に比べて素材自体が柔らかいので、包丁が傷つく心配が少ない点でも安心です。

ただし、水にはあまり強くないので取り扱いには注意が必要。ブロックタイプのような包丁スタンドをより長く使うためには、包丁をしまう前に水気をマメに拭き取っておく必要があり、多少お手入れが面倒な面もあります。

また、使い始めには、木の香りが強すぎるといったケースもあり、樹種によっての好き嫌いも考えられます。購入前には、木の種類までよく確認することをおすすめしますが、実際の商品説明では、単に「天然木」や「木製」となっているものが多く、そこは残念なところです。

包丁スタンドに最適な「竹製」

包丁スタンドに最適な「竹製」

出典:amazon.co.jp

竹は、色々な意味で包丁スタンド向きの素材。加工しやすく頑強で、湿気にも強く低収縮性なので、長く使っていても歪みにくいといった特徴があります。また、木製とは趣が異なる清涼感ある風合いは、キッチンのインテリアとしてもしっくりきます。

また、竹には、抗菌・鮮度保持効果もあります。そのエキスは健康にも良く、中国では万病の秘薬と言われるほど。包丁スタンドのような、食品加工ツールをしまっておく入れ物の素材としては、かなりの優良素材と言えるでしょう。

このように、包丁スタンドの素材としては非の打ち所がない竹素材ですが、選択肢はやや限られます。関心がある方はぜひ、ネット通販などで検索して探してみてください。

手頃な価格が魅力の「プラスチック製」

手頃な価格が魅力の「プラスチック製」

出典:amazon.co.jp

一般にプラスチックと言われる中には、ABS樹脂やポリプロピレン、ポリスチレンなどがあります。特にABS樹脂は加工が容易で、表面に光沢を出すことが可能。印刷も容易なため、美しく仕上げられるといった特徴があります。酸やアルカリにも強いので、キッチンで使用しても化学反応を起こして変形したり、健康を害するなどといった心配もありません。

ポリプロピレンはABS樹脂に比べて加工の自由度がより高いので、様々な形の製品に仕上げることができます。また、ポリプロピレン製は、何といっても安価なことがメリット。軽量素材なので、自立型の包丁スタンドには向いていませんが、キッチン扉の裏などに取り付けておく分には、安価でありがたい存在です。

ただし、プラスチックの場合、天然素材とは違って材質そのものの質感を楽しめない点は寂しいところ。また、日光・紫外線で劣化するという弱点もあり、窓際などに常時置いておくのには向いていません。

最近注目のおしゃれな「磁石製」

最近注目のおしゃれな「磁石製」

出典:amazon.co.jp

新しい包丁の収納スタイルとして注目されているのが、磁石素材を使った包丁スタンドです。包丁を磁石にくっつけてしまうという方式で、キッチンをオシャレにすっきりさせられるのが長所です。

しかし、錆には注意が必要。金属部分に直接包丁をくっつける構造になっているものでは包丁に錆が移ったり、木ネジなどで壁に設置するものでは、留め金箇所に錆が出て壁面が汚れるといった短所があります。また、刃がむき出しのままなでも安全なの?磁石にくっつける時や取り外す時に包丁が傷つくことはないの?などと、心配する方も多いかもしれませんね。

ただし、これらについては使い方の工夫で克服可能なことも…。ECサイトのレビューをでは、様々なアイデアが寄せられていますので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに、磁石素材の包丁スタンドには、壁面に磁石台を設置してくっつけておくタイプと、ボックスの内側に備わっている磁石にくっつけておくタイプがあります。一般的なイメージは前者の方ですので、今回は前者の方に主眼を置きました。

収納性で選ぶ

収納性で選ぶ

出典:amazon.co.jp

包丁スタンドには、包丁収納のみのものと、包丁以外に色々収納できるタイプがあります。

例えば、引っ越したばかりで引っ越し先のキッチンを初めて使うような場合は、恐らくこれから色々な調理ツールを揃えていくことと思われます。こういった場合には、将来に備えて調理ツール類を総合的に収納できるタイプを選んでおくと良いのではないでしょうか。

逆に使い慣れたキッチンで、全体の収納はそこそこなんだけど、包丁スタンドがないばかりになんとなく雑然としてしまっているなどという場合には、包丁だけがきっちりしまえるタイプで、インテリア的にも見栄えのするタイプがおすすめです。

衛生的なものを選ぶ

衛生的なものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

包丁スタンドでは、どれだけ簡単に清潔さを保てるかも大切です。

例えば、木製のブロックタイプの包丁スタンドでは、刃を差し込む切れ込みの中の衛生面がどれくらい保たれているのか、気になるところですよね。木製スタンドでも、分割して洗えるようになっているものもありますので、購入前によくチェックしてみてください。また、ヒノキ材のような、抗菌・防虫・消臭効果がある木を使ったものを選ぶのもおすすめです。

竹製のタイプは、そもそも素材になる竹に衛生面に強い特性がある上に、中が空洞なので、分解して水垢などを洗浄しやすい構造に作られているものが多くなっています。また、金属フレーム製のものでは、風通しが良いので、水垢そのものが溜まりにくい構造となっています。

プロの愛用するおすすめの包丁スタンド

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの包丁スタンドをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、使い勝手のいいお気に入りを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

包丁スタンドのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、前述してきたようなポイントを念頭に置きながら、おすすめの包丁スタンドをランキング形式でご紹介していきたいと思います。きっと色々なタイプがあることに驚きますよ。
10位
素材オリーブ材、ABS樹脂
サイズ11.1×11.1×高さ25cm(包丁刃渡り:-)
9位

Cegar匠多機能収納キッチンナイフスタンド

2,950円 (税込)

素材ステンレス、アクリル、ABS樹脂
サイズ23×15.5×高さ23.5cm(包丁刃渡り:-)
8位
素材スチロール樹脂
サイズ20×4×高さ21cm(包丁刃渡り:-)
7位
素材スチロール樹脂、EVA樹脂
サイズ18.6×10.8×高さ11.5cm(包丁刃渡り:-)
6位
素材ポリプロピレン、ポリウレタン
サイズ7×42×7.5cm(包丁全長:36cm迄)
5位

タカギステンレス包丁・まな板スタンド

4008967

1,764円 (税込)

素材ステンレス鋼、シリコンゴム
サイズ16×12.5×高さ23cm(包丁刃渡り:-)
4位
素材18-8ステンレス、18-0ステンレス、ABS樹脂、フェライト磁石
サイズ5×41×2cm(包丁刃渡り:-)
3位
素材ポリプロピレン、ステンレス
サイズ30×14.5×高さ40cm(包丁刃渡り:-)
2位
素材バンブー(竹)
サイズ19.5x10x高さ23cm(包丁刃渡り:20cm迄)
1位
素材木製(ヒノキ)
サイズ29×9×高さ16.5cm(包丁刃渡り:18cm迄)

おすすめ人気 包丁スタンドの比較一覧表

商品画像
1
包丁スタンド ダイワ産業 ひのきナイフブロック

ダイワ産業

2
包丁スタンド Fuloon 包丁スタンド

Fuloon

3
包丁スタンド ひとひねり雑貨専門店 キッチン番長

ひとひねり雑貨専門店

4
包丁スタンド 和平フレイズ マグネットナイフラック

和平フレイズ

5
包丁スタンド タカギ ステンレス包丁・まな板スタンド

タカギ

6
包丁スタンド リッチェル 引き出し用包丁差し トトノ

リッチェル

7
包丁スタンド イノマタ化学 まな板・包丁スタンド

イノマタ化学

8
包丁スタンド レック 包丁差し

レック

9
包丁スタンド Cegar匠 多機能収納キッチンナイフスタンド

Cegar匠

10
包丁スタンド ラバーゼ ナイフスタンド

ラバーゼ

商品名

ひのきナイフブロック

包丁スタンド

キッチン番長

マグネットナイフラック

ステンレス包丁・まな板スタンド

引き出し用包丁差し トトノ

まな板・包丁スタンド

包丁差し

多機能収納キッチンナイフスタンド

ナイフスタンド

特徴分解洗浄可能でブロックタイプの欠点を克服収納性+お手入れよし!竹そのものの抗菌効果も魅力包丁スタンドの域を超えた多収納性包丁がくっついて落ちないって、本当に便利!このリーズナブルさでちゃんとステンレス鋼キッチンから包丁を消し去る引き出しタイプ!コスパ重視のスタンド型ならこれで決まり!代替えとして申し分のない使い勝手と価格デザインと使う人への配慮が嬉しいこれはアリでしょ!磁石ならではの使える発想
最安値
4,240
送料別
詳細を見る
2,799
送料要確認
詳細を見る
2,696
送料要確認
詳細を見る
4,477
送料別
詳細を見る
1,764
送料要確認
詳細を見る
937
送料要確認
詳細を見る
426
送料別
詳細を見る
346
送料別
詳細を見る
2,950
送料要確認
詳細を見る
22,000
送料無料
詳細を見る
素材木製(ヒノキ)バンブー(竹)ポリプロピレン、ステンレス18-8ステンレス、18-0ステンレス、ABS樹脂、フェライト磁石ステンレス鋼、シリコンゴムポリプロピレン、ポリウレタンスチロール樹脂、EVA樹脂スチロール樹脂ステンレス、アクリル、ABS樹脂オリーブ材、ABS樹脂
サイズ29×9×高さ16.5cm(包丁刃渡り:18cm迄)19.5x10x高さ23cm(包丁刃渡り:20cm迄)30×14.5×高さ40cm(包丁刃渡り:-)5×41×2cm(包丁刃渡り:-)16×12.5×高さ23cm(包丁刃渡り:-)7×42×7.5cm(包丁全長:36cm迄)18.6×10.8×高さ11.5cm(包丁刃渡り:-)20×4×高さ21cm(包丁刃渡り:-)23×15.5×高さ23.5cm(包丁刃渡り:-)11.1×11.1×高さ25cm(包丁刃渡り:-)
商品リンク

まとめ

今回は、数百円から3,000円位までの商品をベースに、できるだけ多くのバリエーションを組み込むように心がけてみましたが、いかがだったでしょうか。予想以上に多くのバリエーションがあることに驚いた方も多いのではないでしょうか。

最近では、芸能人でも料理本を出す人が目立ってきましたよね。男女を問わず、料理を趣味にするという人はかなり増えているのではないでしょうか。それとともに、キッチンアイテムにもまだまだ便利なものが出てきそうで、今後が楽しみです!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す